第二新卒おすすめ転職サイトランキング12選|口コミと評判から徹底比較

第二新卒におすすめの転職サイトはどこなのか?

第二新卒の転職者におすすめの転職サイトは下記の2つです。

■ 第二新卒の転職で年収を上げたい
『リクルートエージェント』

■ 大手企業に第二新卒で転職したい
『doda』

転職サイトは数多くありますが、第二新卒におすすめなのは「リクルートエージェント」と「マイナビジョブ20’s」です。

転職サイトは、どんな求人を探したいのか、どんな業界を目指すかによって使うべきサイトが変わります。本記事では第二新卒の転職者のデータをもとに、おすすめの転職サイトを10社選びましたので、口コミと合わせて参考にしてみてください。

目次

【転職の専門家】motoについて

moto

戸塚俊介。moto株式会社代表取締役。リクルートマイナビなど7社へ転職。転職経験やキャリアに関する発信がForbes日経ビジネスに取り上げられ、Twitterフォロワー数は12万人超。著書に『転職と副業のかけ算』『WORK』。詳細はプロフィールをご覧ください。

※全年代向けの転職サイト転職エージェント記事も合わせてご覧ください。

第二新卒におすすめ転職サイト

第二新卒の転職活動におすすめの転職サイトをご紹介します。

えーかおキャリア専任のアドバイザーがマンツーマンで対応

第二新卒におすすめの転職サイト
リクルートエージェント 業界最大手のリクルートが運営する転職サービス
doda 業界トップの求人数とコンテンツが充実
転職サイトGreen IT業界の求人に特化した転職サイト
マイナビジョブ20’s マイナビが運営する20代の若手求人が豊富な転職サイト
マイナビ転職 首都圏だけでなく地方の求人も豊富に掲載している転職サイト
type転職エージェント 若手からシニアまで豊富な求人を保有
第二新卒エージェントneo 専任のキャリアアドバイザーが転職活動全般をサポート
ハタラクティブ 求人の80%以上が未経験可の正社員求人
DYM就職 書類や面接の選考通過率、正社員としての採用率が高い
Re就活エージェント 求人を探すだけでなくエージェントサービスも利用できる

1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:375,537(2024年2月21日現在)
求人数増減:+5,413(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

第二新卒向けの転職サイト・転職エージェントでおすすめなのが『リクルートエージェント』。

第二新卒に限らず、毎回の転職で利用してきました。業界最大の転職エージェントとあって、登録しておいて間違いないです。

おすすめの使い方としては、事前に転職サイトの「リクナビNEXT」で第二新卒の求人を探しておき、気になった求人を転職エージェントに見せて相談すると良いです。

特に「第二新卒求人の特集」などには多くの第二新卒向けの求人が掲載されているので、その求人をもとに転職エージェントに相談すると面談もスムーズになるのでおすすめです。

出典:公式サイト

リクルートエージェントの口コミ評価

  • 22歳・女性
    入社して半年ほどでしたが、残業が慢性化していて体調不良の社員が出てしまうほど労働環境が劣悪だったため、転職を決意しました。最初は自分で求人サイトを見ながら進めていましたが、中々上手く進めることが出来ませんでした。

  • そこで業界大手のリクルートエージェントに登録して進めることにしました。担当のエージェントの方が現状の労働環境を危惧して、とにかく良い条件でなるべく早急に転職できるよう動いてくれました。

  • 利用開始から1ヶ月で内定を貰うことができました。余裕があれば、自分自身で希望する求人が出るのを待つのも良いと思いますが、早めに転職したい場合はエージェントに頼るのがいいと思います。

  • 23歳・男性
    医療用機器販売の営業職から、SEにキャリアチェンジすることができました。元々エンジニア職に興味があったものの、未経験での転職は難しいと考えていました。転職エージェントに相談したところ、第2新卒の転職は未経験採用の求人も数多くあると聞きました。

  • まずは応募してみようと背中を押してもらえたことが、転職に成功できた要因だと思います。

  • dodaの転職エージェントより、リクルートエージェントの方が圧っっっ倒的に質が良かった。表面の条件と厳しい現実だけを言い連ねるdodaと、今までのスキルをどう活かすか?から考えてくれるリクルート。 …まぁ自分もR系だからってのもあるけど、思考の深さって差が出るなとつくづく思った

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントの担当よ! 今まで話したこともなく、アドバイスや書類添削もないのに、急に受かりそうになったら連絡してきた😆 めちゃ忙しいのはわかるけど 無料だけど、本当に求職者のためのサービスなのかな

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビエージェントとリクルートエージェントを同時に申し込み、 面談日と担当エージェントが即決まったのがリクルートでスピード感を感じた 対してマイナビは面談日の希望を出してもまだ返事がきてない

    出典:X(旧Twitter)

  • 良いエージェントさんでよかったですね。 私の担当のエージェントさん連絡なんかめったになく、リクルートエージェントなんですが😭 しかも、紹介も登録した最初の数日だけで、あとは一人で求人検索して受けている感じです😭 書類通過してからの面接対策もなく全くな感じです😭

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントは思った感じの条件じゃないのばっか出てくる&紹介メールがきて、とにかく使いにくくて結局ハローワークで探した記憶…😇

    出典:X(旧Twitter)

  • 高卒で計2回転職してて、 1回目は職安 2回目はリクルートエージェント 使って転職しましたが、 どちらも書類選考で落ちる会社も 内定頂ける会社もありました。 ただ会社によって求人を出す場所が違うので どの会社行きたいかを見つけて、 その求人がどこから出てるのか探した方が いいと思います🙆🏻

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント →基本エージェントには放置されるけど良い求人が多い印象 あんまエージェントに干渉されたくなければ合うかも doda →結構電話して状況確認してくれるから相談しやすい 求人はリクルートほどでは無い印象 自分の担当してくれてる方がめちゃくちゃ良い人

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェントいくつか使ってるけど、リクルートエージェントが1番UIが良いかな。使いやすい。 全件選択出来ないの面倒だけど

    出典:X(旧Twitter)

  • 半年くらいかけてのんびり転職活動しようとリクルートエージェント登録したら 転職する時に登録せぇ言われて速攻で登録停止にされたな

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント、担当コンサルタント以外からのメールはたくさん届くのに担当コンサルタントに送ったメールは返信なくて死んでる??ってなってるんだが笑 アドレスは全部担当コンサルタントから来てるけど自分がシステム、別の人間、担当コンサルタントのうち誰と連絡してるのか分からん

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントに聞けば 秒で見つかるよ

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分は今回リクルートエージェントで転職しました。 過去にも他のエージェント使ったけどここが一番良かったです。 色々書類直してくれたり対策面談あったりわりとちゃんと見てくれました。

    出典:X(旧Twitter)

  • とりあえずリクルートエージェントあたりで空欄うめてくと履歴書と職務経歴書でき上がるし電話きて希望いろいろ聞いてくれるからまず登録しとくといいかも✨

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントの人が、書類審査で書類あんま見てないけん修正しても意味ない、て言ってくるんやけど、じゃあ何を見てんの…?…?…?? 担当者のプレゼン能力ってこと…?やとしたら、担当が誰かってめちゃくちゃ重要じゃない?? そういうの、先に言ってくださらない???

    出典:X(旧Twitter)

  • もちろんエージェントはビジネスなのでという事を大前提で。 昨年の今頃登録した地元エージェントからは一切連絡なし 初回不採用でその後連絡きた 提携エージェントからも連絡なし リクルートエージェントからは その後どうですか?の電話あり

    出典:X(旧Twitter)

  • 思いがけない提案とかされるとビビッときます。そういえば、初めての転職で利用したリクルートエージェントさんは練習でリクルートを受けましょうという提案をしてくれました。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント通らなさすぎてウケる

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントに登録したら、企業の情報がたくさん来てね!! 面接対策は1回しかやってなかったかな あとは適当な企業に行って面接練習みたいな感じでしてたね 面接対策と転職活動を並行でしてた感じかな?

    出典:X(旧Twitter)

  • JACはハイクラス向けのエージェントなんだけど、丁寧に対応されてて良かったよ。 自分向けの求人無くても取りにいってくれるんよ。 同年代の知り合いはdoda使ってたかな。 うちは結局リクルートエージェントに載ってた求人票から応募してなんか受かった。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントからやっと1件、「企業スカウト」が届いた。 これは僕のWEB履歴書と職務経歴書をよくよく読んで判断したということだからうれしい。 僕の職務経歴書を見て惹かれるって、通やな。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントのエージェントの質は普通だが、求人の数はピカイチなので、数打つ時には有用。エージェントに期待するというより、データベースに期待して利用すると良い。

    出典:X(旧Twitter)

  • 俺は他も使ったことがあるけれどリクルートエージェントが好きかな 履歴書や職務経歴書も添削してもらえるし。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント良きよ 結構無茶苦茶な条件でも探してきてくれるけん。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今までリクルートエージェントの書類選考に全然通らなかったのに、今年入ってから通過した! 来週は面接! 履歴書要らないんだね。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント、どうせ書類選考出してないくせに出したけど落ちましたみたいな切り方すんのやめてほしいよね。そっちの売上の都合だろ

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント、ほんとに受からなすぎじゃない?このアプリが存在している意味

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分もリクルートエージェントで転職先見つけたから広告用求人ではないから頑張れば見つかるよ笑

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントさんとの模擬面接めちゃくちゃためになった A4の加味ギッチギチ2メモ取った 面接頑張る

    出典:X(旧Twitter)

  • マジでリクルートエージェント仕事できなさ過ぎて笑う 一般職の応募なのに総合職なので転勤可にしてください、とか笑 リクルートの担当者に書類落とされたのに、数ヶ月経った頃に勝手に通されて、結局企業は即書類通してくれたけどこっちからしたら落ちた書類がいきなり通って混乱だからな。人の人生

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動を振り返って思うのは、ほんとリクルートエージェントはハズレだった。あんな低レベルなサービスで人材業界No.1なの?って思った。もし次転職することがあってもリクルート系だけはもう使いたくないです。 ちなみに自分はdodaXからのエージェントさんのおかげで無事に転職先が決まりました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 保育士辞める!って1年間思い続けてやっと保育園に「辞めます」って言えた。しぶしぶ承諾をもらい、よし!一般企業に就職!とリクルートエージェントに登録。登録して2ヶ月になるけど、エージェントの予約が2週間に1回くらいしか取れず未だに職務経歴書の添削中。ハローワークにも希望求人なし😮‍💨

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分はリクナビnextとリクルートエージェント使い分けした! エージェントは質問項目に答えるだけで織布経歴表を自動作成してくれるのが、後々書類の提出に楽!あと、勝手に申込先との調整等やってくれるので、複数社受ける場合はとても楽! デメリットはエージェントの力量による部分が つづく

    出典:X(旧Twitter)

  • 書類提出:16社 書類通過:7社(うち2社で1次面接辞退) 1次面接通過:3社(うち1社で2次面接辞退) 2次(最終)面接通過:2社 内定:2社 "選考結果のご連絡"という件名のメールが来ないことを祈る日々だったw(この件名だと100%お見送り) リクルートエージェントの転職エージェントさんお世話になりました🙇

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントを見ていた私「事務職って全然ないんだな…人気なんだなやっぱり…他の条件少し諦めるしかないか…」 indeedで希望条件全部入れて検索した私「検索結果…800件超え…!?どういうこと…!?逆に怪しい!!」

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント、応募するだけならなんぼでもできるので、俺みたいな経歴ボロボロどころか死んでるニートで確実に書類選考で落ちる、と分かっている場合でもあまりにも気軽に応募ボタンを押せるのが怖いけどおもろいな なお書類選考通ったらビビり散らかして震える模様

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントは 「書類選考通ったので●日までに連絡下さい」の連絡もメールで来るのみ。 それを見落としたら 「日程調整の連絡は早めにお願いします」の自動送信メールが届くのみ。 dodaは定期的な電話の際やメール、ラインで通知してくれる

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトでリクルートエージェントとdoda登録して半年ほどたったけど 今のところおすすめはdoda 対応が手厚い リクルートエージェント→最初にビデオ通話で転職希望を聞いて後は自動送信メールのみ doda→最初にビデオ通話、その後定期的に電話で意思確認、面接前には対策通話、ライン通知あり

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントでとても良い求人を見つけてしまい、うっかり全てを放りだして応募してしまいそうになった 現職との兼ね合いですぐに応募することはできなくても、世の中にはああいう求人があるというだけでも少し元気出る

    出典:X(旧Twitter)

  • ごめん、リプ流れてたわ! リクルートエージェントは結構信頼してる 担当者によるのかもしれんけど、サポート手厚かった

    出典:X(旧Twitter)

  • 未経験からのコンサル転職で全く役に立たなかったエージェント2選 ・type転職エージェント ・リクルートエージェント 役に立ったエージェント3選+1 ・アンテロープキャリア ・ムービンストラテジックキャリア ・JACリクルートメント ・OpenWork直接応募 恐らく最強 ・リファラル採用

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント勧められて登録してみたけど、めちゃくちゃいいね。 転職するならおすすめだわ 電話面談して履歴書と職務経歴書のデータ送ったら色々アドバイスしてくれて履歴書と職務経歴書を言葉とけ直したりして作り直してくれた しかも明日ハローワークの求人で面接なのにアドバイスくれた

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職状況 リクルートエージェント 応募21 書類落ち17 選考中1 反応無し3 doda 応募21 書類落ち1 ミドルの転職 カジュアル1 openwork 選考中1

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトからたまにスカウトが来るとチョット嬉しいですね! 最初はあまり興味なかったのですが・・・段々惹かれていき・・・応募してみようかなと思い始めています。(^_-)-☆ リクルートエージェントの人に言われましたが、この年になると書類選考通過率が10%以下らしいので・・

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントとか転職サイト使ってるんだけど、自分で選考辞退するとめっちゃ理由聞いてくるんだよね 面接したうえでこちらから辞退したいって言ってるのに、理由もクソもない 他社で内定が決まったとか適当に言っておけばいいんだよ

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントの面談終わった 栃木は求人がないから東京、埼玉、群馬とかも視野に入れてみてはどうかって話をされたわ

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントのキャリアアドバイザーとのチャット面談 あちらも忙しいから売れない物件の相手はチャットで十分てとこか 一応応募できるとこは沢山あるがほぼ通らないのは経験済 とはいえ片っ端から応募するのもどうかと思うけどな

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント、押しがすごいな...来週面談になりそう。ハイクラス転職じゃないけどいいんだろうか。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント君、半年前からシステムが変わっていてへ〜ってなってる(具体的にいうと書類選考で落ちた場合連絡が来ない)

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントはまじで丁寧で転職活動初心者に適しており、ビズリーチは企業の採用担当者とダイレクトに話せるので会社の感じを掴みやすい(個人の感想です) 元同僚から昔の私と同じような悩み相談を受けたので、相談相手のいない悩める誰かの一筋の希望になって届けばと思って書いてみた

    出典:X(旧Twitter)

  • 素敵な会社はたくさんあると転職活動を通して知ったし、素晴らしいエージェントさんに出会えて自己肯定ができて感謝している #リクルートエージェント 転職活動するのは確かに負担もあるけども、今が超絶辛い場合、その経験が絶対プラスになると感じた さらなるステップアップもできた #ビズリーチ

    出典:X(旧Twitter)

2:doda

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:237,109(2024年2月21日現在)
求人数増減:-1,680(先週比↓down)
【公式サイト】https://doda.jp/

第二新卒向け転職サイト・転職エージェントの定番が『doda』。

dodaはリクナビNEXTに次いで大手の転職サイトです。第二新卒専用の転職サイトではありませんが、第二新卒の大手企業や中小、ベンチャー企業の求人が数多くあります。また、サイト内にある「転職人気企業ランキング」が非常に参考になります。

転職サイトのリクナビNEXTと比較すると第二新卒の求人が探しにくかったので『doda転職エージェント』と併用して使うのがおすすめです。転職サイトのdodaで求人を探して、転職エージェントのdodaで応募する使い方が良いです。

第二新卒で少しでも転職を考えている人は、dodaに登録して求人を見るだけでも良いと思います。

出典:公式サイト

dodaの口コミ評価

  • 22歳・男性
    履歴書と職務経歴書を添削してもらえたおかげで、書類審査が通りやすくなったのを実感しました。初めての転職でしたが、5年後、10年後どうしていきたいか、そのためにはどんな方法があるのかを、親身な対応で相談に乗ってくれました。

  • 25歳・女性
    大学卒業後就職して3年経過して転職を考え始めた際に、せっかくなら自分にマッチする会社を選びたいと思って求人数でdodaを利用しました。自分の中で方向性が定まっていなかったので、多くの求人を見られることや、手厚いサポートを受けられたのはありがたかったです。

  • 求人自体は他のサイトと大きく違いはないように思いましたが、転職未経験でも仕事概要がわかりやすくて助かりました。

  • 転職活動…リクエー・ビズリーチを一旦辞めて、途中からdodaに変更して思ったこと (個人の感想です) リクエーは応募したいと思う求人が多かった&CAも良かった&dodaと被ってる求人多数 ビズリーチはよく分からないエージェントから、やたらメールが届く dodaはCAがすごく良かった…(当たり🎯)

    出典:X(旧Twitter)

  • 今んとこdodaのエージェント経由の求人、125社書類落ちしてるからもうdodaは信じない

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職のdodaから書類選考通って面接の日程打ち合わせ中の企業なのに選考落ちてる旨の連絡来て間違いでした^^;って連絡来てバカイラついてる^_^ ヒューマンエラーは起きるものなのでしょうがないのは分かりますが、限度があるのでは❓ せめてメールの1本で誠にごめんなさいじゃなくて電話くらいしろよ

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaの転職アドバイザーが有能すぎてびびるわ

    出典:X(旧Twitter)

  • とりあえず転職サイト登録してがいいと思います。自分はDODAが相性良かったですがこの辺りは人によるところですね。 あとめぼしい企業あるなら直で応募できるかは見ておくのもいいと思います!!

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分にはdodaが合ってた あとdodaはUI神 大事なメールはLINEでも連絡してくれるから見落とししない リクルートエージェントはUI意味がわからないしメール埋もれる (dodaの回し者ではない)

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント →基本エージェントには放置されるけど良い求人が多い印象 あんまエージェントに干渉されたくなければ合うかも doda →結構電話して状況確認してくれるから相談しやすい 求人はリクルートほどでは無い印象 自分の担当してくれてる方がめちゃくちゃ良い人

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職活動日記】 doda転職エージェントに、2月頭に申し込んだのに、全然連絡こなくて、さすがに問い合わせ。そしたら面談は2月28日が最速と言われたんだが。 なに?そんなに人気なの? 転職者にとって、1ヶ月は大きいんだよな。急いでる人は他のエージェントも使ってみて!という情報共有です!

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントの場合 先ずエージェントと面談ありきで 進めていくのに対し dodaの場合は転職サイトとエージェントが統合されていて エージェント面談はdodaからの連絡まち 年齢が50代からなのか? メール連絡まだ来ないわけで ん まあ仕方ないかなと。

    出典:X(旧Twitter)

  • 弟からランチの誘いで出かけたら今転職活動中でdodaのエージェントさんが親切で頼りになるって言ってた🥰 …からの流れで今から弟と観る #林遣都 #身代わり忠臣蔵

    出典:X(旧Twitter)

  • DODAで転職した組です😂

    出典:X(旧Twitter)

  • 地元で転職したい 転職辛い無職つらい………… dodaのキャリアアドバイザーに相談したら都内の求人ばっかり送ってくる 30件くらい送ってきてすべて応募辞退

    出典:X(旧Twitter)

  • DODA経由せずに直接企業に応募したら2日で面接決まったよ笑 DODA通したら書類通過率0。マジ笑える。そもそも社内選考に時間かけすぎ。

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaで書類選考落ちの会社がエン転職で書類選考免除スカウト来るの謎やな

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェントで転職活動したんですけど、30社で1社受かるかなくらいで面接練習と思って受けたがいいって言ってました。業界絞ってるならなおさら。 落ちるの割と当たり前ですよ!それでもしんどいとは思うんですが、あまり思い詰めないで… dodaとか無料なのに親身になってくれるのでおすすめです

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaでこの会社があなたに興味を持っています。→じゃあ応募してみるか→今回はご希望に添えない結果となりました。 こっちの経歴見て興味持ったんじゃないんかい! #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaからは、とにかく50社以上、書類を送りましょう。そのうちの1割くらいしか審査通りませんから!って言われてまじかよってなったけど、結局その通りになってるから、とりあえず転職も攻めた姿勢は崩さない方がいい。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトをリクルートからdodaに変更した途端に書類審査が通って面接予定が増えた。

    出典:X(旧Twitter)

  • doda君選考遅すぎない?以前の転職で使ってたリクナビNEXTは応募して2〜3日で面接の調整入ったのに、doda君一週間経ってもうんともすんとも言わん 求人この媒体にしかないから仕方なく使ってるけど…

    出典:X(旧Twitter)

  • DODAの面談、70分。 長かった。いちばん親身になってくれた。その上で厳しいこと言われて、あぁですよね、って感じで泣けた。 その人からは(転職初心者、市場を知らないアラフォー、高望みしすぎ)と思われた。けど、わかってるよ。わかった上で何が条件か聞かれたから答えたんだよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分で求人探したいなら転職サイトがいいかも! 僕の場合は結局dodaで決まったんだけど、求人数多いし自分で調べられるからマッチしてたと思う! エージェントは紹介待ちになったり、ちょっと違うなって求人が多かったり💦

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaのLINEの様なチャット機能凄いな。 いくつかの企業とやり取りしたけど添付ファイルで履歴書送れるし、添付ファイルは一定期間で自動的に削減されるらしい。 転職エージェントいらんやんとか思った。 リクナビNEXTにも付いてたのかな?

    出典:X(旧Twitter)

  • DODAは一瞬登録してたけど、向こうから一方的にスカウトメール()が送られてくるだけでエージェントとの個人面談すらやってもらえなかったな← あのときは某林を見てると放置恨みが……() 当然ながら登録は解除したけどね🫠

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントで応募してたダメ元の2社は案の定だめだったのでもうリクルートは切りました! dodaの担当さんのことがとても気に入ったのでこの人と頑張っていく!

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動終了🙌✨ 4社応募して、1社面接辞退、3社内定🥹 宅建士の強みを実感したし、未経験ながらどの会社も親身になっていただき感謝しかありません🙇🏻‍♀️繁忙期真っ最中に飛び込むことになりますが頑張ります(ง •̀_•́)ง 転職サイトもいくつか使いましたが、わたしにはdodaの直接応募があってました😊

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaで50社くらい応募して、 書類選考通過率1割。書類なのか年齢なのかでほぼ落ちます。 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 相談したエージェントさん心配して電話連絡くれた…不安だったからありがたくて泣いてしまった… 最初からdodaから応募すればよかった

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントもう切りたいな…dodaの担当さんが良すぎたので…

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回dodaのエージェントを利用したけど、未経験での転職を考えてたのでエージェント経由の活動は書類の時点で全滅でした。結局個人応募で内定まで進んだけど、個人応募にも企業の担当エージェントがついていて、

    出典:X(旧Twitter)

  • 去年と今年で、リクルートとdodaのエージェントサービス2つ使ってみたけどdodaの人の方が良かったな。担当者にもよると思うけど。

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaとリクルートエージェントさんで転職活動中なんだけれど、dodaさんの方で応募したものは今のところ全落ちでよぉ...

    出典:X(旧Twitter)

  • 6社は流石に手を出しすぎかもとは思ったけど、いろんなエージェント使って良かったと思ってます。 エージェントなら 1位dodaの人 2位マイナビの人 求人なら1位リクルート(見やすさ含め断トツ)かな。 転職初めましてだった私はいろんなエージェントの話を聞いて信頼できると思ったのはこの2社かな。

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaの担当さんと面談した! リクルートの担当さんよりも話しやすくて印象良かったので可能ならdodaで転職したい!

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動のため、今更ながらdodaにも登録😊登録後に即電話来たのは驚いたけど、転職サイトによって、ユーザーへのフォローが違うから、実際登録してみないとわからないこと多いなぁと思った😗

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は一度しか転職していませんがDODA使ってました!担当者が1人ついてくれて、自分に合いそうな求人を持ってきてくれたり、職務経歴書の添削をしてくれたり、面接の練習もしてくれたので私は良かったと思っています✨でも8年ちょっと前の話なので、他の転職サイトの評判も調べることをお勧めします…🙇‍♀️

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェントの雰囲気もリクルートの方が良かった、これは人によるかもしれんが… dodaは結構マイナスなことも言われたのでやる気減った

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイト、使い慣れてきての感想 リクルート→アプリとても使いやすい、メール開かなくてもアプリ内で通知くるのがとてもありがたい doda→求人は個人的にこっちの方が好み(?)だけどアプリが使いにくい メールも通知が多すぎてほんとに見たいメール埋もれる、ラインの意味ほぼなし

    出典:X(旧Twitter)

  • Dodaのエージェントの方は雰囲気いい人多い気がする

    出典:X(旧Twitter)

  • すべてエージェントを通して転職していますが、 dodaは使わない方がよいです。エージェントによるんでしょう。 doda 応募100社 書類選考通過 0社 51社書類選考落ち リクナビとgeeklyは2割以上書類選考通過しています。

    出典:X(旧Twitter)

  • 人間がやってる仕事だからそうだよね dodaの担当さん良い人だから この人の案件で転職しょって思ってるよ

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトでリクルートエージェントとdoda登録して半年ほどたったけど 今のところおすすめはdoda 対応が手厚い リクルートエージェント→最初にビデオ通話で転職希望を聞いて後は自動送信メールのみ doda→最初にビデオ通話、その後定期的に電話で意思確認、面接前には対策通話、ライン通知あり

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaとpaizaの転職エージェント、SESしか紹介してくれんかったわ。全然役に立たんかった。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXT初めとした転職サイト 個人的な感覚だがDoDaはおすすめしない

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaのエージェントを使用した。 どの転職サービスがどうっていうよりも転職エージェントそのもののイメージだけど、向こうも仕事でどんどん進めようとしてくるから熟考するタイミングがない。

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaの転職アプリだけはクソ ファイル添付はエラーになるしすぐネットワークエラーにもなる

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動中。dodaで応募した企業、15社ぐらい落ちた。ショックだった。 どこか引っかかるかもと思った。35歳の転職2回で、職を転々としてる女は不要か… ほぼ安定企業に申し込んだ。やっぱり大手に再就職なんて無理か。 #転職活動 #転職 #doda

    出典:X(旧Twitter)

  • GEEKLYだと書類選考通過が多すぎて面接がどうにもならない。 dodaだと書類選考が全く通らないのだけど・・・。 この差はどこから生まれるのだろうか???

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェント2個面談受けて感じたことはdodaの方がいい

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職状況 リクルートエージェント 応募21 書類落ち17 選考中1 反応無し3 doda 応募21 書類落ち1 ミドルの転職 カジュアル1 openwork 選考中1

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaの方と電話。 結論は、転職はオススメしないでした😅笑 35歳という年齢で未経験の業務へ転職した場合、年収は絶対に下がると断言していただきました。それを自分、家族が受け入れられることと、年収が下がってでも転職をしたい理由が明確になればまたいつでも相談して欲しいとのこと #doda #転職

    出典:X(旧Twitter)

3:転職サイトGreen

転職サイトGreen

口コミ:転職サイトGreen 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:29,134(2024年2月21日現在)
求人数増減:-302(先週比↓down)
【公式サイト】https://www.green-japan.com/

第二新卒向けの転職サイト・転職エージェントの『Green』。

IT企業が多いものの、大手転職サイトのリクナビNEXTなどに載っていない求人が多くありました(もちろん大手の求人もありました)。第二新卒向けの求人も多く、転職サイトとしても使いやすかったです。

Greenは返信用のメールがテンプレとしてあるため、面接日時の設定や、内定辞退の連絡などは手間が少ないのが便利です。なお、企業側のアクションも活発で、求人の「気になるボタン」を押すだけで企業との面接につながったこともありました。

ただ、IT業界の求人が多めなので、メーカーや商社などを検討している人には向いていないと思います。

出典:公式サイト

転職サイトGreenの口コミ評価

  • 24歳・男性
    新卒で大手の人事配属となり働いていましたが、色んな経験を積みたいと考えていた私には物足りなくなってしまい転職をすることにしました。成長性があり、若手でも経験が積める会社を希望してIT系のベンチャー企業が多数掲載されているGreenを利用しました。

  • 希望通りIT系の広告代理店で内定をゲットできました。未経験だと若干選択肢が限られてしまいますが、経験を積んでさらなるキャリアアップを目指していきたいと思います。

  • 25歳・男性
    有名IT企業が多数掲載されていて、web業界の経験があり転職を希望している人にはピッタリの転職サイトだと思います。掲載企業は大手サイトと比較して多くはないものの、専門性が高い企業の掲載が多いので、IT企業でのキャリアアップを考えていた私にはありがたかったです。

  • 逆にweb業界の経験がないと応募求人がほとんどないと思うので、利用する場合は注意が必要だと思います。

  • 転職でオススメだったアプリ WEB系の転職を考えてるなら「GREEN」「Wantedly」「AMBI」は登録必須。中でもGREENとWantedlyはベンチャー広告系の求人が出てくるからこれから未経験転職考えてるならおすすめ。 逆に使わなかったのが↓

    出典:X(旧Twitter)

  • エンタメとIT業界に転職したいなら、GREEN! #tenshoku_advice

    出典:X(旧Twitter)

  • ワイも基本Greenで 後は登録してるところからエージェントから案件紹介されて、転職が多いかも

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職し始めたけど、Greenは企業とこちらのアンマッチ多すぎて使うのだるくなってきた。あとUIが使いにくい。

    出典:X(旧Twitter)

  • エンジニア転職の記事を見ると、Green使っている人そこそこ多そうだけど、結構微妙なIT企業多くない?

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職活動 124日目 モニターユーザーbuchicoです🐿️✨ Green登録して、興味ある求人いくつかあったので、一旦いくつかお気に入りして、ちょっと詳細調べてみようと思いました。 久々に転職管理マイリスト使って、モニターユーザーします!!

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職活動 122日目 モニターユーザーbuchicoです🐿️✨ 勘違いしていました😅 めちゃくちゃ良き求人送って来てくださっているのはGreenさんでした✨ 今日Geeklyさんからお断り?面談しても意味ないよ?的なメールいただきました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 話を聞いてみたい、というところから今回の転職に繋がった。温度感が伝わるのでよかったかもしれない。自分にとって何を最重要視するか中々決められなかったので、最後はどの企業を選ぶか非常に悩みました・・ #tenshoku_advice #

    出典:X(旧Twitter)

  • ほぼ放置してるGreenで、年末のこの時期にギークニアって転職エージェントからメッセージ届いたけど、年末年始にそういうの投げるのあんま心象よくない気がする。。。w

    出典:X(旧Twitter)

  • そんな会社行かない方がいいですよ(*^^*) 転職サイトなら都内ならWantedlyやGreenもおすすめです。 まあベンチャーですが。 それ以外ですとリクナビNEXTやindeed、20代ならマイナビ転職もおすすめです。

    出典:X(旧Twitter)

  • Greenだったんですね!一番良い転職サイトだと思います笑

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回Green で転職してアマギフ10,000円も貰えました!ので、大阪出張前にAmazonでビジネスリュックを購入しました🙆‍♀️✨ これってすごい合理的なことをした気がします!笑 とにかく10,000円も、ありがとうございます🥹 出張して帰ってまた日常やっております。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトによって、載ってる企業の属性違いすぎるな。wantedly、Green、この2つにもっと早く出会いたかった…🥺

    出典:X(旧Twitter)

  • Greenで転職し、特典で1万円分のアマギフをもらい、前の派遣先でプレゼントでアマギフ5000円分で、計15000円Amazonで買い物出来る状態。 ただ何に使うかは検討中。

    出典:X(旧Twitter)

  • Greenでメッセージ送った企業からリアクションきた!!面談セッティングしてもらった!登録したら色々来て揺さぶられるけど、今は本当に自分が行きたい企業だけに絞って最低限のリソースで転職活動してみる。最優先は勉強だということを忘れないように!!

    出典:X(旧Twitter)

  • 未経験でも絶対エンジニアに転職する方法 「エンジニア 未経験」とindeedやgreenで検索して、履歴書を片っ端から送って面接を受ける。

    出典:X(旧Twitter)

  • IT/Web業界の求人・中途採用情報に強い転職サイトはGreen。これからの時代、手に職をつけて伸びていく業界で働くことはオススメ。企業のカルチャーや社風がわかるコンテンツが充実しているのでIT/Web業界で働きたい方は要チェック。 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • Greenに登録するのはどうですかね?最近はカジュアル面談してくれるところも多いので、自分の希望と合ったところが見つけやすいかもです。 エンジニア転職イベントに行くのもいいかもです。転職イベントでは、合う合わないを企業側もハッキリ言ってくれるとこが多いので、時間のムダがないです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職で使った求人サイト一覧】 Green:スカウトもモリモリ来る。 ここから内定GETするしかない ビズリーチ:大手企業の求人がデカイ キャリアトレック:中小企業がメインだけど、スカウトメールがドバーッと届く ウォンテッドリー:気軽に担当者と話せる リ○ナビ?もうゴミ箱行きだな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今までの転職アプリの中でいっちばんよかった(^・ ω ・^) #tenshoku_advice #green

    出典:X(旧Twitter)

  • GREENは滝藤賢一さんがCMしてたかな? カジュアル面談とオファーあるから気軽に転職活動出来る感じです。 どこで縁があるかはわからないから、今のお仕事辛いと思いますけど求人も見つつ、ほどほど、体調1番で!

    出典:X(旧Twitter)

  • 私も全くの未経験からIT業界に入って、それからは経験と資格で転職してます。最初の会社は研修で資格取れたので!転職サイトはGREEN利用してます。 開発系(コード書く)とかに紛れて「未経験、リモート」とかで探すと結構あるときはありますよ。 ついこないだまでうちの会社もあった(笑)

    出典:X(旧Twitter)

  • 今利用してるのはGreenとビズリーチです! 自社開発を中心に受けてるので、転職ドラフト含めた3つをって感じです! 給与の所感で言うと Green<ビズリーチ<転職ドラフト って感じかなーってところです! (もちろん、給与以外の条件も大事かなとは思ってますが)

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトGREENが、最近やたら『カジュアル面談』 うたってるけど、応募者の応募ハードルを下げるための 表現なだけで、『カジュアル面談』も『選考』だから。 騙されないように。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトのGreen。ログインするメアドを変えようと思ったら、変える手段が見つからなかった。 ユーザーサポートに問い合わせても「退会して再入会」とのこと。 いやぁ、さすがに変わる可能性のemailを変えられないってちょっとひどくないですかね… 正直最近の会員制サイトでそんなの見たことない

    出典:X(旧Twitter)

  • あ、すみません! 冷たい書き方でした。。。 Greenだと放っておいてもいろんな企業さまからオファーきます! 私もそれで転職した人です!

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回はGreenから転職したので、Amazonギフト券10,000円分ゲットした✌️

    出典:X(旧Twitter)

  • 42歳の転職。活動開始から半年以上かかった。カジュアル面談から始めて応募した・応募せずの企業を合わせると接触はトータル十数社。最終でお見送りも数社。きつかったけど、結果的には納得の転職ができた。でも、これで終わりじゃなくて、ここからが始まりなんだ。 #tenshoku_advice #

    出典:X(旧Twitter)

  • 良さそうな正社員案件を見つけた…! Green、全然聞いたことがなかった 転職サイトだけれどすごくいい。 ライターよりディレクターの仕事が多めですが、 正社員で安定した稼ぎが欲しい人は おすすめです🙌

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェントで書類選考通ったタイミングくらいでpaizaやグリーンからスカウトメール来るから辛い。 そっちで選考進みたかったなぁ。

    出典:X(旧Twitter)

  • エンジニア転職フェアといってもIT系って分野で区切られてて、かつその中でもソフトウェア開発が多くてっていう... インフラ構築もありましたね... これがリアルの市場感🫢 GreenとかWantedlyで直接アプローチの方が該当領域としてまたあるかもっていう認識になりました◎

    出典:X(旧Twitter)

  • 一旦転職エージェントで作成してもらったレジュメ類と同じ内容paizaとかgreenに登録してみたが、スカウトいっぱい来るものなんだなぁ。 まだ軸定まってないから頑張って目を通そう。 paizaはBまでとりあえずやってみた。

    出典:X(旧Twitter)

  • スカウトの認識がズレていたら申し訳ありません! 私は転職n回目ですが、WantedlyやGreenに登録して職務経歴書みたいなのちゃんと書けば、企業からメッセージをいただける可能性は少なからず上がると思います!

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職して1ヶ月が経ちました。前職より楽しいので勝ちです。念願のVRの開発やってるとこ行けた。 今回、有名どころの転職エージェント色々使ってみたけど、どれも要望と違う提案ばかりしてきて無駄な時間だったのが得た教訓。ハズレ引いただけかもですが。 Greenで自分で探して応募が一番効率よかった。

    出典:X(旧Twitter)

  • エンジニアになってから初めてgreenのプロフィール更新したけどアホみたいにいいねくるようになった。笑 なるほどこれは転職困らなそう

    出典:X(旧Twitter)

  • 20代後半から30代前半で転職を目指すのであれば圧倒的にGreenがおすすめです。IT業界の求人が多く、実際に働いている人のリアルな声を元に自分に合った働き方を探すことができて登録も無料なので、僕も転職時にめちゃくちゃ活用しました。 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • めちゃくちゃ久しぶりにGreenから話を聞いてみたいが来た! 2年目になったところなので少し経験は低いかもしれないが、何となく良い人な気がするのできちんと準備をして面談に望みたい。 頑張ります。 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • エンジニア転職サイト感想 【リクルートDS】 普通。 【ビズリーチ】 普通。内定決まるとアマゾンギフト貰える。 【green】 ベンチャー多め。見ていて面白い。 【doda】 足元見過ぎ。 結論 働きたくない。 #駆け出しエンジニア #エンジニア転職

    出典:X(旧Twitter)

  • エンジニア転職のGreenって何度か同じ会社からスカウト連絡来ても興味がないことを簡単に示す方法ないのかな。興味がない旨を返信したら、Green「応募完了しました」と表示された。

    出典:X(旧Twitter)

  • GreenはPC版表示の場合はまだいいとして、アプリ版だとフィルタが意味なくなるので正直使い勝手が悪い dodaは重い 転職サイトはPCで見るべきだなと感じてる

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回の転職活動で使って良かったサイト ・Green 求人が探しやすい。スカウトが来やすい。優良企業の求人が多数掲載。 ・ビズリーチ 年収UP目指せる好条件のスカウトが多い ・ミイダス 自分の診断結果と合う会社と面接確約 ・ANBI 自分に合った会社からスカウトが来る ・OpenWork 企業の口コミが読める

    出典:X(旧Twitter)

  • Greenからもらった転職祝いアマギフ券でイヤホン買った コスパ目線で軽く他の検討したけど結局前と同じの買っちゃった

    出典:X(旧Twitter)

  • あれ、転職希望先がgreenでエンジニア募集している。自社サイトでは募集していないのに。とりあえず会員登録しないと詳細情報が取れないな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 前職のブラックの時でももう少しマシだった気がしますし転職急いだほうがいいかもです😅 (Green,bizreach,dodaあたりで) エンジニアは完全売りて市場ですし、 ある程度制限かけても選択肢は多いはず!

    出典:X(旧Twitter)

  • 正社員ならGREENとか転職ドラフトとかよいよ!

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイト、片っ端からしらみ潰しに試してるんやけど、個人的にもやはりGreenとW visitが優勢。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトのGreen登録だけしたら職務経歴書自動で作ってくれてナイスでした 大体書いてあること一緒だからそんなんでいいのよね〜

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトGreenに登録したらすぐに連絡がきたからやっぱり経験2年でわりと需要あるんだなと思ったけど、やっぱりUnityがしたい。

    出典:X(旧Twitter)

  • 某エージェント、SIerやコンサルにねじ込もうとしてくる。書類が通らないし、カルチャーマッチで懸念と何度も言っとるんだが。エージェントで一通り、PaizaやGreenみたいなスカウト媒体で一通り、転職ドラフト一通り見て、ビミョーな場合フリーか?例の立ち上げの件があるので副業うるさいとこは難しい

    出典:X(旧Twitter)

  • ありがとうございます。 どこからか面白いオファーがあったら良いかなとは思うのですが、Greenでは組込み系はあまり見かけませんね。 基本的に組込み系でなくてもソフト開発させてくれて給料たっぷりくれたら検討しますが、この金額では新卒の初任給なの?って感じで転職はできないですね。

    出典:X(旧Twitter)

4:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s

口コミ:マイナビジョブ20’s 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:5,833(2024年2月21日現在)
求人数増減:-27(先週比↓down)
【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

第二新卒向けの転職サイト・転職エージェントでおすすめの『マイナビジョブ20’s』。

どの転職エージェントよりも第二新卒に特化しており、転職サイトである「マイナビ転職」よりも第二新卒や20代の求人が多く、数多くの求人を紹介してくれます。

経験年数が浅くても、書類など通してくれたので第二新卒の転職に慣れている感じがありました。

第二新卒の転職で利用しましたが、職務経歴書や履歴書について詳しくアドバイスがもらえました。第二新卒の転職活動で、書類選考や面接に不安がある人におすすめの転職エージェントです。転職サイトと併用すると良いです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

マイナビジョブ20’sの口コミ評価

  • 23歳・男性
    新卒入社した会社で財務部に配属となり働いていました。大学時代の専攻とは異なりましたが、面白みを感じられる分野の仕事だったため不満なく働くことが出来ていました。しかしコロナ禍で業績が悪化してしまい、会社の先行きに不安を覚えるようになりました。

  • 入社から2年未満で、第2新卒枠の転職となるため思い切って転職を決意しました。財務、経理としてのキャリアアップとグローバルに活躍できることを目指して転職活動をすることにしました。

  • マイナビジョブ20’sの担当の方が求人側へ強く推薦をいただけたようで、複数社から内定をいただくことができました。要望が多くなってしまいましたが、毎回即レスで対応頂けたことに感謝しています。

  • 25歳・男性
    機械メーカーでプロジェクト進行管理の部署で2年ほど勤めておりましたが、日々の業務にやりがいを感じることができず、転職を考えていました。ただ、大手だったので転職は周りから賛成してもらえませんでした。話だけでも聞きたいと思い転職サイトに登録をしました。

  • いくつかの転職サイトに登録しましたが一番親身になって話を聞いてくれたのは、マイナビジョブ20’sでした。20代の若手転職に特化していて、私のような新卒数年目の求職者の転職サポートを多く取り扱っているようで、私の悩みを一番理解いただけたと思います。

  • 無下に転職を進めてくるだけではなく、今の職場に残る可能性も考えつつやりがいが見いだせそうな求人を紹介いただけたのでとても信頼できました。自分に合う転職サイトを見つけることができれば、非常に有意義な時間になると思います。

  • 就活に失敗したFラン大学生に、第二新卒に特化したおすすめ転職サイトを教えます。 ①マイナビジョブ20's ✔︎第二新卒/未経験求人が多い ✔︎経験年数が浅くても転職OK ✔︎書類通過率を高めるサポート充実

    出典:X(旧Twitter)

  • 「職人気質」ってどんな人?性格や向いている職種・仕事の探し方を紹介|20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

    出典:X(旧Twitter)

  • ウズキャリにはもうキャリア相談しないと思う。 相談者の経歴を一方的に聞いてきて、被害にあったアカハラの事まで聞かされた。 求人紹介にしても不安にさせるような事しか言わないしマイナビ20'sの方が遥かにマシだった。

    出典:X(旧Twitter)

  • 退職届・退職願の書き方と必要な理由を解説! さらにテンプレートもあります。 退職時のトラブルを避け、自分の身を守るためにもしっかり読んでいただければと思います!

    出典:X(旧Twitter)

  • 説明できますか?業態・業界・業種の違い。漢字から大まかな意味は想像できるものの、しっかりと説明できるという人は意外と少ないのではないでしょうか。就活における頻出単語の意味を理解して、業界研究を進めましょう。

    出典:X(旧Twitter)

  • 第二新卒の自己PRで重要なことは? 自己PRの重要部分をまとめました。新卒の就職活動と同様に、自己PRが重要です。新卒の就職活動と同じような自己PRになってしまうのは避けたい!ポイントを押さえて転職の際にご活用ください!

    出典:X(旧Twitter)

  • ご存じですか?職種と業種の違い。どちらも似たような言葉なので違いを説明するのは難しいのではないでしょうか。こちらの説明に加えて自分に合った職種の見つけ方もお伝えします。 #転職 #第二新卒 #既卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 短期離職してしまった方へ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 「履歴書は折っていいの?」と心配になる方必見。就活・転職活動において、こういった細かいことの1つ1つが不安になってしまう方もいるのではないでしょうか。履歴書の正しい折り方や郵送時の注意点などをまとめましたので、不安を払拭しましょう。 #転職 #第二新卒 #履歴書

    出典:X(旧Twitter)

  • 第二新卒の自己PRで重要なことは? 自己PRの重要部分をまとめました。新卒の就職活動と同様に、自己PRが重要です。新卒の就職活動と同じような自己PRになってしまうのは避けたい!ポイントを押さえて転職の際にご活用ください! #第二新卒 #転職 #自己PR

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェントを活用し、キャリアアドバイザーに興味を持っていただける方もいらっしゃるのではないでしょうか。仕事内容や、この仕事に就くための方法などを解説します。キャリアアドバイザー向きの人の特徴や求められるスキルも紹介します。

    出典:X(旧Twitter)

  • 既卒者を受け入れている企業、見つかりますか?求人情報を見ていても、新卒専門なのか、既卒でもいいのか、中途採用だけなのか、分かりにくい求人もあるのではないでしょうか。実は同じ悩みを持つ既卒の方は60%もいるんです。探すのに苦労している方はご連絡ください。求人検索もお手伝い致します

    出典:X(旧Twitter)

  • 最終面接では何が見られているかご存じですか?一次・二次面接とは見られる部分が大きく異なるのが最終面接。今までの面接とは違った準備をしなくてはいけません。転職活動中の方、内定が欲しい方、必見です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 履歴書の送付で印象アップできます。転職・就職活動で必ずと言っていいほど行う履歴書の送付。せっかくなら送付とともに企業からの印象も上げていきませんか?履歴書の送付に際して大切なことやマナーなどを紹介しますので参考にしてみてください。

    出典:X(旧Twitter)

  • 働きやすい職場に転職できるかどうか、大きな不安だと思います。「転職してみたら職場環境が自分に合わなくて失敗した」なんてことは避けたいですね。自己分析でどんな職場環境が自分に合っているか分析してみましょう。理想の転職のためにしっかり準備することが大切です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 上司や同僚には秘密でにこっそり転職したい、という方、お任せください。多くの転職エージェント様と同じように、弊社でも転職情報が洩れる事はありません。「会社の人に伝わるのが怖くて転職に踏み出せない」という方は是非一度ご相談ください。

    出典:X(旧Twitter)

  • 履歴書があるのに面接で自己紹介をする理由は 「人柄を知りたい」 というのは勿論、 「簡潔に話す力があるか」 「コミュニケーション力は問題なさそうか」 もあります。 自己紹介は何度も使う内容のためしっかり磨き上げていきたいですね。 #マイナビジョブ20s

    出典:X(旧Twitter)

  • 第二新卒の方が転職に失敗してしまうパターンについて解説! 転職成功への一歩を踏み出してください! #転職 #第二新卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 既卒とは?就活では新卒扱い!?第二新卒、フリーターとの違いはなにか 既卒の意味や就職時のポイントについて解説しています。 #転職 #第二新卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 8月は既卒・第二新卒の方にとってチャンスです。新卒の方は90%以上が「就活がひと段落した」と考えるタイミング、つまり、採用枠が余った企業が現れるタイミングとも考えられます。今から情報収集や自己分析、書類作成など一緒に始めていきましょう。 #マイナビジョブ20s

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職時の面接日程調整について解説します。 メールにも実はマナーがあります。 スムーズな転職活動に向けて押さえておきましょう! #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • やっぱそこら辺ですよね ハタラクティブは使ったことなかったんで調べてみます! マイナビジョブ20sは自分の地域だとあんまり求人がre就活並になかったです、、

    出典:X(旧Twitter)

  • 8月は新卒採用がひと段落し、中途採用が活発化します。また、8月はお盆休みがあり、まとまったお休みが取れるのも特徴。8月に向けて転職活動の準備を行いましょう。8月の転職活動開始に間に合うように準備を一緒にしませんか?まずは一度、情報収集兼ねてご相談ください。 #マイナビジョブ20s

    出典:X(旧Twitter)

  • 敬語なのに口語に聞こえてしまう表現です!使い方に気を付けましょう!

    出典:X(旧Twitter)

  • 最終学歴とは?履歴書の書き方や注意点をパターン別に解説 就職活動や転職活動で提出が求められる履歴書には、学歴の記入欄があります。短大を卒業後に専門学校で学んだ場合などは、最後に卒業した学校を最終学歴としても問題ありません。 #転職 #第二新卒 #最終学歴

    出典:X(旧Twitter)

  • 社会人経験1年~3年の皆様へ 企業が、社会人経験1年~3年の若手社会人に求めるものは「社会人としての基礎力」。逆に、これが不足していると、転職活動は上手くいかないとも言えます。今回は「社会人としての基礎力」とは何なのか、お伝えします。 #転職 #第二新卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 20代・女性の方へ 女性が仕事、もしくは転職をする上で大切なポイントとなってくるのは何でしょうか? 貴重な時間をどう過ごすのか、企業は何を求めているかなどを解説します! #転職 #第二新卒

    出典:X(旧Twitter)

  • ノックの回数は?面接で失敗しないためのマナーや対策を解説 面接マナーや面接対策で多くの人の頭を悩ませるものに「ノック」があります。 正しい回数や方法、さらには入室から着席までの流れを知り、面接に活かしましょう。 #転職 #第二新卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 社会人経験が1年未満で転職したい方へ。 どうすればキャリアがなくても転職できるか?をお伝えしています!ぜひご覧ください #転職 #第二新卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 大学を卒業した後の就活は難しいと思われがちですが、実は実態が変わってきているのはご存じでしょうか? 今回は既卒の方々の転職についてお伝えします! #転職 #既卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 皆勤手当・精勤手当とは? この手当で不安になるのが「有休を取得したらどうなるのか?」ではないでしょうか? そこもしっかり解説しておりますのでご一読ください! #転職 #第二新卒 #皆勤手当 #精勤手当

    出典:X(旧Twitter)

  • 履歴書の職歴欄にアルバイト歴を書いてもいいの? 履歴書に記載しておいた方がいいケースと、あえて記載する必要のないケースがあります。例えばアルバイトが長期間にわたる場合記載しないと職歴に長期の空白期間があるように見えてしまうからです。 #転職 #第二新卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 完全週休2日制と週休2日制の違いとは? 毎週必ず2日の休みがあるのか、月に1度以上の週2日休みがあるかによって区別されます。求人情報では頻出の用語なので、違いをしっかりと理解しておきましょう! #転職 #第二新卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は本当に自分で何かをしなきゃいけないとなるとそれが苦痛で無理だってんですよ、、笑 だからハタラクティブとRe就活は合いませんでした💦マイナビジョブ20'sに登録しましたよ!はじめは担当の方とweb面談して経歴とか希望職種を聞かれたりしてまたこれかって思いましたけど決まるまで早かったです🥹

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビジョブ20's使ったことある人いませんか、、、

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビジョブ20ってマニュアル対応って口コミ見たけどどうなんだろう

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビジョブ20'sの面談してきた ぐちゃぐちゃになって優柔不断な私に現実的な意見を言われて、うぅ冷たい😢と思ったけどいつまでもぬるま湯には浸かってられない!

    出典:X(旧Twitter)

  • 今日、マイナビジョブ20'sに登録した 使い方はよくわからないけど、登録したらエージェントから電話が掛かってきてそこからカウンセリングや書類作成、求人紹介になるのかな? とりあえず、聞かれそうなことは予め考えて答えられるようにしたい

    出典:X(旧Twitter)

  • 30社に1社受かる割合でした。 なおかつ、短期離職だとエージェントから紹介される企業も違和感を持つものばかりでしたね。 doda、DYM、マイナビジョブ20、エージェントneo 他2社の小規模エージェントを使いましたが、2社以外はイマイチでした。 また、短期離職ということもあり、希望は通りません。

    出典:X(旧Twitter)

  • ・マイナビジョブ'20 運が悪かったんだろうけどエージェントの質が一番悪かった。求人の質も最悪。20代に特化って何が?というレベル。求人が合わない旨を伝えたら求人メールすら届かなくなった。同じ事を何度も聞いてくるし時間の無駄だった。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビジョブ20'sは利用しているんですがあまり良い求人がなく………他の第二新卒向けのエージェントはいくつか試したんですが合わなかったので使ってなかったです😹😹 アドバイスありがとうございます☺️

    出典:X(旧Twitter)

  • doda使ってるんですが、職歴ボロボロすぎて書類通らないんですよね😇 エージェントのおすすめはマイナビジョブ20'sです。(エージェントってよりかは私の担当者の方が良い方なのかもしれませんが🥲) #Peing #質問箱

    出典:X(旧Twitter)

  • 初めまして。 私は主にマイナビジョブ20's。 マイナビエージェント、ゼロタレント、あとは自分の目指した分野専門のエージェントを使っていました!今は転職活動お休みしていますが何かお役に立てることがありましたら是非...!!

    出典:X(旧Twitter)

  • けっこういろいろ試したのですが、「マイナビジョブ20’s」というエージェントが自分には合っていたので、そちらで転活して内定もらいました🙆‍♀️✨

    出典:X(旧Twitter)

  • なるほど…自分はマイナビジョブ20'sという20代限定の転職エージェント使いました!これはマッチングイベントみたいなのがあって上手くいくと書類選考なしで面接ができます!ブラックにあたらない保障はないですが…

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビジョブ20もいいですよ第2新卒に強いエージェントの中で1番求人が良く、年間休日120日以上の会社もあります。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビジョブ20’sのメリットは「キャリアアドバイザーのサポートが手厚い」「適性検査で自分を客観的に分析できる」です。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビジョブ20'sかRe就活が個人的によかったです!

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビジョブ20'sに対面面談してきた〜 求人は全然あらへんかったけど、休職したことって履歴書に書かんでよくて、休職しちゃってその間に転職活動するっていう手もありらしい…すごいこと聞いた

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビジョブ20's、出してきた求人例でゲンナリしかけたのと、面談が事務的でなんだかな…

    出典:X(旧Twitter)

5:マイナビ転職

マイナビ転職

口コミ:マイナビ転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:24,368(2024年2月21日現在)
求人数増減:+267(先週比↑up)
【公式サイト】https://tenshoku.mynavi.jp/

第二新卒向けの転職サイト・転職エージェントでおすすめなのが『マイナビ転職』です。

マイナビ転職は未経験でも応募できる求人が多く、第二新卒の社歴が浅い状態でも役立ちます。

僕は第二新卒で地方ホームセンターに勤めていたときに利用しましたが、他社の転職サイトには掲載されていない穴場的な求人が結構あり、とても便利でした。

ほかの転職サイトと違って地方にも支社があるため、地元求人にも強いです。地方での転職活動には、特にマイナビ転職が便利です。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

マイナビ転職の口コミ評価

  • 23歳・男性
    若手のうちから知識を身につけて成長に繋がる仕事がしたいと思っていたので、第二新卒に強いという口コミを見て利用をはじめました。自分の希望に沿う職種や、適正に合う求人を紹介してもらえたことで、すぐに転職が決まりました。

  • エージェントの方には、現職の不満や今後の希望を丁寧にヒアリングしてもらえたことで、自分の考えを整理できたように思います。

  • 24歳・女性
    社会人経験が足りないので転職できるか不安でいっぱいでしたが、担当者の方の手厚いサポートのおかげで不安が消えました。求人の提案や結果連絡など、対応が凄く速かったし、アドバイスいただいたおかげで、新しい業界に興味を持つきっかけにもなりました。

  • 面接は新卒の時以来だったので、具体的なアドバイスをもらいながら事前に練習が出来て良かったです。

  • マイナビ転職面談 予約してあったのに参加の意思表示を再度されなかったのでキャンセルさせて頂きました!ってメール来てて草 予約してんだから、予約の時に連絡取るもんじゃないんかい。何のための予約だよ😕 何度もお電話しましたのにとか、こっちの方が就業時間遅いんだから無理だわアホか

    出典:X(旧Twitter)

  • あまりにも就職活動にやる気が出ないのでやる気を出すべく 第二新卒や若い人向けとわかったうえで35歳でマイナビ転職フェアに行ってきたよ 自分だけおばさんで浮くんだろうと思ってたけど実際に自分はおばさんで浮いたw すげーおばさんとおじさんが2人くらいいた

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職フェア行って、興味のあった会社の説明聞いてきたけど、マイナビの募集要項に書いてあるのと全然違った。 担当者も上から目線で偉そうで態度も悪いし、こんな会社絶対行きたくないやって気持ちに変わりました。危うく応募するとこだったから、話聞いてよかった。ありがとうございました。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビやエン転職で千件くらい求人見て確かめていたがこれっと言うのないなぁ…気になるのは東京や大阪に多い…広島田舎だなぁって思う…

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビはビジュアルも情報の独自性も大変すばらしいと思うんだけど、 慣れるまではすいすい求人を選別するのは難しいかなと思った。 あくまで個人的な感想です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分の条件に合う求人はマイナビが一番多い気がする。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職使いやすいな

    出典:X(旧Twitter)

  • 職種が特殊やから参考にならんかもやけど、私はマイナビに登録して担当者に入ってもらって転職活動したよ! 担当者と面談したりするのは面倒だけど、転職先との調整代わりにやってくれるからメリットも大きかった。

    出典:X(旧Twitter)

  • ダントツでマイナビ転職が一番見やすい それ以外見づらくて見る気しない

    出典:X(旧Twitter)

  • 思うところあってマイナビ転職サイトに登録してるのだけど、毎日のようにスカウトメールとやらが送られてくる。しかし送り主は私のプロフなどひとかけらも見ていないだろう。なんやねん結婚相談所の加盟オーナーて。私に結婚相談所やらせたらみんな独身の方が幸せって思いながら退会するぞ

    出典:X(旧Twitter)

  • やっと内定出たので転職終わったんだけどそれにしてもマイナビの営業ばっかり勧めてくる担当者とは相性最悪だったな 営業やりたくないって言ってるのに、やりたい方向性伝えても、それで言ったら営業っすね〜って言われてまじで日本語喋ってくれって感じだった

    出典:X(旧Twitter)

  • 私はマイナビでホワイト会社に転職シタヨ!!

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職からメッセージきたんだけど、履歴書って何????って人にも優しくていい。書き方のリンクとか、なんならスマホでつくれるサイトのリンクとか送ってくれてる。しかも送ったら誤字とか直してくれるらしい。いたれりつくせりだ。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビさんまたお願いしてもいいなぁ…。マイナビ転職でマイナビさんから求人来てたの笑うけどマイナビさんもいいなぁって思ったけど絶対大変だろうなって思うと無理。

    出典:X(旧Twitter)

  • いくつか転職サイトに登録したけど、マイナビは最悪。態度わるー

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職入れてみてよさげな求人あったから応募したらあっという間に面接日決められて焦り焦り

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職よく分からんがとりあえずエントリーした😂 メールか電話で何か反応あればいいな😂 もう家探しも仕事探しも勢い!

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職、100件くらいメール来られてもどうしようもないアホなのかこれ。ちょっとだけ条件マッチしただけで送ってくるのやめろよ…

    出典:X(旧Twitter)

  • · 2月1日 履歴書整備して気づいたけど、俺マイナビ転職の職務経歴書「テスト入力」しか書いてなかったのにスカウト来てたんだが…一体何を見てスカウト送ってきたんですかね…

    出典:X(旧Twitter)

  • 履歴書整備して気づいたけど、俺マイナビ転職の職務経歴書「テスト入力」しか書いてなかったのにスカウト来てたんだが…一体何を見てスカウト送ってきたんですかね…

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職なかなかいい気がする…🙄

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は使ったことがないのですけど、転職エージェントを利用してみるのはどうですか?(エージェントがハズレの場合もあるそうなのですが…💦) マイナビ転職とかみると、給与はそこまで…になってしまいますが未経験者募集の求人も結構あるのでご参考までに…!

    出典:X(旧Twitter)

  • 一夜明け。 エン転職はスカウト7通 タイプ事務局スカウト0通 マイナビ転職スカウト116通 リクルートエージェントは マッチングということだろうか44件 あった。 これは「殺し意外は何でもやります」という意思表示の現れで、仕事を選ばない□に☑したからだと思う。 タイプ事務局は、

    出典:X(旧Twitter)

  • エンゲージとマイナビ転職登録したらオファーとか届くようになったな そことかからも探していくかねぇ(もちろん、前職的にIT関連ばかりみたいだけど)

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェントは無料ですよ! 転職出来たら、その会社がエージェントに支払うという感じですよ。 違ってたらすみません、、、 今は公務員ですが、私が民間に転職したときはエージェントではなくマイナビ使いました。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビで転職活動した感想2 キャリアパートナー(以降CP)が自分の成績を上げたいがために急かしてくる。 特に内定承諾後の退職交渉の日程や退職日が確定するまでの連絡が鬱陶しいほど多いうえに日程に文句までつけてきやがる。 本当にイライラさせられた。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビで転職活動した感想 求人に応募するとキャリアパートナーっていう専属スタッフがつくけど、これが邪魔。 企業との連絡を中継するだけの伝書鳩でしかない。 日程調整とか逆に時間かかった。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職フェア行ってきた٩( ᐛ )و 応募依頼のあった電気工事の企業から話を聞けたものの、女性はネイルも派手でギャルっぽくて男性も髪型チリチリのピアスだった😅 社員がこんな陽キャばかりならノリが違うかもしれないが面接だけでも行ってみるか?

    出典:X(旧Twitter)

  • 使って見た感想 ビズリーチ:スキルがある人向け。スキル無しは用無し マイナビ転職:派遣会社がめちゃくちゃ多い。派遣が嫌な人はしっかり確認が必要。やりたい職が決まってるなら使いやすい

    出典:X(旧Twitter)

  • 「副業OKでフルリモートの経理職ないかな」と思ってマイナビ転職に登録してみたけど、フランチャイズオーナーになりませんかというスカウトばかり送りつけられる。 ふざけてるな、マイナビ。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントに履歴書と職務経歴書作ってもらって、マイナビ転職で転職したよ

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職のスカウト一日に500件とかくるのバグやろ 制限しろよ せめて一日10通とかにしないとゴミになるだけやろばかかよ

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動してたときdodaのアプリクソ重くてイライラしてたけど未だに改善されてないっぽい? 個人的にリクナビは改悪されてすごい見辛くなってて1番見やすいのはマイナビかな〜(求人ちょこちょこ見てる)

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職3,4回してる女ですが、エン転職とマイナビでやってました! 条件ひたすら絞って良さげなところ片っ端から応募してたら今やっと落ち着きました()

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職で入社したいと思った会社に応募して、向こうからメールで履歴書と職務経歴書送って下さいと言われ、また向こうからメールで面接当日に履歴書と職務経歴書持ってきて下さいはもう意味わからん そもそも応募した時に履歴書と職務経歴書的なやつ書いてるし

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動で実際良かったサイトは『リクナビNEXT』『マイナビ転職』『エン転職』の3つかな。複数登録することで色んな企業が見れるからよき。ただ基本的にいい面しか書いてないから『ライトハウス』等口コミサイトで実際の給料や残業、人間関係をリサーチするのが転職失敗を防ぐのに一番大事と思う。

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分が今のところに入るときはマイナビ転職を使いました。 結構、え?明日3日後面接?みたいな感じで展開が早かったですが、やり取りは結構密にやってくれたかなと。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職自分は使いました。色々手堅いです

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職サイトで何の条件も指定せず求人眺めてたら全く知らない仕事一杯あって新鮮。この世にある仕事ITか事務か営業しかないって思いこんでたけどそんなわけなかった。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職の通知、親よりうるさい

    出典:X(旧Twitter)

  • こんばんは〜♫😊 今日 サイトのマイナビ転職に登録したら😳 早速 とある企業さんから面接の連絡が有りビックリ😳✨ 来年早々1月5日に面接が決定〜🤣 資格は色々持ってると本当にいいですね☝️😊

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ、エン転職とかアプリで情報登録して、スカウト来るの待ったり、検索したり、知り合いが転職エージェントしてるから紹介してもらったり😞ハロワ登録はしたけど、なんかピンとこなくて💦

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職の企業からの応募依頼って信用ないなぁ…書類選考でおちとるやん ふええ、、高卒は厳しいのぉ、、

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職でスカウトからいくつか応募したが、自動返信以外なんの音沙汰もない。エン転職とかpaiza転職はちゃんと来るのに。 #マイナビ転職

    出典:X(旧Twitter)

  • おいおい、マイナビ転職さんよ 企業に応募するときに提出する自己PR欄ってプロフィールの自己PRにも反映されんのかよ! てっきり自分が応募した企業しか見れないと思ってめちゃくちゃ名前とかその他諸々個人情報書いちゃったじゃねーか! 企業の採用担当は俺の自己PR欄見てニヤニヤしてたんだろうな😱

    出典:X(旧Twitter)

  • 昨日マイナビ転職経由でコンサル職にレジュメ送った❕さっき書類選考通過の連絡きた❕来週面接❕

    出典:X(旧Twitter)

  • そうだったんか! マイナビは転職エージェントって言われる人たちが自分の件数にしたいから最初は営業メールとか電話とかうざいけど、気合う人見つけたら勝手に探してくれて求人票も送ってくれるから便利よ

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職にログインしたらスカウトメールが来るようになった。 職務経歴書、ほとんど書いてないのに、、😓😓カラ求人とかなのか、、

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビとかです! とりあえず入れて色々検索して調べると言うより遊ぶ感覚でやってみるのいいと思います 僕は転職しまくりマンですけど遂に年間休日120ある所行けました🙋‍♀️

    出典:X(旧Twitter)

  • そこで外資系企業に転職してしまい今現在です。。あと指立てるエージェントはもっと酷いです。マイナビとリクナビはいいですよ。 製薬するや辞めるかトラウマになった某外資系企業に恨みしかないです。

    出典:X(旧Twitter)

6:えーかおキャリア

えーかおキャリア

口コミ:えーかおキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://e-kao.co.jp/

えーかおキャリア』も第二新卒におすすめの転職エージェントです。

株式会社For A-careerが運営する2018年に設立された比較的新しいサービスで、20代の第二新卒や未経験転職に特化しており、Google口コミでも高い評価を得ています。

専任のコンサルタントからマンツーマンでアドバイスがもらえるため、未経験の転職で不安がある人でも安心して転職活動をすることができます。

出典:公式サイト

7:type転職エージェント

type転職エージェント

口コミ:type転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:9,752(2024年2月21日現在)
求人数増減:+76(先週比↑up)
【公式サイト】https://type.career-agent.jp/

type転職エージェント』も第二新卒におすすめの転職エージェントです。

第二新卒向けの求人は多くありますが「地方企業」の求人はほぼなかったので、地方で探すならリクルートエージェントを使ったほうが良いです。

担当者に若手のキャリアアドバイザーが多いので話しやすく、面接前には面接対策などもしてもらえました。僕が第二新卒で転職活動をしていたときには、過去に出た問題や内定する人の傾向などを細かく教えてもらえたので、すごく助かりました。

出典:公式サイト

type転職エージェントの口コミ評価

  • 24歳・男性
    専任のキャリアアドバイザーのサポートを一対一で受けながら転職活動できるので、初めての転職でも納得のいく転職活動ができました。LINEで連絡が取れるので、求人の提案や面接の調整なども全てLINE上でやり取りできるのが非常に便利で効率的です。

  • レスポンスの速さ、提案力の高さ、内定後のサポートなど、プロの力を感じました。

  • 25歳・男性
    typeでは私のキャリアを考えた上で求人を選んできてくれたり、違う視点からの求人提案もしてくれたりと、私自身の価値を引き出せるようなアドバイスをしてもらえました。大手IT企業から内定が出て、前職よりも年収アップすることができました。

  • 転職情報を調べていると、よく目にする「第二新卒」という言葉。 なぜ企業はわざわざこのワードを使って募集を行うのでしょうか。 そこで今回は、第二新卒に当てはまる人の条件と転職市場におけるニーズについて解説します。 #転職 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 「IT業界は人材不足というが、本当にそうなのだろうか?」 今回は、IT人材の不足状況や国の行っている対策、企業の採用状況、未経験転職の注意点などを解説していきます。 #転職 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 今の仕事に閉塞感を覚えていたり、心機一転新しい仕事で自分の力を試したいと考えた時、「未経験歓迎」「未経験可」というワードに思わず飛びついてしまいたくなりますよね。 果たして本当に「未経験」で応募できるものなのでしょうか。 #転職 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 近年、急成長を遂げており、よく耳にするようになった「SaaS」。採用ニーズも活発で、大手もベンチャーも業績が伸びている稀有な業界です。 今回は、SaaS業界の基礎知識やポジションの特徴などについてご説明し、ミドル・ハイクラス層の転職先としての魅力をお伝えします。 #転職 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 未経験からのコンサル転職で全く役に立たなかったエージェント2選 ・type転職エージェント ・リクルートエージェント 中立 ・JACリクルートメント 役に立ったエージェント2選+1 ・アンテロープキャリア ・ムービンストラテジックキャリア ・OpenWork直接応募 最強 ・リファラル採用

    出典:X(旧Twitter)

  • 「今年は転職するぞ!」と年初めに決意された方もいらっしゃるのでは? 後悔の少ない転職をするには、スケジュール把握と準備がとても重要です。 今回は、転職活動のスケジュールと必要な準備を解説していきます。 #仕事始め #仕事はじめ #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動をする際に気になるのが、「どのタイミングで転職すればいいか」です。 転職するからには、「できるだけ有利なタイミングで転職したい」「タイミングを間違えて後悔したくない」と考えるのは当然です。 そこで、転職のベストタイミングについて詳しく解説します。 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 「転職するからには失敗したくない」と誰もが考えます。 それでも、なかなか上手くいかないことも。その人の年代によって転職を成功させるために必要な条件も違ってきます。そこで、今回は転職の成功率を上げるコツを年代別にご紹介します。 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 「フレックスで働きたい!」 転職の条件の一つにしている方も多いのではないでしょうか? プライベートのバランスを取りやすいのがフレックスの大きなメリットですが、実はデメリットや転職の注意点もあります。今回は、フレックスタイム制度について紹介していきます。 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 「事業会社と代理店のどちらに転職すべきか」 昔からある普遍的な悩みですが、デジタルマーケティングの成長によって、その問いへの考え方が少し複雑になっていると感じている方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、マーケティング経験者のキャリア選択についてお話します。 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • ITエンジニアへの転職を検討しているものの、「今保有している資格は転職で有利になるのか」「もっと難易度の高い資格を取得した方が良いか」と考えている方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、ITエンジニアの転職に資格が必要かどうかや、職種別におすすめな資格も紹介していきます。

    出典:X(旧Twitter)

  • 「出世したいけど、なかなかさせてもらえない…。」こんな悩みを持つ方は多いのでは? そこで今回は「出世はどう決まるか」「出世する人の特徴」「転職したら出世しやすいのか」を解説していきます。 #転職 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動をしてようやく内定がもらえたのに、いざ今の会社に退職したいと告げたら、上司から「辞めないで欲しい」と強く引き止められて困っている方も多いのでは? 今回は、スムーズに退職するために知っておきたいポイントを解説します。 #転職 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 30代以降の転職活動の面接では「マネジメント経験」について聞かれることが多くなります。 しかし、言葉の意味は知っていても、実際はどの経験が当てはまるか完全に理解し、的確に回答出来ている方は意外と少ないです。 そこで本記事では、転職活動で求められるマネジメント経験を詳しく解説します。

    出典:X(旧Twitter)

  • 「仕事辞めたい…でも本当に辞めていいのかな」 仕事を辞めるのは人生の大きな転機になるので、悩んでしまいますよね。 今回は、仕事を辞めるべきか迷った時の判断のポイントや、仕事を辞めた場合に転職を成功させる方法、退職の流れなどを紹介します。 参考にしてみてくださいね。 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 💡転職 FAQ 💡 Q. 現在30代でこれまでに3回転職していますが、私の年齢でこの転職回数は不利になりますか? A. それぞれの転職に正当な理由があれば、30代で2回や3回の転職経験が特に不利な要素になることはありません。 それよりも企業側が重視するのは、「自社で即戦力として活躍してくれるかどうか」です。3回の転職を経て積み上げた実績や身につけたスキルをきちんと整理し、自分の強みとしてアピールできるよう準備して面接に臨んでください。

    出典:X(旧Twitter)

  • 「自分のキャリアはこのままでいいのか?」 新卒から一緒に働いてきた同期や、友人が転職していくのを見て、自身のキャリアについて考えることが増える方も多いのでは。 今回はITエンジニアの方に向けて、キャリアプランの設計方法やキャリアパス例、必要なスキルアップ方法を紹介します。 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 「転職して、○○○○が成長した!!」 今回は転職経験者50人に「転職後の2年間で成長できたと感じること」を聞いてみました! 転職を検討されている方は、転職後のイメージの参考にしてみてくださいね。 #転職 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 「転職したばっかりだけど、もう転職したい…」 そんな気持ちになってしまっても即断は禁物! 長期的なキャリアを考えると不利になりやすい「短期離職」にならないための対処法を解説します。 #転職 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 将来のなりたい自分を実現するために職業人生(キャリア)を主体的に設計・構築するキャリアデザイン。 設計には、「Can」「Will」「Must」の3つを明らかにする作業が必要です。 詳しい作業方法を知りたい方は下記の記事をチェックしてみてくださいね。 #転職 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 「転職のこと相談したいけど、誰にするのがベストなの…?」 選んだ相手によっては職場で噂が広がったり、主観が入ったアドバイスをされたりすることもあるため、相談相手を選ぶことはとても大切です。 そこで今回は、転職相談に適した相手や避けた方が良い相手などを解説します。 #転職 #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 【キャリアの小話】 今日はキャリアデザインを設計するために役立つ便利なツールや診断シートを紹介します✨ ・マンダラチャート ・価値観診断 ・ストレングスファインダー 気になる方は、検索してみてくださいね👀🔍

    出典:X(旧Twitter)

  • 「面接になかなか受からない」「面接のための準備の仕方が分からない」 転職活動をしていてこのようなお悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。 実は面接が通過しない人には共通する2つの原因があります。 そこで今回は、その原因と対策方法をご紹介します。 #転職 #面接 #コラム

    出典:X(旧Twitter)

  • 「『35歳転職限界説』ってよく聞くけど…これって本当?」 転職を検討している場合や、まだ転職はしないけどいずれは…!と思っている場合、 実際のところはどうなのか気になりますよね。 そこで今回は、35歳以降の転職の実態についてお話します。 #転職 #コラム #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 「転職で給与・年収交渉するタイミングは○○前後!」 せっかく転職するなら給与アップを目指したいですよね。 今回は、転職での給与交渉のおすすめタイミング、事前準備、注意点を解説。 伝え方の例文も紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。 #転職 #コラム

    出典:X(旧Twitter)

  • 「転職活動しているけど、書類審査がなかなか通らない・・・」 なぜ、書類選考でお見送りされてしまうのでしょうか? 今回は企業の人事が履歴書・職務経歴書のどういった点に着目して選考をしているのか、通過するために気をつけたいポイントを詳しく紹介します。 #転職 #コラム #キャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 「転職うまくいくか不安…」「自分のアピールポイントが分からない…」 そんな転職であるあるの悩みを解決してくれるのが転職エージェントです。 今回は転職エージェントについて、利用メリットやどんな方におすすめかなど解説します✨ #転職エージェント #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 「転職したい!けど今ってベストなタイミングなのかな…?」 せっかくなら、できるだけ有利なタイミングで転職したいですよね。 今回は、タイプ別に転職のベストタイミングを紹介します。 #転職 #type転職エージェント

    出典:X(旧Twitter)

  • Type転職エージェントいいな。可もなく不可も無くって感じ。ビズリーチ経由だと二度手間になっちゃうのは残念。

    出典:X(旧Twitter)

  • 「私に合う仕事って、なんでしょうか?」 こういったご相談をよくいただきます。 世の中には沢山の仕事があるため、そこから自分に合った仕事を見つけるのはとても難しいことです。 そこで本記事では、自分に合った仕事とはどのような仕事のことなのか、その見つけ方を紹介します。

    出典:X(旧Twitter)

  • 「転職したばっかりだから、有給取りたいって言いづらい・・・」これは、転職した後あるあるの一つですよね💦 そこでこの記事では、転職後に有給休暇を取るときのお作法やスムーズな流れをレクチャーします!📝 悩んでいる方はぜひチェックしてくださいね☑👀 #有給 #転職 #転職そのあとLABO

    出典:X(旧Twitter)

  • typeエージェントで転職した人います?登録直後によくあるヒアリングの面談も設けて来ないで1ヶ月経つから、どうなってるのかって聞いたら、「紹介できる求人が用意できてからカウンセラーと相談する形です」って言われたんだけどそんな事ある?

    出典:X(旧Twitter)

  • 【 #転職フェア 活用法🌈】 その① あなたの理想の企業を見つけよう👀 出展企業は総勢100社以上‼ 出会いが豊富だからこそ、気になる企業がきっとみつかります✨ 情報収集からの参加でも大歓迎🎵 ぜひお気軽に参加してみてください✅

    出典:X(旧Twitter)

  • ~転職活動状況~ エントリー 5社(Sier) Type転職エージェントを使うことにしました、、! ただ複数のエージェントを使っている人も多いんですね🤔どうしようかな。。 #エンジニア転職 #転職活動中 #プログラミング勉強中

    出典:X(旧Twitter)

  • type転職エージェントが触れられてて、うれしい。 【SES脱却】Type転職エージェントで年収120万UP/フルリモート/自社開発

    出典:X(旧Twitter)

  • そうなんですね!参考にしますありがとうございます😊 エン転職とtypeはスパムのようにスカウトが来るんですが見るとなかなか条件が合う求人が少なくて悲しいです

    出典:X(旧Twitter)

  • Type転職エージェント使ったけど書類のテンプレぐらいしか役に立たなかったな… まあビズリーチとかいうゴミよりはマシだったが。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職サービスの感想】 ・dodaはエージェントの能力にかなり幅があるイメージ。 ・type転職のエージェントはIT業界の知識をかなり持ってる。ハイクラス求人は少ない印象。 ・JACはハイクラス多数。ITに詳しい人は...ただ転職のプロフェッショナルばかりで安心できる、 ・ギークリーは...

    出典:X(旧Twitter)

  • 少ないかもですが、「残業なし」とか「残業10h」とかで検索してみるなどいかがでしょうか。残業時間を検索ワードに入れるのはエージェントに教わりました。 あとは、typeやスマートキャリアなど検索項目を細かく設定できた気がします。 あとは地方からフルリモOKとかたまに見ます。 参考になれば🍀

    出典:X(旧Twitter)

  • 夫の「すぐ路頭に迷うわけでないし、焦って決めなくていいんじゃない」というコメントが心に刺さっている… 大手エージェント、やっぱり私の理想の働き方になる求人少なくて、年収下げていいならtypeで探すとかもありかな。

    出典:X(旧Twitter)

  • とりあえず現状まとめとこ🫠 type転職エージェント/ 面接控えてるせいか紹介が更新されない…担当がダメかも笑 リクルートエージェント/ 書類通過率高い!求人票もいっぱい見せてもらえる。エントリー希望出しすぎて嗜められたけど、志望順位と通過率勘案して段階的にエントリーしてくれた。しごでき〜

    出典:X(旧Twitter)

  • typeのエージェント、意外といいぞ。 担当がすげぇ色々と推してくるし、求めてる会社の精度が高い。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今日はtype転職と面談した 具体的な話が聞けて満足 エージェントは複数使うのが良い

    出典:X(旧Twitter)

  • 遅くなりましたー😭💦 事務系は書類選考から戦いらしいです、、😨笑 私はtypeの転職エージェント使ってます☺️女性向けの求人が多めな印象で✨エン転職も使っていたのですが、条件で絞っても全然違う求人が出てきたりでやめてしまいました🥲

    出典:X(旧Twitter)

  • 2回目以降の転職者におすすめエージェント 少数精鋭でやっている小規模~中規模転職エージェント 例) ▪︎ギークリー ▪︎type転職エージェント 自分に合う会社や特定の求人を推してくる傾向がある。推してくるだけあって他の転職エージェントよりも年収交渉や企業への交渉にコミットしてくれる。

    出典:X(旧Twitter)

  • typeの転職エージェントさんとの相性が良すぎて爆笑 頑張るぞーー!!!笑

    出典:X(旧Twitter)

  • typeの転職エージェントさん親切すぎて涙出た… 選考速度合わせるために現時点で決まってるスケジュール聞かれてそれで、○日に決まってる面接が一応第1希望ですって言ったら前日に模擬面接してくれるって… 他のエージェントさんからの紹介企業なのに面倒見てくれるなんて…🥺

    出典:X(旧Twitter)

  • Typeのエージェントの方とお話して、すごく嬉しかったことを共有させてください! ・面接に同席してFBをくれる ・「当社の人事」として目線をすり合わせてくれる ・採用市場の最新の動向を共有してくれる ・採用広報についての示唆をくれる 素敵なエージェントに助けてもらえるのは最高ですね。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント ここに登録してるんですけどすごい優しいです。前向きにさせてくれます。 typeエージェント 添削を全部してもらいました笑 そこから一次面接一回も落ちてない! 凄いぞ!エージェント!

    出典:X(旧Twitter)

  • type転職エージェントのメリットは「非公開求人に出会えること」「年収交渉を代わりにしてくれること」「応募書類・面接にプロのアドバイスがもらえること」「条件や入社日の交渉などは不要なこと」です!

    出典:X(旧Twitter)

8:第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

口コミ:第二新卒エージェントneo 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:22(2024年2月21日現在)
求人数増減:+1(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.daini-agent.jp/

第二新卒エージェントneo』は、第二新卒やフリーターにおすすめの転職サイトです。第二新卒の未経験向け求人のみが掲載されており、職務経験がない第二新卒の転職成功数は10,000件を越えています。

登録するだけで専任のキャリアアドバイザーが付き、個別の転職相談や第二新卒向け正社員求人の紹介、履歴書・職務経歴書の添削、面談対策など、転職活動全般をサポートしてくれます。求人の職種は、営業や店舗スタッフ、サービス業などが多めです。

日本マーケティング機構によるサイトのイメージ調査でも20代の利用者から高く評価されているため、第二新卒におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

第二新卒エージェントneoの口コミ評価

  • #転職豆知識 【面接に練習って必要なの?】 面接の練習のメリット ・本番で焦らない ・自分の印象を客観視できる 面接にありがちなのは、”本番でしっかりとした受け答えができないかもしれない”という漠然とした不安があると思います。漠然とした不安は、

    出典:X(旧Twitter)

  • 役員面接(最終面接)に必要な準備続き 企業研究を改めて徹底的に行う もう一度、企業研究を徹底的に行いましょう。最初の面接で企業研究を行っていますが、期間を経るごとにいくつか抜けてしまっていたり、忘れてしまっていることがある可能性もあります。 #転職豆知識

    出典:X(旧Twitter)

  • 役員面接(最終面接)に必要な準備 ・企業研究を改めて徹底的に行う ・履歴書を見直す ・成果の「具体的な程度」を伝えられるようにしておく ・自分だからこそ語れる志望動機を考える #転職豆知識

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 役員面接(最終面接)でチェックされるポイント 役員面接で主にチェックされるポイントは、「企業とのマッチ度」です。 スキルや実際に業務行えるかなどは役員面接以前の段階でクリアしているので、企業の理念との合致度の高さ、入社に対する意欲の高さが役員面接では特に注目されます。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【役員面接(最終面接)とその他の面接の違い】続き 第二の相違点は、役員面接でチェックされる事項です。一次面接や二次面接では、 ・スキルや能力が社会人として働く水準を満たしているか ・入社意欲は十分か などの事柄が面接の中でチェックされます。 #転職豆知識

    出典:X(旧Twitter)

  • 【役員面接(最終面接)とその他の面接の違い】続き 第一の相違点は、面接の担当者がそれまでの一般社員ではなく、役員に変わるという点です。 当たり前のことのように聞こえますが重要で一次面接や二次面接と違い、採用決定権を持つ人間が直接選考に当たるということを意味します。

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【役員面接(最終面接)とその他の面接の違い】 役員面接は、それまでの選考で行われてきた一次面接や二次面接とはいくつかの相違点が存在します。 今後いくつかに分けて投稿をしてまいりますので、これから最終面接等を控えている方はご参考に頂けますと幸いです。

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 インフラ業界とは? インフラ(インフラストラクチャー、基盤設備)とは、国民福祉あるいは国民経済の発展に欠かせない、社会で共有する施設を指します。 そのため、インフラ業界とは社会の基盤を支える社会的・経済的なインフラストラクチャーを提供・運営する業界となります。

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 薬会社で働く仕事 大きく分けると5つあるのでそれぞれ紹介していきます! ・研究・開発 ・生産 ・MR ・マーケティング ・PMS 次は薬品関連について!それぞれ数日に分けて紹介していきます!

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 医療現場で働く仕事 「病院で働くなら必ず国家資格が必要」と考えている方も多いかもしれませんが、実際には資格なしで働けるものもあります。 ここでは国家資格が必要な仕事とそうでない仕事を分類してみました。

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 「医療業界」と聞くと医師や看護師をイメージされる方が多いかと思いますが、実際のところ医療業界には下記の業界も含まれます。 医薬品メーカー 製薬会社 医療機器・医療用品メーカー 介護事業者 IT事業者

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【介護業界の職種例】 ・ケアマネージャー ケアマネージャーとは、簡単に言えば介護サービス利用者と介護施設の仲介役となる ・介護助手 一般的に、身体介助を行えるのは介護職員初任者研修以上の資格を持っている人材のみ

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【介護業界の職種例】 ・ホームヘルパー ホームヘルパー(訪問介護員)は被介護者の自宅にて食事や入浴、洗濯やトイレなど、日常生活をより円滑に行えるようサポートします ・介護福祉士 介護福祉士は国家資格を所有している介護士を指し、ホームヘルパーよりもより専門的な介護をします

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 介護業界のサービス 介護業界は大きく2つのサービスに分けることができます。被介護者の自宅でサービスを提供する「居住サービス」と、介護施設で行う「施設サービス」です。

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 介護業界とは? 介護業界は、高齢者の方や障がいを持っている方などの日常生活のサポートを行っており、ただサポートするだけでなく、ケースによってはその人が一人でできることを増やせるよう現状を改善することも役割の一つとなっています。

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 通信インフラ業界 「ネットワークなどの通信に欠かせないもの」の総称。主にネットワークや電話などの”インフラ構築”を行います。固定電話やネット回線を含む固定回線やWi-Fiなどの無線回線、衛星を用いた回線などあらゆる手段を通じてネットワーク環境を整えます。

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【IT業界とは】 IT業界とは情報技術(IT)を駆使したサービスを展開している企業全般を指します 具体的には下記の5つの業界に細分化されます ソフトウェア業界 ハードウェア業界 情報処理サービス業界 インターネット・Web業界 通信インフラ業界 #企業公式つぶやき部 #職種勉強 #職種理解

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【インフラエンジニアとして働く6つのメリット】 一定の需要がある 汎用性のあるスキルが身につく 資格手当を受け取れる可能性がある 社会への貢献度が高い 大手企業で働ける可能性がある 人間関係に悩まされることが少ない #企業公式つぶやき部 #職種研究 #職種理解

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【プログラマーに向いている人の特徴6選】 集中力がある人 情報収集が好きな人 ものづくりに携わりたい人 ロジカルシンキングが備わっている人 臨機応変な対応が得意な人 黙々と作業するのが好きな人 #企業公式つぶやき部 #職種勉強 #職種研究 #職種理解

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【ITエンジニアとして働くメリット5選】 ・需要が高い ・将来性が見込める ・能力次第でキャリアアップしやすい ・あらゆる業界で活躍できる ・独立しやすい #企業公式つぶやき部 #職種研究 #職種勉強 #職種理解

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 未経験でもIT業界にチャレンジができる職種 ITコンサルタント ITコンサルタントは、顧客企業の経営課題を見つけ、ITを利用して解決する方法を考える仕事です。自らシステム開発を担当することはなく、提案が通った後にシステムエンジニアにシステム開発を依頼します。 #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 未経験でもIT業界にチャレンジができる職種 フィールドエンジニア フィールドエンジニアは、IT商品の説明/問い合わせ対応や、使い方の指導を行うほか、PCを始めとした各種機器にトラブルがあった際は現場に出向いて問題を解決する職種です。 #企業公式つぶやき部 #職種勉強 #職種理解

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 未経験でもIT業界にチャレンジができる職種 テストエンジニア テストエンジニアは、仕様書通りにソフトウェアや製品が動作するか、バグ/エラー/問題点がないか、テストを行って検証する職種です。テストの計画設計/実施/結果の確認と、分析/改善策の提案などを行う。 #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • ちなみにハタラクティブは福利厚生が良いけど給料低くいとこ多かった。 UZUZは良かった。でも敷居高めだった。 第二新卒エージェントneoはたくさん候補挙げてくれた。

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 未経験でもIT業界にチャレンジができる職種 Webエンジニア Webエンジニアは、Webサイトで使用する機能の開発、ITシステム・アプリケーションなどの設計・開発、運用・保守などのWeb開発全般にかかわる職種です。 #企業公式つぶやき部 #職種勉強 #職種理解

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 未経験でもIT業界にチャレンジできる職種 プログラマー プログラマーは、システムエンジニアが作った仕様書通りにシステムが作動するように、プログラミングとテストを行う仕事です。 #企業公式つぶやき部 #職種勉強 #職種理解

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 未経験でもIT業界にチャレンジできる職種 IT営業 IT営業は、IT関連のあらゆるサービスや商品を販売する営業職です。顧客の課題を確認して、システム開発や運用・パッケージソフト・Web制作・ネットワーク機器など、自社の商品で解決する方法を提案します。 #企業公式つぶやき部 #職種理解

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 未経験でもIT業界にチャレンジできる職種 IT事務 IT事務は、IT関連業務のサポートを行う事務職です。企業により異なりますが、業務の中には資料作りなど一般事務と共通する内容もあります。 #企業公式つぶやき部 #職種勉強 #職種理解

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【内勤営業に向いている人ってどんな人?】 ・細かいところに気づける人 ・人に興味がある人 └顧客ファーストの精神が前提にある方 ・動き回るよりデスクワークが好きな人 #企業公式つぶやき部 #職種理解 #職種研究

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【内勤営業のメリット&デメリット】 メリット ・購入や契約までのハードルが低い ・未経験からでも十分挑戦できる ・顧客との時間を長く取ることができ、じっくりとアプローチができる デメリット ・土日祝が休みでない場合が多々 ・極端な収入の増加が得づらい #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【内勤営業の仕事内容とは?】 内勤営業とは、店舗の中で顧客に対する営業を行う仕事です。 分かりやすい例で言えば旅行代理店や不動産屋、自動車ディーラーなどが挙げられます。 #企業公式つぶやき部 #業種勉強 #業種研究

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【新規開拓営業に向いている人ってどんな人?】 ・人と関わるのが好きな人 ・人脈を広げたい人 ・精神的にタフな人 #企業公式つぶやき部 #職種勉強 #職種理解

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【提案営業に向いている人ってどんな人?】 ・相手の性格を見抜ける人 ・わかりやすく説明するのが得意な人 #企業公式つぶやき部 #業種勉強 #業種理解

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【法人営業の仕事内容とは?】 企業に対して行う営業を指します。企業の担当者へ電話やメールでアポを取り、自社の商品やサービスの説明をし、購買や契約に繋げるのが基本的な業務。 個人営業との違いは顧客が個人か企業かという点と、購買や契約までのスピード感 #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【個人営業の仕事内容とは?】 商品やサービスを個人顧客に提案、購入または契約してもらう仕事 取り扱う商材にもよりますが、企業によっては社内で営業チームを個人営業と法人営業で分けているところもあります。 #企業公式つぶやき部 #業種勉強 #職種紹介

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【転職すべきか判断するコツ3選】 ・「今抱えている悩みが転職によって解決するか」を考える ・今のメリットを捨ててでも得たい要素があるかを考える ・転職エージェントで現状を客観的に把握する #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【転職しないほうがいいケース4選】 ・転職理由が”職場への不満”のみである ・現職の給与・福利厚生に満足している ・まだ勤めだしてから期間が経っていない ・なんとなく他社が良さそうに見えている #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【第二新卒としてスムーズに転職する方法】 ・最低限のビジネスマナーを習得してから辞める ・熱意を伝えて早期退職の懸念を払しょくする ・第二新卒に特化した転職エージェントを活用する #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【新卒が仕事を辞めるべきかの判断基準】 ・辞めることで今抱えている問題が解決する場合 └労働環境が劣悪 └不当ないじめに遭っている └どうしても社風が合わない └職場に将来性が感じられない ・体調を崩している場合 #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【新卒で仕事を辞める4つのリスク可能性】 ・「早期退職する人材」というレッテルを貼られる ・「新卒採用」でも「中途採用」でもない微妙な状態になる ・同年代の社員との差が発生する ・転職後に後悔しやすい傾向がある #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【転職理由を答える際の注意点】 ・ネガティブな理由をそのまま伝えるのはNG ・職場や社員の直接的な悪口を言うのはNG ・自信なさげに答えるのはNG ・応募先の企業に該当しない内容を答える ・志望動機と混同しない #面接対策 #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【転職理由のまとめ方3STEP】 ①転職した本当の理由をすべて挙げる ②それらをポジティブな表現に言い換える ③転職先でやりたいことと組み合わせる #面接対策 #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【面接官が転職理由でチェックしているポイントとは?】 ・転職理由を他人や周りの環境が原因であるとするか、それとも自分自身の問題とするか ・応募者の早期退職の可能性 #面接対策 #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【「苦手な人への対応」を面接で聞かれた際のPoint】 NG回答は「関わらないようにする・話をしない」 ・困難から逃げ出す人だと思われる ・何も考えてないようにみられる場合も 苦手でも相手を理解する姿勢をきちんと示す ・話さないとは相手を認めないと捉えられる ・他にも通じる問題点

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【面接官が”苦手な人”を質問する意図】 志望者の性格を知りたい ・苦手とは「自分と違う」ということ ・価値観が自社に合っているかを知りたい ・志望者の意思を見たい 他社への対応力を知りたい ・苦手な相手でも上手くやれるかを知りたい ・志望者の冷静さも見られている #面接対策

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【12月入社のメリット・デメリット】 メリット シルバーウィークを書類準備に充てられる スタート期間で余裕を持てる 交流を深めやすい デメリット 十分な教育を受けにくい 初期のボーナスを満足に受け取りにくい #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【転職において空白期間を伝えるコツ】 納得してもらいやすい理由を伝える 書類選考のない企業に応募する 空白期間中のバイト経験もアピールする 転職エージェントを利用する 空白期間をネガティブに捉えている方は是非参考に! #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【退職を伝えるタイミングと流れ】 直属の上司へ退職意思を伝える 退職願・退職届の作成と提出 業務の引き継ぎ 退職日に手続きと挨拶をする #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【退職意思は何ヶ月前に伝えるのがベスト?】 退職意思を伝える時期は、基本的に就業規則に則ります 一般的には1~2ヶ月前と定めている企業が多いですが、中には3ヶ月前としている所もあるため、まずは就業規則にどう記載さているかを読み込んでおくことが必要です #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職豆知識 【面接での志望動機の伝え方】 ①1~2分でまとめる ②丸暗記しない ③明るくハキハキと伝える #面接対策 #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

9:ハタラクティブ 

ハタラクティブ

口コミ:ハタラクティブ 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:3,614(2024年2月21日現在)
求人数増減:+20(先週比↑up)
【公式サイト】https://hataractive.jp/

ハタラクティブ』は、レバレジーズが運営する第二新卒やフリーターの転職支援に特化した転職エージェントです。学歴やこれまでの職歴に関係なく、転職支援を無料で受けることができます。

ハタラクティブで内定獲得した人の86.5%が大手に内定しており、求人の80%以上が「未経験可」の正社員求人となっています。ハタラクティブの最大の特徴は最短2週間で内定を獲得できるという期間の短さです。

相談後すぐに求人を紹介してくれるため、非常に早く転職活動を終えることができます。第二新卒や未経験、フリーターで早く転職したい人におすすめです。

出典:公式サイト

ハタラクティブの口コミ評価

  • もしやハタラクティブってやばい求人情報しかない? なんか俺が受けることになった会社色々調べるとやばいらしいんだけど

    出典:X(旧Twitter)

  • 爆速で決めたかったらわいの使ったハタラクティブおすすめです、おれは職種とかこだわりなかったのもあるけど

    出典:X(旧Twitter)

  • レバレジーズ株式会社「ハタラクティブ」が「若者しごと白書2024」を発表。 「若手社員の約5人に1人が現在転職活動中、約半数が「転職活動経験あり」

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブは最初のコールセンター、エージェントになる人も話し方の研修やり直した方がええんちゃうか

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブのエージェント最悪だったな

    出典:X(旧Twitter)

  • 3人のエージェントを使っているんだけど、やっぱりそれぞれ個性があって、 ハタラクティブは、とにかく優しくてわかりやすい。親身な対応。ただし、ちょっと対応が遅い dodaは、とにかくサービスが厚く、どんどん求人を紹介してくれるし、スピードも早い。ただし、厳しいこともはっきり言われる。

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブ派遣に強いんかー

    出典:X(旧Twitter)

  • なるほどー ハタラクティブって派遣考えるならかなり良いんだな 絵と肉体労働しかできん奴になんの仕事ができるかわからんけど

    出典:X(旧Twitter)

  • 実は明日ハタラクティブの面談申し込んでて〜 でも確認の電話なくて〜

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブの面談やってみたけど相性悪かった… 転職決まるのかしら、、

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブのカウンセリング受けたが、「派遣じゃなく正社員だと100件受けることになるぞ」「今の時期じゃないと求人ないぞ」って言われたのが怖すぎた こっちの話も遮られるし圧も強くて、いかに求職者を言いくるめるかしか考えてない感じだった

    出典:X(旧Twitter)

  • 今さっきハタラクティブでカウンセリング受けたんだけどめちゃくちゃいい人で安心した

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェント変えたら??? ハタラクティブとか、フリーターからでもいい所探してくれるかも。

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブさんがわざわざ連絡してくださったのに自分がゴミすぎて求人が無くて困らせてしまって鬱

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブってサイトはまじでクソ。二度と使わない。

    出典:X(旧Twitter)

  • 最初から改名した夢テクノロジーに入れる気満々すぎて怖い 無期雇用派遣しかなかったハタラクティブも嫌だったけど、これはこれで酷い… あと何でも聞いて何でも言ってって言う割に夜勤が嫌だ、知り合いが大変そうだったからって言ってもそれは知り合いの人が大変な仕事してるだけで夜勤自体は大変じゃ

    出典:X(旧Twitter)

  • 頼む…ハタラクティブとキャリアスタート…… 高卒でも優良企業入れること期待して君らの登録したから優良企業に入れておくれ…僕も頑張るから………

    出典:X(旧Twitter)

  • \メディア掲載のお知らせ✨/ 20代・第二新卒向けのWebメディア #ハタラクティブ に、キャリアbaseの紹介が掲載されました! 『ハタラクティブ』は、主に20代の既卒・第二新卒の方向けのサイトです。 ぜひご覧いただけると嬉しいです😊🙌

    出典:X(旧Twitter)

  • やっぱり30手前で未経験は相当ハードル高いね。 SESだったり、ハタラクティブが持ってる小さな会社は1次面接は突破できるけど。

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分はハタラクティブで決まったけどマイナビジョブとneoもアドバイザーも求人良さげでした 複数利用して比較しつつ就活が効率良かったので参考に

    出典:X(旧Twitter)

  • ・ハタラクティブ 結論 事務職で正社員なりたかったら使わないで〜🥺 あとここの人高圧的だからめげないで〜🥺 ・マイナビ転職 経歴がすごい人が使うやつ ・キャリアスタート 無期雇用派遣か営業職しか求人持ってない ハタラクティブより営業が上手いから口車に乗せられそうになる

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職人のために各社エージェント所感書いておくか ワイ 大卒 正社員経験なし 資格無し 正社員事務志望 ・リクルート →無期雇用派遣を勧めてこない♡数打ちゃ当たれ戦法 ・ハタラクティブ →アンタの経歴じゃ無期雇用派遣でしか働けませんよの一点張り 事務の求人数ゼロかと思うくらい無い つづく

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブからメール来て笑ったそういや登録してたわ 個人的には1番印象良くなかったエージェント😇

    出典:X(旧Twitter)

  • 前々職の警備はハタラクティブで、工場派遣はDYMでそれぞれ紹介された仕事だったり。 経験が乏しい2〜30代の就職に強いのがこの二つの転職サービスの特徴らしいんだけど、どちらの紹介も見事に失敗したので結局は巡り合わせと自分の努力なんだと思う😅

    出典:X(旧Twitter)

  • 書類作成中だが眠くなってきたので寝る 納期に間に合わせるようにスケジュール組んで対応してるのにハタラクティブが三重に納期催促してきて仕事が増える 文章と言葉選んで出していって精神的苦痛も抱えてるのに仕事増やさんでほしいっす

    出典:X(旧Twitter)

  • ちなみにハタラクティブは福利厚生が良いけど給料低くいとこ多かった。 UZUZは良かった。でも敷居高めだった。 第二新卒エージェントneoはたくさん候補挙げてくれた。

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブ登録したら速攻連絡かかってきてすぐカウンセリング

    出典:X(旧Twitter)

  • ひきこもりだからといってそういうエージェントは使って良かったこと1つもなかった 就職ドットコム 就職shop ハタラクティブ 無期雇用派遣勧めてくるエージェントも数字とりたいだけに思えた あとタメ口で話してくるエージェントは社会人の基礎やり直せと思う

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブだとニートとか自分に自信がなくて不安だったり、早期離職してしまう若者に特化してるっぽいから、多分就職(転職)サイトだと、自分にはここが一番合ってそう。

    出典:X(旧Twitter)

  • そういえばハタラクティブに登録して1回面談もしてもらった、その日中にもう1回連絡します〜って言って貰えたけどなんも連絡来んかったわね さすがに条件厳しかったか

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブおすすめです 登録からめっちゃスピーディに対応してくれるので、仕事探しには最強のエージェントです

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブ面談した。自分の地域の求人なかったからやめた。

    出典:X(旧Twitter)

  • 3年以上、って感じではありますが!私は11ヶ月だったので会社の意欲次第かな?5年で話が出ないなら、直接雇用にそもそもしようと思ってない可能性のが高い気がします。 未経験ならハタラクティブが事情とかしっかり聞いてくれてありがたかったです〜。私、履歴書も7社目だしブランクもあったんで…😭

    出典:X(旧Twitter)

  • そんぐらいでおけ〜 あとWEBでちょっとずつ履歴書も書いて保存しておけば、いざ転職活動!ってなった時だるさも減るで ハタラクティブとかそういう転職サイトだよー

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブくんさあ…ただの相談系かと思ったら一気に登録して電話来るの聞いてない…

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブ、LINEの既読すら付かないのおもろい

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブの人と面談して、1週間くらい連絡ないけどどうした

    出典:X(旧Twitter)

  • もう十分すぎるやん、、、、 そうなのか、、、😞あとハタラクティブとか前僕使ってた!求人よく送ってくれたよ そんだけ強みあるなら全然働けると思うもったない……学歴なんて関係ない……

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブ→契約社員や無期雇用派遣を勧められたからナシ エン転職→求人数少なめ。エージェントというより自分で応募するスタイルだなって感じ マイナビエージェント・ビズリーチ→エージェントから大量にメッセージが来るが営業系ばかり勧められてつらい

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブでも無期雇用派遣しか紹介されないんだけど、そういうものなのかな😂

    出典:X(旧Twitter)

  • キャリアスタートはアプリじゃなくて、担当さんとLINEでのやり取りになるんやけどこれとハタラクティブは基本的にエージェントさんが取ってきた求人から選ぶ感じになるな ハタラクティブは求人数は割と多いんやろうなーって感じやけど担当さんとの相性悪くてやめた(´._.`)

    出典:X(旧Twitter)

  • 20代の転職、フリーターから正社員をサポートしてくれるやつがあって。それ登録したら担当者ついて担当者さんと色々話して決めて、面接練習とかも何人か入れ替わりでやってくれたしおすすめ。いくつかあったけど、ももが使ったのはハタラクティブჱ̒^. ̫ .^)

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブに登録して面接してきたぜ! めっちゃ質が良さそうな仕事紹介されたな

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブを使って 転職が決まりました!! エージェントさんが親身になって相談に 乗ってくださり、無事決まりました。 面接練習をして頂けたり、面接で聞かれそうな内容も一緒に考えてくれて 助かりました!!👦 本当にありがとうございました!

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブは薄っぺらい職歴しかないせいか、派遣業態?の正社員の会社ばかり紹介された。未経験就職がコンセプトだからそうなるみたい。とりあえずもう使うことはないかな。

    出典:X(旧Twitter)

  • Instagramにハタラクティブの広告が流れてきて、やりたいことがわからなくても合った求人を紹介してくれるとか、派遣と正社員とでは生涯年収が全然違うとかって記載があったけど、製造系の派遣しか紹介してくれなかった、そこで働いてまた転職をするしかないですね〜って言ってきたから信頼できない。

    出典:X(旧Twitter)

  • 安定した収入が欲しくて、ハタラクティブで仕事探したら7.8.9日で面接の予定組んでくれためっちゃ早くてびっくり🫢

    出典:X(旧Twitter)

  • フリーター・ニート・既卒からの就職を考えている方は、「20代特化型」転職エージェントを使うべき。例えば、就職カレッジやハタラクティブがノウハウが豊富なのでおすすめ。逆に、ハローワークや転職サイトからの求人応募は、おすすめしない。理由は単純で、ブラック求人を見分けることが難しいから。特にハローワークは企業が無料で求人掲載できるので、人材採用にコストをかけたくない場合、都合が良い。

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブ使ってみたけど、見事に派遣企業しか紹介されなかった(´^p^`) しかも企業説明のときに派遣だってこときちんと説明されないし。正社員だって押すけど、無期雇用派遣ですよね??

    出典:X(旧Twitter)

  • 私もハタラクティブで面談したことあります💭 CADオペしか紹介できませんと言われて、興味がなかったので諦めました笑

    出典:X(旧Twitter)

10:Me+転職

Me+転職

口コミ:Me+転職 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://me-tas.j-h-r.com/

Me+転職』は、未経験から年収400万円以上が目指せる第二新卒やフリーターに強い転職エージェントです。

求職者と企業担当が同じ担当者なので、転職先の企業内容を確認した上で紹介してもらえます。転職活動が不安な未経験での方におすすめです。

出典:公式サイト

11:DYM就職

DYM就職

口コミ:DYM就職 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://www.dshu.jp/

DYM就職は第二新卒やフリーターに強いエージェント型転職サイトです。

DYM就職は「学歴不問・職歴不問」をコンセプトに掲げている転職エージェントで、専任のキャリアアドバイザーが面談を通して一人ひとりに合った求人を紹介してくれます。

DYM就職は、書類や面接の選考通過率が高い点や、正社員としての採用率が高い点が評価されており、2第二新卒やフリーター、ニートなど経歴に自信が持てない人も安心して利用できる転職エージェントです。

未経験歓迎、経歴不問、正社員の求人を探している第二新卒の転職者におすすめです。

出典:公式サイト

DYM就職の口コミ評価

  • リクエー、マイナビ20s、リ転職、DYMなど使ってました。 広告には後ろ2つを勧められますが、前二つがおすすめです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 前々職の警備はハタラクティブで、工場派遣はDYMでそれぞれ紹介された仕事だったり。 経験が乏しい2〜30代の就職に強いのがこの二つの転職サービスの特徴らしいんだけど、どちらの紹介も見事に失敗したので結局は巡り合わせと自分の努力なんだと思う😅

    出典:X(旧Twitter)

  • 中小企業なら 工ン転職、幅広く見たいなら dudα かなー! 数なら Indeed だけど色んな所から情報引っ張ってくるから使いづらいし、信用度が若干低いんだよね、、 工ージェントは合う合わないあるけど、書類の添削とかしてもらえるからとりあえず登録した♡ DYΜって所は営業職以外はオススメしない笑

    出典:X(旧Twitter)

  • DYM転職退会できました。 面談後アンケートしてってしつこかったところなのでやめて良かったと思います

    出典:X(旧Twitter)

  • 就職エージェント企業のDYMという会社の福岡支店を何回か利用した事があるのですが、その頃くらいから既にアメリカや韓国の求人案件がいくつかあったのを思い出しますね、確か東京エレクトロンさんの求人票だったような記憶がありますけど結構韓国勢いあるんだなと正直思いましたね。

    出典:X(旧Twitter)

  • PaceBoxで全くオファーないから(泣)、 フリーターでも使わせてくらるような転職サイトに登録した。 DYM転職さん。 ただ、求人は派遣しかなかった💦 正社員型派遣やから多少は安心やけど😮‍💨 さっそく面接に向けて動くことになった😀

    出典:X(旧Twitter)

  • キャリアに自信のない20代でも、DYM就職であれば、安心して使える。大手転職エージェントに登録出来なかった場合は、DYM就職を検討してみよう。自分のどこが足りないのか的確なアドバイスをくれる。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【IT未経験転職でおすすめのエージェント】 ・GEEKLY ・WORK PORT ・ウズキャリIT ・RECRUIT AGENT ・doda ・レバテックキャリア ・Green ・ウィルオブ・テック ・マイナビIT AGENT ・GEEK JOB ・type転職エージェントIT ・DYM IT転職 など 改めてエージェント多すぎな...

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職おすすめサイトでよくDYM就職をおすすめするサイトがあるけどそういうサイトは信用できない DYMは担当者は面接の時間は守らないし年間休日100以下も勧めてくるし、断れば音信不通になるし外面いいだけで酷いよ 反対にどんな酷い条件でも正社員になりたい人には勧められるけどね 体壊すだろうけど

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェント、使ってみた感想2 「リクルートエージェント」 ☆2社目のエージェント登録として無難。 紹介件数は多いが、エージェントさんは業務的にこなす感じ。 「DYM」 ☆比較的エージェントさんが若めの印象。丁寧だし現実的な提案をしてもらった。おすすめ。

    出典:X(旧Twitter)

  • DYM就職は全然ダメ。キャリアなくてもいいって謡ってるらしいけど面談だけ(雑)して放置された。

    出典:X(旧Twitter)

  • あなたにおすすめの転職エージェント診断みたいなやつでDYM就職出るんだけどどうなんだろ

    出典:X(旧Twitter)

  • あと東京に就職することが第一目標で、別に大手じゃなくてもいいというのであれば、余程の問題児でない限り就職は可能です。キミスカやDYMスカウトのアプリを入れたり、マイナビに登録するのがオススメです。 アプリについて詳しく知りたければ返信ください。

    出典:X(旧Twitter)

  • DYM就職に手を出してしもうた…

    出典:X(旧Twitter)

  • 成長企業の社長、社員の共通はレスの速さです。

    出典:X(旧Twitter)

  • Q、無職、フリーターでも転職エージェントって使える? A、もちろん使えます。 特におすすめのエージェントは、 •第二新卒エージェントneo •ウズキャリ •pace box •JAIC •ハタラクティブ •就職shop ・DYM就職 サービスの特徴が異なるので、何社か登録して比較してみましょう!

    出典:X(旧Twitter)

  • 株式会社DYMが23年・24年新卒対象の就職活動のオンライン化と内定フォローに関する調査結果を発表。 「面接は対面で実施が嬉しいという学生が68%」 「内定承諾後も就活を続ける学生43%」

    出典:X(旧Twitter)

  • 20代での転職活動は自分に合った転職エージェント選ぶべきです。 ・書類選考なし求人を探している ・職歴が悪いから利用を断られた ・「高卒だから紹介できる求人はない」と言われた といった場合は、DYM就職をおすすめします。 オンライン面談ができるので手軽です。 

    出典:X(旧Twitter)

  • 就職エージェントを使ってみての感想は ・リクナビ→求人数が多く、親身に接してくれる。 ・マイナビ→求人数は少なく、応募しなければ求人が送られてくることはない。が、対応するとなれば丁寧 ・ハタラクティブ→口が悪い。ニッチな求人有り。 UZUZ、DYMは連絡すら来ないので評価に値しません。

    出典:X(旧Twitter)

  • DYM就職といい就職ドットコムのエージェント使って、エージェントへの信頼はなくなったからまた使うの躊躇するよな。 DYMは明らかさっさと終わらせよう感が凄いけど上手く使えばなんとかなりそうだったけど、いい就職は掲載終了してる求人を紹介したりとか見下した態度だったのでいい就職が最悪

    出典:X(旧Twitter)

  • DYM就職の水増しのニュースを見て、就職エージェントなんて必要ないなと改めて思った

    出典:X(旧Twitter)

  • 「相談からの就職率驚異の96%!」とうたっていたDYM就職とDYM新卒…この数字は独自に算定した特定の一時点のものだった。たかが数字…されど数字…。本当の数字は21年度で15%程度だったそう。再発防止措置命令が出されましたが、思わぬところで‥なんてことも?広告関係の皆様どうかお気を付けて

    出典:X(旧Twitter)

  • まじで、つい最近DYM就職利用しようとしている知人に 「いやぁ、DYMはどうかなぁ……けど、さすがにあれから数年経ってるし多少はまともになってるかも……」 とか、ちょっとでも思った自分をぶん殴りたいところ。

    出典:X(旧Twitter)

  • ネットで調べてDYM就職ってやつに登録してみた! ハロワは怖いけ行きたくない それか今すぐ就職したいという気持ち抑えてオーリックがんばって社員になるか

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職したいけど、スキルがない方でも諦める必要はない。20代であれば、ノースキルでもOKの転職エージェントがある。DYM就職や就職Shopなどニートやフリーター専門の転職エージェントをつかおう。ハロワはブラックが多いのでおすすめできない。普通の転職エージェントは登録断られるかだがここならOK

    出典:X(旧Twitter)

  • バイト先の社員の方のアドバイスにより転職サイトを幾つか見繕い、ハタラクティブとDYM就職の2か所に登録、後者は面談も予約した。 現在のバイト先で正社員になれる可能性も僅かながらあるとの事だが、それに執心せず間口を広げ、来年は十数年(と書いて“あまりにも”)遅い就活に取り組んでいきたく思う

    出典:X(旧Twitter)

  • DYM就職は年収500万円以上欲しい方にはおすすめできないでけど、ニート・フリーター期間の長い方にはかなりおすすめ出来る。 年収400万円ほどならかなり求人数有ると思う

    出典:X(旧Twitter)

  • DYM就職は無視するからgm

    出典:X(旧Twitter)

  • DYM就職を利用するメリットには、「書類選考なしで面接できる」「豊富な求人数の中から個人に合った優良求人を紹介してくれる」「担当アドバイザーが丁寧にサポートしてくれる」などがあります。

    出典:X(旧Twitter)

  • DYM就職面談してもらった。 未経験者大歓迎って書いてるのに 未経験の方への求人無いのでハローワークでバイトしてくださいって言われたんだけど。。 この対応はどうなのかしら。。 せっかく楽しみにしてたのになあ。。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今日はDYM就職で転職の相談を15時からオンラインでする予定だったのに、30分以上遅刻された 理由を聞くとオンラインへの変更予定が入っていなかったと言っていた 事務局との連絡をきちんとしていただきたい

    出典:X(旧Twitter)

  • DYM就職、担当者変えてくれないかメールしたら返信なし、しばらく待って電話したら折り返しすると言われそれから電話もかかってこなければ、メール連絡すら来ない笑 失礼すぎでは

    出典:X(旧Twitter)

  • 今日初めてDYM就職の人と面談できたけど、これから自分が何をしていけばいいのか分からず漠然とした不安を感じる、、 ほかの就職サイトも登録するか、リクナビNEXTで企業から来てるオファーを受けるか、、

    出典:X(旧Twitter)

  • Dodaなどの逆オファー(企業が声をかけてくれる)だと選ぶ手間が少し減りますし、東京に出て行けるならDYM就職などのマッチングサイトへ登録すればOBOGがいない企業でも話を聞けますよ。私は9月にDYMに登録したのでまだまだ間に合うかと思います(なんかDYMのコマーシャルっぽくなったな……)

    出典:X(旧Twitter)

  • DYM就職は早さが売りだから仕方ないけど、履歴書の添削するって言ったのに見ただけで終わったし早く受けるとこ決めろって圧がすごい。面接対策もしれくれるって言ったのにしてくれないし。あと馴れ馴れしい。

    出典:X(旧Twitter)

12:Re就活エージェント

Re就活エージェント

口コミ:Re就活エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:12,020(2024年2月21日現在)
求人数増減:-273(先週比↓down)
【公式サイト】https://re-katsu.jp/career/agent/

Re就活』は、東証プライム上場企業の株式会社学情が運営する第二新卒向けの転職サイトです。

東京商工リサーチが2023年7月に行った調査で『20代が選ぶ20代向け転職サイト』で5年連続No.1に選ばれており、多くの20代が利用しています。未経験の職種や業種への転職を目指す第二新卒やニート、フリーターにおすすめです。

転職サイトとして求人を探すだけでなく「Re就活エージェント」というエージェントサービスも利用できるため、初めて転職・就活する第二新卒の人にもおすすめです。

出典:公式サイト

Re就活エージェントの口コミ評価

  • ガンバエェェェェ!! ハードル高かったらRe就活みたいなネットで応募する手を使うのもあり🐜🐜🐜

    出典:X(旧Twitter)

  • / #ITエンジニア #20代 の #転職 に \ 【Re就活テック】をご紹介! 🔎エンジニア限定の「こだわり条件」で検索 🗣専門のアドバイザーに相談できる 💡業種特化の転職ノウハウが知れる 経験が浅くてもOK👌 「第二新卒の経験」を活かしてみましょう👀

    出典:X(旧Twitter)

  • / 20代の転職活動は 『#自己分析』が特に大切! \ ◎向き&不向きな仕事 ◎大切にしたい価値観 ◎持ち味/強み ◎ストレスを感じにくい環境…など 自分らしい #キャリア #仕事 #転職 のために、効率的に【自己理解】を深めてみましょう! 3分で適職診断👇

    出典:X(旧Twitter)

  • / 【2分】で自己PR作成 ChatGPTでタイパUPな転職活動を \ スマートPRアシスタント活用法をご紹介! 3STEPで完成 1⃣テーマ選択 2⃣アピールしたい内容を選択or20字程度で入力 3⃣伝えたい自分の長所を1~2つ選択 完成&ブラッシュアップで、自分らしい魅力的な文章に!

    出典:X(旧Twitter)

  • re就活やるな なんかあしたからの就活イベント(渋谷)来ねえか??って電話してきたんだけど、正気か?

    出典:X(旧Twitter)

  • [20代専門]転職サイト「Re就活」の会員数が、230万人を突破しました! より

    出典:X(旧Twitter)

  • 主にマイナビだったけどRe就活とか意外と24卒の求人あって嬉しい

    出典:X(旧Twitter)

  • 退職届・退職願の正しい書き方と出す流れを徹底解説【見本・テンプレート付き】| 20代・第二新卒・既卒の転職サイト【Re就活】

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビやRe就活が 20代にはオススメかなって感じ

    出典:X(旧Twitter)

  • 就活エージェントは3社同時に使ってたのですが、一番手厚くサポートしてくれたり良い求人を持ってきてくれたのはRe就活でした。 逆にマイナビは全く役に立ってません。

    出典:X(旧Twitter)

  • Re就活だけはお勧めしません!

    出典:X(旧Twitter)

  • 事務系だったら女の転職ってとこいいよー! あとRe就活はメール多くて電話やたらかかってくるから あんまおすすめしない!

    出典:X(旧Twitter)

  • ご経験とか今後のご希望にもよるので一概には言えませんが、恐らくお若い方だと思うので、Re就活とかアサインとかですかね。 大手の転職エージェント系も間違いないですが、企業的には紹介料が高くなるので、若い未経験の方を取るとなると若干絞られてしまうのが少しネックですね。

    出典:X(旧Twitter)

  • Re就活っていうエージェント使い始めたとこなんだけど、私の担当者が既読無視してるのよ、どういうこと☺︎ 追加メッセージは既読にすらならないし、適当すぎない?

    出典:X(旧Twitter)

  • そうそう。ハロワは無料で掲載できるので求人の質も悪いです。ハロワの面接練習は利用するのはいいかもですが。求人はDODAやre就活等のサイトで探すのが個人的にはいいと感じました。 また、タウンワーク等の求人誌での職探しはおすすめしません。面接でセクハラ質問受けたりしましたから😓

    出典:X(旧Twitter)

  • Re就活入れてみたけど、あんまり使えないかもなー 年収安いし希望職種じゃないし…ってところばっかり😣

    出典:X(旧Twitter)

  • Re就活、内定決まりました。 11/21から勤務なので、それまでに就業に必要な雑務を片付けて、Illustratorの技術を少しでも学んでおこうと思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • re就活で年間休日120日以上、土日休、完全週休二日制、で検索したら30件に減って草 大阪で検索かけてて30は少なすぎない? しかも会社じゃなくてキャリアサポート?的な所しか出てこん

    出典:X(旧Twitter)

  • Re就活は都心の求人ばっかで使えません

    出典:X(旧Twitter)

  • Re就活登録してたらスカウト来た(いまさら?) 転職しようかなw

    出典:X(旧Twitter)

  • Re就活、求人見てもほぼITエンジニアなのちょっと... 営業とかはやりたくないし どうしよう

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分はRe就活というアプリでやってみたのでご参考になれば🙏 Web履歴書自分の写真載せなくても自分は内定までもらえたので文字だけでも勝負できるのでふぁいとです🙏

    出典:X(旧Twitter)

  • Re就活でどしどし応募だ 年内中には決めたいね

    出典:X(旧Twitter)

  • 終わりじゃないですよ!入ってみないと、分からないことだらけですし、若いので、全然やる気があればいけます! 私も職歴半年の23卒ですが、次見つかりました! エージェント経由ではなく、マイナビやre就活などで自分から応募してみたら、 意外と面接まで行けます🙂

    出典:X(旧Twitter)

  • [20代専門]転職サイト「Re就活」が、「20代が選ぶ20代向け転職サイト」5年連続No.1を獲得! より

    出典:X(旧Twitter)

  • 明日は建設会社の事務の面接いってきます Re就活 書類選考免除 面接1回のみ 対戦よろしくお願いします👊

    出典:X(旧Twitter)

  • 何がプロに相談だよ、条件聞いてきといて相談したいっていうのを含めて返事送ったらそれさえ無視して2回も面談一方的にキャンセルしたのはどこのどいつ? Re就活エージェントほど信用ならんエージェントはないわ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 大学中退ニキはre就活で就職決めたポヨ

    出典:X(旧Twitter)

  • 正社員になるための求人を見ているがRe就活のスカウトがみんなホワイト

    出典:X(旧Twitter)

  • ハロワは言わば合法的な闇バイト斡旋企業だと実際に使用したことある経験から言わせてもらう。つまりハロワ行けとか言う奴らも犯罪に協力していると同義だよ。DODA、Re就活、リクナビ転職等を使用した方が良いし勧めた方がいい。タウンワークやはたらいく等の求人誌も駄目、セクハラ質問される。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今利用中のエージェント doda→エージェントは業界職種知識豊富だが法務系の求人はそこまで多くなく書類通過率も渋い リクルートエージェント→エージェントは優秀。法務求人多く現状1番期待できる Re就活→エージェントの人柄がよく、求人数は少ないが良い所を紹介してもらっているところ 続く

    出典:X(旧Twitter)

  • Re就活エージェントほんと微妙な求人しか送ってこないんだけどお前が微妙な人材だからでは??みたいな納得感もあり、大変苦しい

    出典:X(旧Twitter)

  • Re就活すごく久々に開いて見たらスカウト来てて泣いた

    出典:X(旧Twitter)

  • Re就活の何がすごいって企業block機能がないから職務要約に記載する内容注意して書かないと普通に在籍中の企業にバレるところだよね! 何もかけないwwww

    出典:X(旧Twitter)

  • ちなみに、転職博に参加する際の服装について 「スーツ推奨ですか?」とよくご質問をいただくのですが 【服装自由】で問題ないです! ジャケット不要、スニーカーもOK。 スタッフたちもスーツではなくオフィスカジュアルなので、ご安心ください👕

    出典:X(旧Twitter)

  • やっぱりインディードとかリクナビ、マイナビ、RE就活、求人ボックス等利用しています! サイトというよりは同じ地域、県内で探すとなるとジョブカフェがおすすめです😄 一応20代から40代の方々に紹介しているのとカウンセリングもあるので、環境と条件にあった求人を紹介してもらえます!

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビとリクナビにたよりまくりまっせ リクルートエージェントは書類選考がリクルートエージェント内でされててあんまり通らんです🥲 re就活は求人がマイナビと対して変わらないです、、

    出典:X(旧Twitter)

  • Re就活、福岡に勤務地設定した瞬間仕事が一気に減る😭

    出典:X(旧Twitter)

  • 明日明後日でRe就活の転職フェアがありますね。 僕自身良く行くフェアです。 色んな会社が参加してるので 特に転職先を決めきれてない人は 参加してみるのもありだと思います。 またスタッフや人事の人と話すことで 動向等情報収集が出来ますので 積極的に声をかけるのをオススメします!

    出典:X(旧Twitter)

  • Re就活、固定残業代ある求人ばっかり

    出典:X(旧Twitter)

  • / #カジュアル面談 で応募された方に \ 【事前準備】でどれだけ企業理解が深まるか変わってきます! ①会社概要を知る ②質問を用意 ※面談だからこそ聞ける質問(人柄、エピソード…) ③キャリアの棚卸・価値観を整理 なぜ転職?やりがいは? カジュアル面談活用法は👇

    出典:X(旧Twitter)

  • 『転職するか現職か』 自分と向き合い転職を決められたOさん ◎仕事を頑張れば社内評価は上がるけど ◎社外からの評価は大きくプラスにならない ◎自分にとってプラスになる環境を ◎第二新卒転職のポイントを理解するためにエージェントを活用 Oさんの転職実例レポートは👇

    出典:X(旧Twitter)

  • // Re就活新機能 『#カジュアル面談』リリース🎉 \\ 選考合否関係なく ーーー ①担当者と応募者が気軽に情報交換 ②選考に進むかどうか決める ーーー の流れで応募できるようになりました! 志望理由が固まっていなくてもOK👌 ▼ミスマッチ防止にも是非ご活用ください!

    出典:X(旧Twitter)

  • 20代転職で重要な 【#キャリアプラン】 の立て方② ❸叶えたい将来像を描きだす ・尊敬する人/理想像 ・働く上で大切にしたいこと ・なっていたくない自分像 ❹将来像実現までの計画を立てる ・❸を叶えるために、今不足していることを洗い出す ・逆算して1~3年後の目標・行動計画

    出典:X(旧Twitter)

  • 20代転職で重要な 【#キャリアプラン】 の立て方① ❶過去を振り返り ・好き/得意なもの ・エネルギーが沸いた時 ・熱中した時 ・自分の心が大きく揺れ動いた時 ❷仕事上のスキルや強みを洗い出す ・結果を残せた経験 ・そこで活かせたスキル・強み

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分が現役でRe就活 使ってた時ありました。正社員なのに派遣みたいなやつ。ITとか服屋とか携帯ショップとか。怪しかったんで受けなかったです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分はエージェントはre就活だけ 使って、あとは 転職サイト (マイナビ リクナビ) で 自分で見つけて 就職した。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職リシュウカツのアプリ使ってエージェントさんと連絡とって何社か実際に面接受けたんだけど、それ以降連絡来なくなったw 結果だけでも教えて欲しかったなー。 面接だけ受ければもう用がないんだって感じて悲しかったわ 地道に自分で探そ。 #Re就活

    出典:X(旧Twitter)

  • やべぇよ re就活の求人票見てるけど、 検索候補で「やばい」って出てくるやつばっかりなんやが

    出典:X(旧Twitter)

  • え、8年前からre就活ってあったんですね笑 てっきりここ数年で出来たものだと思ってました、、笑 ボロクソ言われるって普通にやばいですね、、、 やっぱ大手じゃないから求人の数とかが少ないから蹴った求人とか被るがあるんでしょうね、、

    出典:X(旧Twitter)

【タイプ別】第二新卒におすすめの転職サイト

目的別に第二新卒のおすすめ転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

1.未経験に挑戦したい第二新卒におすすめの転職サイト

UZUZ(ウズウズ)

UZUZ(ウズウズ)

口コミ:UZUZ(ウズウズ) 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://uzuz.jp/

第二新卒の未経験におすすめの転職サイトが『UZUZ』。

UZUZは20代の中でも第二新卒や未経験に特化した転職エージェントです。

 担当してくれる転職エージェントが全員20代の第二新卒であること が他社との大きな違いになっており、20代のキャリア相談に面談でしっかりと対応してくれます。

第二新卒に特化しているため、求人も20代前半の第二新卒がメインです。大手からベンチャーまで扱っていて、長い目で相談に乗ってくれます。転職サイトで求人やキャリアに迷ったらまず相談に行ってみると良いです。

出典:公式サイト

キャリアスタート

キャリアスタート

口コミ:キャリアスタート 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://careerstart.co.jp/

第二新卒の未経験におすすめ転職サイトが『キャリアスタート』。

第二新卒の未経験などの経験の浅い20代に特化した転職エージェントです。

転職エージェントとしては10年以上の実績があり、自分に合った仕事がわからない人でも、独自の適性診断によって求人を紹介してもらえます。

また、無料でもらえる転職のノウハウが詰まったオリジナルbookには、転職成功者1万人の声が書かれており、転職する上でやるべきことがまとめられています。第二新卒での転職を考える人におすすめの転職エージェントです。

出典:公式サイト

キャリアスタートの口コミ評価

  • 23歳・男性
    20代向けの求人サイトと聞いたので利用してみました。若手向けに幅広く求人を紹介いただけたり、専任のアドバイザーがマンツーマンでサポートいただけて非常に助かりました。分からないことだらけではありましたが、キャリアスタートのお陰で無事転職をすることができました。

JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)

口コミ:JAIC(ジェイック) 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://www.jaic-college.jp/

JAIC』は、テレビ番組「おはよう日本」や「ガイアの夜明け」「ニュースZEROなどに取り上げられ、厚生労働省から「職業紹介優良事業者」に認定されている第二新卒に強い転職エージェントです。

JAICの最大の特徴は、営業職の未経験や第二新卒に特化している点です。JAICが行う「就職カレッジ(旧営業カレッジ)」という研修があり、ビジネスマナーや営業の基礎を学ぶことができるプログラムです。この研修を受講すると、JAICが厳選した企業のうち20社に書類選考なしで面接まで進むことができます。

第二新卒で転職を考える人におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

第二新卒の窓口

第二新卒の窓口

口コミ:第二新卒の窓口 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://www.honesty-g.com/nv_startlp2_af/

20代前半や未経験の転職者におすすめなのが『第二新卒の窓口』。

第二新卒の窓口は、20代に特化した転職エージェントです。金融業界で培われた転職サービス実績をもとに、若年層のキャリア相談実績を積み上げてきています。

第二新卒や未経験者向けの求人など約10,000社を超える求人の中から「ホワイト企業の求人が良い」といった要望を伝えることで、希望に沿った求人を紹介してもらえます。

プロのアドバイザーから転職サポートや転職後のキャリア相談も受けられるので、未経験の転職で不安を抱えている人は一度話を聞いてみることをおすすめします。

出典:公式サイト

第二新卒の窓口の口コミ評価

  • 20代なら見てほしい。「第二新卒・高卒だけど自分にあった会社に転職できるかな?」と悩む人が多すぎる。そんな方々には”第二新卒の窓口”がおすすめ。フリーランスから正社員になりたい人にもオススメのホワイト企業がご紹介できるかも。まず気になる方はこちらから→ #ad

    出典:X(旧Twitter)

  • あとハロワは若い人は無料カウンセリングとか第二新卒向けのだったり色々支援ありますよ! 若者相談窓口とかいくといいっす 職業訓練は公共かであれば3ヶ月とか2年の介護福祉士とかお金もらいながらいけます

    出典:X(旧Twitter)

  • つぎからはやっぱり新卒第二新卒向けの窓口行ってきます 途中で立って帰らず話を聞けただけ成長した……

    出典:X(旧Twitter)

  • まだ第二新卒扱いだからハロワ行くと学卒窓口に通されるんだけど窓口の人複数応募すると嫌そうな反応するからやだよ〜〜

    出典:X(旧Twitter)

  • ハローワークは知っているけど、新卒って?学生の方・既卒3年以内・中退者の方々の専門の窓口です。書類添削、企業に合わせカスタマイズした模擬面接など、支援メニューは豊富です!今オンラインの面接が増えていますがオンラインでの練習もOKです。是非ご利用してみてください。#23卒 #第二新卒

    出典:X(旧Twitter)

  • ハロワ第二新卒窓口の方初めて行ったら優しいおじちゃんが色々企業候補探してくれるし職業経歴書とか添削やっちゃうよ!とか親身に話聞いてくれて感動しちゃった

    出典:X(旧Twitter)

  • 既卒とか第二新卒の扱いって難しい。都度対応だけど募集要項的には22新卒で受けられるけど明記はしていないので都度対応。 一応窓口はあるので、興味あれば相談してください!!!

    出典:X(旧Twitter)

  • 逆に3年以内であれば第二新卒枠で就職先を探せるから有利だったりしますぜ 3年縛りを真に受け過ぎると、第二新卒の期限(25歳以下・卒業後3年以内)を過ぎて再就職の窓口が減るんですよね(´・ω・`) 後、採用側からすると短期間に何度も転職してない限り2.3年で辞めててもあまり気にしないかと

    出典:X(旧Twitter)

  • 入社して1年目なら、第二新卒として会社を選べるので大丈夫ですよ。専門学校出だとお聞きしてるので、専門学校の就職案内窓口にいってみてください。もしかしたら斡旋して貰えますから☺️活動するのにも活力がいるので、まずはお仕事辞めてみて少しゆっくりしてみてください☺️

    出典:X(旧Twitter)

  • ハロワ来たけどさ~~~~新卒、第二新卒向けの窓口3つしかなくて、全部埋まってて、30分待ってる。年明けてすぐやし、しょーがないけど、あんまりかかるなら帰ろうかな

    出典:X(旧Twitter)

  • 高卒•第二新卒への 就職の窓口は広がりつつある 企業は若年層の人材を欲してる そして、 働き手が減ると言われてるので 焦ってる部分もあると思う! 動き続けて内定を掴み取ろう 諦めるのはまだ早い 転職先は増えていくはず

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は新卒がそこそこ厳しい時代に、就職はしたものの1年ちょっとで第二新卒使ったけど、新卒より第二新卒の方が窓口が広く感じられたな。競争してる感がなかったからかもしれんけど。

    出典:X(旧Twitter)

  • まぁ一応募集の窓口はまだ開けてるそうだから、第二新卒含めてまだ増える可能性はあるらしいけど

    出典:X(旧Twitter)

  • わかものこんにちはおしごといくと、第二新卒扱いで新卒窓口と一緒になるけれど、新卒のキラキラした若い待合スペースがまぶしくて、あっ、もうあの頃には戻れないんだなって思いました。これが黒に近いグレー企業に揉まれた後なのね…混んでるのもあって交渉して普通の担当のスペースに行っています。

    出典:X(旧Twitter)

  • 大卒以上は3年より長く勤めて辞めるより、3年以内で第二新卒で転職した方が窓口は広くて良い条件の会社が多いと思った。私は身体壊す前に早く辞めときゃ良かったと思った側です。〉RT

    出典:X(旧Twitter)

就職Shop

就職Shop

口コミ:就職Shop 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:11,000件以上(2024年2月21日現在)
【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

第二新卒やフリーターで未経験業界・業種ヘ転職を考える人におすすめなのが『就職Shop』。

就職Shopはリクルートが運営する転職サイトで、第二新卒や未経験歓迎の求人だけで約10,000社を超える企業の求人が掲載されています。

就職Shopの特徴に、書類選考をスキップして面接へ行けるというメリットがあります。すぐに面接に進むことができるため、未経験の転職でも内定まで効率的に行うことができます。選考対策も充実しているため、第二新卒で未経験の職種や業界への転職でも安心して利用することができるのでおすすめです。

出典:公式サイト

未経験におすすめの転職サイトもご覧ください。

2.女性の第二新卒におすすめの転職サイト

第二新卒の女性向けにおすすめの転職サイトをご紹介します。

マイナビ転職 女性のおしごと

マイナビエージェント(女性の転職)

口コミ:マイナビエージェント(女性の転職) 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/womanwill/

第二新卒の女性転職者で最も利用されていたのが『マイナビ転職 女性のおしごと』です。契約社員や経験年数が少ない、ブランクがある第二新卒の女性転職者であっても、多くの求人を見つけることができます。

また、マイナビ転職女性のおしごとは、企業の採用担当者と直接話せる転職フェアを定期的に開催しています。転職フェアでは多数の大手、優良企業が出展し、会場内でさまざまな企業の採用担当者や社員と話をすることができます。

第二新卒で初めて転職する女性の方や、履歴書などの書類の書き方・面接が不安な女性におすすめの転職サイトです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

口コミ:type女性の転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:9,752(2024年2月21日現在)
求人数増減:+76(先週比↑up)
【公式サイト】https://type.woman-agent.jp/

第二新卒の女性のキャリアに強いのが『type女性の転職エージェント』です。

「女性の転職エージェント」と謳っているだけあって、女性のキャリアについて熱心に取り組んでくれます。求人は日系大手から外資、中小など幅広く、第二新卒の女性向け求人も多くあります。条件の交渉などもかなり強めにやってくれます。

地方の求人には弱いので、地方への転職を考える場合には、リクルートエージェントなどの転職エージェントを使ったほうが良いです。

出典:公式サイト

LIBZ(リブズ)

LIBZ(リブズ)

口コミ:LIBZ(リブズ) 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:339(2024年2月21日現在)
求人数増減:±0(先週比→keep)
【公式サイト】https://career.prismy.jp/

LIBZ』は元リクルートの方が立ち上げた女性に特化した転職サイトです。

年収400万円以上の正社員案件を厳選して紹介してくれます。第二新卒の女性向け求人にも強く、しっかりとサポートしてくれます。

LIBZは「女性がワークライフバランスを大切にしながら活躍できる求人」をメインに扱っているため、働き方やキャリアを考えている女性の方は、ぜひ一度相談してみてください。

出典:公式サイト

※合わせて『女性におすすめの転職サイト』もご覧ください。

【職種別】第二新卒におすすめの転職サイト

職種別に第二新卒におすすめの転職サイトをご紹介します。

1.事務職におすすめの転職サイト

リクナビNEXT

リクナビNEXT

口コミ:リクナビNEXT 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:110,693(2024年2月21日現在)
求人数増減:-3,838(先週比↓down)
【公式サイト】https://next.rikunabi.com/

正社員で事務を志望する人におすすめなのが『リクナビNEXT』。

リクナビNEXTは、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営する転職サイトです。業界最大の求人情報から自分に合った求人を見つけることができます。

リクナビNEXTには「気になる求人を後でゆっくり見たい」「興味のある求人をリストにして管理したい」という人のために「気になるボタン」があります。気になった求人をリストにできるだけでなく、気になるボタンを押した企業からダイレクトでスカウトが来ることもあるため、転職活動を効率的に進めることができます。

また、「グッドポイント診断」を活用すれば、自分自身の強み・弱みを発見できるため、初めて転職活動する人にもおすすめです。

出典:公式サイト

2.看護師におすすめの転職サイト

ナース人材バンク

ナース人材バンク

口コミ:ナース人材バンク 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:22,098(2024年2月21日現在)
求人数増減:+38(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンク』は、年間10万人以上の看護師が利用する転職サイトです。登録者数が多いだけなく、利用者の約97%が満足している評判の良い転職サイトです。

全国に13拠点を持っているため、地域専任のキャリアアドバイザーから転職のサポートを受けることができます。地域の医療機関について熟知しているため、UターンやJターン、Iターン転職にも使うことができるのも特徴です。

求人数は約20万と看護師転職サイトの中では最大級の求人を保有しています。各都道府県ごとに1,000件以上の求人情報を掲載しているため、地方の転職にもおすすめです。

キャリアアドバイザーが専任でつき、給与や勤務条件、入職時期の交渉なども行ってくれるため、忙しい人にもおすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

3.IT・エンジニアにおすすめの転職サイト

リクルートエージェント×IT

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:375,537(2024年2月21日現在)
求人数増減:+5,413(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェント』は業界最大手ということもあり、IT業界の求人が豊富にあります。

職種はプログラマーから品質管理、社内SE、テクニカルサポート、組込み・制御エンジニアなどさまざまで、マネジメントポジションなどのハイクラス求人もあります。

リクルートエージェントの中には「リクルートエージェント×IT」というコンテンツがあり、ITエンジニア求人が約10万件掲載されています。掲載求人の約50%が年収800万円以上との条件となっており、非常にITに強い転職エージェントとなっています。

リクルートエージェントに掲載されている求人の約20%は大手企業の求人なので、安定した企業を志望する人におすすめです。

出典:公式サイト

【地域別】第二新卒におすすめの転職サイト

地域別に第二新卒におすすめの転職サイトをご紹介します。

北海道・札幌の転職サイト|キャリアバンク転職

キャリアバンク転職

キャリアバンク転職』は北海道の求人に特化した転職サイトです。札幌を中心に北海道で30年以上サービスを運営しています。北海道の各地域ごとに対応しているため、非常に多くの求人が掲載されています。

地元の大手企業との関係性が強いため、北海道における優良企業の求人を紹介してくれます。また、Uターン・Iターン転職も積極的に支援しているため、北海道への転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

【北海道】おすすめ転職エージェント6選』も合わせてご覧ください。

新潟県の転職サイト|にいがた就職応援団CAREER

にいがた就職応援団CAREER

にいがた就職応援団CAREER」は新潟県に特化した転職サイトです。

地元の大手企業との関係性が強いため、新潟における優良企業の求人を紹介してくれます。また、Uターン・Iターン転職も積極的に支援しているため、新潟への転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

【新潟】おすすめ転職エージェント7選』も合わせてご覧ください。

東京都の転職サイト|doda

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:237,109(2024年2月21日現在)
求人数増減:-1,680(先週比↓down)
【公式サイト】https://doda.jp/

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する「doda」は、転職者満足度No.1を獲得しています。

dodaは東京都の求人案件を企業・職種共に幅広く保有しています。他社と被らない好条件の求人も多いとの評判です。

また、コンサルタントに当たりはずれが少なく、初めての転職や他県から転居を伴う転職で不安がある人も、安心して相談できます。

出典:公式サイト

愛知県・名古屋の転職サイト|MUSUBU

MUSUBU

MUSUBU」は東海地区に拠点があり、愛知・名古屋の転職におすすめの転職サイトです。

大手転職サイトには掲載されていない、地場の優良企業・ベンチャー企業が多数掲載されているのも特徴です。

また、Uターン・Iターン転職も積極的に支援しているため、愛知・名古屋への転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

名古屋(愛知)おすすめ転職エージェント7選』も合わせてご覧ください。

大阪府の転職サイト|リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:375,537(2024年2月21日現在)
求人数増減:+5,413(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

大阪府の転職におすすめの転職サイトは『リクルートエージェント』です。リクルートエージェントも梅田に大阪支社を展開しています。

コンサルタントとの面談では、非公開求人をもらったり、面接対策などを受けることができ、内定獲得につながるようにきちんとサポートしてくれます。

出典:公式サイト

【大阪】おすすめ転職エージェント6選』も合わせてご覧ください。

福岡県の転職サイト|ACR

ACR

ACR』は福岡の求人に特化した転職サイトです。九州で55年以上サービスを運営しています。福岡の各地域ごとに対応しているため、非常に多くの求人が掲載されています。

地元の大手企業との関係性が強いため、福岡における優良企業の求人を紹介してくれます。また、Uターン・Iターン転職も積極的に支援しているため、福岡への転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

【福岡】おすすめ転職エージェント6選』も合わせてご覧ください。

沖縄県の転職サイト|ジョブアンテナエージェント

ジョブアンテナエージェント

ジョブアンテナエージェント』は、沖縄に拠点を置く地域密着型転職サイトです。

比較的新しい転職エージェントなので企業とのパイプはあまりないですが、ジョブアンテナエージェントはWeb会社の琉球インタラクティブが運営するサービスであるため、IT業界への転職を強みとしているのはもちろん、ベンチャー企業への転職サポートも得意としています。

出典:公式サイト

【沖縄】おすすめ転職エージェント5選』も合わせてご覧ください。

転職サイトと合わせて見るべきサイト

第二新卒での転職に失敗しないためにも情報収集は大切です。転職サイトや転職エージェントの情報だけでは「第二新卒でこの会社に転職して大丈夫かな?」と不安があると思います。

その際に参考となるのが その企業で働いている人の口コミと自分の市場価値 です。下記のサイトで確認してみてください。

1:ミイダス

ミイダス

口コミ:ミイダス 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
口コミ社数:424,950社(2024年2月21日現在)
【公式サイト】https://miidas.jp/

第二新卒での転職で「自分にどれくらいのオファーがもらえるのか?」を『ミイダス』で調べることができます。第二新卒の転職で提示されるオファー年収や、どれくらいの年収で転職するべきかというラインの参考になります。

いくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人のレベルがわかるので、第二新卒における自分の価値を知っておくと良いです。第二新卒での転職における年収は、後のキャリアにおいても重要なので、まずはやってみることをおすすめします。

出典:公式サイト

2:転職会議

転職会議

口コミ:転職会議 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:412,850(2024年2月21日現在)
求人数増減:+2,126(先週比↑up)
【公式サイト】https://jobtalk.jp/

転職会議』は転職サイトと合わせて必ず見てました。転職サイトに掲載されている企業のほとんどが網羅されおり、20代など若手の投稿も数多く見られます。

どれくらい信憑性があるかはわかりませんが、少なからず参考になるので見ておいて損はないです。正社員だけでなく、派遣社員や契約社員の投稿も多くあるので、そちらも参考に見てみると良いです。

出典:公式サイト

3:OpenWork

OpenWork

口コミ:OpenWork 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:64,674(2024年2月21日現在)
求人数増減:+106(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.vorkers.com/

組織の状況や給与などについて詳しく書かれていて、個人的に信憑性が高いと思っているのが『OpenWork』です。

転職サイトや転職エージェントから教えてもらう年収は今時点の年収しかわからないため、僕はOpenWorkで入社後の年収の上がり方や社風を調べて参考にしていました。第二新卒のキャリアを考える上で、転職サイトと合わせて見ておくと良いです。

出典:公式サイト

4:ライトハウス

ライトハウス

口コミ:ライトハウス 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
口コミ社数:377,918社(2024年2月21日現在)
【公式サイト】https://en-hyouban.com/

ライトハウス』はエン・ジャパン株式会社が運営する転職者向けの企業口コミや評判が掲載されている口コミサイトです。

2020年6月に「カイシャの評判」から「ライトハウス」へ名称変更し、日本全国の企業35万社超の口コミが掲載されており、日本最大級の口コミ・評判プラットフォームとなっています。

転職サイトや転職エージェントを展開するエン・ジャパン独自の調査による企業データによる比較や、企業評価の可視化など、企業に関する知りたい情報が口コミをベースにまとめられています。

利用者も多く、日本全国の企業について実際の社員や元社員のリアルな口コミを見ることができる、と高い評価を得ています。

出典:公式サイト

5:JobQ

JobQ(ジョブキュー)

口コミ:JobQ(ジョブキュー) 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://job-q.me/

JobQ』は匿名でキャリアや転職に関する相談ができる無料のサービスです。企業の人事経験者や転職エージェントなどから回答をもらうことができます。

「第二新卒におすすめの転職サイトはどこか」「どの業種に転職するのがおすすめか」など、さまざまな質問や相談をすることができるため、転職を考える人におすすめです。相談や口コミの投稿数は約7万件を超えているため、過去の相談内容を検索するだけでも得られる情報は多いです。

メールアドレスなどを入力するだけで利用できるため、転職活動の悩みを解消したい第二新卒におすすめです。

出典:公式サイト

第二新卒向けの転職支援サービス

転職サイト以外でおすすめの公的支援サービスをご紹介します。

1:ハローワーク

ハローワークインターネットサービス

口コミ:ハローワークインターネットサービス 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:1,233,416(2024年2月21日現在)
求人数増減:+67,137(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.hellowork.mhlw.go.jp/

ハローワーク(公共職業安定所)』は、求職者に対して、さまざまなサービスを無償で提供する厚生労働省運営の総合雇用サービス機関の転職サイトです。

全国に500カ所以上の窓口があり、豊富な求人情報をもとにした「職業紹介」のほか、「雇用保険」「雇用対策」などの国の制度と組み合わせて、地域のさまざまなニーズに応える雇用支援が実施されています。

2:わかものハローワーク

わかものハローワーク』は、全国22カ所で正社員を目指す若者(概ね35歳未満)の就職支援を行っているサービスです。

就職支援ナビゲーターが個別支援を行い、職業相談や紹介、応募書類の添削、セミナー受講などの無料で受けることができます。求人情報の検索だけでなく、就職後のフォローや職業訓練なども受けることができます。

3:ジョブカフェ

ジョブカフェ

口コミ:ジョブカフェ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://www.tokyoshigoto.jp/young/job_cafe/

「若年者のためのワンストップサービスセンター」の通称が『ジョブカフェ』です。自分に合った仕事を見つけるためのさまざまなサービスを無償で受けることができます。

ジョブカフェは、各都道府県のハローワーク(一部出張所あり)に併設されており、地域の特色を活かした就職セミナーや職場体験、カウンセリングや職業相談、職業紹介などさまざまなサービスを受けることができます。

4:サポステ

サポステ

口コミ:サポステ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://saposute-net.mhlw.go.jp/

サポステ』は、厚生労働省が運営する就職・転職支援機関で、正式名称は地域若者サポートステーションです。

コミュニケーション講座や職業体験、ビジネスマナー講座、パソコン講座など、就職や転職に必要な能力やスキルを身に着ける講座を行っています。

「働きたいけど、どうしたらよいのかわからない」「働きたいけど、人間関係のつまずきで退職後、ブランクが長くなってしまった」など、働くことに悩みを抱えている人の就労を支援しています。

全国に177の拠点があるので、利用したい方は地元の拠点を検索してみてください。

第二新卒向け転職サイトの選び方

第二新卒向けの転職サイトにおける選び方をご説明します。

転職サイトの選び方を間違ってしまうと、よりよい求人を見つけることが難しくなります。転職サイトを使う前に、自分に合った転職サイトを選ぶようにしてください。転職サイトを選ぶ際のポイントとしては以下の3つが挙げられます。

1.求人数の多い転職サイトを選ぶ

第二新卒の転職は数多くの求人を見たほうがよいので、求人数の多い総合転職サイトを使うのがおすすめです。dodaリクナビNEXTが代表的な転職サイトです。

まずは数多くの求人を見て、その中から自分に合った求人を選ぶことが転職する上では大切なので、各転職サイトの求人数を見ておいてください。

2.第二新卒に特化した転職サイトを選ぶ

転職サイトには、特定の業界や職種に特化した転職サービスがあります。特に第二新卒の転職には特化型の転職サイトを選ぶのがおすすめです。マイナビジョブ20’sキャリアスタートは第二新卒に特化した転職サービスと言えるでしょう。

第二新卒で転職したい業界や職種が既に決まっている場合や、業界や職種に特化している転職サイトもおすすめです。これらの転職サイトには希望に近い求人情報がより多く集まっていることから、よりよい求人に出会える可能性が高いです。3.

3.エージェント機能のある転職サイトを選ぶ

転職サイトの中には、転職エージェント機能を持った転職サイトもあります。dodaなどがエージェント機能を持った転職サイトです。

転職エージェント機能を持っているサイトを使うことで、非公開求人を見つけることができるため、より質の高い求人を見つけることができるようになります。また、書類の添削や面接対策もしてもらえるので、第二新卒の転職においてはエージェント機能のある転職サイトを選ぶことをおすすめします。

第二新卒が転職するメリット

第二新卒で転職をするメリットについてご紹介します。

1.未経験でも業界や職種を変えて転職できる

未経験での転職の場合、未経験業界や職種も選択肢として持つことができます。第二新卒の場合、「第二新卒歓迎」や「未経験歓迎」の求人が多数あり、ポテンシャルを重視されるため、これまでのキャリアで経験がなくて、挑戦できる可能性があります。

2.第二新卒を率先して採用する企業がある

第二新卒の転職市場では、第二新卒を率先して採用する企業があります。

「新卒採用は教育コストがかかる」「中途採用が採用難度が高い」と考える企業は、優秀な人材を第二新卒で採用しようと考えています。そのため第二新卒のほうが有利になる場合があります。第二新卒で転職する大きなメリットといえるでしょう。

3.年収アップできる可能性がある

第二新卒の転職では、企業にもよりますが、年収アップできる可能性があります。なかでもIT企業は人手不足の傾向があり、第二新卒であっても高めの給料で採用する場合があるので、転職で年収を上げたい人におすすめです。

第二新卒が転職するデメリット

第二新卒で転職する際のデメリットについて解説します。

1.早期離職すると思われてしまう

第二新卒の転職で最も大きなデメリットは「すぐに辞めるのでは?」と思われてしまうことです。

早期退職されてしまうと採用コストが無駄になってしまいます。前職を短期間で離職している人ほど「またすぐやめてしまうのではないか」と警戒されてしまいます。きちんとした退職理由を伝え、企業側の不安を払拭しましょう。

2.スキルが不足している

第二新卒の転職ではスキル不足が懸念されることがあります。企業によっては即戦力や実績を求められるため、第二新卒では厳しい可能性もあります。

また、第二新卒はキャリアが短いため、スキル不足で応募できない求人などもあります。「営業経験3年以上」と求人票に書かれている求人などには応募することができません。

第二新卒の転職では、経験よりポテンシャルを求めている企業や、未経験歓迎、第二新卒歓迎という求人を探すようにしましょう。

転職サイトを利用する流れ

転職活動の進め方

転職サイトの流れは大きく5つです。

【転職サイトの登録の流れ】
STEP1. 自己分析をする
STEP2. 転職サイトに登録をする
STEP3. 応募書類を作成する
STEP4. 求人に応募する
STEP5. 企業との面接・内定

1.自己分析をする

まずはじめに自己分析をします。求人を探す前に、自分がどのようなキャリアを歩みたいのか、今後どうなりたいのか、希望年収、希望勤務地、福利厚生など、自分が希望する条件を書き出してみてください。

その際、すべてを叶えることは難しいので、自分の中で譲れる条件と譲れない条件を分けておくのがおすすめです。こうした条件をもとに、求人検索する条件を見極めていきます。

自己分析には「リクナビNEXT」の中にある「グッドポイント診断」を利用してみてください。グッドポイント診断は、リクルートが持つキャリア開発のノウハウを活かして提供している、約30分でできる本格的な診断サービスです。

ビジネスパーソンが持っている強みを18種類に分類し、そのうちあなたに当てはまる5つを発見することができます。診断は無料なので、まずはこちらで自己分析をしてみてください。

2.転職サイトに登録する

自己分析が終わったら転職サイトに登録します。本記事でおすすめした転職サイトに登録し、自分が希望する求人を検索していきます。

転職サイトでは、勤務地や年収、職種、業界、働き方など、さまざまな条件を入力して検索することができます。総合型の転職サイトで数多くの求人を見た後に、特化型の転職サイトで業界を絞って求人を探していくのもおすすめです。この段階ではとにかく多くの求人を見ることを心掛けてください。

リクナビNEXTの調査によると、転職サイトに登録している人の平均登録サイト数は2.1社ですが、転職決定者は約2倍の4.2社の転職サイトへ登録しています。多くの転職サイトに登録するほうが、転職活動を効率的に進めることができます。まずはじめは、数多くの転職サイトに登録することをおすすめします。

3.応募書類を作成する

自分が気になる求人を見つけたら、受かるか受からないかは別としてとにかく応募してください。入社するかどうかは内定後した後に考えればよいので、とにかく応募数を増やすことが大切です。

応募書類は主に履歴書と職務経歴書です。エンジニアやデザイナーはポートフォリオやスキルシートなども合わせて提出しておくのがおすすめです。

職務経歴書の書き方については転職の専門家が教える“戦略的”職務経歴書の書き方(無料テンプレート付)で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。職務経歴書のサンプルもおいているので、ダウンロードしてそのまま利用できます。

無料で利用できる職務経歴書のテンプレートもあります。リクルートエージェントの中にある「職務経歴書エディター」や「職務経歴書フォーマット」を利用すると無料で書類を作成できるのでおすすめです。書き方についても詳しく解説されているので、応募書類の書き方に困ったら見てみてください。

4.求人に応募する

履歴書や職務経歴書を揃えたら求人に応募してください。応募ボタンを押して、添付書類を送れば完了です。

応募すると企業からDMが届きます。おおよそ7日~10日の間で企業から書類選考の結果が届くので、それまではほかの企業の求人を探してみてください。

マイナビの調査によると、各年代別の応募社数平均は8.4社です。年齢が上がると増える傾向にあります。第二新卒である20代前半は6.3社へ応募しています。

各年代別の応募社数平均
~19歳 4.1社
20〜25歳 6.3社
26〜30歳 7.1社
31〜35歳 8.2社
36〜40歳 8.7社
41〜45歳 10.1社
46〜50歳 12.1社
51〜55歳 14.5社
56〜60歳 14.5社
61歳以上 15.2社

5.面接・内定

書類選考に通過すると、面接へ進みます。おおよそ3回~5回の面接で内定になります。

マイナビ転職の調査によると、転職活動を行って内定を得た人の書類選考通過率は30%、そこから一次面接を通過する確率が30%、その後最終面接を通過し、内定を得る確率は50%とのことです。

これらのデータからみると、転職活動では1社に応募するのではなく、複数の企業に応募するのが重要なポイントになると思います。選考通過率から考えても、内定を得るためにも6~10社は応募しておくと良いです。

複数の企業に応募し、面接を受けるにはそれなりに時間がかかります。転職活動はおおよそ3カ月を見ておけば終えられると思います。

第二新卒向け転職サイトの活用方法

第二新卒の転職で成功するための転職サイトの活用方法についてご紹介します。

1.複数の転職サイトを利用する

第二新卒の転職活動では、幅広い求人を見ることが大切です。自分の業界だけでなく、別の業界なども見ておくとキャリアの選択肢が広がります。

転職サイトで同じ業界や職種だけを検索するのではなく、自分の知識や経験を活かせる別業界・別職種の求人などを見ておくと第二新卒でキャリアは大きく広がるのでおすすめです。また、一つの転職サイトで求人を見るのではなく、複数の転職サイトに登録しておくと、より幅広い求人を見ることができるのでおすすめです。

2.履歴書や経歴書を添削してもらう

転職サイトに登録する際に必ずプロフィールを入力しますが、このプロフィールを第三者に添削してもらうことをおすすめします。

キャリアが浅い第二新卒はアピールするポイントが多くないため、どのようなポイントを伝えるべきか悩むと思います。企業はあなたのプロフィールを見て面談やスカウトをしてくるので、書類をきちんと書いておく必要があります。

履歴書や職務経歴書の添削は転職エージェントであれば無料で行ってくれます。上記でおすすめした転職エージェントに登録して添削をしてもらうことをおすすめします。

3.転職サイトのスカウトメールを使う

転職サイトに登録するとスカウトメールが届きます。第二新卒の自分にはどんな求人が届くのかをきちんと把握しておくことで、自分の市場価値がわかります。

自分は市場価値が高いと思っていても企業からオファーが来ないこともあるので、社内評価と市場評価を切り分けて考えるようにしてください。

このあたりについては、転職サイトtypeの『転職アンテナ』motoが教える20代の勘違い転職5つのこと「大手企業出身、新人MVP……その肩書き“だけ”では戦えない」というインタビューで答えているので、合わせて読んでみてください。

第二新卒の転職を成功させるコツ

第二新卒の転職を成功させるポイントをご紹介します。

1.転職目的を明確化させる

第二新卒の転職を成功させるためには、転職の目的を明確化させましょう。

「なんとなく今の職場をやめたい」「給与が少ない気がする」といった、明確な理由がない状態で転職すると、また早期退職してしまう可能性があります。早期退職が続くとその後転職が厳しくなるため、このあたりはしっかり考えましょう。

また、転職目的に優先順位をつけておくのもおすすめです。転職で改善したいもの順番を、給料、職場環境、福利厚生、ライフワークバランスなどの観点から順位付けしておくと、何を基準に転職先を選ぶべきか明確化されます。

2.将来性の高さをアピールする

第二新卒の転職を成功させるには、将来性の高さをアピールすることも重要です。

第二新卒を採用する企業は、あなたのポテンシャルに期待して採用することが多いです。今はスキルが低くても、3年後、5年後に活躍できる人材になる素養がある、という点をアピールするようにしてください。

また、資格やセミナー、勉強会、副業など、自分がやっていることを伝え、向上心があることをアピールするのもおすすめです。

3.志望企業の選択肢を幅広く持つ

第二新卒の転職者は数が多く、未経験歓迎や第二新卒歓迎の求人には多くの応募が集まります。そのため、採用倍率が高くなります。そのため応募する求人を絞りすぎてしまうと、応募してもうまくいかないことがあります。

第二新卒の転職では、第二新卒歓迎と書かれていない求人であっても、第二新卒を採用してることが多いです。未経験歓迎や第二新卒歓迎という求人以外にも、応募する企業を幅広く見ておくことが転職成功につながります。

第二新卒の転職に失敗しないためのポイント

第二新卒の転職で失敗しないための転職サイトの使い方についてご紹介します。

1.複数の大手転職サイトを利用する

第二新卒の転職活動では、幅広い求人を見ることが大切です。自分の業界だけでなく、別の業界なども見ておくとキャリアの選択肢が広がります。

大手転職サイトには数多くの求人が掲載されているため、同じ業界や職種だけを検索するのではなく、自分の知識や経験を活かせる別業界・別職種の求人などを見ておくと第二新卒でキャリアは大きく広がるのでおすすめです。

また、1つの転職サイトで求人を見るのではなく、複数の大手転職サイトに登録しておくと、より幅広い求人を見ることができるのでおすすめです。

2.履歴書や経歴書を添削してもらう

転職サイトに登録する際に必ずプロフィールを入力しますが、このプロフィールを第三者に添削してもらうことをおすすめします。

キャリアが浅い第二新卒はアピールできるポイントが多くないため、どのようなポイントを伝えるべきか悩むと思います。企業はあなたのプロフィールを見て面談やスカウトをしてくるので、書類をきちんと書いておく必要があります。

履歴書や職務経歴書の添削は、転職エージェントであれば無料で行ってくれます。本記事で紹介した転職エージェントに登録して添削をしてもらうことをおすすめします。

3.転職サイトのスカウトメールを使う

転職サイトに登録するとスカウトメールが届きます。第二新卒の自分にはどんな求人が届くのかをきちんと把握しておくことで、自分の市場価値がわかります。

自分は市場価値が高いと思っていても企業からオファーが来ないこともあるので、社内評価と市場評価を切り分けて考えるようにしてください。

このあたりについては、転職サイトtypeの『転職アンテナ』motoが教える20代の勘違い転職5つのこと「大手企業出身、新人MVP……その肩書き“だけ”では戦えない」というインタビューで答えているので、合わせて読んでみてください。

第二新卒の転職における注意点

第二新卒の転職活動は、下記の3つのポイントを意識してみてください。

1.退職前に転職活動をする

転職先が決まる前に現職を辞めるのは、よっぽどのことがない限りやめておいたほうが良いです。需要があるのはあくまで「第二新卒」であり「職に就いていない若手」ではありません。

また、転職先が決まる前に辞めてしまうと、お金や心の余裕がなくなり「転職すること」がゴールになってしまいます。第二新卒の転職に失敗すると、その後のキャリアに響くため、現職に在職しながら転職活動することをおすすめします。

2.退職理由をネガティブなものにしない

退職理由について、職場の人間関係や年収などのネガティブな理由を上げてしまうと、求人を出している会社の人事に「何かあったらまた辞めてしまうのでは?」と懸念されてしまう可能性があります。

退職理由については「自分として○○を実現したいが、今の会社では実現できないため」など前向きなものにするのがおすすめです。第二新卒はキャリアが浅いため「またすぐに辞めてしまうのでは?」という懸念をされがちなので、ポジティブな退職理由を伝えるようにしてください。

面接対策に不安な人は「面接対策におすすめな本」も合わせて読んでみてください。

3.転職先で譲れないポイントを明確にしておく

第二新卒は初めての転職の人が多く、転職エージェントの言いなりになってしまいがちです。転職で失敗しないためにも、譲れないポイントを明確にしておいてください。

「年収は400万円以上がいい」「職種は○○がいい」「勤務地は○○がいい」など転職エージェントに詳細を伝えて、自分に合った求人を出してもらうと効率も良いですし、ミスマッチも減ると思います。

転職エージェントは決まりやすい求人を出してくることもあるので、口コミサイトなども見ることで企業情報を精査するようにしてください。

第二新卒の転職は今後のキャリアに大きく影響してくるので、焦らずしっかりと考えて転職活動をしましょう。

第二新卒の転職はやめとくべき?その理由を解説

第二新卒での転職はネガティブに捉えられることがあります。これについて解説していきます。

1.第二新卒はやめとけと言われる理由

第二新卒での転職はやめとけ、と言われる理由には、第二新卒の転職者に共通する2つの特徴が関係しています。

・社会人経験が浅く、スキルや経験が足りない
・すぐに退職してしまう可能性が高いと思われる

第二新卒の場合、経験年数が短いため、スキルや経験が不足している人材が多くいます。こうした点が転職に不利になる可能性は否めません。

また第二新卒と言われる3年未満で退職している場合、不満があるとすぐに辞めてしまうのではないかと思われることも要因としてあります。

このような点から「第二新卒の転職はやめとけ」と言われるようになっています。このあたりについては『第二新卒はやめとけ・やばいと言われる理由』をご覧ください。

2.第二新卒で大切なのはポテンシャル

しかし、第二新卒の転職は必ずしもやめた方がいいというものではありません。第二新卒を率先して採用している企業もあります。

第二新卒を求めている企業は、熱意やポテンシャルの高さを重視しています。スキルや経験がないという前提で「どんなことがしたいのか」や「将来どうなりたいのか」という熱意やポテンシャルを見ています。

経歴が豊富な人材を採用するより、若くてフレッシュな人材を雇う方が組織にとって良いと考える企業もあります。第二新卒における社会人経験の浅さはデメリットでもありますが、企業によっては「環境に慣れやすい柔軟な人材」というメリットとして見てもらえるので、第二新卒の転職は決して悪いものではありません。

第二新卒の転職でよくある質問

第二新卒の転職に関するよくある質問と回答をまとめておきます。

Q:第二新卒におすすめの転職サイトはどこですか?

A:『マイナビジョブ20’s』がおすすめです。20代の第二新卒に特化した転職サービスであるため、求人も豊富にあります。また、キャリアアドバイザーが第二新卒の転職ノウハウを持っているため、サポートも充実しています。

Q:第二新卒はいつまでですか?

A:第二新卒は一般的に「学校を卒業して3年以内に転職(就職)を希望している人のこと」を指します。「高校卒業後」ではなく「大学や専門学校、短大などを卒業してから3年以内の人」が第二新卒にあたるため、卒業後一度就職したのち、3年以内に転職する20代半ばの転職者が第二新卒にあたります。

Q:第二新卒で資格やスキルがなくても転職できますか?

A:資格やスキルがなくても第二新卒で転職は可能です。とはいえ、資格があるほうが転職に有利になる場合もあるので、積極的に資格取得をしておくほうが良いです。

Q:第二新卒で未経験業種への転職は可能ですか?

A:第二新卒でも未経験業種への転職は可能です。未経験でも募集を受け付けている求人の多い転職サイトを利用し、求人を探してみてください。

Q:転職サイトを使ってもうまくいかないときはどうしたらいいですか?

A:公的機関の支援サービスを利用してみてください。『わかものハローワーク』『地域若者サポートステーション』『ジョブカフェ』などがおすすめです。

第二新卒おすすめ転職サイト一覧

最後に、第二新卒の転職で役立つ転職サイトの比較表をご紹介します。求人数やエリアなどを各サイトごとに比較してみてください。

サービス名リクルートエージェントマイナビジョブ20’stype転職エージェントdodaマイナビ転職転職サイトGreen第二新卒エージェントneoハタラクティブMe+転職DYM就職Re就活エージェントミイダス転職会議OpenWorkライトハウスハローワークインターネットサービス
運営会社株式会社リクルート株式会社マイナビワークス株式会社キャリアデザインセンターパーソルキャリア株式会社株式会社マイナビ株式会社アトラエ株式会社ネオキャリアレバレジーズ株式会社JHR株式会社株式会社DYM株式会社学情ミイダス株式会社株式会社リブセンスオープンワーク株式会社エン・ジャパン株式会社-
公開求人数375,5375,8339,752237,10924,36829,134223,614非公開非公開12,020424,950社412,85064,674377,918社1,233,416
非公開求人数226,913非公開17,45042,154非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開
おすすめ度★★★★★★★★★★★★★★・★★★★★★★★★★★★★★★★★★★・★★★★・★★★・・★★★・・★★★★・★★★★・★★★★・★★★★★★★★・・★★★★★
利用料金無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料有料無料無料
対象年代20代~50代20代20代〜40代20代〜50代20代〜40代20代〜40代20代20代20代20代20代20代〜40代20代〜50代20代〜50代20代〜50代10代〜60代
種類転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職サイト転職サイト転職サイト転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職サイト口コミサイト口コミサイト口コミサイト求人サイト
エリア全国全国東京・神奈川・埼玉・千葉全国・海外全国全国全国北海道・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・岐阜・静岡・愛知・三重・京都・大阪・兵庫・広島・福岡全国全国全国・海外全国全国全国全国全国
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

(公開求人数、非公開求人数:2024年2月21日現在)

まとめ

第二新卒におすすめの転職サイトと活用方法をご紹介しました。

第二新卒の転職は、スキルや経験よりポテンシャルが重視されます。そのため転職サイトだけでなく、転職エージェントも活用するのがおすすめです。

転職サイトに登録し、第二新卒向けの求人を検索したり、転職エージェントに書類の添削や面接対策をしてもらうことが第二新卒の転職成功の近道になります。

あなたに合った転職サイトや転職エージェントを利用して、第二新卒の転職を成功させましょう。参考になれば幸いです。

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報