50代におすすめ転職サイト・転職エージェント13選|転職の専門家が徹底解説

50代におすすめ転職サイト・転職エージェント

50代におすすめの転職サイト・転職エージェントはどこなのか?

結論からお伝えすると、50代におすすめの転職サイト・転職エージェントは下記の2つがおすすめです。

■ 転職で年収を上げたい
『リクルートエージェント』

■ 転職を成功させたい
『doda転職エージェント』

50代の転職は厳しいと言われていますが、あなたに合った転職サイトを選んで活用すれば、転職成功率を大きく上げることが可能です。

しかし、50代の転職は転職サイトとの相性がかなり重要になります。転職先選びは管理職経験の有無、キャリアに自信があるかないかで大きく変わります。もし間違った求人を選んでしまったり、転職サイトに登録するだけで満足してしまうと、50代での転職成功は難しくなります。

本記事では、50代が登録すべき転職サイトの選び方、登録後の転職サイトの活用方法についてもお伝えしていきます。

目次

【転職の専門家】motoについて

moto

戸塚俊介。moto株式会社代表取締役。リクルートマイナビなど7社へ転職。転職経験やキャリアに関する発信がForbes日経ビジネスに取り上げられ、Twitterフォロワー数は12万人超。著書に『転職と副業のかけ算』『WORK』。詳細はプロフィールをご覧ください。

本記事は、転職の専門家であるmotoが、50代におすすめの転職サイトを比較・ランキング形式でご紹介しています。

転職を考えている、キャリアに悩んでいる、どの転職サイトや転職エージェントを使おうか迷っている50代の転職者の方はぜひ参考にしてみてください。

※全年代におすすめの転職サイト転職エージェント記事も合わせてご覧ください。

50代におすすめの転職サイト・転職エージェント

50代の転職におすすめの転職サイトをご紹介します。転職すること自体が厳しくなってくる50代の転職活動では、ミドルシニアに特化した転職サイトの利用がおすすめです。

50代におすすめの転職サイト
リクルートエージェント 業界最大手のリクルートが運営する転職サービス
マイナビミドルシニア 40代以上の全国求人に特化した転職サイト
FROM40 40代・50代の求人に特化した転職サイト
パソナキャリア 豊富なハイクラス求人で50代に対応する転職エージェント
doda転職エージェント 求人が豊富でサポートも手厚い転職エージェント

1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:375,537(2024年2月21日現在)
求人数増減:+5,413(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

50代におすすめの転職サイト1位は『リクルートエージェント』。

リクルートエージェントは求人案件数・内定決定数ともに業界No.1の転職エージェントです。幅広い年齢層に対応しており、50代の転職においても手厚いサポートをしてもらえます。

若手の担当が多いですが、希望すれば近しい年代の担当に変えてもらうこともできるので、自分がやりやすい担当を見つけて転職活動を進めていくことができます。総合転職エージェントとあって、求人はかなり豊富です。リクルートエージェントにしかない独占求人などもあるので、すべての50代におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

リクルートエージェントの口コミ評価

  • 51歳・女性
    20~30代よりも選択肢が狭くなってしまうのは覚悟して転職活動をしなければならないと思います。だからこそ必ず転職エージェントを利用するべきだと感じました。精神的にタフになることを念頭に置いて、利用するべきだと思います。

  • 55歳・男性
    様々なエージェントを利用した中では、リクルートエージェントが50代でもキャリアやスキルを見て求人を紹介してくれます。ただ、求人数は少ないと感じました。マネジメント経験もないとなるとかなり厳しいと思います。

  • 希望通りのマッチングになるかは難しいところだと思うので、たくさんの求人を見ることが大切だと思いました。担当者の方は最後までしっかりサポートしていただけたので助かりました。

2:マイナビミドルシニア

マイナビミドルシニア

口コミ:マイナビミドルシニア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:250,871(2024年2月21日現在)
求人数増減:+1,419(先週比↑up)
【公式サイト】https://mynavi-ms.jp/

50代におすすめの転職サイト2位は『マイナビミドルシニア』。

マイナビミドルシニアは40代・50代・60代を対象とした転職サイトで、全国の都道府県ごとにサイトが分かれているため、希望のエリアで求人を探すことができます。正社員だけでなく派遣求人なども多く、ビル管理や介護職・調理関係の求人も多く掲載されています。

マイナビミドルシニアの特徴として「ノック機能」があります。このノック機能を使えば書類選考や面談の前にご自身が、採用対象であるかを企業に確認することができるのでとても便利です。

未経験可の求人も多いので、50代からの転職を考える人におすすめです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

マイナビミドルシニアの口コミ評価

  • 51歳・男性
    40代の時に転職した会社が業績悪化で倒産してしまい、転職することになりました。50代での転職活動となる為、紹介して貰うことを優先に転職サイトを選びました。その中でマイナビミドルシニアは高年齢層に特化したサイトで、こちらの状況を理解して進めて貰うことができ、心強かったです。

  • またヒアリング時に、正直に可能なことと希望通りにはいかないことを伝えていただけたのも好印象でした。50代転職のリアルな市場理解が出来たので、自己分析と応募求人の選定がとてもスムーズにできました。満足できる転職活動となりました。

  • 53歳・男性
    長年同じ会社で勤めてきましたが、父親の介護と母親が骨折で入院という事態が重なり、会社も別の場所へ移転となり居住地から離れてしまいました。両親のことを考えると同じ会社で働き続けることは難しく、転職市場からすると高齢ではありましたが転職を決意しました。

  • 仕事・介護・自分の家族の関係、それぞれをバランスよく考慮した求人をハローワークで探しましたが、中々希望通りの求人を探すのは困難でした。そんな中マイナビミドルシニアという50代転職に強みを持っていると評判の転職に登録しました。

  • 大手の人材会社系列ということもあり、50代求人も他の転職サイトやハローワークよりも豊富にあり、居住地から徒歩圏内の求人を紹介いただけました。通勤時間が省かれて、今まで以上に家族との時間が作ることができて満足しています。

3:FROM40

FROM40

口コミ:FROM40 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:16,840(2024年2月21日現在)
求人数増減:-6(先週比↓down)
【公式サイト】https://www.from-40.jp/

50代におすすめの転職サイト3位は『FROM40』。

FROM40は50代のさまざまなキャリアに対応しています。掲載されている求人はエグゼクティブから施工管理、介護職など、どの転職サイトよりも幅広い職種の求人が掲載されているのが特徴です。

また、非公開求人も3,000件以上あるので、職種や業界にかかわらず、50代で転職を考える人におすすめの転職サイトです。企業からオファーが届くスカウト機能もあるので、転職活動に時間をあまり取れない50代にも向いています。

転職サイト大手であるリクナビNEXTなどと比較すると求人は少ないですが、50代に特化した転職サイトの中ではトップクラスの求人数を誇っているため、登録しておくことをおすすめします。

出典:公式サイト

FROM40の口コミ評価

  • 50歳・女性
    この年齢で初めての転職になりまず驚いたのが、この年齢層の求人数の少なさです。ハローワークでは非正規雇用のものが多く、困っていたときに紹介していただいたのがFROM40でした。

  • ミドルクラスの求人が幅広く揃えられており、正規雇用求人が多かったことが嬉しかったです。転職サポートも丁寧にしていただき、無事に転職できたことを感謝しております。

  • 52歳・男性
    50代の転職でどうしていいかわからずにいましたが、書類作成から面接対策まで一貫してサポートいただきました。企業への理解や、私自身の意欲やアピールの仕方まで、一人ではなかなかうまくまとめることができないことも行うことができ、転職における疑問点が解決できてよかったです。

4:パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:34,933(2024年2月21日現在)
求人数増減:+858(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

50代におすすめの転職サイト4位は『パソナキャリア』。

50代向けの求人は比較的少ないものの、手厚いサポートでしっかりと転職活動を支援してくれます。

サポートの充実度については、利用者からも高い評価を受けており、オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で3年連続第1位を獲得しています。

50代の転職にもパソナは丁寧に対応してくれます。パソナには幅広い年代のキャリアアドバイザーがいるため、50代の転職相談にも親身に乗ってくれます。ほかのエージェントよりも時間をかけてヒアリングし、求人の提案から選考サポートまで行ってくれるので、ハイクラスな50代におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

パソナキャリアの口コミ評価

  • 50歳・男性
    この年齢になると市場に求人があるか、あったとしても選択の余地があまりなく厳しいものになるのではと思っていました。パソナキャリアでは同じ年齢によるケースもいくつも紹介していただき、選考に打ち勝つためのサポートを徹底的にしていただきました。

  • 50代の転職はある程度の専門性や経験・知識が必要になるので、難しい部分もありますが内定をもらうまで助けていただけて感謝しています。

  • 54歳・男性
    まず求人時代はしっかりあります。もちろん20代、30代の市場と比べたら少なめではありますが、経験やキャリアに応じたポジションの求人を紹介してもらえます。

  • むしろこの年齢で何故転職をするのか、企業に自分の付加価値を伝えられるかが大切になってくるので、その点をアドバイザーに相談させていただきました。模擬面接等を行ってくれるので、そういった不安もなく転職活動を進めることができると思います。

5:doda転職エージェント

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:237,109(2024年2月21日現在)
求人数増減:-1,680(先週比↓down)
【公式サイト】https://doda.jp/

50代におすすめの転職サイト5位は『doda転職エージェント』。

dodaは人材業界大手とあって、業界・職種を問わず非公開求人も含めて約16万件の求人が掲載されています。50代向けの求人も約1万件と豊富にあるため、いろいろな選択肢を持つことができます。

doda転職エージェントは、企業への応募から書類選考、面接日程の調整など入社までの一連のやりとりを手厚く行ってくれます。

50代であってもしっかりと転職のサポートをしてくれるので、非常におすすめの転職エージェントです。

出典:公式サイト

doda転職エージェントの口コミ評価

  • 53歳・男性
    50代で転職をしようと思ったら、しっかり準備をして臨まなければいけません。ミドル層以上に向けた求人はマネジメント業務を期待されていたり、役職採用を行っていたりするので、求人の数自体が格段に少ない印象を受けました。

  • 待遇も現状維持やより良いものを求めるのは厳しく、それ相応の覚悟が必要になると転職活動していて思いました。dodaでは求人を紹介する前に現状の把握とその上での転職をするのかどうかを確認した上でサポートしてくれるので、話をまず聞きに行くのは良いと思います。

  • 50歳・男性
    転職成功のポイントを押さえて転職するなら、dodaが良いと思います。色々な転職サービスがありますが、年齢に応じたものを選ばないとより苦労すると思います。また、長期的に見た転職をすることをおすすめします。

  • 50代は即戦力ながらマネジメント能力なども問われるので、経験があまりないと結構苦労とすると思います。長期になってもアドバイザーはきちんと対応していただけるので、まずはdodaから利用してみてはいかがでしょうか。

50代の男性におすすめの転職サイト

50代の転職で、これまでの自分のキャリアやタイプに合った求人を探したいという人は、自分の特徴に合った転職サイトや転職エージェントを利用するのがおすすめです。

1:ビズリーチ

ビズリーチ

口コミ:ビズリーチ 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:107,560(2024年2月21日現在)
求人数増減:+847(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

50代の男性におすすめの転職サイト1位は『ビズリーチ』。

年収1,000万円を超える求人も多く掲載されているサイトです。50代で管理職などの役職のある転職者におすすめの転職サイトです。

新規事業企画室や、経営企画、CEOやCFO、COOなどの役職ポジションの求人は他社の転職サイトよりも多く掲載されているので、ハイクラス求人に特化しているため、役員を狙う50代の転職者におすすめできます。

また、ヘッドハンターや転職エージェントからのスカウトも届くため、自分の希望条件を登録してスカウトをもらう、という使い方もおすすめです。

出典:公式サイト

ビズリーチの口コミ評価

  • 51歳・男性
    50代の転職は、自分に合った求人を見つけるのが難しくなります。ですがハローワークで探すよりは、実績のある転職サービスを利用した方が絶対にいいです。ビズリーチは自分に合った求人は難しくありつつも、スキルと経験を考慮した求人に出会えるように努めてくれる印象を受けました。

  • 書類の整理が苦手な方も、アドバイザーが献身的にサポートしてくれますので、安心して利用できると思います。

  • 50歳・男性
    年収・キャリアアップを目標に管理職に転職したいなと思い、ビズリーチを利用することにしました。希望条件で検索すると、自分の希望に合ったヘッドハンターがいらっしゃったので、話を聞いてもらうことにしました。

  • 相談したところ、親身に話を聞いてくださいましたし、的確なアドバイスをもらえて今後やるべきことの方向性を見出すことができました。オファーもいくつかもらうことができて、利用してよかったなと思います。

2:ランスタッド

ランスタッド

口コミ:ランスタッド 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:5,141(2024年2月21日現在)
求人数増減:+121(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.randstad.co.jp/

50代の男性におすすめの転職サイト2位は『ランスタッド』。

ランスタッドは海外や外資系への転職に強く、独自のハイクラス求人も保有しています。掲載されている求人は年収800万円以上が多く、若手からミドルのハイクラス層におすすめの転職サイトです。

50代向けの求人を見ると役職付が多く、経営層に近い経験を求められるため、年収800万〜2,000万円の求人が多く掲載されているため、これまでのキャリアを活かして転職したい50代におすすめです。

サイト内には、ビジネスパーソンに役立つコラムを集約した特設ページ「キャリアHUB」があり、「転職・キャリア」「派遣で働く」「スキルアップ」「働くを考える」「仕事と子育て」をテーマとして、随時更新されています。

ランスタッドはキャリアアドバイザーの対応が丁寧で、利用者の満足度も高いです。外資系企業のハイクラス求人を探している人におすすめです。

ただ、ビズリーチと比較すると求人は少ないため、50代の場合はビズリーチやリクルートエージェントと併用するのをおすすめします。

出典:公式サイト

ランスタッドの口コミ評価

  • 54歳・男性
    ヘッドハンティング方式なので、ひとまず登録だけでもと思い利用しました。今までの経歴を見てオファーをしていただけるので、自分が思っている以上に高待遇でのオファーをいただけることが多かったです。管理職経験やマネジメント経験が豊富な方は、登録しておくだけでもおすすめです。

  • 52歳・男性
    ランスタッドはスカウトオファー方式で、慌てることなく時間をかけてゆっくり企業を選べるのが良い点だと考えます。そのためファクトベースで応募先企業に伝えていけるので、年齢に関係なく転職活動を行えてとてもよかったです。

50代男性におすすめの転職エージェント

50代男性におすすめの転職エージェントをご紹介します。

1:JACリクルートメント

JACリクルートメント

口コミ:JACリクルートメント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:12,173(2024年2月21日現在)
求人数増減:+148(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

50代の男性におすすめの転職サイト1位は『JACリクルートメント』。

ハイクラス転職を得意とする転職エージェントです。転職で年収を上げたい、現年収を維持したいという50代にはおすすめの転職エージェントです。

JACリクルートメントが保有する求人はハイクラスな求人が多く、年収も800~1800万と高めです。しかしほかの転職エージェントでは扱っていないようなエクゼクティブ求人も多くあるため、50代でエクゼクティブ転職を成功させたい人には向いています。

50代の求人数はそこまで多くないので、転職のビズリーチと合わせて利用するのがおすすめです。

出典:公式サイト

JACリクルートメントの口コミ評価

  • 53歳・男性
    もともと管理職を務めていたのですが、別の企業の経営も見てみたくなり、転職を決意しました。JACリクルートメントは求人数が多めなので条件のいい転職先を探すことができ、年収も少ないですがアップしました。また転職することがあればJACリクルートメントを利用したいです。

  • 50歳・男性
    50歳になって初めての転職活動をしました。やはり50という年齢と、大したスキルや実績が無いことがネックとなり選考に通らないことが多かったのですが、担当者と何度も調整をして無事に内定を頂けました。他社と比べて求人が多めで、高い年齢の自分でも選択肢が広くて良かったです。

  • 年収も20万円アップしましたし、より責任感のあるポジションに入ることができたので、JACリクルートメントには感謝しています。

2:クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

口コミ:クライス&カンパニー 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:8,187(2024年2月21日現在)
求人数増減:+22(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.kandc.com/

50代の男性におすすめの転職サイト4位は『クライス&カンパニー』。

50代向けの求人数はそこまで多くないですが、50代で転職できる求人を丁寧に提案し、年収交渉から内定まで丁寧にサポートしてくれます。求人はハイクラス向けなものが多いため、50代でキャリアアップを狙った転職をする人におすすめです。

エクゼクティブやハイクラスな求人は年収900万円~2,000万円の求人がありました。採用の背景なども説明してもらった上で応募できるので、納得して面接に進むことができます。

出典:公式サイト

クライス&カンパニーの口コミ評価

  • 50歳・女性
    ハイクラスに特化した転職エージェントなので、高収入やキャリアアップしたい人に向いていると思いました。求人数は他の大手エージェントに比べると少ないと思います。私はクライス&カンパニー経由で内定が出ましたが、他にもいくつかエージェント会社を併用しておいた方がより良いです。

  • クライス&カンパニーの利点としては、他ではあまり見ない優良企業の紹介をいただけるのはありがたかったですね。

  • 52歳・男性
    もともと外資系企業に勤務していたため、次も外資系を念頭に転職活動を検討していました。『クライス&カンパニー』からは希望していた外資だけではなく、日系大手企業の紹介をいただくことが多くありました。

  • 多くが年収800万~1,500万円とかなりのハイクラス求人が揃っているのが魅力だと思います。転職についての知見も広く深く、多くのことを学ばせていただきました。

ハイクラス転職におすすめの転職サイトと転職エージェントはこちらの記事にもまとめています。

50代女性におすすめの転職サイト

50代女性におすすめの転職サイトをご紹介します。

1:doda Woman Career

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:237,109(2024年2月21日現在)
求人数増減:-1,680(先週比↓down)
【公式サイト】https://doda.jp/

50代の女性におすすめの転職サイト1つ目が『doda Woman Career

dodaには女性向けコンテンツ「Woman Career」があります。dodaの中から女性向け求人だけを切り出したコンテンツになっているため、50代女性の求人も探しやすくなっています。

dodaは求人の量と質ともに女性に人気にある転職サイトなので、登録して求人を眺めるだけでもおすすめです。サイト内にある「転職人気企業ランキング」は参考になるので見てみてください。

求人数が業界No.1ということもあって、50代の女性でも数多くの求人を見ることができます。

出典:公式サイト

doda Woman Careerの口コミ評価

  • 51歳・女性
    転職を有利に進める方法を教えていただきました。私のレジュメに対して細かいご指導・修正アドバイスをいただけたことが良かった点です。より自分のアピールにつながるレジュメを作成することができ、大変助かりました。

  • 転職に不慣れだった自分は、転職を有利に進めるテクニックなどをまったく身につけておらず、一つの書類選考を通じて親身に指導いただけて、とても勉強になりました。私の年代では転職は厳しいと思っていましたが、手厚いサポートのおかげで正規雇用での採用をいただけました。

  • 52歳・女性
    転職の際に利用しました。50代ということもあり、ただの転職条件の話ではなく、今後の人生をどうしたいのか、というところを問われたときにはっとすることも多く、とても印象的な面談でした。

  • それくらいこちらのことを考えてくださり、その上でのアドバイスをしていただけました。多少時間はかかりましたが、無事内定をいただくことができました。

2:LIBZ(リブズ)

LIBZ(リブズ)

口コミ:LIBZ(リブズ) 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:339(2024年2月21日現在)
求人数増減:±0(先週比→keep)
【公式サイト】https://career.prismy.jp/

LIBZ』は女性に特化した転職サイトです。正社員案件を厳選して紹介してくれるので、50代の女性でも利用することができます。

リブズは「女性がワークライフバランスを大切にしながら活躍できる社会」を目指しているため、求人もワークライフバランスを重視したものが多くなっています。

子育てなどを終えた50代の女性でこれからまた働きたい、と考えている人におすすめです。

出典:公式サイト

LIBZの口コミ評価

  • 50歳・女性
    マネジメント力を活かせるポジションに就きたく、数ある転職エージェントの中の一つとしてリブズを利用しました。また、家族のことまで配慮していただき、在宅でもできる企業求人があると提案していただけました。

  • 家族にとっていい環境づくりに一歩近づけたのはありがたいですし、希望していたマネジメント業務に就くことができました。やりがいのある仕事を続けられることに感謝しています。

  • 53歳・女性
    自分のバックグラウンドをしっかりと深堀する質問をいただき、自己分析をやり直すきっかけになりました。そのおかげもあり、慣れない面接でも自分の話したいことをきちんと伝えられるようになったと思います。

  • 色々と相談に乗ってもらっていただいたこともあり、この年でも今後のキャリアプランをしっかり考えることができました。サポートは高品質だと思いました。

50代女性におすすめの転職エージェント

50代女性におすすめの転職エージェントをご紹介します。

1:マイナビエージェント(女性の転職)

マイナビエージェント(女性の転職)

口コミ:マイナビエージェント(女性の転職) 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/womanwill/

50代女性におすすめなのが『マイナビエージェント(女性の転職)』。

マイナビエージェント(女性の転職)は、マイナビが運営する転職エージェントです。主に、女性が活躍している会社の求人や情報をメインに取り扱っています。

「マイナビが女性におすすめする求人」や「女性の転職に役立つコンテンツ」が多く掲載されているので、幅広い年代の女性から人気があります。50代の女性が転職活動をする際の参考になるでしょう。

求人を見ると、ワークライフバランスを重視したい人向けの求人が多いため、これまでバリバリとキャリアを積み上げてきて、これからさらにキャリアアップをしたいと考える50代の女性にはあまり向いていません。

キャリア志向の方は、リクルートエージェントなどのほかの転職サイトも利用することをおすすめします。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

マイナビエージェント(女性の転職)の口コミ評価

  • 50歳・女性
    ワーフライクバランスの問題を感じ、転職を決断。しかし書類選考の通過がなかなか出ないので、面接の機会を得ることが難しく、非常に厳しい状態でした。しかしそういったケースも少なくなく、都度相談に乗っていただけたのもあり、なんとか続けることができました。

  • マイナビエージェントは単なる求人紹介だけではなく、その人のことをしっかり分析して求人案内をしてくれます。アドバイザーさんのやる気もとても感じられて、素晴らしいと思いました。無理に転職を勧めてきたり、意見を押し付けたりすることもないので安心して利用できました。

  • 53歳・女性
    転職活動におけるサポートが大変丁寧だと思いました。面談時もこちらに寄り添って安心感を与えてくれるので、不安を取り除いていただいた上で転職活動を行うことができます。50代女性の転職でどこに登録しようかと迷ったら、マイナビエージェントを一旦登録しておくのが良いと思います。

2:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

口コミ:type女性の転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:9,752(2024年2月21日現在)
求人数増減:+76(先週比↑up)
【公式サイト】https://type.woman-agent.jp/

大手企業とのパイプが強く、50代女性のキャリアにも強いのが『type女性の転職エージェント』。

type女性の転職エージェントは、女性の転職に特化した転職エージェントで、他社の転職エージェントと比べても女性転職実績を豊富に持つ転職エージェントです。

女性のキャリアアドバイザーが多く、面接の服装相談や無料のメイクアップサービスなど、きめ細やかな対応をしてくれるのが特徴です。

女性向けの非公開求人も多いので、自分に合った求人の紹介を受けたい、という人におすすめの転職エージェントです。

出典:公式サイト

type女性の転職エージェントの口コミ評価

  • 52歳・女性
    お電話でお話をすることが多かったのですが、親身になって話を聞いてくれました。年齢がネックになるのは覚悟していましたし、厳しい部分もあることもきちんと話してくださいました。その上で不安な私にアドバイスと気遣いと正確な情報を与えてくださり、とても良い方に巡り会えたと感じました。

  • また転職相談では経歴以外の部分でも自分の話を聞いてくれて、どのような会社に合うか悩んでいただきました。電話も30分以上可能で、よくお話を聞いてくださいました。

  • 51歳・女性
    同年代の知人に薦められて利用しました。50代での転職活動だったので不安が大きかったのですが、担当の方が履歴書・職務経歴書の書き方や面接での対応についてサポートしてくれたので、自信を持って面接に臨むことができました。

  • 面接時の身だしなみやメイクについても事細かに教えてくれたりと、女性に対して本当に親身になってくれるエージェントだと思います。

50代の正社員転職におすすめの転職サイト

50代で正社員を目指す人におすすめの転職サイトをご紹介します。

1:リクナビNEXT

リクナビNEXT

口コミ:リクナビNEXT 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:110,693(2024年2月21日現在)
求人数増減:-3,838(先週比↓down)
【公式サイト】https://next.rikunabi.com/

50代で正社員を目指す人におすすめ転職サイトが『リクナビNEXT』。

リクナビNEXTは、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営する転職サイトです。業界最大の求人情報から自分に合った求人を見つけることができます。

リクナビNEXTには「気になる求人を後でゆっくり見たい」「興味のある求人をリストにして管理したい」という人のために「気になるボタン」があります。気になった求人をリストにできるだけでなく、気になるボタンを押した企業からダイレクトでスカウトが来ることもあるため、転職活動を効率的に進めることができます。

また、「グッドポイント診断」を活用すれば、自分自身の強み・弱みを発見できるため、初めて転職活動する人にもおすすめです。

出典:公式サイト

2:マイナビ転職

マイナビ転職

口コミ:マイナビ転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:24,368(2024年2月21日現在)
求人数増減:+267(先週比↑up)
【公式サイト】https://tenshoku.mynavi.jp/

50代で正社員を目指す人におすすめ転職サイト2つ目は『マイナビ転職』です。

マイナビ転職には幅広い業種・職種の求人が掲載されており、50代の正社員向けの求人も充実している点が特徴です。

マイナビ転職には企業から直接オファーを受けられる「スカウト」「プレミアムスカウト」という機能があります。これまでの経験やスキルを登録しておくことで、さまざまな企業からスカウトをもらうことができます。

掲載求人数も申し分なく、若手の採用に積極的な企業も多いため、すぐに転職したい人にもおすすめです。また、マイナビ転職は転職サポートも充実しているため、転職サイトを使って今より良い条件の企業に転職したいと考える50代におすすめです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

3:type

type

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:2,634(2024年2月21日現在)
求人数増減:-26(先週比↓down)
【公式サイト】https://type.jp/

50代で正社員を目指す人におすすめの転職サイト3つ目は『type』。

typeは、上場企業の株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職サイトです。「スカウトメール」や「AIによる求人提案」、「精度の高い求人検索機能」「企業別の面接対策」など、type独自のコンテンツが充実しているため、ユーザー満足度が高いのが特徴です。

また、エージェント機能もあるため、求人の紹介を受けることもできます。未経験歓迎求人やマネジメント層を募集する企業の求人も豊富にあるので、50代で転職を考える人におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

50代の転職にはハローワークもおすすめ

50代向けの転職サイトを利用しても転職が厳しい人にはハローワークを利用することをおすすめします。

1:ハローワークについて

ハローワークインターネットサービス

口コミ:ハローワークインターネットサービス 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:1,233,416(2024年2月21日現在)
求人数増減:+67,137(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.hellowork.mhlw.go.jp/

ハローワーク(公共職業安定所)』は、求職者に対して、さまざまなサービスを無償で提供する厚生労働省運営の総合雇用サービス機関の求人サイトです。

全国に500カ所以上の窓口があり、豊富な求人情報をもとにした「職業紹介」のほか、「雇用保険」「雇用対策」などの国の制度と組み合わせて、地域のさまざまなニーズに応える雇用支援が実施されています。正社員求人も検索できるため、おすすめです。

50代が転職サイトと合わせて見るべきサイト

会社の情報は事前に必ずチェックしておいたほうが良いです。特に年収の高い転職は慎重になりがちです。私は転職前に必ずOpenWorkをチェックしています。

1:ミイダス

ミイダス

口コミ:ミイダス 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
口コミ社数:424,950社(2024年2月21日現在)
【公式サイト】https://miidas.jp/

現時点で自分にどれくらい市場価値(年収)があるのか『ミイダス』で調べることができます。いくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人のレベルがわかります。

50代の転職において提示されるオファー金額の妥当性や、どれくらいの年収で転職するべきかというラインの参考になるため、登録してやってみてください。

出典:公式サイト

2:転職会議

転職会議

口コミ:転職会議 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:412,850(2024年2月21日現在)
求人数増減:+2,126(先週比↑up)
【公式サイト】https://jobtalk.jp/

50代の転職は次のキャリアへの影響が大きいため、しっかり下調べをする必要があります。私は『転職会議』を見ることで企業の下調べを徹底していました。

中でも年収と退職理由を中心に見ることで「どんな理由で辞めているのか」「年収はどれくらい上がるのか」を確認しました。転職サイトで募集されている正社員のコメントだけでなく、派遣社員や契約社員の口コミもあるので、情報を幅広く見ることができます。

出典:公式サイト

3:OpenWork

OpenWork

口コミ:OpenWork 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:64,674(2024年2月21日現在)
求人数増減:+106(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.vorkers.com/

個人的には信憑性が高いと思っている『OpenWork』。組織風土や給与などについて詳しく書かれており、直近の書き込みも多くあるので参考になります。年収と社風を参考にしています。

転職エージェントや転職サイトの情報だけでは確実に不足なので、見ておいたほうが良いです。上位役職者のコメントなどは少ないので、あくまで現場の意見として参考にすると良いです。

出典:公式サイト

4:ライトハウス

ライトハウス

口コミ:ライトハウス 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
口コミ社数:377,918社(2024年2月21日現在)
【公式サイト】https://en-hyouban.com/

ライトハウス』はエン・ジャパン株式会社が運営する転職者向けの企業口コミや評判が掲載されている口コミサイトです。

2020年6月に「カイシャの評判」から「ライトハウス」へ名称変更し、日本全国の企業35万社超の口コミが掲載されており、日本最大級の口コミ・評判プラットフォームとなっています。

転職サイトや転職エージェントを展開するエン・ジャパン独自の調査による企業データによる比較や、企業評価の可視化など、企業に関する知りたい情報が口コミをベースにまとめられています。

利用者も多く、日本全国の企業について実際の社員や元社員のリアルな口コミを見ることができる、と高い評価を得ています。

出典:公式サイト

5:JobQ

JobQ(ジョブキュー)

口コミ:JobQ(ジョブキュー) 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://job-q.me/

JobQ』は匿名でキャリアや転職に関する相談ができる無料のサービスです。企業の人事経験者や転職エージェントなどから回答をもらうことができます。

「おすすめの転職サイトはどこか」「どの業種に転職するのがおすすめか」など、さまざまな質問や相談をすることができるため、転職を考える人におすすめです。相談や口コミの投稿数は約7万件を超えているため、過去の相談内容を検索するだけでも得られる情報は多いです。

メールアドレスなどを入力するだけで利用できるため、転職活動の悩みを解消したい人におすすめです。

出典:公式サイト

50代向け転職サイトの選び方

50代向け転職サイトの選び方をお伝えしていきます。50代の転職者は、下記のポイントを意識して転職サイトを選んでみてください。

1.50代向けの求人数が多い転職サイトを選ぶ

50代の転職活動では、大手企業が運営する転職サイトを選ぶのがおすすめです。

50代の求人は数が多くないため、求人数の少ない転職サイトでは十分に求人を得ることができません。そのため50代の転職では、人材業界大手が運営する転職サイトを利用することをおすすめします。

業界大手の転職サイトは求人数が多く、扱っている求人の質も高いです。そのため50代であっても数多くの求人を見ることができます。50代の転職は数多くの求人を見てから絞るほうが良いので、まずは大手の転職サイトを選ぶようにしてください。

2.転職エージェント機能を持った転職サイトを利用する

50代の転職では、転職サイトだけなく転職エージェントも利用したほうが良いです。転職サイトとの違いは「非公開求人」「専任の転職エージェントのサポート」が主になります。下記に比較表をご紹介します。

  転職エージェント 転職サイト
求人情報 転職サイトにはない“非公開求人”にも応募ができる 非公開求人は確認できないが、求人数は多い
情報収集 専任の転職エージェントが企業の内部情報や面接官の特徴など転職に必要な情報を提供してくれる 転職サイトに掲載されている求人情報だけを頼りに情報収集をしていく必要がある
転職相談

専任エージェントのアドバイスを受け、市場価値やキャリアの発見ができる なし
書類選考対策 専任エージェントから職務経歴書・履歴書のポイントや通過率をアップさせるノウハウを教えてもらえる 転職サイトには職務経歴書や履歴書のサポートツールもあるが、客観的なアドバイスはもらえない
面接対策 専任エージェント次第で模擬面接を行ってくれ、企業別に面接対策を行える なし
調整 専任エージェントが面接日程の調整や入社時期の調整を行ってくれる なし
年収交渉 専任エージェントに年収交渉を依頼できる なし
料金 無料 無料

転職サイトと転職エージェントの違いを見ていくと、転職エージェントは「非公開求人」に応募できること、専任エージェントから転職に関するすべてのサポートを完全無料で受けることができるため、転職を行うにあたって力強い味方となってくれます。

どちらにもメリット・デメリットはありますが、50代の転職では転職サイトと転職エージェントの両方を活用することをおすすめします。50代は30・40代に比べて求人数が少ないため、非公開求人なども見る必要があるためです。

3.50代に特化した転職サイトを選ぶ

50代の転職者は、50代に特化した転職サイトを利用してください。ミドルの転職やハイクラス転職サイトなども利用してみてください。

求人数や知名度だけで転職サイトを選ぶのも良いですが、50代に特化した転職サイトや転職エージェントは、転職実績が多くあるため、50代の転職ノウハウを多く持っています。

50代特化の転職サイトは求人数が多くありませんが、質の高い求人やマッチング率が高くなります。50代の転職では、特化型の転職サイトも利用してみてください。

転職サイト・転職エージェントを利用するメリット

50代が転職サイトと転職エージェントを利用するメリットをご紹介します。

1.非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントは、転職サイトや企業の採用HPでは公開していない「非公開求人」を持っています。

そのため、転職サイトでは探すことのできない求人に出会える可能性があります。公開されている求人だけでなく、オープンになっていない非公開の求人も保有しているため、求人数が多い点が転職エージェントを利用する最大のメリットです。

2.履歴書・職務経歴書の添削、面接対策をしてもらえる

エージェントの担当者は、あなたに合った求人を紹介してくれますが、それだけではなく、応募に必要な書類の添削やアドバイス、面接対策なども行ってくれます。

添削を受けるだけでなく、企業情報や業界情報に詳しいため、担当エージェントから企業の雰囲気や求めている人材、採用の背景など詳しい情報を入手できます。

3.企業の人事に推薦してもらえる

転職エージェントを利用して応募すると、転職エージェントの担当者が「推薦文」をつけてくれます。

企業側の人事に対して推薦状を付けてもらうことで、書類選考の通過率は大きく上がります。同じ企業の同じ求人に転職サイトから応募して見送りになっても、転職エージェントから応募すると通過することがあるので、転職エージェントを使って応募することもおすすめです。

4.年収交渉・入社調整などをしてもらえる

転職エージェントは年収交渉もしてくれます。

転職エージェントは、転職者の入社が決まって初めて売上になる「成果報酬型」のビジネスで成り立っています。報酬の相場は転職者のオファー年収の30%~40%程度。年収が高ければ高いほど、彼らの売上は高くなります。

交渉力の高いエージェントを味方にすれば、自分の年収は大きく上がります。転職エージェントはできるだけ活用したほうが良いでしょう。

転職サイト・転職エージェントを利用するデメリット

転職サイトと転職エージェントを利用するデメリットについてご紹介します。

1.内定が出やすい求人を紹介される

転職エージェントが自分のノルマを達成しようと、書類選考に必ず通過して内定が出やすい求人しか送ってこないケースがあります。

現在、あなたが4年目の営業マンだと仮定します。この時、書類選考に通過して内定が出やすい「営業経験4年以下」の求人しか提案してこないエージェントは、あなたのキャリアなんてまったく考えていないエージェントです。

あなたのスキルにも寄りますが、良い転職エージェントは、最初から一次面接ではなく企業人事と交渉してカジュアル面談を組んでくれたり、現在募集しているポジションがなくても「こんなに良い方がいるので、まずは会って判断してください」という形でポジションをつくる動きをしてくれる方もいます。

2.経験の浅い転職エージェントが担当になる場合がある

実際に私も転職中に経験したのですが、特に新卒を採用している転職エージェントでは、エージェント歴が1年未満でもお客さんを担当させてしまう場合があり、彼らが担当になると右も左もわからないまま、求人紹介をしてくるケースがあります。

私の場合は、まったく興味のないグループ子会社を紹介されたことがありました。経験の浅い担当者がついてしまった場合は、担当変更を申し出てください。自分の人生を左右する大事な転職活動なので、信頼のできるパートナーを見つけましょう。

3.マッチ度合いを無視した求人を勧めてくることがある

転職エージェントの中には紹介料(提示年収の30~40%)を受け取っているので、少しでも高い給与の企業に入社させようとしてくる人もいます。

事例としては、内定が2~3社出た場合によくあるケースで、言葉巧みに提示年収が最も高い企業に誘導してくることが多いです。

内定が出たら、自分の頭できちんと考えてください。エージェントが嘘をついている場合は問題がありますが、「やっぱりあちらの会社にしておけばよかった」などとならないように、エージェントや家族・友人の意見は参考程度にして、最後は自らの判断で転職を決意することが大切です。

転職サイトを利用する流れ

転職活動の進め方

転職サイトの流れは大きく5つです。

【転職サイトの登録の流れ】
STEP1. 自己分析をする
STEP2. 転職サイトに登録をする
STEP3. 応募書類を作成する
STEP4. 求人に応募する
STEP5. 企業との面接・内定

1.自己分析をする

まずはじめに自己分析をします。求人を探す前に、自分がどのようなキャリアを歩みたいのか、今後どうなりたいのか、希望年収、希望勤務地、福利厚生など、自分が希望する条件を書き出してみてください。

その際、すべてを叶えることは難しいので、自分の中で譲れる条件と譲れない条件を分けておくのがおすすめです。こうした条件をもとに、求人検索する条件を見極めていきます。

自己分析には「リクナビNEXT」に中にある「グッドポイント診断」を利用してみてください。「グッドポイント診断」は、リクルートが持つキャリア開発のノウハウを活かして提供している、約30分でできる本格的な診断サービスです。

ビジネスパーソンが持っている強みを18種類に分類し、そのうちあなたに当てはまる5つを発見することができます。診断は無料なので、まずはこちらで自己分析をしてみてください。

2.転職サイトに登録する

自己分析が終わったら転職サイトに登録します。上記でおすすめした転職サイトに登録し、自分が希望する求人を検索していきます。

転職サイトでは、勤務地や年収、職種、業界、働き方など、さまざまな条件を入力して検索することができます。総合型の転職サイトで数多くの求人を見た後に、特化型の転職サイトで業界を絞って求人を探していくのもおすすめです。この段階ではとにかく多くの求人を見ることを心掛けてください。

リクナビNEXTの調査によると、転職サイトに登録している人の平均登録サイト数は2.1社ですが、転職決定者は約2倍の4.2社の転職サイトへ登録しています。多くの転職サイトに登録するほうが、転職活動を効率的に進めることができます。まずはじめは数多くの転職サイトに登録することをおすすめします。

3.応募書類を作成する

自分が気になる求人を見つけたら、受かるか受からないかは別としてとにかく応募してください。入社するかどうかは内定後したあとに考えればよいので、とにかく応募数を増やすことが大切です。

応募書類は主に履歴書と職務経歴書です。エンジニアやデザイナーはポートフォリオやスキルシートなども合わせて提出しておくのがおすすめです。

職務経歴書の書き方については【転職】企業に刺さる“戦略的”職務経歴書の書き方(テンプレート付)で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。職務経歴書のサンプルもおいているので、ダウンロードしてそのまま利用できます。

無料で利用できる職務経歴書のテンプレートもあります。リクルートエージェントの中にある「職務経歴書エディター」や「職務経歴書フォーマット」を利用すると無料で書類を作成できるのでおすすめです。書き方についても詳しく解説されているので、応募書類の書き方に困ったら見てみてください。

4.求人に応募する

履歴書や職務経歴書を揃えたら求人に応募してください。応募ボタンを押して、添付書類を送れば完了です。

応募すると企業からDMが届きます。おおよそ7日から10日の間で企業から書類選考の結果が届くので、それまではほかの企業の求人を探してみてください。

マイナビの調査によると、各年代別の応募社数平均は8.4社です。年代別に見ると年齢が上がると応募者数は増える傾向にあります。50代前半は14.5社、50代後半は14.5社へ応募しています。

各年代別の応募社数平均
~19歳 4.1社
20〜25歳 6.3社
26〜30歳 7.1社
31〜35歳 8.2社
36〜40歳 8.7社
41〜45歳 10.1社
46〜50歳 12.1社
51〜55歳 14.5社
56〜60歳 14.5社
61歳以上 15.2社

5.面接・内定

書類選考に通過すると、面接へ進みます。おおよそ3回から5回の面接で内定になります。

マイナビの調査によると、転職活動を行って内定を得た人の書類選考通過率は30%、そこから一次面接を通過する確率が30%、その後最終面接を通過し、内定を得る確率は50%とのことです。

これらのデータからみると、転職活動では1社に応募するのではなく、複数の企業に応募するのが重要なポイントになると思います。選考通過率から考えても、内定を得るためにも6~10社は応募しておくと良いです。

複数の企業に応募し、面接を受けるにはそれなりに時間がかかります。転職活動はおおよそ3カ月を見ておけば終えられると思います。

50代転職の現実

50代の転職における現実や厳しいポイントについて解説します。

1.50代男性・50代女性の平均年収

50代の平均年収は、男性で600万円以上、女性で300万円以上となっています。

年齢
50~54歳 656万円 319万円
55~59歳 668万円 311万円

引用元:国税庁民間給与実態統計調査

50代男性の平均年収はすべての年代の中でもっとも高いのが現実です。50代は管理職ポジションや年功序列によって年収が高い傾向にあります。

2.50代の転職入職率

50代の転職入職率は、他の年代と比較して低い傾向にあります。

年齢 男性 女性
50~54歳 4.2% 8.5%
55~59歳 5% 7.8%

引用元:厚生労働省令和2年雇用動向調査結果の概況

50代男性の場合、50代の女性よりも割合は低いため、転職は厳しいと考える50代が多いです。

50代の転職を成功させるためのポイント

50代で転職を成功させるために必要なポイントをご紹介します。

1:求人条件を幅広く見る

50代の転職は、30代や40代の転職に比べて求人の選択肢が大幅に少なくなります。

そのため、年収や業界、企業規模、福利厚生、ワークライフバランスなどの条件を絞りすぎてしまうと、選べる求人が極端に少なくなってしまいます。

50代の転職では譲れる条件と譲れない条件を明確にし、どの程度なら許容できるかを自分の中で事前に決めておくことが大切です。どんな条件にすべきか悩んだ場合は、転職エージェントに相談してみましょう。

2:50代の転職は同業界・同職種で考える

50代は即戦力を求められる年代であるため、未経験の転職よりもこれまでの経験が活かせる同業界や同職種での転職をおすすめします。

50代の転職は20代や30代のような「ポテンシャル採用」ではなく「即戦力採用」です。あなたを採用することで、会社にどのような利益が生まれるのかという点を企業は重視しています。

そのため、50代は未経験業界への転職ではなく、これまでの経験を活かして即戦力になれる同業・同職種に転職するのがおすすめです。

3:自分の市場価値を正しく認識する

50代の転職では、今の自分にはどのような求人があるのかを正しく認識することが大切です。自分の現状をきちんと把握しておくことで、高望みした求人を目指すのではなく、自分に合った適切な求人を見つけることができるようになります。

自分の市場価値を把握するには、転職エージェントに相談するのがおすすめです。転職エージェントは無料で相談に乗ってくれるので、今の自分に合う求人を紹介してもらうようにしてください。

転職エージェントに断られる50代の特徴

50代で転職エージェントに登録する際、断られることがあるのか不安に思う人も多いはずです。結論からお伝えすると、断れる可能性もゼロではありません。ここでは断られる人の特徴をご紹介します。

1.転職の希望条件が高すぎる

50代が転職エージェントに断られる理由の1つにあるのが、転職の希望条件が高すぎるという理由です。

希望年収が高すぎたり、今の状況から転職するのが難しい企業ばかりを志望していたりする場合、転職エージェントから「もう少し条件を下げないと厳しいかもしれません」とアドバイスされることがあります。

しかし、そのアドバイスを無視して、決まりそうにない転職先ばかりを要求すると転職エージェントに断られる可能性が高くなります。

2.転職意欲が低い

転職意欲が低いと思われてしまうと、転職エージェントは優先順位を下げてしまいます。その結果、求人が送られてこなかったり、転職エージェントからの返信が遅くなったりします。

転職エージェントは、転職者の転職が決まって初めて報酬が発生するため、転職意欲の低い人のサポートを後回しにする傾向があります。

「今はまだ転職する気はない」ということを伝えている人は、断られてしまう可能性があります。

3.転職理由が曖昧

転職理由が曖昧な人も、転職意欲が低いと見なされてエージェントに断られる可能性が高いです。

転職理由が曖昧な人は、書類選考や面接を通過できる可能性が低いため、転職エージェントに相手にされなくなっていきます。

また、転職理由が曖昧な場合、もし内定が出たとしても辞退される懸念があるため、転職エージェントからすると後回しにしてくる可能性が高いです。

4.年齢的に紹介可能な求人がない

50代になってくると、より高いスキルや経験値が求められるようになります。

年齢に見合った経験やスキルがない場合、紹介できる求人は限られてきてしまいます。もし仮に、紹介できる求人が全くない場合には転職エージェントに断れてしまう可能性があります。

5.選考に落ち続けている

転職エージェントは、転職が決まらない人を見捨てる傾向にあります。

そのため、書類選考や面接などの選考に落ち続けている人は、断られてしまう可能性が高いです。転職エージェントは決定した際に報酬を得るため、選考に落ち続けて、転職が決まらない人は断られてしまうかもしれません。

転職エージェントに断られたときの対処法

転職エージェントに見捨てられたと感じたときの対処法について説明します。

1.希望条件を見直す

転職エージェントから紹介される求人が少なく、見捨てられたと感じた場合には、求人の希望条件を見直すのがおすすめです。

転職エージェント側が紹介できる求人がないために連絡をしていなかった場合、求人条件の変更や希望年収を下げることで、再度求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

紹介できる求人が増えることで、転職の成功確率も上がるので、担当の転職エージェントがあなたの転職活動をサポートしてくれるようになるはずです。

2.転職意欲の高さをアピールする

転職エージェントに「転職意欲があまり高くない」と思われてしまった方は「●月までに転職したい」「●月には退職届を出そうと思っている」など、具体的な時期を伝えることで、転職意欲の高さをアピールするようにしてください。

転職意欲の高さをアピールすることは、転職エージェントに見捨てられないための重要なポイントになります。転職意欲が低いがために見捨てられた人は、再度、自分の熱量を伝えるようにしてみてください。

3.職務経歴書を見直す

転職エージェントに、履歴書や職務経歴書の内容の薄さを理由に見捨てられていると感じた場合、職務経歴書の見直しを行ってみましょう。

転職エージェントは職務経歴書を見て、転職できる人かできない人かを判断します。そのため職務経歴書の内容が薄いままだと、転職が決まらない人だと思われてしまう上に、転職意欲も低く見られます。

職務経歴書を送ったものの、転職エージェントから反応がない、と感じる人は職務経歴書を見直してみましょう。

4.別の転職エージェントを使う

転職エージェントには総合型や特化型、スカウト型などさまざまな種類があります。

もし年齢などを理由に見捨てられた場合には、あなたの年代に特化した転職エージェントを利用することで転職活動を継続できる可能性が高いです。

また、担当者との相性が悪いために見捨てられている場合にも、他社の転職エージェントを利用するのが有効です。転職エージェントを併用することで、複数の担当者からアドバイスがもらえたり、紹介してもらえる求人が増えるメリットもあります。

よくあるQ&A

50代の転職でよくあるQ&Aをまとめておきます。

Q:50代におすすめの転職サイトはどこですか?

A:まずは求人数の多い転職サイトと転職エージェントを見てみるのがおすすめです。dodaやリクルートエージェントなどを利用してみてください。大手転職サイトを見た後に、業界特化型や中規模な転職サイトや転職エージェントを利用するのがおすすめです。

Q:転職サイトと転職エージェントの違いはなんですか?

A:「転職サイト」は好きな求人を自分で探して、応募から面接まで進めることのできる転職サービスです。また、「転職エージェント」は、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが、自分に合った求人を送ってくれる転職サービスを指します。

Q:50代の転職は難しいでしょうか?

A:転職すること自体はできます。ただ、転職サイトに掲載されている求人には、応募者に対して年齢や学歴、転職回数などでフィルターが設けられていることがあるため、転職サイトから応募するだけでは、機械的に落とされてしまう可能性があります。そのため50代の転職では転職エージェントも併用することをおすすめします。

Q:転職サイトは何社に登録したほうがいいですか?

A:転職サイト最大手であるリクナビNEXTの調査によると、転職決定は平均して4.2社へ登録しているというデータがあります。転職サイト登録者の平均登録サイト数は2.1社ですが、転職決定者の平均登録サイト数は約2倍の4.2社です。多くの転職サイトに登録するほうが転職活動は効率的に進めることができます。

Q:転職しなくても転職サイトに登録していいのでしょうか?

A:問題ありません。転職する・しないは個人の自由なので、転職する・しないに関わらず登録できます。個人的には社外における自分の市場価値を知るためにも、スカウトなどを受け取れる状態にしておくことをおすすめします。

Q:同じ企業に2つ以上の転職サイトから応募していいのでしょうか?

A:問題ないです。募集している企業と転職エージェントの関係性によって求人への通過率が変わることがあるので、転職エージェントAで応募して落ちても、転職エージェントBで応募したら通過する可能性もあります。そのため複数の転職サイトから応募するのがおすすめです。

Q:在籍している会社に転職活動をしていることはバレないのでしょうか?

A:転職サイトの設定の中に、現在の勤務先や取引先企業などに見られないようにする設定があります。自分の会社や取引先を除外しておくことでバレることを防ぐことができます。ただ、勤務中に面接に行くなどはバレてしまうことがあるので、有給などを使っていくことをおすすめします。

Q:転職サイト経由で内定をもらったら転職しないといけないのですか?

A:しなくても大丈夫です。自分が行きたいと思う企業であれば行くのが良いですが、内定したからといって無理に転職する必要はありません。転職エージェントの情報だけでなく、自分の今の環境や状況を見て転職を決めるのがおすすめです。

Q:50代におすすめの業界はどこですか?

A:平均年収の高い業界に転職することをおすすめします。各業界における平均年収は「業界別平均年収ランキング」などで検索すればすぐにわかります。転職サイトであるdodaマイナビ転職などを参考にしてみてください。

Q:50代はハローワークなどの就職支援機関を利用すべきですか?

A:利用することをおすすめします。ハローワークは仕事探しから就職までの一貫的なサポートが特徴で、すべて無料で利用できます。ハローワークが取り扱う求人は中小零細企業が中心ですが、転職サイトにはない求人もあります。

地方への転職の際にはハローワークのほうが良い、という口コミもあるので近くのハローワークを利用してみるのもおすすめです。

50代の転職体験談

ここでは、50代で転職している方々のSNS上での体験談などをご紹介します。

  • 薬剤師の友達が50代で仕事辞めた時、転職を繰り返すようになってたけど、今の私もそうかも。半年が限界。モチベーションが無くなって、嫌なことを我慢できなくなってる。老いから来てるのかな。友達もめっきり減ったし、自分の老後は孤独しか見えない。🫥

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職エージェントから聞いたチョイ良い話③】 コロナ後特に50代の中途採用の求職案件が増えた。 幹部の求職数は以前と変わらないが、専門性 を求める一般社員の求職数は多くなってきた 少子化、人手不足だけでなく50代まで培ってきた専門性を生かしたいという企業側のニーズが強くなっている

    出典:X(旧Twitter)

  • よっしゃ!転職アプリにまた復帰して登録してデジタル履歴書送信したら最短土曜日に面接が決まった、また50代での再就職活動再開や😤

    出典:X(旧Twitter)

  • 兄弟の話です。 私と同様に50代で会社員をやっているのですが、5年ほど前から税理士の勉強をし始めて、昨年、合格。 転職活動をして、今日、某税理士事務所から内定をもらったそうです🎉 50代で税理士になるとか、マジで凄い!

    出典:X(旧Twitter)

  • 50代の方から、面接に向けてどうしたらよいか。とご相談。 話が長い!! 技術力と専門性は高いのに勿体無い。 遠回しに伝えたけど、その後もずっと話が長い😇面接受からない理由はそれだよ〜😇 そんな年上の方々にはっきり話長いよ!って言えない…😇😇

    出典:X(旧Twitter)

  • マジな話、4~50代の転職は難しいのは確かですが、即戦力として迎えたいという企業も多くあるのも事実です。業歴の浅い企業やプロジェクトを立ち上げて一気に加速させたい会社は、経験豊富な人材を求めています。年齢の壁で諦めることなく常にチャレンジする気持ちが大切。探すコツは昼にリプします。

    出典:X(旧Twitter)

  • 知り合いの旦那さんの会社に転職してきた50代女性のお給料が500→900万になったと言っていて夢しかないなあと思った、それにしても転職成功しすぎでしょ🥹

    出典:X(旧Twitter)

  • 50代半ば、転職のお手伝いをしていた方が無事入社が決まりました。 現職は定年60歳。 今回ご紹介した企業は定年65歳、60歳以降も定期昇給あり。 現職は定年以降の継続雇用はかなりの給与カットで1〜2年で辞める方が大半、と。 このパターン割と多めですが、もったいないなぁと現職に思ってしまう…

    出典:X(旧Twitter)

  • 今日乗ったタクシーの運転手さんが「新米なんでまだ道がよくわからないんです」と言うので、前職を聞いたら、地方で介護士をしていて50代で転職したとのこと。「道覚えるの大変じゃないですか?」と言ったら、「前職も今もお客さんが教えてくれるんですよ」と。この人いい介護士さんだったんだろうな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 従兄弟が50過ぎて東京に転職移住した。 60代で函館に移住した叔母の両親が、退職金で購入した家を売り、80代で東京の老人介護施設に移住した。 人口減少で大都市圏の人口吸引能力が増しているんじゃなかろうか。 マイナンバーで国が人口流動を追いやすくなっているので、今後の統計が気になる。

    出典:X(旧Twitter)

  • 最近職場の50代の人が退職・転職してね。確かにあの人は持ってるスキルがマルチだしどれも質が高いからどこでもすぐにいけるんだなって感じたもんで。

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチに登録しておくと価値がよく分かる。 50代以上の転職はかなり難しい。 収入を気にしなければ、定年後の再就職の方がまだマシ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 先日の面接で人事部長が「同業で20年以上勤務した50代男性を採用、仕事がやっと決まり喜んでいたが1週間で辞めてしまった」と言っていて「恐らくこの人は仕事が合わなかったのではなく、転職と同時に燃え尽きてしまったのだろう」と思った。手段が目的化するとこうなる。

    出典:X(旧Twitter)

  • 50代で転職考えてる人。福祉業界ならチャンスがあります。人手不足だから。未経験OK、車の運転ができなくてもパソコン操作がヘタでも、人と関わるのが苦手でもOK。やる気と事業所との相性次第です。プライドを捨ててがむしゃらに取り組めば道が開けますよ( ^ω^ )

    出典:X(旧Twitter)

  • 【50代後半の法務部長、挑戦的な転職で「やりがい」を見出した事例】 👤 Mさん 50代後半/男性 法務部長 転職前:大手上場商社 年収:1500万円 🔄転職後:老舗グローバル企業 年収:1250万円 🔍転職動機 60歳定年を前に、キャリアの集大成としてやりがいを重視した転職を決意! 大手企業での長年の経験を活かし、新たな挑戦を求めて転職活動を開始されました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 同期が50代で、転職活動落ちまくってやっと決まったって言ってて、2週間休んだり1週間休んだり、3日連欠勤とかで、家庭の事情はしかたないけど、納得の出勤率 ふつうの会社ならもう契約切られてる うちの会社すごいな おんなじ給料で私は毎日残業してるのに同期はまだ研修の身という

    出典:X(旧Twitter)

  • 【これ有益】 4~50代で転職活動をする人は、様々な経験を積んでいるので「何とかなる」という考えで、準備不足で臨む人がいますが、かなりもったいない。 この年代こそ「書類の書き方」が上手じゃないものが多いです。ダラダラと書いていたり、情報量が足りないなど。 書類作成のコツはリプ欄↓↓

    出典:X(旧Twitter)

  • 50代以上の転職 ①レベルの高いマネジメントスキル ②年収ダウンの覚悟、条件面の現実理解 ③同じ業界、同じ職種の転職 ④定年、再雇用、定年後の年収帯や雇用形態の確認 ⑤豊富な実績の有無 ⑥凝り固まった考え、古いやり方や考え方ではないか 自分を客観視した自己理解から始めると良いです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 前職の外資系企業、ヴァイスプレジデントやシニアディレクター等の役職でも一瞬でクビ切られて50代で無職になってたので怖い世界だと思ってたけど、結局その後、その人たちは他の会社の日本法人社長や日系大手の役員に転職してて、たくましいな… と思った。強い経歴さえあれば、何も怖くないんだな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 大手転職エージェントさんとリモート面談しました。50代は書類通過率3%だそうです😱 エージェントの方、私の困りごとに真摯に答えてくれて波長がとてもあったのでとりあえず応募しまくりましたー はたして1社でも書類通過なるでしょうか?

    出典:X(旧Twitter)

  • キャリアサポート7年やって思うのは、40代・50代の転職・起業はこれまでの『棚卸し』がゼッタイ不可欠。「何をやり」「どんな人の役に立った?」「なぜそれが好き?」どんどん掘り下げ自己認識を深め自分を知る。『棚卸し』せずスキル不足だからと、新しい学びを始めるのはお金と時間がモッタイナイ。

    出典:X(旧Twitter)

  • ただ職場って実際に働かないとわからないからまだ安心は出来ないけど 福利厚生もいいし年収も上がる、 50代後半の転職としては良かった。 でも本当に辛かったよー 時給の仕事辞退してからは 自分が情けなくて 鬱っぽく夜眠れなくなったけど 夫君や友達がいて良かった。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動に疲れてきっていた12月、時給だけど仕事も人の感じも良かった会社に内定し一度は受けた。 ほっとしたもののモヤモヤし やはり正社員を諦めきれなくて内定の翌日に辞退。 もう一度もがいてみたら、納得できる正社員に内定。 来週から出勤。 続けられますように。 #50代

    出典:X(旧Twitter)

  • 外資での50代以降のキャリア 僕が知ってる人達は、こんな感じ。 ・在籍企業に居座る ・1、2ランク下の外資系企業に部長以上のレベルで転職 ・引退して悠々自適 ・独立開業 ・高級派遣でアルバイト 開業はうまく行かない人が多い印象。 外資でもちゃんと仕事してれば、50過ぎてもお金は稼げるよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • ▼年代別に求められるスキルや経験 年代に分けて、転職求人で求められることをご紹介 ◇50代・60代の場合 専門的なスキルや経験に加えて、健康管理を重視する企業が多くあります。 仕事に支障がないように自己管理ができるようにしましょう。 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【コレ大事】 50代・40代で職務要約を書く場合、キャリが多くなる場合場多いので簡潔にまとめることが難しいことがあります。その時は応募企業の「求める人物像」「求めるキャリア」を優先して書きましょう。そのためにもじっくりと求人票を読んでください。まずは採用担当者の目に留まることが大事。

    出典:X(旧Twitter)

  • 50代・40代の転職活動こそ、事前準備は怠らずに行いましょう。経験則で「何とかなる」の考えでは良い結果は無理。特に応募企業の情報収集は力を入れて下さい。ビジネスパーソンとして「情報収集・情報整理」の能力が見られます。なぜ応募したのか「応募動機」も同時進行でまとめておく必要があります。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【有益なこと】 「もう歳だから」の理由で転職を諦めるのはもったいない。50代・40代での転職も十分可能です。ただし、やみくもに転職活動をしても結果はついてきません。「ミドルシニア」に強い転職サイト・転職エージェントを上手に利用することが大切。ネットでのリサーチはしっかりやりましょう。

    出典:X(旧Twitter)

  • 40代転職希望者さん! 先日前職の50代上司から連絡ありました。 来月転職します!とだった。 50代半ばですごい決心! 元上司ですがマジ尊敬! 今や50代で楽に転職できる時代! 今の現状に満足してない人 まだまだ挑戦したい人 このままで終わりたくない人 今はもう何でもチャレンジできる時代!

    出典:X(旧Twitter)

  • 今年も今日で終わり 会社か解散し50代転職とタイヘンな1年 転職先では30下の人とともに作業 指導役ながら技術の吸収力は彼らのほうが遥かに高いので経験、知識、技術をお互いシェアしていく感じ おかげで鉄道趣味から離れ気味だけど来年は鉄道、仕事、サッカー観戦とやりたいことをさらに積みたいな

    出典:X(旧Twitter)

  • 確かにリーマン二弾構えは運は悪いです、本当に。 今の会社が外資ですが、転職回数を見られないためか、逆に氷河期世代が会社で一番多いです。 (40代で正社員とか50代でも委託になれます) 私も大卒ではなく女なので、社員になれる会社は田舎少ないですが、動けばワンチャンあるのになあ...って。

    出典:X(旧Twitter)

  • 失礼します。アルゴリズムで自分の関心にそってポストが優先的に上がってきているのもあるかもしれません。自分の場合、年齢が高い方での転職者等のポストがよく上がってきます。 求人サイトも40代、50代も働いています!って内容が多いです。実際夜勤が多いところに4~50代が多い印象です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 54才転職活動途中経過 12月14日開始 ・門前払い→10社 ・履歴書職務経歴書送付→2社→落ちる😂 ・履歴書職務経歴書送付→面接→内定1社 酷い😂笑 50代の転職大前提 ①仕事をしながら転職活動 ②同じキャリアでの転職活動 この2つの大前提を外しての転職活動は地獄です😨

    出典:X(旧Twitter)

  • 外資IT:普通に50代は居ますよ。定年退職者も、ちらほら。外資は定年無しの会社も多く、敢えて、そこに転職して働き続ける人も。上位ポジションの人は、JTCに役員等で転職。そのコネで転職する30・40代も多い。上手くやる人・嫌われる人、それぞれでしょうが、肩身狭いとかは、気にしてなさそう。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【50代の転職・成功するコツ⑦】 会社を辞めて転職せざるを得ない人は 無収入の期間が長くなる事を覚悟して下さい。 その為には下記の事を考慮して下さい 1. 失業保険を出来るだけ多くもらう。 2. 退職金は最低限の生活費のみに使う 3. 家族も働く(共働き) 4.副業も考える(時間はある)

    出典:X(旧Twitter)

  • 50代で転職をすると決めたときの学び。準備は辞める前にするのがベストです。とはいえタイミングがうまく合うとは限らないのが50代。まずは半年、1年の計画を立てる。支出は最小限に抑える。もちろんアルバイトやバイトも考えました↓

    出典:X(旧Twitter)

  • 【50代の転職・成功するコツ⑥】 50代の転職活動は内定が中々入手 出来ず活動中へこみます 私もそうでした 完全にリタイヤするまでは 働く目的を自分に言い聞かせて 内定が出るまでファイテイング ポーズを取り続けて下さい 生活費、教育費、老後資金、生きがい 働く目的はエネルギーの源です

    出典:X(旧Twitter)

  • 【50代の転職・成功するコツ⑤】 転職する事を決意したら下記を原則として下さい 1. 可能な限り働きながら活動をする 2. 最低条件(年収、勤務地、職種)を最初に決める 3. 数(応募数)と しつこさで勝負する 50代になるとまず書類審査は通りません。 収入を得ながら長期戦の覚悟は必須です

    出典:X(旧Twitter)

  • 【50代の転職・成功するコツ④】 50代で転職するかどうかは定年までの 逆算で考えて下さい。 1. 年金支給が開始されるまで 我慢した方が家族や自分の為である。 又は 2.どうしても耐えられない、退職せざるを得ない 可能な限り1を追及すべきです。 2の場合は転職軸を改め確認し納得して下さい

    出典:X(旧Twitter)

  • 【50代の転職・成功するコツ③】 直接応募を積極的に活用する事が得策です。 実際に受け取った側の企業も熱意や特殊なケース として書類を見てくれる事が多いです。 リファラル等の紹介も良いと思います。 転職エージェント経由だと彼らの判断 でふるいにかけたり、ひどい時は連絡も 来なくなります

    出典:X(旧Twitter)

  • 応募件数1500件以上。 面接件数60件以上。 50代凡人会社員2年間のリアルな転職活動はこんな感じ。エージェントの人たちは希望職種や志望動機を聞いてくるけど、正直そんなものはどうでもいい。転職先でいかに結果を出すかだけ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分 は50代半ばからそう思って転職し(総合病院でのNsのマウント合戦に疲れた)、家でも(離婚は住宅ローンとか色々面倒くさいので)ほぼ家庭内別居です。夜勤が多いので、寝室別の良い言い訳になってます。✌️食事は基本私だけ別。だから支度も片付けもしないお約束です😏

    出典:X(旧Twitter)

  • 40代、50代は転職理由がいちばん大事。 20代なら他の会社も見てみたいが通用するが、40代でそれはないよね。転職することでどんな課題を解決したいか?これを言語化しましょう。書いていないと、書けない理由があると採用担当にネガティブ変換されます。ご注意を!

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分を含め、50代で今の会社を辞めたくて転職活動している人のほとんどは「このままでは組織に潰されてしまう」くらいの危機感があるから活動しているのであって「人間関係がうまくいかない」程度の理由で活動している人はごくわずかだと思う。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動中(長引いた)の知人50代へのアドバイス…という名の闘魂注入。 ・自分の価値を、見る目節穴の他人のジャッジに左右させるな! ・辛い時こそ、自分に最高値をつけろ!市場の値付けなど意味なし! いくつかもらったうちの最後にもらった内定は、自分史上最高値のご提案だったそうです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 40代50代ならではの転職成功の秘訣は何ですか?とよく聞かれます。年齢に比例して求人倍率が低下することは総論的事実ですが、誰にでも有効な魔法のようなノウハウなど存在しません。自分が"勝てる土俵"を見つけ、ひたすら前のめりな挑戦あるのみです。結局、諦めない闘志こそが最強の武器になります。

    出典:X(旧Twitter)

  • 前職の先輩(50代、国税ではない)が現職より良い条件で上場企業に転職した。経験も人脈も豊富な人なのて知人や縁故に頼りがちだけどそれだけでなくエージェント経由などかなり積極的に動かれていた。年齢に関わらず最善を尽くして動いた結果だと思う。

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は50代半ばで転職しました 職種も違うのでそれなりに苦労してますが チャレンジです 学ぶことも沢山あり人としてはスキルアップできてると思いますが 苦労は絶えません どちらの選択もメリット デメリットがあると思いますのでよく考えて行動してくださいね

    出典:X(旧Twitter)

  • 先週、50代で海外駐在された方と会食しました。2年前に営業職から総務に配属され、悶々とした生活を送っていたようですが、もう一花咲かせたいと海外駐在できる会社を探し、転職成功されたとのことでした。 今は年齢関係なく転職できる時代になってきてるんですかね? 何より50代で挑戦はかっこいい✨

    出典:X(旧Twitter)

  • 50代の転職は専門職じゃない限り 自分の希望が叶うと思わない方がいい 50代じゃなくても当たり前だけど 初めは希望やプライドや願望で エントリーしていても 半年も選考が通らなかったら 始めの動機なんて、すっ飛んで 片っ端からエントリーするようになり神頼みになるのは一般的 引っかかるご縁が大切

    出典:X(旧Twitter)

※シニア求人サイトのランキングが気になる方は、60代転職サイト記事をご覧ください。

50代の転職サイト・転職エージェントまとめ

50代におすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介させていただきました。

50代の転職は、正社員に限らず、アルバイトやパートタイマー、契約社員のような選択肢もあります。正社員以外の仕事探しには「正社員におすすめの求人サイト」をご覧ください。

また、経験やスキル、実績から専門性やマネジメント能力を持っている50代の人は、正社員や役員として転職できる可能性もあるので、エクゼクティブ向けの転職サイトや転職エージェントを利用してみてください。

※このあたりは『ハイクラスにおすすめの転職サイト・エージェントランキング』をご覧ください。

50代の転職成功のためにも、あなたに合った転職サイトや転職エージェントを探してみてください。参考になれば幸いです。

50代のおすすめ転職サイト比較

最後に、50代の転職に役立つ転職サイトと転職エージェントの求人数やおすすめポイントをまとめた比較表です。こちらから自分に合ったサイトを比較して、検討してみてください。

サービス名リクルートエージェントマイナビミドルシニアFROM40パソナキャリアdodaリクルートダイレクトスカウトビズリーチJACリクルートメントクライス&カンパニーdoda Woman CareerLIBZ(リブズ)マイナビエージェント(女性の転職)type女性の転職エージェントリクナビNEXTマイナビ転職typeハローワークインターネットサービスミイダスOpenWork転職会議ライトハウス
運営会社株式会社リクルート株式会社マイナビミドルシニア株式会社ダトラ株式会社パソナパーソルキャリア株式会社株式会社リクルート株式会社ビズリーチ株式会社ジェイエイシーリクルートメント株式会社クライス&カンパニーパーソルキャリア株式会社株式会社リブ株式会社マイナビ株式会社キャリアデザインセンター株式会社リクルート株式会社マイナビ株式会社キャリアデザインセンター-ミイダス株式会社オープンワーク株式会社株式会社リブセンスエン・ジャパン株式会社
公開求人数375,537250,87116,84034,933237,109261,314107,56012,1738,187237,109339非公開9,752110,69324,3682,6341,233,416424,950社64,674412,850377,918社
非公開求人数226,913非公開3,000件以上非公開42,154非公開非公開非公開18,30742,154非公開非公開17,450非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開
おすすめ度★★★★★★★★★・★★★★・★★★★・★★★★★★★★★★★★★★・★★★★★★★★★・★★★★★★★★★★★★★★★★★★★・★★★★・★★★★★★★★★・★★★★★★★★★・★★★★★★★★★・★★★・・
利用料金無料無料無料無料無料無料有料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料有料無料無料
対象年代20代~50代40代〜60代40代〜50代20代〜40代20代〜50代30代〜40代20代〜40代20代〜40代30代20代〜50代30代〜40代20代〜40代20代〜40代20代〜40代20代〜40代20代〜40代10代〜60代20代〜40代20代〜50代20代〜50代20代〜50代
種類転職エージェント転職サイト転職サイト転職エージェント転職サイト転職サイト転職サイト転職エージェント転職エージェント転職サイト転職サイト転職エージェント転職エージェント転職サイト転職サイト転職サイト求人サイト転職サイト口コミサイト口コミサイト口コミサイト
エリア全国全国全国全国全国・海外全国全国全国東京・神奈川・埼玉・千葉全国・海外全国全国東京・神奈川・埼玉・千葉全国全国東京・神奈川・埼玉・千葉全国全国全国全国全国
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

(公開求人数、非公開求人数:2024年2月21日現在)

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報