【プロフィール】moto(戸塚俊介)の経歴・メディア実績について

moto

moto(戸塚俊介)について

motoのこれまでの経歴とプロフィールをご紹介します。

< moto >
1987年長野県佐久市生まれ。実名は戸塚俊介(とつかしゅんすけ)。

新卒で地方ホームセンターへ入社後、マイナビやリクルート、ベンチャー企業など7社へ転職し、営業部長や事業責任者などを務める。

2018年に転職情報を発信するメディア『転職アンテナ』を立ち上げ、2021年に上場企業のログリー株式会社へ売却。現在はmoto株式会社およびHIRED株式会社の代表取締役。

自身の転職経験を基にした書籍『転職と副業のかけ算』は10万部を超えるベストセラーとなった。

【著書】『転職と副業のかけ算』(扶桑社)
    『WORK』(日経BP)

【職務経歴】
株式会社綿半ホームエイド
(店舗運営/販売職)

株式会社マイナビ
(新卒事業本部/キャリアサポート課)

・株式会社リクルートキャリア
(新卒事業領域/大学支援推進部)

株式会社エス・エム・エス
(管理部/人事中途採用)

株式会社techouse
(新卒事業部/営業マネージャー)

株式会社ヒューマンダイン
(新卒事業部/営業マネージャー)

・スポットライト株式会社(現:楽天ペイメント
(営業部/マネージャー)

株式会社ハウテレビジョン
(新卒事業本部/営業部長)

【現職】
moto株式会社:代表取締役(2018年4月~現在)

HIRED株式会社:代表取締役(2019年10月~現在)

これまでのキャリアストーリー

これまでの名刺。一部の名刺だけ見つからず…。

転職を7回経験し、年収240万から年収1億円の会社員になったキャリアを書いておこうと思う。

2007年3月、長野県短期大学(現:長野県立大学)を卒業。

2007年4月に長野市に本社のあるホームセンター(株)綿半ホームエイドへ入社。

主にレジ打ちやインテリア部門、催事コーナーの商品発注や棚づくりを行っていた。当時の年収は240万だ。

配属された長池店

綿半ホームエイドへ入社した理由については『新卒で年収240万の地方ホームセンターに入社した話』を読んでもらいたい。

綿半ホームエイドで働きながら、自身の就職活動経験を書いた就活情報ブログ『就活HACK!』を作った。これが初めての副業だ。

自分自身の就活経験だけでなく、綿半で学んだ採用担当者の視点でも入れ、エントリーシートにどのように書けばいいのか、面接でどう答えるべきかなどを書いていた。

このブログの記事がYahoo!ニュースに取り上げられたことで、広告業界や人材業界に興味を持ち、転職活動を開始。長野での転職活動は非常に苦労した覚えがある。

2012年3月に(株)マイナビへ転職。この時のオファーは年収330万だった。

マイナビの長野支社に配属され、新卒媒体「マイナビ」の学生向けプロモーションを行うキャリアサポート課に着任。

仕事では主に信州大学をはじめとする長野県内の大学へ講演活動に取り組んでいた。血便するほど働き、入社から半年ほどでエリアマネージャーに抜擢された。

マイナビ講師時代の写真

日常業務をこなしながら副業で『就活HACK!』の運営をしていたが、2013年5月に『就活HACK!』の記事がGunosyに掲載され、会社に副業がバレてしまった。

すぐに部長から電話がかかってきた。会社に呼ばれて面談した結果、就活HACK!は終了した。

Gunosyに掲載された当時の画面

確かに黙って副業していたのは良くなかったが、正直、納得感がなくモヤモヤしていた。

だが、その数日後に、この記事を見た知り合いのリクルートの社員が連絡をくれた。これがきっかけとなり、(株)リクルートキャリアへ転職することにした。

リクルートは東京での配属であったため、転職に伴って長野から東京へ引っ越しをした。最初に住んだのは蒲田だった。この時の話は『地方から転職して東京に来た話』を読んでほしい。

2013年11月、リクルートキャリア入社。オファーで提示されたベース年収は480万。

リクルートでは、新卒向け媒体「リクナビ」の新規学生会員の獲得をミッションとした大学支援推進部に配属された。

主に首都圏の学生会員獲得に向けたプロモーション戦略や、各大学のキャリアセンターとの渉外を担当。

東京大学をはじめとした国公立大学での講演活動は年間100回を越え、そのほかにYouTubeなどのコンテンツでも講師を務めた。

リクナビYouTubeコンテンツ『リクゼミ』

2013年12月。リクルートに転職したタイミングで父親が大腸がんで亡くなった。56歳だった。東京と長野を行き来しながら仕事をしていたのを覚えている。

当時の上司で、リクナビ編集長だった大黒光一さんにはいろいろお世話になり、多くのことを学ばせてもらった。

どの会社でも活躍できる人の共通点とは』や『リクルートの創業者「江副浩正」が新入社員へ贈った“12の言葉”』は、働く上で大きな学びとなった。

リクルートのビジョンミッションアワード2014

そのほかにも、リクルートで学んだことは『「お前はどうしたいの?」リクルートで上司に“詰められた”話』にまとめている。僕のダメさがよくわかるはずだ。

また、リクルート在籍中に『OpenES』というサービスが展開され、大炎上する事態に巻き込まれた。

リクナビ2015×地獄のミサワ」で、就職活動の負担を軽減する2つの新サービスをPR」など大がかりなプロモーションを打ったが、サービスに対する大学側の理解が得られず、謝罪アポをする日々が続いたのを覚えている。

リクナビを通じて新卒採用の支援をする中で、人事業務に興味を持つようになり、リクルートキャリアを退職。転職活動を行い、エス・エム・エスに内定をもらうことができた。

2015年1月、(株)エス・エム・エス入社。配属先は人事の中途採用担当だ。オファーは年収550万。

しかし、人事の採用業務の適性が全く合わず、3か月で退職。

エス・エム・エムの人事業務を辞めた理由は『転職した会社を3ヵ月で辞めた話』にまとめている。このときは次の転職先を決めず、無職のまま退職した。

当時、さすがに不安だったこともあり、転職活動に関する本を数多く読んだ。おすすめの本は『【厳選】転職やキャリアを考える人におすすめする“転職本10選”』にまとめている。

また、『会社を辞めて“無職”で転職活動した話』もぜひ見てほしい。転職活動は間違いなく会社に在籍しながらやる方がいい、というリアルな僕の経験談だ。

無職でやることがなく収入にも不安があったことから、はてなブログで『新卒アンテナ』を開設した。これが後の『転職アンテナ』になる。

新卒アンテナトップ画面

「元リクルート」や「元ホームセンター店員」と言われることが多かったため、アカウント名は「元=moto」に設定。

短大卒のホームセンターというキャリアは全く誇れないし、経歴も特殊であったことから、「元リクルート」だけを全面に押し出し、身バレしないように運営することにした。

2015年5月、techouseというベンチャー企業へ転職。年収は550万だった。

営業として新卒向けの合同企業説明会などを統括しながら、傍らで「新卒アンテナ」を運営した。

techouse主催の合同企業説明会場での一枚

2016年には、(株)ヒューマンダインというスタートアップに転職。

社員数2名の会社で「AirIntern」という中途採用向けの動画コンテンツ制作をしている会社だ。ここで新卒向けサービスの事業開発に携わった。

AirInternでいろいろなベンチャー企業の人事の方とつながりを持ち、市場規模の大きい市場で事業を展開しているベンチャー企業に興味を持つようになった。

そんな中、新卒アンテナで書いた『副業が会社にバレてリクルートに転職した話』がバズった。マイナビ時代の話だ。

ちょうど転職活動で選考中だったスポットライト(株)から、このバズをきっかけに内定をもらった。オファー年収は700万だった。

2016年6月、スポットライト社入社。O2Oアプリ「スマポ」および「楽天チェック」の新規開拓営業に従事。

スポットライト社では全国を4人の営業で担当していたため、北海道のあとに大阪でのアポに行くなどの出張が日常茶飯事だった。

全国各地のホームセンターやスーパー、ドラッグストアなどの新規営業を行っていたが、新規アポを取る手法が楽天アワードでノミネートされた。

スポットライト社では、多くの社員が副業をしていた。社長から「え、キミ会社やってないの?」と驚かれるレベルだ。

そのため、僕自身も「新卒アンテナ」をなんとかマネタイズしようといろいろと考えながら副業を真剣に考えるようになっていった。

このあたりの話は新R25の『個人メディアを10億円で売却したmotoさんの「人生を変えた衝撃の一言」とは?』のインタビューでも話をさせてもらった。

その後、スポットライト社が楽天本社のペインメント部門と統合するという話が持ち上がってきたため、転職活動を開始。※現在は統合され、楽天ペイメント株式会社になった。

人材業界へ戻ることを決め、転職エージェントのプロコミットキャリアの若狭さん(現:フォルトナ社)にハウテレビジョンを紹介してもらい、内定。オファー年収は900万だった。

2017年6月に(株)ハウテレビジョン入社。

COO室マネージャーとして配属されたが、3か月ほどで『外資就活ドットコム』の営業部長を任され、営業部門を統括。

プレイヤーとして売上を作るだけでなく、マネジメントや商品企画・開発に携わり、売上高を昨対比2倍に伸ばすことができた。

このとき、目標としていた「30歳で年収1,000万」を達成した。

当時の苦労話は『マネジメントで大切な“考え方”』や、当時取締役COOだった長村さん(現:EVeM代表)が書いた『ベンチャーCOOの上場物語』にまとめられているので、ぜひ読んでみてほしい。

また、ハウテレビジョン在籍中に『新卒アンテナ』を『転職アンテナ』へ改名し、本格的に副業として転職領域で事業をスタートさせた。

20代におすすめの転職サイトや、30代におすすめの転職サイトなどをコンテンツにし、売り上げを伸ばしていった。

2018年4月、『株式会社転職アンテナ(現:moto株式会社)』として法人化。この時の役員報酬は年収4,000万円。本業と合わせると、年収は5,000万円になっていた。

転職アンテナは順調に伸びていき、『【転職サイト】おすすめ比較ランキング20選』が「転職サイト おすすめ」や「転職エージェント おすすめ」でSEO1位となった。

2019年3月にはバリューコマース(株)が主催する「バリューコマースサミット2019」にてバリューコマースMVPを受賞した。

バリューコマース2019授賞式

バリューコマース入賞トロフィー

しかし、2018年9月に事件は起きる。調子に乗ってTwitterで収益を公開したことがきっかけで、運営元であるはてなブログから「ブログの収益化は規約違反」としてアカウント停止措置を受けたのだ。

これにより、会社員をしながら副業で毎月2,000万円を稼いでいた転職アンテナは消えた。

調子に乗って収益を公開したツイート

弁護士などを介してはてなブログ側と話し合いをしたが、アカウントは復活できずに終わった。

2018年10月、ワードプレスで転職アンテナを再構築。この時、少しでもブログへのアクセスを増やすため、音声メディアのvoicyも開始。

転職サイトGreenがチャンネルのスポンサーとなってくださり、月額でスポンサー費用をもらいながら運営。再生回数ランキングでは1位を獲得した。

voicy再生ランキング1位獲得

2019年1月。転職アンテナが消える前の8割の水準くらいまで売り上げが回復した。

時期を同じくして、取材を受けていた週刊SPA!から書籍のオファーをもらい、扶桑社から書籍を出すことが決まった。

2019年の2月からは執筆活動も開始。執筆活動をする傍らで、有料noteのマネタイズにも成功した。

楽天で実践していたアポ取りの手法をまとめた『営業で学んだ“トップアプローチ戦術”』や、接待で使っていたお店をまとめた『【エリア別】仕事の飲み会や会食に使えるおすすめ飲食店30選』がヒットした。

これにより2019年の5月以降は、月200万円以上の売り上げを作ることができた。

2019年7月、書籍『転職と副業のかけ算』予約開始。予約時点でまさかのAmazon総合ランキング1位となり、予約開始翌日に増刷が決定。初速で5万部を超えた。

本書は最終的に累計10万部を超えるベストセラーとなっている。

アマゾン総合ランキング1位の瞬間

発売から3年後も三省堂有楽町店でビジネス書1位に

ずっと経歴を隠していたが、書籍を出したり、今後会社としてサービスをリリースするにあたり本名が出ることを避けられないため、このタイミングで実名を公開することにした。

学歴も職歴も大したものではないし、経歴も特殊であったことから身バレしないように隠し続けていたが、いざ公開してみると、短大卒であることやホームセンターに勤めていたをことが逆に話題となった。

おかげでメディアの取材依頼が増加。本名と経歴だけは公開したものの、当初の運用通り顔出しはせず、アイコンをお面にして対応していた。

転職のプロ”として数多くのメディアに出演し、転職の知見を発信するアカウントとして認知もされ、X(旧Twitter)のフォロワー数は10万人を超え、年収は1億円を超えた。

2019年10月、転職に特化した広告事業を行うHIRED株式会社を設立。

ビジョン・ミッションに「キャリアの景色を、あたらしく」を掲げ、事業をスタートした。

HIRED

2019年12月にHIRED初の事業として『AdAntenna』のベータ版をリリース。

2020年からは講演活動も増えた。イベント限定で顔出しを行い、dodaさんや日経新聞社などでキャリアに関する講演を行った。

また、2020年はHIREDの事業を軌道に乗せるための営業活動や採用活動を行い、moto社の売却も検討しはじめた。

そして、2020年12月にHIRED社から『AdAntenna』を正式リリース。

アドアンテナの最新のLP

いよいよ手が回らなくなってきたため、moto社の売却を具体的に進めることに。何社か交渉をする中で、最終的にログリー株式会社に決定した。

そして2021年4月、moto株式会社をログリー株式会社へ売却(詳細はこちら)。7億円+アーンアウト3億円の条件で合意した。

2022年1月には、2冊目の著書『WORK』を日経BPから発売。初週で3万部を超えるベストセラーに。

発売初週で3万部超えに

現在はHIRED株式会社とmoto株式会社の代表取締役を務めている。

専門分野は『転職』

転職やキャリア全般、転職サイトや転職エージェントに関するテーマを得意としています。

これまで約10年間会社員として働く中で、7回の転職を経験し、大手企業やベンチャー企業に在籍してきました。

会社員として働いた約10年間で、延べ50社以上の転職サイトと転職エージェントを利用し、転職活動をするたびに年収を上げてきました。このあたりについては年収240万→1500万」32歳6社目リーマンの鉄則』をご覧ください。

転職経験は20代で5回、30代で2回と多く、様々な転職サービスを利用したことで、各転職サイトや転職エージェントの特徴に関する知見を持っています。

また、これまでのキャリアで、リクルートやマイナビなどの大手人材会社へ在籍したり、人事採用業務を経験してきたため、人材業界の知見も持っています。

本サイト「転職アンテナ」は人材業界で得た知見と、実際に転職をした実体験を基に、転職サイトや転職エージェントの使い方や特徴を発信しています。

motoのSNSアカウント

転職に関する発信は主にX(旧Twitter)で発信しています。また、音声配信メディアのVoicynoteYouTubeも更新しています。

■ X(旧Twitter):@moto_recruit
■ Facebook:shunsuke.totsuka
■ LinkedIn:@shunsuke-totsuka
■ Voicy:motoVoice
■ note:moto
■ YouTube:motoの転職チャンネル
■ Google:moto

 

著書

私が書いた書籍をご紹介します。

転職と副業のかけ算

2019年8月に転職の考え方や副業について書いた書籍『転職と副業のかけ算-生涯年収を最大化する働き方-』を扶桑社から出版。

新卒で地方ホームセンターへ入社し、転職と副業を通じて年収240万から年収4,000万に至るまでのリアルな実体験とノウハウを書いています。

発売から7日で3万部を超え、Amazon総合ランキング1位のベストセラー書籍となりました。また、2020年には「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」にノミネートされ、現在までに8万部を超えています。

こちらの書籍の一部は【無料公開】著者が語る『転職と副業のかけ算-生涯年収を最大化する生き方-』にて公開しています。

※国立国会図書館URL:https://id.ndl.go.jp/bib/029842539

WORK

2022年1月に書籍『WORK-価値ある人材こそ生き残る-(日経BP)』を日経BPから出版。

前作のベースとなる「市場価値を上げる働き方」について、自身の経験から書いています。初版3万部を超えるベストセラーとなり、音声配信など様々な形で展開されています。

こちらの書籍の一部を『【先行公開】WORK-価値ある人材こそ生き残る-』にて無料公開しています。

※国立国会図書館URL:https://id.ndl.go.jp/bib/031878767

メディア掲載

これまでに取り上げられた記事をご紹介します。

ビジネスメディア

【ForbesJAPAN】
年収1億円超えのサラリーマンが、あえて“新卒ホームセンター”を選んだ理由
自分の市場価値を知れば、「主体性」は自ずと生まれる──村上臣 x moto
環境は変われど、本質は変わらない。年収1億超のサラリーマン・motoが語った「コロナ時代のキャリア論」

【日経スタイル】
副業・転職で年収アップのmotoさん 「狙いは異業界」

【日経ビジネス】
給料は「もらう」のではなく「稼ぐ」という感覚、ありますか

「会社の看板=自分の価値」の誤解、どうしたら解けますか

【日経クロスウーマン】
年収240万→32歳で1500万 motoの転職流儀
会社で「評価が高い人」が持っている、2つの能力とは?
「言われたことだけやればいい」人は、なぜ市場価値ゼロになる?

【東洋経済オンライン】
「軸ずらし転職こそが年収アップ実現の近道だ」

【プレジデントオンライン】
「年収240万→1500万」32歳6社目リーマンの鉄則
転職×副業で年収5500万円を稼ぐ32歳の仕事論

【ダイヤモンドオンライン】
副業で年収4000万円!「自分を資本にお金を稼ぐ」ワークスタイル【moto】
今絶対に転職してはダメな人とは?転職の達人motoさんが断言する条件

コロナ時代に年収を上げる「5つの転職術」、転職の達人motoさん直伝
成長する人だけが知っている「金脈」の見つけ方、転職の達人・motoさんに聞く
みんなが知らない「サラリーマンの生存戦略」副業年収1億円!motoさん伝授

【NewsPicks】
【図解】「転職と副業のかけ算」で、年収を最大化する方法

【JOBPICKS】
【moto】「10年で年収を50倍」にしたサラリーマンが語る、無理なく市場価値を上げる方法

【みんなのマネ活】
「経験への投資が資産になる」副業から起業したmotoさんに聞く成功の秘訣とは

【AERA dot.】
転職の成功のカギは「自分はいくらで売れるか」の視点 具体的なポイントは3つ

【新R25】
新卒手取り11万→年収1500万。motoさんが内定者・新卒に教える「年収が上がる人になる5カ条」

“辞めた人の転職先”にヒントがある。motoが語る、現実的な「キャリアアップ」の考え方
「あなたの部下は“年収の上がる転職”ができますか?」motoさんが本気で語るマネジメント論
「市場から見た自分の価値は1500万円」副業で5億円を稼ぐmotoさんが“調子に乗らない理由”
副業年収4000万…ってどうなってんの!? motoさんが語る“副業で稼ぐコツ”が真っ当すぎた

【日刊SPA】
転職の達人が語る「ゆるい職場から去りたい」若手がキケンな理由

【THE21 Online】
経験豊富であるほど勘違いしがち…「転職に失敗する人」の共通点

転職メディア

【リクナビNEXTジャーナル】
社内評価が低くても同期や後輩が評価されても焦らなくていい理由――大事なのは社内より“市場”から見た「自分の価値」

【ビズリーチ】
「転職と副業のかけ算」著者のmoto氏が語る、転職活動におけるビズリーチの使い方

【indeed(インディード)】
motoさん(会社員/HIRED株式会社 代表取締役CEO)の仕事論

【20’s type】
『転職アンテナ』motoが教える20代の勘違い転職5つのこと

【女の転職type】
オンライン面接に潜む落とし穴とは? motoさんに聞くミスマッチ転職を防ぐコツ

【type】
転職は“辞め方”も大事! 転職のプロmotoさんに学ぶエンジニアが退職時に絶対やってはいけない六つのNG行動

【Geekly】
「転職は“できること”、副業では“やりたいこと”をする」 motoさん×転職エージェント「Geekly」が考えるこれからの働き方

【サンカク】
個人の力を武器にしながら組織で闘っていきたい──motoさんが語った「これからの時代のキャリア戦略」

【求人ボックス】
“個人のスキル”が身につかず不安——スキルを高めるために転職すべき?
未経験で転職したけど仕事がつらい——入社1年で辞めても良い?
人間関係は良いけれど収入面が不満—今の会社で頑張るか、転職すべきか

【LHH転職エージェント】
転職の道筋の考え方 motoとLHH転職エージェントが考えるキャリアの描き方

雑誌掲載

これまでに掲載された雑誌をご紹介します。

【PRESIDENT】 
あなたの給料は、安すぎる (プレジデント2021年 12/31号)

【GOETHE】
GOETHE 2021年1月号

GOETHE 2021年8月号

【THE21】
普通のサラリーマンが「副業で稼ぐ」ベストな方法(2022年6月号)
40代・50代からの「キャリアシフト」成功術(2024年3月号)

【週刊ダイヤモンド】
週刊ダイヤモンド  「今選ぶべき会社・業界・仕事ランキング」2020年 8/1号

【週刊東洋経済】
週刊東洋経済 2019年9/28号

【週刊SPA!】
週刊SPA!(スパ) 2019年 7/9 号 

【RIETI LETTER(経済産業調査会 会報誌)
令和のサラリーマンが持つべき「働く姿勢」

【日経WOMAN】
日経ウーマン 2023年6月号
「なりたい自分」への最短ルート!1日1分 私を変える最高の習慣(2024年3月号)

【Hanako】
Hanako No.1225 2023年11月号

講演・セミナー

これまでの講演をご紹介します。

【日本経済新聞社】
moto氏が語る「価値ある人材になる思考法」|オンラインセミナー

年収240万円から1000万円に!moto氏が語る「転職のコツとこれからのキャリアの考え方」

【日本経済新聞社(COMEMO運営事務局】
「自分株式会社」の視点で考えるキャリア戦略(オンライン開催)

【doda】
dodaプレミアムトークセッション『転職を武器にする生き方』
【プレミアムトークセッション】これからの時代の「はたらく」の在り方とは

【週刊SPA!】
「転職の達人」moto氏が生配信で教える! 企業に刺さる「職務経歴書」の書き方講座

【日経WOMAN】
moto流キャリアアップの秘訣セミナー「今の会社で頑張る? それとも転職? 年収をアップさせる転職の達人」

動画配信

Youtubeなどの動画配信の一覧をご紹介します。

【キャリQ】
「ビジネスパーソンの市場価値を上げる方法」を転職のプロ・motoさんに聞いたら目からウロコだった【motoさん×キャリQ】

転職5回で年収240万円→1000万円に!転職のプロ・motoさんが、働く業界を変えていく「軸ずらし転職」の方法を徹底解説【motoさん×キャリQ】

【サラタメチャンネル】
【motoさん直撃インタビュー】転職で年収爆上げ(240→1,500万円)するための転職ノウハウ、サラタメが聞いてきました。
【motoさん直撃インタビュー】5億稼ぐ副業サラリーマンのぶっちゃけ話&しくじり話

【新R25】
サラリーマン→個人メディアを10億円で売却。motoさんの「人生を一変させた経験」とは?【新R25ワイドショー】
副業で5億円稼ぐmotoさんがサラリーマンを続ける理由

運営会社について

私が代表を務める会社の概要をご紹介します。

moto株式会社

【HP】https://moto-inc.co.jp/

moto株式会社は転職メディア『転職アンテナ』の運営を行う会社です。

メディアの運営だけでなく『転職アンテナコンシェルジュ』という転職相談サービスも展開しています。

会社名 moto株式会社
設立日 2018/04/12
代表者 戸塚俊介(moto)
池永彰文
所在地 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂一丁目16番3号
渋谷センタープレイス 2F
電話番号 03-3770-3287
事業内容 求人広告代理店事業 / 人材コンサルティング事業 / メディア事業
取引先銀行 三菱UFJ銀行 新富町支店
グループ会社 ログリー株式会社

HIRED株式会社

【企業HP】https://hired.co.jp/

HIRED株式会社では転職に特化したASP『AdAntenna』と、転職・求人サイト『HIRED Search』を運営しています。転職広告に特化した広告代理店として、人材サービス各社と連携しています。

会社名 HIRED株式会社 (英文名 HIRED,Inc.)
設立日 2019/10
代表者 戸塚俊介
所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座 6-10-1
GINZASIX 13F
資本金 500,000円 (2022年9月現在)
事業内容 転職支援サービス・広告代理店・求人メディアの運営 (有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)
取引先銀行 三菱UFJ銀行 新富町支店
決算期 9月末

お問い合わせ・連絡先

motoへのメディア取材や講演依頼、転職アンテナへの広告掲載、その他お問い合わせについては当サイトの「コンタクトフォーム」からお願いいたします。