北海道のおすすめ転職エージェント6選!大手サイト&地域特化型の活用法

北海道・札幌の転職エージェント

本記事では、転職経験5回のプロが、北海道の転職に役立つおすすめの転職エージェントをランキング形式で紹介します。

本記事を監修しているmotoは、リクルートやベンチャー企業など7社へ転職し、転職に関する知見を発信し、さまざまなメディアで取り上げられています。

Twitter(@moto_recruit)のフォロワーは10万人を超え、自身の転職経験を書いた書籍『転職と副業のかけ算』はAmazonランキングで総合1位のベストセラーとなりました。

motoのキャリアやこれまでの実績はプロフィールページをご覧ください。

北海道で転職する際の転職エージェントの選び方

ジョブキタ紹介

北海道での転職には転職エージェントを使うのが便利です。大手の転職エージェントが運営する『総合求人型』と、北海道の地域に特化した求人を載せている『地域求人特化型』の転職エージェントに分けてご紹介します。

まずはじめに、転職エージェントについて簡単にご説明します。

転職エージェントは、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーと言われる担当者が、自分に合った求人を送ってくれる転職サービスです。

自分で求人を探す転職サイトと違って、おすすめの求人や応募書類の準備、面接対策、推薦文や入社までフォローをしてくれるので、効率的に転職活動をすることができるのが特徴です。

転職サイトから応募するのも良いですが、個人的には転職エージェントも活用して、推薦文などをつけてもらったほうが、書類選考を通過する企業のレベルや年収は高くなると感じました。

転職エージェント各社にはそれぞれの特徴があるため、その特徴を理解して面談に臨んだほうが良いです。ここを知っておくだけで、いい求人を紹介してもらえる可能性が上がります。

転職エージェントの登録の流れ

転職エージェントに登録すると「面談のご案内」という連絡がメールで届きます。

その後、各転職エージェントの担当者と日程を調整し、60分ほどの面談を通して「自分に合う求人」を紹介してもらう流れになります。その後は書類の添削や面談対策なども行ってくれます。

転職エージェントは基本的に無料で利用することができ、書類の添削から面談、入社時期交渉や年収交渉まで行ってくれます。転職サイトと違って第三者となる転職エージェントがやってくれるので、転職活動をストレスなく効率的に行うことができます。

【総合求人型】北海道の求人に強い大手転職エージェント3選

まずはじめに総合求人型の大手転職エージェントをご紹介します。いずれも全国展開している大手転職エージェントですが、北海道の求人に強い転職エージェントです。

1:マイナビエージェント

マイナビエージェント

口コミ:マイナビエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

まずはじめにご紹介するのは『マイナビエージェント』です。

マイナビエージェントは全国各地に支社を持っており、北海道の求人にもとても強い転職エージェントです。

マイナビは北海道札幌市にマイナビ北海道支社を展開しています。電話でも面談などに対応してくれるため、まずは登録して相談に乗ってもらうことをおすすめします。

マイナビエージェントは初めての転職で書類の書き方や、面接が不安な人におすすめの転職エージェントです。マイナビ転職も合わせて見ておくと、幅広い業界の求人を見ることができるのでおすすめです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

2:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:375,537(2024年2月21日現在)
求人数増減:+5,413(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

次におすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。リクルートエージェントも北海道札幌市にリクルート北海道支社を展開しています。

転職エージェントとの面談では、非公開求人をもらったり、面接対策などを受けることができ、内定獲得につながるようにきちんとサポートしてくれます。

私も実際に利用した経験がありますが、総合的に求人を提案してくれたので、満足度は高かったです。また、非公開求人もマイページで検索できるため、他社にない求人を見ることができます。転職活動時には登録しておいて間違いのない転職エージェントです。

リクルートエージェントの評判については「【評判】プロが解説!リクルートエージェントは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた」でご紹介しているので合わせて読んでみてください。

出典:公式サイト

3:パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:34,933(2024年2月21日現在)
求人数増減:+858(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

北海道の転職で役立つ大手転職エージェントの3社目は『パソナキャリア』です。

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査で「転職エージェント部門4年連続1位」を獲得した満足度の高い転職エージェントです。パソナキャリアも上記2社同様に、北海道札幌市にパソナキャリア札幌支社を展開しており、北海道の求人に強いです。

満足度が高い理由は、パソナキャリアの転職エージェントによる丁寧なカウンセリングです。しっかりと面談で話を聞いた上で求人を提案、マッチングしてくれます。

「とても丁寧に面談してくれた」「ほかの転職エージェントに比べてたくさんの求人を出してくれた」「求人が多いから比較しやすかった」という口コミもとても多くありました。

私も利用しましたが、本当に幅広く求人を出してくれるのでとても便利でした。パソナは人材派遣のイメージが強いですが、最近は転職にも力を入れており、求人も比較的豊富にあります。

出典:公式サイト

【地域求人特化型】北海道の求人に特化した転職エージェント3選

先ほど紹介した大手転職エージェントは多くの求人を網羅していますが、地域に特化しているわけではありません。そのため、北海道で転職活動をする際は大手転職エージェントだけでなく、北海道の地域に特化した転職エージェントも利用してみてください。

北海道の地域特化型エージェントは、大手転職エージェントには掲載されていない地元企業の求人を多く持っているため、地元でも転職活動だけでなく、UIターンなどの転職活動でも役立ちます。

1:キャリアバンク転職

キャリアバンク転職

キャリアバンク転職』は北海道の求人に特化した転職エージェントです。札幌を中心に北海道で30年以上サービスを運営しています。北海道の各地域ごとに対応しているため、非常に多くの求人が掲載されています。

地元の大手企業との関係性が強いため、北海道における優良企業の求人を紹介してくれます。また、Uターン・Iターン転職も積極的に支援しているため、北海道への転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

2:ジョブキタ紹介

ジョブキタ紹介

ジョブキタ紹介』は札幌市内に本社がある転職エージェントです。北海道の求人に特化しており、北海道の各地域ごとに対応しているため、非常に多くの求人が掲載されています。

札幌市内の大手企業だけでなく、各エリアにおける中小企業の求人も多く掲載されています。北海道で50年以上転職エージェントを展開していることもあり、北海道の企業からの信頼があるのも特徴です。

専任のキャリアアドバイザーがサポートに付くので初めての転職でも安心して利用できます。

本社のある札幌市内に3拠点、道内に10箇所拠点があるため、北海道での転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

3:アシタバ

アシタバ

アシタバ」は、北海道札幌市内に本社がある北海道の求人に特化した転職エージェントです。正社員の求人紹介以外にも、契約社員、派遣社員、紹介予定派遣と幅広い雇用形態に対応しているのが特徴です。

北海道全域の求人情報を網羅しており、一般には公開されていない求人も多数あります。

大手から中小、地元企業など幅広い求人が掲載されているため、まずはアシタバを見てどんな求人があるかを把握するのがおすすめです。

出典:公式サイト

北海道の転職転職エージェントを利用するメリット

北海道の転職活動で転職エージェントを利用するメリットをご紹介します。

1.北海道の企業事情や転職情報が手に入る

転職エージェントを利用することで、転職サイトに掲載されている求人情報だけではわからない部分を教えてもらえます。

どのエリアにどんな企業が多いのか、北海道ではどのような職種の募集が多いかなど、北海道内の求人概況を知ることは北海道で転職活動をする上でとても大切な情報です。

こうした情報はネットだけでは入手しにくいので、北海道の求人に特化している転職エージェントに聞くのがおすすめです。

特に、北海道の転職に特化した転職エージェントは、北海道内の各企業の事情を詳しく把握しているキャリアアドバイザーがいるため、的確なアドバイスを事前に受けることできます。

社内の雰囲気・仕事内容や給与についてなど、転職エージェントに確認しておくことをおすすめします。

2.北海道の非公開求人がもらえる

『総合求人型』と、北海道の地域に特化した求人を載せている『地域求人特化型』の転職エージェントにはそれぞれ「非公開求人」が掲載されています。

北海道内の優良企業の場合、給与や待遇などの条件が良い求人には応募が殺到するため、各転職エージェントのキャリアアドバイザーが直接紹介する形にしているケースが多いです。

非公開求人は転職エージェントとの関係性によって違うため「そのエージェントにしかない独占求人」も存在します。こうした求人にも目を通すことでキャリアの選択肢は大きく広がるため、転職サイトだけでなく、地域に特化した転職エージェントも利用することをおすすめします。

3.年収交渉をしてもらえる

転職エージェントは、転職者の入社が決まって初めて売上になる「成果報酬型」のビジネスで成り立っています。報酬の相場は転職者のオファー年収の30%~40%程度。年収が高ければ高いほど、彼らの売上は高くなります。

そのため転職エージェントを使うことで、年収交渉については彼らが行ってくれます。地元企業だと自分で年収交渉することに抵抗を感じる人もいると思うので、こうした交渉を代行してもらえるのは転職エージェントを使う大きなメリットです。

また、転職エージェントには大手から中堅、個人会社などさまざまな規模の会社がありますが、会社の規模やネームバリューよりも「転職エージェント個人」の力に依存するため、担当する転職エージェントによって、当たりハズレが大きくあります。

会社名よりも個人として信頼のおける転職エージェントを利用してみてください。

北海道の転職市場について

北海道の有効求人倍率

北海道の有効求人倍率は1.05倍(2023年12月)となっており、全国平均である1.27倍を下回っています。(※参考元:北海道労働局

 有効求人倍率とは
有効求人倍率とは、企業からの求人数(有効求人数)を、公共職業安定所(ハローワーク)に登録している求職者(有効求職者数)で割った値のことで、雇用状況から景気を知るための統計資料の1つです。
有効求人倍率 = 企業からの求人数(有効求人数) ÷ ハローワークに登録している求職者の数(有効求職者数)
有効求人倍率は、求職者1人に対して何件の求人があるかを示す数字です。
・有効求人倍率が1を上回る⇒求職者数よりも求人数が多い、比較的就職・転職しやすい
・有効求人倍率が1を下回る⇒求職者数に対し求人数が少ない、競争率が高くなりやすい
※有効求人数はハローワークを通じた求人情報を利用するため、求人情報誌や転職情報サイトなどの求人情報は含まれていません。

北海道の平均年収

北海道の平均年収は376万円となっています。男性は417万円、女性は321万円です。(参考元:doda平均年収ランキング最新版

北海道・東北の平均年収

また、総務省が発表している「消費者物価地域差指数」は、北海道は全国3位となっています。

北海道の転職口コミ

他の都府県から北海道に転職した、北海道内で転職したという声はSNSでも多く見られます。ここでは、北海道の転職で良かった口コミ、悪かった口コミを掲載しておきます。

  • 相変わらず転職サイト見て求人見てるけど同じ業務内容なのに首都圏と北海道で月給5〜10万の開きがあるのマジで草も生えない 家賃安いったって他はなんも変わらんて言ってるだろ殴るぞ

    出典:X(旧Twitter)

  • 実は転職&引越しの確率が8~9割くらいまで高まっており、 2月はたまった有給全消化してから退職して その後札幌引っ越しになりそう。 (エスコン行きてぇ!) 問題は札幌は出身地だけど戻るのが久しぶりすぎて 土地勘とか消失してるんすよね…。 後は東京から引っ越しだから手間もやばそうっていうw

    出典:X(旧Twitter)

  • リモートで仕事できるところに転職して北海道に住みたい。なまら住みたい、、

    出典:X(旧Twitter)

  • うん、転職で札幌に戻るの☺️💜 てかユキちゃん今有給消化中なのね🤣 引っ越しは来月末だから、ぬいとかポスターフレームとか、片付けると寂しいからギリギリまでそのままな気がする😇バンタン見ないと元気でないよね

    出典:X(旧Twitter)

  • 出稼ぎで道外就職する人多いけど結構な確率で転職などで北海道戻る人多い気がする

    出典:X(旧Twitter)

  • 札幌へ転職できたことかな… #今年も残りわずかなので2023年一番想定外だったことを発表する

    出典:X(旧Twitter)

  • まあまあほんとに転職したくなってきた けどこんな在宅しまくって今の条件満たせる職場、北海道にないよぉ…

    出典:X(旧Twitter)

  • 最悪な上司とおさらばして、転職して北海道戻ってきました また医療系の営業として頑張っていこう!

    出典:X(旧Twitter)

  • もうさ、自分で探すのめんどいし転職サイトでオファー来た中から気になる求人にどんどんエントリーしていってるんだけど、先月はちょいちょい道内のオファーあったんだが今月はほぼ関東になり、先週辺りから名古屋岐阜長野辺りからのオファーが増え出して北海道に残る未来が見えない🥹🥹

    出典:X(旧Twitter)

  • ありがとうございまする🥲 札幌は転職希望者の増加に対してまともな求人が無さすぎるんですよね() 来年4月までに決まらなければ、いよいよ北海道を捨て、家族みんなで本州に行くことも考えております(っ´ω`c)

    出典:X(旧Twitter)

  • 20年前に東京での通勤:片道1時間40分 札幌に引越してからの通勤:片道30分 2年前から在宅勤務:通勤0分 東京での浪費はなんだったのか😔

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分も転職した身だけど、動けるうちに動かないと選択肢が限られてきちゃうから、今のうちにしっかり考えたほうがいいと思う! とりあえず、北海道はいいところだよ!笑

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイト各位、勤務地「北海道」はさすがにナメすぎなのでせめて市町村記載してくれ

    出典:X(旧Twitter)

  • 3年前、札幌にUターンするため転職活動をしていて「同じ仕事なのにこんなに給料違うの😱」と驚いた。 地方は物価が安いからというが… 家賃が多少安いだけで、暖房費とか考えたら東京に住んでいたと時と我が家は固定費ほとんど変わらないよ🥲

    出典:X(旧Twitter)

  • 北海道への転職が決まりました‼️ 道民の方、これからよろしくお願いします🙇

    出典:X(旧Twitter)

  • 高卒なのよ😅 札幌に転職して、田舎だと通勤不便すぎて札幌に引っ越した!

    出典:X(旧Twitter)

  • 札幌なので正社員、介護福祉士でも年収400なんていかないので、冬期間で介護事務の資格取得してもっと好条件の転職先探そうと思います(´・ω・`) 住宅手当、冬期手当とかあった前の職場、ブラックだったけど給料は良かったなぁ・・

    出典:X(旧Twitter)

  • 介護の仕事ばかり勤め口が多いな、北海道の50代Uターン転職。 現実問題、そこまで本気で覚悟を決めて介護職やっている人はどの程度の割合なんだろうか。正直、他がなくてその仕事に就いている人が多い印象なんだけど……偏見?

    出典:X(旧Twitter)

  • 実はあれから転職して札幌(地元)にUターンしました!今後はずっと札幌なんです… JJFは、今年はちょうどこの時期バタバタしてて不参加なんですが、来年あたりには参加したいと思ってます!色々と会いたい人もいるので!!

    出典:X(旧Twitter)

  • まだ移住決まってないけど、決まったときにすぐに引っ越せるように札幌を中心に転職活動をはじめた! やりたい職種の求人がなかなかない、、

    出典:X(旧Twitter)

  • 北海道への転職って病院と大手の美容クリニックばかりだな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 久しぶりに転職サイト見たら、北海道でも700万円以上の求人が凄く増えてる…

    出典:X(旧Twitter)

  • そいや北海道戻ってきた当初はまた転職して東京に戻る気結構してたけど、やっぱ家賃がだいぶ違うよな

    出典:X(旧Twitter)

  • 先日、関西から北海道に移住希望の30代の医師の転職を支援🤝移住は殆どの場合、仕事や生活の場を変える大きな選択であることが多い。良いことばかりを伝えても働いてみたら住んでみたら聞いていたことと違うとなるだろうし、知り得る情報を隠さず伝えた上でここで働き暮らしたいと選んでもらえたら最高

    出典:X(旧Twitter)

  • 北海道での転職活動は困難極まる。

    出典:X(旧Twitter)

  • えっとですね… この度転職をする事に決めました… 時期は未定なのですが、現在の会社では自分が望む福祉をできないと判断をしたからです。 幸いにも渡りに船で知人から福祉の立ち上げを手伝って欲しいとの依頼を受け、引き受けるつもりです。 ただ、場所が北海道。 寒さに耐えられるかが課題です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 北海道内でも転職市場が活性化してきて、以前よりも求人数や職種の幅が増えている気がします。 特にミドルクラス以上での転職が増えていて、会社としては主力が抜けてしまうと損失は計り知れない。 ここで手を打てるかどうかで、大きな分水嶺になる。 と困ってる人事担当でした。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職して札幌に引っ越した 札幌寒いな

    出典:X(旧Twitter)

  • 八戸に根を下ろしてフリーランスのプログラマーとして活動していましたが、力不足を感じたため、オファーを頂いた札幌の会社に転職することにしました。介護のために月一で戻ってくる予定ですが、八戸とまちづくりへの思いは忘れてはいません。もっと力をつけてから貢献したいと思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • 昔から、北海道ツーリングなどしていて15年以上かけてカミさんに「北海道に住みたい」って言い続けて、このコロナ禍で転職を期に内緒で北海道で面接受けてきて、受かってからカミさんに話した。。 (気が向いたら)続く⬇️

    出典:X(旧Twitter)

  • 今の仕事、来年の3月に退職して、北海道内の企業に転職する予定で動いているのですが、親族や友人等に聞いたら「まず札幌で経験を積んで、基盤を作りながらやるのがいいよ」とおすすめされました。 やはり最初は札幌なのかなぁ🤔

    出典:X(旧Twitter)

  • 北海道とか青森とかの雪国は、気候が合わずに辞めてしまう方がいるみたいですね 私は比較的温暖なところにいるので、そういう理由で転職してきた方を数人みかけました

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトって北海道では よほどのレアスキル持ちでもなければ役に立たないよなあ

    出典:X(旧Twitter)

  • 札幌でe-sports関係でなんか転職できないかなぁと探してるけどなかなかない。 一旦好きなことを仕事にしてみたい。

    出典:X(旧Twitter)

  • 最近転職についていろいろと調べていて、家から通えるところで探してたんだけど、それだと僕の人生このままこじんまりと終わってしまうような気がしてきました。 なので北海道から沖縄まで、なんなら海外も視野に入れて探してみるつもりです。7月末くらいまでには、転職するか決めます!

    出典:X(旧Twitter)

  • フルリモート職への転職に成功!! 本日から北海道に住むぜ(^^) #フルリモート #挑戦 #自由

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトで勤務地北海道って選択して検索しても、稚内とか釧路とか出てくる…! 下手したら北海道・東北ってくくりだったりも…。 北海道はでっかいどう…!

    出典:X(旧Twitter)

  • おめでとうございます🎉 私も昨年転職して土日休みになりました。慣れない仕事は大変でしたが、札幌競馬に行きまくり英気を養って頑張れました😊

    出典:X(旧Twitter)

  • #帯広 今日で札幌から帯広に転勤してきて1年かぁ…早いな‼️ 1年前に転職して、すぐに帯広転勤になった時は正直びっくりしたけど笑 今はすっかり慣れて来て、帯広の街や職場の雰囲気も良き(๑•̀ㅂ•́)و✧ このまま永住してもいいかも(๑•̀ㅂ•́)و✧

    出典:X(旧Twitter)

  • 大学の同期(北海道出身)が道に入庁→地元自治体に転職しましたね。「異動がつらい」って言ってました。地区別採用したら道央に人材集中しちゃうんでしょうね…。

    出典:X(旧Twitter)

  • 毎年この時期になると北海道の転職先探してる ちなみに2ヶ月ほど前まで北海道の転職先探してた

    出典:X(旧Twitter)

  • #千歳 #ラピダス #北海道 千歳市は企業誘致に積極的に取り組んでいて 今後、子育て世代の人が増えそうですね。 北海道に転職(移住)考えている人は検討 できますよ。おじさんがもう少し若ければ、 千歳市の企業に転職して移住検討したいです

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職する前に、一旦、札幌の下見に行くかな。どこに住むと安くて治安がいいかとか。

    出典:X(旧Twitter)

  • ぐおっ やっぱり千歳か!千歳なのか‼️ ボロボロの北海道で唯一若者が増えている千歳がこれから盛り上がると言うことか! マジでその会社に転職したいなぁ

    出典:X(旧Twitter)

  • 北海道は給与水準ゴミすぎて転職したいって気は一切起きなかったけど こっちだと結構あるなー、英語できれば多分してる

    出典:X(旧Twitter)

  • 軽くショックをうけてます。北海道は環境で試される大地なだけで、家賃ではヌルゲーでした。本州の家賃相場を調べてたら北海道で住んでいる水準の家を求めると、軽く10万円超えてくる。。。転職するとしたら北海道内にかぎりますわ。。。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今の給料のまま札幌転職できないかなぁって思うことは有りますね 間違いなく雪国の大変さを知らないから言える言葉なんでしょうけど・・・

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職し過ぎて書ききれないよ〜もうめんどくさいからずっと勤められる所探してるのにそういうまともな所ないんだけど…北海道やば

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職で北海道に移住しました。 道路が怖すぎる。。。

    出典:X(旧Twitter)

  • 北海道で転職探すとしたら良い求人は札幌まで出ないとやっぱりなくてやはり内地との差はこういうところでもあるのかと感じる

    出典:X(旧Twitter)

北海道の転職エージェントまとめ

北海道での転職には『総合求人型』エージェントと『地域求人特化型』のエージェントを利用するのがおすすめです。転職サイト最大手であるリクナビNEXTの調査によると、転職が決まった人は平均して4.2社への転職サイトへ登録しているというデータがあります。

リクナビNEXTの調査

転職サイトに登録している人の平均登録サイト数は2.1社ですが、転職決定者は約2倍の4.2社の転職サイトへ登録しているようです。多くの転職サイトに登録するほうが転職活動を効率的に進めることができます。

北海道での転職にも4社ほどの転職エージェントを利用してみてください。参考になれば幸いです。

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報