【20代向け】20代の転職で実際に役立ったおすすめ転職サイトと転職エージェント

私自身、20代で3社、30代で2社を経験し、これまでに4回転職活動をしました。

これまでの転職活動で約40社の転職サイトと転職エージェントを使った中でも、20代の転職活動において、使って良かった8社のおすすめ転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

スポンサーリンク

 

20代の転職における転職サイト活用方法

経験社数や社歴の浅い20代での転職でおすすめなのが、転職サイトで応募したい企業や求人を見つけて、転職エージェントを通じて応募する方法です。具体的には下記の手順です。

【転職サイトと転職エージェントを使った応募方法】
1.  20代に強い転職サイトに登録する
2.  転職サイトで求人情報を検索する
3.  気になった求人を転職エージェントに伝える
4.  転職エージェントから推薦状付きで応募する

この方法を使うことで、転職サイトの自己応募だけでは落ちてしまう求人にも通過しやすくなります。

20代の転職では、履歴書や職務経歴書などの書類を、転職サイトや企業HP経由で応募すると、書類選考で落ちてしまうことがあります。

理由としては、20代の求人を募集している企業の中には、転職サイトからの応募者をスクリーニングするために、学歴フィルターや企業名でフィルターをかけているケースがあるためです。

転職サイトからの応募だけでは、機械的に落ちてしまう可能性があるため、転職エージェントも並行して使うことで、推薦を利用して書類を出す方が通過率が高くなります。

ちなみに、現時点で自分にはどれくらいの市場価値(年収)があるか、どのような求人が届くかについては『ミイダスで調べることができます。

現年収や職種、業界などを簡単に入力するだけで、適正年収や求人のレベルがわかります。参考になるのでやっておいて損はないです。こちらから年収を調べられます。

20代での転職は転職サイトだけでなく、転職エージェントも活用して効率的に進めるのが良いです。転職サイトで求人を見つけて、直接応募するのではなく、転職エージェントに推薦してもらう方法も活用がおすすめです。

20代の転職で最も役立った転職サイトと転職エージェント

20代の転職活動に使える最もおすすめな転職サイトをご紹介します。

迷ったらこの転職サイトに登録しておけば間違いないです。まずは転職サイトへ登録して20代の自分の市場価値を知るだけでも価値あります。

リクルートエージェント

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

20代の転職で毎回利用したのが『リクルートエージェント』でした。20代で利用し、実際に数社の内定に繋げてもらいました。幅広く求人を持つ、業界最大の転職エージェントなので、まず登録しておいて間違いないです。

20代の初めての転職や2回目以降の転職において、非常に役立ちました。使い方として、事前に『リクナビNEXT』で求人を見てから転職エージェントに相談すると良いです。

求人のレコメンドや面接日時の設定、応募から内定までの流れが非常にスムーズで安心感がありました。システム的に送られてくる求人のレコメンドはイマイチでしたが、それ以外はとても良かったです。

doda転職エージェント

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://doda.jp/

20代向けの求人に力を入れ始めているのが『doda転職エージェント』。ほかの転職エージェントに比べて幅広く求人を提案してくれました。また、転職サイト内の「転職人気企業ランキング」も見ておくと良いです。

doda転職エージェントは本当にたくさんの求人を提案してくれるので、色々な求人を幅広く見た上で判断したい、という人に向いてます。転職エージェントとしての機能も大手エージェントの中では高め。

20代での転職では「数多くの求人」を見ることが大事です。転職サイトと転職エージェントの両方に登録して多くの求人をもらうのがおすすめです。

リクナビNEXT

おすすめ度:★★★★・

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/

20代で転職活動をしていたときに必ず登録していた転職サイトが『リクナビNEXT』でした。最大手とあって求人が多く、探すのが大変なので、スカウト機能へ登録してオファーをもらう形で使うのがおすすめです。

リクナビNEXTには転職サイトで唯一、履歴書と職務経歴書を無料で作成できるツールがあるので、これだけでも利用価値があります(これ本当に便利です)。

リクナビNEXTを見るときは「新着求人」「人気ランキング」あたりを見ておくと意外と良い求人が出てきます。

20代の転職で使って良かったおすすめ転職エージェント

転職エージェントは、エージェント毎に持っている求人が異なるため、複数登録しておくと良いです。

今回は「20代向けの求人が多い」「紹介求人の質が高い」「書類選考の通過率が高い」という条件を満たしていた転職エージェントをご紹介します。

マイナビジョブ20’s

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

20代の社歴が浅いタイミングで使ったのが『マイナビジョブ20’s』。僕も20代で利用していましたが、転職サイトに登録しなくても希望を伝えれば求人を紹介してくれるので、ふわっとした状態でも転職相談ができました。

20代に特化した転職エージェントなので、経験年数が浅くても、結構頑張って書類などを通してくれました。

また、職務経歴書や履歴書について詳しくアドバイスをもらうことができたので、20代の初めての転職や、書類選考が不安な人におすすめです。

Spring転職エージェント

【公式サイト】 http://www.springjapan.com

おすすめ度:★★★★・

必ずキャリア面談してくれると評判なのが『Spring転職エージェント』。僕自身、20代最後の転職でを使って内定、入社したことがあります。求人数は少ないですが、質の高い案件が多かったです。

企業担当と面談担当の距離が近いため、企業の情報についても詳しく知ることができました。

しつこくプッシュしてくる感じもなく、こまめに連絡が取れる感じだったので、リクルートエージェント同様、総合的なエージェントとして使えました。

type転職エージェント

おすすめ度:★★★★・

【公式サイト】https://shoukai.type.jp

20代で転職する友人の多くが登録していた『type転職エージェント』。20代で経験が浅くても、日系大手の書類選考を通してくれました。拠点がないせいか、主に都心企業の求人に強い印象がありました。

逆に言うと、地方には弱いので、地方の求人を探すのであれば『リクルートエージェント 』などの転職エージェントを使った方が良いです。

type転職エージェントは、面接前に企業の人事担当と直接やりとりしている営業マンから直接、面接対策をしてもらえました。20代で初めての転職にはとても心強かったです。

20代の転職でよく使ったおすすめ転職サイト

ご紹介する転職サイトは「20代で役立った」「20代求人数が多い」「他社転職サイトに無い求人がある」という基準で選びました。

転職サイトは数多くありますが、全部使うと「会員登録がめんどくさい」「既視求人(被り)が多い」「DMが大量に来る」という状態になるので、この下記の転職サイトで充分だと思います。

キャリトレ

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.careertrek.com

すぐに登録できると評判の『キャリトレ』。20代の若手に特化しており、自分の希望条件や職務経歴を細かく入れなくても、自分にあったおすすめ求人をレコメンドしてくれます。

「今すぐ転職したい」というより「何かいい仕事があったら見たい」という感じから使えるので、まずは求人を見たい人におすすめ。

求人はベンチャーから外資系企業まで幅広くあり、20代を中心に募集をしている求人が多かったので、まずは自分にどんな求人が来るか知りたい人にはおすすめです。

doda

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://doda.jp/

doda』は求人の量と質ともに満足度が高い転職サイトでした。20代や第二新卒向けの大手、外資系企業、ベンチャー企業の求人が幅広くあります。

dodaはエージェント機能も持っており、転職エージェントとしても使えます。20代の転職であれば、dodaの転職サイトと転職エージェントを併用するのが良いです。

大手の転職エージェントとあって特に不満はなし。業界2番手とあって、とても使いやすい転職サイトでした。

AMBI

評価:★★★★・

【公式サイト】 https://en-ambi.com/

年収400万円未満の20代は利用できないようになっている『AMBI』。20代のハイクラス(年収500万以上)に特化した転職サイトです。

基本的に年収500万以上の求人しか掲載がなく、20代向けでも1,000万円の求人も多くありました。

応募する前に、興味ある求人に対して「興味あり」ボタンを押すと、その求人の企業、または転職エージェントから合否に関する評価がもらえます。自分の市場価値が事前にわかるので便利でした。

転職サイトと合わせて見るべきサイト

転職サイトや転職エージェントの情報だけでは「給与とかどうなのか」「仕事環境はどうか」など疑問が出ます。

その際、参考になるのがその企業で働いている人の口コミと自分の市場価値です。僕は下記のサイトをいつも参考にしています。

転職会議

【公式サイト】https://jobtalk.jp/

転職会議』も参考になります。転職サイトに掲載されている企業のほとんどが網羅されているので、転職を考えている企業の口コミを見ておくと良いです。

転職会議は20代の投稿が多くみられるのでとても参考になりました。また、正社員だけでなく、派遣社員や契約社員の投稿も多くあるので、幅広い視点で情報収集ができました。

ミイダス

【公式サイト】https://miidas.jp/

現時点で自分にどれくらい市場価値(年収)があるのか『ミイダス』で調べることが出来ます。こちらから調べられます。いくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人のレベルがわかります。

僕は転職時に参考程度に使っています。やってみる価値あります。20代の転職において提示されるオファー金額の妥当性や、どれくらいの年収で転職するべきかというラインの参考になります。

20代の転職における年収は後のキャリアにおいても重要なので、やってみることをおすすめします。

転職人気企業ランキング

doda』の転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』は一見の価値あり。20代に限らず、今の転職者にはどの企業が人気なのか、今出ている人気求人は何かなどがわかります。僕も20代でキャリアを考えるときに眺めていました。

基本的には外資や大手企業がメインですが、自分が知らない企業の求人もあったりするので、20代のうちに企業の視野を広げるためにも眺めておくことをおすすめします。掲載されている求人には『doda転職エージェントや『doda転職サイトから応募することができます。

VORKERS

【公式サイト】https://www.vorkers.com/

個人的に信憑性が高いと思っている『VORKERS』。組織風土や給与などについて詳しく書かれており、直近の書き込みも多いのでとても参考になります。

転職サイトの年収だけではリアリティがないので、VORKERSで年収と社風は必ず参考にしています。書きこんだ人の年代も表示されるので、20代からのキャリアや、その先の給与なども参考にできます。転職前には必ずチェックしておくと良いです。

20代の転職でやっておいたほうがいいこと

20代の転職でやるべきは「年収交渉」です。

しかし、オファーをもらったあとの年収交渉は自分ではなかなかしずらいですし、過去のキャリア経験が少ないと年収の相場などもわからず、とても交渉しづらいと思います。そこでおすすめなのが、転職エージェントを使った年収交渉です。

転職エージェントは、転職者の入社が決まって初めて売上になる成果報酬型のビジネスをしています。報酬相場は転職者がもらうオファー年収の30%〜40%程度(年収500万の転職で150万の売上になるイメージ)。

転職エージェントも営業マンとして売上を背負っているので、オファー年収が高い方が有難いわけです。転職エージェントを使うと、彼らが年収交渉を頑張ってくれます。自分に代わってしっかりと交渉してもらうようにしてください。

転職エージェントの良し悪しは人によるところも大きいので「この転職エージェントはダメそうだ」と思ったら、すぐにほかの転職エージェントに切り替えてください。経験上、時間の無駄になります。

20代の転職はキャリアを考える上で大切なので、転職サイトや転職エージェントを使って幅広く情報を取ると良いです。自分にとって良い転職をしましょう。

スポンサーリンク