【就活】新卒採用で広がる「学歴フィルター」の実態とその対策

毎年話題になる学歴フィルターの実態について、外資系から日系大手における新卒媒体の営業を通じて知った僕が知っている範囲でのリアルな実態について書きました。

スポンサーリンク

 

学歴フィルターの大学一覧

「学歴フィルター」とは、一部の大学だけに絞って新卒採用を行うために設けられる足切り基準のことです。

「MARCHと早慶には大きな差がある」と東洋経済でも取り上げられていましたが、僕が実際に新卒採用の現場で見た大学別の学歴フィルターの実態はこんな感じです。

S:超上位校(海外大、東大、京大、一橋)

S’:地方旧帝+(東北、九州、北海道、大阪、名古屋、東工大)

A:早慶上智+(早稲田、慶應、上智、国際基督教、東京外大)

B:関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)、GMARCH(学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政)

C:日東駒専、大東亜帝国

D:その他

学歴フィルターは実際に存在していて、主に説明会から大学別に仕訳されます。各社の人事は「説明会の参加目標は、Sセグメント学生◯◯人、Bセグメント◯◯人、Cセグメント以降は0名(満席表示)」という数字目標を立て、学歴ごとに説明会フォームの設定をします。

以前、ゆうちょ銀行での学歴フィルターがこちらでも話題になってましたが、これがリアルな実態です。

学歴フィルターは高校名も見ている

最近は大学名だけでなく、高校名にも学歴フィルターは使われてます。

大学名だけでなく、高校名でもフィルタリングする理由は、AO入試や推薦、付属校からエスカレーターで入った学生の基礎学力が低いケースが多く、上位大学であっても採用要件を満たさない事例が増えてきたためです。そのため、企業は高校名も見てフィルタリングを行っています。

「大学の画一化が進み、最近は高校まで見ないと人材の質は見極められない」(IT)。

「特定の高校出身者は大学が無名でも成長が速い」(広告)。

「高校→大学へのルートを見て、特定のルートについては、たとえ名門大卒でも“入社後伸び悩む可能性が高い”として切り捨てることもある」(外食)

人は高校時代が9割」という記事にも同じようなことが書かれていましたが、高校名の注目度は年々高まりつつあります。

東大生の中でも、有名進学校にいた東大生だけを説明会に呼ぶ、というケースは実際にあったので「就活は高校から始まっている」といっても過言ではない状況です。

スポンサーリンク

 

学歴フィルター導入企業は増加

新卒採用担当は限られた期間と人員、予算を使って優秀な学生を採用しなければならないため、効率よく集める手段として学歴フィルターを使わざるを得ないのも実態です。

採用管理ツールの普及により、これまでのリクナビやマイナビの一括エントリーで集まってくる「とりあえずエントリー」組に時間を割くよりも「採用実績のある上位大学」に時間を費やす方が効率的、ということが数字でも可視化されたことで、学歴フィルターだけでなく、採用ターゲット校に絞ったOBOG訪問の実施なども増えています。

また、最近ではリクナビやマイナビより外資就活ドットコムワンキャリアような上位校学生に特化したリクルーティングサービスに、これまでリクナビ、マイナビしか使っていなかった日系大手の広告も増加しています。

 人事が最低限のリソースと工数で優秀学生の採用に取り組む流れは、年々加速しています。

学生のうちにやっておくべきこと

これらの実態を知って「学歴フィルターがあるから就職できない」と思ったのであれば、そこまでの人材だと思います。

今の時代、SNSなどのツールを使って社員に会いに行ったり、ブログを使ってネットで情報発信したり、長期のインターンシップを通じて様々な経験を積んだりと、学外で自分のスキルを伸ばしたり試したりできる場が多くあります。

今更高校時代の情報を更新することはできないので、大学生活の中で努力することが大事です。学歴コンプなんて持たず、今自分にできることをするのが最優先です。

学生のうちにやっておくと良いことは「社会人との接点を増やす」「自分でお金を稼ぐ経験をする(アルバイト以外)」です。就活生で学歴関係なく外資や大手に内定する学生の多くは、長期インターンシップを経験している人が多かったです。

インターンシップ先は、大手よりもスタートアップやベンチャーで長時間働いていた学生ほど優秀でした。社会人とのコミュニケーションに慣れていたり、どうすればいいかを自分で考える癖がついていたため、中には即戦力として活躍できるくらいに成長している学生もいました。

これからの時代は、新卒というブランド自体の価値は低くなり「自分自身の市場価値」が求められるようになるので、転職者に負けないくらいのスキルを学生時代につけておくと良いです。

学歴や社名ではなく、自分の名前で勝負できる就活生になりましょう。

スポンサーリンク