未経験の転職に強いおすすめ転職サイト・エージェント12選|未経験転職を徹底解説

未経験のおすすめ転職サイト

未経験におすすめの転職サイト・エージェントのおすすめはどこなのか?

日本には、約19,000社の転職サイト(厚生労働省「職業紹介事業報告書」)が存在し、年間約60万人もの人が転職サイトを利用して転職をしています。

その中でも、未経験の転職に最もおすすめの転職サイト・エージェントは下記の2社です。

■ 利用者の60%が年収アップ
『リクルートエージェント』

■ すぐに登録できる20代未経験向け転職サイト
『doda』

上記2つが未経験におすすめの転職サイトとなりますが、本記事では求人数や特徴、口コミによる評判などもご紹介しますので、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。

目次

本記事は、転職の専門家であるmotoが、未経験におすすめの転職サイトを比較・ランキング形式でご紹介しています。20代や30代など年齢別や女性向け、目的別におすすめの転職サイトエージェントをご紹介します。

未経験で転職を考えている人やキャリアに悩んでいる人、どの転職サイトを使うか迷っている人は参考にしてみてください。

※全年代におすすめの転職サイト転職エージェント記事も合わせてご覧ください。

【転職の専門家】motoについて

moto

戸塚俊介。moto株式会社代表取締役。リクルートマイナビなど7社へ転職。転職経験やキャリアに関する発信がForbes日経ビジネスに取り上げられ、X(旧Twitter)フォロワー数は12万人超。著書に『転職と副業のかけ算』『WORK』。詳細はプロフィールをご覧ください。

未経験に強いおすすめ転職サイト・エージェント
リクルートエージェント 業界最大手のリクルートが運営する転職エージェント
doda 求人が豊富でサポートも手厚い転職エージェント
マイナビジョブ20’s マイナビが運営する20代の若手求人が豊富な転職エージェント
DYM就職 書類や面接の選考通過率、正社員としての採用率が高い
UZUZ(ウズウズ) 第二新卒経験者が面談をしてくれる転職エージェント
就職Shop 書類選考不要で面接に進める
ハタラクティブ 求人の80%以上が未経験可の正社員求人
キャリアスタート 独自の適性診断で求人を紹介してもらえる
type転職エージェント 若手からシニアまで豊富な求人を保有する転職エージェント
JAIC(ジェイック) ビジネスマナーや営業の基礎を学ぶ研修あり
マイナビエージェント 全国の求人が豊富な転職エージェント

未経験におすすめ転職サイト・エージェント

未経験におすすめの転職エージェントをご紹介します。いずれも未経験歓迎の求人が多い転職エージェントなので、迷ったら下記の転職エージェントの中から選んで登録してみてください。

1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:409,306(2024年6月12日現在)
求人数増減:+2,149(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

未経験転職におすすめの転職エージェント1つ目は『リクルートエージェント』。

人材業界大手のリクルートが展開する転職エージェントサービスで、保有求人数は業界最大数を誇ります。非公開求人だけで10万件以上あるため、未経験でも自分に合った求人を見つけられる可能性が高いです。

また、リクルートエージェントは、各業界を熟知したキャリアアドバイザーが面談を行ってくれるため、未経験でも転職できる求人を紹介してくれます。未経験の仕事に転職したいすべての人におすすめの転職エージェントです。未経験歓迎の求人数も最も多いです。

出典:公式サイト

リクルートエージェントの口コミ評価

  • 23歳・男性
    未経験の業種への転職を希望していたので、「転職 おすすめ」検索で上位に出てきたリクルートエージェントを利用しました。担当の方が親身になって求人情報を提供してくれたりアドバイスしてくれたため、思っていた以上に早めに希望の職種に就くことができました。

  • 自分に合った求人情報を紹介してくれる印象があります。

  • 25歳・女性
    リクルートエージェントを利用して、未経験からIT業界に転職しました。担当の方が自分の希望やスキルに合った求人情報を提供してくれたため、転職活動がスムーズに進みました。

  • また、求人情報の更新も早く、自分の希望に合った求人情報が随時届いたのが良かったです。転職後も数か月の間は不安がないかなど確認してもらえ、そういったケアもあったのがとても良かったと思います。

2:doda

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:246,087(2024年6月12日現在)
求人数増減:+2,045(先週比↑up)
【公式サイト】https://doda.jp/

未経験転職におすすめの転職エージェント2つ目は『doda』。

dodaは大手人材会社であるパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。求人数は業界最多で、未経験歓迎の求人も最も多く掲載されています。

dodaはサイト内で適正年収がわかる診断機能や、履歴書と職務経歴書を作れるレジュメビルダーなどがあるので、初めての転職で未経験転職をしたい人におすすめの転職エージェントです。

出典:公式サイト

dodaの口コミ評価

  • 24歳・女性
    dodaを利用して未経験ながら営業職に転職しました。dodaの求人情報は充実していたので、自分に合った求人情報が多くあったと思います。また、自分の希望条件に合わせた求人情報がおすすめとして送られてくるので転職活動がとてもスムーズに進められました。

  • ただ求人情報が多すぎて、あれもこれも気になってしまい自分で絞り込みをするのが大変でした。

  • 24歳・女性
    dodaを利用して、未経験から医療事務の仕事に就くことができました。担当してくれたアドバイザーの方が企業ごとの内部をしっかり把握されていいたので、どういったことに強いかや雰囲気までしっかり教えてもらえるのがとても良かったと思います。

  • 自分の中で合う合わないの選択がきちんとできるのは転職活動においてとても助かりました!

3:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s

口コミ:マイナビジョブ20’s 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:5,805(2024年6月12日現在)
求人数増減:-21(先週比↓down)
【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

未経験転職におすすめの転職エージェント3つ目は『マイナビジョブ20’s』。

マイナビジョブ20’sは未経験歓迎の求人が充実しており「未経験歓迎」で検索できるなど、サイト自体が使いやすいのが特徴です。また、キャリアアドバイザーのサポートもしっかりしていることで定評があります。

サイト内にある適性診断やキャリアアドバイザーとの面談で、あなたに合った求人を紹介しれくれるため、転職者の定着率も約94.6%と高い数字を出しています。

未経験者の転職ノウハウも多く保有しているので、未経験職種や業種への転職を考える人におすすめです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

マイナビジョブ20’sの口コミ評価

  • 23歳・女性
    担当していただいたアドバイザーの方は話がしやすい方でした。なので、自分の気持ちをはっきり話すことができたので良い結果に繋がったと思います。また、面接の前に必ずアドバイスをいただけるので落ち着いて面接に行くことができました。

  • エージェントの方が私と境遇が似ていたということもあり相談し易く、しっかりとしたフォロー(求人紹介や面接対策)で志望した企業から内定を頂けたため、是非利用すべきだと思いました。

  • 24歳・男性
    手厚いサポートのおかげで納得のいく転職が出来ました。こまめに連絡をくださったことで信頼感がありましたし、メールだけでなくLINEを通しての連絡もできたことから確認と返信がしやすく、就業中で時間が無い中でもスムーズに進めることができました。

  • 面接対策もオンライン面談と想定回答添削のどちらもしっかりやっていただいたことで、毎回自信を持って臨むことが出来ました。求人情報の更新も早く、自分が希望する条件の求人が随時届いたのも良かったです。

  • ③オファーサイト 転職するならこれ。あなたに合った企業のスカウトが受け取れる。転職活動は未経験でも大丈夫。若手を積極採用してる会社が多かった。書類作成や面接対策も非常に充実。多数の実績があり書類添削や面接対策が丁寧なマイナビジョブ20’sはマジオススメ→()#pr

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビジョブ20'sは、 「20代専門の転職エージェント」です! 初めての転職🔰や第二新卒の方は勿論、 既卒未就業の方や短期離職してしまった方も大歓迎! マイナビグループ独自のノウハウで サポートいたします! ▼面談予約はこちらから

    出典:X(旧Twitter)

  • これも絶対登録して。内定が取れない方必見。あなたに合ったスカウトを受け取れる。転職活動は未経験でも大丈夫。若手を積極採用してる会社が多かった。書類作成や面接対策も非常に充実。多数の実績があり書類添削や面接対策が丁寧なマイナビジョブ20’sはマジオススメ→()#pr

    出典:X(旧Twitter)

  • ウズキャリにはもうキャリア相談しないと思う。 相談者の経歴を一方的に聞いてきて、被害にあったアカハラの事まで聞かされた。 求人紹介にしても不安にさせるような事しか言わないしマイナビ20'sの方が遥かにマシだった。

    出典:X(旧Twitter)

  • ご存じですか?職種と業種の違い。どちらも似たような言葉なので違いを説明するのは難しいのではないでしょうか。こちらの説明に加えて自分に合った職種の見つけ方もお伝えします。 #転職 #第二新卒 #既卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 「履歴書は折っていいの?」と心配になる方必見。就活・転職活動において、こういった細かいことの1つ1つが不安になってしまう方もいるのではないでしょうか。履歴書の正しい折り方や郵送時の注意点などをまとめましたので、不安を払拭しましょう。 #転職 #第二新卒 #履歴書

    出典:X(旧Twitter)

  • 既卒者を受け入れている企業、見つかりますか?求人情報を見ていても、新卒専門なのか、既卒でもいいのか、中途採用だけなのか、分かりにくい求人もあるのではないでしょうか。実は同じ悩みを持つ既卒の方は60%もいるんです。探すのに苦労している方はご連絡ください。求人検索もお手伝い致します

    出典:X(旧Twitter)

  • 働きやすい職場に転職できるかどうか、大きな不安だと思います。「転職してみたら職場環境が自分に合わなくて失敗した」なんてことは避けたいですね。自己分析でどんな職場環境が自分に合っているか分析してみましょう。理想の転職のためにしっかり準備することが大切です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 上司や同僚には秘密でにこっそり転職したい、という方、お任せください。多くの転職エージェント様と同じように、弊社でも転職情報が洩れる事はありません。「会社の人に伝わるのが怖くて転職に踏み出せない」という方は是非一度ご相談ください。

    出典:X(旧Twitter)

  • 履歴書があるのに面接で自己紹介をする理由は 「人柄を知りたい」 というのは勿論、 「簡潔に話す力があるか」 「コミュニケーション力は問題なさそうか」 もあります。 自己紹介は何度も使う内容のためしっかり磨き上げていきたいですね。 #マイナビジョブ20s

    出典:X(旧Twitter)

  • ボーナス(賞与)の支給日はいつ?平均金額はどれくらい? 労働者に対し、定期給与や残業代などとは別に支給する給与です。「労働の対価」として扱われており、賃金の1つとして考えられています。会社からは「恩給」として考えられています。 #転職 #第二新卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 意外と知られてない事実ですが、8月は3月に次いで中途採用が活発化します。夏の就活の印象がないかもしれませんが、新卒採用が落ち着いたからこそチャンスかもしれません。転職を考えている方、今からの準備でも8月の応募に間に合います。一緒に履歴書・職務経歴書・面談対策を行いましょう。

    出典:X(旧Twitter)

  • 8月は既卒・第二新卒の方にとってチャンスです。新卒の方は90%以上が「就活がひと段落した」と考えるタイミング、つまり、採用枠が余った企業が現れるタイミングとも考えられます。今から情報収集や自己分析、書類作成など一緒に始めていきましょう。 #マイナビジョブ20s

    出典:X(旧Twitter)

  • 8月は新卒採用がひと段落し、中途採用が活発化します。また、8月はお盆休みがあり、まとまったお休みが取れるのも特徴。8月に向けて転職活動の準備を行いましょう。8月の転職活動開始に間に合うように準備を一緒にしませんか?まずは一度、情報収集兼ねてご相談ください。 #マイナビジョブ20s

    出典:X(旧Twitter)

  • 最終学歴とは?履歴書の書き方や注意点をパターン別に解説 就職活動や転職活動で提出が求められる履歴書には、学歴の記入欄があります。短大を卒業後に専門学校で学んだ場合などは、最後に卒業した学校を最終学歴としても問題ありません。 #転職 #第二新卒 #最終学歴

    出典:X(旧Twitter)

  • 20代で転職するなら、マイナビグループの転職エージェントがおすすめ。どちらも首都圏中心ではあるが、求人の中身は違う。マイナビジョブ20'sは「転職の軸が固まっていない」方にはおすすめ。デメリットとしては、求人数が大手より少ないこと。しかし、それとて補う手段はある。例えば、求人数が多い大手を併用すること。マイナビエージェントはグループの強みがあるので、登録必須。パソナキャリアは、丁寧なサポートで有名なので、20代には良いと思う。リクルートエージェント、dodaは言わずもがな、登録必須のエージェント。

    出典:X(旧Twitter)

  • 20代・女性の方へ 女性が仕事、もしくは転職をする上で大切なポイントとなってくるのは何でしょうか? 貴重な時間をどう過ごすのか、企業は何を求めているかなどを解説します! #転職 #第二新卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は本当に自分で何かをしなきゃいけないとなるとそれが苦痛で無理だってんですよ、、笑 だからハタラクティブとRe就活は合いませんでした💦マイナビジョブ20'sに登録しましたよ!はじめは担当の方とweb面談して経歴とか希望職種を聞かれたりしてまたこれかって思いましたけど決まるまで早かったです🥹

    出典:X(旧Twitter)

  • 今日、マイナビジョブ20'sに登録した 使い方はよくわからないけど、登録したらエージェントから電話が掛かってきてそこからカウンセリングや書類作成、求人紹介になるのかな? とりあえず、聞かれそうなことは予め考えて答えられるようにしたい

    出典:X(旧Twitter)

  • ・マイナビジョブ'20 運が悪かったんだろうけどエージェントの質が一番悪かった。求人の質も最悪。20代に特化って何が?というレベル。求人が合わない旨を伝えたら求人メールすら届かなくなった。同じ事を何度も聞いてくるし時間の無駄だった。

    出典:X(旧Twitter)

  • doda使ってるんですが、職歴ボロボロすぎて書類通らないんですよね😇 エージェントのおすすめはマイナビジョブ20'sです。(エージェントってよりかは私の担当者の方が良い方なのかもしれませんが🥲) #Peing #質問箱

    出典:X(旧Twitter)

  • 初めまして。 私は主にマイナビジョブ20's。 マイナビエージェント、ゼロタレント、あとは自分の目指した分野専門のエージェントを使っていました!今は転職活動お休みしていますが何かお役に立てることがありましたら是非...!!

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビジョブ20sの面談だったんだけどすごい良かった これ担当によって当たり外れがあるだろうけど自分の担当してくれた女性の方話しやすいし綺麗だし口調優しくてほんとに思ってること話せたし綺麗だし他の人にもおすすめしたいぐらい なんなら楽しかった何度も会社辞めて通いたいぐらい #就活

    出典:X(旧Twitter)

  • いぐあなさんこんばんは🌝私はリクルートエージェントとマイナビジョブ20'sと第二新卒エージェントneoとその他諸々中小エージェントと面談しました☺️今は転職活動お休みしたくて全部サポート中止しちゃったのですが、マイナビジョブは対応が凄く良かったです︎︎︎︎︎☺︎

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビジョブ20'sからメール来ることあるけど、さすがにテンプレ文章の名前だけ変えて送ってるのは分かるけど、名前の所が全然知らん人の名前のままスカウトメール送られてきてもね、、 インターン生が打っとん?とか思うわー 自分が学生インターンの時、転職者に向けたスカウトメール作ってたし🤔

    出典:X(旧Twitter)

4:DYM就職

DYM就職

口コミ:DYM就職 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://www.dshu.jp/

未経験転職におすすめの転職エージェント4つ目は『DYM就職。未経験の20代、高卒やニート、フリーターに強い転職エージェントです。

DYM就職は「学歴不問・職歴不問」をコンセプトに掲げている転職エージェントで、専任のキャリアアドバイザーが面談を通して一人ひとりに合った求人を紹介してくれます。

DYM就職は、書類や面接の選考通過率が高い点や、正社員としての採用率が高い点が評価されており、20代の未経験・第二新卒、フリーター・ニートなど経歴に自信が持てない人も安心して利用できる転職エージェントです。

未経験歓迎、経歴不問、正社員の求人を探している方におすすめです。

出典:公式サイト

DYM就職の口コミ評価

  • 22歳・男性
    私は地元の転職で利用しましたが、DYM就職が一番おすすめです。よくある求人だけでなく、地元の信頼できる会社の求人を紹介してもらえました。紹介してくれる会社はDYM就職の担当の方が調査しているとのことなので、安心できました。

  • また、私を担当してくださった方が私の話をよく聞いてくれて、とても頼りになりました。転職に悩んでいる友人にも、この転職サイトをおすすめしておきました。

  • 24歳・女性
    20代の未経験に強いということで登録しました。とても対応が良かったです。全て面接へ行ける企業を紹介してくれるので、スムーズに活動できた点が良かったです。

  • おかげさまで私は3週間ほどで転職できました。担当の人はいつも丁寧で、面接対策などもしっかりとしていただきました。内定が出たときは一緒に喜んでくれたりしたので、本当に嬉しかったです。

  • 27歳・男性
    私の担当だけかもしれませんが、とにかく対応が早かったです。在籍しながらの転職活動でしたが、気になった点について即座に解決し、詳しい話を聞くことができました。ほかの転職サービスと違って自分のペースで進めることができたのが良かったです。

  • また、面接対策をしっかりできた点も良かったです。親身になって指導してくれたこともあり、面接でスムーズに話せるようになりました。担当してくださった方が同年代で話やすかったです。

5:UZUZ(ウズウズ)

UZUZ(ウズウズ)

口コミ:UZUZ(ウズウズ) 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://uzuz.jp/

未経験転職におすすめの転職エージェント5つ目は『UZUZ』。

面談に他社の10倍時間をかけるというサポート体制が魅力で「内定率86%」「定着率96.8%」という高い実績を持っています。また、キャリアアドバイザーが全員第二新卒経験者の20代であるため、彼らの経験も踏まえてキャリア相談に乗ってくれます。

掲載されている求人数は多くないですが、各企業とのつながりが深いため、求人や企業について詳細な情報を共有してくれます。厳選した未経験歓迎求人を紹介してほしい人におすすめの転職エージェントです。

出典:公式サイト

UZUZ(ウズウズ)の口コミ評価

  • 23歳・女性
    他社エージェントと比較してもuzuz様は親身な対応で、相談がしやすいのがメリットだと思います。転職活動が初めての方や、不安が強い方ほどuzuz様のサービスのありがたみが感じられると思います。

  • また、社内にIT業種専門の方がおられるようなので、もしIT業界に興味がある方はかなり詳しくお話を伺えるため、このような方にもメリットになると思います。未経験でも転職活動へのモチベを保ちながらできるので、おすすめしたいサービスですね。

  • 23歳・男性
    最初はエージェントを付けずに自分1人で転職活動を行っていましたが、なかなか就職先が見つからない状況でした。そのような状況の中UZUZさんを利用したところ、自分に合った職種が分かり、約3週間ほどで内定をいただくことができました。

  • 面接対策などもこまめに行なっていただき、転職を成功させることができました。未経験や初めてのときほど、ちゃんとエージェントを利用するべきだとも勉強になりました。

  • 20代の既卒、第二新卒にオススメの転職エージェントはUZUZ🫶🏻 職務経歴書や履歴書の書き方、面接対策まで他の転職エージェントより丁寧に対応してくれるから内定率が超高い! フリーター、無職の方ももちろん対応可能なので是非相談してみて🙆🏻‍♀️ #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • わかる~新卒ってカモみたいなもんだからブラックばっかり勧められるよな、思い出したわww🥲 偉い👏でもその方がいいよ🥺自分も新卒と転職で就活したけど若いうちに行動早くした方がいいなって思ったし。エージェントはuzuz、 うん!私でわかることならなんでも😊焦りすぎず頑張ろうね!!

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェントを使うなら、絶対本音を言った方がいい。だって素の自分を出した分だけ、求人のマッチ率はグンと高まるから。逆に見栄を張ったり嘘をつけば、紹介される求人は“上辺”になる。それってめっちゃもったいない。面談にかけた自分の時間を無駄にしないためにも、変にかしこまるのはやめよう

    出典:X(旧Twitter)

  • 第二新卒など初めて転職する人はUZUZにサポートしてもらってください。若手特化なので、丁寧にサポートしてもらえます。 ・ブラック徹底排除 ・総面談時間長い(相談しやすい) ・業務内容 ・働き方を事前に教えてくれる(面接対策しやすい) ・業務内容理解して入社するからミスマッチ少ない(定着率93%) こちらから→ #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • 適材適所は本当にある。だから「この会社だと体調悪くなるな…」という方は、転職するのも大アリだよ。実際UZUZ社員の中にも“労働環境が合わずに一度体調崩した人”を何人も採用したこともあるけど、今はバリバリに活躍してくれてる。その体調不良、自分じゃなくて「環境」のせいかもしれないよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • ①スキル不足②経験不足 これらに該当する人はまず対策や方針を決めると行動にうつしやすくなります。第二新卒や既卒、フリーターやニートの方にオススメなのがUZUZ。 ・ブラック徹底排除 ・総面談時間長い(相談しやすい) ・業務内容 ・働き方を事前に教えてくれる(面接対策しやすい) ・業務内容理解して入社するからミスマッチ少ない(定着率93%) こちらからドウゾ。 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • 第二新卒の転職活動では「可愛げ・愛嬌」が大事。もちろん経験・スキルも問われるけど。それ以上に「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえた方が良い。事実、面接で噛んじゃった時に「てへっ」とできる人の方が面接通過率は高い。だから笑おう。10年間、若手の就活サポートして辿り着いた真実。

    出典:X(旧Twitter)

  • 仕事内容を伝えづらい第二新卒や既卒、フリーターやニートの方はプロの力を借りるのが早いです。特にUZUZはキャリアカウンセラーが全員同じ境遇だから悩みに共感してもらえるし、成功体験を伝授してくれるから面接も安心して受けられる。 <特徴> ・ブラック徹底排除 ・総面談時間長い(相談しやすい) ・業務内容や働き方を事前に教えてくれる(面接対策しやすい) ・業務内容理解して入社するからミスマッチ少ない(定着率93%) 社会人経験浅い人はチェックしてみてください。 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • 断言しますが20代でニート、フリーター、第二新卒でも就職・転職を諦めちゃダメです。UZUZ #PR なら「就職支援の実績5万2千人、入社後の定着率93.6%、登録企業社数3000社以上」『第二新卒、ニート、フリーターの実績多数。UZUZ代表 岡本さんやスタッフにも同じ経験があるので、目線を合わせたしっかりと寄り添ったサポートが可能」実は僕も…

    出典:X(旧Twitter)

  • 「職歴が浅く学歴に自信がない」と言う人におすすめ。『第二新卒・フリーター・ニートOKのUZUZが大人気』。#PR 転職後の定着率93%。大手企業からベンチャーまで取引社数3,000社あり。キャリアアドバイザーに、不安なことを相談できる。平均20時間の手厚いサポート。Google口コミ362件で4.4の高評価。 リンクと詳細は↓

    出典:X(旧Twitter)

  • 『新卒で入った会社を間違えた』と思ったら第二新卒の転職に特化してる『UZUZ(ウズウズ)』がオススメ。エージェントが20代中心なので20代のキャリアサポートが充実してます。大手からベンチャーまで求人があるので職歴浅い・学歴不安な人は相談してみると良いです。 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • ブラック企業かのジャッジポイントとして「離職率」は大事。でもそれだけでは決まりません。業界によっては“キャリアアップで転職が当たり前”な場合も。また、逆に離職率が低い会社は「出世しにくい」「働かないおじさん発生」のデメリットが隠れてる場合も。会社を判断する時は複数の切り口を参考に。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェント12年目の私から一言。「挫折経験はありません」と言う人、めちゃ損しています。「挫折経験がない=失敗しない範囲だけでしか動けない人」と捉えられちゃうから。安全圏だけにいると、少しの失敗でも挫けて“本当の意味での自信”が持てない。挫折経験は人を大きく成長させるものなんだよ

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職のプロとして言わせてほしい。「最低3年勤めないと転職できない」は嘘。転職先の選択肢はたくさんある。でも「2連続での短期離職」は、かなり危ない。書類選考率がガクンと下がります。だから「勤務3年未満で転職はできるけど、転職先は慎重に選んで2社目でがっつりスキルをつける」が正解。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェントを使うなら、本音をぶつけることを推奨してる。素の自分を出せば出すほど、マッチする求人を出される可能性がグンと高くなるから。本音を出して合わないエージェントだったら、スパッと切ってサヨナラしよう。人材紹介会社は世の中に2万社もある。あなたに合うエージェントは必ずある

    出典:X(旧Twitter)

  • 人材会社を経営して、はや12年。“環境のミスマッチで実力が発揮できてない人”は12年間ずっと多い。「努力しても全然結果がでない」「働いててどんどん辛くなる」それなら、転職も視野にいれてみて。それは“あなた個人の問題”ではなく、“職場があってないだけ”の確率が、実はかなり高いから。

    出典:X(旧Twitter)

  • 人材紹介会社を経営して12年目。1,000人以上の転職者と話してきてわかった“真理”は、「面接は笑顔が何より大事」「どの職場にも嫌な人はいる」「退職理由はたいがい人間関係」「今より良い環境はいくらでもある」「3年働かずとも転職はできる」「"どこに行っても活躍できないぞ!"の脅しは嘘」

    出典:X(旧Twitter)

  • 第二新卒の転職活動、経験やスキルも大事。だけどそれ以上に「可愛げと愛嬌」が大事。これは間違いない。事実、面接で噛んじゃった時も「てへっ」とできる人の方が面接通過率は高い。結論言いたいのは「この人と一緒に働きたい」と思ってもらうためにも、力みすぎず笑顔を忘れずにね、ということ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェント経営12年目の私からアドバイス。「ちゃんと就活していれば」と後悔してるなら、今こそが本気で動くタイミングだよ。“今”なら現段階の最短ゴールが目指せる。大丈夫。逆境から就活成功させた人を何百人も見てきた。後悔を行動に変えて、人生を前に進めよう。諦めるのはまだ早いよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • SES会社を経営していて思うのは「案件選択制度」はマジで大事。転職を考えているエンジニアの多くは「自分のキャリアを自分で選べない」ことに大きな危機感を持っています。そりゃ当然だよね。エンジニア人生を左右する「大事な現場」を選べないなんて、怖すぎる。ESESは客先OK出た後でも、断れます。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェント歴12年。「好きだから」を理由に仕事を選んだ結果「仕事が嫌いになった」人をたくさん見てきた。これは「サービスを受ける側」としての“好き”が先行していたことが原因。だから就職先を決める時は「好き」以外の理由も見つけておこう。そうすれば、入社後のギャップも減らせるよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 20代未経験OKの 「ウズキャリIT(無料)」という IT専門転職エージェントがありますよ。 利用の注意点は、気に入らない求人をすすめられた時は、はっきり断ることです。 とはいえ、味方につけると心強い助っ人となるので、もし登録するなら上手に利用してくださいね🙂

    出典:X(旧Twitter)

  • ブラック企業からは「染まる前に逃げる」が鉄則。「嘘をつくビジネスのやり方」や「体調を崩してまで働くこと」が、自分の中の“常識”になってしまうから。一度身についた常識は、例え転職してもそう簡単に上塗りできない。長い人生、前向きな気持ちで仕事と向き合えるほうが断然良いに決まってる。

    出典:X(旧Twitter)

  • そこのあなた!休職期間中の転職活動、一旦ストップ!体調を崩してるなら尚更。もう働けなくなるんじゃないか。市場価値が下がるんじゃないか。焦る気持ちも分かる。分かるけど、就活に必要なのは「体力」と「冷静な判断力」。焦って動いても良いことはないよ。休職中はとことん「休息」これに限る。

    出典:X(旧Twitter)

  • 僕が大手→社員2名のUZUZに転職した理由の1つ。それは「周りを気にせず一生懸命になれる環境」だったから。これまで周囲に迎合し生きてきた僕。なりふり構わず努力する人に憧れてた。失敗続きで落ち込んだりもしたけど、人の目が気にならない程がむしゃらになれるUZUZへの転職は、間違ってなかった。

    出典:X(旧Twitter)

【20代向け】未経験におすすめの転職サイト・エージェント

20代の未経験に強い転職エージェントをご紹介します。

1:就職Shop

就職Shop

口コミ:就職Shop 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:11,000件以上(2024年6月12日現在)
【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

20代の未経験転職におすすめの転職エージェントが『就職Shop』。

就職Shopはリクルートが運営する転職サイトで、未経験歓迎の求人だけで約10,000社を超える企業の求人が掲載されています。

就職Shopの特徴に、書類選考をスキップして面接へ行けるというメリットがあります。すぐに面接に進むことができるため、未経験の転職でも内定まで効率的に行うことができます。選考対策も充実しているため、未経験の職種や業界への転職でも安心して利用することができるのでおすすめです。

出典:公式サイト

就職Shopの口コミ評価

  • 25歳・男性
    未経験でしたが営業系の職種に転職しようと思い、就職ショップを利用しました。若者の転職に特化した転職エージェントでしたので、20代の自分に合ってそうな求人が多い印象でした。求人数もかなり多い印象で、結構な量の求人を紹介してもらえました。

  • コンサルタントの方が希望している職場の雰囲気、環境、社風などを細かく教えてくれたので、イメージがつかみやすく、転職先を選びやすかったです。コンサルの質が高いのも良いところだと思いました。

  • 26歳・男性
    自分はずっとフリーターでした。なのでちゃんとした転職先なんて見つからないと思ってました。就けたとしてもブラック企業かな…と思っていましたがブラックではない優良企業に就業することが出来たので、本当に良かったなと思う。

  • 無事、正社員として働くことが出来てます。他の転職エージェントの方にも登録して相談していたが、就職ショップが一番丁寧で満足の行く対応でした。

  • 大事なことやから何回でも言いたい。 就職shopやハタラクティブは便利。履歴書とか作ってくれるから。でも気を付けて。意図せず虚偽の内容を書かれている可能性がある。 実際僕も「ここはどこぞや?」って会社を職歴に書かれてた。しかも僕に確認する前に、先方へ提出済み。ビックリした、ほんとに。

    出典:X(旧Twitter)

  • ステージや経験によりますが、大手と中小規模、両方利用がおすすめです 大手 ・doda ・リクルートエージェント 中小 ・就職shop ・type転職エージェント 大手は求人数が多いですが、その分サポートの質が薄くなりがち。僕の場合、LINEの返信と面接練習と求人相談、全て別の方が担当されてました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 履歴書とかほかの人に作ってもらうとラク。就職ショップとかハタラクティブとか自分で作らなくていい。でも最終チェックは必須。ほんとに必須。大事すぎるから2回言った。それくらい必須。面接で勤務したことない職歴聞かれて、気まずい空気になったことあるから。職歴間違ってたから。

    出典:X(旧Twitter)

  • 「面接まで進まなくて…」転職活動で苦戦しているあなたへ伝えたい。『就職Shop』なら、書類選考なしで”強み”をアピールできる、直接面接へGO!新しいキャリアにチャレンジするチャンスです。今ならオンライン面談も可能で、全国どこからでも相談OKですよ↓ #PR #ad

    出典:X(旧Twitter)

  • 「就職SHOP」を利用していた時、何回か電話で面談を行ったが、何度か、予定の時刻になっても電話が来ないことがあった。 理由を聞くと「忘れていた」らしい。 こんな人たちに自分の人生なんて預けたらダメだよ

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動してた時、「就職SHOP」という人材紹介の会社に登録してみたことがあったが、酷かった。HPには「一緒に探しましょう」と書いてあったが、初回後は連絡しても「求人はありません」の一点張りで、全く相手にしてくれなかった。 期待していたので裏切られた分、辛かったね

    出典:X(旧Twitter)

  • ひきこもりだからといってそういうエージェントは使って良かったこと1つもなかった 就職ドットコム 就職shop ハタラクティブ 無期雇用派遣勧めてくるエージェントも数字とりたいだけに思えた あとタメ口で話してくるエージェントは社会人の基礎やり直せと思う

    出典:X(旧Twitter)

  • 「正社員になりたいけど本当になれるかな…」「未経験でも正社員として働きたい」と思う人は”就職Shop”はかなりオススメ。未経験の転職向けの求人がメインだし、アドバイザーの親身な対応が評判。世の中には優良企業がたくさんあるので興味あれば覗いてみてくださいね。 #ad

    出典:X(旧Twitter)

  • 良かったこと ・就活shop toと面談をすることができた。すごく好印象だった。キャリアスタートとは相性が悪かったのかな。 ・朝から学習をすることができた。いつものリズムに戻ってきた。 ・洗濯物、ご飯を炊く しっかりとできた。 家のことをやっていると落ち着くなぁ。

    出典:X(旧Twitter)

  • ◼️リクルート運営の就職Shop◼️ 正社員への就職・転職サービス 経歴・資格に自信がない人向け 【特徴】 ❶ 書類選考なし ❷ 登録企業の累計数10,000社超え ❸ 延べ利用者数が10万人超え ❹ 利用者の90%が20代 ❺ 直接訪問した企業のみ掲載 5分でオンライン面談予約できる #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェントというとリクルート系の就職ショップの担当も酷かった。非正規から正社員になれなかったことを、こちらがなりたいと言わなかったから、意欲の問題だと決めつけてきて話にならなかった。企業の採用担当ならまだしも、人材業界に身を置いているのに、

    出典:X(旧Twitter)

  • フリーター・ニートからの転職・就職を検討中の方は、いくつかフリーター・ニート向け転職エージェントがあるので、使ってみるとよい。リクルートが運営している就職Shopもその一つ。書類選考がないのが特徴で、すべての求人は企業に訪問してから受注することで、ブラック企業を減らすことが可能。

    出典:X(旧Twitter)

  • 就職shop|未経験でも書類選考をパスできる転職サービス 『就職shop』は、リクルートが運営する第二新卒・既卒・フリーター向けの転職エージェントです。 大手のリクルートが運営しているだけあり登録企業数は10,000社を超えており、そのすべてが未経験者を歓迎している企業です。

    出典:X(旧Twitter)

  • A:求人情報が少なく、選択肢が限られている。 【就職Shop】に相談がおススメ。 株式会社リクルートが運営する 対面型の就職・転職サービス ・書類選考無し ・選べる働き方 ・登録企業累計1万社 ・利用者延べ10万人以上 ・100%直接訪問した安心の求人 面談もWEBで簡単。詳しくは↓ #PR 

    出典:X(旧Twitter)

  • 【就職Shop】 ・運営は人材最大手のリクルート ・書類選考なしで直接面接へ! ・学歴・職歴・社会人経験不問 ・リクルートだから出来る、強みを引き出す模擬面接 ・100%直接訪問して取材した安心の求人先 ・今はオンライン面談だから、全国どこからでも相談OK #ADHD

    出典:X(旧Twitter)

  • 時期によって貰える求人情報は全く違います。 利用したタイミングでハタラクティブにはないが就職Shopには欲しい求人がある…ということは普通に起こります。 だからこそ、ホワイト企業へ入社するには2~3社を使うのは当たり前ですよ~

    出典:X(旧Twitter)

  • フリーター向けの転職エージェント 何個か受けた ・JAIC 「何か質問ありますか」ばかりで質問して欲しいのはこっち。鬼セミナーが本体 ・ハタラクティブ 提案が早く企業との橋渡しも速攻でやりますと言ってくれて、スピード感がある 就職SHOP ・人物の適正見てくれるようで、未経験としてはbest◎

    出典:X(旧Twitter)

  • 大手のエージェント使わなかったから「そもそもゲーム業界の求人持ってないだろ」みたいな所がダラダラIT系に誘導しようとするみたいなのもあった。ハタラクティブさん・就職Shopさんは、ちゃんと「通る可能性のあるゲーム業界求人は無い」「次点でIT系ならある」を言ってくれた。

    出典:X(旧Twitter)

  • はなのさんのブログ読ませていただきました!今日、MCで単発バイトの登録、レバウェル看護登録、来週は就職shopさんと面談を予定してます😂看護師を続けるか否かしっかり自己分析もしながら見極めようと思います…!

    出典:X(旧Twitter)

  • 新卒1年でニートになった後、エージェントにはほぼ相手にされず、就職ShopとかゆうRがやってる第二新卒支援に縋るもヤバすぎる先しか紹介されず。 最後の救いが大学の卒業生支援制度だった。提携エージェントに良くしてもらい職にありつけたのだった。 Fランとか本当は言えない。。

    出典:X(旧Twitter)

  • とりあえずエージェントは マイナビジョブ20s 就職shop doda に登録しました 上記2つを利用して就活の流れを把握したりサポートを受けようと思います 職歴なし未経験がdodaに登録するのは場違いな気もしますが、興味ある求人を見つけ、あわよくば就職できたらいいなと思いまして

    出典:X(旧Twitter)

  • 新卒就活のように孤独じゃなかった、転職活動が右も左も分からない…状態だったので良かったですよ。総合職に行くとき、マイナビの20代向けサービスと、リクルートの第二新卒専門の就職Shopは実際に使いました。8年くらい前でも使いやすいサービスだったので、今はもっと支援環境整っていそうです…。

    出典:X(旧Twitter)

  • 30社以上転職エージェントを利用してきたニートが語る ✅ニートにおすすめの転職エージェント3選 ・就職shop ・第二新卒エージェントneo ・キャリアパーク この3つは特に担当者の対応が良すぎる 転職エージェントの選び方は、「求人数がある程度あり、担当者の対応が良いところを選ぶのが無難

    出典:X(旧Twitter)

  • 就活や転職する人、絶対就職shopはおすすめしないよ。就職shop大宮店に相談しに行ったら、藤井さんっていう男の人に、「狼鬼さんはさぁ?就活舐めてるよね?」「俺だって年下の上司に頭下げながら仕事してんだよ?」って1時間愚痴と説教されて終わった瞬間トイレに駆け込んで号泣したので。

    出典:X(旧Twitter)

  • ・就職Shop エージェントの方がいい意味で距離感が近く相談がしやすい。とても話しやすく求人情報についての質問などもしやすかった。未経験者に特化しているサービスだから給料面は要相談だけど登録してよかったと思えた。一番親身になって相談に乗ってくれた。

    出典:X(旧Twitter)

2:ハタラクティブ

ハタラクティブ

口コミ:ハタラクティブ 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:4,156(2024年6月12日現在)
求人数増減:+22(先週比↑up)
【公式サイト】https://hataractive.jp/

20代の未経験転職におすすめの転職エージェントが『ハタラクティブ』。

ハタラクティブはレバレジーズ株式会社が運営するフリーターやニート、既卒者、第二新卒者、その他転職を考えている未経験者にした特化した転職エージェントです。

ハタラクティブで内定獲得した人の86.5%が大手に内定しており、求人の80%以上が「未経験可」の正社員求人となっているため、スキルや経歴に自信がない人、未経験での転職などの支援を得意としており、面談を通じてあなたに合った求人を紹介してくれます。

未経験向けの転職エージェントの中ではトップクラスに求人数を多く保有しているため、キャリアの選択肢を広げるためにもおすすめの転職エージェントです。

出典:公式サイト

ハタラクティブの口コミ評価

  • 23歳・男性
    第二新卒での転職で右も左もわからずでした。でも担当の方が親身に相談に乗ってくれたおかげで自分では見つけられないような企業を見つけることができ、無事に内定をいただくことができました。

  • 面接対策では自分のふわっとした意見もしっかり言語化していただき、本番にかなり活かせました。サポートもしっかりしていて好印象です。はじめての転職や未経験業種に転職したい方にはおすすめしたいです。

  • 23歳・女性
    未経験の仕事への転職活動でしたが、はじめて1ヶ月で内定をいただくことができました。転職の不安などの相談や分からないこともたくさん教えていただきました。

  • 面接対策など、たくさんのサポートをしていただいて、本当にありがとうございました!という気持ちでいっぱいです。

  • 最初はエージェント登録して(私はハタラクティブでした)、模擬面接などを数回やってもらっていました。そこから複数自己応募で書類出して、そのうちの一社から内定頂きました。 私は簿記1級もっていてその点評価してもらえたので、何か資格があると早めに決まるかもしれません。

    出典:X(旧Twitter)

  • ハタラクティブ登録してたんだけど速攻でサービス中止した。未経験事務だと無期雇用型派遣しかないそうな。昇給やボーナスのことを懸念点として伝えると「事務職はどこもそんな感じだと思いますけどねw」って半笑いで言われたからカチーンてきたけど「そうですかあ」としか言えなかった自分が悔しい🥹

    出典:X(旧Twitter)

  • 大事なことやから何回でも言いたい。 就職shopやハタラクティブは便利。履歴書とか作ってくれるから。でも気を付けて。意図せず虚偽の内容を書かれている可能性がある。 実際僕も「ここはどこぞや?」って会社を職歴に書かれてた。しかも僕に確認する前に、先方へ提出済み。ビックリした、ほんとに。

    出典:X(旧Twitter)

  • 3年以上、って感じではありますが!私は11ヶ月だったので会社の意欲次第かな?5年で話が出ないなら、直接雇用にそもそもしようと思ってない可能性のが高い気がします。 未経験ならハタラクティブが事情とかしっかり聞いてくれてありがたかったです〜。私、履歴書も7社目だしブランクもあったんで…😭

    出典:X(旧Twitter)

  • Instagramにハタラクティブの広告が流れてきて、やりたいことがわからなくても合った求人を紹介してくれるとか、派遣と正社員とでは生涯年収が全然違うとかって記載があったけど、製造系の派遣しか紹介してくれなかった、そこで働いてまた転職をするしかないですね〜って言ってきたから信頼できない。

    出典:X(旧Twitter)

  • フリーター・ニート・既卒からの就職を考えている方は、「20代特化型」転職エージェントを使うべき。例えば、就職カレッジやハタラクティブがノウハウが豊富なのでおすすめ。逆に、ハローワークや転職サイトからの求人応募は、おすすめしない。理由は単純で、ブラック求人を見分けることが難しいから。特にハローワークは企業が無料で求人掲載できるので、人材採用にコストをかけたくない場合、都合が良い。

    出典:X(旧Twitter)

  • 面接マナーや就活テクニックより実は見られているのが第一印象。隠れた評価点は「自分から明るい挨拶」「笑顔」「相手の目を見て自己紹介」「清潔感ある身だしなみ」特に緊張しやすい場で率先して笑顔&挨拶をできる人は案外少ないから、これができるだけで好印象かつ有利な状態で進められる。

    出典:X(旧Twitter)

  • 履歴書・職務経歴書の書き方がわからない、強み・自己PRが思いつかない、そんなときは企業の求人票から逆算してみて。ほとんどの求人に書いてある「求めている人物像」の項目から当てはまりそうなエピソードを思い出してみよう。自分の魅力のうちどこを伝えたいかは、企業によって変えて大丈夫。

    出典:X(旧Twitter)

  • 20代のうちにやっておくべきなのは自分の「できるを増やす」こと。仕事だけではなく、新しい趣味をつくったり、興味のある資格を取ったり、ちょっとした運動を習慣にしたり、どんなことでも大丈夫です。若いうちにつけた経験値とそれによる自信は、充実した生活になって将来の自分に返ってきます。

    出典:X(旧Twitter)

  • 面接を受けて終わりにするのはもったいない。5分でいいから振り返ると、選考に活かせるだけでなく自分の価値観をより深く知る機会にもなる。覚えている限りで大丈夫なので聞かれた質問を書き出して、その質問の意図と今ならどう答えたいかを考えてみよう。このちょっとした手間が成功に繋がります。

    出典:X(旧Twitter)

  • 未経験就職/転職では、受け身な志望動機になっていないか要注意。教育・サポートが手厚い企業に入っても、実際に想像していたスキルを身につけられるかは自分次第。「研修に魅力を感じた」だけでなく「自分の強みを活かしてどう会社に貢献していきたいか」まで伝えられるかどうかが大きな差を生む。

    出典:X(旧Twitter)

  • 自己PRでエピソードの大きさや珍しさよりも面接官が見ているのは「再現性≒入社後に活躍できそうか」です。特に「問題発見力」「原因分析力」「実行力」はどの会社でも評価されやすいポイント。まずは過去のエピソードを書き出して、当てはめやすそうな経験から深掘っていくと効率よく進められます。

    出典:X(旧Twitter)

  • 面接が怖いとき思い出してほしい。面接官はあなたの弱点を聞き出したいわけではなく、良い点をできるだけ多く知りたいと考えています。練習通り話せなくても少しくらい噛んでもマイナスにはならないし、面接=会いたいと思われている証拠。飾らずに自分の素直な思いを伝える姿勢があれば大丈夫です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【通過の秘訣】就活軸 就職・転職活動の軸とは「どんな基準で志望する仕事・企業を絞っているかの判断軸」のこと。つまり、どんな職種や会社でも当てはまってしまう内容は不適切。 「他の選択肢もある中でなぜそこではないといけないのか」を考えていくと、自分だけの明確な軸を作ることができます。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今の会社にいるべきか転職すべきか迷ったとき用、おすすめ自己分析📝 ・職場で嫌なこと/もやもやすること ・本当はどうなっていたいか(理想) ・↑は今の職場で叶えていけそうか 転職はあくまで手段の1つ。まずは今の自分を理解することから始めると、より納得のいく選択肢を見つけやすくなります。

    出典:X(旧Twitter)

  • 就職・転職活動でテクニックだけに頼るのは少し危険。面接での模範解答やよくある質問集は、ほとんどの人事が知っていたりします。だからこそ大切なのは自分の経験に基づいた内容かどうか。いろんな情報もヒントにしながら、「自分の言葉で話せているか」を意識して伝えられると差をつけられるかも💡

    出典:X(旧Twitter)

  • ハローワーク利用時の注意点は、求人票と実際の労働条件が正しいか確認すること。企業が無料で求人掲載できる手軽さから、内容が精査されていないことも。「面接で求人票より低い賃金を提示された」「仕事内容が違った」「雇用・社会保険に未加入だった」等があった時は担当さんに相談しよう。#ハロワ

    出典:X(旧Twitter)

  • 【失敗談からわかったWeb/オンライン面接の極意】 ・家族に面接がある旨を伝えておく ・イヤホンは有線(接続不良防止) ・スマホではなくPCを準備 ・充電コードは常に繋いだまま ・背景はできるだけ壁(生活感をなくす) ・顔と目線はカメラと並行 ・声や相槌は気持ち大きく ・退出しきるまで笑顔で

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分自身の「いい会社」を考えよう。よく就活は恋愛に例えられますが、誰だって「いい人」と付き合いたいけど好きなタイプは人それぞれ。 就職・転職活動でも全員にとって合う会社はないからこそ、どんな自分でいたいか・前向きにいられる場所を考えることが、自分らしい働き方につながります。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動で絶対大切なことは「一貫性」。なぜ今の職場をやめて次にその会社を選んだか、その因果関係と矛盾のなさが、面接通過だけでなく新しい環境でギャップなく働くことにつながります。 転職回数が多い方は、基本的には正直な理由をお話したうえで今後の展望を伝えていくのがベターです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【アドバイスの上手なもらい方】 まずは助言がほしい点をまとめて伝えましょう! 相手の話を遮らずに最後まで聞いたら、次は「こういうことですか?」と自分の解釈を話してみましょう。 そのあとは、すぐに実践してみること✨ 上手にアドバイスをもらえば、あなたの魅力はさらに伸びていきますよ😊

    出典:X(旧Twitter)

  • 「自分に合う仕事の見つけ方」は、就職・転職活動でも特に迷いやすく、相談に来てくださる方の中でも多いお悩みです。おすすめは「強みが活かせるか」を考えること✨強みは自分では気づきにくいものですが、周りの人に聞いたり、自分にとって苦ではないことを書き出すと、少しずつ見えてくるはず💭

    出典:X(旧Twitter)

  • \就職/転職活動予定の方へ/ 沢山の就活テクニックで溢れていますが、敬語は「ですます」でOKだし語尾に「以上です」もつけなくていい。面接はつい身構えてしまうけど「面接官との会話」をする意識で大丈夫。基本的なマナーをおさえられたら、あとは何より自分の将来と向き合う時間を大切にしよう☺

    出典:X(旧Twitter)

  • 就職・転職活動でまだ内定をもらっていない期間は、不安になったり焦ってしまうこともあると思います。でも、1つ面接がうまくいかなくても、あなたにたくさんの魅力があることに変わりはありません。その会社とは相性が合わなかっただけ。自分に合う企業から内定をもらうことを目指していきましょう☺

    出典:X(旧Twitter)

  • 新年度を頑張るみなさんへ、新しい環境に早く慣れるコツを3つご紹介✨ ①挨拶・感謝は自分から ②迷ったときは早めに相談 ③休む時間はしっかり確保 最初は不安やドキドキもあると思いますが、無理しすぎず少しずつ自分のペースで進んでいけば大丈夫です☺

    出典:X(旧Twitter)

3:キャリアスタート

キャリアスタート

口コミ:キャリアスタート 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://careerstart.co.jp/

20代の未経験転職におすすめの転職エージェントが『キャリアスタート』。

第二新卒や既卒、未経験などの経験の浅い20代に特化した転職エージェントです。

転職エージェントとしては10年以上の実績があり、自分に合った仕事がわからない人でも、独自の適性診断によって求人を紹介してもらえます。

また、無料でもらえる転職のノウハウが詰まったオリジナルbookには、転職成功者1万人の声が書かれており、転職する上でやるべきことがまとめられています。20代で未経験での転職を考える人におすすめの転職エージェントです。

出典:公式サイト

キャリアスタートの口コミ評価

  • 24歳・男性
    未経験業種への転職でした。転職活動を始めた当時はなかなかうまくいかず、仕事との両立で大変苦労しました。エージェントを探して利用しましたが、それでもうまくいきませんでした。そんな中、若手の転職に特化しているこちらのサイトを知り、活用しました。

  • 自分の目標から逆算してキャリアを提案していただき、自身も納得して新たにスタートすることができました。何度も面談をしていただいたり、書類の添削等をしていただいたおかげで挑戦したかった仕事に就くことができました!

  • 24歳・女性
    書類作成や面接練習も手厚くサポートしていただけたので初心者の方や転職に不慣れな方でも安心できると思います。自分のできることで未経験業種へのアピールの仕方を知ったときはとても勉強になりました。

  • また、面談前までは不安と焦りで気分が落ち込んでいたのですが、担当の方ののやる気と応援に背中を押され、前向きに転職活動することができました。ありがとうございます。

  • 『キャリアスタート』は20代に特化した転職サイトです。 業界に精通したコンサルタントが気軽な悩み相談から、職務経歴書の書き方、企業ごとの面接対策もしてくれます👍 今の環境変えたい人はぜひ登録してみて下さいね🐢

    出典:X(旧Twitter)

  • キャリアスタートとかいう会社のアドバイザーだかなんだかがすごい態度なのでこの会社から仕事の紹介は受けたくないと思いました◎ みんなに状況説明してもヤバいやつだってなってるもん LINEでのやり取りは絵文字つき 電話の時間を決めてるのに余裕で遅れてかけてきてすいません遅れましたもない

    出典:X(旧Twitter)

  • JACはハイクラス向けですが、若手ならキャリアスタートがおすすめです。若者向けに特化したサービスなので、学歴やキャリアに自信の無い人でも安心して利用できます。マンツーマンのフルサポートがあるので、初めて転職活動をする方には特におすすめです。 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • 第二新卒の転職にはキャリアスタートがオススメです! 履歴書・職務経歴書の添削から面接対策までフルサポートなので未経験者でも安心です

    出典:X(旧Twitter)

  • 20代の既卒フリーター、第二新卒の方はキャリアスタートがおすすめ。実績は応募者の72%が1ヶ月以内に内定獲得。就職力アップ診断も有益コンテンツです。

    出典:X(旧Twitter)

  • キャリアスタートの人 こっちが内定もらえたっていったら そしたら必要ないですね っていってこっちが切る前に切られたんだけど エージェント系こんな感じなの? なんか感じ悪すぎたんだけど

    出典:X(旧Twitter)

  • 何社かキャリアアドバイザー利用したけど、 担当の人の当たり外れとか 合う合わないあるから難しいよなぁ… 個人的にキャリアスタートの方が今までで1番良いなと思ってる。 若い人向けではあるけど、 面談してて1番話が的確だなと感じる。 やっぱり対応で担当の考え透けるのよなぁ

    出典:X(旧Twitter)

  • ・ハタラクティブ 結論 事務職で正社員なりたかったら使わないで〜🥺 あとここの人高圧的だからめげないで〜🥺 ・マイナビ転職 経歴がすごい人が使うやつ ・キャリアスタート 無期雇用派遣か営業職しか求人持ってない ハタラクティブより営業が上手いから口車に乗せられそうになる

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動してて、キャリアスタートに登録したら事務職だとミラエールしかないとか言われたんだがwwww 何のための転職エージェントだよ ミラエールクチコミ悪いから、何があってもやめた方がいいよね。だったら企業の直接契約社員のがマシか #転職 #ミラエール #キャリアスタート

    出典:X(旧Twitter)

  • ・キャリアスタート エージェントにあまりよい対応はされなかった。 多分相性が悪かったのかなと思う。 対策とかは充実しているらしいから、今度使う場合は、担当を変更してもらおうと考えている。 担当が変われば、感じることも変わりそう。 心理的安全性を保てる人とともに、頑張りたい

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェント・退職代行の「キャリアスタート」が運営するYouTubeチャンネル「ジョブピス」 10万単位で再生されている労働法ショート動画はためになるしわかりやすいけど、本来こういうのは労働組合が出してないとおかしいのよね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 午後:キャリアスタート ZUUMでって話だったのに電話面談になるし開始時刻過ぎてるしでかなり不安になりました。 こっちは経歴をかなり聞いてくる…というか詰められてる感じがするレベルで…4年前の考えとか忘れたし現在なんでこうなってるかなんて俺が知りたいわ。 職種は1つだけ候補に。ダメかなぁ…

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェント頼ったよ〜 リクルートエージェントと、キャリアスタート、ハタラクティブ登録してた! 善し悪しは結局担当さんとの相性にもよるねんけど リクルートエージェントはアプリもあって自分でも求人捜せてエージェントさんからも求人が届く感じ!

    出典:X(旧Twitter)

  • キャリアスタート使った感想、前に書いたのあるから貼っとくね 自分は第二新卒の転職エージェントとして使ったけど、24卒新卒就活の方もやってるよ 担当者丁寧だし、割とおすすめ 内定ないNNTだと不安よね~…

    出典:X(旧Twitter)

  • 水曜日です!かわばたです🐹📛 「面接練習」がトレンドに。 緊張しますよね、面接って😫 準備不足から不安になったりするんですよね。 下記記事参考にしてみてください! 自信をもって面接に臨めるよう 応援しております🔥 #企業公式相互フォロー #企業公式つぶやき部

    出典:X(旧Twitter)

  • 新卒で人事キャリアスタートしたのは良かったと思ってます。一方でフロントで働いてる方のシビアな景色が見えないことが最近の悩みになってきました。先輩方からヒアリングして漠然とした温度感は掴めたんですが、やっぱり覚悟の部分までは掴めない…。悩みです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 初めましてm(_ _)m やはりネオとかキャリアスタート、UZUZがおおすめなんですか? 僕はハタラクティブ、DYM使いましたがどちらも人材派遣の正社員ばかり、しか紹介していただけませんでし😭後は年間休日120以下のブラック求人ばかりでした

    出典:X(旧Twitter)

  • こんにちは! 木曜日担当の📖⌚️さいとうです。 3月も残すはあと2日! 23卒の方々は、 期待と不安が入り混じる週でしょうか。 きちんと向き合っていけば、 社会人生活は必ず楽しめる。 とある先輩から私が新卒時代に言われた言葉です。 受け入れる側として、 万全の準備で迎え入れたいと思います!!

    出典:X(旧Twitter)

  • いつでも話させてください🍺 リアルに昔描いてた夢は叶ってましたね!😂笑笑 最初から大きな目標なんかなくても良いし、どんな山(夢)でも登れば見えてなかった次の山が見えるといつも言ってますね! 20代後半からやっとビジネスマンのキャリアスタートで人より遅れてるので頑張ります!

    出典:X(旧Twitter)

  • メガベンチャーとSIerどっちに新卒就職すべきか?でSIerの方が社会人としての常識を学べるから良いというのが話題ですが、確かにゆるいメガベンだと昼から仕事したり、サンダルで出勤したり、スーツ一度も着なかったりとするからな。この常識でキャリアスタートするとヤバいかも。

    出典:X(旧Twitter)

  • 経歴詐称ではないんですけど未経験どころかWEBデザインしかできないのにクソハゲ営業の独断でいきなりシステム系の現場に放り込まれてキャリアスタートしました()

    出典:X(旧Twitter)

  • (僕含めて)手動かしてきてなかったSIerの皆さんには大企業のITエンジニアをソフトウェアエンジニアのキャリアスタートにオススメします 手厚いサポートとツールが待ってて、実質お金(給料)貰いながらお勉強できます #JTC #転職 #エンジニア

    出典:X(旧Twitter)

  • ニート・フリーターの方は転職エージェントにから門前払いされることもあります。ですが、ニート・フリーター向けの転職エージェントを使えば、登録拒否なんてことはまずありません。大企業の求人はありませんが、キャリアスタートなどのフリーター向け転職エージェントを使うのも戦略。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェントのキャリアスタート、白濱さんって女性からめっちゃスカウトくるからお願いしてもいっか〜ってお願いしたら電話かかってきたの男だったしオススメされた会社ブラック企業でワロタ

    出典:X(旧Twitter)

  • かずとさん、ありがとうございます。 転職市場でみると、難易度は事実ありますよね。だからといって人生が決まる!ぐらいガチガチになって悩むんではなくて、キャリアスタートは選択肢が沢山あるからこそ悩めることを幸せに、前向きに色々考えて欲しいなあという思いです😊

    出典:X(旧Twitter)

【30代向け】未経験におすすめの転職サイト・エージェント

30代の未経験におすすめの転職エージェントをご紹介します。

1:type転職エージェント

type転職エージェント

口コミ:type転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:10,335(2024年6月12日現在)
求人数増減:+375(先週比↑up)
【公式サイト】https://type.career-agent.jp/

30代の未経験転職におすすめの転職エージェントが『type転職エージェント』。

type転職エージェントは、関東エリアの都市部(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の求人に強い転職エージェントです。未経験の転職においても手厚い転職支援サービスを行ってくれます。

type転職エージェントのキャリアアドバイザーは、IT業界やWebエンジニア、セールス、小売、メーカーなどの業界に強いため、未経験でこれらの業界を目指す人におすすめの転職エージェントです。

キャリア相談から応募書類の添削・面接対策、入社にあたってのアドバイスなど、転職活動全般にわたってサポートを行ってくれるので、初めて転職する人にもおすすめです。

出典:公式サイト

type転職エージェントの口コミ評価

  • 25歳・女性う
    はじめて転職活動をした際に利用したサービスのひとつです。多くの求人があるってわけじゃなかったですが、担当の方の物腰が柔らかく、持っている求人の中で自分に合う求人を紹介してもらえました。

  • 未経験の仕事をしたいという話をした際も、無理に押し付けることはせず、少しでもいい求人があれば教えてくれたので、その熱心な姿勢にとても感謝しています。

  • 23歳・男性
    アドバイザーの方はとても丁寧で真摯に向き合ってくれたと思います。ただ、未経験求人があまりなかったと思います。これはもともとの求人数が多くないので仕方のないことですが、それでも熱心に希望する求人は探してくれたのでありがたかったです。

  • いくつかのサービスとの併用が一番いいのかなと思いました。

2:JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)

口コミ:JAIC(ジェイック) 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://www.jaic-college.jp/

30代の未経験転職におすすめの転職エージェントが『JAIC』。

『JAIC』は、テレビ番組「おはよう日本」や「ガイアの夜明け」「ニュースZEROなどに取り上げられ、厚生労働省から「職業紹介優良事業者」に認定されている転職エージェントです。

社会人経験が少ない人や経験がない人に対しても求人を紹介してくれるので、未経験転職におすすめです。

JAICには「就職カレッジ(旧営業カレッジ)」という研修があり、ビジネスマナーや営業の基礎を学ぶことができます。この研修を受講することで、JAICが厳選した企業のうち20社に書類選考なしで面接まで進むことができるため、未経験転職を考えている人におすすめです。

出典:公式サイト

JAIC(ジェイック)の口コミ評価

  • 25歳・男性
    フリーターだったのですが、就職カレッジに登録すると数10社の企業と書類選考無しで面接できるとあったので、経歴に自信のない自分にとってはありがたかったです。実際に登録すると約20社ほどと面接ができてびっくりしました。

  • マッチング形式なので、「多くの業界を見てみたい。頑張って働きたい。」という気持ちも強かったこともあり、20社近い企業と出会う機会を設けて頂けたのは大変助かりました。未経験でも内定をいただくことができ、今はその職場で頑張って働いています。

  • 23歳・女性
    未経験OKの企業様と書類選考無しで面接できるというのに惹かれて登録しました。就職支援講座も五日間かけて就職軸やビジネスマナー、面接での姿勢を学べました。経験が少ない人ほどとても勉強になるのではないでしょうか。

  • 研修では選考を受ける企業の情報だけではなく、アドバイザーとの面談の後、受講をする際に気をつけることや流れなども教えていただけるので、転職活動を自信を持って行うことができました。

  • 今の若い子は免許持って人増えてるらしです でもないよりはあったほうがいいかも。 ジェイックはサポートあるけど、就職先は少ないらしい、リクルート系はサポート少ないけど、会社は多いと あとジェイックのサポート(担当)は当たり外れがあるらしい dodaとかハタラクティブとか色々ありますよ〜

    出典:X(旧Twitter)

  • 「フリーターしか経験がない」 「大学中退で職歴がない」 って人におすすめなのが、JAIC💡 JAICは企業の社員教育からスタートした企業なので、教育に力を入れている珍しい転職エージェントです👍 無料なのに、5日間の研修で社会人の基礎を教えてくれるので、未経験でも安心して利用できますよ😁

    出典:X(旧Twitter)

  • 就活AI byジェイックは自己PR/ガクチカ、志望動機、逆質問の作成や添削をChatGPTが実施。また、独自開発したAI面接練習アプリSteachも無料提供。あなたの就活・転職活動をサポートします!

    出典:X(旧Twitter)

  • ジェイック経由で就職された求職者×職場の上司へ、就活当時のご状況や現職についてお伺いした記事第一弾です✨ ジェイック経由で転職し14年勤めて思うこと【就職成功インタビューH様&社長編】 #note #仕事について話そう

    出典:X(旧Twitter)

  • 🌟ジェイック 就職カレッジ® 公式note更新のおしらせ🌟 自信家ではない自分の新たな挑戦【就職成功者インタビュー vol.2】 30歳で初めての転職に挑戦された体験談です。ぜひご覧ください! #note #仕事について話そう

    出典:X(旧Twitter)

  • 日経新聞でジェイックのAI面接練習アプリ「Steach」を紹介いただきました! -------------- スマートフォンで面接の様子を自撮りすると「笑顔」や「声の大きさ」、「伝わりやすさ」などをフィードバックしてくれる。 -------------- 無料ですので、就活生や転職者の方、ぜひ試してみてください!

    出典:X(旧Twitter)

  • AI面接練習アプリ『steach』の ダウンロードは以下のURLから✅ スマートフォンで面接の様子を撮影すると、「笑顔」「声の大きさ」「伝わりやすさ」など6つの指標でフィードバックを得ることができます✨AIで面接力を上げていきましょう🔥 #就活 #転職 #24卒 #25卒 #26卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 🌟就職カレッジ公式YouTube新作公開のおしらせ🌟 【必見!!】転職失敗を繰り返す人の共通点3選 「転職したいけれど…ちょっと迷っている…」という方はぜひご覧ください!(そして悩んでいる方はぜひDMください) #YouTube #転職 #就職カレッジ

    出典:X(旧Twitter)

  • 『自分自身が選んだ道を正解にする』 先程公開した記事の後編も同時公開しています📒 人材業界を練り歩いて来たスタッフだからこそ「エージェントのぶっちゃけ話」を交えて転職支援を行っています☺ ぜひご覧ください✨ #note #転職してよかったこと #ジェイック

    出典:X(旧Twitter)

  • #就活AI 月間利用回数が 1万回を突破しました🎉 学生や社会人の方など、 多くの方にご利用いただけてとてもうれしいです! ▶就活AI 就活のタイムパフォーマンス向上に、 ぜひご活用ください✨ 利用属性、利用機能の内訳も公開しています。

    出典:X(旧Twitter)

  • #就活AI 月間利用回数が 1万回を突破しました🎉 学生や社会人の方など、 多くの方にご利用いただけてとてもうれしいです! ▶就活AI 就活のタイムパフォーマンス向上に、 ぜひご活用ください✨ 利用属性、利用機能の内訳も公開しています。

    出典:X(旧Twitter)

  • 📒社員紹介note更新のお知らせ📷 こちらの記事の後編も同時公開しています! 「自分の進路を自分で決めると、納得感を持って歩める」というモットーで就職支援に携わっています。 ぜひご覧ください!! #note #ジェイック #就職カレッジ #就活 #転職 #転職の魔王様

    出典:X(旧Twitter)

  • おはようございます!週末まであと2日。残りのパワーポイントを振り絞ってまいります💪 昨日 #就活AI 開発ストーリーを公開しました。 就活AI 👇 就職・転職活動をされている方のタイムパフォーマンスを高め、より本質に向き合えるようにという開発背景をお話しています。

    出典:X(旧Twitter)

  • 中退や未経験から正社員を目指したいなら、転職エージェントを使いましょう! 書類の添削、面接の対策、優良な企業の紹介など、転職エージェントを使うことで得られるメリットは盛り沢山です。 書類選考すら免除で、何社もの企業の面接を受けることも可能です。超人物重視の企業です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【🌻Instagram更新しました☀️】 求職者の方から「早期退職したから、なかなか書類が通らない…」と相談をいただくことがあります。 ジェイックは書類選考を免除して就活・転職を進められますので、ご相談くださいね✨ #就活 #早期離職 #大丈夫 #就職カレッジ #口コミ

    出典:X(旧Twitter)

  • 【 🆕#就活AI 新機能『志望動機作成』リリース】 ジェイックが開発しました、 ChatGPTを活用した自己PR等の作成・添削サービス、「就活AI」に『志望動機作成』機能を追加! 就活AIはこちら✍️ ⇒ 忙しい中で就職活動に取り組む皆様をサポートします🔥 #25卒 #24卒 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 新サービス、『就活AI』をリリースしました! 就活AIは、ChatGPTを活用した、自己PRの作成、自己PR・志望動機の添削ができるサービスです✨ 24時間365日無料で利用できます! 就職・転職活動のタイパ向上にご活用ください! 

    出典:X(旧Twitter)

  • 【就職カレッジ® ご利用者の声】 『転職が多く1人での就職活動が上手くいっていませんでしたが、内定を頂けました。研修は社会人になってからの考え方や面接での大事なポイント、企業選びの考え方など学ぶことが多くありました。』 就職のご相談はこちらから⬇ 

    出典:X(旧Twitter)

  • フリーター向けの転職エージェント 何個か受けた ・JAIC 「何か質問ありますか」ばかりで質問して欲しいのはこっち。鬼セミナーが本体 ・ハタラクティブ 提案が早く企業との橋渡しも速攻でやりますと言ってくれて、スピード感がある 就職SHOP ・人物の適正見てくれるようで、未経験としてはbest◎

    出典:X(旧Twitter)

  • ホワイト企業しか紹介してこない就職支援は存在しません。それはジェイックも同様です。 使う人にホワイト企業・ブラック企業の定義は変わりますからね。 1社にこだわると「あの担当さんから就職しないのは申し訳ないから他社は辞めよう…」となりがちですが、転職業界で複数使うのは常識です。

    出典:X(旧Twitter)

  • ・転職で年収をアップできる人の特徴3選 1.稀少性の高いスキルを持っている 2.今の給与が相場よりも著しく低い 3.地方から都会へ、中小企業から大企業へ転職した ・おすすめの転職エージェント JACリクルートメント JAIC(ジェイック) マイナビエージェント

    出典:X(旧Twitter)

  • 就活は今第一フェイズが終わり始める頃のはずだから、毎週気にすればどこか必ず空きが出るはずですよ! そういえば今思い出したんですが…。 ジェイックって就活支援の会社?があったはず。(私の転職でお世話になった) ダメ元で使うのも手ですよ👍

    出典:X(旧Twitter)

  • 11年前に担当した方が、転職の挨拶にきてくれました。実家の仕事を手伝うとのこと。卒業間際の2月終わりにジェイックを利用して、4月に新卒入社したその会社で、もう11年。懐かしさと、当時と変わらない彼の誠実さに、まるで親の気分で感動してしまいました。これからも応援してるよ!

    出典:X(旧Twitter)

  • 今日初めて転職エージェントさんと面談をした! エージェントさんは成果報酬で賃金をもらうため求人を押し付けてくる印象があったけど担当してくださったJAICの方は全然そんな事はなく、親身になって話を聞いてくれました!求人はなかったけどオススメです! #就活 #転職エージェント

    出典:X(旧Twitter)

  • 学長のおすすめしている転職エージェントのジェイックで相談してきました! 元々は経営者や管理職の人にセミナーを行っていた会社のようで研修に力を入れており 企業とのマッチングもマイナビエージェントとは違った仕組みでした。 転職後もサポートして下さるのはここだけのようです‼️

    出典:X(旧Twitter)

3:マイナビエージェント

マイナビエージェント

口コミ:マイナビエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

30代の未経験転職におすすめの転職エージェント3つ目は『マイナビエージェント』です。

マイナビエージェントは、新卒向けの就活サービスで知られる「マイナビ」が運営する転職エージェントです。

キャリアアドバイザーが行ってくれる履歴書や職務経歴書の添削、面談対策などのサポートが非常に手厚く2023年、2024年と2年連続でオリコン顧客満足度調査の総合満足度1位を獲得しています。

未経験転職の場合、企業とのマッチング度合いが重要となるため、マイナビエージェントのように求人紹介の精度が高いエージェントはとてもおすすめです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

マイナビエージェントの口コミ評価

  • 24歳・男性
    未経験ながらIT業界を目指したいこともあり、マイナビエージェントを利用しました。IT知識がゼロでも、キャリアアドバイザーが仕事内容やノウハウを丁寧に教えてくれました。ただ最近はコロナ化ということもあり、企業側が経験者を求めているということも教えていただき、未経験でも勉強しないと難しくなっているということもちゃんと伝えてくださいました。

  • 私はそれでもIT業界に挑戦したいという気持ちを伝えると、どういう勉強をしたらよいかなど、とても丁寧親切に向き合ってくださいました。現在も転職活動中なのですが、利用していてとても満足しています。あとは転職できるように頑張りたいと思います。

  • 25歳・男性
    初めての転職のときにお世話になりました。当時は気になった未経験の業種へ転職したいという思いだけがあって、何をどうしたら良いのかわからないまま、とにかく相談したという感じでした。ですが相談レベルからしっかり話を聞いてもらって、自分の考えが整理できたこともあり、その後に登録しました。

  • 登録後もしっかりサポートをしていただき、初心者にはちょうど良いサービスだと思いました。求人も私にあったものを紹介してもらえるという形で、積極的に活動をすることができて助かりました。この手厚いサポートがマイナビエージェントの最大の特徴だと思います。

未経験転職で見るべき情報と口コミサイト

ここまでは未経験におすすめ転職サイトをご紹介しましたが、転職活動をする上では、転職サイトの情報だけでは不十分と言えるでしょう。

実際にどんな人が働いているのか、給与はどうなのか、ワークライフバランスは取れるのかなど、リアルな情報を収集しておくと転職におけるミスマッチを減らすことができます。

下記でご紹介する3つのサイトは、実際に働いている人の口コミなどを参考にできるサイトになっているので、転職サイトと合わせて参考にしてみてください。

1:転職会議

転職会議

口コミ:転職会議 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:399,635(2024年6月12日現在)
求人数増減:+4,290(先週比↑up)
【公式サイト】https://jobtalk.jp/

「転職会議」は、現社員・元社員からの「企業への口コミ」や「求人情報」を掲載している口コミ型転職サイトです。企業の評判や年収などのリアルな情報をチェックできるため、転職活動中の企業研究に役立ちます。

比較的ネガティブな口コミが多くなっていますが、あまりネガティブなコメントばかりを気にせず、ポジティブな部分に目を向けて企業を決める際の参考材料にしてみてください。

出典:公式サイト

2:ミイダス

ミイダス

口コミ:ミイダス 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
口コミ社数:437,342社(2024年6月12日現在)
【公式サイト】https://miidas.jp/

現時点で自分にどれくらいの市場価値(年収)があるのかを調べられるのが『ミイダス』です。

登録する際に、いくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人がわかります。転職において提示されるオファー金額の妥当性や、どれくらいの年収で転職するべきかというラインの参考になるためおすすめです。

出典:公式サイト

3:OpenWork

OpenWork

口コミ:OpenWork 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:68,772(2024年6月12日現在)
求人数増減:-575(先週比↓down)
【公式サイト】https://www.vorkers.com/

企業のクチコミを見ながら転職活動ができるサイト『OpenWork』。登録ユーザー数は約600万人。企業のリアルな年収情報や、中途採用の求人が掲載されています。また、あなたの履歴書を登録しておくと、企業からのスカウトも届きます。

すべてのクチコミを見るには「会社評価レポートの回答」「Web履歴書の入力」のいずれかが必要ですが、月額課金(1,100円(税込)/月)で閲覧することも可能です。

出典:公式サイト

未経験におすすめの公的転職支援サービス

未経験の転職がうまくいかない場合、公的支援サービスの利用をおすすめします。

1:ハローワーク

ハローワークインターネットサービス

口コミ:ハローワークインターネットサービス 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:1,059,400(2024年6月12日現在)
求人数増減:+98,505(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.hellowork.mhlw.go.jp/

ハローワーク(公共職業安定所)』は、求職者に対して、さまざまなサービスを無償で提供する厚生労働省運営の総合雇用サービス機関の求人サイトです。

全国に500カ所以上の窓口があり、豊富な求人情報をもとにした「職業紹介」のほか、「雇用保険」「雇用対策」などの国の制度と組み合わせて、地域のさまざまなニーズに応える雇用支援が実施されています。未経験であっても利用できるのでおすすめです。

2:わかものハローワーク

わかものハローワーク』は、全国22カ所で正社員を目指す若者(概ね35歳未満)の就職支援を行っているサービスです。

就職支援ナビゲーターが個別支援を行い、職業相談や紹介、応募書類の添削、セミナー受講などの無料で受けることができます。求人情報の検索だけでなく、就職後のフォローや職業訓練なども受けることができるため、未経験で転職する人におすすめです。

3:ジョブカフェ

ジョブカフェ

口コミ:ジョブカフェ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://www.tokyoshigoto.jp/young/job_cafe/

「若年者のためのワンストップサービスセンター」の通称が『ジョブカフェ』です。自分に合った仕事を見つけるためのさまざまなサービスを無償で受けることができます。

ジョブカフェは、各都道府県のハローワーク(一部出張所あり)に併設されており、地域の特色を活かした就職セミナーや職場体験、カウンセリングや職業相談、職業紹介などさまざまなサービスを受けることができます。未経験で転職したい人におすすめです。

4:サポステ

サポステ

口コミ:サポステ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://saposute-net.mhlw.go.jp/

サポステ』は、厚生労働省が運営する就職・転職支援機関で、正式名称は地域若者サポートステーションです。

コミュニケーション講座や職業体験、ビジネスマナー講座、パソコン講座など、就職や転職に必要な能力やスキルを身に着ける講座を行っています。

「働きたいけど、どうしたらよいのかわからない」「働きたいけど、人間関係のつまずきで退職後、ブランクが長くなってしまった」など、働くことに悩みを抱えている人の就労を支援しています。

全国に177の拠点があるので、利用したい方は地元の拠点を検索してみてください。

未経験は転職エージェントを利用する

未経験職種や異業種への転職を考えたときに「経験のない職種に転職できるのか」「これまでの経験をどのようにアピールしたらよいか」と考える転職者は多いと思います。

結論からお伝えすると、未経験の職種や業界、異業種への転職を考える人は転職エージェントを利用したほうがいいです。

転職エージェントを利用することで、未経験における転職のサポートをしてくれます。また、転職エージェントが紹介してくれる求人には「未経験歓迎」の求人も多いため、転職における選択肢を多く持つことができます。

転職というのは基本的にこれまでに培ったスキルや経歴が重視されるため、未経験の職種や業界、業種への転職は難易度が高いことが多いです。しかし、未経験だからといって転職できないわけではありません。

未経験転職でも、しっかりとしたアドバイスをもらいながら転職活動をすれば内定できる可能性は上がります。こうした転職サポートを行ってくれるのが転職エージェントです。

未経験に転職エージェントがおすすめである理由は3つあります。

1.未経験転職の転職ノウハウや実績がある

転職エージェントは未経験職への転職や転職が初めての人のサポートを数多く行っているため、転職ノウハウを豊富に持っています。

転職エージェントは正社員経験や初めて転職活動をする人でも利用できるため、これまでの経歴や職歴に自信がない人でも転職活動ができます。

転職エージェントに登録すると、求人の紹介から内定まで、担当のキャリアアドバイザーがさまざまなサポートを行ってくれます。転職エージェントが行ってくれる主な転職サポート内容は下記です。

・履歴書・職務経歴書の添削、面接対策をしてもらえる

エージェントの担当者は、あなたに合った求人を紹介してくれますが、それだけではなく、応募に必要な書類の添削やアドバイス、面接対策なども行ってくれます。

添削を受けるだけでなく、企業情報や業界情報に詳しいため、担当エージェントから企業の雰囲気や求めている人材、採用の背景など詳しい情報を入手できます。

・企業の人事に推薦してもらえる

転職エージェントを利用して応募すると、転職エージェントの担当者が「推薦文」をつけてくれます。

企業側の人事に対して推薦状を付けてもらうことで、書類選考の通過率は大きく上がります。同じ企業の同じ求人に転職サイトから応募して見送りになっても、転職エージェントから応募すると通過することがあるので、転職エージェントを使って応募することもおすすめです。

・年収交渉・入社調整などをしてもらえる

転職エージェントは年収交渉もしてくれます。

転職エージェントは、転職者の入社が決まって初めて売上になる「成果報酬型」のビジネスで成り立っています。報酬の相場は転職者のオファー年収の30%~40%程度。年収が高ければ高いほど、彼らの売上は高くなります。

交渉力の高いエージェントを味方にすれば、自分の年収は大きく上がります。転職エージェントはできるだけ活用したほうが良いでしょう。

2.未経験職種・業界の求人情報を詳細に教えてくれる

転職エージェントは企業や業界、職種の情報を詳しく教えてくれます。

転職エージェントは求人情報に記載されていない企業情報や組織の状況、過去の内定者の属性など、その業界や職種に関する情報を専門のキャリアアドバイザーからもらうことができます。

自分ひとりで調べても得られる情報は限られるので、転職エージェントを活用して未経験職種や業界の情報を入手しましょう。

3.未経験歓迎の非公開求人を持っている

転職エージェントは、転職サイトや企業の採用HPでは公開していない「非公開求人」を持っています。

そのため、転職サイトでは探すことのできない求人に出会える可能性があります。こうした求人の中に「未経験者歓迎」という優良求人がある可能性があります。こうした求人に出会うためにも転職エージェントを活用すべきでしょう。

オープンになっていない非公開の求人も保有しているため、多くの求人を見ることができるのも転職エージェントを利用するメリットの1つです。

未経験転職に強い転職エージェントの選び方

未経験での転職における転職エージェントの選び方についてご紹介します。

転職サイトの選び方を間違ってしまうと、よりよい求人を見つけることが難しくなります。転職エージェントを使う前に、自分に合った転職サイトを選ぶようにしてください。転職エージェントを選ぶ際のポイントとしては以下の3つが挙げられます。

1.求人数の多い転職エージェントを選ぶ

転職未経験者や、未経験業界への転職を考える人は、まず数多くの求人を見ることをおすすめします。さまざまな求人を見た上で自分に合った求人を選ぶことが大切なので、まずは求人数の多い転職エージェントを使うのがおすすめです。doda転職サイトやリクルートエージェントが代表的な転職サイトです。

まずは数多くの求人を見て、その中で未経験でも受けられる求人を選ぶようにしてください。おすすめ転職エージェントの記事も合わせてご覧ください。

2.職種や業界に特化した転職エージェントを選ぶ

転職エージェントには、特定の業界や職種に特化したエージェントもいます。未経験の転職は、転職未経験や未経験職種・業界の転職ノウハウを多く持つ特化型の転職エージェントを利用するのがおすすめです。マイナビ20’sやRe就活は特化型の転職エージェントと言えるでしょう。

転職未経験の場合は、転職ノウハウを多く持つマイナビ20’sを利用すると、転職活動がスムーズにいくと思います。

3.エージェント機能のある転職サイトを選ぶ

転職サイトの中には、転職エージェント機能を持った転職サイトもあります。dodaやリクナビNEXTがエージェント機能を持った転職サイトです。

転職エージェント機能を持っているサイトを利用すると、非公開求人を見つけることができるため、より質の高い求人を見つけることができるようになります。また、書類の添削や面接対策もしてもらえるので、転職未経験の場合はエージェント機能のある転職サイトを選ぶのがおすすめです。

転職エージェントの利用の流れ

上記でも述べたように、気になる求人があるときは転職エージェントを併用して応募してみてください。

転職エージェントの登録の流れは大きく5つです。

転職エージェントの登録の流れ

【転職エージェントの登録の流れ】
STEP1. 転職エージェントに登録する
STEP2. 面談・カウンセリングを受ける
STEP3. 希望する求人の紹介を受ける
STEP4. 書類添削・面接対策
STEP5. 企業との面接・内定

1.転職エージェントに登録する

まずはじめに、本記事でおすすめしている転職エージェントに登録します。登録するとすぐに「面談のご案内」という連絡がメールや電話で届きます。

メールには担当者との面談の日時調整を行うように書かれているので、転職エージェントの担当者と面談の日程を調整してください。面談は転職エージェントとの面談なので、気軽に受けてください。

2.面談・カウンセリングを受ける

転職エージェントとの面談は、オンラインか電話、または対面で行います。

担当エージェントと会話をする中で「なぜ転職するのか」「どのような求人が希望か」「どんなキャリアにしたいか」など、ざっくばらんにキャリアについて話をするだけです。

転職エージェントはこの会話をもとにあなたに合った求人を紹介してくれるので、取り繕わずに、思ったことをそのまま伝えてみてください。ここでのコミュニケーションがズレてしまうと、紹介してもらえる求人に満足できなくなる可能性があるので、素直に伝えることを心掛けてください。

転職エージェントとの面談は約1時間程度で、専任のエージェントとの1対1のケースがほとんどです。

なお、転職エージェントと転職相談を行う際は、以下の6ポイントを整理しておくとスムーズに進みます。

1. 転職理由
2. 希望の業界・職種
3. 今までの職務経歴・強み・実績
4. 現在の年収・希望年収
5. 現在の転職活動状況
6. 希望する転職時期

※これらを整理しておくことで、スムーズに転職エージェントに転職相談を行うことができますが、時間がなかったり、一人で整理が難しい部分は面談時に相談する形でも構いません。

3.希望する求人の紹介を受ける

面談後、即日~3日間ほどであなたに合った求人をメールで紹介してくれます。

もし気になる求人があったら、担当者に連絡して応募してみてください。すぐに書類選考、面接へと進むことができます。

もし自分の希望とは合わない求人が送られてきたら、その旨について担当者に連絡してください。それでも自分に合った求人が届かない場合は、転職エージェントの担当者変更を申し出るか、ほかの転職エージェントと面談をして自分に合うエージェントを見つけることをおすすめします。

4.書類添削・面接対策

気になる求人を見つけたら、応募する前に転職エージェントに連絡し、書類の添削を依頼してください。

転職エージェントはすべて無料で利用でき、書類の添削から面談、入社時期交渉や年収交渉まで行ってくれます。第三者となる転職エージェントがやってくれるので、転職活動をストレスなく効率的に行えるのがメリットです。

履歴書や職務経歴書を作成したら転職エージェントに添削してもらい、問題なければ応募してもらってください。また、不安であれば面接対策なども行ってもらえるので「面接対策をしてほしい」と伝えてください。

過去にどんな質問をされたのか、どんな人が内定したかなど、詳細に教えてもらえるので、詳しく聞いて面接の対策をしていってください。

面接でどんなことを話せばいいかについては「【転職面接編】面接では“実績のスゴさ”より“プロセスの中身”を語れるー転職面接で見ている3つのポイントとはー」を合わせて読んでみてください。

5.企業との面接・内定

書類選考を通過すると企業との面接になります。

マイナビの調査では、転職希望者の応募社数平均は8.4社なので、とにかく数多くの企業に応募して面接を受けることをおすすめします。場数をこなすことで面接にも慣れていきます。

面接の結果については転職エージェントから連絡がきます。面接が終わったあとに不安であれば転職エージェントに連絡し、企業側へ印象の確認をしてもらうこともおすすめです。

「緊張してうまく話せなかった」「思ったように伝えられなかった」など、面接で感じたことを素直に転職エージェントに伝えておくと、転職エージェントが企業側にその旨を連絡してくれます。このやり取りをしておくことも転職活動における大切なポイントです。

無事内定となれば、転職エージェントを通じて年収交渉を行って転職活動は終了となります。

未経験転職で事前に考えておくべきこと

転職エージェントと面談で相談や質問すべきポイントを6つご紹介します。下記の質問を相談することで、より転職活動をスムーズに進められるようになります。

1. 転職理由

転職エージェントとの面談では、転職理由も相談してみてください。

転職エージェントとの面談では、転職理由はネガティブなものでも構いません。まずは本音で転職したい理由を伝えるようにしてください。本音を伝えることで、企業の面接でどのように伝えるべきかなどのアドバイスをもらうことができます。

「年収が低い」「残業が多い」「社風が合わない」など、転職に至った理由をきちんと本音で伝えましょう。

2. 希望する業界・職種

転職エージェントは面談で求人を紹介してくれます。その際「どの業界・職種を志望するか」を事前に決めておくと良いでしょう。

希望する業界や職種は未経験でも構いません。まずは自分がやってみたいことから志望する業界や職種を考えてみてください。面談で希望を伝えると、転職エージェントが紹介できる求人の有無や選考を受けられるかどうかを教えてくれます。

希望する業界や職種がない場合も、その旨を伝えてください。未経験でも出来る仕事や、これまでの経験を活かせる求人を紹介してもらえます。

3. 自分のスキルや強み、実績

転職エージェントに登録する際に職務経歴書を登録しますが、それだけでなく、自分の強みや実績についても相談してみましょう。

これまでの仕事における実績や、これまでの経歴で得たスキルなどを簡単に整理して伝えることで、転職エージェントからよりブラッシュアップした内容をもらうことができます。

アピールするようなスキルや実績がない人は、転職エージェントにその旨を正直に伝えてください。キャリアアドバイザーは多くの転職者を見てきているため「この経歴なら、〇〇の経験が強みになる」「〇〇な仕事をしていたら〇〇なスキルをアピールできる」というように、あなたのアピールポイントを提案してくれます。

4. 現在の年収・希望年収

現年収をきちんと把握しておくことも大切です。

前年度の源泉徴収などから、自分の現年収を把握しておいてください。また、合わせて転職後の希望年収も考えてみてください。現職と同じ年収でいいという人もいるかと思いますが、出来るだけ年収を上げる転職をする方がキャリアにとって良いです。

また、転職エージェントは年収交渉なども行ってくれます。転職エージェントは転職決定者の年収の30~35%を報酬として受け取るビジネスをしているため、年収を上げる交渉に慣れています。最初から年収をあきらめずに、自分の希望する年収を考えてみてください。

5. 転職を希望時期

転職を希望する時期についても相談してみてください。

現職を退職するまでにかかる時間や入社時期は、転職エージェントが転職先の企業側と交渉してくれます。そのため、おおよその転職希望時期は伝えるようにしてください。

もし、急ぎで転職したい場合もその旨を相談してください。選考を早められないか、入社時期を早くできるかなどの調整を転職エージェントが行ってくれるので、いつまでに転職したいのかということもきちんと伝えましょう。

未経験で転職を成功させるポイント

転職エージェントを利用して未経験の転職を成功させるためには、下記の3つのポイントを意識してみてください。

1.未経験で転職する理由を明確化する

未経験の転職で大切なのは、転職理由を明確にしておくことです。

未経験の転職の場合、経歴やスキルより、人柄ややる気、ポテンシャルが重視されます。そのため「なぜ未経験からチャレンジしたいのか」「未経験でも活躍できる理由」などをきちんと用意しておくことをおすすめします。

履歴書や職務経歴書の添削、面接の対策などは転職エージェントが無料で対応してくれるので、転職エージェントにも相談してみてください。

2.優秀なキャリアアドバイザーを探す

転職エージェントは、会社名よりも担当者で決まります。

求人を見ているデータベースはどの転職エージェントも同じなので、どんな求人を紹介してくれるか、どれくらい企業と付き合いがあるかといった担当者個人の力量によって転職の成功率が変わってきます。

もし自分と合わない担当者に出会ったら、変更を申し出るかほかの転職エージェントを利用するようにしてください。

転職エージェントとの面談については「【面談】転職エージェントとのキャリア面談で伝える内容と回答のポイント」にまとめているので、合わせてご覧ください。

3.転職サイトを複数利用する

未経験での転職には複数の転職サイトを利用することをおすすめします。

転職サイト最大手である『リクナビNEXT』の調査によると、転職サイト利用者の平均登録数は2.1社ですが、転職決定者の平均登録サイト数は約2倍の4.2社となっています。

転職決定者は約4社の転職サイトを利用しているため、未経験者の場合は、4~5社の転職サイトに登録するほうが転職活動は効率的に進めることができるでしょう。転職サイト記事も合わせてご覧ください。

未経験転職における注意点

未経験転職を希望する場合、年代や職種によって、注意すべきポイントがあります。ここでは年代や職種別に解説します。

1.20代の未経験転職における注意点

20代の未経験転職は、ポテンシャルや将来性が重視されます。20代の場合、これまでのキャリアやスキルだけでなく、これからどんなスキルを身に着けられるかや、今後の成長余地があるかといった点を見られます。

そのため、これからどんなことをしていきたいかという点についてもしっかりアピールするようにしましょう。

2.30代での未経験転職における注意点

30代における未経験転職は、これまでの経験やスキルを求められるだけでなく、その経験を活かしてどのような貢献ができるか、という点を見られるようになります。

未経験とはいえ、30代は即戦力が求められるため、考え方の柔軟さや素直さ、これまでの経験を活かしてさらにバリューアップできる人材かどうかがポイントになります。

30代の未経験転職では、これまでのキャリアの中から、転用できるスキルや経験をアピールするようにしてください。

3.未経験でエンジニアに転職する場合の注意点

未経験でエンジニア職への転職をする場合には、ただの未経験ではなく、副業やスクールなどを通じて学んだ知識やスキルをアピールすることが大切です。

エンジニアの求人には未経験歓迎というものも多いですが、まったくの未経験では難しいのが現実です。未経験であっても、副業での経験があったり、社内で多少の知識を身に着けておく必要があります。

エンジニアでの転職を考える場合には、少しでも早く即戦力になれるような姿勢や知識をアピールするようにしてください。

4.未経験で事務や経理に転職する場合の注意点

未経験で事務や経理などの管理部門への転職をする場合には、資格取得しておくと転職で有利になる可能性が高いです。下記におすすめの資格をご紹介します。

・MOS(Word・EXCEL)
・簿記検定
・秘書検定
・TOEICや英語などの語学力など

こうした資格を持っておくと、未経験でも管理部門への転職をしやすくなるため参考にしてみてください。

未経験の転職で有利になる資格

未経験の転職では、資格を持っておくことで多少有利になるケースがあります。下記におすすめの資格をいくつかご紹介しておきます。

1.MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(通称:MOS)は、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルックの5つのOAソフトが対象のPC向け資格となります。

試験はスペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)があり、取得方法としては認定の学校に通うほか、書店などで教材を購入し、独学で取得することも可能です。

MOSのスペシャリストレベルは、オフィスソフトの基本操作ができる程度となっています。そのためパソコン講座やハローワークの職業訓練でも採用されており、取得される方が多い資格です。

取得は比較的容易で、事務職の職種に実用的な資格となります。OAの基本操作が行えるという強みになるため、事務職を目指している方は取得しておくと良いです。

2.簿記

日商簿記検定は、資格の中でも一般的によく知られています。新卒の求人でも「日商簿記3級取得者」で募集しているケースがあり、やはり一般的に事務職、経理職の求人などで必須条件となる傾向があります。

簿記は、業務で実際に役立つ会計や経理の知識を得ることができます。2級以上であれば、事務職や経理職、会計事務所に応募する場合などにかなり有効となります。

もちろん簿記3級を取得しているだけでも転職先の幅は広がり、難関である1級に合格すれば、独立開業が可能な税理士の受験資格も得られます。目下の転職活動だけでなく、将来の可能性も広がる魅力的な資格となります。

受験費用は3級・2級で4~5千円程度で、受験者の多い資格のため教材が多くあります。書店にも数多くの参考書や教材があるため、資格取得に取り掛かりやすいものともいえます。

3.TOEIC

TOEICとは、日常生活やグローバルビジネスにおける英語力を測定するテストです。

TOEICテストにはいくつか種類がありますが、一般的にTOEICというと「聞く力」「読む力」を測る TOEIC Listening & Reading Testのことを指します。

リスニングパートとリーディングパート合わせて200問を2時間で解答し、990点満点でスコア判定されるので、合否判定などはありません。多くの大学生や社会人が受験しており、日本で最も知名度の高い英語試験となっています。

TOEICを持っていることは転職において有利になりますが、特に有利になるのは700点以上です。『英語活用実態調査』によると、企業が海外部門の社員に期待するTOEICスコアは690点とされています。

外資系企業を志望する場合、TOEIC730点が足切りラインと言われているため、最低でもTOEIC730点を取得することをおすすめします。

3.中小企業診断士

中小企業診断士は、経営コンサルタントして経営全般の専門知識を身につけ、企業経営のアドバイスを行う国家資格です。

金融や不動産業界で役に立ち、経営コンサルタントとしての独立を考えて取得される方もいます。

ただ中小企業診断士の取得は、半年~2年程度かかると言われており、費用は5万~30万円程度かかります(受験料別)。

習得に必要な7教科すべてを一定期間内に合格する必要があり、二次試験もあるため難易度は非常に高いです。

4.行政書士

行政書士は、法律の専門家として活躍できる国家資格です。

官公署提出書類の提出手続きの代理や法務コンサルタントなど、行政に関わる幅広い業務を行うことができ、スキルアップにもつながります。

先々には独立して行政書士事務所を開業することも可能な、まさに手に職がつけられる資格となります。

行政書士の資格取得には、一般的にはスクールや予備校に通って半年~1年(受講費用6万~20万円程度、受験手数料は7千円)がかかります。行政書士の合格率は10%程度と難易度が非常に高めです。ただ、行政書士資格があれば、年齢問わず活躍の場が広がることもあり、働きながら取得を目指す人も多い人気の資格となります。

未経験から転職しやすいおすすめ職種

未経験でも転職しやすい職種について、「職種未経験者歓迎」の割合が多い順にランキング形式でご紹介します。

1:事務職

未経験におすすめの職種が事務職です。

事務職は未経験から正社員を目指せる求人が多く、20代の場合は実務経験がない場合でもポテンシャルを見込んで採用している企業も多くあります。

一方で、事務職は非常に人気のある職種でもあり倍率も高いです。厚生労働省が発表した一般職業紹介状況(令和4年2月分)によると、全体の有効求人倍率は1.21倍なのに対し、事務職は0.45倍と非常に高い競争率になっています。

事務職には、営業事務や総務事務、受付事務など、さまざまな種類があるため、自分に合った事務職を探すことが大切です。

事務職は採用コストをかけたくない企業が多いため、採用してすぐに退職する人は採用しない傾向にあります。そのため転職回数が多い人は事務への転職が難しい傾向にあります。

事務への転職は『20代女性の事務におすすめの転職サイトランキング』もご覧ください。

2:販売職

未経験におすすめなのが販売職です。

販売職はスキルや資格などがなくても仕事ができるため、正社員を目指しやすい職種の1つです。

販売職は求人数が多く、未経験歓迎の求人も多くあります。販売職は接客業務がメインとなるため、柔軟なコミュニケーションを取れる人材は、評価されやすい傾向があります。

販売職を経験した後に、バイヤーや店長へのキャリアアップもあるため、20代でキャリアを考える人にもおすすめです。販売職の1つであるアパレル業界への転職を考える人は『アパレル業界の転職におすすめの転職サイト』もご覧ください。

3:営業職

未経験におすすめの職種が営業職です。

営業職は未経験歓迎の求人が多く、正社員求人も多くあります。営業職には特別なスキルや資格必要なく、誰でも挑戦することができます。営業職が多い業界は人材や保険、化粧品、メーカーなどです。

営業職の場合、女性であっても、女性ならではの視点が売り上げにつながることもあるため、営業職では多くの女性が活躍しています。また、女性比率が高い職場はワークライフバランスを充実させやすいため、女性の場合には女性比率についても見ておくと良いです。

営業職への転職は『営業職におすすめの転職サイト・転職エージェント』をご覧ください。

4:介護職

未経験におすすめなのが介護職です。

介護職は資格を持たなくても採用してもらえるため、未経験で正社員を目指しやすい職種の1つです。さらに、資格を持っていると転職に有利になるため、より転職しやすくなります。

日本の総人口は2009年から13年連続で減少し続けている一方、65歳以上の数は年々増加し、2022年には3,627万人に達し過去最多を更新しています。国内のこういった状況からも、介護職のニーズは年々高まっています。

参考:統計からみた我が国の高齢者|総務省統計局

また、介護の実務経験があれば、介護福祉士をはじめとする国家資格なども取得できるようになります。介護職は女性比率の高い職場も多いため、キャリアのロールモデルを見つけやすいのも特徴です。

介護への転職を考える人は『介護士転職サイトおすすめ』も合わせてご覧ください。

未経験転職に関するよくある質問

未経験の転職おけるよくある質問をまとめておきます。

Q:未経験におすすめの転職エージェントはどこですか?

A:まずは求人数の多い転職サイトと転職エージェントを見てみるのがおすすめです。dodaやリクルートエージェント、リクナビNEXTなど、大手転職サイトを見た後に、業界特化型や中規模な転職サイトや転職エージェントを利用してみてください。

Q:転職サイトと転職エージェントの違いはなんですか?

A:「転職サイト」は好きな求人を自分で探して、応募から面接まで進めることのできる転職サービスです。また、「転職エージェント」は、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが、自分に合った求人を送ってくれる転職サービスを指します。

Q:「未経験者歓迎」の求人は本当ですか?

A:未経験者を歓迎する企業が多いのは本当です。採用背景は企業によって異なりますが、新規分野に参入するために人材補充をしたい、若手や第二新卒者が欲しい、ポテンシャル採用をしたいなど、未経験を歓迎する求人は多くあります。

Q:在籍している会社に転職活動をしていることはバレないのでしょうか?

A:転職サイトの設定の中に、現在の勤務先や取引先企業などに見られないようにする設定があります。自分の会社や取引先を除外しておくことでバレることを防ぐことができます。勤務中に面接に行くなどはバレてしまうことがあるので、有給などを使っていくことをおすすめします。

Q:業界と職種のどちらも未経験でも転職できますか?

A:可能です。特に年収を上げたい人は平均年収の高い業界へ転職する「軸ずらし転職」がおすすめです。軸ずらし転職については本記事内の「転職サイトを使う上で大切なポイント」をご覧ください。

Q:未経験の転職に国の就職支援機関はありますか?

A:若者を対象にした就職支援「ジョブカフェ」があります。各都道府県が主体となって実施しており、自分に合った仕事を見つけるためのサポートを受けることができます。仕事探しから就職までの一貫的なサポートが特徴で、すべて無料で利用できます。また、「ハローワーク」も地元の求人を見つけるのに役立つためおすすめです。

未経験におすすめ転職サイト・エージェント比較表

未経験の転職で役立つ転職サイトと転職エージェントの比較表をご紹介します。求人数やエリアなどを各サイトごとに比較してみてください。

サービス名 リクルートエージェント doda マイナビジョブ20’s DYM就職 UZUZ(ウズウズ) 就職Shop ハタラクティブ キャリアスタート type転職エージェント JAIC(ジェイック) マイナビエージェント 転職会議 ミイダス OpenWork ハローワークインターネットサービス ジョブカフェ サポステ
運営会社 株式会社リクルート パーソルキャリア株式会社 株式会社マイナビワークス 株式会社DYM 株式会社UZUZ 株式会社リクルート レバレジーズ株式会社 キャリアスタート株式会社 株式会社キャリアデザインセンター 株式会社ジェイック 株式会社マイナビ 株式会社リブセンス ミイダス株式会社 オープンワーク株式会社
公開求人数 409,306 246,087 5,805 非公開 非公開 11,000件以上 4,156 非公開 10,335 非公開 非公開 399,635 437,342社 68,772 1,059,400 非公開 非公開
非公開求人数 221,670 40,867 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 18,100 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★・・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★・・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★★ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
利用料金 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 有料 無料 無料 無料
対象年代 20代~50代 20代〜50代 20代 20代 20代 20代~30代 20代 20代~30代 20代〜40代 20代 20代〜40代 20代〜50代 20代〜40代 20代〜50代 10代〜60代 10代〜30代 10代〜40代
種類 転職エージェント 転職サイト 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 口コミサイト 転職サイト 口コミサイト 求人サイト 転職支援 転職支援
エリア 全国 全国・海外 全国 全国 全国 全国 北海道・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・岐阜・静岡・愛知・三重・京都・大阪・兵庫・広島・福岡 全国 東京・神奈川・埼玉・千葉 宮城、東京、神奈川、愛知、大阪、広島、福岡 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら

(公開求人数、非公開求人数:2024年6月12日現在)

まとめ

未経験転職でおすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介しました。

未経験の転職では、これまでの経験の共通点などもアピールすると成功率が高まります。ぜひ本記事を参考に、未経験の転職を成功させてみてください。

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報