北海道のおすすめ転職エージェント6選!大手サイト&地域特化型の活用法

北海道・札幌の転職エージェント

本記事では、転職経験5回のプロが、北海道の転職に役立つおすすめの転職エージェントをランキング形式で紹介します。

本記事を監修しているmotoは、リクルートやベンチャー企業など7社へ転職し、転職に関する知見を発信し、さまざまなメディアで取り上げられています。

X(旧Twitter)@moto_recruitのフォロワー数は12万人を超え、自身の転職経験を書いた書籍『転職と副業のかけ算』はAmazonランキングで総合1位のベストセラーとなりました。

motoのキャリアやこれまでの実績はプロフィールページをご覧ください。

北海道で転職する際の転職エージェントの選び方

ジョブキタ紹介

北海道での転職には転職エージェントを使うのが便利です。大手の転職エージェントが運営する『総合求人型』と、北海道の地域に特化した求人を載せている『地域求人特化型』の転職エージェントに分けてご紹介します。

まずはじめに、転職エージェントについて簡単にご説明します。

転職エージェントは、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーと言われる担当者が、自分に合った求人を送ってくれる転職サービスです。

自分で求人を探す転職サイトと違って、おすすめの求人や応募書類の準備、面接対策、推薦文や入社までフォローをしてくれるので、効率的に転職活動をすることができるのが特徴です。

転職サイトから応募するのも良いですが、個人的には転職エージェントも活用して、推薦文などをつけてもらったほうが、書類選考を通過する企業のレベルや年収は高くなると感じました。

転職エージェント各社にはそれぞれの特徴があるため、その特徴を理解して面談に臨んだほうが良いです。ここを知っておくだけで、いい求人を紹介してもらえる可能性が上がります。

転職エージェントの登録の流れ

転職エージェントに登録すると「面談のご案内」という連絡がメールで届きます。

その後、各転職エージェントの担当者と日程を調整し、60分ほどの面談を通して「自分に合う求人」を紹介してもらう流れになります。その後は書類の添削や面談対策なども行ってくれます。

転職エージェントは基本的に無料で利用することができ、書類の添削から面談、入社時期交渉や年収交渉まで行ってくれます。転職サイトと違って第三者となる転職エージェントがやってくれるので、転職活動をストレスなく効率的に行うことができます。

【総合求人型】北海道の求人に強い大手転職エージェント3選

まずはじめに総合求人型の大手転職エージェントをご紹介します。いずれも全国展開している大手転職エージェントですが、北海道の求人に強い転職エージェントです。

1:マイナビエージェント

マイナビエージェント

口コミ:マイナビエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

まずはじめにご紹介するのは『マイナビエージェント』です。

マイナビエージェントは全国各地に支社を持っており、北海道の求人にもとても強い転職エージェントです。

マイナビは北海道札幌市にマイナビ北海道支社を展開しています。電話でも面談などに対応してくれるため、まずは登録して相談に乗ってもらうことをおすすめします。

マイナビエージェントは初めての転職で書類の書き方や、面接が不安な人におすすめの転職エージェントです。マイナビ転職も合わせて見ておくと、幅広い業界の求人を見ることができるのでおすすめです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

2:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:409,306(2024年6月12日現在)
求人数増減:+2,149(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

次におすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。リクルートエージェントも北海道札幌市にリクルート北海道支社を展開しています。

転職エージェントとの面談では、非公開求人をもらったり、面接対策などを受けることができ、内定獲得につながるようにきちんとサポートしてくれます。

私も実際に利用した経験がありますが、総合的に求人を提案してくれたので、満足度は高かったです。また、非公開求人もマイページで検索できるため、他社にない求人を見ることができます。転職活動時には登録しておいて間違いのない転職エージェントです。

リクルートエージェントの評判については「【評判】プロが解説!リクルートエージェントは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた」でご紹介しているので合わせて読んでみてください。

出典:公式サイト

3:パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:38,512(2024年6月12日現在)
求人数増減:+598(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

北海道の転職で役立つ大手転職エージェントの3社目は『パソナキャリア』です。

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査で「転職エージェント部門4年連続1位」を獲得した満足度の高い転職エージェントです。パソナキャリアも上記2社同様に、北海道札幌市にパソナキャリア札幌支社を展開しており、北海道の求人に強いです。

満足度が高い理由は、パソナキャリアの転職エージェントによる丁寧なカウンセリングです。しっかりと面談で話を聞いた上で求人を提案、マッチングしてくれます。

「とても丁寧に面談してくれた」「ほかの転職エージェントに比べてたくさんの求人を出してくれた」「求人が多いから比較しやすかった」という口コミもとても多くありました。

私も利用しましたが、本当に幅広く求人を出してくれるのでとても便利でした。パソナは人材派遣のイメージが強いですが、最近は転職にも力を入れており、求人も比較的豊富にあります。

出典:公式サイト

【地域求人特化型】北海道の求人に特化した転職エージェント3選

先ほど紹介した大手転職エージェントは多くの求人を網羅していますが、地域に特化しているわけではありません。そのため、北海道で転職活動をする際は大手転職エージェントだけでなく、北海道の地域に特化した転職エージェントも利用してみてください。

北海道の地域特化型エージェントは、大手転職エージェントには掲載されていない地元企業の求人を多く持っているため、地元でも転職活動だけでなく、UIターンなどの転職活動でも役立ちます。

1:キャリアバンク転職

キャリアバンク転職

口コミ:キャリアバンク転職 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:1,766(2024年6月12日現在)
求人数増減:+18(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.career-bank.jp/tenshoku/

キャリアバンク転職』は北海道の求人に特化した転職エージェントです。札幌を中心に北海道で30年以上サービスを運営しています。北海道の各地域ごとに対応しているため、非常に多くの求人が掲載されています。

地元の大手企業との関係性が強いため、北海道における優良企業の求人を紹介してくれます。また、Uターン・Iターン転職も積極的に支援しているため、北海道への転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

2:ジョブキタ紹介

ジョブキタ紹介

口コミ:ジョブキタ紹介 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:1,386(2024年6月12日現在)
求人数増減:-29(先週比↓down)
【公式サイト】https://www.jobkita.jp/hrs/

ジョブキタ紹介』は札幌市内に本社がある転職エージェントです。北海道の求人に特化しており、北海道の各地域ごとに対応しているため、非常に多くの求人が掲載されています。

札幌市内の大手企業だけでなく、各エリアにおける中小企業の求人も多く掲載されています。北海道で50年以上転職エージェントを展開していることもあり、北海道の企業からの信頼があるのも特徴です。

専任のキャリアアドバイザーがサポートに付くので初めての転職でも安心して利用できます。

本社のある札幌市内に3拠点、道内に10箇所拠点があるため、北海道での転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

3:アシタバ

アシタバ

口コミ:アシタバ 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:74(2024年6月12日現在)
求人数増減:+1(先週比↑up)
【公式サイト】https://ashitaba-ltd.co.jp/

アシタバ」は、北海道札幌市内に本社がある北海道の求人に特化した転職エージェントです。正社員の求人紹介以外にも、契約社員、派遣社員、紹介予定派遣と幅広い雇用形態に対応しているのが特徴です。

北海道全域の求人情報を網羅しており、一般には公開されていない求人も多数あります。

大手から中小、地元企業など幅広い求人が掲載されているため、まずはアシタバを見てどんな求人があるかを把握するのがおすすめです。

出典:公式サイト

北海道の転職転職エージェントを利用するメリット

北海道の転職活動で転職エージェントを利用するメリットをご紹介します。

1.北海道の企業事情や転職情報が手に入る

転職エージェントを利用することで、転職サイトに掲載されている求人情報だけではわからない部分を教えてもらえます。

どのエリアにどんな企業が多いのか、北海道ではどのような職種の募集が多いかなど、北海道内の求人概況を知ることは北海道で転職活動をする上でとても大切な情報です。

こうした情報はネットだけでは入手しにくいので、北海道の求人に特化している転職エージェントに聞くのがおすすめです。

特に、北海道の転職に特化した転職エージェントは、北海道内の各企業の事情を詳しく把握しているキャリアアドバイザーがいるため、的確なアドバイスを事前に受けることできます。

社内の雰囲気・仕事内容や給与についてなど、転職エージェントに確認しておくことをおすすめします。

2.北海道の非公開求人がもらえる

『総合求人型』と、北海道の地域に特化した求人を載せている『地域求人特化型』の転職エージェントにはそれぞれ「非公開求人」が掲載されています。

北海道内の優良企業の場合、給与や待遇などの条件が良い求人には応募が殺到するため、各転職エージェントのキャリアアドバイザーが直接紹介する形にしているケースが多いです。

非公開求人は転職エージェントとの関係性によって違うため「そのエージェントにしかない独占求人」も存在します。こうした求人にも目を通すことでキャリアの選択肢は大きく広がるため、転職サイトだけでなく、地域に特化した転職エージェントも利用することをおすすめします。

3.年収交渉をしてもらえる

転職エージェントは、転職者の入社が決まって初めて売上になる「成果報酬型」のビジネスで成り立っています。報酬の相場は転職者のオファー年収の30%~40%程度。年収が高ければ高いほど、彼らの売上は高くなります。

そのため転職エージェントを使うことで、年収交渉については彼らが行ってくれます。地元企業だと自分で年収交渉することに抵抗を感じる人もいると思うので、こうした交渉を代行してもらえるのは転職エージェントを使う大きなメリットです。

また、転職エージェントには大手から中堅、個人会社などさまざまな規模の会社がありますが、会社の規模やネームバリューよりも「転職エージェント個人」の力に依存するため、担当する転職エージェントによって、当たりハズレが大きくあります。

会社名よりも個人として信頼のおける転職エージェントを利用してみてください。

北海道の転職市場について

北海道の有効求人倍率

北海道の有効求人倍率は1.08倍(2024年4月)となっており、全国平均である1.26倍を下回っています。(※参考元:北海道労働局

 有効求人倍率とは
有効求人倍率とは、企業からの求人数(有効求人数)を、公共職業安定所(ハローワーク)に登録している求職者(有効求職者数)で割った値のことで、雇用状況から景気を知るための統計資料の1つです。
有効求人倍率 = 企業からの求人数(有効求人数) ÷ ハローワークに登録している求職者の数(有効求職者数)
有効求人倍率は、求職者1人に対して何件の求人があるかを示す数字です。
・有効求人倍率が1を上回る⇒求職者数よりも求人数が多い、比較的就職・転職しやすい
・有効求人倍率が1を下回る⇒求職者数に対し求人数が少ない、競争率が高くなりやすい
※有効求人数はハローワークを通じた求人情報を利用するため、求人情報誌や転職情報サイトなどの求人情報は含まれていません。

北海道の平均年収

北海道の平均年収は376万円となっています。男性は417万円、女性は321万円です。(参考元:doda平均年収ランキング最新版

北海道・東北の平均年収

また、総務省が発表している「消費者物価地域差指数」は、北海道は全国3位となっています。

北海道の転職口コミ

他の都府県から北海道に転職した、北海道内で転職したという声はSNSでも多く見られます。ここでは、北海道の転職で良かった口コミ、悪かった口コミを掲載しておきます。

  • 【戯言】転職して北海道帰ってきてから初めてとなる「宿泊を伴う出張」が決まった。場所は函館4泊5日だ!!さぁて色々と準備とかしないとなぁ。ホテルの予約は完了したので、持っていく荷物を考えないと・・・それにしても久しぶり過ぎて何を持っていけばいいのか忘れてるなぁw

    出典:X(旧Twitter)

  • 【ご報告】 私事ですが、先ほど知らせがあり約1年の転職活動がようやく終わり4月から北海道のとある町の役場に勤務することになりました。 これからもイベントやライブには変わらず(土日祝休みになるのでこれまで以上?)参加していく予定ですのでリアルでもツイ上でも今後ともよろしくお願いします!

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェントの面談をしました。 残念ながら、紹介できるところは無いとのことで…。札幌ならまだしも、それ以外の求人はほとんどないみたい。 そもそも、30代の転職はハードルが高いとか、年収は下がって当たり前とか、今の職が1番市場価値を高く評価してくれてるとか、ボロカス言われました😭

    出典:X(旧Twitter)

  • 最近つぶやいてませんでしたが、実は札幌で今後人生を過ごす意思を固め、在職しながら転職活動をがんばっています。琵琶続けたいからです。札幌には琵琶続ける以外にいる理由はないのですが、何年もいると友達や恋人はいなくても知り合いは増えてきました。なんとかなると前向きに考えています🔥

    出典:X(旧Twitter)

  • 実は転職&引越しの確率が8~9割くらいまで高まっており、 2月はたまった有給全消化してから退職して その後札幌引っ越しになりそう。 (エスコン行きてぇ!) 問題は札幌は出身地だけど戻るのが久しぶりすぎて 土地勘とか消失してるんすよね…。 後は東京から引っ越しだから手間もやばそうっていうw

    出典:X(旧Twitter)

  • 2023年は大きくライフイベントが動いた年。家庭の事情で大手企業を退職し北海道への転職を決意。キャリアはそのまま積算部で希望は叶った。 しかし11月に父を亡くし、悲しむ暇もなく慣れない環境での仕事は辛かった💦一方で大変な中でも、月1回東京に行って想い出を作った事も。来年は資格取得の年!

    出典:X(旧Twitter)

  • ありがとうございまする🥲 札幌は転職希望者の増加に対してまともな求人が無さすぎるんですよね() 来年4月までに決まらなければ、いよいよ北海道を捨て、家族みんなで本州に行くことも考えております(っ´ω`c)

    出典:X(旧Twitter)

  • 3年前、札幌にUターンするため転職活動をしていて「同じ仕事なのにこんなに給料違うの😱」と驚いた。 地方は物価が安いからというが… 家賃が多少安いだけで、暖房費とか考えたら東京に住んでいたと時と我が家は固定費ほとんど変わらないよ🥲

    出典:X(旧Twitter)

  • 北海道は雪が降るので、冬場の通勤時間を考えて求人を検討される方がほとんど。北海道に拠点がない人材紹介会社から「通えますよ」と言われて入職したものの結局通えず、再度転職相談をお受けすることがある。道民の感覚ではどう考えてもその距離通うの無理あるじゃんっていう。地場の感覚やっぱ大事。

    出典:X(旧Twitter)

  • フルリモートだからこそ、地方在住の方にも「転職先の一つ」として考えてもらいたいなと思っています! 実際に、アイスタにも北海道在住のエンジニアがいます!「同じ仕事をしていても場所が北海道から東京に変わるだけで年収が100万円違う」と聞いて“なるほど”と思いました。 これからの時代、大好きな地元にいながら「東京の仕事をする」というのはありなんだろうなと思っています^^

    出典:X(旧Twitter)

  • 北海道介護5年目年収320万くらい 今の職場は辞めるにはちょっと給料が良いんだよな 東京中途採用の初任給と同じかちょい下くらい 収入的には北海道での転職はナンセンス ただやりがいを感じなくて… 収入?やりがい?どっちが大事? ちな異動前はどっちも満足 仕事の割(楽だった)に給料良かった

    出典:X(旧Twitter)

  • ・2016年 初めての転職。初任地は北海道。転職活動を嫁ちゃんにも内緒にしてた。嫁の実家あるしいいじゃんと思って転職打ち明けるとくそブチギレ。私の仕事どうすんの?!と…とほほ… ・2018年 旭川エリア担当後、すすきの担当に ここでツイッターを開始、主にスロ垢としてさまざまなパチ屋へ 続く

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動中で求人見てて思ったけど 北海道に住んでると通勤片道10kmとかが当たり前の中で、交通費なしとか家庭持ちには扶養手当なしとか結構多いんだなぁ…と 住んでるところが田舎だからかもしれないけど💦 交通費出ないとこで働いたことないし、福利厚生の面で無しと思う企業が多い 転職ってムズい

    出典:X(旧Twitter)

  • トラ吉さんの言う通りで 地域によって収入の差大きいですね。 北海道の田舎と東京では 求人数や給料がかなり違う😅 今回の転職で1番重要だったのは 単価の良い、直受け仕事が どれくらいあるかでした。 大手じゃなくても中堅位の所でも 働きやすい高待遇の所は まだ出てきそうな 印象あります😊

    出典:X(旧Twitter)

  • 先日、関西から北海道に移住希望の30代の医師の転職を支援🤝移住は殆どの場合、仕事や生活の場を変える大きな選択であることが多い。良いことばかりを伝えても働いてみたら住んでみたら聞いていたことと違うとなるだろうし、知り得る情報を隠さず伝えた上でここで働き暮らしたいと選んでもらえたら最高

    出典:X(旧Twitter)

  • 現在絶賛転職活動中。 だんだんオフィス出社の仕事が増えているので、引越し&転勤のできない私は在宅か札幌勤務の仕事のみ。欲しい年収の仕事は割と限定的。でも一社役員面談まで来た。そしたら、以前面談して給与が合わなくて断った所から、新ポジションでいきなり社長面談のリクエスト来た。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今度,時間ある時に札幌に引っ越すために必要な転職を含めた一つ一つのことをしっかりと考えて紙にまとめたりする作業をどこかのタイミングでやろうと思ってる。 それを元に今後行動して最終的には札幌に向けて行く形にする予定。 また,一部親の介入で大変そうなところもあると思うけど、なんとか

    出典:X(旧Twitter)

  • ありがとうございます😭勤務地は札幌なのですが、採用担当の方が本社の東京だそうで(あといまだにコロナ対策という名目で)webでした。それもどうかなですよね😅ずさんも転職活動ですか?私もうずっと派遣でもいいかなとか思い始めてます(紹介予定派遣ならなお良し)

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動,六月に転職予定なら一月からやり始めたら良いみたいだけど、一月に雪の多そうなせたなから函館行った後に夜に夜行バスで札幌に行ってその日の夜帰ってくるという先月みたいなことできるかなぁ。 まぁ冬以外の時期に比べて函館まで車やバスで行く時間はかかってしまうかもしれないけど、

    出典:X(旧Twitter)

  • 北海道内でも転職市場が活性化してきて、以前よりも求人数や職種の幅が増えている気がします。 特にミドルクラス以上での転職が増えていて、会社としては主力が抜けてしまうと損失は計り知れない。 ここで手を打てるかどうかで、大きな分水嶺になる。 と困ってる人事担当でした。

    出典:X(旧Twitter)

  • 北海道にUターンもしくはJターン転職したいけど、軒並み給料下がるからこっちで耐えるしかないのだろうかなぁ 物価さっ引いてもしんどい。 消費癖はあまりないつもりだったけど、気付けばあれやこれや買ったりなんだりしてるので生活改め中。 気持ち的には新卒初任給くらい。 借金やローンないだけマシ

    出典:X(旧Twitter)

  • 最近転職についていろいろと調べていて、家から通えるところで探してたんだけど、それだと僕の人生このままこじんまりと終わってしまうような気がしてきました。 なので北海道から沖縄まで、なんなら海外も視野に入れて探してみるつもりです。7月末くらいまでには、転職するか決めます!

    出典:X(旧Twitter)

  • ある俳優さんが、「30代になった時、どんな役が出来るか不安だった。」と話していました。俳優さんだからこその悩みなのかな。私は、30歳になった時に、看護学校の教師として網走に転勤を命じられ、ただ札幌から離れたくないという理由で断り、小児科系から大人の患者さん対象の病院へ転職しました。

    出典:X(旧Twitter)

  • そういえば、明日で北海道に来て丸10年。人生を変えた世界一周、よく遊び学んだ大学生活、社会人の洗練を受けた教員生活、人生1番の成長期を迎えたベンチャー転職、そして計4回のアフリカ渡航。波乱ばかりで両親に心配をかけまくったものの、総じて悔い無しの10年!! 北海道の地を踏んでよかった!

    出典:X(旧Twitter)

  • そうだったんですね 僕はUターンで転職したのに事業所閉鎖で良い転職先がなく泣いて戻ったので羨ましいです 転勤族は行くときと帰るときに二度泣くと言われてるので慣れればとても住みやすいですよ 札幌だとして東京は4時間で帰れるのでまたイベントにも出展してください

    出典:X(旧Twitter)

北海道の転職エージェントまとめ

北海道での転職には『総合求人型』エージェントと『地域求人特化型』のエージェントを利用するのがおすすめです。転職サイト最大手であるリクナビNEXTの調査によると、転職が決まった人は平均して4.2社への転職サイトへ登録しているというデータがあります。

リクナビNEXTの調査

転職サイトに登録している人の平均登録サイト数は2.1社ですが、転職決定者は約2倍の4.2社の転職サイトへ登録しているようです。多くの転職サイトに登録するほうが転職活動を効率的に進めることができます。

北海道での転職にも4社ほどの転職エージェントを利用してみてください。参考になれば幸いです。

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報