【転職サイト】おすすめ比較ランキング20選|転職の専門家が特徴や評判を解説

おすすめ転職サイト

転職サイトのおすすめはどこなのか?

日本には、約19,000社の転職サイト(厚生労働省「職業紹介事業報告書」)が存在し、年間約60万人もの人が転職サイトを利用して転職をしています。

その中でも、おすすめの転職サイトは下記の2社です。

■ 利用者の60%が年収アップ
『リクルートエージェント』

■ ワークライフバランスを重視したい人
『doda』

上記2つがすべての年代におすすめの転職サイトとなりますが、本記事では求人数や特徴、口コミによる評判などもご紹介しますので、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。

目次

本記事は、転職の専門家であるmoto(戸塚俊介)が、おすすめの転職サイトを比較・ランキング形式でご紹介しています。

20代や30代など年代別や女性向け、未経験、IT・エンジニア、専門職など職種別におすすめの転職サイトもご紹介します。

転職を考えている人やキャリアに悩んでいる人、どの転職サイトを使うか迷っている人は参考にしてみてください。

おすすめ転職サイト一覧
リクルートエージェント 業界最大手のリクルートが運営する転職サイト
doda 業界トップの求人数とコンテンツが充実した転職サイト
マイナビエージェント 全国の求人が豊富な転職サイト
リクルートダイレクトスカウト リクルートが運営する年収600万円以上のハイクラス向け転職サイト
ビズリーチ 200万人の転職者が利用する転職サイト
JACリクルートメント 各業界のプロがサポートしてくれるハイクラス転職サイト
転職サイトGreen IT業界の求人に特化した転職サイト
マイナビ転職 首都圏だけでなく地方の求人も豊富に掲載している転職サイト
パソナキャリア 豊富な求人で全年代・職種に対応した転職サイト
リクナビNEXT 業界最大手の求人数を保有する日本最大の転職サイト

転職サイトおすすめランキング

まずはじめに、すべての年代におすすめの転職サイトをご紹介します。転職サイトごとに特徴を解説していきますので、気になった転職サイトを利用してみてください。

※転職サイトは数多くありますが、すべてに登録する必要はありません。数多くの転職サイトに登録すると「会員登録がめんどくさい」「既視求人(被り)が多い」「DMが大量に来る」という状態になるため、下記転職サイトの中から2、3社を選んで利用するのがおすすめです。

1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:421,789(2024年7月10日現在)
求人数増減:+2,878(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

最もおすすめの転職サイトは『リクルートエージェント』。利用者の60%が年収アップしているという実績があります。

リクルートエージェントは転職支援実績No.1の転職エージェントです。公開求人と非公開求人合わせて40万件を超える求人を保有しています。

リクルートエージェントの特徴は全業種・職種の求人が掲載されている点です。キャリアアドバイザーに幅広い求人を紹介してもらえるため、志望業界や業種、志望企業が決まっていない人や、他業界への転職を考える人などにおすすめです。

moto
motoの一言アドバイス

初回の面談ではキャリア相談ができ、面談後にキャリアアドバイザーからアプリに求人が届きます。アプリでは求人検索(非公開求人も検索可)、面接日時の設定、面接後の感想などがアプリで完結できます。システム的に送られてくる求人のレコメンド精度も高く、転職サイトの『リクナビNEXT』との連携も便利でした。ただ、新着求人のメールが多い、キャリアアドバイザーのレスポンスが遅いというのが難点。電話などはしつこくなく、総じて便利な転職エージェントでした。

出典:公式サイト

リクルートエージェントの口コミ評価

  • 23歳・女性
    業界最大手の転職サイトを運営している、ということでリクルートエージェントに登録しました。20代でキャリアが浅いため転職サイトだけでは不安になり、転職エージェントにも登録しました。

  • 現職がハードだったためなかなか面談できなかったのですが、平日遅い時間にも対応いただくことができ、非常に助かりました。dodaやリクナビNEXTなども利用しましたが、結果的にリクルートエージェントで希望の求人を見つけることができました。

  • 転職サイトと並行して利用するのがおすすめだと思いました。

  • 25歳・女性
    リクルートエージェントに登録して転職に成功しました。登録した際に面談日時を設定して、面談で細かく希望条件を伝えました。初回の面談が終わってからすぐに、20社以上の求人を紹介いただきました。

  • 大手企業の求人が多くあったので安心しました。気になる求人へ応募した際も、書類の添削や面接対策を細かくしてくださり、安心して転職活動できました。無事にリクルートエージェント経由で内定ももらえたのでとても良かったです。

  • 転職サイトのリクナビNEXTも見ていましたが、求人数が多すぎて自分には合わなかったです。

  • 29歳・男性
    初めての転職で、リクルートエージェントを利用しました。最初は他社の転職サイトを利用していましたが、希望の求人や職種が見つからなかったため、リクルートエージェントに登録しました。登録して面談をした後、担当者から送られてきた求人の数に驚きました。

  • かなり細かい条件を伝えましたが、30社以上の求人を紹介してもらうことができました。その中には誰もが知るような大企業の求人のあったので、最初からリクルートエージェントを利用すればよかったと思いました。

  • 最終的に4社から内定をいただくことができ、希望していたよりも良い条件で転職できました。転職サイトを眺めるだけでなく、エージェントも利用するほうが転職活動はスムーズになると思います。

  • 24歳・男性
    2回目の転職活動でリクルートエージェントを初めて利用しました。転職活動初期は、転職サイト等を利用して転職活動していましたが、もう少し多くの求人を見たいと思ったことから、転職エージェントを利用しました。

  • 担当してくださった方がベテランだったこともあり、的確なアドバイスを都度もらうことができたので、とても心強かったです。最終的にリクルートエージェント経由で内定をもらうことができたので、利用してよかったと思っています。

  • 転職サイトも合わせて利用していたので、いろいろな求人を見た上で応募できたので良かったです。

  • 34歳・男性
    リクルートエージェント以外にも4社ほど転職サイトを利用しましたが、リクルートエージェントが1番良かったです。良かった理由として、求人数が他社に比べて圧倒的に多く、求人の企業規模も大手~ベンチャーと幅広く掲載されていた点です。

  • 自分の希望にあった求人を紹介してもらうことができました。また、担当のエージェントのレベルも高く、こちらの希望条件に合った求人のみ紹介いただけました。他社では、希望条件以外の求人も紹介されてしまったので、リクルートエージェントが一番的確でした。

  • 最終的にリクルートエージェント経由で内定もいただけたので満足しています。他社転職サイトはほぼ利用せずに済みました。

  • 31歳・男性
    どの転職エージェントよりも求人が多く、担当者の面談も他社と比較して丁寧だった。転職サイトも利用したことでおすすめの求人に出会うことができました。

  • 25歳・女性
    担当者の質はピンきりだったが、会員ページから大量の非公開求人を探せたのが良かった。リクナビNEXTも利用していたが、非公開求人がないためエージェントの方が便利だった。転職サイトにはない求人を見るにはおすすめ。

  • 34歳・男性
    様々な業界と求人を見ることができ、簡単に登録できた。転職サイトのリクナビNEXTと連携されているため、どちらの求人にも応募できたのは便利だった。リクルートエージェントを転職サイトとして利用するのもありだと思う。

  • 24歳・男性
    1回目の転職で利用しました。履歴書をはじめ、職務経歴書など初めてのことばかりでしたが、担当の転職エージェントの人が親身になって答えてくれました。また、企業との面接前には模擬面接の機会も設けてくださり、受け答えの仕方からどうやって答えたらいいのかなどアドバイスをもらえて、安心して本番に臨むことができました。

  • おかげさまで内定をもらえたので本当に感謝しています。リクルートエージェントは、どの転職エージェントよりも利用しやすかったのでおすすめさせてもらいます。

  • 29歳・女性
    口コミサイトでランキング上位だったリクルートエージェントを利用しました。担当の方は、適切な情報をタイムリーに届けてくれて助かりました。また、これまでのキャリアや経歴について丁寧にヒアリングしてくれて、今後私が進むべきキャリアについて整理するきっかけをもらえました。

  • 他社のエージェントではここまで深い対応はしてもらえず、あまり求人をもらうことができなかったので、リクルートエージェントが最も利用しやすく便利でした。

  • 28歳・男性
    業界最大手の転職エージェントということもあり、紹介される求人数の多さは一番でした。いろいろなエージェント会社を使ったのですが、担当エージェントの方の対応も含めて一番よかったと思います。

  • リクルートエージェントはウェブサイト自体も使いやすく、メールの整理などもしやすかったです。転職したばかりですがすぐには退会せず、次回転職する機会があれば利用しようかなと思ってます。

  • 27歳・女性
    友人の紹介でリクルートエージェントに登録しました。以前の転職活動ではデューダを利用しましたが、個人的にはデューダよりもリクルートエージェントの方が使いやすかったです。担当いただいた人の対応も丁寧で満足しました。

  • 紹介してもらった求人で、無事内定をもらえました。今回、魅力的な会社を多く提案いただけたので、数年後またお世話になるかもしれません。

  • 30歳・女性
    大手ということもあり、紹介してもらえる求人数が豊富です。自分の希望に沿った仕事・会社を沢山薦めてくれるので転職活動へのやる気がアップしました!親身になってサポートをしてもらえるのも良いのですが、少々マニュアル感が強いなとも思いました。

  • これはエージェントの経験や相性もあると思うのですが、採用が決まった後のサポートも間に入ってやっていただけたので助かりました。

  • 32歳・男性
    初めての転職の時に、色々な口コミを見た上で登録しました。Web上で職務経歴書が作れたり、書類作成や面接対策のサポートが手厚いので、転職するときにわからないことが多かった私にはぴったりでした。求人数も多いので、やりたい仕事の選択肢も多くあります。

  • 自分のキャリアをどうアピールしたらいいか分からなくても、丁寧に教えていただけるので一人で転職活動するよりもよほどいいと思います。これから転職を考えている人にはおすすめしたいです。

  • 29歳・女性
    細かいところまで親身になってくれる。レスポンスも早め。職務経歴書や面接対策もしっかりやってくれる。求人数も圧倒的に多く、転職サイトの中で利用しない手はないと思う。ただ、ここだけの話を鵜呑みせず、他社もいくつか折り合わせて利用するのが一番良い。

  • 転職活動の際、一つのエージェントに絞って活動すると話が偏ることがある。少々面倒かもしれないが、エージェントと合わなかったという問題を避けるためにも、そうした方が良いと思う。

  • 24歳・女性
    ネットで検索したらトップの方に出てきたので利用しました。求人の掲載数は非常に多く、見やすいホームページだなと思いました。実績もNo. 1とのことで、アドバイザーの方がとても親身になって相談に乗ってくれました。

  • 必ずしも希望する求人が送られてくるわけではないのですが、サポートは丁寧だったと思います。企業インタビューなどで企業の雰囲気が掴めるのも良いなと思いました。

  • リクルートエージェントに登録してるので(使ってないですが)毎日メールがきますが年収300万~とか350万~って仕事がたくさんあります。これ、たぶん手取りだともっと減るでしょうから、未経験でキャリアなしだとこれが現実です。 そりゃあ人手不足は解消しないし景気も良くならないよ…

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントは、こっちが(仕事辞める前に)仕事紹介して欲しいから面談受けたいと言ったら断ってきたのに、無職になって数か月後には何度も声かけてきよってからに。完全無職ならランク下げてでもすぐに職を決めたい的な足元を見てるのが丸わかりだでよ。腹立つなぁ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 23〜25歳の人がリクルートエージェントに登録してるの無駄すぎる。既卒専門エージェントの方が良い。リクルートエージェントは経験浅い(社会人歴少ない)だけで大体切られる。よっぽど学歴・資格・職歴に自信があるならどうぞって感じ。とりあえずで登録するのは論外だし下調べ不足にも程がある。

    出典:X(旧Twitter)

  • 何がいけないのか? そう考える本当に気持ち分かります。 私53歳で去年はジョブカフェに 相談したりリクルートエージェントも丸っきりダメで 3〜40件のうちWeb面接バツ ミイダス経由の面接バツ それだけで心折れました 今年はワークポートさんに お世話になって書類選考15件中2件通過です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職して2週間ちょい 仕事は山積みだけど負荷も働き方も自分で調整できる。 小さい会社だから社長に報告する立場だけど入社前の面接でミッションと役割が明確になっていて非常にやりやすい。 良い会社に出会えた✨ ありがとうエージェントの須賀さん♥ #リクルートエージェント

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動5月末にリクルートエージェントで始めたんですけど(と言っても、応募ボタン押すだけ)、書類選考でバンバン落とされるし、基本営業ばっかりしか求人みかけないですね…… 友達が都会で事務系のお仕事GETで転職活動成功してる話聞いてたので、トントン拍子に行くもんだと甘くみてたw

    出典:X(旧Twitter)

  • ハイクラスや都市圏以外の地方とかだと全く状況違うと思いますが。ごく一般的な年収帯ならリクルートエージェントとdodaの2社利用で事足ります😀今回はエージェントしか使いません。過去にリクナビNEXTなど個人で連絡などする媒体も使いましたがなかなか大変ですし求人内容も前記2社のが良い感じします

    出典:X(旧Twitter)

  • エン転職▶︎企業登録数多い?気がするけど地場産業とかも多くて当たり外れ多め リクルートエージェント▶︎面談めちゃくちゃ多いけど添削はしっかりしてくれる、登録企業は大きいところが多め て感じですかね…?所感なのでご参考までにです💦 あと長期間転職サイト眺めて、求人出続けてる企業さん

    出典:X(旧Twitter)

  • 併用したらええとは思いますけどね。 自分も去年転職活動した時に複数のエージェント併用しましたけど、LHH転職エージェントの担当さんが感じよくてしっかりサポートしてくれたなぁ。 CM通り求人数が圧倒的に多いのはリクルートなんで、転職決めたのはリクルートエージェントでしたけど_(:3 」∠)_

    出典:X(旧Twitter)

  • あたしはねー、めちゃくちゃ定番な感じにリクルートエージェントを利用させてもらったー!他にも登録してたりエージェントと話したとこあるけど、とりあえず第一印象電話してみてなんとなーく馬が合ったからリクルートエージェントにしたなぁ、、、 アプリがわりかし求人見やすかったしな

    出典:X(旧Twitter)

  • ゆーたさん 私はリクルートエージェントを使ってました。 新人さんでしたが、丁寧に対応してもらえました。 分からないことがあっても、上司や専門部署にヒアリングされていました。 エージェントには相性があるので、2~3社サービスを使用してみるのがおすすめですね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 第一志望の会社に受かるといいんだがなぁ。それを踏まえて、そんだけドンピシャで自分に合った会社を提案してくるリクルートはすごいと思う。そういう意味ではリクルート>ギークリーかな。これで受かったらリクルートエージェントにマジで感謝する。採用担当とこんなに話が盛り上がる面接あるかよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回の転職でリクルートエージェント使ったけど、担当エージェントから一切サポートとか受けてなくて、反応遅いし、メールは誤字脱字だらけで全然信頼できなかった。 この状態でマージン抜いてるんだから旨いよな…逆にここに求人出てなかったら応募できてないからWinWinではあるけど。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントってやっぱり書類通過率悪いのか… 高望みしすぎな求人しか紹介してくれないもんね。 クソ忙しい時にメールきて確認したらお祈りのお知らせってのも地味にイラつく。1社通過してるのも合わなさそうな感じだし、クソ忙しくて全然準備できないし辞退しようかな…

    出典:X(旧Twitter)

  • また働くことがあるかもしれないと思って、リクルートエージェントに登録しているのですが、度々メールがやってきて少し面倒です。 不動産屋さんの書類審査免除とか言われてもね…🤪 誰でもいいからともかく人員を確保したいだけなんじゃないかと思ってしまいます。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントの人に「数十社くらい応募して採用になった会社の中で選ぶようにした方がいいよ」って言われたけど…とてつもなく大変だぞこれ😅 面接行くたびに実家から他県に行かないといけないんか…あぁ一人暮らしのビジョンが見えないよ😢

    出典:X(旧Twitter)

  • 元リクルートな人、尊敬できる人しか出会った事がないのだが、リクルートエージェントの担当が実在するの?AI?な内容のメールしか送ってこないし、送られてくるお勧め案件もなぜコレを?という的外ればかりで全然見る気にならない。でもアプリ消すのは再度使う時を考えると入力が面倒で消せない🫠

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイト探すと大体リクルートエージェントが最初に出てくるけど、前の転職時に相談したら、一切営業なんて希望してないのに営業の求人ばっかり消化してきやがって、全く信用する気にならない。マイナーな会社のエージェントの方がよっぽど親身で興味持てそうな会社だったわ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 私はリクルートエージェント一択だと思っていて、理由は、リクルートが持つ非公開求人をアプリ上で検索して選べるからです。つまり、紹介されるものの中から選ぶのではなく、自分が求人サイトで調べて選んでいるのと同じ感覚です。これができるエージェントを私は今のところ他に知らないです。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント経由で一次面接の案内来てた会社の日程調整してたらいきなり選考お見送りの連絡きたんやけど 面接の連絡きてお祈りとかあり得ねえ こんな風になるならこっちから辞退すべきやった あんなに催促しておいて勝手にお見送りするならもう使いたくないな 最近の出来事で1番嫌になった

    出典:X(旧Twitter)

  • 結局専門職なら最大手のリクルートエージェントが一番有能だったわ。急ぎの返事必要な時だけちゃんとメールと電話で念押ししてくれたし。あと紹介件数異常に多い。結局全社目を通せなかったな…(随時200件くらいおすすめに突っ込まれてた。しかも経歴に合わない企業ほぼ無し)

    出典:X(旧Twitter)

  • サービスにもよるけど、あんまり聞かない転職エージェントは素直にお前働くの厳しいって!って現実を言ってくれるところもあるし。 リクルートエージェントや大手は金にならないとなるとなんか適当に希望持たせてってるなって感じになる印象。 広く手をつけて優先順位ガチャガチャ

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントだけはマジで転職に使わない方がいいなと思った サービスが大きすぎて 転職者一人一人に矢印が向いていない。 最終面接に進もうとしてるのに、 「一般的に問われる面接対策をやっておいてください」 とか、わざわざ今更そんなこと言うなよ的なことを普通に言われます。

    出典:X(旧Twitter)

  • 無職・無収入がこんなに怖いなんて思わなかった…。毎日不安で押しつぶされそう🥹 今日は国民健康保険と国民年金の手続きしてきた。偉いぞ👏自分‼️金曜日だからか役所混んでた。 リクルートエージェントとかdodaエージェントに登録してみたけど、いまいち合わない。 転職できるかな〜😫

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントをメインに使った! 定期的な進捗確認もあるし、1番良かったのは面接調整をアプリ内で完結できることやね! いつどの面接が入ってるかも表示してくれて楽だった あとはマイナビ転職もエージェントとの相談は使った! (1人のコンサルより第三者の目が欲しかった)

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は札幌です! マイナビ転職全然求人ないです🥲 1.2ヶ月で1件良いのやっとあった感じです‼️ dodaとリクルートエージェントの登録初期は結構良いのあるなと思いました!次第に少なくなってきます(紹介されないだけかもです) 良い求人少ないと焦りますよね💦

    出典:X(旧Twitter)

  • さて、エージェント系転職ネタですが dodaはマジで釣り求人多い 12月に最終候補が居てアナタは3番手ですって言ってたのにいまだに求人 一番酷いのは求人内容と最終面接で別の職にしようとしてきた。 リクルートエージェントはため息つかれた。 断り入れたら急に態度変えてきた。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【腹立つ〜】 リクルートエージェントさんの 「面接後のアンケートを企業に開示しないと選考が不利になる」 という方針なんなんだろう。 不利にならないように上手くやってくれたらいいのにと思う今日この頃。 担当者とバチバチに意見交換したメールを 拡散したい気分。 ほんまに腹立つ企業です。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントとか、紹介してナンボ感あるから… 絶対見合ってない実力合わない…って会社も、類似検索かけてヒットした会社、全部求人案内しちゃうのか… 異業種だったりはまだしも、明らか募集人材スキルや年数が合わない、年齢が合わない求人も沢山あって。断るの大変だった💦

    出典:X(旧Twitter)

  • 数日前に私と面談したリクルートエージェントの人もそんな感じでしたね。 事前に記載した、「建築主としての工事監理」について理解が無く、会話が上手く噛み合わなかったです。 エージェントって、未成年のアルバイトレベルって捉えた方がストレス減るかもしれませんね…

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントは使えないよ。 私の志望職種の求人を導き出せず、初回面談後4ヶ月放置。 こちとらログインして求人探し続けていたのに。 最後には『私、リクルートエージェントを退職します。サービス加入を続けるかこの機に退会するか、他のエージェントさんに引き継ぐかを選べ』だからね!

    出典:X(旧Twitter)

  • 東京のリクルートエージェントに4年前に登録した情報が残ってて、ごくたまにだけど仕事紹介のメールが来るんだ。さっきまたメールがあって年収1500万って書いてるから食いついて見たのに仕事内容が俺ができるものとは違うというオチ。期待して損した🤣世の中そんな甘くない😅

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaの転職エージェントより、リクルートエージェントの方が圧っっっ倒的に質が良かった。表面の条件と厳しい現実だけを言い連ねるdodaと、今までのスキルをどう活かすか?から考えてくれるリクルート。 …まぁ自分もR系だからってのもあるけど、思考の深さって差が出るなとつくづく思った

    出典:X(旧Twitter)

  • マジでリクルートエージェント仕事できなさ過ぎて笑う 一般職の応募なのに総合職なので転勤可にしてください、とか笑 リクルートの担当者に書類落とされたのに、数ヶ月経った頃に勝手に通されて、結局企業は即書類通してくれたけどこっちからしたら落ちた書類がいきなり通って混乱だからな。人の人生

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動を振り返って思うのは、ほんとリクルートエージェントはハズレだった。あんな低レベルなサービスで人材業界No.1なの?って思った。もし次転職することがあってもリクルート系だけはもう使いたくないです。 ちなみに自分はdodaXからのエージェントさんのおかげで無事に転職先が決まりました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 保育士辞める!って1年間思い続けてやっと保育園に「辞めます」って言えた。しぶしぶ承諾をもらい、よし!一般企業に就職!とリクルートエージェントに登録。登録して2ヶ月になるけど、エージェントの予約が2週間に1回くらいしか取れず未だに職務経歴書の添削中。ハローワークにも希望求人なし😮‍💨

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントはまじで丁寧で転職活動初心者に適しており、ビズリーチは企業の採用担当者とダイレクトに話せるので会社の感じを掴みやすい(個人の感想です) 元同僚から昔の私と同じような悩み相談を受けたので、相談相手のいない悩める誰かの一筋の希望になって届けばと思って書いてみた

    出典:X(旧Twitter)

  • 素敵な会社はたくさんあると転職活動を通して知ったし、素晴らしいエージェントさんに出会えて自己肯定ができて感謝している #リクルートエージェント 転職活動するのは確かに負担もあるけども、今が超絶辛い場合、その経験が絶対プラスになると感じた さらなるステップアップもできた #ビズリーチ

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントに職歴一気に追加🖊暫定のキャリアシートも作成完了 ※休暇中に履歴書と職務経歴書も作っちゃおうかな! 前回よりはだいぶ強気で行けるな☺ (前回は流石にラウワンのバイト経験のみ&未経験職種への就職& 東京に住んでたから「なんで東京を外すんですか」って聞かれた)

    出典:X(旧Twitter)

  • ff外から失礼します 私も今35歳でITエンジニアへ未経験での転職を目指していますが 決して遅くは無いようです 今、リクルートエージェントを使った転職支援を受けていますが、特にこの分野と特化したものを設けないと、未経験可な企業は多いです 後は気力の問題…のように思います

    出典:X(旧Twitter)

  • 人事労務に絞ってリクルートエージェントを中心にエントリーした数、約20社。 書類通過5社、1次面接2社終了、という成績です。 30代前半、幼子あり、キラキラキャリアなし、社労士資格ありワーママ、意外と健闘してます! 転職活動のペースもつかめてきたので、がんばるぞ!

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントの担当、絶対ハズレを引いてしまった。 最初の予感が的中。 お前いつまで待たせんの? もう1ヶ月以上経つんですけど。 今日電話で来年まで結果待ちかかる?って聞いたらそうなるかもって。 そんな待たせといて、結果不合格もアリとかマジでふざけんな。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェント、 9月から選考結果メールで通知されなくて自分でサイト見て確認しろ方式に変わったらしいので めんどくさいし使いにくいから退会した。 元々希望する求人全然ないしね… 狭すぎるのかなぁ、わかってるけどでも興味無い仕事やってもねぇという気持ちが大。

    出典:X(旧Twitter)

  • 未経験から経理になる時に使って良かった転職エージェントは2つ。 ①Ms-Japan 経理求人も多く、管理部門に特化してるからこそのサポートがあった。次も使うと心に決めた。 ②リクルートエージェント 結果的にここで内定。面接対策や調整等をきちんとしてもらうことができた。

    出典:X(旧Twitter)

  • 40歳を超えると何度応募してもなかなか面接まで進めませんが、あせらずに根気よく毎週応募件数目標を設定して応募することをおススメします。 リクルートエージェントには45歳以上専門の担当者がいましたよ。 まずは総合型エージェント3~5社と特化型エージェント2~3社に登録することをおススメします

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人事がオススメするエージェント】 第一位 リクルートエージェント 求人数が圧倒的に一番多い。他社よりも幅広く転職先を検討出来るのが最大の魅力。その分、自分で軸を絞る必要あり。魅力的な求人に右往左往されて結局最初の想定とは全く違う先に応募するケースも。個別フォローは少ない印象。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントさんとの2回目の面談、終わりました。 MS Japanの時と同じように職務経歴書と履歴書の修正は一切なく「経理になりたい熱意と想いがすごくまとめられているので、応募したらこのまま企業に提出しますね!」とのことでした。 改めて転職ブログを書いている方々に感謝です!

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントの電話面談が終わりました。 書類通過のコツなど、とても丁寧に教えていただきました! よくSNS上で「〇〇のエージェントは良くない」というポストを拝見しますが、個人的には「そんなに?」って感じるくらい丁寧。 むしろ、勇気をもらってる気分です。 明日もがんばりますー

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェント3社登録したが独占求人とかは無いのでぶっちゃけどれでもいい。求人数なら圧倒的にリクルートエージェント。JACはサポート厚かったり企業の情報深かったりとあるが、結局はマッチする求人かどうか、エージェントの推薦とかなんの役にもたたん。メイテックネクストは紹介も来ない。

    出典:X(旧Twitter)

  • Q.転職サイト・エージェントはどこがおすすめ? A.まずは全部登録しておく! その上で、以下の3つが個人的に良かったですね〜 ①Green ②リクルートエージェント ③doda 特にリクルートのエージェントさんとは毎週電話で相談してました!書類添削や会社の選び方のヒントを教えていただきました🙇‍♂️

    出典:X(旧Twitter)

2:doda

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:249,458(2024年7月10日現在)
求人数増減:+1,052(先週比↑up)
【公式サイト】https://doda.jp/

2つ目におすすめする転職サイトは『doda』です。

dodaは転職サイトの中で最も知名度が高く、利用者の多い転職サイトです。求人は20万件以上(非公開求人を含む)保有しており、転職サイトの中ではトップクラスの求人が掲載されています。

非公開求人の多くが他社転職サイトに掲載されていない独自の求人であるため、あなたに合った求人を見つけることができます。

サイト内には「転職人気企業ランキング」や「人気企業300社の合格診断」など、転職に役立つ情報が数多く掲載されているため、初めて転職する人にもおすすめです。

moto
motoの一言アドバイス

doda転職サイト・エージェントは、希望した求人をちゃんと提案してくれましたが、企業担当と求職者の面談担当が分かれているため、企業情報は少し薄い感じがありました。
とはいえ、大手エージェントとあって大きな不満はなく、転職エージェントとしての利用価値は高かったので登録しておいて損のない転職サイトです。

出典:公式サイト

dodaの口コミ評価

  • 26歳・女性
    初めての転職でdodaを利用しました。業界大手の転職サイトとあって求人数が多く、非常に使いやすかったです。また、担当してくださった方がベテランの方であったため、紹介頂いた求人の質も非常に高く、こちらの希望に合ったものを紹介してくれました。

  • 気になる企業についてもきちんと調べて教えてくださり、応募する際の書類の添削や面接対策なども他社よりも丁寧に行ってくれました。おかげさまで2社から内定をもらい、転職することができました。

  • 他社転職サイトよりもランキングなどが充実していたのでおすすめです。

  • 27歳・男性
    dodaに登録した際に、最初に面談した担当者の方が、これからのキャリアや、私のライフプランなどについて親身に考えくださいました。面談後にもらった求人も、こちらの希望通りだったので利用満足度はかなり高かったです。

  • 応募書類の添削や、過去に面接で聞かれた質問などもいただくことができ、安心して応募できました。中でも非公開求人の質は他社よりも高く、自分が希望する職種で転職することができました。転職するなら転職サイトのdodaがおすすめです。

  • 他社の転職サイトも利用しましたが、一番おすすめできると思いました。

  • 29歳・女性
    転職サイトのdodaを利用しましたが、求人数が多いだけでなく担当者の対応のレスポンスの速さ、紹介してくださった求人の質の高さが素晴らしかったです。転職サイトと転職エージェントの両方を利用しましたが、とても役立ちました。

  • 転職活動は初めてだったので、現職にバレないかなどの不安がありましたが、常に的確なアドバイスを下さったので安心して転職活動に取り組めました。職務経歴書の書き方や面接の対策なども丁寧に対応してくださったので本当に感謝しています。

  • 30歳・男性
    初めは転職エージェントとのやりとりがめんどくさいと思っていたので、転職サイトを利用していましたが、なかなか思うような求人に出会えなかったため、dodaに登録しました。dodaに登録した後、すぐに面談になりました。

  • おそらく利用した転職エージェントの中では面談が一番早かったと思います。こちらも早く転職したかったので助かりました。面談後、すぐに求人を20社ほど紹介いただき、応募から面接までスムーズに調整してくださいました。非常に満足度の高いサービスでした。

  • 転職サイトの方で求人を探して担当に伝えましたが、こちらの求人にも応募してくださったので助かりました。転職サイトとしても利用しましたが、求人数も他社より多かったので使いやすかったです。

  • 33歳・女性
    転職サイトのdodaを使って転職しました。他のサイトにもいくつか登録しましたが、他社と比較して求人数が多く、検索機能も便利でした。他社の転職サイトに比べて検索条件を細かく設定できるため、自分が希望する求人を探すことができました。

  • また、担当してくれたエージェントの方も優秀な人で、転職活動の進め方や面接のコツなどを丁寧に教えていただき、効率的に転職活動を行うことが出来ました。最終的に転職サイトのdodaで内定をもらうことができたので、利用してよかったと思います。

  • 24歳・男性
    リクルートエージェントと比較して使いやすかった。最初から最後まで転職サイトのdodaだけ転職活動を終えることができた。求人のランキングや企業情報などのコンテンツがほかのどの転職サイトよりも充実していた。

  • ほかの転職サイトも利用したが、自分に合う求人を見つけることができなかったため、dodaが自分には合っていた。応募から内定まで転職サイトで完結できたのは楽だった。

  • 26歳・女性
    とても使いやすく、他社の転職サイトと比較しても求人数が多かった。サイト自体も使いやすく、コンテンツも充実しているためおすすめ。ほかの転職サイトに比べて求人数も多いので選択肢を増やせると思います。

  • 27歳・男性
    doda転職エージェントに相談をしたら、無料でアドバイスをもらえて助かった。転職サイトと合わせて利用すると、求人の選択肢が広がるのでおすすめです。ランキングなども参考になったので、大手企業を受けたい人は転職サイトにも登録しておくのがおすすめです。

  • 28歳・男性
    大企業~中小優良企業まで掲載がたくさんあり、条件の合う求人がスムーズに探せました。他の転職サイトも利用したのですが、そこでは希望にあった案件を紹介してもらえなかったり、求人件数が少なかったりと、求人を探すのに苦労しました。

  • 最終的に、dodaから紹介していただいた企業に無事転職をすることが出来ました。希望の業種や条件がはっきりとしている方は、dodaに登録することをおすすめします。

  • 27歳・女性
    dodaは他社より対応スピードが速く、スムーズに転職をすることができました!子育てをしながらの転職で不安が大きかったのですが、担当の方のアドバイスが的確で、毎回親身になって相談にのってくれました。

  • 限られた時間の中で転職活動をしていた私にとって、レスが早いのはとてもありがたかったです。希望の職種&条件で、年収も上げることができたのはdodaのおかげです!

  • 29歳・男性
    結婚をきっかけに地方に引越し、ブランクがある中での転職活動でした。地方のため、都内に比べて求人数が少なくて苦戦していましたが、dodaさんは地方の求人も充実していると口コミを見て登録しました。

  • 他のサイトと比べて地方の求人が多く、細かく条件を指定できるので希望の求人がヒットしやすかったです。地方で転職する人にとって、dodaさんは1番おすすめの転職サイトだと思います。

  • 29歳・女性
    多くの口コミで評判だったため初めての転職の時から利用しています。私でも知っている知名度の高い優良企業やベンチャー企業、福利厚生が充実していて安心して長く働いていける条件が提示された会社など、満足度の高い求人が多かった印象です。

  • 転職サイト自体も使用しやすいもので、いくつかの求人に応募して内定を獲得しました。今回は2度目の転職でしたが、2回ともdodaを利用して決定しました。

  • 26歳・男性
    大手の転職サイトは一通り登録しましたが、求人数とスカウトメールは転職サイトのdodaが一番多かったです。利用してよかったのは、dodaの転職エージェントをそのまま利用できる点です。

  • 本格的に転職活動を始めたタイミングで転職エージェントも利用しましたが、履歴書・職務経歴書の添削などを行ってもらう事ができ、書類選考の通過率が格段に上がりました。書類がなかなか通らないという人にはdodaがおすすめです。

  • 30歳・男性
    リクナビNEXTと併用して転職サイトのdodaを利用していました。スカウトメールはdodaの方が頻繁に届いた印象です。また、大手転職サイトだけでなく、中堅の転職サイトも利用しましたが、求人の多さはdodaが圧倒的でした。

  • 多くの求人を幅広く見ておきたいという人に良いと思います。また、転職エージェントも利用できるので、応募して書類選考がなかなか通らないという悩みがある人には、dodaがとてもおすすめできると感じました。

  • 24歳・男性
    dodaの非公開求人には魅力的な求人が多数ありました。大手転職サイトということで安心感があり、サイトも使いやすかったです。自分のような20代前半の若手向けの求人も多く掲載されていて、第二新卒での転職活動にも使えると思います。

  • 様々な転職サイトを利用しましたが、個人的にはNo1の転職サイトでした。

  • 31歳・男性
    転職活動をするにあたっていくつか転職サイトを登録しましたが、dodaが一番使いやすいと思いました。アドバイザーの人も良い方でしたし、接しやすく自分のことを話しやすかったです。なお、サポートはしっかりしていただけますが、期待しすぎない方がいいと思います。

  • 口コミを見ていて良いことばかり書かれているので、期待しすぎずうまく利用するくらいがちょうどいい活用だと思います。

  • 30歳・女性
    初めての転職におすすめです。担当についてくれた方がとても熱心で転職活動を進めるうちに書類通過率もあがってきちんと内定を取ることができました。一緒にやることで自分の転職活動経験値も上げることも大切なんだなと思いました。

  • 希望する企業の休日や職場環境、待遇や福利厚生についてもちゃんと説明してもらえました。

  • 転職で使ったダメエージェント リクルート 自分の利益重視、話すのが速い、人の話を聞かない、平気で夜中に電話してくる doda 担当と企業担当の連携が取れていない、双方に面接の結果を聞かれ二度手間 ヒュープロ 担当の電話越しに上司の怒鳴り声が毎度聞こえてくる、ものすごく対応遅い

    出典:X(旧Twitter)

  • Doda使ったー。尻叩く人いないと何もしないと思ったからエージェントさんとどういう職に着きたいかとか、その職は向いてるか、会社は自分に合ってるか、給与はどうかって色々情報貰いながら良さそうな仕事探したよ。面接の調整はエージェントさんにしてもらって行くだけだったなー

    出典:X(旧Twitter)

  • 個人的におすすめな転職エージェントはdodaです。 大抵の業種で求人量が最多、""比較的""担当者が自分の転職事情を考慮して融通を効かせて動いてくれます(経験上)。 ただ、基本的に送られてくる会社を鵜呑みにして受けるのはやめましょう。

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaとかそういう大手の低年収からの媒体だったらスカウト機能とかはオフにする方が良いと思います… 年収300万 休日はなんと105日もあります!みたいなスカウト来て頭がクラクラします ミドルハイクラスの転職媒体だったらそれなりの求人あると思うんで、そっちがオススメですね…

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaは私のエージェントさんが良い方だったのも大きいです!(書類通過率は悪いですが笑)一度エージェントさんとお話するのもありかもです〜就活の軸が定まったり応募書類見てくれるので😺あと私は業務内容と休日と給与だけみて後先考えず応募してます🎀どうせ書類で落ちるしのマインドで!笑

    出典:X(旧Twitter)

  • そこそこ勤めた銀行を辞めようと転職活動してるんだけど、dodaのレスポンスが遅すぎる。担当者4んだのかな 企業との面接日程をdodaが仲介してくれるんだけど、担当者が先方に日程伝えるの遅すぎて2回も再調整になってる上にまた1週間もレスポンスない 仕事舐めてるからお前が転職してくれ

    出典:X(旧Twitter)

  • ・doda→全然通らん。気になる求人はほとんどAに登録しないといけなくて、応募するたびに電話きてうざかった。当時はA経由と掲載のみの求人があるの知らなくて、電話無視すると不採用。 ・エン→他に比べて給料低いのが多い気がした。若年層向けだから…?2.3件応募したけど全部落ちた笑

    出典:X(旧Twitter)

  • 毎日のように応募はしてるけど、 音信不通!見送り!の繰り返し... indeedがそうなのか、企業が悪いのか、 私の引きが強すぎるのか🤔 dodaエージェント経由の求人は魅力的だったり、比較的近場もあるのに、自己応募できないの悲しい😭 仕方ない、片っ端からエージェントと面談して求人探すか😩

    出典:X(旧Twitter)

  • うーん。なんていうかエージェントの成績にうるさいんじゃない?w それで言うと、以前、Dodaの担当さんは「書類受かってますが、ここはお持ちのスキルと少し違うので合格難しいかもしれませんが、面接進めますか?」って聞いてくれたから印象はわりと良い。人によるだろうけどね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 無事転職活動終了したけど、10社くらい転職サイト登録してみた中でdodaが良かった。というか決まった。indeedはあかん。応募して4,5社くらいは職業紹介?エージェント?から連絡来た。正社員を薦めてくれるエージェントなら上手く使うのはあり。30代でハイクラスじゃない女性はdodaおすすめ。

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェントと面談をしました。 1番利用してるdodaのアドバイザー利用したけど、普通に対応してくれた人が良かった やっぱ通過率見るとかなりの数応募するのが鉄則なのかなと思う 自分だけで転職活動終われたら良いけど、エージェントの力借りてみる 今の段階でできるだけのことはやっておきたいな

    出典:X(旧Twitter)

  • そんな面接途中で帰って良いんですよ。 Kouさんの時間がもったいないです。 私はenとdoda利用してシークレットスカウトとプレミアムスカウト(企業からの送信数に限りがあるスカウト)しか対応しないようにしてその様な事故に出会わなくなりました。 エージェント経由も基本事故なので無視してOKですよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaのエージェント希望せんか?って電話きたけど強かったな〜 興味ないので必要ありませんって断ったのにいつまで就職活動するか30分程度のヒアリングしてもいい?と押してきた こんくらい強気で行かないと(あと話が通じない風を装わないと)契約なんて取れないんだろな

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトの某dodaさん、オファーが来た事業所に応募したら書類選考で落とされたのでどういうシステムなんだよそっちがオファーでメッセージ送ってきたんだろ…と思ったのだが 土日祝休みと書いてあるのに日曜の朝に御祈りメールよこすような詐欺まがいブラック企業だったのでまあいいか

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回の転職活動でリクルート、dodaも並行して利用したけど相性が良かったのかdodaの人の傾聴と提案が私はとにかく凄まじいなと感じた。 みんなそうなんだろうか?リクルートは2回使ったことがあって、距離感の近さとかエージェントの人のキャラが立ってたのはリクルートな気がした😂笑

    出典:X(旧Twitter)

  • 相変わらずdodaは書類選考が全く通らない。キャリアアドバイザーも求人案件をただただ何日かに一度放ってくるだけ。アドバイザー個人の営業目標を達成する上で内定獲得率が極めて低い俺に時間をかけたりや力を注ぐのは非効率なんだろうな。こいつに求人紹介してもどうせ不採用だし放置でいっかみたいな

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaのキャリアアドバイザーに面接の練習をしてもらったかなんかのとき、前職をリストラされた話をしたら、「他責的に聞こえる」みたいなことを言われた思い出 「他責的な転職理由は良くない」というマニュアル?の存在は知ってるけどさ、100%会社のせいで仕事を失った人にもそう言うか?ってなった

    出典:X(旧Twitter)

  • 少し前にdodaを使用をしたのですが、応募したり選考が進んだりするたびにAIの精度が上がって希望に近い紹介が来る感じでした。 担当のエージェントからもオファーの傾向を変更できるとのことなので相談してみると良いかもしれません。 とんでもないオファーはある程度来続けましたが😂

    出典:X(旧Twitter)

  • 数多の派遣と転職サイトを使ってみた私がダントツでおすすめしないのはdoda。まじでなんもやってくんねぇ。結局派遣も転職もリクルートの件数&取引経歴勝ち!重めからチョロまで幅広い上に中小大企業公共まで内情説明してくれる。dodaはとりあえず面談して気になるなら自分で聞けだとよ、聞けるかよ💢

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェントを何個かのサイトで使ってやってるんだが、 直近で俺が感じたというか、被害にあったゆえに言えるのは、 DODAの転職エージェントはガチでクソ。 個人のプライバシーに関わる問題とか、 職務経歴書でまず突っ込まれることのない関係ないところをツッコミいれてきたからクソ。

    出典:X(旧Twitter)

  • さて、エージェント系転職ネタですが dodaはマジで釣り求人多い 12月に最終候補が居てアナタは3番手ですって言ってたのにいまだに求人 一番酷いのは求人内容と最終面接で別の職にしようとしてきた。 リクルートエージェントはため息つかれた。 断り入れたら急に態度変えてきた。

    出典:X(旧Twitter)

  • DODAのプレミアムオファーってこれ信用していいの? 自分アプリ入れたばかりで右も左もわからず登録情報が40%しかない転職したい理由だけがやたら長い雑魚なんだけどなぜか数社から送られてくる... 残業で時間なくて経歴書も写真も提出できてないのに、本当に経歴ちゃんと見たのか怪しすぎるんだが

    出典:X(旧Twitter)

  • 未就学児あり転職活動お祈りばかりでめちゃキツかったがポイントもある気がしたのでいつかまとめよう 個人的にはdodaエージェントさんが内定決まったから転職活動終わりますLINEしたら速攻電話くれたのすごく人間的暖かさあってよかった。お祈り(しかもほぼ社内)半端ないし求人数少なかったけど...

    出典:X(旧Twitter)

  • 〜8ヶ月で3回転職した女のオススメ就活サイト〜 1位 エン転職 UIも良く、スカウトも的を得ている求人が多め 書類が通ると一次選考対策を見れる求人あり 転職成功するとwebセミナーの動画などサポートあり 2位DODA UIはダントツ スカウトの職種で受け取り拒否出来たりまとめて削除出来たり使いやすい

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaのキャリアアドバイザーに電話面談でめちゃくちゃ詰められて怖かった🥺 途中何が言いたいのか分からなすぎて「私には転職を勧めないって意味ですか…?」とかちょっとイラつきながら聞いちゃった😂最終的には、熱くて仕事熱心なおじさんなのかなーと思ったからまぁいいけど、、、

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職日記4 とうとう職務経歴書やらなんやら提出書類が完成したのでようやっと応募を6件ほどしました。 一体何件が予選を通過するのでしょうか!?カンバレニッポン🎌 あと、職務経歴書とかはdodaさんのテンプレがあって簡単に作れたのでよかったです。これで書類選考落ちしたらブチギレとく💥

    出典:X(旧Twitter)

  • リアルで転職エージェントは何処を利用したかきかれた 結果的にはエージェントではなくdodaアプリでLINEのように企業とやり取りしていくうちにきまった。 何社かやり取りしてわかったのは「前職を辞めた理由」が気になるっぽい なので「退職理由」を最初から書くようにした 書類選考通過増えたよ

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェント4つくらい登録したけど、みんな違う。 dodaの人が1番良かった。次の予定も積極的に決めてくれるし、電話で毎週確認してくれるし、私のポンコツ職歴もめんどくさいのに直してくれたし、無料で全部やってもらってほんとすいません。 他のところで内定決まりました。

    出典:X(旧Twitter)

  • Naoさん、初めまして。私が40歳手前で転職活動していた時、dodaを試しましたが、年齢がネックでありません、という対応でしたが、外資系のリクルート会社に変えたら案件がたくさんきました。紹介される企業もほぼ外資です。ロバート・ウォルターズなどにコンタクトしてみてはいかがでしょうか。

    出典:X(旧Twitter)

  • en転職 求人が微妙、というか条件一致してないのを電話連絡で進めてくる、帰れ doda 書類選考がキャリアアドバイザーで選別されて落とされる、試しに落としてきた企業に直接やり取りしたら面接まですんなり通る、利用しない方がいい ビズリーチ 外資ベンチャーの『新設』企業ばっか、なんか違う

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職日記3 2回目のエージェント面談でした。 ろくな求人を送ってこないから自分でdodaに記載されている求人を事前に探しておいてこれがいいです。と言ったところ、こちらはエージェント対応出来ない募集なので個人的にお願いします🙇‍♀️⤵️だってさ。なんのために掲載しているの??

    出典:X(旧Twitter)

  • エンエージェント、とにかく電話が多くてキツイ……仕事中もかかってくるからビックリする。。。DODAのエージェントは電話を急にはしてこないし、事前にメールで「◯日◯時からお電話大丈夫ですか?」って聞いてきてくれるから仕事のジャマにならない。転職希望者の都合も考えてほしい。 #転職活動記録

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動終了🙌✨ 4社応募して、1社面接辞退、3社内定🥹 宅建士の強みを実感したし、未経験ながらどの会社も親身になっていただき感謝しかありません🙇🏻‍♀️繁忙期真っ最中に飛び込むことになりますが頑張ります(ง •̀_•́)ง 転職サイトもいくつか使いましたが、わたしにはdodaの直接応募があってました😊

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は一度しか転職していませんがDODA使ってました!担当者が1人ついてくれて、自分に合いそうな求人を持ってきてくれたり、職務経歴書の添削をしてくれたり、面接の練習もしてくれたので私は良かったと思っています✨でも8年ちょっと前の話なので、他の転職サイトの評判も調べることをお勧めします…🙇‍♀️

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaの方と電話。 結論は、転職はオススメしないでした😅笑 35歳という年齢で未経験の業務へ転職した場合、年収は絶対に下がると断言していただきました。それを自分、家族が受け入れられることと、年収が下がってでも転職をしたい理由が明確になればまたいつでも相談して欲しいとのこと #doda #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • もちごめちゃーん、大変だよね💦💦 (謎の先輩風ごめん) まじで頑張りすぎてるで賞だよー 転職エージェント使ったら履歴書、経歴書作成手伝ってくれるかも! あとdoda登録して、プロフィール入れたら履歴書生成してくれる(回し者ではない) あとあと、動機はchatGPTで生成してから修正すると捗るかも

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaからプレミアムオファーがきた。 よくある自動送信ではなくて明らかにガッツリいた業界から。こっちが気になるしたわけでもないから、職務経歴書で前の社名とか見て送ってきた感じかな?企業側発信で知ってる業界、会社からのオファーは初めてだから戸惑う。 まあかなりありがたい話だ、どうするか

    出典:X(旧Twitter)

  • d⚪︎da、Webの検索性が良くて良さげな求人結構見つけられるんだけど、その分書類がマジで全然通らなくて(体感10%も無い)、 しかも書類で落とす理由が全部コピペで(おそらくdoda担当時点で落としてる?)、 ムカついたから他社のエージェントに検索した求人一覧渡して推薦してもらったら無事内定ゲット

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaの転職エージェントの指導通りの履歴書では、何度応募しても書類選考に通らなかった。 転職歴2回程度と職歴が多く年齢も高い場合は戦い方が異なるのに、AI添削では特異な経歴者に適した履歴書指導はしてくれず、若いエージェントも個別対応出来ず、求職戦前半をあたら無駄にしてしまった。

    出典:X(旧Twitter)

  • むしろハロワで探すの辞めろと言われた民です。 ハロワは仕事が地域限定になっちゃうから…(近場になるのは強いかも) dodaとリクルートおすすめします! dodaは求人の掲載がめちゃ多い!書類審査も結構通る!(落ちる時はちゃんと落ちる。面接ばかり増えるかも) リクルートは書類の作り方からしっ(文字

    出典:X(旧Twitter)

  • doda、書類選考結果翌日来るか1ヶ月かかるかばっかりだし通過率他と比べて悪すぎ 翌日返信来るやつはぜーんぶお祈りなので社内選考で落とされてんだろなって思うけど、採用担当おすすめで企業ともマッチしてて書類は添削済なのにdoda社内選考で落とされるの訳わからん

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回のdodaのエージェント失敗やったなぁ。 面談の日2回も忘れるわ、転職の相談してる時に電話越しにめっちゃ笑い声聞こえてきて、何かと思ったら後ろで送別会やってるとか言いだすしw そんな所で面談すんなよw 今度はちゃんとしてる人がええなー #転職 #doda #エージェント #キャリアアドバイザー

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は基本的にdodaとリクルートエージェントをメインで使用していましたね。やはりそこが最大手で求人も多いので。 一般的な営業等の業種ならばそれほどブレは生じないと思いますが、仮にデザイナーなどの仕事を選ぶのなら、残業等は発生するイメージがありますが……どんな職種を考えられていますか?

    出典:X(旧Twitter)

  • 実は上半期がっつり転職活動しててワークポートとdoda使ってましたが、最初の面談で話すこととか定期的に連絡頻度によって全然対応変わるなって実体験もあるので...。 個人的に後者はめちゃくちゃ親身に相談乗ってくれて良かったなと思うけど、適当に対応されたって話も聞くのでガチャ要素もありそう

    出典:X(旧Twitter)

  • 私が思うdodaのいいところ (担当によるんだろうけど) ・やりたいことがあんまりなくてふわっとしてても寄り添って話を聞いてくれる ・休まずおすすめの求人を送ってくれる、適度に連絡くれる ・面接落ちたとき、会社に対してもうっ!なんでや!と言ってくれて気持ちが楽になった #転職エージェント

    出典:X(旧Twitter)

  • 1社で10年継続勤務した経歴があれば、早期退職を懸念する採用担当は稀だと思います🐈 dodaのエージェント曰く『転職の場合、離職期間が6ヶ月超えると結構突っ込まれる』とのことです。転職活動期間長くないか?といった心象のようです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 1社しか応募してないエン転職の会社から内定もらった😳 でも、私にはdodaが1番見やすくて使いやすかった。 7月から始めたので2ヶ月ちょいで終了。 面接とか履歴書の対策とか何もエージェント使ってなくて全部自力だけど場数踏んだら慣れた。 あと、担当エージェントが紹介してくれる企業は

    出典:X(旧Twitter)

  • / 💡#メディア掲載情報 最新の転職市場が分かる \ 最新の転職求人倍率が日本経済新聞に掲載されました! ✅2024年の残業規制を背景に、「建設・不動産業」で求人が増加👍 ✅来月の転職市場の見通しとは・・? doda編集長 加々美による解説コメントが紹介されているので、ぜひご覧ください!

    出典:X(旧Twitter)

  • 前も転職した時DODA使ったんだけど、ホントええな、DODA。 面接終わってちょっと経った後、担当者からわざわざ電話が来たよ…。 まぁ、面接で何聞かれたかとか感触はどんな感じだったかとかそういうヒアリングだったけども。 空回ったかも知らん…っつー不安も含め聞いてくれたし、

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職サイト登録】 転職サイトは複数登録すること。オススメは、❶リクルートやdodaなどの「大量求人型サイト」で業界のトレンドをリサーチ❷JACや業界特化サイトで専門的に対策❸OpenWorkで口コミチェックの順がオススメ。まずは幅広に情報収集して、そこから絞っていくこと。

    出典:X(旧Twitter)

3:マイナビエージェント

マイナビエージェント

口コミ:マイナビエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

3つ目におすすめする転職サイトは『マイナビエージェント』。

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。2023年、2024年と2年連続でオリコン満足度ランキング1位を獲得しています。20代、30代の利用者が多く、若手からミドル向けの求人が多く掲載されています。

リクルートエージェントやdodaと比較すると求人数では劣りますが、首都圏以外の地方求人が他社転職サイトと比較して充実しています。地方の大手企業求人や若手向けの求人、未経験求人に強く、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策なども丁寧に行ってくれます。

初めての転職で書類の書き方や、面接が不安な人におすすめの転職エージェントです。また、転職サイト「マイナビ転職」も合わせて見ておくと、幅広い業界の求人を見ることができるのでおすすめです。

moto
motoの一言アドバイス

大手から中小まで幅広い求人があります。他のエージェントに比べて連絡の返答が早く、サポート熱心な印象がありました。職務経歴書や履歴書についても丁寧なアドバイスをくれました。
また、実際に利用してみましたが、転職による年収アップも実現してもらえたので、とても良い転職エージェントでした。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

マイナビエージェントの口コミ評価

  • 23歳・女性
    マイナビエージェントはスマホから自分の希望職種、希望年収などを詳細に登録することができて、自分の希望に沿った領域を担当するエージェントさんから連絡が来ました。

  • 他社のエージェントと違って気に入ったエージェントと連絡を取って、やり取りできるので効率的に転職活動を進めることができました。エージェントさんも話もしやすく、業界理解も優れていたので、細かく面接対策、履歴書の記載ポイントなど教えて頂けました。

  • 25歳・男性
    転職エージェントを何社か利用した事がありますが、マイナビエージェントが1番希望に沿った業種を紹介いただけました。履歴書の添削や面接サポートも手厚かったです。

  • マイナビエージェントの担当者はすごく熱心に取り組んでくれましたが、ちょっとグイグイと来る感じがありました。トータルではリードしてくれたので転職サポートを受けてよかったです。

  • 28歳・女性
    マイナビエージェントに登録した後、エージェントの担当になる方から電話をいただき、希望の職種などを伝えました。 地方であったためオンラインの面談でしたが、どんなキャリアにしたいのか、なぜ今回転職したいのか、次はどんな仕事がしたいのか、という質問をされました。

  • オンライン面談の中で様々な求人を紹介いただき、興味あるかないかなどを細かく話をしました。後日、ヒアリングをもとに、私におすすめの会社を20社ピックアップしていただきました。応募する際も、履歴書や職務経歴書を添削していただき、書類通過後はオンラインで面接の練習も実施してもらいました。

  • 自分では見つけられないような求人を提案していただき、面接までサポートしてもらえたので次もマイナビエージェントを利用しようと思います。

  • 27歳・男性
    マイナビエージェントはリクルートエージェントに比べると求人の数は少なかったですが、転職活動をする上で最低限の情報は得ることができました。そのため、事前に企業分析や求人の比較を行うことができ便利でした。

  • また、担当してくださったエージェントの方がとても経験豊富なベテランだったので、安心して転職活動できました。年収を上げたいというのが転職理由だったのですが、そこもきちんと聞いてくださったので良かったです。

  • 25歳・男性
    リクルートエージェントに比べて求人は少ないが、自分には使いやすい転職エージェントだと思った。

  • 28歳・女性
    業界別に過去の面接で聞かれたことを詳しく教えてくれるため、面接に不安がなかった。

  • 29歳・女性
    一部の外資系(Twitter社など)求人がマイナビにしかなかったので登録しておいてよかった。

  • 28歳・男性
    マイナビエージェントは他社に比べて紹介してくださる求人の数が多く、満足できました。これまでのエージェントは合わないことが多かったんですが、マイナビエージェントは相性が良かったです。

  • 私の場合は、希望求人と違う提案をいくつか受けたたら担当を変更するようにしていましたが、マイナビエージェントは最初の担当者だけで最終面接まで行くことができました。たまたまかもしれませんが、非常に優秀な転職エージェントだったので、とても助かりました。

  • 29歳・男性
    担当の人の対応が素晴らしかったです。話をしっかり聞いてくれた上で提案してくれて、他社の転職エージェントよりも心強かったです。初めての転職だったので職務経歴書・履歴書での表現が不安だったのですが、丁寧に添削してくれたのが印象に残っています。

  • ただ、年齢が高い人には向いていないと思いました。というのも、いい意味で馴れ馴れしい感じがあったからです。マイナビエージェントは若い人向けとしてはとてもいい転職エージェントだと思います。

  • 25歳・女性
    マイナビエージェントの一番よかったところは、履歴書、職務経歴書の添削です。「もうちょっとこうすればよくなりますよ」と優しく的確にアドバイスをくれるので、初めての作成でしたが、無事に作成できました。

  • 応募したところのミスマッチもほとんどなく、書類選考で落とされることはなかったので、マイナビエージェントに依頼してよかったなと思います。次回も機会があれば利用したいと思います。

  • 26歳・男性
    複数の転職エージェント会社を利用していましたが、マイナビエージェントで転職を決めました。他社と比較して良かったところは、担当の方の丁寧な対応です。こちらの境遇について親身になって考えてくれることは、心理的にもとても助かりました。

  • マイナビを選んですごく良かったです。丁寧な対応を求めている人に合っていると思います。

  • マイナビエージェント ・未経験転職には向かないが、 ITエンジニアからITエンジニアへの転職に強い ・エージェントは多忙で相性が良い人と悪い人の落差は激しかった ・合わないエージェントは変えてもらうと良い ちょっと前に個人情報のいなば食品の漏洩事件疑惑がありましたが、誤報だったので問題なさそう

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビの転職エージェントでオファー受けて、3件ほど、電話も受けてみたんだが、1人、すっごいキモいのがいた。 経歴詐称してる臭いし、信用ならんし、出会い目的でやってるだろ。 2度と連絡すんなよ。あと通報する。 マイナビは株式会社マイナビのエージェントに頼むべきだね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今日はマイナビエージェントの方との初回面談。面談を終えての感想だが、今お世話になっているエージェントの中では1番あたりの人かもしれない。IT業界の知識もあるし、何しろ仕事が丁寧で早い。面談終わって数時間後には書類選考免除案件を用意してくれた点もすごい。他のエージェントにはない特徴。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回マイナビエージェントに登録してみたんだけどまさかのお断られが発生してマジかって思ってたら、別経由でレジュメ見たマイナビエージェントの担当からダイレクトスカウトが来て登録できたし担当ついた あれは一体なんだったんや… 経歴変わってるから蹴られたんかな 直近だけ読むと即退職やしなw

    出典:X(旧Twitter)

  • openwork:リアルを書いている口コミが多い。 エージェント系:リクナビ、マイナビ,JTCなど。大手と中小あるがでかいとこ数社選択。エントリーシート、面接対策してくれるので初めて転職ならおすすめ。 ただ、強引に内定承諾を迫るケースもあるので押しに弱い人は辞めたがいい。

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職活動 184日目、モニターユーザーbuchicoです🐿 マイナビエージェントにお断りされて、マイナビスカウティングには登録できたけれど、ビズリーチと変わらない感じで、シンプルにメールの数増えただけになってしまっている…😥 『特化型エージェント』って言うのがあるっぽくて、情報収集してみようと思ってます💪

    出典:X(旧Twitter)

  • 「過去はネガティブで、未来はポジティブです。前職を辞めた理由や過去の職歴について必ず質問されますが、過去のことは4割、未来のことを6割の割合で話すようにしましょう。ポジティブな印象を与えるためです」って言ってたマイナビエージェントの担当、ソクラテス以前の哲学者たちみたいで凄かった。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイト、エージェント使ってみての感想 ビズリーチ、ミイダスはじぶんが興味の持てる求人が見つけやすい。面接まで通りやすい。 indeed マイナビは検索しやすく数も多くていい。書類無視されるとこもある。いきなりお堅い面接だったりするのでびっくりする。 リクナビが使いにくい…

    出典:X(旧Twitter)

  • 未経験から経理への転職の場合、転職エージェントはどこに登録するか迷うくらいなら、大手3社はすべて登録する。 ・リクルートエージェント ・doda ・マイナビエージェント そこから親身にサポートしてくれるエージェントを選択するのが正解。基本鼻で笑われると思った方がいい。過度な期待は厳禁。

    出典:X(旧Twitter)

  • とりあえず転職エージェントのリクルートとマイナビに登録してみた。 運転免許と大学3年生にとったTOEIC885点くらいがアピール資格かな。 経営者の専属ドライバーでとりあえず検索中。あとは金融ならある程度自分の知見をいかせるかなと。 面接100社受けるのを目標。数打つしかない。

    出典:X(旧Twitter)

  • 求人は探そうと思えばほぼ無限にある。 書類選考は当たり前に落ちまくるので厳選し過ぎてたら進まない。 マイナビエージェントは転職回数からか以前登録すらさせてもらえなかった。 ビズリーチ等ハイクラス系は自分にはとてもじゃないけど合わないけど評判がいいとこが多い気がする。

    出典:X(旧Twitter)

  • ワイが本当になりたい公務員は超高倍率なのに マイナビエージェントは面談するまで鬼電してくるほど人材不足なの? 今の年収しか書く欄なくて、ワイの年収200万円台見て笑ってんだろと思い勝手に1人で泣いた ほんとにやだエージェントこわい

    出典:X(旧Twitter)

  • 前職で用意してくれた再就職支援会社経由でドラッグストア何社かに打診したところ「未経験50代は獲らない」と言われたのだが、マイナビの転職エージェントから「経歴見ました。登録販売者の転職支援します。」と連絡きたんだが、本当か?連絡だけしてみようと思う。

    出典:X(旧Twitter)

  • 「いまの会社にはそこそこ満足。でも将来のキャリアのためには転職活動したほうがいい?」 悩める20代ビジネスパーソンがマイナビエージェントのキャリアアドバイザーにガチンコ生相談🔥 第5弾では、キャリアアドバイザーとして日々心がけていることを深堀しています↓

    出典:X(旧Twitter)

  • あ、大手は大手のエージェントということてなので、求人情報の収集にはリクルートやマイナビありだと思います! 転職期間は年代やスキル、やりいことと企業が求める人材像が一致するかにもよるので人によると思いますが、私は20代で2ヶ月、30代ではコロナもあって1年半ほどかかりました😣

    出典:X(旧Twitter)

  • 求人のそもそもの母数が少ないし、そのなかからピンとくるものも無い 2年前と比べてエンとマイナビは謎の仕様変更で大半がエージェント経由に 転職諦めろって言われてる気持ちになる 実際働いてみて理想がより具体的になったから私自身の応募のハードルが高くなったのもあるだろうけど

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビエージェントは転活始める上で一番最初に登録したんだけど、ろくな求人持ってなかったし全然こっちの話に耳傾けてくれなかったし、何のノベルティもくれなくって、広告に偽りあるしケチぃな!!!!って思ってたので継続しなくて良かった〜👏←

    出典:X(旧Twitter)

  • 悲報😭 マイナビエージェントから、紹介できる求人がないとメールあり😱 登録しただけで、面談もしてないのに… 人によって違うと思いますが、『40歳 未経験職種希望』はハードル高いですね⚠️ これも現実として受け入れましょう… #転職活動 #お祈り以前のはなし

    出典:X(旧Twitter)

  • 前提条件 ・JACリクルートメント ・マイナビエージェント これらに登録→紹介できる求人なし ハローワークのネット上の求人を見る 総支給額 22万円以下の求人がゴロゴロある →物価上昇の中 生活が良くなるはずはない 好きな仕事だとしても 単価は、意識して転職活動をしようと 改めて感じた

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトを見るだけだと1人で、闇雲になりがちですが 転職エージェントに登録し、職業をよく知るプロに相談出来ると自身の働きやすい環境を共に分析し今より多少働き口が見つかりやすくなるかと思います (本来ならVtuberとしての成功がきっと1番ですが) マイナビエージェント等1度覗いてみて下さい

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は前回の転職ではマイナビ エージェントを使って、書類の添削も面接対策もしっかりしていただいて、条件全達成だったので今回もメインで使ってます☺️ 今回初めて登録してみたpaiza転職のスカウトもゴールデンスカウトなら割と希望に近いのがきて、精神的にもいい感じです☺️(応募はまだしてないです)

    出典:X(旧Twitter)

  • [マイナビエージェント] ・20代の転職に強い ・サポートが丁寧 ・最初に求人を紹介されて以降追加の求人紹介が殆ど無かった 20代の転職に強いと評判😉僕は35才で利用したので正直良さは実感していないよ🤔 良くもなく悪くもなくといった印象! #転職 #転職活動

    出典:X(旧Twitter)

  • いえいえ~まあ割りと面倒ですもんね🤤(笑) 中途の転職サイトもですが、割と転職エージェント(マイナビとかリクナビとか)の方が履歴書や職務経歴書とかの添削を頼みやすくていい感じがしますね~ ごろろさんは、たぶん20後半~30前半ぐらいと思い込んでますので、まだまだ転職も大丈夫と思いますよ🥳

    出典:X(旧Twitter)

  • 【自己PR作成のポイント】 何も内容が思いつかないという方は、どんな些細なことでも構いませんので、自分自身の経験や実績などをノートに書きこんでみてください! 「これは違うかな」と判断せず、全て思い浮かぶまま書き出してみることで、自分の強みが見つけ出せるかも✨

    出典:X(旧Twitter)

  • 求人サイトを使った感想は以下 ・リクナビNEXT:自分から求人情報を探して自分から申し込むには良い ・マイナビ:エージェントに力を入れてる?掲載されている求人情報も問題ないが、UIが検索しづらい ・ビズリーチ:完全に待ち。先方企業やエージェントからのスカウトを利用

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビエージェント経由で30社程応募し、現在6社から書類選考通過したとの通知を頂いた。それを踏まえた面接対策を今日行った。オンラインでほぼ1時間。中途採用面接で聞かれる質問は大別して2つあることを教わり、また応募している求人をジャンル分けして次回選考するかの整理を行った。

    出典:X(旧Twitter)

  • 面接当日は緊張しがち…。 そんなあなたに、緊張を和らげる食べ物を紹介✨ ・バナナ ・ココア ・チョコレート バナナには「しあわせホルモン」の分泌を助ける効果が、カカオポリフェノールにはストレス軽減効果があります! 後悔がないよう、しっかり準備して面接に臨んでくださいね😊

    出典:X(旧Twitter)

  • 退職理由については、ポジティブな内容を心掛けましょう! ネガティブになりがちな退職理由も、ポジティブに言い換えることで採用担当者の印象は良くなります☺ 人間関係が悪かったことが理由であれば、「チームワークを活かせる環境で働きたい」といったように、前向きな表現に変換してあげると🙆

    出典:X(旧Twitter)

  • / 面接は事前準備が9割📝 \ 面接においては、事前準備をどれだけやってきたかが重要! 特に、下の3つは要チェックです🙌 ・企業HP、求人票の内容をしっかりチェック ・業界や扱っている商材の周辺知識について調べる ・応募企業が求めている人材の分析

    出典:X(旧Twitter)

  • / 書類の通過率をグッと上げるポイント🖊 \ 第一希望の企業へ入社したいときは、その企業に入社する"必然性"を考えること! ざっくりいえば「○○という点でやりがいを感じた」から「貴社の○○事業で活躍したい!」など。 原体験+自身の強みを志望動機に結び付けられるとgood💪

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職を成功させるには"逆算"が大切📝 現職を辞める時期をある程度決めることによって、 ・資格勉強 ・職務経歴書や面接対策 ・退職時の引継ぎ資料 といった準備でバタバタせずに済みます! 期限を設けることで、メリハリもつくのでおすすめです🙌

    出典:X(旧Twitter)

  • 【ゼッタイ避けて!NGな逆質問3選】 ・企業のホームページをみれば分かる内容 ・「御社の雰囲気は?」など漠然としている ・「はい」か「いいえ」で答えられてしまう 逆質問は応募企業のことをどれだけ調べてきたかが試される場面。 最後まで油断しないようにしてくださいね💪

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェントは、はじめて転職する人にこそ使っていただきたいです✨ 自分の市場価値や年収の相場観は、調べようと思うとなかなか骨が折れますよね。 ひとりで悩むよりも、転職のプロに相談したほうが結果的に早く解決できるかも😊 ハードルが高ければ、最初は転職サイトを眺めるだけでも◎

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職市場に目を向けるメリット👀】 ・キャリアの視野が広がる ・仕事のモチベーションが上がる ・心に余裕ができる いま辞める気がなくても「転職」という選択肢は持っておくことが大事✨ 転職エージェントでは、今後のキャリアプランの相談もできますよ!

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェントでも職種の熟知度が個々で違うんですよね。 総合型大手ならJACリクルートメントやマイナビエージェント、第二新卒ならえーかおキャリア、第二新卒エージェントneoあたりが社風にも詳しくて求人も多彩な分析です。 特定の職種なら特化型も絡ませてセカンドオピニオン的に使うのもありです

    出典:X(旧Twitter)

  • / はじめての職務経歴書 1回作っただけではモッタイナイ‼ \ 職務経歴書をはじめて作るときは、自分がこれまでやってきた業務を箇条書きするだけでもOK👌 そこから、より具体的にしたり新しい業務を追加したりと、定期的に自分のスキルを見直していきましょう! まずは行動することが大事🔥

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職を検討するタイミングで、指標のひとつになるのが「実績があるか」どうか。 最終的にキャリアアップを目指すなら、いまの会社でひとつでも「達成した!」と言える実績を作ることが大事🙌 実績がまだないなら、Excelでの業務効率化など、身の回りでできることからチャレンジしていきましょう✨

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職活動がうまくいかない理由5つ】 ①転職理由が曖昧・自己分析が甘い ②大手企業や有名企業にだけ応募している ③転職先への条件が多すぎる ④業界・企業研究が甘い ⑤書類・面接対策ができていない 躓いたときは立ち止まることも大事です✨ #転職 #転職活動

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビエージェントさんは、登録したら非公開求人を色々と紹介してくださる印象強いですねぇ☺️前に利用した事ありますが、サービスも安定してた気がします📝求人ウォッチングしてると、魅力的な業務内容や時給ありますよね🤔

    出典:X(旧Twitter)

  • 私が就活を始めたのは30歳になる2ヶ月前でした それまでは薬大を卒業したものの国試にこだわり受からず家業手伝いをしてました 就活はマイナビエージェントなど中途採用系を利用して、化学系を受けましたが全く相手にされませんでした

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビエージェント?とかそれに登録したら電話来て面談されてあっちが何件か希望にあった場所送ってくれてみたいな?感じですよ!!笑 私も正式には使ってないですけど周りの人とかは使ってました笑なんか非公開求人?とかもあるみたいで

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回、精神障害を考慮せず普通の転職として登録したのは ①マイナビエージェント ②パソナキャリア ③リクルートエージェント&リクナビネクスト ④doda で単に上位にあっただけで選んだ理由はないんですけど、選択肢が多すぎて何がプライオリティー高いのか自分でもよく分からなくなったんですよね

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職する・しないに関わらず、職務経歴書を作ることは大切! 職務経歴書を埋めていくことによって、自分は何ができるのか・できないのかを客観的に見ることができます😊 自分の足りないところを補うように、日々の業務を意識できると市場価値も上がりやすいです🙌

    出典:X(旧Twitter)

  • / 仕事がツラい… 転職を検討すべきサイン3つ📝 \ 次の3つに当てはまったら要注意。 ストレスで押しつぶされそうになったら職場環境を変えることも手段のひとつです…。 ✅片方のまぶたがよくピクピク動く ✅「自分はダメだ…」とよく卑下してしまう ✅仕事に行く前に胃がキリキリしてくる

    出典:X(旧Twitter)

  • ご無沙汰してます! 社外で本格的に探すの、時間がなければ転職エージェント使ってみるのも結構ありですよ!前の転職でマイナビエージェントとリクルートエージェント使ってたのですが、選定や先方との調整(給料の交渉も)、提出資料の添削もしてくれたので楽でした〜

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビエージェント使って転職しました! 担当者の良し悪しがあるかはわかりませんが、自分の場合それで転職成功したので使ってよかったなぁって感じです ある程度は子育て優先したい、転勤なしとか制限設けつつ年収もアップできたって結果は普通の転職サイトからは無理だったろうなぁと

    出典:X(旧Twitter)

  • 恥ずかしい話ですが、求人を何万と抱えるパソナキャリアとマイナビエージェントで 「紹介できる求人がありません」 と登録を断られたことがありますw いやー、あれは恥ずかしかったですね… でも「このままじゃヤバい。頑張らないと」って強く思えたので、ある意味では良かった

    出典:X(旧Twitter)

  • 私的にマイナビエージェントが最高だと思ってたんだけど、リクルートエージェントも超優秀なキャリアアドバイザーに当たれば最高です。流石リクルート、精鋭はマジで精鋭だし、石ころは石ころ。リクナビ×マイナビ×専門性の高い小規模エージェントの3つを登録しつつAMBIとビズリーチ使うのが最適解かな

    出典:X(旧Twitter)

  • 今日の活動🏃🏻‍♂️ ・英会話 141日目 ・プログラミング 91日目 マイナビエージェントの方から追加で多くの求人を紹介頂きました! 選別が大変ですが、1つでも多く納得がいく転職先を見つけられるよう丁寧に確認していきます🙌🏻 今日もお疲れ様でした♪ #転職活動 #プログラミング初心者

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチが評判いいけど使った事ない。 マイナビエージェントは担当のエージェントが希望聞いた上で色々調整してくれるので楽、リクルートエージェントは求人豊富で条件も割と良し、けど自分で探す必要あって日程の調整とも自信で 再雇用手当貰うならビズリーチでの応募が該当するか調べた方が吉

    出典:X(旧Twitter)

4:リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

口コミ:リクルートダイレクトスカウト 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:325,230(2024年7月10日現在)
求人数増減:+4,936(先週比↑up)
【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

おすすめの転職サイト4つ目は『リクルートダイレクトスカウト』です。

リクルートダイレクトスカウトは、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営するスカウト型の転職サイトです。年収800万~1,800万円のハイクラス求人をメインに扱っており、管理職や役員の求人なども掲載されています。

リクルートダイレクトスカウトは、キャリアアドバイザーを検索して指名できるため、自分に合ったキャリアアドバイザーを探すことができます。

登録した情報は匿名で掲載され、あなたの情報を閲覧したヘッドハンターや転職エージェントからスカウトをもらうことができます。リクルートダイレクトスカウトを利用しているヘッドハンターのみが保有する独自の求人もあるため、ハイクラス転職を考える人におすすめの転職サイトです。

moto
motoの一言アドバイス

リクルートエージェントの上位互換の立ち位置の転職サイトで、幅広い業界・業種に対応しています。
質を重視しているためか、求人数が多くないため、スカウトの数もあまり多くありません。急いで転職先を探したい人には向いていないですが、長い目で転職を考える人には良いと思います。

出典:公式サイト

リクルートダイレクトスカウトの口コミ評価

  • 35歳・男性
    リクルートダイレクトスカウトを利用しました。管理職を目指して転職活動をしていたところ、某大手企業から直接スカウトをもらって転職しました。ほかにもヘッドハンター経由で内定をもらいましたが、リクルートダイレクトが最も企業の質が高く、転職において便利で役立ちました。

  • 37歳・男性
    ビズリーチと合わせて、リクルートダイレクトを利用しました。ビズリーチに比べると求人が少ない印象がありましたが、スカウトで届く求人の質は非常に高く、志望企業の求人が多くありました。また、転職エージェントからのスカウトで何名かお話しましたが、どの方も優秀でとても満足できました。

  • 最終的にリクルートダイレクト経由で転職を決定しました。また機会がありましたら利用させていただきます。

  • 40歳・男性
    ハイクラス転職を希望するなら、リクルートダイレクトとビズリーチに登録するのがいいと思います。そもそもハイクラスに特化した転職サイトなので、希望とズレることは無かったです。

  • 他の転職サイトだと希望条件よりも低い年収のオファーが届くこともあるため、求人の精査が面倒でした。私は管理職で転職をしましたが、年収を100万円ほど上げて転職することができました。ビズリーチと並行して利用しておくことをおすすめします。

  • 43歳・男性
    同年代の平均年収よりも自分の年収が低かったため、ハイクラス向けの転職サイトを利用しました。総合転職サイトだと希望にマッチする求人と出会うことが中々できず、転職活動が上手く進みませんでした。

  • リクルートダイレクトスカウトでは、希望通りの年収の求人が大量に届き、自分が希望する求人にすぐに応募することができました。元々希望していた年収よりも高いオファーをもらうことができたので非常に満足しています。

  • 38歳・男性
    収入アップを目指してリクルートダイレクトスカウトを登録をしました、登録して5日ほどで条件にあったスカウトが届くようになり、担当のコンサルタントが面接対策や面接官の情報を教えてくれたので、安心して選考に進むことができました。

  • 3ヶ月ほどで希望条件とマッチする転職先からオファーをもらったので、とても満足しています。また利用したいです。

  • 37歳・男性
    リクルートダイレクトスカウトは企業からのスカウトもエージェントからのスカウトもたくさん届きます。そのため自身の市場価値がどのような領域からどのくらいあるのか、把握したい方には非常にマッチしたサービスだと思います。

  • 転職を検討されている方はまずは登録してみて損はないと思います。ビズリーチなどに比べると求人数は少ないですが、求人の質は高いので満足できました。

  • 昼飯時にリクルートダイレクトスカウトの登録してから約6時間 メールが30通 多くない? おっさんにそんな需要あるん? 同じ会社から送られてるのもあるし…数撃ちゃ当たる方式なんかな? 仕事に集中してる中、通知音でイライラしてしまった 自分に価値ある情報探すのしんどい

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトは、割とニッチなエージェントもあってええな。ビズリーチは有名なエージェントが大半かなと思う。 拘らないなら ・リクエー ・JAC ・パソナ くらいに登録して申し込みしてたらええんやろうな。dodaは書類通過率悪い印象がある。あんまプッシュせんのだろうね。

    出典:X(旧Twitter)

  • ・リクルートエージェント (転職に関する基本的な知識を学んだ上で応募出来る) ・yagish(Zキャリア) (エージェントから推薦が行くので 書類選考が9割通る) ・リクルートダイレクトスカウト (そこから複数のエージェントともやりとり可能) この3つが特におすすめで 他にもdodaやtypeも良いと思います

    出典:X(旧Twitter)

  • ①ビズリーチと②リクルートダイレクトスカウト所感。 ①質>量。有料会員でないと求人数は少ない。クーポンとかで数か月はタダ乗りできるから短期決戦ならいいかも。 ②量>質。とにかく求人来る。エージェントが多いけど企業ダイレクトも結構多い。ただ条件にかすってないのも多い。年収は見てくれ…

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト経由で来るエージェントって「現年収+300万(但し上限1500万)」とか意味不明な紹介ばっかり。あと、絶対候補にならないSHIFTを紹介する人多し。現収見えてるのになぜ減収になる話を持ってくるのか?ここ経由のエージェントは現職でも見たこと無いとこばかり。

    出典:X(旧Twitter)

  • 実際に利用した転職エージェントの感想 Aさん リクルートダイレクトスカウト経由で連絡が来たエージェントさん。 Webにて面談をして色々ヒアリングをしてくれた。 ワークライフバランスを改善したいと強く伝えた。 「残業時間は45時間がボーダーですね、これを超えている求人は避けた方がいいですよね〜。」なんて言われて面談終了。 その日からポツポツと求人が送られてくる。 が、残業時間45時間以上ばかり(笑) 面談した意味は…

    出典:X(旧Twitter)

  • doda、リクルートダイレクトスカウト、ビズリーチやりましたがきめ細やかなサポートはdodaが安定でしたね。常時サポートスタッフが1人ついてくれるのが良いです。(大手は会社付きの専任も居ます 後2つはコンサル志望とかの人には向いてますがエージェントを同時に相手しなければいけないので疲れます

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトで企業の部長からスカウト来たけど、必須にネットワーク・サーバの設計構築経験ってあるけど、経験ないんだけどな…。てかサーバ?サーバー?本当にレジュメ読んでない気がする笑。というか事業会社の社内SEになりたいのに。 #転職したい

    出典:X(旧Twitter)

  • 最近ビズリーチを追い出され、リクルートダイレクトスカウトにゲルマン民族の大移動したワークポートさん。 スカウトメールに「【面談確約】」と書いて釣ってくるw 当然のことながら企業ではなく、ワークポートとの面談なのは自明。 リクが呼び込んだのかどうか知らんけど、これサイト価値毀損しない?

    出典:X(旧Twitter)

  • \ #履歴書 はどうやって書いたらいい? / 履歴書はテンプレートをダウンロードして作成すると効率的です! リクルートダイレクトスカウトの以下記事では、 Excel・Word・PDFの3種類がダウンロードできますので、ぜひ活用ください。 #転職活動中

    出典:X(旧Twitter)

  • / リクルートエージェント調べ 【最新】2023年度 転職市場動向 \ ■TOPICS「多様化するGX人材へのニーズ」 GX人材を求める求人が多様な業界から多岐にわたる職種で出ているので、気になる方は要チェックです!(事例は画像をご参照ください) 詳細は👇 #転職活動中

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトは移行がだるすぎて放置してるのだけど、「【面談確約】希望条件にマッチしたスカウトが1件届いています」というメールが届いたので中を見てみると、面談確約ってエージェントとの面談確約って意味ですかワーク○ートさんw 企業名非公開のとこに面談確約される我が人生

    出典:X(旧Twitter)

  • 【#転職】ちょっと酷いので名前を出してしまいますが #リクルートダイレクトスカウト さん、私へのオススメ案件として私の前々職(同一役職)を紹介するのは勘弁していただきたいです。これで2回目です。 求職者のキャリアと希望をしっかり把握していれば起きえないミスですよ。。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトとかいう転職サービス、スカウト受信を止められなくしたらしく、通知を切るしかないらしい あの量のスカウトを止められないならエントロピー増大しすぎて利用価値ほぼゼロになると思うんだが、そんなの関係なくとにかくスカウト送らせることで金稼ごう、ってこと…?

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトはろくでもなかったけど、ビズリーチはきちんと誰もが知ってる企業のプラチナオファーが定期的に来る感じなので続ける価値はある。こういうサイトで企業スカウト待つとか、リファラル案件聞いて回るのが今どきの転職活動って感じするな〜

    出典:X(旧Twitter)

  • / 平日の #面接 、 休めないときはどうしたらいい? \ 指定された日時が難しい場合、 日程調整に応じてくれる企業もあるので、 相談することも一案です。 ・業務時間外で調整を依頼する場合 ・土日での対応をお願いする場合 のメール例文は以下でご紹介👇 #転職活動

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、リニューアルされてからやみくもにスカウトメール来過ぎ説。 そもそも今のレジュメ古いから今更きてもで、もはや見る気が1mmも起きなくて、メールフォルダを荒らし容疑で解約したみまである。 がんばれ、古巣、がんばれ、最適化。 #リクルートダイレクトスカウト

    出典:X(旧Twitter)

  • 感覚かもしれませんが、私の中で感触が良かったのはdoda、doda X、リクルートダイレクトスカウトの3つです。他のエージェントよりスカウト率高めです。最終的に内定もらったのは自力応募でしたが、それも結果や縁だと思っています。

    出典:X(旧Twitter)

  • / セミナー動画配信🎥 “働く”のこれから企業と個人の変化と2024年以降の展望 \ #リクルート とIndeedが協働で行ったグローバルサーベイなどをもとに、2024年以降の転職はどうなっていくのか、今後の日本の #転職動向 をご紹介します。 詳しくは👇

    出典:X(旧Twitter)

  • \ #最終面接 ではどんなことを聞かれる? / 質問例 ・なぜ当社を志望したのですか? ・当社で実現したいことは何ですか? ・仕事において大切にしていることは何ですか? ・内定が出たらどうしますか? それぞれ回答例や逆質問のポイントなどはこちら👇 #転職活動

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトで良い企業だけ気になるしておいたら、「まさに弊社が求めていたご経歴です」って知らない企業からメッセージ来てて、募集職種全然私の経歴と合ってなくて、評判サイト見たらどブラックだった。 ミイダスのときのデジャブだった。 悲しい。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトが流行ってますが、希望年収が500〜600万円とかだとマッチングしないことが多いです。リクルートダイレクトスカウトで扱っている求人は、年収800〜2,000万円と好条件の案件が大半。ビズリーチもそうですが、自分の年収レンジを見極めた上で、転職サイトを活用するのが吉。

    出典:X(旧Twitter)

  • やたらとリクルートダイレクトスカウトから新サイトで登録しなおせという案内が来るが、いかに多くの人が移行していないかが分かる 休職エージェントみたいなところ以外ほとんど来ないし、しかも、このエージェントも登録済みなのに再度来るしね そりゃ、使えない求人サイトって誰もが思うよ

    出典:X(旧Twitter)

  • 【#リクルートダイレクトスカウト よくあるQA】 Q.現職の会社に #転職活動 をしていることを知られたくない…対策はある? A. あります!リクルートダイレクトスカウト では特定企業からのレジュメ閲覧やスカウトのブロックが可能。安心してご利用下さい。 登録はこちら👇

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトの大手ではあるので色々なサービスあります 他求人は新卒中途の求人が多いですが管理職スタートの求人が多かったり リクルートダイレクトスカウトと言うのもあってそこに職歴とか色々登録しておけば職歴を見た企業の方から直接スカウト受けることができるサービス何かもありますね

    出典:X(旧Twitter)

  • \#履歴書 の #志望動機 の書き方についてプロが解説/ 採用担当者が志望動機から知りたいことや志望動機の構成、書き方をご紹介します! 転職活動にご活用ください。 詳しくは👇(職種別の例文5選や志望動機が思い浮かばない場合の対処法なども記事内で解説中)

    出典:X(旧Twitter)

  • / 転職エージェントとの面談についてプロが解説 \ #転職エージェント との面談の流れや面談を受ける際に意識したいこと、面談前の準備ポイント等ご紹介! #転職活動 にご活用ください。 詳しくは👇(面談日に必要なものや服装、避けた方が良いこと等も記事内で解説)

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェント経由の転職ならリクルートダイレクトスカウトのほうが信頼できる感覚ですが、社内リクルーターからの直接のスカウト、応募、特に国を跨ぐような転職はLinkedinのほうが有効な気がしますね。あと海外の社会人大学院へのapplyにもキャリアが英語表記でそのまま提出できて有効だったり。

    出典:X(旧Twitter)

  • 就職活動にリクルートダイレクトスカウトを愛用していましたが職務経歴書のひな型の改悪とともに使わなくなりました。リクルートの職務経歴書は自由に作文できる所が最大の魅力でしたから。改悪後はマークシートのような無味乾燥な一問一答式。恐らくエクリチュールの読み書きもロクにできない

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、リニューアルしたと思ったら、 相変わらずメール削除不可で、ヘッドハンター利用しない設定自体消えてるし、コンサルなんて未経験で希望もしてないのにコンサルリーダーのスカウトくるし、使いにくさ増してて。メール削除不可なのまじでどういうつもりなんだろう。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト 早速使ってみましたが、AIによる文章作成は、 ・職務要約欄のみ で、経歴詳細や自己PRなどは未だでした。 ここもchat GPTなどで代行できますが、 今は変化についてくので精一杯です💦

    出典:X(旧Twitter)

  • / 【告知】 #リクルートダイレクトスカウト 12月4日に全面リニューアル📱💻 \ 【リニューアル後にできること】 ☑質問に答えるだけで、レジュメ簡単作成 ☑経験・スキル・希望に合う求人をAIで分析して提供 ☑企業や転職エージェントとやりとりできるチャット機能 詳細👇

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職2】 転職を決心し、仕事が終わって終電で帰り、毎日夜中の2時くらいから履歴書や職務経歴書を作成し、求人サイトに登録した。 睡眠時間が短いが、絶対転職という強い意志があったので、全く苦にならなかった。3ヶ月でリクルートダイレクトスカウトからタイズに紹介された会社に内定した

    出典:X(旧Twitter)

  • 昨今、Web面接を導入する企業が増えています。「Web面接を経験したことがない」「何に気を付ければ良いのかわからない」と不安や疑問を抱く方もいるでしょう。組織人事コンサルタントの粟野氏に、Web面接の準備・対策・注意点を伺いました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 1500万-以上のレイヤー、サイト使うならミドルの転職、リクルートダイレクトスカウトあたりかね。そもそも母数が少ないので多くないのは仕方ないにせよ。ストレートに、ビズリーチとかのよくある求人媒体使っているようなパチモンヘッドハンターでない、ちゃんとしたヘッドハンター使うのが無難かね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 「自己PR」は履歴書・職務経歴書に記載したり、面接でも求められたりすることがあります。応募企業にどのように伝えると、相互理解につながるでしょうか。自己PRの書き方、伝え方のポイントについて、組織人事コンサルタントの粟野氏が解説します。

    出典:X(旧Twitter)

  • なんとなくリクルートダイレクトスカウトに登録してみたらワークポートのエージェントから山ほどメッセージがきてる。 ビズリーチと違って全部無料みたいだけど、企業の担当者と直接連絡する事は出来ないっぽい。必ず間にエージェントが入るみたい。 ビズリーチはワークポートとギークリーが多い。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回入社を決めた企業はリクルートダイレクトスカウトでのスカウトメール。 正直この方以外のスカウトは全部私は興味わかなかった。ちゃんと経歴見てくれたのこの方だけ。 それ以外の内定や最終面接結果待ちで終わったのは4社。indeedで直接応募1、ワークポート1、リクルートエージェント2。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトでスカウトしてくれたエージェント、良すぎる。 自分が元勤めてた会社へのリクルートとは言え、丁寧に推薦状書くための面談実施。おかげで書類通過🥰その後も面談対策や参考情報送ってくれたり、とにかくきめ細やか。 そりゃ1年に8人も入社させるわな。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトで声をかけてくれたエージェントとオンライン面談。2時間みっちり話し合って今後の進め方と方向性を擦り合わせ。ブランクがあっても年収⤴️が狙えそうとのことでやる気が湧いてきた笑 早速紹介された案件がドイツ企業でご縁を感じた😂

    出典:X(旧Twitter)

  • 知り合いの転職エージェントの方に紹介してもらった「リクルートダイレクトスカウト」。登録して間もないが意外とヘッドハンターや企業から連絡が来る。本帰国のタイミングがはっきりしていないのでまだ応募はできないけど、前もって市場の感触を知ることができて少し安心している。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動始めて5日 type ハズレスカウト多い リクルートダイレクトスカウト まぁまあ ビズリーチ(は無償期間のみ)エージェント多いが直も少しある まだエージェント2社と話ししただけだがスカウトで面白い企業が出てくる 本命の会社は来月会社説明会 さて10月末までにどういう結論になるか…

    出典:X(旧Twitter)

  • ハイクラス転職するなら、ビズリーチが有名だが、リクルートが運営している「リクルートダイレクトスカウト」も登録しておこう。転職後の平均年収が950万円なので、800~1200万円くらいは狙える求人が多数ある。ハイクラス特化型転職エージェントの共通点でもあるが、求人数は多くはないので、他社を併用しよう。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職が決まってからビズやリクルートダイレクトスカウト経由でスカウトを貰っても開封してませんでしたが、今日のスカウトは思わず開封。 \\\お引き合わせしたい経営者の方がおります/// 恐らく社長面接があるって事を上手く言い換えてそう。 エージェント各社さんも工夫してますね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動無事終了💨 ビズリーチやリクルートダイレクトスカウト経由で4社ほどエージェントさんとコンタクトしトータル16社ほどに応募。 書類通過10/16 1次通過6/8 (2辞退) 最終通過4/5 (1辞退) 大変でしたが良い経験だったかなと。CPACIAなど地道な努力が評価して頂けたので今後も驕らず努力したい🔥

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動をして内定を獲得したものの、転職する決断に迫られると、迷いが生じることもあります。内定を承諾して良いか迷ったとき、どのように対処すればいいのでしょうか。組織人事コンサルタントの粟野氏に伺いました。

    出典:X(旧Twitter)

  • ちなみにリクルートダイレクトスカウトは、年齢制限が厳しい案件しかないので、仲介しているエージェントは無駄を省くために、最初から条件合致以外の応募者は即却下の連絡が来ます。 あと、同じ求人が他の転職サイトに多数あるので、このあたりはどこでも同じかも。

    出典:X(旧Twitter)

  • 特にハイクラス人材ではないけど、 リクルートダイレクトスカウトに 今月登録してみた。今現在、希望しない 仕事も含めて企業から8社スカウト来て 1社に当日中に返信してみたけど1週間以上音沙汰無し。 ビズリーチのプラチナスカウトと 違って面談確約ではないのね😵

    出典:X(旧Twitter)

  • CMで見たリクルートダイレクトスカウトとdodaに登録してみたけど、登録後数分で死ぬほどメール来てビビる…なんやこれは…プラチナとかダイヤモンドとかよー分からん… 行きたい会社決めてリクルーター介さず自力で応募する方が良さそう

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト経由で鉄鋼商社からスカウトが来た☺️ 四季報見ると販売先が自分の保有株。情報収集のため受けてみるか。 件名と求人内容が異なっていて大丈夫かと心配になる😅 自動送信なのかな🤔

    出典:X(旧Twitter)

5:ビズリーチ

ビズリーチ

口コミ:ビズリーチ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:280,860(2024年7月10日現在)
求人数増減:+5,222(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

200万人以上の転職者が活用している大手転職サイトが『ビズリーチ』。

ビズリーチは求人検索ができるだけでなく、企業の人事担当者から面接や面談が確約されたスカウトが届きます。書類選考免除のオファーメールもあるので、効率的に転職活動を進めることができます。

スカウトは人事担当者だけでなく転職エージェントからも届きますが、スカウトを送ってくる転職エージェントの評判自体をチェックできるので、優秀な転職エージェントのみを探すこともできます。

大手企業の求人を探したり「自分にはどんなスカウトが届くのか?」を知りたい人におすすめの転職サイトです。

moto
motoの一言アドバイス

年収400万で登録して利用しましたが、いろいろな企業から「面談確約スカウト」が届きました。
登録するだけで企業や転職エージェントからスカウトが届くようになりますが、企業からのスカウトより転職エージェントからのスカウトの方が多いです。ですが、スカウトが送られてくる企業のレベルや求人の質は他の転職サイトに比べてかなり高めなので、転職する・しないに関わらず登録しておくことをおすすめします。

出典:公式サイト

ビズリーチの口コミ評価

  • 30歳・男性
    初めての転職でビズリーチを利用しました。全体的な求人数はほかの転職サイトに比べて少なかったですが、年収や役職が高い求人が割合が多くありました。中でも年収600万円以上の求人が多かったので、そのくらいの年収を希望する人にはおすすめです。

  • 転職エージェントからのスカウトが多すぎる点が気になりましたが、それ意外は総じて満足できました。ハイクラスの転職サイトはビズリーチで十分です。

  • 28歳・女性
    良い転職エージェントを探すために転職サイトのビズリーチを利用しました。ビズリーチはハイクラスな年収の求人が多く、私のように希望年収が高い人には向いていると思いました。

  • かなりの数のスカウトをもらいましたが、最終的にスカウトをくれたエージェントで内定をもらいました。希望年収もかなったので満足しています。いいエージェントに出会うことができたので転職サイト以上の価値がありました。

  • 31歳・男性
    転職サイトのビズリーチは企業からのスカウトオファーだけでなく、ヘッドハンターや転職エージェントからのスカウト機能もあるので、自分が見ている求人以外の求人を見つけられるのがとても便利でした。

  • 求人数は他社に比べると少ないですが、個人的にはリクナビNEXTやdodaよりも求人の質が高く、年収の高い求人が多かったように思います。とても満足できる転職サイトでした。

  • 50歳・男性
    他の転職サイトも登録していましたが、なかなか管理職や役員の求人を見つけるのが難しかったのでビズリーチに登録して転職活動しました。管理職や役員の求人が多く掲載されており、スカウトを受け取ることもできました。

  • 私は50代だったので転職は厳しいと思っていましたが、プラチナスカウトという企業の担当者様から直接届くスカウトをもらい、それがご縁で転職することができました。現在は役員をやっています。ハイクラス転職サイトならビズリーチ、と周りの友人にもおすすめしています。

  • 34歳・男性
    転職サイトのビズリーチを利用しましたが、転職エージェントからのスカウトが多すぎる点は気になりました。ですが、希望している求人に出会うことができたので最終的に利用してよかったと思っています。

  • エージェントはピンキリですが、中には非常に優秀な人もいたのでそうした人とは面談をしてキャリアの相談に乗ってもらいました。とてもよい転職サイトだったのでおすすめです。

  • 34歳・男性
    マッキンゼーや三菱商事など、他社転職サイトと比較しても一流企業・業界の求人が揃っていた。また、非公開求人だけを見ても、他社サイトよりも質が高く、圧倒的に便利でした。

  • 38歳・女性
    外資コンサルや日系大手金融の求人など、質の高い求人が多く、便利だった。転職サイトとして利用したが、エージェントからスカウトをもらい転職した。転職サイトとして登録しておくだけでも便利だと感じた。

  • 29歳・男性
    求人を探すための転職サイトとして利用したが、プラチナスカウトで届いたスカウトはほとんど面談ができ、転職で一番役立った。転職サイトとしてだけでなく、エージェントとのマッチングサイトとしても便利だと思う。

  • 転職サイトとして見ても求人が多く、さらにレアな求人をエージェントがスカウトで紹介してくれるので便利だった。

  • 29歳・男性
    ビズリーチに登録しました。他の転職サイトと比較すると求人数はそこまで多くないですが、年収の高い求人の数はすごく多いです。他にもいろいろなサイトがありますが、ビズリーチでは、大手企業から本当にスカウトメールが届きました。

  • プラチナスカウトをもらうと、書類選考なしで面談に進めました。転職して1年以上経っていますが、今もスカウトメールは受け取っています。すぐに転職するつもりはないですが、どんな企業が自分に興味を持ってくれているのかを知るのに便利です。

  • 31歳・男性
    ビズリーチは、ヘッドハンターからのオファー連絡が多すぎるのが難点です。DMを精査しないといけない為、自分で選びきれない人には向いていないと感じました。また、テンプレートのような文章のメッセージも多く、本当にスカウトされているのかは疑問でした。

  • とはいえ、企業の人事の方から直接届くメッセージも実際にあったので、このあたりがきちんと整理されると使い勝手が良くなると思いました。

  • 30歳・男性
    前職は医療メーカーで営業をしておりましたが、スキルアップと年収アップを目指して、ビズリーチに登録しました。スカウトで届いた求人の中から医療機器の商社を受け、内定を貰いました。

  • 年収は650万円から800万円に大幅増に成功して、役職も上がりました。ビズリーチはほかの転職サイトにはないハイクラス系の求人がたくさんあるので、非常におすすめです。

  • 29歳・男性
    ハイクラスの求人が充実していて、年収アップを目論む私としては満足できました。企業側からアプローチしてもらうことも多かったのでそれほどプレッシャーを感じることなく面接を受けることができました。

  • 年収アップを狙っている人は、ビズリーチ一択で間違いないと思います。

  • ビズリーチの定期ログボのプラチナチケット、期限切れ前に職務経歴書の更新だけ一通りやっておいたけど、早速テックスタートアップのコンサル事業責任者候補みたいな求人が結構来て面白そう。 ポストコンサルでそれなりに責任と面白さのあるポジション目指すにはこのあたりまでこないとダメな感じね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 三井物産やボスコンへの転職オファー 「ビズリーチ」と「doda X」に登録したことで、 自分には可能性があることを知った。 今の仕事・待遇に満足しているので 今すぐに転職する意志はなかったが、高みを目指したいという気持ちが湧いてくる。 給料も魅力的だけど、 超一流ばかりの環境に魅力を感じる。 やはり行くならボスコンだろうか。 転職童貞の私は 想像しただけで既にチビりそうです。。。

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチの【Sランクヘッドハンター】なる方からスカウトがきて、面談してみた。 転職軸を話したときに、もちろん求人の紹介はしてくれたんだけど、「自社も合うと思います」って言われて衝撃だった。 やっぱりできる営業マンは顧客思考だよな。 他に斡旋した方が営業数字になるはずなのに、、

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチ経由で同業の企業からスカウトが届いたのですが、タイトルが現年収保証と書いてあって一気に冷めました。 んなもん当たり前でしょ。 ポジジョンの魅力だけで待遇がアップしなくても来ると思いますかね? 別業界だったら分かりますが、少し舐めすぎてはいませんかね。。

    出典:X(旧Twitter)

  • これまで3回転職活動しましたが、使った媒体は、 ・ビズリーチ ハイクラス求人が揃ってる。 エージェントを介さないので、自分の経験を評価してくれる企業と接点が取れる。 スカウト以外にも大手企業の公募が出ており、直応募も可能。 ※私はこれまで全てビズリーチ経由で転職してます

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチのスカウト文に返信したら3日返信来ない😂 私もイレギュラーなことを書いたせいもあるけど、にしたって連絡ないのは駄目よ!社名言ってしまいたい😇 少なからずこんな採用オペやってる会社さんには行きたくないなぁと思えました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 3年前に初めて転職したのですが、 次が決まってない状態から仕事を辞めたのでまじで地獄でした… なんとか有給期間中に滑り込み転職! この経験から2回目の転職は、在籍中にビズリーチとエージェント利用しつつゆるゆるWeb業界受けてました! やっぱり経験と積み重ねしかないんだと日々実感してます🥲

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチずっと登録してるんだけども、1本超えの求人は沢山くるし、企業からのダイレクトでの連絡もたくさんくるから「移っちまうか!」となりそうになるよな。 企業からも担当レベルはアレだが、偉いさんからくるメールはそれなりに熱い。 直接のスカウトは4割くらい受かるとか出てなかったかな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 過去4回の転職で様々な転職サイトを使ったがビズリーチが最も有用だった。 リクルートなど大手にない求人があったり企業からのスカウトが来るのが良かった。 転職したいけど何をすればいいか分からない、という人はとりあえずビズリーチに登録してどんな企業からオファーが来るか試したらいいと思う。

    出典:X(旧Twitter)

  • ちょっと前からビズリーチ登録してスカウトメールとか見てるんだけど今と年収そんな変わんないか上がったとしても会社に負担してもらってる家賃とか考えるとマイナスになるようなとこばっかでうーんって感じ 今より150万以上上がってくれたら検討するんだけど世の中そんなに甘くないなって

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチに登録したけど 何をどう調べたのか分からないけど 登録内容の承認が終わってた 希望職種の関係だとは思うが 競合他社の案内ばかりくるのは なかなか笑える イメージ的には都会ほど強気な求人 田舎ほど優しめの記載が多いなと思う 逆にうちの会社がどんな求人してるか 気になったりした。

    出典:X(旧Twitter)

  • 何度もいいますが、転職で年収を上げたい人は『 ビズリーチ 』を必ず使ってください。やり方はサイトに登録してスカウトを待つだけ。何もしなくていいので忙しい人こそ使わないと損です。企業側がプロフィールを見てオファーするので、給料も高めだし、交渉も簡単。転職成功が約束されるシステムが...

    出典:X(旧Twitter)

  • 私事ですが、50歳手前で転職が決まり、6月から会社を移ります。結局いつものビズリーチ。活動開始から内定まで2.5ヶ月。書類通過率6割。社員数は今より3桁増。お賃金も少し上がるので悪くないです。なお、新卒以来22年振り2社目の自動車業界ですが、僕は車には関わらん模様。最後の転職、になるか…?

    出典:X(旧Twitter)

  • 前職の同期がビズリーチで日本を代表するハウスメーカーに転職した 転職後に話を聞くと2〜3年目で給料1000万は固いとのこと もちろん有休、育休は好きなだけ取り放題 羨ましいなと思って僕もビズリーチ登録してたらなんとその企業からスカウトきて現在書類選考中です ありがとうございます

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチの職務経歴を変更し、転職時期を3ヶ月以内にしたら爆発的にメールくるようになった。 1週間で17通 うち、エージェントが14通 ほぼエージェントのメールなので企業からの見逃してしまいそう ランサー○からスカウト来てた。コンサルティングやれるの? 内容見たら何の分野か分からない

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職するまでにやったこと 1200万→1500万にアップしたので多少参考になるかと思います。 ①需要の高い業界を探索 ②自分のスキルや経験の洗い出し ③どこまで年収を上げたいか決める ④とりあえずビズリーチ登録する 特に①は大事で、未だとAI系の求人が多いですね。

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチからアンケートに答えたらドンペリ🍾送るよって電話来た。 半ば新手の詐欺かなーって思いながらとりあえず回答してみたけど、Xで検索したらけっこう同じ経験してる人いる模様。 抽選でなくて必ず送ってもらえるらしく、人選方法は今後もサービス使って欲しい人らしい。

    出典:X(旧Twitter)

  • 本日からビズリーチの通常スカウトが廃止され「プラチナメールのみ」届く形になります。 大量に届いていたスカウトメールが制限されるので、ユーザーにとっては確認しやすいかも。 一方で、登録内容が薄いと全くスカウトメールが届かない…といった事もあるため、レジュメ登録必須です!

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回エージェントから決めといてこういうのもアレだけど、効率を考えるとビズリーチ(企業からスカウト)の方がたぶん良い。 求人に応募するスタイルだとどうしても労働者が下の立場になるし、ミスマッチが起こりやすい。 結局エージェントの紹介で内定出た企業の1つもビズリーチからスカウト貰ってた

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチの他己診断、2名以上にやって貰わないと結果出ないらしいけど、やってくれる人が思いつかない😇 普段の自分の様子とか働き方知ってる人って、同業者に転職活動知られたくないんだからお願いできないし、じゃあ誰に頼めばいいんじゃ🤔

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチで連絡したエージェント3社のうち1社目 ・やり取りしていた方と異なる方が電話に出てくる。 ・ビズリーチ上で確認できることをわざわざ聞いてくる。 ・ベンチャーに興味がない他すぐの転職は考えていないことを伝えると、現職に留まった方が良いなど適当な回答。 …時間を返してくれ。

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチのスカウトメールってなんであんなに熱烈なメッセージなんだろうね笑 仕様で、少し期間が空くともう一回、「どうしても貴方とお話ししたく〜」見たいの来るけどさ… そんな事言われたら嬉しいよね笑 たくさん応募きて困ったりしないのかねえ?

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチ。自分が求めてる内容じゃないオファーとかくるので、企業からのオファーに全部答える必要ないかなーと思っていたのですが、同じ企業様から二度目のオファーが来て、気まずくなって「面談したいでーす」って感じになっちゃいました。 年俸200万上がるんだよなあ。引っ越しても良いかなあ。

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチだけは唯一残してるんだけど 面接受けたところとかからスカウト来るんだよね 向こうからは直近の職歴だけしか見えないのかしら? いくら匿名でも職歴二つ以上出てたらこの人面接したなーってわからないもんかね? 企業スカウトは実はビズリーチの人が拾ってきてスカウト出してるのかな?

    出典:X(旧Twitter)

  • ここだけの話、ビズリーチで転職活動してます。本業のプロダクトマネージャーの方で。 外資系用に英語レジュメも作ったけど、日本と作り方違うのね。 プラチナスカウトで来る会社のプロダクトを調べて改善点考えるの面白い☺️ 週3以上在宅と、成長中のプロダクトをグロースしたい以外拘りは無いです😊

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチのプラチナスカウトとかいうのが来ている…。そしてなかなかのご提示額笑 といっても、もう独立してるんだけど私😂(昔登録したから特許事務所勤務のままになってた!) 事務所でも事業会社でもなくて弁理士が求められているのか。チョットおもしろそうだなぁと思ってしまった。

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチ登録したらさっそくスカウト来てて安心した! 4年後のサイドFIRE見えてきたら、転職失敗してもまあいっかって思えるようになったし、前向きに検討。 エージェントにライフワークバランス希望を伝えて良いところあればラッキーくらいの感じで。面接は建前でやるけど。

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチは年収8-12M位の求人が多いイメージで、MBA生でも利用できなくはないですが、それ以上のポジションを事業会社で探そうとなると選択肢が少なくなるかもしれません。 外資系企業はRobert WaltersやSthree、JACリクルートメント辺りで探すといいと思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • 年末年始はビズリーチの職務経歴書を更新して自身の市場価値を再確認します。現職はレイオフされなければ後3年は働くつもりでいますが、途中、より良い条件が提示されれば移籍も考えようと思います。やり甲斐が何よりも大切ですが、時間は有限なので素早く多く稼ぐも強く意識しています。

    出典:X(旧Twitter)

  • 30過ぎても全然コンサル転職はできるし、人生いつだって今が一番若いんだからやってみればいいのに。いつだって、やらない人が一番ウダウダ言っててカッコ悪いし、言い訳が得意で、自分を騙すのばっかり上手くなる。エージェントかビズリーチするだけですよ。5分で済んで一生が変わります。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職ははじめに声かけて頂いた現職の労働環境と仕事内容がよかったので 前職と同じ業界になりましたが(会社規模は大きくなったけど) じっくり転職やってたら 別の業界もあったのかもしれませんね 放置していたビズリーチのスカウト見ると 他にも魅力的な求人がきてましたし…もったいなかったのかな

    出典:X(旧Twitter)

  • 仕事終わり、ビズリーチでカジュアル面談したの。商品開発ってすごく興味あるし自分に合ってると思うし絶対に楽しいだろうな〜と思ったけど、改めて勤務地聞いたらまた2時間コースで涙目🥹在宅週3でもきちぃわ🥹🥹田舎を恨む😞🤬🌋なんでこんな田舎に家買ったんだよ🥹

    出典:X(旧Twitter)

  • 久しぶりに会社員として働いてみるのもいいかと思い、ビズリーチに登録したのだけど、スカウトが一件もこなくて寂しい。 自身の市場価値がないのか、それとも勤務は週1、2日、仕事内容はマネジメントでなくSEかPGのみの希望だから、相手にされないのかな?

    出典:X(旧Twitter)

  • 次会社員やるなら欧州企業がいいなぁと思ったけど、私の前業界には欧州企業なんてないな…と思ってたら ビズリーチで来た!!存在した!! 前回の転職の時は、避けてた企業だけど今の私にはなかなか親和性高い気がした まだ復活の途中なので受けるかどうかわからないけどお話し聞いてみようかな

    出典:X(旧Twitter)

  • 今週もいろんなひととはなした。 初めてビズリーチ経由で業界職種特化のエージェントとも話して、とてもいい意味で自分の中で何かが弾けた感じがある。 あ、もうやめよう。 さらばこの感じ… 私はバリバリキャリアアップとかやっていきたいわけではないっぽいと。 アップしなくても広がってゆきたい。

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチ凄いよ! 私、1年半後にフルタイム復帰予定で仕事探すんだけど…登録してみたら、ほんとに直接企業からスカウト来る! しかも、ほかの転職サイトと質も違う!凄いわこれ…(朝から上の子にイライラして泣きそうな事あったのに元気出た✨

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチ、企業からも少しはあるけど(どベンチャーorなりふり構わず誰にでも送ってそうな企業が多いが)、大方エージェントだね。 今までの経験上、業界的に非公開求人ってほぼ無くて、チラ見せしてくる求人は今使ってるエージェントでも見てる。一通り応募が行き詰るまでは他当たらなくて良いかな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 俺はガッツリ転職活動してた訳じゃ無いけど、今回の内定貰うまでの流れは以下 ①新聞でビズリーチがchatGPTを活用した職務要約サービス導入のニュースを見る ②久々にビズリーチの職務要約更新 ③オファー急増 ④応募、内定 この流れでした。普段からアンテナを貼っておく事は大切やね。

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチ経由スカウトの面談3時間。めっちゃ楽しかった。全然興味ない企業だったけど興味出てきた。これが現代版人身売買の技か。儲かるだろうなあー人材会社って。そしてキャリアプランナーいいな思ってたけど私には無理だって感じたな。それだけでも収穫。転職活動って色んな学びがあって楽しい。

    出典:X(旧Twitter)

  • 試しにビズリーチ登録してみたけど、企業スカウトが40社くらいで、エージェントは3桁超えてて追い付かない...PM経歴やPMP資格のせいかPM/コンサルが結構多いのでそこは絞って、テック志向が高そうなとこに話聞いてみます。ジェネラリストも需要ありそうでひとます安心。 #エンジニア転職

    出典:X(旧Twitter)

  • ちょっと前に勢いでビズリーチ登録したら本当にいろんなとこから連絡が来て、どうやら私が前回転職してから●年の間に給与水準がインフレ起こしてるっぽいことを知り、残るより移る方が上がるスピードが格段に早そうなので、もう転職しよかなと思い始めてる…。

    出典:X(旧Twitter)

  • 最近、試験的にChatgptに職務経歴を要約させた内容をビズリーチに反映していたのですが、鳴かず飛ばず。全く反応しなくなりました(笑) 改めて自らガチって人力アップデート。どうなるか楽しみです。生成AIには負けませんよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチで転がってる転職募集、大手化学メーカー営業職の待遇がヒジョーに絶妙で心が動く。良すぎるワケではないが現状よりは適度に良くなる。 日本戻ったらマジで考えちゃうよなぁ。 「メーカーは給料安い云々」ってのはあくまで大手他業種比較であって、絶対値は全然良い。少なくとも今よりは

    出典:X(旧Twitter)

  • 私の転職サイト感覚② ビズリーチ…全然スカウトなんか来なくて泣いた🥹 たまにキターと思ったら転職エージェント会社から面談面談の嵐。 検索して応募した企業からは返信なし。 あと無料会員なのでチケット足りなくて企業名わからない時は募集メッセージをググって企業名当てていました!🙆‍♀️

    出典:X(旧Twitter)

  • アカウントだけ作ってずっと放置していたビズリーチを、3年ぶりくらいにログインして真面目に履歴書と経歴書を書いたら、オファーが色々届くようになり(私のことを必要としてくれる人や会社がいるんだ!人生まだ頑張ろうかな…!)と自己肯定感が上がっている。まあほとんどテンプレ文だと思うけど。

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェントに動いてもらってた転職案件、条件悪くなかったし年収交渉もしてもらえるからと頼っていたけど、あまりにレスポンスが悪いから辞めますと伝えたら…。 そうですか。で終わり。 こういう会社は淘汰されるだろうな。 結局ビズリーチで声かけてもらった企業に決めた。年収300UP。

    出典:X(旧Twitter)

  • 昨日イベントで、メディア業界の人と話す機会があり。転職決意して人材系サービスに登録するんじゃなくて、転職するか否か考える材料として、自分にどの業界でニーズがあるのか知る必要があり、すぐビズリーチ登録するべしと力説するなど。→宣伝ぽいけどこれ本当だし、やってない人がまだいる

    出典:X(旧Twitter)

  • 新卒段階からビズリーチなどのハイクラス向け転職サイトを登録するメリット ・市場で求められるスキルや能力が把握できる ・職務経歴書でいい事たくさん書きたいモチベでお仕事頑張れる ・エージェント達からの面談希望やスカウトメッセージで承認欲求爆上がり ・辛くなったらすぐに逃げれる準備❗️

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチでスカウトしてもらった会社と面談したんだけど、会社の説明を聞いて、興味があれば応募してくださいって言われた。スカウトと言えども、普通応募と同じ選考の流れなんだな。書類審査が免除されるくらいかぁ。 大企業で高給で魅力的だけど、残業もそれなりにあるみたいだし悩む・・・

    出典:X(旧Twitter)

  • 年収によって見える景色が違うのね ビズリーチの経歴はよくメンテナンスするのですが、年収の登録を変えることを数年ずーっと忘れてました。750万円以上は承認が必要。変えて申請してみたら1日ぐらい経って承認完了! ハイクラスになり、おすすめの求人がからりと変わった。おマヌケでした🤪

    出典:X(旧Twitter)

6:JACリクルートメント

JACリクルートメント

口コミ:JACリクルートメント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:18,162(2024年7月10日現在)
求人数増減:+341(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

おすすめ転職サイトの6つ目は『JACリクルートメント』。

JACリクルートメントは、東証プライム上場の株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営する転職エージェントです。

JACリクルートメントは、グローバル企業の求人に強みを持つ企業で、世界11カ国のグローバルネットワークを活用して、外資系企業や海外進出企業への転職サポートを行っています。

管理・専門職、ミドル・ハイクラスを得意としており、約800名のキャリアアドバイザーが在籍しています。国内大手や外資系、海外進出企業など、年収800万円以上の厳選した求人を揃えていることが特徴です。

moto
motoの一言アドバイス

特定の企業においては、他社の転職エージェントよりも圧倒的に通過率が高く、年収の交渉力も高かったです。業界ごとに担当が付くので、業界をまたぐと担当者が増える点は微妙でしたが、企業情報を詳細に知れた点は安心感がありました。
年収を上げたい、役職を上げたい場合に利用するのがおすすめです。

出典:公式サイト

JACリクルートメントの口コミ評価

  • 31歳・男性
    JACリクルートメントには転職のサポートを親身行っていただきました。求人の質も高く、応募した企業の面談対策などもかなり丁寧に行ってくださいました。

  • ほかの転職エージェントも利用しましたが、JACはずば抜けて担当の対応が良く、今後も利用したい転職エージェントでした。

  • 39歳・男性
    私は転職回数が多く、ほかの転職エージェントには断られましたが、JACには登録することができました。登録後、すぐにオフィスの面談に呼ばれ、それぞれの業界を担当する人と1時間ほど話をさせてもらいました。

  • 私の経歴でも書類が通りそうな求人を何社か紹介してもらい、履歴書と職務経歴書の添削から面接対策まで行ってもらい、無事に内定をもらうことができました。転職エージェントを利用するならJACがおすすめです。

  • 40歳・男性
    海外留学の経験を活かしてキャリアアップをするためにJACリクルートメントに登録しました。

  • JACは約8割が外資系のIT業界や金融業界、コンサルティングファームなどの求人となっていて、海外留学の経験を活かした転職をする人にはとても向いていると思いました。担当のサポートも非常に丁寧で、ハイクラス転職の事情などもよくわかっていたので良かったです。

  • 38歳・女性
    前職の年収よりも高い年収を希望した転職活動をしていました。中々希望する求人が見つからずにダラダラと転職活動を続けていましたが、JACリクルートメントはあきらめずに求人情報を送ってくれました。

  • 時間はかかりましたが、おかげさまで希望年収で内定を頂くことが出来ました。書類選考から面接まで、詳細にアドバイスしてくださったので、非常に満足しています。

  • 38歳・男性
    業界毎に担当が分かれていて、専門性に特化していた。

  • 29歳・女性
    他社転職エージェントで断られた求人に応募、書類選考も通過できた。

  • 33歳・男性
    役職の高い求人が多く、キャリアアップを見据えた転職ができるエージェントでした。

  • 28歳・男性
    上場企業勤務、入社5年目、年収650万円というキャリアでJACを利用しました。上場企業だったので安定はしていましたが、給与面の不満から転職を決意し、ハイクラス求人が多いというJACリクルートメントを利用しました。

  • 「年収に対して経験が足りない」とコンサルタントの方に指摘されましたが、正直にお伝えいただいて自身の転職における立ち位置が理解できました。いくつか求人提案をもらい、キャリアアップにつながりそうな会社に転職を決めました。

  • 紹介だけでなく転職のプロからアドバイスを貰えたので、JACは非常に良い転職エージェントだと思いました。

  • 37歳・男性
    エンジニア職として働いてきました、会社の待遇に少し不満があったので、もっと良い職場で働きたいと思いJACリクルートメントを利用しました。面談で私のことを評価してくださり、希望条件よりも待遇の良い求人を紹介いただけました。

  • 専門性の高い業種にも関わらずコンサルタントの方の理解度が高く、企業情報をしっかり持っていて、どんな質問にも丁寧に対応してもらえてよかったです。コンサルタントの腕が相当高い印象を受けました。

  • 35歳・男性
    元々海外に住んでいたため、外資系企業への転職を希望して登録しました。私のスキルが前職でも高く評価されており、転職する気はそれほどなかったのですが、年齢的な面と今後を考えて転職活動をしました。

  • JACリクルートメントを選んだ理由は、ランキングサイトで外資の転職に特化しているエージェントが担当するという口コミを見たからです。面談後、すぐに希望通りの待遇が良い求人を紹介されました。専門エージェントがしっかり適性を見て紹介している点が良いと思います。

  • 32歳・男性
    JACリクルートメントは、サポート体制が良かったです。担当エージェントの人には真摯にキャリア相談に乗ってもらいましたし、面接対策なども時間を作っていただいて丁寧にご対応いただきました。

  • 職務経歴書については、担当者の実経験に基づいた効果的な書き方などの指導を頂戴しました。リクルートなど大規模なところでは出てこないようなハイクラスの求人が多くあったので、私にはとても合っていました。

  • 外資ITへの転職時には結果的にエージェント経由ではありませんでしたが、JAC Recruitmentさんにはとてもお世話になりました。 話は親身になって聞いてくれますし、情報の質も高かったです。 検討中の方は、ぜひ登録してみてください。 (宣伝ではないです)

    出典:X(旧Twitter)

  • てかさー、転職サイトで良い転職なんて出来ないよ。それなりのエージェントと「会話」しないと。 ってのもあって無責任に転職サイトのアフィリする気になれなかった。 本気の転職なら、リクルートエージェント、JACなどのエージェントと会話してから応募するべきなんよ。 外資向け特化とかもあるし😇

    出典:X(旧Twitter)

  • リベ大では転職エージェントを活用した 転職活動をオススメしています💡 リベ大オススメの転職エージェントは ・社会人未経験者向けのJAIC ・20〜30代向けのマイナビ ・ハイクラス転職のJACリクルートメント ・より幅広い求人を紹介できるビズリーチ の4社です✌️ ぜひ自分に合う転職エージェントに登録して 転職活動の第一歩を踏み出してくださいね🙏

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職は長期戦。転職エージェントに紹介された求人に、無理して応募する必要なし。複数のエージェントに登録し、ひたすら良い求人を待つ。私は何年も待ち、数年に1名募集があるかどうかのポジションに巡り合い、内定を頂くことができた。 #doda #リクルート #JAC #ビズリーチ

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回の転職で利用したのはJAC Recruitment社だったが、確度が高くて良かったな。両面式で求人情報と実際の面接での情報に温度差が無かったし、担当者の必死さがあった。ピリピリしてたな😃w「なんでそっちの内定を選ぶんですか!!( ゚□゚)!」

    出典:X(旧Twitter)

  • こんにちは!内定者の磯野です🐬 本日は【JACの魅力】についてお伝えします! ズバリ最大の魅力は、「両面型かつ専門チームによる質の高い転職支援」です! 求職者さんに寄り添いながらサポートしていく点がとても素敵ですよね✨ 実は私の入社理由の1つでもあります! #26卒 #26卒と繋がりたい

    出典:X(旧Twitter)

  • 今は労働人口が減少しているので、40代でも十分転職できる。一生働くつもりの方が、かなり多い。30代以上向け転職エージェントでは、リクルートエージェントやJAC Recruitment、ビズリーチなどあるので、探す気になれば結構ある。あとは、戦略的に攻めの転職で。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職サイト登録】 転職サイトは複数登録すること。オススメは、❶リクルートやdodaなどの「大量求人型サイト」で業界のトレンドをリサーチ❷JACや業界特化サイトで専門的に対策❸OpenWorkで口コミチェックの順がオススメ。まずは幅広に情報収集して、そこから絞っていくこと。

    出典:X(旧Twitter)

  • 業界経験もあるかもですが、職種での経験や実績がマッチするかも結構大きそうですね😳 ちなみに私が転職した時(10年以上前ですが)はJACリクルートメントという業者が結構海外系に強かったです!今の会社もそこで紹介してもらいました。 大きな転機になると思いますが頑張ってください! 何かあればいつでもDM下さいね〜

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェント、基本的に企業担当と求職者担当とが分かれてるから情報が正しく伝達されてないケースが多いし、彼らの目的はとにかく成約させることだから我々とは利益相反してるんよね。 知ってる中ではJACリクルートメントは同一担当が企業も求職者も両面対応してるから話ができるかなと。

    出典:X(旧Twitter)

  • そういう、いい加減なエージェントが淘汰されるのは転職を検討してる人にとってもいいことだと思うよ。オレは外資系企業への転職をメインとしてるところしか付き合いがなかったけど、その中で一番信頼できるのはJAC、次点でRWJ。あとははっきり言ってカス揃い。

    出典:X(旧Twitter)

  • キャリアの段階と動き回りたい業界や職種で変わる気がします。 まだ何も固まってない若手なら案件数多いリクルートやマイナビのエージェントとかいいかもしれませんが、ある程度スタイルができてくるとJACリクルートメントとか… その先になってくると仕事の繋がりで直接声かかってきますよね。

    出典:X(旧Twitter)

  • ちな、これができるなら転職エージェントさんなしで、 求人サイトやダイレクトスカウト系(ビズリーチさん等)で戦った方が成功しやすい気がしている。 個人のエージェントさんやJACさんみたく、両面型で企業の求人背景や傾向をしっかり握ってるなら頼りになるけど、 求人を右から左に流す人は邪魔なだけ

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職活動 188日目、モニターユーザーbuchicoです🐿 昨日はワークポート、今日はJACリクルートメントに登録してみました。 この2つのエージェントはリクルート、doda、マイナビみたいなテンプレひたすらコピペ入力がほぼなかった。 名前とメアドと職種とかポチポチする程度。 すぐに面談日程調整の連絡が来て、日程調整done。

    出典:X(旧Twitter)

  • 色んな転職サービス使ってきたけどJACの求人検索は群を抜いて使いづらい 本登録してんのに求人企業名非公開とか謎だし新規掲載とかも書いてないから求人が更新されてんのかもわからんし、何より毎回条件設定しなきゃいけないのダルすぎる

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は今のとこDODAで希望いって紹介してきたとこだけ選んで面接行ってってかんじで2回転職しました🙂 JACリクルートメントはなかなか面接までできない大手外資とかを引っ張ってきてくれて(落ちたけど)良かったです🙂 何もしないで求人選ぶの楽ですよね🫠

    出典:X(旧Twitter)

  • ✔️両面型×専任チーム JACでは、企業の課題解決と求職者の転職支援の両方を、同じコンサルタントが一気通貫で担当する「両面型」のシステムを導入しています。 企業や求職者に合った専任チームで専門性の高いコンサルティングを行っています! #人材業界 #就活 #25卒 #新卒採用

    出典:X(旧Twitter)

  • 希望通りに戻れるかわからないですもんね🥹 ちなみにJACリクルートメントのエージェントさんです! 業種毎に担当が違うみたいなんで、僕の担当者がトッティさんの担当になるか分かりませんが、優秀な人なので頼んでみるのもありだと思います✨ ご興味あればDMください😊 (案件ではないです笑)

    出典:X(旧Twitter)

  • 日本は個別の転職サイトに登録するのが主流ですが、使う側としてはサイトの数が多いのでめんどくさい。個人的にはJACリクルートメントがよかったです。 日本人でもLinkedInアカウント持ってる人は多いので、内資がもっとリクルートに活用してくれたら、色々捗るんですけどね🙄

    出典:X(旧Twitter)

  • JACリクルートメント体験談 初回のリモート面談は緊張でソワソワでしたが、とても印象良かったです。経歴や転職の動機、希望年収や条件を聞かれ、数件の求人情報を紹介してもらいました。今後も求人情報をメールで送ってくれるとのこと。 面談申込予定の方へ助言 ↓

    出典:X(旧Twitter)

  • 私の場合は、JACリクルートメントに絞って、まずは自分の市場価値といいますか、どのようなニーズがあるのか探りました。 50社の求人票をみて、良さそうだと思ったのが4社、それらに私の履歴書を送って面接に進んだのが2社、 そして今の会社に転職することになりました!これで回答になってます?

    出典:X(旧Twitter)

  • サービス業界に強い転職サイトといば「JACリクルートメント」東証一部上場、約550名の業界に精通したプロが在籍しているハイクラス領域サービス。特徴として①利用した方の満足度90%以上②非公開求人50% スピーディーなレスポンス・ハイレベルのサービス提供③企業を熟知したプロがあなたをサポート。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回の転職活動では以下のエージェントを使います。 MS-Japan マイナビ会計士 JAC Recruitment 3年前の監査法人への転職で利用したエージェントですが、対応が良かったので今回も使わせてもらいます。 まずはキャリア面談を申し込み、希望する転職が実現可能か相談します。 #USCPA #転職 #FAS

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチは年収8-12M位の求人が多いイメージで、MBA生でも利用できなくはないですが、それ以上のポジションを事業会社で探そうとなると選択肢が少なくなるかもしれません。 外資系企業はRobert WaltersやSthree、JACリクルートメント辺りで探すといいと思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【採用インタビュー】レゴジャパン株式会社、世界中で愛される唯一無二のブランドを市場に広める醍醐味とは。強み・ミッションや役割などの事業方針、同社で働く魅力について、マーケティングディレクターの小西映子氏にうかがいました。 #JAC_Recruitment #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経理職の転職で登録したいエージェント2選】 ✅MS-JAPAN ✅JAC 経理経験者なら試しに登録してみては? 結果的に、わたしは転職に至りませんでしたが話を聞いていただいて現在の「市場価値」を知ることができたので悩んでる方にはオススメです! 転職を決意した際にまた利用したい2社です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【40代・50代のU・I・Jターン転職】 今、デジタル・DX化やM&Aなど、地方企業は業界を問わず変革期。 都市圏の大手企業で経験を積んだミドル〜シニアのエグゼクティブ層の活躍の場が広がっています。 詳細はURLでご確認を。 #JAC_Recruitment #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • YOUTUBE観てたらJACリクルートの宣伝が流れてハイクラス転職ナンバーワンって言ってたけどマジな話、ここのエージェントはめちゃくちゃいい データもちゃんと分析してて過去には配布してたしエージェントの質も高い! 自分にちゃんとスキルがあるなら恐らくは良い転職が出来ると思う #転職 #JAC

    出典:X(旧Twitter)

  • 最近だとインフルエンサーがJACリクルートメントをやたら推してるけど、アレはガチでよかったなあ。1社目の暗黒期のブラックな状況を救い出してくれたし…あそこは非公開求人については丁寧にプレゼンしてくれるし、かつ希望職種とのマッチングをちゃんと考慮してくれて良い

    出典:X(旧Twitter)

  • アラサー転職素人が転職成功できたのは、目的ごとにエージェントを上手く使い分けてたからな気がする。実際に①リクルートエージェント→②ビズリーチ→③Jacとステップアップしていった。①職務経歴書の添削、転職のいろは教えてもらう、②面接対策、③本番企業応募という流れをたどった。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職エージェントはほんと、ピンキリ。アカリクはダメなの再認識。アカリクは、うまくいきそうなのを紹介する手法だろう。JAC等は、エージェントさんが売り込んでくれるので企業が「まあ会うだけでも」ということで面接にはなる確率が高いのかなと言う印象。面接にさえなれば…ね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 私もJACリクルートメントは落ちました。サイトによって独自の審査があるみたいですね😭タイミング見てまたチャレンジします。 弊社は50代の方を役職付きで迎えて大活躍されてるのでニーズがあるとこにはあると思うんですけど🤔

    出典:X(旧Twitter)

  • [JACリクルートメント] ・外資系、ハイクラス転職に強い ・両面型で企業との繋がりが深い ・年収500万以上なら必登録 私もお世話になり、かなり高評価😉 ハイクラス転職を狙うなら絶対登録すべき! 逆に低年収は断られることもあるらしい。 #転職 #転職活動

    出典:X(旧Twitter)

  • 結果1社目で良いオファーをもらいました。同時期にママ友がママ特化エージェントで転職しましたが時短在宅フレックスの求人が多いけど年収はダウンとなる条件が多かったそうです。JACに知り合いのカウンセラーがいますが9割が年収800万以上の案件で見合うスキルがある応募者にはおすすめとのこと。

    出典:X(旧Twitter)

  • またりさん、お久しぶりです😊 ありがとうございます✨ またりさんもJAC使ってましたか😍 転職を有意義に進めるには良いエージェントだなって思いましたね🥳 そして、ほんとおっしゃる通り🥺 転活はノーリスクですもんね🥰 新しい職場に入ってからは、定期的に職務経歴書のブラッシュアップをしようと思います✨

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェントを通した方がマッチングで上手くいきやすいです。業種、職種が絞れてるなら、その分野の専門エージェントもあって私はそれを使ってますが、漠然と転職検討ならリクルートエージェントとJACとかがメジャーです。最初はフィジカルで会うことをお薦めしますが、リモートでも良いと思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • 因みに転職エージェントはJAC、MSJapan、ランスタッドソースライトをメインで使いました。JとMは内資、ランス社は高年収の外資取り扱い。 JACは各企業担当の方が書類通りそうなところをバンバン案内くれる点が秀逸。ソースライトは今話題の人事アウトソースで内情を知って紹介くれる点が素晴らしい。

    出典:X(旧Twitter)

  • DODAを経由してJACリクルートメントから面談のお誘いが来た。JACはハイクラス転職のイメージなので、私のキャリア的に土俵に立てるか微妙なところ。経歴書をどこまで見て声がけしているのか気になる。 面談した結果、あなたに合う求人はありませんって言われるのは悲しいからなぁ

    出典:X(旧Twitter)

  • 実際には応募先を選ぶ時間や経歴書作る時間とかもあるので、初めての転職はもう少しかかるかと思います🌱 転職サイトは有名どころはあまり使っておらず、ビズリーチで会ったエージェントとやりとりするか、JACが良かったです!職種にもよるかもなので参考まで🫶🏻

    出典:X(旧Twitter)

  • JAC Recruitmentは、大手3位の転職エージェントだが、転職サイトを持たない運営会社はここだけ。さらに、30代~50代でもスキルがあれば、ハイクラス転職が可能。デメリットは対応がドライになりがちだが、それは候補者によって違うと考えたほうが良い。ここで難しければ、求人数が多いR社を使おう。

    出典:X(旧Twitter)

  • 本音です。JACリクルートメントの主担当さんは本当に対応が素敵ね。面談したけど転職活動のペース落としたいから、面談はしばらくいらないって言ったら、それは社内的に転職中止になってしまうから、機会損失にならないように厳選した求人だけ送るように社内周知しましょうか?ですって。素晴らしい。

    出典:X(旧Twitter)

  • 大手転職サイトには提携エージェントからのスカウトが届く。小規模エージェントが多く、かなり専門分野に絞った求人が多い。条件もさほど良くない。が、稀に大手からのスカウトもあり、求人には興味ないけど繋がりを得るためだけに面談。直接登録は断られたが、こうやってJACとのパイプを得た。

    出典:X(旧Twitter)

  • GW暇で転職サイト登録したそこのメーカー若手リーマン君、スカウトメールがたくさん来て満足したら勿体無い。というかそのメールは君の希望条件など見ていない。なのでとりあえず誰かと面談しよう。そこから始まる。(アサインとかJACは良かった印象)

    出典:X(旧Twitter)

  • そもそもJACリクルートメントってLinkedIn経由で登録した記憶。LinkedInは更新してるので辿れば近況は分かるはずなんだよね。名前でググってもそこそこ情報でてくるしさ。つまり、ろくに調べもせずに名簿から電話かけてきてるわけで、その営業の仕方って効果あるのか?

    出典:X(旧Twitter)

  • 5年前の転職時に登録したJACリクルートメントから急に電話かかってきて「転職活動の調子はどうですか~?」とか聞いてきて謎。5年間続けてたらヤバいだろ。「メール送ったけど見ましたか?」とか言ってたけどメール来てないし。 業績ヤバイくて過去の登録者に片っ端から営業かけてるとかなのかな?

    出典:X(旧Twitter)

  • いっちーさん! 研究職だと残業多いですよね…💧 僕も前の会社は月45時間以上残業してましたね😅 個人的には転職エージェントに登録してみるだけでもいいと思います 例えば、他のエージェントは職務経歴書や履歴書が必要ですが、JACリクルートメントなら職務経歴書等の提出無く、面談までいけますよ😊

    出典:X(旧Twitter)

  • 僕が圧倒的におすすめしたい転職エージェントは 「JACリクルートメント」 実際使ってみたからわかる、他大手エージェントとの違いは ・求人の質が良い ・面接対策などサポートしっかり ・両面型なのでスピード感もある 正直圧倒的だと思う。 高年収や外資系狙いなら外せないよね👍

    出典:X(旧Twitter)

  • 知り合いがJACさんで年収アップ転職!初めての転職たったからこの紹介会社さんがサポートしてくれなかったら、たぶんうまく行ってなった。ほんまに有難いサービスやね。との事。手前味噌だけど、こういうの聞くと人材サービスって本当に社会的価値、高いと思う!モチベーション上がる!!

    出典:X(旧Twitter)

  • ありがとうございます(^o^)確かにビズリーチはあたると質の良いエージェントが多い気がします。小さい会社で良いエージェント当たりたかったです。JACリクルートメントが縁はありませんでしたがサポートは良かったです。 前回、外資志望、今回はJTC志望だったので得意分野もあるかもしれません。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【私が勧める転職エージェント】ビズリーチ先輩にはわるいが、 1)JACリクルートメント 2)ランスタッド 3)受けたい企業のウェブから応募 *日系のエージェントは現勤務先のスパイ、またLinkedinは日本の転職市場にはマッチしていないと思う。例えると「実力ないのにパンツおろしてるやつ」 ご参考

    出典:X(旧Twitter)

7:転職サイトGreen

転職サイトGreen

口コミ:転職サイトGreen 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:29,962(2024年7月10日現在)
求人数増減:+35(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.green-japan.com/

おすすめ転職サイトの7つ目は『Green』。

GreenはIT企業の求人に特化した転職サイトです。ITやWeb業界の求人数は業界トップクラスで、大手からベンチャー企業まで幅広い企業が掲載されています。

転職サイトGreenの特徴は、求人を募集している企業の情報が、ほかの転職サイトより細かく掲載されている点です。会社の概要だけでなく、社員のインタビューやオフィスギャラリー、社長のインタビュー記事など、他の転職サイトにはないコンテンツが数多く掲載されています。

採用に積極的な企業が利用しているため、求人へ気になるボタンを押すだけですぐにリアクションが届きます。

また、企業メッセージのやりとりも、用意されたテンプレートを利用できるので、出先などでも対応できます。アプリもあるので、合わせて利用することをおすすめします。

moto
motoの一言アドバイス

転職サイトGreenは企業側が活発に利用しているため、求人に気になるボタンを押すだけでも企業から連絡がもらえます。また、企業側からの足跡なども見れるので、どんな企業が自分に興味を持っているかわかる点もほかの転職サイトと比べて便利です。

出典:公式サイト

転職サイトGreenの口コミ評価

  • 今回、よいご縁をいただいて転職できましたー! 他のサービスも複数並行で転職活動を進めていましたがGreenさんが応募した企業様の反応がわかりやすく、一番使いやすかったです。本当にありがとうございました! #tenshoku_advice

    出典:X(旧Twitter)

  • doda、リクルート、Greenあたりの転職サイトに登録して「コーダー」とか「webデザイナー」で検索かけて業務内容とか福利厚生よさそうなところひたすら応募じゃないかな! 未経験だと正直苦戦すること多いと思うからまじで応援してる。

    出典:X(旧Twitter)

  • エンジニアといっても職種様々あるので、どのエンジニアになりたいか書籍やYouTube等で下調べしてからそのための勉強や就職活動するといいと思います! SI系ならリクルート等でも大丈夫ですが、web系目指すなら転職サイトはwantedlyかgreenに絞ったほうがいいです◎

    出典:X(旧Twitter)

  • ここ一年くらいの傾向ですが、一次面接を通過している経験者マーケターたちに「何を使って転職活動してる?」と聞くと ・Green ・ビズリーチ ・エージェント ・一部リファラル経由でも聞いてる と回答されるケースがほとんどで、意外とWantedly使ってる人はいなかったな。正社員に限った話だけどね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今まで具体的に転職できたのはgreenか多かったけど、エンジニアにとって致命的にダメなとこがある組織ばっかりだった。今後のために他の転職サイトもみてみよう。 GREENで転職はできたけど、根本解決ができなくて、結局また時間取られることが多いので辛い。 #エンジニア #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 僕のように「成長産業」に転職できます。 ・MacBookでカタカタ仕事ができる ・IT転職でキャリアアップ ・最先端のスキルが身に付く 僕もここを使ってIT転職を成功させました。IT業界”最大級”の求人数の「Green」を激推しです→ #pr

    出典:X(旧Twitter)

  • 高卒で転職活動には本当に苦労してきたんだけど、学歴がなくてもスキルがあればチャンスをもらえる業界もあって、ITやWeb業界はそのひとつだと思う。IT業界の転職なら転職サイト「Green」がおすすめ。わたしも転職活動のときに一番よく見ていてお世話になった。 #pr

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職する気はないけどなぜかGreenからのメールが来るので転職市場の状況でも聞くかー、とスキルを更新したら大量にスカウトが来てる。ただ今の年収から大して上がる見込みがないSES企業に行くわけないって想像できない担当者が多くて辟易気味。エージェントに話は聞いてみて情報をアプデする。

    出典:X(旧Twitter)

  • 実は私も40代後半で、冬頃転職活動をしていました。エージェント経由はあまり良くない印象をもっています。自分の場合はGreenやfindy に登録して興味持っていただいた企業とカジュアル面接してから、正式な面談を行っていました。 書類で落とされる事はほぼなかったです。内定も3社程いただきました。

    出典:X(旧Twitter)

  • とりあえずGreenに登録だけしておいて、気になる会社があったら話聞く…くらいで良いのではないでしょうか👀? 私は、今の会社からGreen経由でスカウト(?)が来て、会社の説明聞きに行って、良さそうな会社だと思ったので、転職しました🙂

    出典:X(旧Twitter)

  • おはようございます! 今朝は #デイトラ 内のGA4について学習!とりあえず各ツールとの連携が完了。 またGreenからWebマーケ企業への転職も複数応募!当たって砕けろ精神でがんがん応募してますw その後休憩がてら、昨日衝動買いしたPython学習の本見ながらプログラミング!ゲーム感覚で楽しい😌

    出典:X(旧Twitter)

  • 先週green上で企業側からスカウトメッセージが来て、テンプレだけではない内容だったので「カジュアル面談をまずはお願いします」って返信したんだけど結局それ以降返信もなくて、じゃあそもそも送ってくるなよって思う

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトのGreenで 僕の事を"気になる"をしてくれた IT企業様と面接をした 経験年数も1年と実績が無い事も 承知の上で実施して頂けた 転職エージェントや転職各サイトで求人が異なれば選択肢も広がるし、オファーのようなキッカケにも繋がるため幾つかのサイトを利用することが大事☺️

    出典:X(旧Twitter)

  • 年明けてから転職サイトGreenの個別スカウトが一気に増えた気がする。平日は5~7件ほどもらってる 後継人(僕の師匠であり、ポケカ仲間)に業務を引き継ぎさせてからじゃないとホントに動けないので少々お待ちを…。

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職活動 122日目 モニターユーザーbuchicoです🐿️✨ 勘違いしていました😅 めちゃくちゃ良き求人送って来てくださっているのはGreenさんでした✨ 今日Geeklyさんからお断り?面談しても意味ないよ?的なメールいただきました。

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaのメール本当に鬱陶しいくらいですよね。笑 私は他にITに強いgreen、地元密着のサイト、後は色んなサイトの求人をまとめてくれる転職会議登録してます! 中古だとサイズの問題もありますもんね...お手元に使えそうなスーツがあったらいいのですが🥲︎

    出典:X(旧Twitter)

  • 話を聞いてみたい、というところから今回の転職に繋がった。温度感が伝わるのでよかったかもしれない。自分にとって何を最重要視するか中々決められなかったので、最後はどの企業を選ぶか非常に悩みました・・ #tenshoku_advice #

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職6回定時制高校卒です。 キャリアカウンセリング受けた際に、Indeed、Green、wantedlyからがオススメと言われました。 エージェントは費用が高く35歳までもしくは大卒以上(ある程度の大卒)でないと、35歳オーバーは難しいと。 業種に寄るとは思いますが応援してます!

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回Green で転職してアマギフ10,000円も貰えました!ので、大阪出張前にAmazonでビジネスリュックを購入しました🙆‍♀️✨ これってすごい合理的なことをした気がします!笑 とにかく10,000円も、ありがとうございます🥹 出張して帰ってまた日常やっております。

    出典:X(旧Twitter)

  • あれから2社と面談しました。 ちなみに1つは知り合いの会社、1つはITに特化したGreenという転職サイトで見つけた会社です。 未経験の業界に転職するなら、エージェントはやめといた方が良いです。わりと心折れますw(経験談) そんな訳で進捗あったら報告します。

    出典:X(旧Twitter)

  • 私も現在求職活動中の身なので、あまりエラそうなことは言えないですが、参考に。Greenやレバテック、Paiza等の転職サイトをずっと眺めて、自分も今さら分かったのですが、どうもどの言語に求人ニーズがあるかはだいぶ地域差があります。関東は万遍なくあります。(東海はトヨタ関係でJavaやC#が多い)

    出典:X(旧Twitter)

  • Greenでメッセージ送った企業からリアクションきた!!面談セッティングしてもらった!登録したら色々来て揺さぶられるけど、今は本当に自分が行きたい企業だけに絞って最低限のリソースで転職活動してみる。最優先は勉強だということを忘れないように!!

    出典:X(旧Twitter)

  • IT/Web業界の求人・中途採用情報に強い転職サイトはGreen。これからの時代、手に職をつけて伸びていく業界で働くことはオススメ。企業のカルチャーや社風がわかるコンテンツが充実しているのでIT/Web業界で働きたい方は要チェック。 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • Greenに登録するのはどうですかね?最近はカジュアル面談してくれるところも多いので、自分の希望と合ったところが見つけやすいかもです。 エンジニア転職イベントに行くのもいいかもです。転職イベントでは、合う合わないを企業側もハッキリ言ってくれるとこが多いので、時間のムダがないです。

    出典:X(旧Twitter)

  • GREENは滝藤賢一さんがCMしてたかな? カジュアル面談とオファーあるから気軽に転職活動出来る感じです。 どこで縁があるかはわからないから、今のお仕事辛いと思いますけど求人も見つつ、ほどほど、体調1番で!

    出典:X(旧Twitter)

  • 私も全くの未経験からIT業界に入って、それからは経験と資格で転職してます。最初の会社は研修で資格取れたので!転職サイトはGREEN利用してます。 開発系(コード書く)とかに紛れて「未経験、リモート」とかで探すと結構あるときはありますよ。 ついこないだまでうちの会社もあった(笑)

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトのGreen。ログインするメアドを変えようと思ったら、変える手段が見つからなかった。 ユーザーサポートに問い合わせても「退会して再入会」とのこと。 いやぁ、さすがに変わる可能性のemailを変えられないってちょっとひどくないですかね… 正直最近の会員制サイトでそんなの見たことない

    出典:X(旧Twitter)

  • 給与と待遇を良くしたかったら転職も正解だけど契約前の交渉もアリだよ 交渉でどれだけ自分の待遇を良くするかも働いていく中で大切だから頭の隅っこに置いておく程度で考えといて ちなみにエンジニア系転職だったらギークリーかGreenがオススメ ギークリーも給与の交渉に関して教えてくれたはず

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は2回GREENで転職してます。 フルリモート、未経験などで検索できるし、カジュアル面談があるのでわりといいかな。 GREENで転職するとAmazonギフト券1万円もらえますよ。 あと、会社はどこも善し悪しはありますが、IT業界は他より年収高いと思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • 42歳の転職。活動開始から半年以上かかった。カジュアル面談から始めて応募した・応募せずの企業を合わせると接触はトータル十数社。最終でお見送りも数社。きつかったけど、結果的には納得の転職ができた。でも、これで終わりじゃなくて、ここからが始まりなんだ。 #tenshoku_advice #

    出典:X(旧Twitter)

  • エンジニア転職フェアといってもIT系って分野で区切られてて、かつその中でもソフトウェア開発が多くてっていう... インフラ構築もありましたね... これがリアルの市場感🫢 GreenとかWantedlyで直接アプローチの方が該当領域としてまたあるかもっていう認識になりました◎

    出典:X(旧Twitter)

  • スカウトの認識がズレていたら申し訳ありません! 私は転職n回目ですが、WantedlyやGreenに登録して職務経歴書みたいなのちゃんと書けば、企業からメッセージをいただける可能性は少なからず上がると思います!

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職のGREEN 登録フォームがIT系専用にしてはひどすぎね。経験企業2回連続でやって、最初はWEBばっかしかでてこないから、仕方なくその他にしたら、最後に任意でまた選べ、今度はちゃんといろいろ候補を増やして夜と。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトGREENのレジュメを更新したら、企業からの気になるが結構くるわ。承認欲求満たされる🤗(小物) GREENに載ってる企業って意識高い系が多くて、面接回数も3回くらいあるよね。。。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職して1ヶ月が経ちました。前職より楽しいので勝ちです。念願のVRの開発やってるとこ行けた。 今回、有名どころの転職エージェント色々使ってみたけど、どれも要望と違う提案ばかりしてきて無駄な時間だったのが得た教訓。ハズレ引いただけかもですが。 Greenで自分で探して応募が一番効率よかった。

    出典:X(旧Twitter)

  • ホントこの転職サイト意味ないわ 企業から気になる来てカジュアル面接して、経歴はあらかじめ登録して見れるようにしてるのに書類選考で落ちる しかも更に面接も2回、3回やるとかくだらなすぎなんだよ ガチで時間ムダにする #GREEN #GREEN転職サイト #転職サイト

    出典:X(旧Twitter)

  • Twitterで聞くのではなく、Greenとかpaizaで探してみるほうがいいかもしれませんよ。 それか社長が若手のSES企業ならポテンシャル採用してくれる可能性あります。 どちらにしろ20代なら転職できます

    出典:X(旧Twitter)

  • 20代後半から30代前半で転職を目指すのであれば圧倒的にGreenがおすすめです。IT業界の求人が多く、実際に働いている人のリアルな声を元に自分に合った働き方を探すことができて登録も無料なので、僕も転職時にめちゃくちゃ活用しました。 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • めちゃくちゃ久しぶりにGreenから話を聞いてみたいが来た! 2年目になったところなので少し経験は低いかもしれないが、何となく良い人な気がするのできちんと準備をして面談に望みたい。 頑張ります。 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職者向け】 自分の職務経歴情報を登録する採用媒体によって、スカウトをもらえる企業のカラーも変わります。 大手企業志望かつたくさんの企業をみたいのであれば、王道のリクナビやdodaなど王道への登録がマスト。web・ITであればGreen。他にもたくさんあるのでよく調べてみましょう。

    出典:X(旧Twitter)

  • 1年に1回必ず職務経歴書を書き直すようにしてるのですが、それを転職サイトに登録し直すと死ぬほどスカウトメールが来る。 そんな中でGreenだけは「気になる」がめっちゃ付くのちょっと遠慮がちで陰キャっぽくてとてもすき。この距離感すごくいいよね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【WEB系就職訓練で気をつける事】 Greenでネットで就職の応募した、30分もしないうちに返事がきた。きっと年齢とか色々入力設定しての自動返信だとは、重々解ってるけど、人を人在扱いする逆にそういう会社に行かなくて良かったと思う。 人財。人材。人在。人災。 どれになりたいか

    出典:X(旧Twitter)

  • IT専門転職アプリ「Green」 選考前にカジュアル面談もあるので、そもそも世の中にどんな仕事があるか知る事ができます。 ちなみに年収400万クラスの管理職の方には「AMBI」がオススメ どちらもスカウト型で、マッチングアプリみたいな感覚で使えるので気軽に転職活動できます。

    出典:X(旧Twitter)

  • そういえば転職時に登録してたAMBIから熱烈なスカウトメール来てたなぁ。全然転職考えてないけど、自分を必要としてるのかなって考えるとモチベーションちょいと上がりますね。しかも新規メディアの立ち上げとかめちゃくちゃ面白そうですしね。あと、転職サイトで言えばGreenとかwantedlyがオススメ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 前職のブラックの時でももう少しマシだった気がしますし転職急いだほうがいいかもです😅 (Green,bizreach,dodaあたりで) エンジニアは完全売りて市場ですし、 ある程度制限かけても選択肢は多いはず!

    出典:X(旧Twitter)

  • おはようございます! 転職サイトのGreenに登録したのですが、最初から使えば良かったと後悔するくらい求人が充実しています。 応募も増やしたので、また少し様子見。 そろそろブログにも手をつけたいです。 さて、今日は親に夕飯をご馳走してきます! #30代 #朝活 #ブログ仲間募集中

    出典:X(旧Twitter)

  • IT志望の方は 長期インターン(バイト)に「Wantedly Visit」使って ゴリゴリのSE希望なら「Paiza」で修行&新卒内定獲得 転職には「Green」 適性があるならJOBローテによる社内専用スキル磨きを回避しやすいし 手に職だし 需要が保たれる業種だがら長期的にも良い あと、一応ボケなければ定年後も可

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動は終わったけどGreenやdodaへ登録はし続けるつもり。定期的に求人チェックしたいし今後どの道へ進むのか決める上での判断材料にしたいので。将来的にこのまま東京で働き続けるのか愛知県に戻ってくるのかまだ分からないのもあるし。

    出典:X(旧Twitter)

  • 某エージェント、SIerやコンサルにねじ込もうとしてくる。書類が通らないし、カルチャーマッチで懸念と何度も言っとるんだが。エージェントで一通り、PaizaやGreenみたいなスカウト媒体で一通り、転職ドラフト一通り見て、ビミョーな場合フリーか?例の立ち上げの件があるので副業うるさいとこは難しい

    出典:X(旧Twitter)

  • ありがとうございます。 どこからか面白いオファーがあったら良いかなとは思うのですが、Greenでは組込み系はあまり見かけませんね。 基本的に組込み系でなくてもソフト開発させてくれて給料たっぷりくれたら検討しますが、この金額では新卒の初任給なの?って感じで転職はできないですね。

    出典:X(旧Twitter)

8:マイナビ転職

マイナビ転職

口コミ:マイナビ転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:26,621(2024年7月10日現在)
求人数増減:+121(先週比↑up)
【公式サイト】https://tenshoku.mynavi.jp/

おすすめ転職サイトの8つ目は『マイナビ転職』です。

マイナビ転職は、20代~30代に人気のある転職サイトです。幅広い業種・職種の求人が掲載されており、未経験向けの求人も充実している点が特徴です。

マイナビ転職には企業から直接オファーを受けられる「スカウト」「プレミアムスカウト」という機能があります。これまでの経験やスキルを登録しておくことで、さまざまな企業からスカウトをもらうことができます。

掲載求人数も申し分なく、若手の採用に積極的な企業も多いため、すぐに転職したい人にもおすすめです。また、マイナビ転職は転職サポートも充実しているため、転職サイトを使って今より良い条件の企業に転職したいと考える人におすすめです。

moto
motoの一言アドバイス

サイト自体はとても使いやすいですが、DMがかなり多く届きます。きちんとDMの設定をしておかないとメールが埋もれてしまうため、登録時に設定しておくほうが良いです。
また、スカウトの精度もそこまで高くはないので、あくまで自分で求人を探す場合に利用するのがおすすめです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

マイナビ転職の口コミ評価

  • 23歳・男性
    他の転職サイトや転職エージェントも利用しましたが、マイナビ転職が最も使いやすかったです。ほかではなかなか転職が決まりませんでしたが、マイナビ転職を利用してすぐに転職先を見つけることが出来ました。

  • 何より求人の量が多く、求人の質に関しても高かったように思います。毎週新しい求人が出てくるので、求人に大きな不満を感じることもありませんでした。

  • 25歳・男性
    マイナビ転職を利用して転職しました。マイナビ転職には第二新卒向けの求人が多く、私が希望する条件の会社も多くありました。

  • いくつかの転職エージェントも併用して利用していましたが、マイナビ転職の求人が自分にはフィットしたので、最終的にマイナビ転職で転職が決まりました。

  • 26歳・女性
    マイナビ転職はほかの転職サイトと違って「理想の職場・働き方から求人を探す」や「興味があるモノ・コトから求人を探す」 という検索の仕方ができるので非常に便利でした。

  • 自分では見つけられなかった求人を探すことができるので、ほかの転職サイトよりもかなり良かったと思います。

  • 28歳・女性
    様々な転職サイトに登録していましたが、マイナビ転職が一番使いやすかったです。転職エージェントも利用しましたが、担当者との相性が悪かったため、最終的にマイナビ転職だけ利用しました。

  • 転職エージェントとのやり取りが苦手だったりする人は転職サイトを使う方がおすすめです。

  • 33歳・女性
    求人数が多く、未経験業界からのスカウトメールも比較的多く届いた。

  • 34歳・男性
    転職サイトのマイナビで求人を探し、非公開求人をマイナビエージェントで探すことができた。

  • 27歳・男性
    他社と比較してもコンテンツが充実していて便利だった。また使いたい転職サイトのひとつです。

  • 29歳・女性
    マイナビ転職のアプリを利用していましたが、特に使いにくさはなかったです。週に1度おすすめの求人がメールで届きました。紹介してもらった求人で質問があれば、細かい内容をメールや電話で伝えて頂いたのでサポート体制も良かったと思います。

  • リクルートエージェントと合わせて使っていましたが、無事にマイナビ転職で内定をいただくことができました。

  • 28歳・男性
    30歳の転職時にマイナビ転職を利用しました。求人数が多くて、希望条件を絞ってもある程度の求人はあった印象です。Uターン転職を希望していた友人にも紹介したところうまくいったみたいなので、故郷に戻る際の転職にも便利だと思います。

  • 求人を検索して応募すると、すぐに企業から連絡がきました。転職を考えている人は、活動初期の段階から登録しておくと良いと思います。

  • 24歳・男性
    マイナビ転職は情報が分かりやすくまとまってて、応募や選考の際も問題なく出来ました。スマホアプリのほうも使い心地が良くて、操作感は個人的に好みでした。条件検索もやりやすくて「気になる機能」は転職活動をよりスムーズに進められました。

  • 他社に比べると求人数は少ないですが、自分的には十分すぎるほどの出会いがあったので満足しています。

  • 30歳・男性
    マイナビ転職を利用して転職をしました。求人掲載数が多くて、検索機能の利便性もとても使いやすいと思いました。転職に役立つ履歴書の書き方や職業についての解説等、転職活動を進める上でのノウハウも充実していました。

  • 活用しまくれば、エージェントに頼らなくても転職を優位に進められると思います。ただ、より多くの選択肢が欲しい場合は、大手の転職エージェント会社なども利用したほうがいいかもです。

  • マイナビ転職でIT系のエンジニア求人を少し見てみましたがSESとか派遣とかの人売り会社多いですね。わざわざ転職でSESと派遣専門の人売り会社に行くメリットはないと思う。 仕事が合うかどうかや給料も結局案件次第だろうし。 二次受け以降の案件やる位ならフリーランスの方が良いと自分は思っています

    出典:X(旧Twitter)

  • 初めまして😌リプありがとうございます! 私も前職は医療受付事務していました☺️ 私が主に使っていたのは、 マイナビ・doda・エン転職あたりです! 内定をいただいたのは、マイナビ2社 doda1社になります!私で参考になるか分かりませんが、私で良ければ何でも聞いてください😌

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトで一番使いやすいサイトは【マイナビ転職】の一択。企業に質問する機能は助かる。D社みたいに書類審査厳しくないし大量のスカウトも少ない。ただ一つ改善してほしいのはクリック後に画面がすぐ切り替わらない非常に処理が遅いとこ、これを早々と改善してくれればパーフェクトなんだけどな。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ、4社連続書類選考落ち🤣 全部年齢不問だけど、マイナビに掲載してる時点で若い子がほしいんだろうなあ マイナビて本来20 代向けだよね マイナビは求人結構あったから、応募しまくってたが、きっともう縁ない!応募しない!

    出典:X(旧Twitter)

  • 私はマイナビ転職で応募して結構書類通ってます! リクルートエージェントは50社書類出して50社お見送りでした😭 マイナビ転職だったりに載ってる求人を調べて、その企業が自社ホームページでも募集かけているのであれば、自社ホームページから応募する方が通過率高いです👌

    出典:X(旧Twitter)

  • ところでマイナビ転職を最近利用してるんだけどさ、 あいつら『スカウトが届きました』って通知メールよこしてくるんだよな。まあ普通に条件がいいからそこに応募すると普通にお見送りされるんだよな! ワイパーは思った。 それスカウトじゃなくね?ただのお知らせやん。舐めんな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は、操作感と見やすさがよかった ★マイナビ転職 ★エン転職 ★indeed ・リクナビNEXT→応募せず見るだけ (求人数1番多いけど、無期雇用派遣=正社員として書かれてたりするから注意かな) 口コミサイトは、OPENWorkとライトハウスを使ったし、今も登録したまま見れるように置いてる〜

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビネクストで求人見たけどちょっと増えたね マイナビ転職はキャリアパートナー経由しない新着求人17件しかなかった(^ー^) びっくりするような会社が募集してたけど、ひとつは事業内容が…と有名過ぎて応募いっぱいくるだろうから私ごとき書類で落ちるだろうという 給料えぐかったけど

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職サイトで書類選考免除のスカウトメールを3日連続で貰い、直接連絡しても良いとのことだったので、記載されていた採用責任者宛のメアドに午前中に連絡。 2時間後位に「担当者から連絡する」との返信があったものの、まだ連絡なし。 すぐ来ると思ったんだが、甘かった。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXTとマイナビ転職のスカウトメールの未読が併せて200通超えてるが、大半は県外。たまに近隣があっても35歳までとか。安曇野松本塩尻でエリア指定して転勤できないにチェック入れてるのに来るとは、ほとんど求人や会社名の宣伝なのだろうか? (;-ω-)ウーン???

    出典:X(旧Twitter)

  • あんまこういうの言いたくないんだけどさ、マイナビ転職使ったのよ。 まず女性のみのクリニック紹介して欲しいって言ったのに蓋開けたら男性ありのとこばっか紹介してくるの何? あとバイト入ってるけど日程調整はできるって言ったら希望日も聞かず勝手に日付け決めて3日前にその日面接組みましたって

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分はマイナビ使ってました。 転職エージェントはお勧めしません。 応募は早めに(募集期間中でも締切られる事多数) もし次に行くのが不安なのであれば一度派遣で様子見るのも手ですよ。 派遣からそのまま正社員になった友人も多いですし、私も派遣の時の経験で希望職につけているので!ご参考までに〜

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビの転職エージェントでオファー受けて、3件ほど、電話も受けてみたんだが、1人、すっごいキモいのがいた。 経歴詐称してる臭いし、信用ならんし、出会い目的でやってるだろ。 2度と連絡すんなよ。あと通報する。 マイナビは株式会社マイナビのエージェントに頼むべきだね。

    出典:X(旧Twitter)

  • とある会社に応募すべくマイナビ転職を登録したんだけど入力した経験職種や希望にかすりもしない職種からひたすらスカウト(という名の送りつけ)がたくさん来てそりゃ良い転職はできませんわと思った スカウトが来た会社から追加の連絡がって通知来たけど同じ内容だったしマジで何も見てない

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェントも担当当たり外れすごいから気をつけてね。あと、ネットのハローワーク使って求人検索したり、気になってる会社のホームページの採用フォーム見てみたりするといい。 俺の経験則だけど逆にマイナビ、エン転職とか有名サイトは結構ブラックばっかだからお勧めしない。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントをメインに使った! 定期的な進捗確認もあるし、1番良かったのは面接調整をアプリ内で完結できることやね! いつどの面接が入ってるかも表示してくれて楽だった あとはマイナビ転職もエージェントとの相談は使った! (1人のコンサルより第三者の目が欲しかった)

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は札幌です! マイナビ転職全然求人ないです🥲 1.2ヶ月で1件良いのやっとあった感じです‼️ dodaとリクルートエージェントの登録初期は結構良いのあるなと思いました!次第に少なくなってきます(紹介されないだけかもです) 良い求人少ないと焦りますよね💦

    出典:X(旧Twitter)

  • ワンキャリアも悪くはないんだけどねー 「東大京大旧帝大の就活生9割以上使っています!」凄いけど伸び代はどうなんやろ…ジリ高?少なくても凡人の僕は敬遠する 個人的には地方住まいの凡人にはマイナビが一番でした いろいろ登録したけど、去年の転職3回とも結局マイナビ経由

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイト、エージェント使ってみての感想 ビズリーチ、ミイダスはじぶんが興味の持てる求人が見つけやすい。面接まで通りやすい。 indeed マイナビは検索しやすく数も多くていい。書類無視されるとこもある。いきなりお堅い面接だったりするのでびっくりする。 リクナビが使いにくい…

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職フェア行った。キャリアアドバイザーが15分くらいあった。気になった一社の面接受けるつもりだけど、ミスマッチがあるから乗る気じゃない。履歴書の写真撮影は画像データでもらった。キャリア相談を受けたが大した発見はなかった。計6社話を聞いてアマギフ1500円分貰った。

    出典:X(旧Twitter)

  • 色んな就職、転職サイトが台頭してきてるけどぶっちゃけ大学からの就職とか転職希望の人達マイナビほぼほぼ使うくらいデカすぎるから安牌やと思う。 1番いいって言い方はあれやけどマイナビでやってみてうーん……ってなったら他のサイトもっとうーんってなる気がする

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職 スカウトのメールが自分の希望職以外もかなり来る とはいえ設定で絞りやすい 職しだいだけど自分の場合はちゃんとした会社からそこそこスカウトが来た でも、たぶんスカウト送ってるのは企業そのものではなく、𓏸𓏸社マイナビ採用みたいな感じで企業との間にマイナビが挟まる

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職の求人情報、 昇給/あり 賞与/年2回 残業少なめ って感じで具体的な数字書いてないのすごく困る。 昇給1000円、賞与1万円の世間的にはちょっとひどい金額でも、 表示してあることに嘘はついてないし、 残業やりたくてしょうがない人からすると、 残業30時間でも少なめになっちゃうよね

    出典:X(旧Twitter)

  • 高卒でも、最近は学歴見ない所多いから大丈夫だよーー! 若い子で、比較的求人も多くて面接までいきやすいイメージなのは、リクナビとかマイナビ、エン転職だと思う! DODAとかは魅力的なの多いんだけど、ハイクラスなイメージがするーー🤔 あんまりここで色々言えないんだけどw

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職の面接、3社とも写真付き履歴書、職務経歴書紙で用意って…ぴえん🥺 このご時世だから写真も履歴書もデータでよくね? 最終面接ならまだしも一次面接で写真を消費させるのは時代遅れだって日本企業は分かってほしい。 自社でプリントアウト出来ないのかな? 町工場やないんやし。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職面談 予約してあったのに参加の意思表示を再度されなかったのでキャンセルさせて頂きました!ってメール来てて草 予約してんだから、予約の時に連絡取るもんじゃないんかい。何のための予約だよ😕 何度もお電話しましたのにとか、こっちの方が就業時間遅いんだから無理だわアホか

    出典:X(旧Twitter)

  • 前から疑問なんだけど マイナビ転職の志望動機の欄って いつ書きかえていいんだろう 大体汎用的なのを入力しといて 応募するとき応募先に合わせて編集せよってあるけど 選考が終わんないと書きかえちゃダメな感じなのかな…? 先方にいつまで見えてるんだろう 同時に複数応募できなくない??

    出典:X(旧Twitter)

  • 思うところあってマイナビ転職サイトに登録してるのだけど、毎日のようにスカウトメールとやらが送られてくる。しかし送り主は私のプロフなどひとかけらも見ていないだろう。なんやねん結婚相談所の加盟オーナーて。私に結婚相談所やらせたらみんな独身の方が幸せって思いながら退会するぞ

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビで転職活動した感想2 キャリアパートナー(以降CP)が自分の成績を上げたいがために急かしてくる。 特に内定承諾後の退職交渉の日程や退職日が確定するまでの連絡が鬱陶しいほど多いうえに日程に文句までつけてきやがる。 本当にイライラさせられた。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職フェア行ってきた٩( ᐛ )و 応募依頼のあった電気工事の企業から話を聞けたものの、女性はネイルも派手でギャルっぽくて男性も髪型チリチリのピアスだった😅 社員がこんな陽キャばかりならノリが違うかもしれないが面接だけでも行ってみるか?

    出典:X(旧Twitter)

  • おいおい、マイナビ転職さんよ 企業に応募するときに提出する自己PR欄ってプロフィールの自己PRにも反映されんのかよ! てっきり自分が応募した企業しか見れないと思ってめちゃくちゃ名前とかその他諸々個人情報書いちゃったじゃねーか! 企業の採用担当は俺の自己PR欄見てニヤニヤしてたんだろうな😱

    出典:X(旧Twitter)

  • 求人のそもそもの母数が少ないし、そのなかからピンとくるものも無い 2年前と比べてエンとマイナビは謎の仕様変更で大半がエージェント経由に 転職諦めろって言われてる気持ちになる 実際働いてみて理想がより具体的になったから私自身の応募のハードルが高くなったのもあるだろうけど

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動で、現在はマイナビとリクナビの求人を見て応募してる。エージェントは使ってない。(理由は前のポスト参照)しかし、私は40代後半なので、上記の求人サイトの対象年齢から外れてるのかもしれない。よく、20代30代活躍中!って書いてあるし。ごく稀に40代活躍中!と、記載してある求人もある。

    出典:X(旧Twitter)

  • 話を聞いてもらったり、企業自体の詳細を見るには向いてるけど、数あるのはサイトかな…。私はマイナビ転職使ったよ!WEB履歴書を登録しとくとそのまま応募できるから便利だし、履歴書見てスカウトとか来るから色々吟味できるかも…🤔個人的には両方使うのもアリかな…。

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチのステータス入力画面がすでにかっこいいビジネスマンみたいなかっこいい文面で構成されていて、これを埋めることが出来るのが年収1000万になれる条件なんだ!!!!!と戦慄している。マイナビ転職の画面は地方のフリーペーパー並に親しみやすく丁寧で至れり尽くせりで優しいです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 書類選考 多分60~70社くらい 1次面接 8社 結果待ち2社(昨日と今日の所) 2次面接通過 2社 内定3社(面接1回のみの会社2社と最終まで一気にやった会社) ちなみに私の肌感だがマイナビが1番求人良かった。 typeは面接組めるけど1次通りにくい。女の転職も内定取れるけど求人の質は微妙…。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職登録して10社応募したら6社面接まで取り行ったんだけどこれはどうなん? ちなみに各会社調べるとボーナスはすずめのなみだ、給料は新卒並とかよくある。 経歴ないからしゃあないけど休日日数は表記上は今の2倍、給料的には今と同じか少し+程度。 人生の分岐点です 誰かアドバイスくれ!

    出典:X(旧Twitter)

  • en転職よりはマイナビ転職の方がスカウトや求人が多くていい気がする。 まぁどのみち書類選考で落ちるけど:(´ºωº`): 零細企業とかだとぜひ履歴書送って!面接来て!とか言ってくるけど、給料20万以下で休日108以下なんだよなぁ(:зꇤ )

    出典:X(旧Twitter)

  • 簿記2級取得をマイナビ転職に反映したら、早速会計事務所から「是非応募を」とメッセージが。簿記2級で引っかかるように設定してるんか?😂 待遇もまあまあで、立地も希望の沿線。 「今の派遣が来年度頭までやねん。それでもよければw」 と特記してWEB履歴書送付。 さて、お祈りメッセージ来るかな🤣

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職で企業からオファーきた求人に応募したけど書類で落ちたぞ。一体何を見てオファーをしてきたのかわからないけど、多分年齢や学歴は見れないんだろうなぁ。ガンガン応募するしかないだろうなぁ。インディードと職安も使いながら気長にやろう。9月はのんびりよ😁

    出典:X(旧Twitter)

  • 私のおすすめはマイナビ転職だよー 私的には使いやすかったよ!迷ったらこいつかdodaかリクナビNEXTだね んで転職エージェント使うなら求人紹介はされない方がいいよ、面接練習と就活の相談とかで使うのは有りだけど あと、どのサイトも無期雇用派遣て将来性のクソもない求人が沢山あるからそれ注意よ

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職でかなり魅力的なスカウト来たぞ。正社員で大量採用、在宅と出社のバランスが絶妙。しかも実働7時間で通勤40分圏内。エクセルスキルが活かせそう。夏休みは長期休暇取得もできる(無給)とな!?これは応募するしかないかも…。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビから30社ほどの求人が送られてきていて「応募する/しない/気になる」の3つに仕分けしなきゃならないのですが、どれも勤務地が遠く、希望していた通勤時間をオーバーしていて、応募したい会社がない🥲 郊外在住の主婦は、自分で近所の求人を探して当たっていく方が賢明な気がしてきた😵‍💫💥

    出典:X(旧Twitter)

  • 【個人的書類通過率高め転職サイト】 1位 リクナビ転職 2位 マイナビ転職 3位 女の転職&indeed(変なとこ多め) dodaはまっったく通らん。 リクナビは志望動機とか書かなくていいからとても楽。 マイナビは見やすくて良き。 そういや今日のオンライン面接の会社ほとんど面接官が話してたなあ…

    出典:X(旧Twitter)

  • 私も転職活動する時まずハロワいって、雇用保険のやつで失業手当貰いながら探したよ! 他にも言われてる方いるけど、ハロワあまり良いところないかもしれないから、私はマイナビ転職に登録して、転職会っていう企業の説明会があるからそれに行ったりしてたよ!その場で会社の事知れるしおすすめ!

    出典:X(旧Twitter)

  • こういうの待ってた。転職活動はとかく孤独なもの。書類選考が通らなかったり、面接で苦戦したり…。周りの転職者は、どんな風に対策してるとか、どうやってモチベ上げてるとか、知りたくないですか?人材大手のマイナビ転職が、そんなコミュニティサービスを作ってくれました。リプ欄で解説します↓

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトの傾向は9年前と全く変わっていなかった。 dodaは専門的かつ好待遇な求人が多い。それに比べてマイナビは地方の中小企業が頑張って載せてる、と言うレベルが多く、待遇も今一つ。ただ、その中にたまに東証プライム子会社の求人が転がってたり。

    出典:X(旧Twitter)

  • 昨日マイナビ転職である企業に応募したんだけど、今日昼には結果が来た。そもそも経験者優遇(求人を見たときは未経験可だった。てか、優遇ってことは未経験でもいいってことでしょ)だし、男性のみとのこと。せめて、男性限定位は記載してもいいのでは?結構応募するまで悩んだんだけど。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職のアプリで探しました!気になる、とポチッとしておくと、企業がweb履歴書見て応募依頼がきたりします(合格が保証されるわけではありませんが…かなり効率的に転職活動を進められたのでおススメです!)

    出典:X(旧Twitter)

  • はじめまして。 自分は色々やりましたが、最終的にはマイナビ転職というサービスで応募した会社から内定をいただき、中途採用の形で入社しました。 既卒3年以内なら新卒枠で入社できるので、今からでも新卒就活することをオススメします。 具体的に聞きたいことがあれば連絡ください。

    出典:X(旧Twitter)

9:パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:37,593(2024年7月10日現在)
求人数増減:+1,557(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

おすすめ転職サイトの9つ目は『パソナキャリア』。

パソナキャリアは、人材派遣事業などを展開する株式会社パソナが運営する転職エージェントです。オリコン顧客満足度調査で、転職エージェント部門4年連続1位を獲得しており、ユーザーの満足度が高いのが特徴です。

約46万人分の転職ノウハウと28,000社以上の採用実績をもとに、キャリアアドバイザーがハイクラス転職をサポートしてくれます。担当するキャリアアドバイザーは業界や職種ごとに分かれているため、専門性の高いサポートを受けられるのが特徴です。

また、パソナキャリアには書類選考をしてもらえる確率が上がる「パソナプラチナオファー」という機能があるため、初めて転職する人にもおすすめです。

moto
motoの一言アドバイス

本当に数多く求人を紹介してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、いろいろな求人を幅広く見た上で判断したい人におすすめです。
転職エージェントではありますが、求人情報の収集先としては転職サイトよりも便利です。登録して求人をもらうだけでも価値のある転職エージェントでした。

出典:公式サイト

パソナキャリアの口コミ評価

  • 26歳・女性
    パソナキャリアを利用しました。担当してくださったエージェントの方がベテランだったため様々なアドバイスをもらうことができました。私の希望条件をしっかりと聞いてくださり、その上でたくさんの求人を出してくださいました。

  • 非公開求人も多くあり、企業情報も詳細にあったのでとても便利でした。初めての転職ではありましたが、おすすめできる転職エージェントでした。

  • 29歳・男性
    昨年、パソナキャリアを利用して転職に成功しました。担当してくださったエージェントの方が経験豊富な人だったので、しっかりと自分のキャリアについて伝えた上で求人の紹介をもらいました。

  • 他社の転職エージェントよりも数多くの求人を紹介してくださったので、これから面談する人は自分の希望をしっかりと伝えることをおすすめします。パソナキャリアはどこよりも求人を多く紹介してくれるので、おすすめです。

  • 29歳・女性
    パソナキャリアを利用して転職活動を行いました。登録した後、オンラインで面談を行ってもらい、転職理由や、希望職種、希望年収などを聞かれたので答えました。オンライン面談の後、かなりの数の求人を紹介頂くことができ、希望の求人を見つけることができました。

  • また、応募した企業の面接対策も丁寧にしてくださったのでとっても心強かったです。過去に面接で聞かれたことや、面接を受ける会社の詳細について詳しく教えていただき、面接対策もばっちりでした。退職交渉等のアドバイスもいただくことができたので、転職活動をする上で最高のサービスだと思いました。

  • 26歳・女性
    パソナキャリアだけでなく、ほかの転職エージェントも利用しましたが、履歴書の書き方や職務経歴書の書き方にはじまり、面接の練習、想定質問などを一緒に考えてくれたのはパソナキャリアだけでした。

  • 転職に関する準備から内定まで、そのすべての過程をサポートしてもらえたのでとても心強かったです。また利用したい転職エージェントでした。

  • 32歳・男性
    東京から地方へのUI転職をするためにパソナキャリアに登録しました。パソナさんは拠点が全国にあるので、地方の求人もたくさん紹介していただけました。

  • 希望ではない求人を勧めてくることもなく、担当の方もベテランだったので親身になって話を聞いていたいただけた印象です。とてもおすすめの転職エージェントです。

  • 29歳・女性
    たくさんの求人を提案してくれました。求人の比較・検討にも親身に相談に乗ってくれました。

  • 22歳・男性
    初めての転職でしたが、寄り添うような形で面談してくれて、他社と比較してとても話しやすかったです。

  • 27歳・女性
    転職アンテナ経由で知って登録しましたが、とても良い転職サイトでした。

  • 29歳・男性
    社会人3年目の初めての転職です。口コミサイトのランキング上位だったパソナキャリアに登録しました。担当者の方が結構親身になって対応いただける方で、履歴書や職務履歴書の内容を一つ一つ精査していただけました。

  • 私的にはそこまでの必要性は感じませんでしたが、面接対策もあって、面接が苦手な人にはいい予備練習になると思います。英語での履歴書も細かく内容を添削して頂けて、感謝しています。

  • 30歳・女性
    他社のエージェントと併用して利用してましたが、パソナキャリアが一番親身に話を聞いてくれました。担当のエージェントの方が、年齢も近くて物腰柔らかかったので、緊張せずに色々なことを相談しながら転職活動を進めることができました。

  • また、手当たりしだいに無理矢理求人情報を進めてこなかった点もいいです。どこの転職エージェントよりも熱心に紹介してくれたので、非常に信頼できました。

  • 28歳・男性
    パソナキャリアのエージェントの方は、すごく親身になってアドバイスをくれました。担当の方の前職が私と同じだったため、仕事内容を理解してもらいやすかったです。自分が志望する業界担当のエージェントさんをアサインしてもらえるそうです。

  • 担当変更も気軽に行えるように変更時の連絡先も教えてくれたので、他社に比べて非常に丁寧な印象を受けました。

  • 29歳・女性
    転職活動を行っていたのですが、ぼんやり求人内容を眺める程度で終わってしまっていました。もっと自発的に行動しようと思ってパソナキャリアに登録したところ、いくつかの求人を紹介いただいて、無事選考まで進むことが出来ました。

  • 一人で行っていた際に履歴書や職務経歴書の書き方で苦戦していたのですが、丁寧なアドバイスがあって、面接についてもサポートしてもらえました。一人で苦戦している人や中々前に進めることが出来ていない人にはおすすめしたいです。

  • #PR 年収上げたい人は、今すぐパソナキャリアの「年収診断」をやってみて!簡単な質問に答えるだけで、ライバルたちと比較した"自分の市場価値"がわかる。転職者の6割が年収UPだし、友達も年収200万も増えた。年収上げたい人は登録しとけばまず間違いない。しかも全部タダ☞

    出典:X(旧Twitter)

  • 仕事探しも同じで、チャンスを逃さないためには準備がめちゃくちゃ大事。 「パソナキャリア」なら67.1%の人が年収アップ転職してるらしい... 今すぐ転職する予定はない自分も登録してる。良い求人があるのに動けなかったら勿体ないからね。 無料で求人検索→( #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • 年収を上げる転職ならパソナキャリアがオススメ。6月はボーナスが出た後で求人数も多く転職者も多いので動くなら今がいい。パソナは61.7%の人が年収UPして転職している。登録したら無料で診断できるしプロのコンサルタントがついてくれる。 無料登録はこちら↓↓ #pr

    出典:X(旧Twitter)

  • 年収800万円以上のハイクラス転職を狙う人はパソナキャリアを強くおすすめします。私も転職活動で利用しましたが、サポートが手厚くて満足度が高かったです。自分の視野を広げてくれる案件の提案もしてくれます!転職を考えているなら登録必須です!#PR

    出典:X(旧Twitter)

  • ちょっとでも年収をUPさせたいなら、パソナキャリアに頼ってみてください。専任のアドバイザーがとことん話を聞いてくれます。先日は私も「今後年収アップするのに必要なスキル」について相談しました。年収600万以上の質の高い求人が非常に多いです。 詳しくは→()#PR

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職を成功させるには、エージェントの選択がカギ!『パソナキャリア』は求人情報だけでなく、"職務経歴書"の書き方や、"面接対策"までサポートしてくれるんです。ボクも体験済みで、彼らの丁寧なサービスは本当に心強い。これなら安心して次の一歩を踏み出せますよ⤵︎#PR

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は何の資格もコネもなくパソナキャリアに登録していろいろやっていたら(6ヶ月位)、担当の人もついてくれて、無事60で転職でき今も勤めています。登録をお勧めします。後企業の〇〇は自信がある等エントリーシートに書くといいみたいです。応援してます。

    出典:X(旧Twitter)

  • 志望動機の作成はエージェントが協力してくれると超スムーズ。『パソナキャリア』は業界専任コンサルタントが求人紹介だけでなく、職務経歴書の書き方や企業別の面接対策をアドバイスしてくれのが嬉しい。私も使ったことありますが、丁寧さはダントツなのでオススメです。 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • わたしが上京できたのは完全にフルリモートワークに転職したおかげなんだけど、フルリモートやリモートワークの求人を探している人全般におすすめできる転職サイトなら、パソナキャリアだと思います。まずは求人を「眺める」ことからマイペースに始めてみるといいよ。 #pr

    出典:X(旧Twitter)

  • 性格診断もいいけど、パソナキャリアの「年収診断」もおもしろい!カンタンな質問に答えていくだけで、ライバルたちと比較した自分の市場価値がわかる。友達もこれで年収200万も増えた。登録時間はたったの3分。完全無料だからやってみて!

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動中、実際に使ってみた転職エージェントの感想 【パソナキャリア】 老舗優良企業の求人が多めだったので、大手企業に行きたい人には良いと思いました。また、私の担当のキャリアアドバイザーは、質問にすぐに回答してくれたり、対応が丁寧でした。人材系って荒くれ者も多いのですが(笑)パソナの社員さんは礼儀正しく品の良い方が多いので安心して利用できると思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • ・パソナキャリアのメリット 地方創生事業や観光事業、行政関連にも強い特徴があります。求人数が多く、他の転職エージェントでは見られない求人も見つかるはず。 主力の人材派遣事業では、長年にわたって1人の求職者をサポートすることも多く、そうした社内での知見が転職エージェント業にも活かされている印象です。 ・パソナキャリアのデメリット 専門性はIT専門などの小規模な転職エージェントの方が強いと感じました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 優秀な人と仕事したい、年収アップを狙いたいなら『パソナキャリア』での転職活動がおすすめ。 業界に精通したコンサルタントが職務経歴書の書き方、面接対策もしてくれる。今の環境変えたいなら登録無料だから試してみて→ #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • 自己診断をして今より良い環境に身を置きたいならパソナキャリアがおすすめ。普段人事をしていて、エージェントと会話も多いが、しっかり寄り添って要望にコミットしてくれるので安心感が違う。 GWは情報を整理する時なので登録をおすすめ↓↓ #pr

    出典:X(旧Twitter)

  • ⑤パソナキャリア 全年代・全職種を対象とした総合型転職エージェント 求人は「年収800万円以上」のハイクラス求人が半数程度で、キャリアアップ転職に長けており、過去にパソナキャリア経由で転職を叶えた人のうち60%以上が年収アップを実現

    出典:X(旧Twitter)

  • 面接準備も大切だけど、転職はエージェント選びが何より重要。特にオススメは『パソナキャリア』 年収700万以上の求人多数だし、丁寧さはダントツ 専任コンサルタントが職務経歴書の書き方や企業別の面接対策をアドバイスしてくれるのも嬉しい。 まずはチェック →( #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • JTCにうんざりしている人は、転職市場で自分の「値打ち」がいくらあるのか知っておくのが「非常に」重要です。 私も先月初めて転職エージェントと面談してみました。 いくつか転職サイトはありますが無料で年収診断できる「パソナキャリア」が手っ取り早くてオススメ↓ #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職はリスクはあるけど、人生を大きく変える有効な手段。成功させるには質の良いエージェントに出会うことが大事。 オススメはパソナキャリア。 目指す業界や企業に精通したコンサルタント書類の添削や面接対策をしてくれる。年収診断もやってみると良いよ。 #pr

    出典:X(旧Twitter)

  • 今の待遇に不満がある方も令和は環境変えれば給料上がる時代。でも転職活動に不安があるって人は『パソナキャリア』で年収800万円以上の企業にチャレンジあるのみ。業界に精通したコンサルタントが職務経歴書の書き方、企業ごとに面接対策してくれるから不慣れな方も安心。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今の待遇に不満のある方は『パソナキャリア』で年収800万円以上高待遇企業に転職するのがオススメ。業界に精通したコンサルタントが求人紹介や職務経歴書の書き方、企業ごとに面接対策してくれるから”転職活動に不慣れ”な方もハイキャリアを目指せます。 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • 待遇の良い企業に転職するならパソナキャリアもオススメ。質が高く、高年収の求人が多い。目指す業界や企業に精通したコンサルタントがサポートしてくれる。書類の添削だけでなく、細かいところまで面接対策をしてくれる。年収アップを目指したいならぜひ使ってみて。 #pr

    出典:X(旧Twitter)

  • でもやっぱり会社行きたくない、何からはじめたらいいか分からないって人はパソナキャリアがおすすめ。僕も2回転職したけど最初からめっちゃ親身に相談のってもらいました♪ こんなアドバイスしてもらえます↓ ・履歴書・職務経歴書の書き方 ・面接対策 ・業界の採用動向 #pr

    出典:X(旧Twitter)

  • 待遇の良い企業に転職するなら「パソナキャリア」。質が高く、高年収の求人が多い。目指す業界や企業に精通したコンサルタントがサポートしてくれる。書類の添削だけでなく、かなり細かいところまで面接対策をしてくれる。年収アップを目指す方にはオススメ。 #pr

    出典:X(旧Twitter)

  • 年収800万円以上のハイクラス転職を狙うならパソナキャリアがおすすめです。職務経歴書作成が初めてでも作成のサポートをしてくれます。自分の市場価値確認にも利用出来て全て無料なので気軽に登録してみて下さい。 #pr

    出典:X(旧Twitter)

  • 私が今でも使用しているエージェントが完全無料のパソナキャリア。常に求人を紹介してもらっているけど、年収600~1,200万の好条件求人が多く出てきます。私のように、大手JTCには入れなかった方や、出世ルートに乗れそうにない方には大変オススメです👇 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • はじめまして!フォローありがとうございます😊 私はリクルートエージェントとパソナキャリアを利用していて、転職先が決まったのはパソナキャリアでした。パソナキャリアになったのは現職の求人が出たのが1番早かったからでした。情報が早いように思います。頑張ってくださいね✨

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は転職活動時にパソナキャリアへの登録経験ありです。サポート少なめで希望と合ってない会社の紹介も多かったです。ただ求人自体は流れてくるので、優先順位低の色んな求人閲覧用としてなら使い道あるかもしれません。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今の会社に不満がなくても、もっと良い企業を探すことは大切です。年収800万円以上の転職を実現したい人は、サポートが手厚くて求人も豊富なパソナキャリアを強くおすすめします。3回の転職で使ったけど、エージェントの提案が幅広くて満足度高かったです。 #pr

    出典:X(旧Twitter)

  • 無料ツールを活用してまずは自分の市場価値を調べてみるべし! 年収800万円以上のホワイト企業に転職するなら『パソナキャリア』がおすすめ。業界専任コンサルタントが求人紹介に加えて、職務経歴書の書き方や企業別の面接対策までアドバイスしてくれます。#ad

    出典:X(旧Twitter)

  • 就活で三菱商事に内定するような猛者でなくても転職でいくらでも挽回できます。年収800万円以上の大企業転職を狙う人は、サポートが手厚くて求人も豊富なパソナキャリアを強くおすすめします。3回の転職で使ったけど、エージェントの提案が幅広くて満足度高かったです。 #pr

    出典:X(旧Twitter)

  • 年収800万円以上のホワイト企業に転職するなら『パソナキャリア』。業界専任コンサルタントが求人紹介だけでなく、職務経歴書の書き方や企業別の面接対策をアドバイスしてくれのが嬉しい。ハイキャリアを目指す人、慣れない転職で不安のある人、どちらにも超おすすめ。 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • ホワイト企業の事務職の求人はリクルートAGが多かったです!面接対策講座の動画とかはdodaが充実してて、担当さんはパソナキャリアの方が相性が良かったです。事務職はエージェント使わない会社も多いので求人サイトやハロワからもどんどん応募してました😂

    出典:X(旧Twitter)

  • ということで、さっそくパソナキャリアのエージェントと面談しました。 結論、今の年収レンジを維持したいならコンサル(M&A,会計系,税理士法人)か大手事業会社の経営企画が選択肢になるとのこと。 今のスキルで経営企画に行っても出来ることは限られてるから、個人的にはコンサルかな🤔

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェント系だと非公開求人が多いので、リクルートエージェントとパソナキャリアを使ってました。 印象としてはリクルートエージェントの方が求人の幅が広かったので、もっぱらそちらを見てました。ただ、エージェントに頼ることはほぼ無かったですね。(法務をよく分かってない人だった)

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートとパソナキャリアで対面でキャリア相談したことがあります。どちらも丁寧に話を聞いてくれました。担当者の当たり外れも相性もあるので、手間ですが複数登録しておくのがセオリーみたいです。 求人をチェックするにはインディードが使いやすいらしいです。

    出典:X(旧Twitter)

  • ①パソナキャリア 以下の点で最高でした。 ●的確にニーズを汲んで提案してくれる点でエージェントが優秀 ●パソナキャリア内に企業ごとの担当者がいるため、かなり細かな情報まで収集することができる ●企業への書類通過プッシュがつよつよ また転職活動するとしても絶対使います。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【まだ間に合う!】女性管理職向けセミナー&交流会!ブッフェやドリンク付きです💐 ・6/2(金) 19:00〜@南青山(無料) ・セルフブランディングセミナー ・女性管理職交流会 女性リーダーの皆様のつながりや、交流の場になると嬉しいです💕 詳細&お申し込みはこちらから👇 

    出典:X(旧Twitter)

  • 学んだこと 事業会社では上流工程経験者の市場価値が高く、広告運用など下流のフェーズはほぼ外注している クライアントとの関係性が作りづらく、フリーランスになりにくい可能性がある 面接では、具体的な改善策の提案ができるかどうか見られている 引用元:パソナキャリア 

    出典:X(旧Twitter)

  • 総合型転職エージェントを使うなら、リクルートエージェントとdodaがまず思い浮かぶ人が多い。パソナキャリアは、求人獲得と求職者サポートを一気通貫で行っているので、求人情報や転職支援が的外れになることが少ないので、おすすめ。求人数は少なめなので、それは大手で補えばいい。

    出典:X(旧Twitter)

  • パソナキャリアの担当偉そうでうぜえな 応募したくないから応募したくないって言ってるんだが? クソみたいなクチコミ多数の会社なんて受けるまでもなくお察しだろ 受けてみなきゃわからないとか、そこまで暇じゃねーよ

    出典:X(旧Twitter)

  • 【周りで評判良い転職エージェント】 ①type転職 使った友人が多い。求人多いしとりあえずこれみたいなとこある。定番に裏切りはない。 ②パソナキャリア 年収上げたい人が使ってるイメージ。 優しいリクルーターが多いので親身に話聞いてくれた。 

    出典:X(旧Twitter)

  • 3/27 元パソナキャリア社長 渡辺尚 会社や上司への愚痴、悪口、不平不満などマイナスな言葉、否定語の多い人は人生でも仕事でも決して上手くいかない。 一方、物事が順調に行く人は、その多くが感謝や褒め言葉のようなプラスの言葉を発し、周囲を和ませる明るい雰囲気の持ち主。 #1日1話

    出典:X(旧Twitter)

  • パソナキャリア|働く女性の転職をサポート パソナキャリア(株式会社パソナ)は、オリコン顧客満足度3年連続1位の実績を持つ転職サービスです。 自分で求人を調べて、気になる求人があれば応募してみましょう。 キャリアアドバイザーに転職の悩みを相談することもできます。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【パソナキャリア】 マイページみたいなのあり(とてもシンプルな作り)、希望に見合った求人がくる(勤務地は考慮なし)、ハイクラスな感じの求人多め、エージェントは丁寧で的確なアドバイスくれる、求人は少なめ ちなみ私は1回目の転職も、今回もここで紹介された会社に行きます

    出典:X(旧Twitter)

  • はじめまして!私も転職活動中(まだ始めたばかり)のワーママです🙌 とりあえず大手から…と安直にリクルートエージェント、doda、パソナキャリアに登録してます🤣💦 今のところリクルートエージェントが対応も早くて一番使ってますが、どこがいいのかホント悩みますよね🫠

    出典:X(旧Twitter)

  • 恥ずかしい話ですが、求人を何万と抱えるパソナキャリアとマイナビエージェントで 「紹介できる求人がありません」 と登録を断られたことがありますw いやー、あれは恥ずかしかったですね… でも「このままじゃヤバい。頑張らないと」って強く思えたので、ある意味では良かった

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職するのに、 パソナキャリアはオススメだよー! 求人の量より、その人の希望の条件を紹介してくれて質が高い。 リクルートエージェントやdoda は求めてる条件がないときっぱり断られて、 とりあえず求人を紹介してくるから、 マイナス面だったので、 よかったら参考にしてください笑

    出典:X(旧Twitter)

  • パールキャリア(doda)とリクルートエージェントは来るもの拒まず誰でも登録できるがキャリアアドバイザーは流れ作業のように大量の案件を自動送信するだけ※特に中身の精査すらされていないので希望に合わないもの多数 パソナキャリアは転職回数が多いと登録させてもらえない端からお断りしてくる

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職の内定貰う前にこんなこと言うのもあれだが…パソナキャリアめちゃくちゃ良いぞ。転職する人がいたらdodaやリクナビネクストじゃなくてパソナキャリアを使うんだ!(俺が大当たりのエージェントを引いた可能性もある) 俺はパソナキャリアにめちゃくちゃ感謝してる

    出典:X(旧Twitter)

  • 俺はたまたまパソナキャリアの転職で前より待遇良いところに入れたから、パソナが奴隷商人の親玉で悪の総本山みたいに言われてると(そこまでではなくない?)みたいに贔屓してしまうのだ。前職がスーパーブラックだっただけかもだけどさ

    出典:X(旧Twitter)

10:リクナビNEXT

リクナビNEXT

口コミ:リクナビNEXT 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:133,000件以上(2024年7月10日現在)
【公式サイト】https://next.rikunabi.com/

おすすめ転職サイトの最後におすすめなのが『リクナビNEXT』。

リクナビNEXTは、人材業界最大手の株式会社リクルートが運営する転職サイトです。業界最大の求人情報から自分に合った求人を見つけることができます。

リクナビNEXTには「気になる求人を後でゆっくり見たい」「興味のある求人をリストにして管理したい」という人のために「気になるボタン」があります。気になった求人をリストにできるだけでなく、気になるボタンを押した企業からダイレクトでスカウトが来ることもあるため、転職活動を効率的に進めることができます。

また、「グッドポイント診断」を活用すれば、自分自身の強み・弱みを発見できるため、初めて転職活動する人にもおすすめです。

moto
motoの一言アドバイス

リクナビNEXTには「履歴書」と「職務経歴書」を無料で作成できるツールがあります。ワードとエクセルへ出力できるので、本当に便利です。
DMで非公開求人のスカウトを受け取り、リクナビNEXTのサイト上で「新着求人」と「人気求人ランキング」を見るのが良いです。数が多いだけあって、意外と良い求人を発見できます。

出典:公式サイト

リクナビNEXTの口コミ評価

  • 22歳・男性
    CMを見てリクナビNEXTに登録しました。他の転職サイトと比べて求人数が多く(多くて見切れない)、希望条件も細かく設定できるので、希望にあった求人を探しやすいように感じました。

  • また、掲載されている求人について問い合わせをするという機能があり、気になる会社に対して質問を送ることができたのは便利でした。スカウトはいまいちなので、機能としては不要かと思います。

  • 20歳・女性
    求人数が一番多いという理由でリクナビNEXTに登録しました。20代ですが、地方の求人も多くて非常に便利でした。スカウト機能はよくあるDMという感じだったのでいらなかったです。

  • 地方の求人を探すなら、どの転職サイトよりもリクナビNEXTがいいなと思いました。

  • 29歳・男性
    リクナビNEXTに登録したあと、プロフィールや職務経歴、自己アピールなどを入力しましたが、ここに時間がかかりました。ただ、一度作ってしまえば転用できるので、便利だなと思いました。

  • 気になる企業をお気に入り保存し、お気に入りした企業情報から、私の希望に近い企業の求人が届くようになったのは驚きました。応募企業とはメッセージでやりとりできるので、個人のメールでのやりとりがなくて便利でした。アプリも使いやすかったのでおすすめです。

  • 34歳・女性
    リクナビNEXTに登録した後、リクルートエージェントから連絡があったので合わせて利用しました。同じリクルートなので連携はスムーズでした。両方使った感想としては、リクナビNEXTの使い勝手がよく、求人数も多いので便利でした。

  • 地方の求人も多く掲載されていましたが、どちらかというと都心部の求人に強い印象がありました。最終的にはリクルートエージェントで決まりましたが、リクナビNEXTも使いやすいのでおすすめです。

  • 私のほんとのほんとの最初はリクナビNEXTで自己応募しました!誰にも書類を見てもらったり面接練習して貰ってないので社長面接ボロボロ過ぎました😂 エージェントに頼らずとも転職は出来ると思いますけど頼れる所は頼っていきましょ🌷︎´-

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職はしませんが早速転職サイトのメンテ。 「2級FP技能士」として ★ビズリーチは登録OK🙆‍♂ ★リクナビNEXTもOK🙆‍♂ ★マイナビ転職はNG🙅‍♂ 金融渉外技能審査(きんざい)かAFPしか登録出来ず。 厳しさが垣間見えた。 やはり仕事の実力が必要か。 でもFP2級で身についた知識は、人生にかなり有益

    出典:X(旧Twitter)

  • とりあえずリクナビNEXTに会員登録してみたけど何度トライしてもレジュメが編集できなくてログインしろ言われる(けどできない)画面に飛ばされるばかり。職務経歴書のAI生成とかいうやつがやってみたいんだけど…それ目当てで登録したんだけどな…できないなら登録した意味…。ナニコレ?罠?泣くよ?

    出典:X(旧Twitter)

  • 過去に使った求人検索サイトで一番使いやすかったのは「リクナビNEXT」です📈 検索機能が充実していて、自分の希望条件に合った求人を見つけることができました📈 企業情報や口コミも豊富で、応募の際にとても参考になりました📈 通知機能も便利で、新着求人を逃さずチェックできたのが良かったです🔍

    出典:X(旧Twitter)

  • Doda、リクルートエージェント、リクナビNEXTは良かったですよ!DodaはUIが使いやすいんですよね。登録面倒だと思うので2つぐらいでよいかもです😊 後、現在の年収少しだけ高めにしたらそこも考慮して貰えると思います☺️

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェント使ったんですけど、まともな求人送って来なかったので途中で辞めました笑 普通にdodaとかでいいですよ🐶 ちなみに僕はリクナビNEXTで内定もらえました!indeedはそこそこ微妙です! あ!IT系ならIT専門の転職サイトもありますよ!

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビnextのレジュメを見た企業からオファーが届いてますって、あれリクナビがランダムに繋げてるだけじゃね? どう考えても俺の年齢や前職から女性向けブティックがオファーせんやろ35歳制限のある企業や要資格者制限のある職種まで来る。 調理師や理髪師や美容師や薬剤師資格無いっす。

    出典:X(旧Twitter)

  • ハイクラスや都市圏以外の地方とかだと全く状況違うと思いますが。ごく一般的な年収帯ならリクルートエージェントとdodaの2社利用で事足ります😀今回はエージェントしか使いません。過去にリクナビNEXTなど個人で連絡などする媒体も使いましたがなかなか大変ですし求人内容も前記2社のが良い感じします

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は、操作感と見やすさがよかった ★マイナビ転職 ★エン転職 ★indeed ・リクナビNEXT→応募せず見るだけ (求人数1番多いけど、無期雇用派遣=正社員として書かれてたりするから注意かな) 口コミサイトは、OPENWorkとライトハウスを使ったし、今も登録したまま見れるように置いてる〜

    出典:X(旧Twitter)

  • dudaは地元で良さそうなのを1つ はいキャリアのXだっけ?そっちはやってないから知らない。 リクナビNEXTはダイレクトスカウト登録するとそれなりに良さげなのが多い、たまに大手なのに月給18万とかあるけど #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXTとマイナビ転職のスカウトメールの未読が併せて200通超えてるが、大半は県外。たまに近隣があっても35歳までとか。安曇野松本塩尻でエリア指定して転勤できないにチェック入れてるのに来るとは、ほとんど求人や会社名の宣伝なのだろうか? (;-ω-)ウーン???

    出典:X(旧Twitter)

  • そういやノリと勢いで リクナビNEXT入れてみたけど 仕事内容の説明がかなりザックリで 未経験者でも出来る!歓迎!なのに 年収500~1000万以上とかゴロゴロあって 詐欺・・? って口から出ちゃったじゃんよwww でも土日祝休みは病院に行けないから要らないのよね・・ でも接客業は二度とやりたくないし

    出典:X(旧Twitter)

  • たぴおさん、お疲れ様です。早速朝から書類メールで送れと来たので送信したら5分で残念メールが返信されました。明らかに読んで無く年齢で断られた気がしてます。リクナビnextでさも面接みたいに匂わせてこの対応。本当悔しいやら情け無いやらで心折れてしまいました。挫けず次、次です。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビnextって評価どうなの? 1週間ほど使ってみてるけど、訳のわからないオファーが多いンゴ🥺 年齢だけ条件に合ってないとか、希望年収よりめっちゃ低いとか、検索しても求人が少なすぎる。 誰か、これならどう?みたいな求人情報サイト紹介してくれないかな?

    出典:X(旧Twitter)

  • 看護師→企業転職を検討するなら「一般の転職サイト(リクナビNEXT等)」の登録もオススメです。なぜなら、現時点で知っている職種や業界が圧倒的に少ないから。最初から絞りすぎるのはもったいないかも。好きも嫌いも、まずは思い込みを捨てて求人メールを一通り読んでみて。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXTから米穀倉庫作業の正社員オファーが届いた。 フォークリフト修了証は所持しているし操作できるとはいえ、これまでの社歴にフォークリフトは一切出てこない、つまり経歴を一切見ていないのに何をトチ狂ってオファーしてきたんだ、この会社は?

    出典:X(旧Twitter)

  • ご飯食べ終わってふと見た求人サイト 在宅ワーク見たらいくつかあったので応募してみた。 自分の職歴をリクナビNEXTとか見たく打ち込むんじゃなくて、直近のやつから打ち込んでいったら3つくらいで終わってしまってAIが勝手に作成してしまった……なんじゃこりゃ。使いにくい。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXTでグッドポイント診断をやってみたんだけど「感受性・柔軟性・悠然・受容力・親密性」とか出てきた。えー、でもこれ自分を褒めるような選択肢だったからなぁ。まるでピンと来ないんだが。まあ、次はこの結果をもとにストレングスファインダーの本でも読んでみるかな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 30代なんて全然まだいけますよ!! けつこさんが転職に何のサイトとか使ったか分かりませんが、私は常にen転職でスカウトきた所ばかり転職してきました笑 リクナビNEXTはちょっと複雑でしたけど、今の職はリクナビNEXTのスカウトですね😅 ちょっとめんどいけど、エージェント使うのも手です!

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXTに登録した。 ミドルの転職より、 リクナビの方が自分に合ってる感じ。 会社探しで時間溶ける。 次の土曜日にエージェントと電話面談する。 異動から2ヶ月。 この部署、俺には無理です、って、 課長に言うのすげー憂鬱ではある。 部署が過酷過ぎて無理

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXT登録してみたけど見難くて仕方無い。 有名企業の求人が重複し過ぎでスパム広告みたいで閲覧妨害レベル。 それから一覧から表示させないと企業名や職種すら良く分からない記載の求人が目立つ。 もしかしてリクナビって馬鹿なのか?

    出典:X(旧Twitter)

  • 私も転職サイトに登録してないわけではないのですよ。なんですけど、某リクナビNEXTから来るスカウトがだいぶトンチンカンで。だって、「コンビニのオーナー募集中!」とか来るんですよ。コンビニのオーナーも立派なお仕事だけど、転職というか何というか、むしろ出資が必要なヤツんじゃないですかね?

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXTのサイトはなんでこうなったのかって改悪するなぁ ・検索条件は詳細不可(大まかな職種でのみ可) ⇒それに伴って「保存していた検索条件」が使用不可 ・「気になる」リストがソート不可 この機能を廃止することにおける利用者側のメリットは何だ? シンプルで見やすかったのに残念だわ

    出典:X(旧Twitter)

  • はい、リクナビNEXT等のサイトから第二新卒枠を探したり、エージェントの紹介でエントリーもしました。(当時、リクナビNEXTに第二新卒求人があまり多くなかった記憶です。直接企業の採用ページを漁りまくった方が良かったかもしれません😅) ただ自分が興味のある分野の会社からは祈られたり、条件が合わず辞退したりがあって結局「ベンチャーor外資or契約社員」の三つ巴になりました。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビnextで情報を検索する際 住まいの周辺自治体に限定して検索すると 大手賃貸物件建設会社の2社の求人ばかり バナーやアピールポイントを少しずつ変えて たくさん求人広告を出している。 検索結果の数字は200件弱になっているが、実際のところ、98%はこの2社でカウントされている感じ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 下手なメンヘラよりやばいんじゃね?って感じでした🤣 リクナビnextは退会選択した時に「メール全て停止」みたいな選択肢あり、ポチったら本当に全部来なくなったので継続中です! エン転職はどうしてもメール止める方法なかったので退会しました🫡

    出典:X(旧Twitter)

  • マジで以前と比べてリクナビnextとんでもなく使いづらい 詳細検索、除外ワード(ブロックみたいなもの)、並び替え ↑ この機能全部なくなってめちゃくちゃ見にくくなった 変な見出しができたせいで 求人の見出しじゃ企業名分からないところ増えたし

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職情報サイト(dodaとかリクナビNEXTとか)を自分で探せばまともな企業はそれなりにあるのになんでわざわざハローワークで職を探すんや…? ハローワークで扱ってる会社なんて広告費も払えないようなギリギリの会社ばかりなんだから質も下がるだろ…

    出典:X(旧Twitter)

  • 登録しているリクナビnextから今日は5つオファーが来た。 ウチ3個は、春日井札幌福岡と職種からのオファー 1つは営業職で何度も何度もオファーが来てるが無視しているところ 最後の1つは、以前応募して履歴書送ったのにお祈りされたところ、また送ってお祈り二回目をやってみるか(笑)

    出典:X(旧Twitter)

  • そういうのが1番周りにも分かりにくいストレスだから立派なパワハラやからな… 個人的に色々使って一番勝手良かったのはやっぱりリクナビNEXTだったよ! マイナビとかエン転職は合わなかったけどそれぞれカバーしてる会社もちょっとずつ違うから3サイトくらい登録してみたらいいよ!

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は、看護師→企業転職検討中の方に「一般転職サイト(リクナビNEXT等)」の登録もおすすめしてます。理由の一つは「現時点で知っている職種や業界が少ないから」です。多数の求人メールの中には、知らない世界が多いはず👍好きも嫌いも、まずは思い込みを捨てて求人メールを一通り読んでみて🙋✨

    出典:X(旧Twitter)

  • / 転職活動中の方必見! プロがおすすめする『自己分析ツール』 \ 自己分析は、自分の強みや適性、価値観を明確にし、最も適した職種や企業を見つけることができます。 1⃣⏱リクナビNEXT適職診断: 大手の転職求人サイトが提供する信頼性の高い診断ツールです。 短時間で自己の特性を知ることができます。 2⃣📊CAREER INDEX: シンプルな質問に直感で答えるだけで、あなたの強みや適性が分かります。 短時間でしっかりとした分析ができるのが魅力です。 続き....👇

    出典:X(旧Twitter)

  • 頑張ってください。自分の場合はリクナビNEXT、ギークリー、ワークポートに登録して、結局直スカウトで決まったんですが、いろんな企業とお会いしてみるのも良い経験かと。私はやらなかったんですがビズリーチもいいみたいですね。登録しすぎると面談の調整が大変なので気を付けてくださいw

    出典:X(旧Twitter)

  • ご参考までに、リクナビnextに登録しとくとリクルート以外のエージェントから勝手に連絡が来て仕事探してくれたよ!残念ながらそっちでは決まらなかったけど、面接自体はジャンジャン入れてくれたのでそこそこ動いてくれた模様🤔 私も6年ぶりくらいだったけど何とかなったので大丈夫大丈夫🙆‍♀️💕

    出典:X(旧Twitter)

  • ちなみに、リクナビNEXTの会員は、半数以上が34歳以下の若手といわれています。 転職サイトの求人を年収・業種・職種などに分けて比較すると、そのサイトがターゲットにしている求職者層がわかります。 サイトのターゲットと、自分の経歴を照らし合わせ、マッチするサイトを使うと良いでしょう。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXTなんてフザケた人材情報サイトは、サイト機能劣悪だし、利用者の客層が悪く、適当に声かけてきて面談しないとかいい加減な仕事するマナー悪い企業人もいて不快な思いをさせられるし、面談して契約条件提示してくる企業もいるが、IT企業なんて大した条件良くないので高級人材サイト使うよ🤠

    出典:X(旧Twitter)

  • どんな活躍ができるのかまで考えられると良いでしょう。ここでは自己分析のツールを3つ紹介します。①リクナビNEXTのグッドポイント診断②ミイダスの適性チェック③m-gramの性格診断。難しい場合は、プロに相談してみましょう。

    出典:X(旧Twitter)

  • 最初の転職でお世話になったのはリクナビNEXT。右も左も分からない転職活動で親身に相談に乗ってくれました。当時は企業の採用担当者とは現地で直接面談することがほとんど。有休を使って東京大阪へ何度も通いました。その点WEB面談が主流の今は転職活動に取り組むハードルは下がっていると思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXTで応募した職の面接に参加しようとしたら繋がらず、企業からも後で同じく繋がらなかったと聞いた。 一体どうなってるの❓何が原因❓WEB会議アプリとして使われたZoomの問題かリクナビを介して会社側が会議予約した事か❓どちらにしても頭来て断ったので機会喪失だ💢💧病んでるね🌍のIT👎

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXTで勤務地が全然マッチしないオファー来て駄目 いくら在宅ワークOKの案件でも何らかの理由で出社が必要となった時に関東からわざわざ沖縄だの広島だの行きたくない。名古屋とかでも行きたくない。 スカウトマンの皆さんは、ちゃんと情報確認した上でオファーやスカウトのメール送る事。

    出典:X(旧Twitter)

  • 書類で落ちたのにあまりにもスカウト来るからブロックしようかと思ってるくらいほんとうに酷い。 しかも、リクナビNEXTエージェントのゴールドスカウトってチョット良さげなので送ってくる。 札束でぶん殴ってきてるな感すごい。 企業イメージはどんどん下がる。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXTさんに登録してみたら 顧客満足度の高いらしいエージェントさん(求人募集の企業と求職者の仲介者みたいな役割?)から、何やらどうとか(よくわかってないけど、ご相談オファー的な)って、お知らせがメールで入った 今の世の中、ハローワークだけじゃないのね。求職方法😇

    出典:X(旧Twitter)

  • うーん、最近リクナビNEXTでたびたびいろんな業界新聞からオファー飛んでくるんだけど、どのオファーも軒並み月給18~24万。 どこの業界新聞も苦しいのかなあ。とはいえ、今時高校生バイト並みの給料で新聞社の忙しさを回すのは無理だし、そもそも東京や大阪のような大都市圏で生活できない。

    出典:X(旧Twitter)

  • 「職務経歴書を初めて作る方…Word開いて白紙の状態で時間だけが過ぎてませんか…実は職務経歴書は白紙から作りませんよ…えっ聞いてない?…転職サイトでテンプレートがダウンロードできますよ…見本も何パターンもありますよ…リクナビNEXTやdoda辺りが使いやすいですよ…えぇ便利な時代ですね」

    出典:X(旧Twitter)

  • 私が新卒2年目での看護師→一般企業転職で求人を探すときに主に使ったのは ・doda ・ネオキャリア(第二新卒特化) ・リクナビNEXT です!!! 上2つはエージェントさんとやりとりして紹介してもらう リクナビNEXTは自分で求人検索して応募する形でした🙌

    出典:X(旧Twitter)

  • 就活のためリクルートダイレクトスカウトに登録した後、リクナビNEXTから あなたのレジュメに興味を持った企業からオファーが届いています っていうメールが来るんだけど応募すると書類審査不合格とかになる そもそも通える距離じゃなかったり、本当に企業からオファーが来たのか疑問 #リクナビNEXT

    出典:X(旧Twitter)

  • ハロワに提出するための求職活動実績を作るため、かなり久々にリクナビNEXTを編集する。なんかとりあえず二箇所ほど応募すれば、実績にはなるらしい。 にしても、いつも思うんだけど「経験職務チェック」ってなんだよ……特に経理経験で書けるようなことなんて無ですわ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職活動日記#1】今日は職務経歴書と履歴書を書いて、同期に紹介してもらったコンサル業界専門の転職エージェントさんに送りました〜 今の会社に来るときはリクナビNEXTを使ったんですけど、選考対策がやや頼りなく感じたので今回は業界の専門家さんです。色々な話が聞けるといいなぁ( ・ิω・ิ)!

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXTのレジュメ機能サイト せっかく丁寧に多々職務内容とか書き直したのに、 勝手にいつの間にか「セッションアウトしました。ログインし直してください」とかいって 苦労して書いた内容全部パーになってる 本当にひっどいな… 予防が自分で投稿前に全文コピーしかないとか 改悪アプデすぎる

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビNEXTのレジュメ機能、だいぶイマイチになりましたね。入力できるスキル・資格が限定的、学歴は学校種別で大学院(MBA/MOT)を選んでるのに専攻に経営学とか経営管理とかがないし、人間科学を選びたいのに「スポーツ/人間科学」とかいう意味不明な括りが出てくるしで選択不能。

    出典:X(旧Twitter)

転職エージェント記事も合わせてご覧ください。

20代におすすめの転職サイト

20代の転職活動におすすめの転職サイトをご紹介します。20代の転職でどの転職サイトに登録するかに迷ったら、まずは下記の転職サイトに登録するのがおすすめです。

1:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s

口コミ:マイナビジョブ20’s 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:5,840(2024年7月10日現在)
求人数増減:+23(先週比↑up)
【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

20代におすすめの転職サイト1つ目は『マイナビジョブ20’s』。

マイナビジョブ20’sは、20代や第二新卒、既卒者の転職サポートに特化した転職サイトです。登録時に担当のキャリアアドバイザーが適職診断を行ってくれるため、自分に合った仕事を見つけやすいのが特徴です。

また、企業から直接スカウトされる機能もあるため、これまでの経験やスキルを活かした転職ができる点もおすすめポイントです。

20代の未経験で応募できる求人も多く取り扱っているため、新しい業種や職種に挑戦したい人におすすめです。マイナビジョブ20’sの担当者が内定後のアフターフォローまで行ってくれるため、最後まで安心して利用することができます。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

マイナビジョブ20’sの口コミ評価

  • 25歳・女性
    20代で転職した友人がマイナビジョブ20’sがよい、と言っていたので登録しました。ほかの転職サイトに比べて求人が少ない点が気になりましたが、求人のすべてが20代向けとなっていたので非常に求人が多くて助かりました。

  • 求人の質も高かったので、いくつかの企業に応募して内定をもらうことができました。20代での転職にはマイナビがおすすめだと思います。

  • 25歳・男性
    新卒2年目の20代の転職で利用しましたが、マイナビは20代に特化していることもあって求人が豊富にありました。自分が当初希望していた条件通りの求人をもらうこともできたので、本当に助かりました。

  • 求人の中には大手IT企業やWEB業界、エンジニアなどの求人も多くあったので、第二新卒で転職したい、という人にはおすすめです。

  • 24歳・女性
    マイナビが主催している20代の女性向けの転職セミナーに参加したことでマイナビジョブ20’sを知りました。セミナーでは「社会人経験が6か月以上あれば登録できる」と聞いたので、その場ですぐに登録しました。

  • 登録してからすぐに担当になるエージェントの方から連絡をもらい、転職する理由や、希望職種、業界などについてお伝えし、求人をもらいました。担当された方も20代の若手であったため非常に相談しやすく、転職活動がスムーズでした。また利用したいと思います。

  • 26歳・男性
    20代初の転職でマイナビジョブ20’sを利用しました。エージェントの担当者に転職活動の始め方から求人の選び方、応募の仕方、面接対策まで親身になってサポートしてくれたのでとても心強かったです。

  • 転職活動をする中でわからない点があったときにすぐに電話で対応してくれた点も助かりました。大手転職サイトに比べると求人は少ないですが、20代に特化しているという点で最もよい転職サイトでした。

  • 23歳・男性
    新卒入社した会社を2年目で転職することにしました。初めての転職で知識もなく、経歴も無かったためとりあえず転職エージェントの登録を検討していました。自分に合うエージェントがわからなくて困っていたところ、友人からマイナビジョブ20sを紹介されました。

  • サービス名の通り20代転職に特化していて、第二新卒の私と相性が良かったです。担当の方も20代を専門に対応されているので、こちらの悩み事についてもすぐに回答いただけました。

  • 25歳・女性
    保育士として働いていましたが、別の仕事も経験してみたいと思って職探しを始めました。少しくらい忙しくなっても構わないので、年収面を重視して求人を探すことにしました。いくつか転職エージェントに登録してみましたが、マイナビジョブの担当者が一番相性がよかったです。

  • 20代の転職事情を熟知されていて、カウンセリングでの書類の添削、面談対策といった転職活動の進め方がすごく参考になりました。また応募する会社ごとに細かく対応してもらえて、とても助かりました。

2:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:421,789(2024年7月10日現在)
求人数増減:+2,878(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

20代におすすめの転職サイトの2つ目は『リクルートエージェント』。

20代の利用者が多いのがリクルートエージェントです。業界業種問わず幅広い求人を見ることができ、システムも使いやすいのが特徴です。土日や夜間の面談対応もしてくれるため、現職が忙しい20代にもおすすめです。

非公開求人の中には20代の未経験歓迎や、ハイクラス求人なども多く掲載されているため、自分に合った仕事を見つけやすいです。

また、リクルートエージェント経由の転職者の約60%が年収を上げて転職している実績があるため、20代で年収をアップしたい転職者にもおすすめです。

出典:公式サイト

リクルートエージェントの口コミ評価

  • 27歳・女性
    社会人4年目の転職でリクルートエージェントを利用しました。はじめは他の転職エージェントを利用しておりましたが、良い求人に出会えなかったため、リクルートエージェントに登録しました。

  • 業界最大手とあって求人数がとても多く、今まで利用していた転職サイトには載っていない求人も数多くありました。また、担当の人から求人について詳しく聞くこともできたので良かったです。

  • 29歳・男性
    社会人5年目、20代最後のタイミングの転職でリクルートエージェントへ登録しました。リクルートエージェントを選んだ理由は、色んな転職サイトがある中でも、大手の転職エージェントとして歴史が長いことから安心できると思ったためです。

  • 転職サイトのリクナビNEXTとの連携もできたので非常に便利でした。

  • 26歳・女性
    リクルートエージェントに登録しましたが、他社に比べて求人数が多くて驚きました。ある程度条件を絞って担当に伝えても、かなりの社数の求人を提案してもらました。しかし、担当のあたりはずれがある印象で、エージェントの担当交代で大きく対応が変わりました。

  • 担当を変えてもらってからはやりとりも早く、求人もスピーディーに出してもらえたので満足しています。転職エージェントの担当と合わない場合は、交代を伝えるのもアリだと思います。

  • 27歳・男性
    リクルートエージェント以外に2社の転職エージェントに登録していましたが、非常に便利でした。私が応募した企業に至っては、リクルートエージェント専用の応募WEBページが用意されており、そこから応募する形になっていたので、企業とのやりとりもスムーズでした。

  • 転職のサポート体制も充実しており、面接時の顔の表情や口調など細かいところまで指導してもらい、無事に内定をもらうことができました。

3:doda

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:249,458(2024年7月10日現在)
求人数増減:+1,052(先週比↑up)
【公式サイト】https://doda.jp/

20代におすすめの転職サイト3つ目は『doda』。

dodaは、大手企業の求人や未経験歓迎の求人が豊富な転職サイトです。国内最大級の求人数を持っており、10万件以上の求人が掲載されています。

書類の添削や面接対策など、転職活動に必要なサポートが充実しているのが特徴です。転職サイト内にある「年収査定」や「合格診断」、「レジュメビルダー」「自己PR発掘診断」「キャリアタイプ診断」「転職タイプ診断」「モヤモヤ解消診断」などのツールも非常に便利です。

20代の若手向け求人や未経験歓迎の求人も数多く掲載されているため、20代で転職を考える人におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

dodaの口コミ評価

  • 22歳・女性
    20代で初めての転職でしたがdodaは連絡のレスポンスが早く、ほかの転職サイトに比べてとても便利でした。私自身、積極的に行動するタイプではなかったのですが、担当してくれた方が丁寧に指示を出してくれたので安心して転職活動を進めることができました。

  • こちらの希望もきちんと聞いてくださって、希望業界や職種、年収などすべての条件がマッチする求人を20件ほどもらうことができました。最終的にdodaを利用して転職先が決まったので、本当に使ってよかったと思っています。

  • 24歳・男性
    dodaを利用して転職活動を行いました。最初は今勤めている会社にバレないか、自分が内定をもらえるのか心配でしたが、dodaのエージェントの方が親身に相談に乗ってくれたことで、不安なく転職活動することができました。

  • 転職活動を始めたときから志望していた大手IT企業に転職することが出来ました。ほかの転職エージェントよりもdodaだけでよかったなと思っています。

  • 28歳・女性
    転職活動でdodaを利用しましたが、転職活動全体におけるサポートの面で他のエージェントより高く評価できると思いました。特に評価が高かった点は、履歴書と職務履歴書の添削サポート、面接前の事前対策、入社時期の交渉です。

  • いずれも自分ひとりではできなかったので、一緒にサポートしてくれたことにとても感謝しております。利用満足度の高い転職エージェントでした。

  • 29歳・男性
    20代で3回目の転職だったため、転職サイトだけでは上手くいかなかったため、doda転職エージェントを利用しました。履歴書や職務履歴書の書き方から面談対策、面接企業の過去の質問など、転職における様々なサポートを受けることができました。

  • 転職回数が多いことが理由で書類選考で落ちていましたが、エージェントのサポートもあって、複数社に書類が通り、そのうち2社から内定をもらうことができました。非常に満足のいく転職活動ができました。

  • 24歳・男性
    ウェブマーケティングに挑戦しようと思い、dodaを利用して転職しました。やはり大手の転職エージェントだけあって、転職活動のフォローやサポートが抜群に良かったです。

  • また転職サイト内も充実していて、職務履歴書のテンプレートや実際に起こりうる体験コラムなど読み応えがありました。他社も併用しようと考えていましたが、とりあえずdodaに登録しておけば間違いないと思います。

  • 28歳・男性
    dodaの良いところは求人が豊富で、同職種の中でもさらに細かくセグメントが分かれている点です。エンジニア転職で、スマホアプリのエンジニアからインフラまで、言語もPythonやGoで選定しても一定数の求人がありました。

  • 他の転職エージェントだと大きな括りでの求人募集となってるところが多く、面談時に希望の業務内容と乖離していると感じることがありました。求人数が多いdodaだから選択肢も広がるのだと思います。

  • 26歳・女性
    まずオフィスがお洒落で綺麗でした。何気ないことですが、清潔感を感じるのはとても大切だと思います。私は大手の企業で安心感があったので、dodaを利用しました。

  • 専任のコンサルタントの方がついてくださり、面談、求人紹介、面接の調整まで全て担当してくれたので、自分の希望に沿った求人をたくさん紹介してもらえました。とても親身になって話を聞いてくださったので、私も相談しやすく、転職活動で不安になることなく進めることができました。

  • 25歳・女性
    dodaの転職エージェントサービスを利用してよかったと感じています。書類作成も細かくサポートしてくださいますし、そのおかげで書類選考も思っていた以上にスムーズに通過することができました。

  • dodaはそれだけではなく、面接対策もかなり重視していて、自分をアピールするためのポイントも的確にアドバイスしてくれるので、自信を持って転職活動に挑むことができたと思います。

4:type

type

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:2,536(2024年7月10日現在)
求人数増減:-62(先週比↓down)
【公式サイト】https://type.jp/

20代におすすめの転職サイトの4つ目は『type』。

typeは、上場企業の株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職サイトです。「スカウトメール」や「AIによる求人提案」、「精度の高い求人検索機能」「企業別の面接対策」など、type独自のコンテンツが充実しているため、ユーザー満足度が高いのが特徴です。

また、エージェント機能もあるため、求人の紹介を受けることもできます。未経験歓迎求人や若手のマネジメント層を募集する企業の求人も豊富にあるので、20代で転職を考える人におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

typeの口コミ評価

  • 25歳・男性
    typeにしかない求人で気になる企業があったので登録しました。志望する企業が明確だったため、エージェントの方に面談で志望企業を伝えて、職務経歴書の書き方から面談対策まで行ってもらいました。

  • ほかの転職エージェントはオンラインでしたが、typeエージェントの方とは対面でもお会いさせていただきました。印象としてとても感じの良い方で、求人も的確だったので非常に良かったです。

  • 25歳・女性
    入社3年目の転職でtype転職エージェントを利用しました。ほかにもいくつかの転職エージェントを利用しましたが、個人的にはtype転職エージェントが一番話しやすく、自分に合った求人を出してくれました。

  • 20代での転職でしたが、書類選考から面接までスムーズに通過することができ、typeで志望企業に内定をもらいました。とても良い転職サービスでした。

  • 24歳・男性
    大手転職エージェントをいくつか利用していましたが、あまり良い求人がなかったのでtype転職エージェントに登録しました。20代の転職は難しいと思っていましたが、エージェントのサポートを受けながら未経験での転職に成功しました。

  • エンジニアとしての経験はありませんでしたが、typeさんが推薦してくれたことで通過できました。

  • 27歳・男性
    typeにしかない外資系企業の求人があり、応募しました。他社にはない求人だったこともあってtypeと企業の信頼関係がよくわかりました。

  • typeからしか応募できないこともあって、書類選考や面接対策はかなりしっかりとやってくださいました。おかげで転職に成功できました。

  • 28歳・男性
    大手IT通信会社から外資系コンサルファームに転職できました。typeの担当者の方の対応が素晴らしく、自身のありたい将来像とスキル&経験の情報も元に、多くの求人の中から自分に適したポジションをご提示いただきました。

  • 面談対策でのサポートも充実していました。激務が当たり前の業界に飛び込みましたが、入社後も新天地での悩み相談を受けていただけて、アフターフォロー面もよかったです。

  • 26歳・男性
    未経験のキャリアチェンジを考えている中、type転職エージェントにいくつか希望に沿った企業を紹介いただきました。キャリアを変えることのメリットだけでなく、デメリットも含めてお伝えいただいて大変参考になりました。ご縁があったら、次回の転職時も利用したいと思います。

20代向けおすすめ転職サイトの記事も合わせてご覧ください。

30代におすすめの転職サイト

30代の転職におすすめの転職サイトをご紹介します。「高年収(1,000万円以上)」「役職あり」「非公開求人多数」といった30代向けの求人が豊富な転職サイトをピックアップしています。

1:ビズリーチ

ビズリーチ

口コミ:ビズリーチ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:280,860(2024年7月10日現在)
求人数増減:+5,222(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

30代におすすめの転職サイト1つ目は『ビズリーチ』。

ビズリーチはミドルマネジメント層やエクゼクティブ向けの求人がほかの転職サイトと比較して圧倒的に多く、年収1,000万円を超える求人や外資系企業の求人も多く掲載されています。

ヘッドハンターからのスカウトメールも数多く届くため、自分にあったエージェントを見つけることができます。

掲載されている求人は外資系コンサルや外資系投資銀行、日系大手商社やメガバンクなどのハイクラス求人が網羅されているため、ハイクラスで転職を考える人におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

ビズリーチの口コミ評価

  • 32歳・男性
    30代のエンジニアです。現年収よりも年収を上げるためにビズリーチに登録してみました。自分のことをよく理解してくださった転職エージェントと出会うことができ、希望年収より高い年収でオファーを貰えました。

  • 年収アップやキャリアアップを目指す方にはビズリーチが一番良いと思いました。

  • 36歳・女性
    以前ビズリーチを利用した際は、テンプレートのようなスカウトが届いたため利用せずにいましたが、友人からの評判を聞いて今回の転職で再度登録をしました。今までは無料で利用していましたが、有料会員に登録しました。

  • その結果、求人の検索、スカウトの受信の設定ができるようになり、無駄なスカウトが届かなくなりました。結果として現年収より高い年収のオファーで転職することが出来ました。もしビズリーチのスカウトにストレスを感じる人がいたら有料会員での登録をおすすめします。

  • 34歳・男性
    ビズリーチに登録した理由は2つです。年収の高い求人が多い事、また、管理職層の求人が多い点です。ネットでの口コミを見てビズリーチに登録しましたが、希望条件を登録してすぐに、20件程スカウトメールをいただくことができました。

  • 他の転職サイトでは掲載されていない求人も多くあったため、ビズリーチに登録してよかったと思っています。多くの人におすすめします。

  • 36歳・男性
    ハイクラス転職に特化しているので、スキルや資格を活かした年収アップが見込めます。即戦力クラスが求められるのでスキルがないと採用されるのは難しいかもしれませんが、スキルがしっかりしていればまず登録しておいて間違い無いと思います。

  • 登録しておくだけでスカウトが来る場合もありますし、担当者の対応が非常に丁寧で、転職までしっかりサポートしていただけて、キャリアアップに繋げていくことができます。

  • 34歳・女性
    ビズリーチを利用して一番感じたのは、自分のレジュメのクオリティを高めないといけないということです。ハイクラス求人が数多く揃うビズリーチでは、いかに自分をアピールできるかが大事かを痛感しました。

  • エージェントの方に手厚くサポートしてもらいながらですが、自分のレジュメを作り込むのことの大切さを学べました。おかげさまでプラチナスカウトをいただけて転職につながったときはとても嬉しかったです。

  • ただ、ヘッドハンティングスカウトのメールはしつこいくらい来るなと思ったので、そこは少し改善されるといいなと思います。

  • 30歳・男性
    キャリアアップを目指している人にとっては良いサービスだと思いました。登録の際に審査に通過しなければなりませんが、ハイクラスを目指している人の経歴ならまず通過できると思います。担当者はかなり積極的に動いてくれますし、マッチング率も高い印象を受けました。

  • よりハイクラスな求人に応募するには有料化員にならないといけませんが、収入アップを目指している人は断然有料会員がおすすめです。

  • 28歳・男性
    年収アップができる企業を求めて、ハイクラス求人が多いビズリーチに登録しました。書類と希望条件を記入したらスカウトを待つことになるんですが、すぐに複数のヘッドハンターの方からご連絡をいただきました。

  • サポートも手厚く、多くの転職ノウハウを教えていただけたことで、ハイクラス求人への応募も積極的に行うことができました。最後までアドバイスを下さり、感謝しております。

2:リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

口コミ:リクルートダイレクトスカウト 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:325,230(2024年7月10日現在)
求人数増減:+4,936(先週比↑up)
【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

30代におすすめの転職サイト2つ目は『リクルートダイレクトスカウト』。

他の転職サイトには掲載されていない非公開求人を数多く保有しているので、他の転職サイトと合わせて登録しておくのがおすすめです。

登録するだけでコンサルタントがおすすめの求人を探してくれるので、どんな求人が自分に推薦されるのかを知りたい人もおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトをメインに利用しているヘッドハンターも多くいるので、ここにしかない求人に出会える可能性が高いです。

求人の中身は日系大手が多く、ポジションや年収も高めの求人が多いため、キャリアアップを考える30代におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

リクルートダイレクトスカウトの口コミ評価

  • 30代後半・男性
    リクルートダイレクトスカウトを選択したのは、年収800万円以上の求人が多くあるからです。業界大手のリクルート社が運営しているだけあり、求人数は十分でサービス内容についても問題ありませんでした。

  • 他の転職サイトもいろいろ見ていましたが、エグゼクティブ限定という点にひかれました。前の仕事で年収は650万円以上だったので、転職することで年収を落とすわけにはいかなかったのもありますが、安心して使えました。

  • 30代前半・女性
    親身になって相談にのってくれたので、リクルートダイレクトスカウトで転職できてよかったです。前職で新しく上司になった方とソリが合わず、仕事に対しての考え方にも食い違いが結構ありました。

  • 同じ職場で仕事を続けるよりも転職したほうがいいと考え、ヘッドハンターの方に色々相談しました。転職支援の実績が多い方で、とても頼りがいがありました。年収もアップできてよかったです。

  • 40代前半・男性
    キャリアカーバーはハイクラス求人の用意がたくさんある転職WEBでした。新卒からいわゆる大手の会社でずっと仕事をしてきましたが、転職するにしてもある程度のブランド力がある企業を求めていました。

  • 妻からも旦那がどんな会社に勤めているかを聞かれるみたいで、名のある企業でないと嫌だと言われていました。その点では、安心感がありました。

  • 30代前半・男性
    リクルートダイレクトスカウトで転職しました。平日はいつも忙しくしてるので転職活動がなかなか進まなかったけど、ヘッドハンターの方が自分の代わりにたくさんの求人を持ってきてくれました。

  • 同時並行でいろんな転職エージェントを試しましたが、担当してくれた方がよかったのがリクルートの一番グッドなポイントでした。

  • 20代後半・男性
    ハイレベルな求人を扱っているサイトなので、自分には合いませんでした。いまの仕事にそこまで不満はありませんが、転職するにはある程度キャリアを積み上げていないと相手にされないこともあるのだと思い知りました。

  • 理由を聞いてみたら「年齢が若すぎても相手にしてくれない」考えの会社もあるようです。転職サイトを使う側としても、準備と心構えが必要だと感じました。

  • 30代後半・男性
    年収600万円以上の仕事を求めて以前はビズリーチを使っていましたが、キャリアカーバーの方が断然わかりやすかったです。コンサルタントの質、スカウトメールの量などこちらの方がずっとよかったです。

  • ヘッドハンターの人はあまり聞いたことのない会社名でしたが、きちんと対応してくれたので問題はありません。よくよく聞いてみたらリクルート出身だったようで、転職活動でとても的確なアドバイスをいただけました。

  • 30代前半・女性
    転職市場の概況や現在の求人状況など、丁寧に説明してくれました。自分に合致する求人がどの程度あるか、想定年収はどのくらいなのかだけでなく、その会社の将来性やビジョンの観点でも納得できる話を詳しく聞けました。

  • 高めのキャリアを志向する人は、リクルートダイレクトスカウトで正解だと思います。

  • 30代前半・男性
    今は転職活動していませんが、自分の市場価値を把握するために登録してみました。登録完了するまで結構面倒くさいかと思ってましたが、意外とすんなりできたのはよかったです。職務経歴の入力もテンプレート文章が参考になりました。

  • 自分の業界は移り変わりが激しいので、いつでも転職できるように今後に備える意味での情報収集でしたが、とても具合の良い転職サイトです。

3:JACリクルートメント

JACリクルートメント

口コミ:JACリクルートメント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:18,162(2024年7月10日現在)
求人数増減:+341(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

30代におすすめの転職サイト3つ目は『JACリクルートメント』。

JACリクルートメントはハイキャリアに特化した求人を取り扱う転職エージェントです。約43万人の転職支援実績をもとに、あなたに合った求人を提案してくれます。

JACは、各業界に精通した職種ごとのコンサルタントが、希望条件にあった求人を厳選して紹介してくれるため、幅広い業界・職種の求人を見ることができます。

国内企業だけでなく、外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに強みを持っているため、グローバル転職を目指している方にもおすすめです。

出典:公式サイト

JACリクルートメントの口コミ評価

  • 32歳・女性
    JACリクルートメントはエージェントの方がとても優秀でした。登録から内定まで親身な対応をしてくださり、私が希望していたすべての条件を満たす求人を提案してくださいました。

  • 転職サイトでは満足のいくオファーをいただくことができませんでしたが、JACさんは自分だったら見つけることのできなかった求人を出してくださいました。大変感謝しています。友人にも勧めていきます。

  • 30歳・男性
    前回利用した際の満足度が高かったため、今回もJACリクルートメントを利用しました。前回とは違う担当者でしたが、レスポンスが早く、会話の理解力や業界知識に長けていました。

  • 最初から最後まで対応が柔軟かつスピーディだったので、在職中でも安心して転職活動を進めることができました。非常におすすめの転職エージェントです。

  • 39歳・男性
    JACリクルートメントを利用しました。担当のコンサルタント自身が各企業へ営業していることもあり、求人の中身を熟知していたので、かなり詳しく内情をわかった上で面接に臨むことができました。

  • 他社エージェントに比べて企業理解をしっかりしているコンサルタントが多く在籍している印象があり、JACはおすすめできます。

  • 33歳・女性
    JACは30代以上のミドル層向けの求人が豊富だと感じました。ほかの転職サイトは30代の求人が極端に少ないものもありましたが、JACリクルートメントはハイクラス向けの転職サイトと宣伝しているだけあって、年収の高い希望求人を数多く紹介いただけました。

  • どのエージェントの方も非常に丁寧で、親身になって相談にのっていただけるので、また利用したいエージェントだと感じました。

  • 35歳・男性
    ミドル層向けが多く揃っていると友人に聞き、JACを利用。外資系への転職を希望していたのだが、これが見事にマッチした。JACは外資系企業への転職エージェントとしてはとても強いマーケットを持っており、業界の情報を踏まえて詳しく話が聞くことができるのは非常によかった。

  • また過去の面接者の体験談を収集しているとのことで、希望する企業の面接内容、面接官の人柄などの話も聞けるのは、前向きに面接をする準備ができるので非常によかったと思う。

  • 33歳・男性
    JACリクルートメントは紹介する求人も、こちらが要望したものをしっかり厳選して紹介してくれました、よくある適当に送付されるということはほとんどなく、それだけでも利用したいと思えるエージェントだと思います。

  • ただ、担当者が変わる際の引き継ぎが私の場合はあまりうまくされていなかった印象を受けたので、再度説明をする手間が発生したことがありました。それ以外は概ね満足しています。

4:ミドルの転職

ミドルの転職

口コミ:ミドルの転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:311,512(2024年7月10日現在)
求人数増減:+5,064(先週比↑up)
【公式サイト】https://mid-tenshoku.com/

30代におすすめの転職サイト4つ目は『ミドルの転職』。

ミドルの転職は、30代に特化した転職サイトです。管理職や経営幹部などのハイクラスな求人を中心に、10万件以上の求人を取り扱っています。

掲載されている求人には、エンジニアやITコンサルタントなど、IT・通信系の職種も多く掲載されています。管理部門や新規事業部門・CFO・COO・CHROなどの求人案件もあるため、30代で高年収求人を目指す人におすすめです。

出典:公式サイト

ミドルの転職の口コミ評価

  • 38歳・男性
    大手のハイクラス求人が多くありましたが、ビズリーチの方がよかったと感じています。サイト自体は使いやすかったのですが、求人数には物足りなさを感じました。ミドルの転職だけでなく、他社の転職サイトと併用して使うのがおすすめです。

  • 36歳・男性
    ミドルの転職を通じて業界有数の会社に内定をもらいました。マネージャー職を希望して転職活動をしていたのですが、ミドルの転職を見つけたので登録しました。マイナビやビズリーチと合わせて利用しましたが、遜色なく使えました。

  • 個人的な意見ですが、他の転職サイトと比べながら利用するのがいいかもしれません。

  • 40歳・男性
    管理職から役員へのキャリアアップを目指して転職活動をしていました。ビズリーチやJACリクルートメントなども利用していましたが、ミドルの転職も利用しやすかったです。他社に比べて求人がそこまで多くない点は気になりましたが、それ以外は便利で重宝しました。

  • グローバル企業も含め大手企業で管理職や役員を目指す人におすすめの転職サイトだと思います。

  • 30歳・男性
    マネジメントを積むために管理職や役員の求人を探していました。ミドルの転職の独自求人はそこまで多くなく、他社と同じ求人もありましたが、サイトが利用しやすかったので転職活動を始めた初期からメインで活用しました。

  • マネジメント経験がないと応募できない求人も多く、一定以上のレベルが求められる印象を受けました。私自身はビズリーチ社にもお世話になりましたが、使いやすさではミドルの転職に軍配が上がりました。

5:クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

口コミ:クライス&カンパニー 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:8,944(2024年7月10日現在)
求人数増減:+40(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.kandc.com/

30代におすすめの転職サイト5つ目が『クライス&カンパニー』です。

30代を中心に年収800万円以上、マネージャー以上の転職支援を得意とする転職エージェントです。

求人のラインアップも良く、業界未経験であっても年収交渉やキャリア相談について他社より手厚くフォローしてくれるのが特徴です。

人材業界でも評判の良いエージェントであるため、30代からキャリアアップを狙った転職をする人におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

クライス&カンパニーの口コミ評価

  • 32歳・男性
    クライスアンドカンパニーを初めて利用しました。在籍しているエージェントの方が優秀だという口コミを聞いて登録しました。実際にこちらの話を引き出すのがとても上手く、私が言語化できていなかった部分も理解いただけました。

  • おかげで希望する求人をスムーズに出してもらうことができ、内定に繋がりました。オファー後の企業側との交渉もしっかり行っていただき、大変満足のいく転職ができました。

  • 32歳・男性
    クライス&カンパニーを利用しましたが、大手の転職エージェントと比較すると求人は少なかったです。しかし、エージェントの方は大手よりも圧倒的に優秀で、ピンポイントに行きたい求人を紹介してくださいました。

  • たくさんの求人の中から選択したい人は他の転職エージェントが良いと思いますが、自分に合った求人を見つけたい人はクライス&カンパニーがおすすめです。

  • 36歳・女性
    転職活動をするにあたって、5社の転職エージェントさんを利用しました。その中の一つがクライス&カンパニーです。個人的に一番評価が高いエージェントさんでした。他社との違いは、エージェント担当の方のクオリティがとにかく高い点です。

  • 私自身に対しての理解度が高く、紹介いただいた会社で希望内容と合わない求人はありませんでした。私はキャリアアップを目指す転職を希望していたのですが、まさにキャリアアップにつながる転職ができたので本当に感謝しています。

30代向けおすすめ転職サイト記事も合わせてご覧ください。

40代・50代におすすめの転職サイト

40代・50代の転職におすすめの転職サイトをご紹介します。UIターンなどの転職にも使えるミドルシニア向けの転職サイトをおすすめします。

1:FROM40

FROM40

口コミ:FROM40 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:16,840(2024年7月10日現在)
求人数増減:±0(先週比→keep)
【公式サイト】https://www.from-40.jp/

40代・50代におすすめの転職サイト1つ目は『FROM40』です。

40代や50代の求人に特化した転職サイトです。未経験可の求人も多く、40代からキャリアを考える人におすすめです。

転職サイト大手であるリクナビNEXTなどと比較すると求人は少ないですが、40代・50代に特化した転職サイトの中ではトップクラスの求人数を誇っているため、登録しておいて損はないです。

出典:公式サイト

FROM40の口コミ評価

  • 45歳・女性
    契約社員でしたが、正社員に転職をしようと思って登録しました。40代で正社員への転職は難しいと言われていたのですが、確かに厳しかったです。IT業界を目指して転職活動をしていましたが、大手エージェントでは難しかったためこちらに登録しました。

  • FOROM40は40代に特化していることもあって、求人数が豊富にありました。自分が希望する職種の求人も多くあり、無事に正社員で転職できました。40代の転職はここで十分だと思います。

  • 41歳・男性
    40歳を超えたのを機に、都内から地元へのUターン転職を希望してFROM40を利用しました。大手エージェントほど求人はないかなと思っていましたが、40代に特化していることもあって、自分には十分な求人がありました。

  • 地元の求人もあって非常に使いやすかったです。40代で転職に悩んでいる人はFROM40を使ってみるのが良いと思います。

  • 46歳・男性
    ほかの転職会社では年齢と転職回数がネックで断られたため、FROM40に登録しました。40代の求人が豊富で、希望する勤務地の求人も多くあったため応募しました。すぐに面接に行くことになり、2週間ほどで内定をもらいました。

  • 世の中にはたくさんの転職系サイトがありますが、40代で転職を考えている人はFROM40を選択するのがいいと思います。おすすめです。

  • 42歳・男性
    年齢を見て決めつけられることもないので、ミドルシニア世代であればここを利用しておくのが良いと思います。職種も幅広くありますし、求人に出会うことを優先するのであればこちらが良いです。

  • 今までのキャリアで培ったスキルがあれば年収アップも狙っていけますし、年収ダウンを飲めるのであれば未経験の業界へチャレンジすることも可能です。とりあえず登録してスカウトを待つなど、忙しくても転職活動を進めることができるのがいいですね。

  • 45歳・男性
    今までのキャリアを活かし、より上を目指したいと思い数ある中の一つとして利用しました。スカウトサービスなのでこちらから探すことも少なくて済むのが便利でした。もちろんエグゼクティブ向けのある程度キャリアやスキルが必要ですので、経験が浅いと感じる方にはおすすめできません。

  • しっかりとキャリアを形成してきた人は、登録しておいて損はない転職サイトだと思います。

2:マイナビミドルシニア

マイナビミドルシニア

口コミ:マイナビミドルシニア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:257,398(2024年7月10日現在)
求人数増減:+10,544(先週比↑up)
【公式サイト】https://mynavi-ms.jp/

40代・50代におすすめ転職サイト2つは『マイナビミドルシニア』。

40代・50代・60代に特化した転職サイトです。地域を指定して求人を検索することができます。

マイナビミドルシニアの特徴として「ノック機能」があります。このノック機能を使えば、書類選考や面談の前に自分が採用対象であるかを企業に確認することができるのでとても便利です。

未経験可の求人も多いので、40代や50代で転職を考える人におすすめの転職サイトです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

マイナビミドルシニアの口コミ評価

  • 50歳・女性
    マイナビミドルシニアは50代でも使えるサイトだった為、転職を希望していた私にはぴったりのサービスでした。正直言うと、人材サービスを利用することには少し抵抗があったのですが、マイナビであれば大丈夫かなと思い、登録しました。

  • 結果、転職することができました。ありがとうございました。

  • 54歳・男性
    マイナビミドルシニアを利用して転職しました。いろいろな転職サイトに登録しましたが、一番使いやすかった印象です。私は地方での転職で利用しましたが、都道府県別に求人があるのは便利でした。

  • 匿名で応募できる機能があるのは、おもしろいと感じました。後輩にも利用を薦めてみたいと思います。

  • 53歳・男性
    求人情報を探していたところ、マイナビミドルシニアにたどり着きました。検索する中で自分の希望条件に合った会社を早く見つけることができて、すぐに応募しました。3回ほどの面接を経て、無事内定をもらうことができました。

  • 50代での転職は時間との勝負かと思っていましたが、私は比較的短い期間で転職することができたので良かったです。

  • 43歳・男性
    口コミでも数多く見かけましたが、担当者との相性があると思います。私は最初に担当してくださった方がかなり強引で、私が40代ということもあり、自分の希望する求人ではない企業への応募を強く薦められることが多かったです。

  • 私から担当者の変更を願い出たところ、次の担当者は対応が非常に丁寧で、私の希望にできる限り寄り添った求人紹介をしてくださいました。その方のおかげで無事に転職先を決めることができたので、一度担当者と合わないと思ったら変更を申し出るのも良いと思います。

  • 41歳・女性
    正社員として働きたいと思っていたので色々な転職サイトを使いましたが、希望に合う仕事先がなかなか見つからず困っていました。当初はさほど期待していませんでしたが、自分の年代に対応した求人が揃っており、条件ごとの検索が非常にスムーズにできることがとても好印象でした。

  • 求人広告の比較もできるので、正社員になるための条件を簡単に確認できるのが素晴らしいなと思いました。勤め先を見つけることができたので、マイナビミドルシニアを利用してよかったと満足しています。

40代向けおすすめ転職サイト50代向けおすすめ転職サイト60代向けおすすめ転職サイト記事も合わせてご覧ください。

女性におすすめの転職サイト

女性におすすめの転職サイトをご紹介します。女性に特化した転職サイトの中でも、結婚や出産、育児休暇などのライフイベントから求人を検索できる転職サイトをピックアップしました。

1:マイナビエージェント 女性の転職 

マイナビエージェント(女性の転職)

口コミ:マイナビエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

女性におすすめの転職サイト1つ目はマイナビエージェント 女性の転職』。

契約社員や経験年数が少ない、ブランクがあるなどの女性転職者であってもきちんと推薦してくれる転職エージェントです。

マイナビ転職内にある女性求人案件を切り取る形で運営しているため、求人が探しやすく、ライフスタイルの変化など女性特有の悩みも解決しやすくなっています。

マイナビエージェント(女性の転職)は「リクルートエージェント」や「doda転職エージェント」と比較すると求人数は劣りますが、それでも求人の数は業界トップクラスであるため、少なすぎるということはありません。

転職を考える女性におすすめの転職サイトです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

マイナビエージェントの口コミ評価

  • 32歳・女性
    子育ての為、時短や在宅ワークが可能な正社員を希望しての転職を行いました。正直、コロナもあって転職活動にはかなり苦戦しました。中々書類選考の通過が出来ず、いくつかの転職エージェントでは求人も紹介していただけなくなってしまいました。

  • 最後の望みに大手転職エージェントのマイナビエージェントに登録しました。担当頂いた方も女性で同じ境遇だったこともあり、かなり親身になってサポートをいただき、非常に安心できました。希望条件の求人を20社以上も紹介いただくことができ、最終的に紹介いただいた会社で内定できました。とても感謝しています。ありがとうございました。

  • 33歳・女性
    複数の女性向け転職エージェントを利用しましたが、大手のマイナビエージェントが一番よかったです。ワーママということもあってワークバランスを考えた求人を探していたのですが、中小の転職エージェントでは案件が少なく悩んでいました。

  • マイナビは業界大手ということもあってとても求人が豊富で、女性向け求人も数多くありました。リクルートエージェントよりも求人数が多かったのでおすすめです。

  • 40歳・女性
    登録して利用させていただきました。私のキャリアに合ったエージェントの人に担当いただけたこともあって心強かったです。中小や個人のエージェントも利用していましたが、やはり大手のほうが経験豊富で、女性の転職において頼りになると思いました。

  • 求人数がたくさんある為、選択肢が多いことは私に合っていました。最終的に大手企業に内定をもらうことができたので満足しています。

  • 27歳・女性
    評判が悪かったので警戒していましたが、私の面談をしてくれたエージェントは良い方でした。市場価値や自己アピールのポイントになる部分を一緒に考えていただき、書類の添削も具体的にしてくれました。

  • 特に模擬面接は実際の面接の想定で行なってもらえるので、ここでの丁寧なアドバイスが転職活動において大いに役に立ち、面接時の自信に繋がりました。最終的に内定もいただけましたし、感謝しております。

  • 32歳・女性
    転職活動をする暇がなく、なかなか前職から離れられない状況でした。そんな中ネットを利用しての転職活動を行なったのですがかなりよかったと思います。Webで面談対応してくれたり、私の希望に沿った求人を思っていたよりも多く紹介してくれました。

  • 実際の面接前後ではアドバイスやサポートも常に気にかけてくれたので、とても嬉しかったです。

2:doda Woman Career

doda Woman Career

口コミ:doda Woman Career 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:249,458(2024年7月10日現在)
求人数増減:+1,052(先週比↑up)
【公式サイト】https://doda.jp/woman/

女性におすすめの転職サイト2つ目は『doda』。

dodaは女性の転職にも力を入れています。求人の量と質ともにリクナビNEXTに次いで人気の高い転職サイトで、中でも「転職人気企業ランキング」は転職者に人気のあるコンテンツです。

また、エージェント機能も持っているため、女性向け求人を転職サイト「doda Woman Career」で探して、気になった求人を「doda転職エージェント」から応募するという使い方がおすすめです。

出典:公式サイト

doda Woman Careerの口コミ評価

  • 32歳・女性
    子育てを終えてdoda WomanCareerに登録しました。女性向けの求人がたくさんあって驚きました。私は希望する条件を詳細に設定しましたが、それでも私の希望条件に見合う求人がたくさん表示されたので、さすが大手転職エージェントのサービスだな、と感じました。

  • 子育てしている人や育児休暇明けの人にもおすすめできる気がしました。本当に色々な条件で絞込み検索ができるので、自分に合った求人を見つけられる転職サイトだなと感じました。

  • 26歳・女性
    dodaに登録して利用しました。女性ならではのコンテンツが充実しており、育児や出産を考えたキャリアの提案をもらえたので、転職者でキャリアに悩んでいる人にはおすすめの転職サイトだと思います。

  • 転職エージェントからの連絡は嫌だけど、一人で転職活動をしたい人には、これだけのコンテンツがあれば一人でも転職活動できると思います。

  • 29歳・女性
    求人数自体はある程度豊富に揃っている印象ですが、女性向けの未経験求人は少ない印象でした。ある程度キャリアを積んだバリキャリ女子には向いていると思いますが、若い年代や経験が浅い人にはおすすめできません。

  • 育児や子育てを経験し、復職を考える人は別の転職サイトや転職エージェントを利用することをお勧めしたいと思います。

3:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

口コミ:type女性の転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:10,952(2024年7月10日現在)
求人数増減:+36(先週比↑up)
【公式サイト】https://type.woman-agent.jp/

女性におすすめの転職サイト3つ目は『type女性の転職エージェント』。

type女性の転職エージェントは、サービス名にあるように女性の転職サポートに特化したエージェントです。社会人経験なし・業界未経験の女性の転職サポートに強みを持っています。

在籍するキャリアアドバイザーは年間5,000名以上の女性のカウンセリングを行っており、さまざまな悩みの相談に乗ってくれます。

キャリアアドバイザーは基本的に女性が担当しているため、女性ならではの転職に関する悩みを解決してくれます。キャリアアップしたい、ライフワークバランスを重視したい、出産を機に働き方を変えたいなど、要望に合った提案を丁寧にしてくれる点がおすすめです。

出典:公式サイト

type転職エージェントの口コミ評価

  • 31歳・女性
    type女性の転職エージェントは、ライフワークバランスを重視している人におすすめだと思いました。福利厚生等、子育て支援に強い求人や育休の制度等しっかりしている求人をいくつも紹介いただくことができ、最終的に内定をもらうことができました。

  • 女性に特化した転職エージェントということもあって、担当の方も女性特有の色々な悩みについて理解いただけたので、安心して利用することが出来ました。

  • 35歳・女性
    在籍していた会社は福利厚生が不十分だったため、結婚やその後の出産、子育てのことを考えて転職することにしました。typeで勤務時間や出産後のバックアップ体制等を条件にして検索したところ、今の業界からでも転職しやすい職種をたくさん見つけることが出来、転職先を検討する上でとても役立ちました。

  • 38歳・女性
    女性に特化した転職エージェントということでしたが、ハイクラス系の求人は少ない印象でした。ワークバランスを重視する人や、子育て・介護で時短労働を希望する人にはおすすめだと思います。ハイクラス転職を目指す方はビズリーチが良いと思います。

  • 28歳・女性
    女性が転職しやすい求人が多いです。積極的に女性を採用している求人が多いので、無駄な転職活動をする必要がないのがよかったです。求人情報がしっかりしているので、職場環境がイメージしやすいのもいいなと思いました。

  • また、相性診断という簡単なミニゲームのようなものがあり、職場を探している人に向けた遊び心のあるコンテンツが用意されているのもいいアイデアだと感じました。

  • 26歳・女性
    良い点と悪い点が結構はっきりしている。前者は「女性の転職」とある通り、女性の求人に特化しており、総合転職サイトよりも女性の求人の数が多いこと。女性に特化した転職イベントが定期的に開催していることがとても嬉しい。

  • 後者はとにかくメールの量が多いこと。少し放置してしまうと、とてもチェックできる量では無くなってしまうのがとても残念です。初期設定のせいでもあると思うのですが、配信設定のページを見つけるのがわかりづらいので改善してほしいです。

4:LIBZ(リブズ)

LIBZ(リブズ)

口コミ:LIBZ(リブズ) 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:339(2024年7月10日現在)
求人数増減:±0(先週比→keep)
【公式サイト】https://career.prismy.jp/

女性におすすめの転職サイト4つ目は『LIBZ(リブズ)』。

リブズは、女性の転職に特化した転職サイトです。正社員向け求人が多く、初めての転職~2回目の転職におすすめです。

女性のキャリアコンサルタントが多数在籍し、女性のライフステージに合わせたキャリアプランの提案や、女性目線でのアドバイスを受けられるので、安心して転職相談することができます。

女性は結婚や出産などでキャリアプランが変わることが多いため、さまざまな悩みを抱えがちです。そのためリブズのコンサルタントに相談し、女性目線のアドバイスをもらうことをおすすめします。

求人提案だけでなく、書類の添削や面接対策、条件交渉など転職活動をまるごとサポートしてくれるのでおすすめです。

出典:公式サイト

LIBZの口コミ評価

  • 34歳・女性
    女性向けの転職サイトで一番良いと思いました。特に、求人検索が女性の転職における悩みをよく理解しているなと感じました。ワーキングマザーが気になる項目で求人の絞り込みをできる点は、ほかの転職サイトにはない素晴らしいポイントでした。

  • また、面接時で聞き辛い部分などを質問することもできたりしたので、こういったサービスはありがたいと感じました。ワーママや育児休暇明けの人にはとてもおすすめの転職サイトです。

  • 30歳・女性
    大手転職サイトを利用していましたが、女性特有の求人検索項目などが網羅されていないので、女性特化の転職サイトに切り替えて利用しました。リブズは特に求人検索が良くできていて、女性の転職で気になる細かい部分の充実が凄いです!

  • スマートフォンでの利用が少し使い辛かったのが唯一のマイナスポイントですが、それ以外の点についてはとても満足できました。また利用したいと思います。

  • 37歳・女性
    キャリアアップを狙う女性には向いていないサービスだと感じました。女性に特化しているため、結婚やワーキングママのような方にはかなり使いやすいサイトだと思いますが、外資求人やハイクラスの求人はあまりない印象です。

  • 女性に特化しているといってもバリキャリを目指している方には向いていないので、ビズリーチやJACリクルートなどを利用することをおすすめします。

  • 37歳・女性
    小さな子供がいるため、バリキャリとして働くよりも、柔軟な働き方ができる会社を探していました。LIBZは女性に特化している転職サイトということもあり、リモートやフレックスなど、子育てをしていても働きやすい条件の求人が沢山ありました。

  • また希望の企業へ直接応募し、やり取りがスタートできるので、自分自身で企業の情報を確かめることができました。自分のペースで活動をすることができるので、おすすめの転職サイトです。

  • 29歳・女性
    派遣で事務の仕事をしていて、正社員になりたいと思ったのでリブズに登録しました。特に希望する職種もなく、ただ漠然と正社員になりたいと思っていたので、何から手をつけていいのかわからず困っていました。

  • リブズの《転職前の自己整理マップ》は「なぜ転職活動をするのか」「何を叶えたいのか」など、自分を客観的に見られるマップが簡単に作れるので、転職初心者の私にとって1番親切な転職サイトでした。未経験可の求人が数多くあり、有り難かったです。

  • 25歳・女性
    女性の転職に特化した転職サイトで、転職を検討する際の希望の進め方を選択できるのがとても良かったです。(他の転職サイトの登録をした際、求人メールが大量に送られてくるのがとてもストレスでした)

  • LIBZは自分で求人を見て探すorエージェントの方に探してもらうという、2つのパターンから選択できるので、最後まで自分のペースで転職活動をすることが出来ました。大量のメールや、電話での案内が苦手な人におすすめの転職サイトだと思います。

  • 30歳・女性
    他業種への転職を希望していたのですが、履歴書の書き方など分からないことが多々ありました。最初は自分一人で転職活動を行なっていたのですが、うまくいかないのと情報があまりないと感じ、いくつか転職エージェントを利用しました。

  • リブズは他社と比べて担当者の方がとても親身になって相談に乗ってくださり、書類選考や面接のたびに相談や足りない部分を指摘してくれたので、志望先の企業が求める人物像を理解して転職活動を進めることができました。何も分からなかった私に手厚いサポートを感謝しています。

  • 36歳・女性
    私の不安や要望に対して、とても丁寧な対応をしていただき満足です。求人情報に関してもこちらの要望に沿うように、繰り返し複数の求人を紹介してくださいました。私が職選びや面接や転職後のこと絵抱える不安や疑問にも一つ一つ答えてくださり、大変心強かったです。

  • 少々レスポンスが時間がかかる時があるなと思いましたが、全体的には満足しています。

女性におすすめの転職サイト30代女性におすすめの転職サイト40代女性におすすめの転職サイト記事も合わせてご覧ください。

第二新卒におすすめの転職サイト

未経験職の転職や第二新卒での転職におすすめの転職サイトをご紹介します。未経験や第二新卒など、経歴が浅い人でも使える転職サイトをピックアップしています。

1:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s

口コミ:マイナビジョブ20’s 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:5,840(2024年7月10日現在)
求人数増減:+23(先週比↑up)
【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

第二新卒におすすめの転職サイト1つ目は『マイナビジョブ20’s』。

転職サイトの「マイナビ転職」よりも第二新卒や未経験求人を多く紹介してくれる転職サイトです。未経験や第二新卒など、経験年数が浅い人でも書類通過率を高めるためのサポートをしっかりと行ってくれます。

第二新卒でも応募できる求人も多く取り扱っているため、新しい業種や職種に挑戦したい人におすすめです。マイナビジョブ20’sのコンサルタントが内定後のアフターフォローまで行ってくれるため、最後まで安心して利用することができます。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

マイナビジョブ20’sの口コミ評価

  • 25歳・男性
    マイナビジョブ20’sはさすが大手という印象を受けました。その理由は求人数です。他の転職サイトを利用しましたが、第二新卒の求人は正直あまり多くなく、求人を探すのに苦労しました。

  • 前職の在籍期間が短く、転職に不利な状況でしたが、マイナビには第二新卒歓迎の求人がいくつかあり、応募して内定をもらうことができました。ほかのサイトも利用しましたが、もっともおすすめできる転職サイトだと思います。

  • 24歳・女性
    転職活動で利用しました。マイナビジョブ20’sのアドバイザーは非常に丁寧な印象を受けました。私のキャリアについて一緒になって真剣に考えてくれて、職務履歴書等の書類作成などのサポートも最後まで行ってもらいました。

  • 最終的に内定をもらうことができ、大変満足のいく転職活動になりました。未経験での転職活動でしたが、とても助かりました。

  • 22歳・女性
    今の職場に上手くなじむことが出来ず、第二新卒枠で転職することにしました。入社から1年も経っておらず、学歴も大したことがなかったため、転職成功できる自信はありませんでした。

  • しかし、マイナビで紹介してもらった求人は自分に合っているものが多く、選択肢には困りませんでした。第二新卒枠の転職活動で悩んでいる人におすすめのサイトです。

  • 25歳・男性
    マイナビジョブ20’sを利用しました。サイトは検索がしやすくて求人ページも見やすかったです。求人の質も大手やそのグループ企業の求人を見つけやすくて比較的よかったと思います。

  • 自分で探したり、いくつか紹介もしていただきましたが、最終的には自分が納得いく会社の内定を得ることができました。ただ、求人の応募掲載内容はしっかり隅々まで確認したほうがいいなとは思いました。

  • 25歳・女性
    以前の会社は人間関係がうまくいかず4ヶ月ほどで辞めてしまいました。精神的にも疲れていたのですが、マイナビジョブ20’sのカウンセラーさんがサポートしてくれてとても助かりました。

  • 丁寧にヒアリングいただき、精神的な不安も配慮して、初めての転職でも私の希望に沿った会社をピックアップしてくれました。私は特に職場の人間関係を重視していたので、トラブルの心配のない会社に転職することができてありがたかったです。

2:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:421,789(2024年7月10日現在)
求人数増減:+2,878(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

第二新卒におすすめの転職サイト2つ目は『リクルートエージェント』です。

業界最大の転職エージェントであるため、ほかの転職サービスと比較しても未経験の求人を数多く保有しています。

おすすめの使い方として、事前に転職サイトの「リクナビNEXT」で第二新卒や未経験の求人を探しておき、気になった求人をリクルートエージェントに見せて相談することをおすすめします。

特に「第二新卒求人の特集」「未経験求人特集」などには多くの求人が掲載されているので、その求人をもとに転職エージェントへ相談すると面談もスムーズになるのでおすすめです。

出典:公式サイト

リクルートエージェントの口コミ評価

  • 24歳・女性
    アパレル会社で契約社員をしていましたが、今後を考え大手企業の正社員を目指して転職しました。未経験での転職になるため、中々書類選考から先に進まなかったのですが、リクルートの担当の方が希望に近い形の求人で、少し条件を緩めてはどうかという提案を下さり、いくつか求人を紹介してもらいました。

  • 将来的なキャリアアップも含めた提案をいただくことができ、最終的に入社することができました。未経験での転職活動には、リクルートエージェントがおすすめです。

  • 25歳・男性
    未経験でエンジニア職を希望しました。リクルートエージェントに登録して転職活動をしましたが、最終的に年収は前職より50万円上がり、教育制度もしっかりしている会社に入社が決まりました。

  • 自分の希望を叶えるために少々無理な要望をしましたが、担当の方にしっかりと要望を叶えてもらうことができ、感謝しています。未経験でエンジニアという求人も数多くあったので、狙っている人は登録してみるといいと思います。

  • 26歳・女性
    接客を行う仕事をしていたいたのですが、日々多忙で営業時間中に転職活動を行うことができずにいました。土日を利用してリクルートエージェントに相談しにいき、求人の提案を早めにもらうようにしました。

  • 書類作成や面接対策など、細かいフォローをしっかりやってもらえてとても助かりました。また、年収交渉もエージェントの担当の方を通じて伝えることができ、ストレスも少なくて済みました。リクルートエージェントはとてもおすすめできる転職エージェントだと思います。

  • 26歳・男性
    前職は建築業界でしたが、サービス残業が多くて働き方に悩み登録しました。仕事をしながら転職サイトを使うことに戸惑いがありましたが、気軽に使いたいと思い登録。私の経歴から経験が活きる求人や、私の人柄を見ての未経験業界も紹介していただき、幅広い選択肢が得られました。

  • 未経験の業界に行くのは不安もありましたが、話を聞いているうちに自分にも可能性があるんだと、思い切ってチャレンジしようと思いました。現在は、新しいことに日々勉強で大変ですが、サビ残もなく楽しくやりがいを持って働くことができています。

  • 24歳・女性
    ずっと興味のあったことで働きたいと思い、転職活動を始めました。でも一人ではどうしても息詰まってしまい、リクルートエージェントに登録しました。登録してすぐは、未経験の業界へのアピールの仕方、書類の書き方、面接対応…何から何まで自分の甘さを実感する日々でした。

  • ですが、そのおかげで転職活動に不安を持たず進められましたし、面接でも堂々と挑むことができるようになりました。リクルートエージェントさんのおかげで、良い転職ができたと思います。

3:type転職エージェント

type転職エージェント

口コミ:type転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:10,952(2024年7月10日現在)
求人数増減:+36(先週比↑up)
【公式サイト】https://type.career-agent.jp/

第二新卒におすすめの転職サイト3つ目は『type転職エージェント』。

type転職エージェントは、主に関東エリアの都市部(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に強い転職エージェントです。どの転職エージェントよりも手厚い転職支援サービスを行っています。

在籍しているキャリアアドバイザーは主にITやWeb、営業、販売・サービス、メーカーなどに強いため、業界を絞って転職活動を進めたい方におすすめです。

type転職エージェントは、キャリア相談から応募書類の添削・面接対策、入社にあたってのアドバイスなど、転職活動全般にわたってサポートを行ってくれるので、転職に慣れていない人にもおすすめです。

moto
motoの一言アドバイス

type転職エージェントは都内の企業の求人に強いですが、地方の求人には弱いです。地方で転職するならリクルートエージェントやdodaなどの大手転職サイトを使ったほうが良いです。
また、typeは特定企業においては社内で書類選考をしており、通過率の高い人だけに求人を案内してくれます。過去の面接で聞かれたことや、見ている点などを細かく教えてもらえるので、信頼できる転職エージェントでした。

出典:公式サイト

type転職エージェントの口コミ評価

  • 24歳・男性
    type転職エージェントを利用しました。未経験でもできる仕事を希望していましたが、私の希望にあった求人をきちんと紹介してくださいました。福祉関連の会社ですが、未経験採用を積極的に行っていて、仕事を変えたいと思っていた私にはピッタリでした。

  • 恐らく自分一人では見つけることが出来なかったので、この転職エージェントを利用してよかったと思います。

  • 26歳・男性
    勤めている会社がいわゆるブラック企業で、休日出勤が当たり前という状態でした。転職しようと考えて登録したのがType転職エージェントです。こちらの条件をしっかりと汲み取っていただき、土日が休みで残業がほとんどない会社を紹介してもらいました。

  • 面接のサポートまでしてもらうことができ、無事に転職することが出来ました。利用してよかったです。

  • 23歳・男性
    type転職エージェントには求人をたくさん紹介いただけましたが、希望に沿っていない紹介もいくつかありました。恐らく第2新卒の転職だったため内定が出やすいものだったのではないかと思います。

  • コミュニケーションで困ることはありませんでしたが、自分の求人と合わない場合ははっきりと意思を伝えないと、安易な仕事を紹介されてしまう為、注意が必要だと思います。

  • 29歳・女性
    子育てがある程度落ち着いて、フルとはいかなくても働けないかと思いいくつか転職サイトに登録しました。その中ではtypeさんが私に合っていたと思います。私の希望を聞いて、無理なく働ける会社を紹介してもらいました。

  • 私としてはほぼ未経験な経歴になるので派遣でも良いというのがありましたが、比較的早めに職場を見つけられました。アドバイザーさんも私にかなり配慮して求人を選んでくれていたと思います。とても丁寧な方だったので、利用してよかったです。

  • 28歳・男性
    type転職エージェントのおかげで、なかなか決まらなかった再就職先がやっと決まりました!本当にありがとうございます。色々な転職サイトを転々としてやっと自分の希望する仕事を見つけることができました。

  • 何から何までサポート対応していただけて、感謝しかありません。求人数も多かったですし、対応がとても丁寧でした!もうお世話にならないようにしたいですが、もしまた転職することがあれば頼りたいと思います(笑)

4:UZUZ(ウズウズ)

UZUZ(ウズウズ)

口コミ:UZUZ(ウズウズ) 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://uzuz.jp/

第二新卒におすすめの転職サイト4つ目は『UZUZ』。

20代の中でも未経験や第二新卒の転職に特化した転職サイトです。担当してくれるコンサルタントが全員20代の第二新卒であることが他社との大きな違いになっており、20代のキャリア相談に面談でしっかりと対応してくれます。

第二新卒に特化しているため、求人は20代や第二新卒、未経験向けの求人がメインとなっています。大手からベンチャーまで扱っており、キャリア相談についてもしっかりと対応してくれます。転職サイトで求人やキャリアに迷っている人におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

UZUZの口コミ評価

  • 25歳・男性
    不動産の営業職から、未経験でIT業界へ転職を希望してUZUZを利用しました。未経験職ということもあり不安な部分も多かったですが、担当いただいたエージェントの方のサポートもあり無事転職することができました。

  • 担当してくださった方も第二新卒の方だったので、入社後の勤務状況などもご連絡下さり、今でもサポートをいただいています。求人の紹介力、サポート力共に評価できる転職エージェントだと思います。また利用したいと思いました。

  • 25歳・女性
    大手転職エージェントを利用していましたが、担当エージェントの方がこちらの要望にあった求人を出してくれなかったためUZUZに登録しました。UZUZはこちらの要望をしっかりと聞いて、求人を紹介してくださいました。

  • 大手の転職エージェントでは書類選考を通せなかった企業に面接まで持っていってくださり、非常に助かりました。また、担当してくださったエージェントの方が同じ業界出身者だったこともあり、意気投合できました。本当に良い転職エージェントでした。

  • 22歳・男性
    入社後約1年での転職だっため、第二新卒に特化しているUZUZを利用しました。UZUZは他社の転職サイトや転職エージェントと違ってこちらの事情をよく理解したうえで求人の紹介をしていただけました。

  • また、書類はもちろん、面接時のサポートも丁寧に行っていただけたので、安心して転職活動を終えることができました。担当さんが同い年だったので気軽に相談でき、カジュアルにキャリア相談にのってもらいました。

  • 23歳・男性
    すぐに働きたいと思って、第二新卒向けに強いUZUZを利用しました。転職は初めてでしたが、書類作成や面接の対応を手厚くサポートしていただき、無事に環境を変えることができました。

  • 入社してすぐというマイナスなこともうまくアピールできるようアドバイスをいただき、年収もちょっと上がって嬉しかったです。今は楽しく働けています。

  • 24歳・男性
    20代でしばらくフリーターをしていましたが、周りを見てそろそろちゃんと働かないとやばいと思って仕事探しすることに。でも転職がうまくいかないときに、フリーターでもサポートしてもらえるUZUZを知って利用。

  • 他のところだとフリーターというのもあって「とりあえずどこかに入れよう」っていうのが多かったんですが、UZUZはそれでも私の希望や気持ちを汲み取って仕事を紹介してくれたと思います。

  • 何より就業サポートのおかげで、出遅れていた私でもちゃんと仕事につくことができました。同じように困っている人がいたら、UZUZを利用した方が絶対にいいです。

第二新卒のおすすめ転職サイト記事も合わせてご覧ください。

ハイクラスにおすすめの転職サイト

ハイクラス転職におすすめの転職サイトをご紹介します。求人数は多くないですが、求人の年収やポジションが高い転職サイトを中心にご紹介します。

1:リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

口コミ:リクルートダイレクトスカウト 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:325,230(2024年7月10日現在)
求人数増減:+4,936(先週比↑up)
【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

ハイクラスにおすすめの転職サイト1つ目は『リクルートダイレクトスカウト』。

リクルートダイレクトスカウトは、リクルートが運営するスカウト型転職サイトです。公開求人数は20万件以上あり、ハイクラス向け転職サイトの中では求人数はトップクラスです。

会員登録は無料で、登録情報を基に4,300人以上のヘッドハンターや企業からスカウトを受けることができ、転職決定年収の平均は約900万円を超えています。

企業ブロック機能もあるので安心して利用することができる点もおすすめです。

出典:公式サイト

リクルートダイレクトスカウトの口コミ評価

  • 32歳・男性
    リクルートダイレクトスカウトはハイクラス求人が多く、私のような大手企業への転職を希望する人におすすめの転職サイトだと思います。「ソフトバンク」「電通」「サイバーエージェント」など、誰でも知っている企業の求人もありました。

  • 大手の求人が見れるだけでも登録の価値はあると思います。

  • 33歳・女性
    在籍しながら転職活動を行っていたため、転職エージェントから求人を紹介してもらえるのはありがたいと思いました。リクルートダイレクトスカウトはハイクラス求人に特化した転職サイトのため求人のレベルも高く、どの求人を見ても非常に満足のできるものでした。

  • ビズリーチよりも個人的には好きでした。また利用したいと思います。

  • 35歳・女性
    3回目の転職でリクルートダイレクトスカウトを利用しました。1回目の転職時は私のキャリアも足りず年収も低かったためほとんど利用できず、2回目の転職ではビズリーチを利用、そして今回の転職ではある程度キャリアを重ねたため、リクルートダイレクトスカウトにしました。

  • 利用してみましたが、ある程度キャリアがないと利用するのは難しいサービスだと思いました。求人のレベルが非常に高いため、管理職やハイクラスな優秀層に合っている気がします。

  • 37歳・男性
    ハイクラス求人の数が豊富です。私自身何度か転職しているのですが、エージェントは経験豊富な人をできる限り希望するのが良いと思います。若いエージェントがダメなわけではないのですが、技術的・知識部分となるとやはり質の高いエージェントに出会えないと苦労するからです。

  • 無駄に押しつけをせず、きちんと寄り添えるエージェントがいるので、今後も転職することがあればリクルートダイレクトスカウトを利用すると思います。

  • 31歳・男性
    ハイクラス求人への募集ということもあり、ちゃんと対応してくれるエージェントだと思えるまで何度か担当者交換をお願いしてしまいました。かなりわがままを言っている自覚はあります。ですが転職サイトを利用しようと思うと、良いエージェントに出会えないと難しいと思ったからです。

  • 結果的に私の性格、能力などから考えられるだけのハイクラス求人を提案いただきました。おかげさまで自己分析から今後のキャリアまで配慮された会社で働くことができましたので、エージェントを妥協することなく探すのも大事だと思いました。

2:JACリクルートメント

JACリクルートメント

口コミ:JACリクルートメント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:18,162(2024年7月10日現在)
求人数増減:+341(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

ハイクラスにおすすめの転職サイト2つ目は『JACリクルートメント』。

JACリクルートメントはハイクラス向けの「役職付き求人」が多い転職エージェントです。在籍しているコンサルタントのレベルが他社に比べて高く、書類選考や年収交渉は他社と比較しても強いです。

求人の年収帯も800万円~1,000万円の案件が多く、企業も外資系や日系大手企業がメインに掲載されているため、ミドルやエクゼクティブ層の人におすすめです。

出典:公式サイト

JACリクルートメントの口コミ評価

  • 44歳・男性
    3社程転職エージェントに登録して転職活動を行いましたが、JACリクルートメントは一番満足度が高かったです。私自身、転職回数も多く、年齢が40代ということもあり、他のエージェントの紹介では書類選考率も3割程度でしたが、JACは6割以上書類選考に通過しました。

  • 私の経歴を細かくヒアリングいただいたことで、紹介求人とのミスマッチがすくなかったことが要因だと思います。おかげさまで年収を上げて転職することができたので、JACは本当におすすめできる転職エージェントだと思います。

  • 36歳・女性
    JACリクルートメントはミドル層の求人に強いと感じました。私はこれまでに2回転職しましたが、2回ともJACリクルートメントを通じての転職でした。JACは転職エージェントのレベルが高く、2回とも年収アップおよびキャリアアップの転職を実現してくれました。

  • 転職者側の視点に立ったアドバイスを頂けるので、キャリアアップを考える転職者にはおすすめです。

  • 31歳・男性
    JACリクルートメントは大手エージェントと比較すると求人は少ないかもしれません。しかし、希望に合った求人の紹介数と、書類の通過数は他社の転職エージェントとは比較にならないほど高かったです。

  • 私に合った適切な求人を紹介いただけて満足しています。数は少ないですが、全体的にハイクラスな求人が多く、非常に便利でした。次回も利用しようと思います。

  • 33歳・女性
    アドバイザリー業務の経験を活かしての転職を考えていました。私が転職活動を始めた頃は金融業界の転職マーケットが厳しくなった頃でした。今後どのようなキャリアを積んでいけるのかが気になり、JACさんに登録をしました。

  • 色々と求人を紹介いただいたのですが、私の経歴を見て担当の方がどこにも出ていない非公開求人の提案をしてくださいました。コンサルタントの方いわく、私のスキルを活かせるというのが理由でした。

  • 企業側もすぐに面接を組んでくれて、結果内定をいただくことができたので、JACリクルートメントで転職活動をしてよかったと思いました。

  • 34歳・男性
    同業の外資系企業への転職でキャリアアップを目標に利用しました。他の転職エージェントを利用したのですが求人数が少なく、思うように転職がうまくいきませんでした。そんな中、JACの「無料転職サポート」に登録しました。

  • 面談では私のキャリアを見て、キャリアコンサルタントの方は様々な求人を紹介してくださいました。中でも印象に残っているのが、私の経験が活かしつつ、将来のキャリアにつながる求人を紹介していただいたことです。

  • 私の希望とは違っていましたが、外資系金融情報システムの会社で活躍する道筋を選びたくなりました。よく希望通りの求人が来ないという件を見かけますが、キャリアアップの選択肢が広がるということもありますので、大変満足いく会社を紹介していただけたと思います。

3:パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:37,593(2024年7月10日現在)
求人数増減:+1,557(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

ハイクラスにおすすめの転職サイト3つ目は『パソナキャリア』。

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査で「転職エージェント部門4年連続1位」を獲得しているユーザー満足度の高い転職エージェントです。

パソナキャリアは、業界ごとや職種ごとに専門のキャリアアドバイザーが担当してくれるので、あなたに合ったサポートが受けられます。また、東京だけでなく、全国に拠点があるため、大阪や名古屋のオフィスでも面談や転職相談が受けられます。

人材業界で約40年続けているだけあって、求人企業とのネットワークが強いです。初めて転職エージェントを利用するハイクラスの転職者におすすめです。

出典:公式サイト

パソナキャリアの口コミ評価

  • 29歳・女性
    パソナキャリアは求人紹介だけでなく、エージェントの人のキャリア相談も非常に有用でした。全体的にサポート体制が素晴らかったです。書類選考の添削や面接の練習、企業の細かい情報などを懇切丁寧に教えてくれます。

  • 今の職場に在籍しながらの転職だったため、心細かったですが、担当の方に支えていただけたので無事に転職活動を終えることができました。パソナキャリアを利用して本当に良かったです。

  • 33歳・男性
    大手転職エージェント2社と並行してパソナキャリアに登録しましたが、パソナキャリアが1番良かったと思います。他転職エージェントは、年齢や学歴、英語力などの条件面で判断されてしまい、求人の紹介さえしてくれませんでした。

  • パソナキャリアは私のキャリアと意向をきちんと汲み取った上で希望の業界・職種の求人を紹介していただけました。紹介会社としてちゃんとマッチングをしてくれたこと、担当のコンサルタントの方が、モチベーションを高めてくれたことで、納得した転職活動を行うことが出来ました。ありがとうございました。

  • 39歳・男性
    IT業界の管理職を希望してパソナキャリアを利用しました。他にもいくつか転職サイトと転職エージェントを利用しましたが、最終的にパソナキャリア経由で内定をいただくことができました。

  • 転職エージェントの担当者はこちらで指名できないため運要素がありますが、私の担当の方は細部にわたって丁寧にサポートいただけた為満足しております。もし転職エージェントの担当者と合わないと感じた場合は、問い合わせ等から担当変更の希望を出しても良いと思います。

  • 28歳・男性
    いくつかの転職エージェントを利用していましたが、今回はパソナキャリアで決まりました。決定的だったのは非公開求人の質でしょうか。大手企業や年収、福利厚生が優れている企業が多かったので、こちらとしては選択肢に幅があって助かりました。

  • とはいえ他のエージェントと比べると求人の数が決して多いわけではないので、他の転職エージェントを利用しつつの活用が適していると思います。

  • 30歳・男性
    他のエージェントにはない上位ポジションの求人を紹介してもらえたのがよかったです。特にCTOや技術部長クラスのITエンジニアのハイクラス求人を多く紹介してもらえました。

  • 他のエージェントだとプログラマやSEの求人は通常のものが多く、ハイクラス求人で紹介していただけるところが貴重で、とても満足することができました。

4:doda X

doda X

口コミ:doda X 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:55,151(2024年7月10日現在)
求人数増減:+625(先週比↑up)
【公式サイト】https://doda-x.jp/

ハイクラスにおすすめの転職サイト4つ目は「doda X」。

「doda X」は年収800万円以上の求人に特化した転職サイトです。doda Xに登録するだけで、ヘッドハンターからスカウトを受け取ることができるため、現職が忙しいハイクラス層に人気があります。

求人数は大手転職サービスと比較すると少ないものの、管理職や経営層など、企業の重要なポジションとなる求人が多数掲載されており、キャリアアップを目指したいハイクラスにおすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

doda Xの口コミ評価

  • 33歳・男性
    ix転職のCMを見て登録しました。ハイクラス求人はビズリーチだけでよいと思っていましたが、ix転職にしか掲載されていない求人も数多くあったので、合わせて登録することをおすすめします。

  • 大手人材会社とあって求人の数も多く、レベルの高い求人が数多くありました。

  • 38歳・男性
    ハイクラス転職サイトを探していて、口コミをみてix転職に登録しました。最初はイマイチなのかなと思っていましたが、送られてきた求人の質があまりにも高くて驚きました。

  • ただ求人数は多くないため、ビズリーチやJACと合わせて利用するのがおすすめかなと思います。また利用したいと思います。

  • 33歳・女性
    パーソルキャリアさんが運営しているという安心感から登録しました。ハイクラスでの転職を考えていたため利用しましたが、とても満足のいく転職サイトでした。誰もが知る大手企業の求人が多く、管理職やマネージャーポジションの募集が数多く掲載されていました。

  • ビズリーチさんにもない求人があったので、登録しておく方が良いと思いました。

  • 27歳・男性
    前職の年収を少しでも上回る企業を探して転職活動をしていました。なかなか希望通りの企業がなく厳しい中、担当者の方が時間をかけて希望にマッチする求人を探して紹介してくれました。

  • 書類や面接対応の面でも私のキャリアや経験をより良く見えるよう改善策をアドバイスいただき、しっかり希望した条件を満たした転職ができたので満足してます。

  • 41歳・男性
    管理職としてのキャリアアップを考えていたのですが、なかなか年収アップする求人に出会うことができませんでした。そんな中iX転職に出会い利用してみると、管理職の経験やキャリアを活かせる求人やエグゼクティブ求人が多く揃っていたので、しっかりと吟味をして選ぶことができました。

  • スピーディーな転職活動を行うことができたので、良い印象を持っています。

5:プロフェッショナルバンク

プロフェッショナルバンク

口コミ:プロフェッショナルバンク 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:144(2024年7月10日現在)
求人数増減:±0(先週比→keep)
【公式サイト】https://www.pro-bank.co.jp/

ハイクラスにおすすめの転職サイト5つ目は『プロフェッショナルバンク』。

プロフェッショナルバンクは業界や職種を問わず、30代向けのハイクラス求人が多い転職エージェントです。ヘッドハンティングも行っているため、今すぐに転職を考えていなくても、良い求人があったときにも紹介してもらうことができます。

ヘッドハンティングの求人は人事側の評判が良く、30代のハイクラス求人は他社よりも圧倒的に多いです。

非公開求人も多く掲載されており、通常の求人についても、ハイクラス求人が多いのでキャリアアップに最適です。コンサルタントの担当者には優秀な方が多いため、キャリアを考える人におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

プロフェッショナルバンクの口コミ評価

  • 39歳・男性
    友人がプロフェッショナルバンクが良かったと言っていたので利用しました。コンサルタントの方が非常に優秀で驚きました。自分は管理職での求人を希望していましたが、現職と同じ仕事内容で年収を大幅に上げることができました。

  • ハイクラス求人に強い印象があるので、年収の高い人に向いていると思います。

  • 33歳・男性
    初めて利用しましたが、非公開求人のレベル感が他社よりも良く、とても満足できました。ビズリーチなども利用していましたが、ヘッドハンターの方に声をかけていただきこちらへ登録しました。

  • ビズリーチに掲載のある求人もありましたが、非公開求人はここにしかないものが多かったので、利用してよかったと思っています。

  • 40歳・男性
    役員を目指してキャリアを重ねてきましたが、なかなかいい出会いにめぐまれずにいました。友人の勧めでプロフェッショナルバンクに登録したところ、自分が望む求人に出会うことができました。

  • ヘッドハンターの方が非常に優秀ですぐに転職も決まったので、次回も機会があればまた利用したいと思います。

ハイクラス向けおすすめ転職サイト記事も合わせてご覧ください。

未経験におすすめの転職サイト

無職やフリーターの人におすすめの転職サイトをご紹介します。

1:就職Shop

就職Shop

口コミ:就職Shop 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:11,000件以上(2024年7月10日現在)
【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

未経験におすすめの転職サイト一つ目が『就職Shop』。

業界最大手のリクルートが運営する既卒やフリーター向けの転職サービスです。リクルートが運営していることもあり、掲載企業数は10,000社を超えていて、利用者の9割が20代となっています。

就職Shopは対面型の就職・転職活動支援サービスで、キャリアコーディネーターが転職をきちんとサポートしてくれます。このサービスの最大の特徴は「書類選考がない」ことです。

就職Shopに掲載されている求人は、書類選考がなしで面接に進めるため、フリーターや無職の方には非常におすすめです。

出典:公式サイト

就職Shopの口コミ評価

  • 25歳・男性
    無職で転職活動をするために登録しました。就職ショップの求人は履歴書で落とされることがなく、人柄や熱意で決まると担当の人が言っていました。登録者の4人に3人は正社員未経験らしいので、私も安心しました。高卒でしたが、ここで紹介してもらった会社に正社員として入社できたので良かったです。

  • 26歳・男性
    1年前に正社員を目指して転職するために就職SHOPへ足を運びました。窓口の担当の人から「営業職に興味が在れば、正社員での求人はいくらでもある」とアドバイスを受け、求人を紹介してもらいました。最終的に無事に正社員になることができました。

  • 27歳・女性
    ネットで「28歳で納得いく就職できました」という広告を見つけて登録してみました。ずっと派遣社員をしていましたが、正社員になりたいという希望を伝え、求人を紹介してもらいました。事務職の求人をもらってすぐに面接に行き、内定をもらえました。とても良い転職サービスだと思いました。

2:ハタラクティブ

ハタラクティブ

口コミ:ハタラクティブ 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:4,263(2024年7月10日現在)
求人数増減:+31(先週比↑up)
【公式サイト】https://hataractive.jp/

未経験におすすめの転職サイト2つ目は『ハタラクティブ』。

ハタラクティブはレバレジーズ社が運営する第二新卒やフリーターの転職支援に特化した転職エージェントです。学歴やこれまでの職歴に関係なく、転職支援を無料で受けることができます。

ハタラクティブで内定獲得した人の86.5%が大手に内定しており、求人の80%以上が「未経験可」の正社員求人となっています。ハタラクティブの最大の特徴は最短2週間で内定を獲得できるという期間の短さです。

相談後すぐに求人を紹介してくれるため、比較的早く転職活動を終えることができます。フリーターや第二新卒、未経験で早く転職したい人におすすめです。

出典:公式サイト

ハタラクティブの口コミ評価

  • 25歳・男性
    ハタラクティブを利用しました。事前に面接でよく聞かれる質問リストを送ってくださったり、履歴書と職務経歴書の修正ポイントを指摘してくださったりと、とても丁寧に転職活動のサポートをしてくださいました。

  • また転職活動中も、求人の選び方や入社後についてもアドバイスをくれました。本当に助かりました。

  • 28歳・男性
    ハタラクティブを利用しましたが、長野県での希望求人は見つかりませんでした。求人の多くは東京の中小企業が中心で、地方の求人は数があまりに少なかったです。地方で転職活動をする人はほかの転職サイトを利用するほうが良いです。

  • 23歳・女性
    契約社員として働いていましたが、契約更新のタイミングで転職をしました。高卒なので、正社員は諦めていましたが、ハタラクティブを友人に紹介してもらい、10件以上の求人をもらいました。

  • 大手の転職サイトを利用した際は求人も紹介してもらえなかったので登録して良かったです。ハローワークなどより圧倒的に条件の良い求人が多いので、おすすめです。

未経験におすすめの転職サイト記事も合わせてご覧ください。

IT・エンジニアにおすすめの転職サイト

IT業界やエンジニア、Web業界への転職を考えている人におすすめの転職サイトをご紹介します。IT業界やエンジニア、Web業界への転職は業界に特化している転職サイトがおすすめです。

ここではIT業界やエンジニア、Web業界に特化した転職サイトで求人数が多い3社をご紹介します。

1:Geekly(ギークリー)

Geekly(ギークリー)

口コミ:Geekly(ギークリー) 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:24,515(2024年7月10日現在)
求人数増減:+536(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.geekly.co.jp/

エンジニアの転職におすすめの転職サイトが『ギークリー』。

ギークリーは、Web・ゲーム業界特化の転職エージェントです。エンジニアが利用したい転職エージェント第一位にも選ばれており(日本マーケティングリサーチ機構調べ)、業界に特化した転職エージェントとして知名度があります。

IT業界専門のキャリアアドバイザーが徹底的な転職サポートをしてくれるため、志望企業への書類選考や面接通過率が高い点が特徴です。

ギークリーはIT業界だけでなく、IT企業の営業職やマーケティング職、管理部門などの求人も掲載しているので、エンジニアでIT業界を目指す人におすすめです。

出典:公式サイト

Geeklyの口コミ評価

  • 23歳・男性
    未経験でITエンジニアを目指していたのでIT業界に強いGeeklyを利用しました。未経験ではありましたが、ITエンジニアとして経験を積んでキャリアを築いていこうと決めて、エージェントに相談しました。

  • 経験が乏しいため、ほかの転職エージェントでは断られましたが、geeklyはかなり多くの求人を紹介してくださいました。書類の添削や面談対策などをしてもらい、20代で未経験ながらエンジニアに転職することができました。

  • 26歳・女性
    転職活動をするために3社ほど転職エージェント利用しましたが、最終的に決まったのはGeeklyでした。他社エージェントは、私の希望条件を基に紹介してくださいましたが、Geeklyさんは将来的なキャリアも踏まえた上での求人の紹介してくださいました。

  • 年収交渉にも強く、最終的に希望年収より100万円もアップして転職することができました。20代での転職にはgeeklyがおすすめです。

  • 27歳・男性
    geeklyは大手の転職エージェントで通過できなかった企業に書類を通し、内定につなげてくれました。IT企業との関係値が強いためか、多くの企業に応募することができました。最終的にIT企業のマネージャー職に就くことができたので非常に満足しています。

2:マイナビITエージェント

マイナビITエージェント

口コミ:マイナビITエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/

IT・エンジニアへの転職におすすめの転職サイトが『マイナビITエージェント』。

業界大手のマイナビが運営するITエンジニア特化型の転職サイトです。業界大手ならではの求人数を誇り、非公開求人数も他社より多く掲載されています。企業規模も大手からベンチャーまで幅広く掲載されています。

また、キャリアアドバイザーのサポートに定評があり、転職希望者と面談を行い、対面で今までのキャリアや転職先の希望などのヒアリングをしてくれます。

ITエンジニア専門のキャリアアドバイザーもいるので、エンジニアの仕事内容を理解した上で、求人を紹介してくれるので、初めて転職する方や希望に合った求人を紹介してほしいエンジニアの人におすすめの転職サイトです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

3:dodaエンジニアIT

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:249,458(2024年7月10日現在)
求人数増減:+1,052(先週比↑up)
【公式サイト】https://doda.jp/

IT・エンジニアの転職におすすめの転職サイトが『dodaエンジニアIT』。

dadaエンジニアITは、Webサービス系エンジニアやアプリケーションエンジニア、セキュリティエンジニアなど、職種ごとに求人を探すことができます。 求人数も約4万件と豊富なので、他の転職サイトに比べてより多くの求人を見ることができます。

また、dodaの転職エージェントサービスに登録すると、ITエンジニア専門のキャリアアドバイザーが付き、専門的なキャリアアドバイスをもらうことができるので、登録しておくことをおすすめします。

出典:公式サイト

IT/Webエンジニアにおすすめ転職サイト記事も合わせてご覧ください。

ベンチャー転職におすすめの転職サイト

ベンチャーやスタートアップへの転職におすすめの転職サイトをご紹介します。

1:プロコミットキャリア

プロコミットキャリア

口コミ:プロコミットキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://www.procommitcareer.co.jp/

ベンチャーとスタートアップの転職に特化しているのが『プロコミットキャリア』。

創業したばかりのスタートアップから上場しているベンチャーまで幅広く求人を保有しています。経営企画や事業開発、エンジニア、管理部門、COOやマネージャーなど幹部候補となる求人が多くあるため、ベンチャーやスタートアップを通じてキャリアアップをしたい人におすすめの転職サービスです。

数多くあるベンチャーやスタートアップの中でも比較的厳選された企業が掲載されているため、安心して利用することができる点もおすすめです。

出典:公式サイト

プロコミットキャリアの口コミ評価

  • 26歳・女性
    ずっと働きたいと思っていたメガベンチャー企業を紹介してもらえて、無事内定を勝ち取ることができました。大手のエージェントにはないベンチャー求人を紹介してもらえたので、プロコミットを利用してよかったと思います。

  • 働きたいと思っていた企業の面接のために、自分では気付けなかった強みやアピールポイントを見つけていただけたのも大変助かりました。コンサルタントの方が優秀で、さすがだなと思いました。

  • 29歳・男性
    プロコミットさんはコンサルタントの方が「キャリアカウンセリング技能士2級」や「米国CCE,Inc. GCDF-Japan キャリアカウンセラー」などの資格を持っていることもあり、非常に質の高いコンサルタントが揃っていると言えます。

  • 転職経験がある方もいるので、転職で必要な情報の提供や私たちに寄り添ったキャリアの提案をしてくれるのがありがたいと思いました。

2:LHH転職エージェント

LHH転職エージェント

口コミ:LHH転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:15,796(2024年7月10日現在)
求人数増減:+17(先週比↑up)
【公式サイト】https://jp.lhh.com/

LHH転職エージェント(旧Spring転職エージェント)』は、人材サービスのグローバル企業であるAdecco Groupが運営する転職エージェントです。営業やマーケティング、経営、管理部門、Webエンジニア、医療など、幅広い職種に対応できるキャリアアドバイザーが在籍しています。

比較的ベンチャー企業の求人が多く掲載されているため、創業期のベンチャーの幹部候補求人などを探している転職者におすすめです。

キャリア相談にも親身に乗ってくれるため、ベンチャーへの転職に悩んでいる人におすすめです。

出典:公式サイト

LHH転職エージェントの口コミ評価

  • 32歳・男性
    求人の情報量や企業文化、経営者についてまで他のエージェントよりも詳しく教えてくださいます。そのおかげで入社後のギャップがほとんどなく働けるなと思いました。求人も希望にマッチしたものを紹介してくれて、応募も急かされることなく自分のペースでじっくりと考えて活動できました。

  • おかげで、今は希望以上のポジションで働くことができています。

  • 34歳・男性
    求人数がそこまで多いわけじゃないけど、紹介してもらった求人が私の希望に対してかなり的確なものでした。紹介いただいた会社から内定をいただき、今はとても充実した毎日を過ごせています。

  • Spring転職エージェントの担当の方には、面接対策から職場環境についてまで、どの質問も丁寧にお答えいただきました。しっかりと私に向き合った提案をしてくれる方でした。

3:Wantedly

Wantedly

口コミ:Wantedly 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:145,429(2024年7月10日現在)
求人数増減:+395(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.wantedly.com/

スタートアップやベンチャーの求人数で最も多いのが『Wantedly』。

Wantedlyは、いきなり書類選考ではなく「話を聞いてみる」というカジュアルな面談を通じて企業を選ぶことができる「共感採用型」の転職サイトです。ベンチャー企業の情報は少ないため、直接会っていろいろ話を聞けるという点においておすすめの転職サイトです。

Wantedlyの求人には年収やポジションの表記がなく、ビジョンやミッションへの共感が重視されているため、雇用形態や給与、勤務時間などの待遇等についてはしっかりと確認しておくことをおすすめします。

出典:公式サイト

Wantedlyの口コミ評価

  • 26歳・男性
    ビジネスSNSとあるのですが、今まで仕事の探し方とはちょっと違う印象を受けました。特に今大学生でインターンシップを探している人には使っておいてほしいつーるだと思います。たくさんのインターンシップが毎日募集されていて、気に入った企業を探すことができると思います。

  • 日本語だけでなく英語にも対応しているので、外国の方でも使いやすいのではないでしょうか。自分で探すこともできますし、プロフィールを作成してスカウトをもらうこともできるので、登録するだけでもメリットが大きいと思いました。

  • 25歳・女性
    ベンチャーやスタートアップ企業に興味があって利用しました。他のサイトと違うと思ったのはその企業で働く人たちの中身が知れることでしょうか。Wantedlyでは、「誰が」「なにを」「なぜやっているのか」にフォーカスが当てられています。

  • 実際にその企業で働くイメージが付きやすいのは魅力だと感じました。ただ、給料の記載がないので、企業に連絡を取って実際にお会いするまでは金額が分からないのはちょっと不安になるかもしれないです。

4:フォースタートアップス

フォースタートアップス

口コミ:フォースタートアップス 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://www.forstartups.com/

フォースタートアップスは、スタートアップ企業の経営層レベルから、急成長を続ける注目のベンチャー企業など、幅広いベンチャーやスタートアップ企業に特化している転職支援サービスです。

ベンチャーキャピタルとつながりがあるため、これから伸びていくベンチャーやスタートアップに転職したい人におすすめの転職サイトです。

面談時に希望条件や働き方、あなたのこれまでの経験などを細かくヒアリングした上で最適な企業を提案してくれます。また、ヒアリングした内容から個人の成長と紹介する事業領域の成長にどれぐらいリンクしているかまで、きちんと説明してくれる点も特徴です。

出典:公式サイト

フォースタートアップスの口コミ評価

  • 33歳・男性
    めちゃくちゃスピード感のある転職活動ではありましたが、とても満足しています。次の仕事を早く見つけたいという希望に対しても、遅い時間にも関わらずその日にいくつかピックアップして送っていただけました。本当にびっくりしました。

  • 自分では結構難しい条件の希望を出したと思っていたのですが、さらにより良い条件の会社を紹介してもらえました。自分の評価を高めることまで考えてくれて満足しています。

  • 35歳・男性
    「より成長ができる環境」を探すならここだなと思いました。正直求人数は他の転職サイトに比べたら少ないんですけど、スタートアップ企業で働きたい、自分を高めたいという人に向けた求人紹介なら他にはない求人が揃っています。

  • 大手でも見ない独自求人があるので、明確なキャリアアップ展望を持っている人は一度利用してみるといいと思います。

5:アマテラス

アマテラス

口コミ:アマテラス 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:450(2024年7月10日現在)
求人数増減:+7(先週比↑up)
【公式サイト】https://amater.as/

アマテラス』は、ベンチャーやスタートアップ企業の経営人材を目指す人のための転職サイトです。ベンチャーやスタートアップの経営幹部候補やボードメンバーを目指す人におすすめです。

アマテラスの特徴は、経営陣に直接メッセージを送ることができる点です。直接やりとりできるため、効率的に転職活動をすることができます。

また、アマテラスに掲載されている企業は、独自の審査を通過した厳選された企業が掲載されています。審査通過率は15%となっており、厳選されたベンチャー企業のみが掲載されています。事業内容やビジネスモデル、CEOの人間力の3点で審査されているため、比較的優良なベンチャー企業を探せるのでおすすめです。

出典:公式サイト

アマテラスの口コミ評価

  • 31歳・男性
    ベンチャー系で転職を考えていたので、前から気になっていたアマテラスを利用しました。コロナに関係なく活発に動いているので、いつでも転職活動を続けて問題ないのが良いと感じました。

  • 求人数は多くありませんが、アマテラス側で厳選した優良企業しか掲載されていないからでしょうか。コアメンバーポジションの転職に特化しているので、自分で会社を大きく成長させたいと思う人に合ってると思います。

  • 32歳・男性
    私が利用して一番良いと思ったのは、企業の経営陣に直接メッセージが送れることです。CEOの方から直接話を聞けるので、その会社が目指すビジョンを理解できるのと、自分が共感できるかどうかを確認することができます。

  • これは他にはないアマテラスを利用するメリットだと思いました。プレミアム会員にならないと応募はできませんが、利用する価値は十分あると思います。

ベンチャー・スタートアップにおすすめの転職サイト記事も合わせてご覧ください。

看護師におすすめの転職サイト

看護師の転職活は、看護師の転職に特化した転職サイトの利用がおすすめです。正社員求人だけでなく、パートやアルバイトなど、さまざまな雇用形態の求人情報を探すことができます。下記におすすめ転職サイトをご紹介します。

1:看護roo!

看護roo!

口コミ:看護roo! 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:89,577(2024年7月10日現在)
求人数増減:+1,673(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.kango-roo.com/career/

看護roo!』は東証プライム上場企業の株式会社クイックが運営する看護師向け転職サイトです。看護師の利用満足度も96.3%とほかの転職サイトと比較して高いのが特徴です。

病院の掲載数は業界最大級で、求人数は約5万件以上あります。月給42万円以上、年休130日以上など、質の高い厳選された求人が掲載されているのでおすすめです。

オンラインで登録を行ったあと、電話やオンライン面談を通じて条件を伝えるだけで、病院の求人を紹介してくれます。実際に転職していった人の話などを聞くことができるので、安心して転職活動をしたい人におすすめです。

出典:公式サイト

2:マイナビ看護師

マイナビ看護師

口コミ:マイナビ看護師 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:66,824(2024年7月10日現在)
求人数増減:+292(先週比↑up)
【公式サイト】https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師』は、大手人材紹介会社の株式会社マイナビが運営する看護師に特化した転職サイトです。最近では波留さんが出演するCMも話題になりました。

病院の求人だけでなく、一般企業や美容クリニック、トラベルナースなど幅広い求人が掲載されているため、他の転職サイトでは出会えない求人を見つけることができます。

キャリアアドバイザーから無料で履歴書の書き方や面接対策、退職交渉などのサポートを受けることができます。マイナビ看護師の特徴は、キャリアアドバイザーが職場の雰囲気や人員体制、働いている人の口コミなど、求職者の方が調べにくい情報なども教えてくれるため、初めて転職する看護師におすすめです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

3:ナース人材バンク

ナース人材バンク

口コミ:ナース人材バンク 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:21,026(2024年7月10日現在)
求人数増減:-53(先週比↓down)
【公式サイト】https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンク』は、年間10万人以上の看護師が利用する転職サイトです。登録者数が多いだけなく、利用者の約97%が満足している評判の良い転職サイトです。

全国に13拠点を持っているため、地域専任のキャリアアドバイザーから転職のサポートを受けることができます。地域の医療機関について熟知しているため、UターンやJターン、Iターン転職にも使うことができるのも特徴です。

求人数は約20万と看護師転職サイトの中では最大級の求人を保有しています。各都道府県ごとに1,000件以上の求人情報を掲載しているため、地方の転職にもおすすめです。

キャリアアドバイザーが専任でつき、給与や勤務条件、入職時期の交渉なども行ってくれるため、忙しい人にもおすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

看護師におすすめの転職サイト記事も合わせてご覧ください。

介護士におすすめの転職サイト

介護士におすすめの転職サイトをご紹介します。介護士は、職場によって条件が大きく異なるため、事前の情報収集が大切です。転職に失敗しないためにも、介護業界に特化した転職サイトがおすすめです。

1:レバウェル介護(旧きらケア介護求人)

レバウェル介護

口コミ:レバウェル介護 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:218,476(2024年7月10日現在)
求人数増減:+394(先週比↑up)
【公式サイト】https://job.kiracare.jp/

レバウェル介護(旧きらケア介護求人)』は、年間80万人以上の介護士に利用されている介護士に特化した転職サイトです。

レバウェル介護は公開求人だけで5万件以上掲載されており、介護士に特化した転職サイトの中でトップクラスの求人数を保有しています。

レバウェル介護は、未経験・無資格OKの求人が豊富にあり、中には介護士の資格取得支援を実施している求人もあるため、介護職にキャリアチェンジを考える人にもおすすめの転職サイトです。

また、実際に働き始めてからのミスマッチを防ぐために、職場のネガティブな情報も教えてくれるため、初めての転職の人にもおすすめです。

出典:公式サイト

2:マイナビ介護職

マイナビ介護職

口コミ:マイナビ介護職 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://kaigoshoku.mynavi.jp/

マイナビ介護』は人材会社大手のマイナビが運営する介護士に特化した転職エージェントです。

マイナビ介護は「一人ひとりに寄り添える転職」という理念を掲げており、サポート体制が他社に比べて充実しています。

また、求人は夜勤の求人に強く、年収アップを狙える求人が多く掲載されています。専任のアドバイザーが一人一人の要望に合った求人を提案してくれるので、入植後のミスマッチが少ない点も特徴です。

公式サイト内には、新施設のスタッフ求人や年間休日が110日以上の求人など、自分に合った求人がまとまったコンテンツもあります。

登録すると、元介護士などの介護の業界に精通したキャリアアドバイザーにキャリア相談をすることができます。介護士で転職を考えるすべての人におすすめです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

3:介護ワーカー

介護ワーカー

口コミ:介護ワーカー 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:54,616(2024年7月10日現在)
求人数増減:+3,364(先週比↑up)
【公式サイト】https://kaigoworker.jp/

介護ワーカー』は、介護職専門の転職サイトです。

介護ワーカーは他社の転職サイトに比べての検索機能が充実しており、「地域」「施設形態」「雇用形態」「所有資格」などの希望条件を選択することで、自分に合った求人を探すことができます。

求人数は7万件以上あり、首都圏だけでなく地方の求人情報にも強いです。

介護ワーカーは、希望すれば面接に同行してくれるサービスもあるため、初めての転職で面接が不安な人にもおすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

介護士におすすめの転職サイト記事も合わせてご覧ください。

薬剤師におすすめの転職サイト

薬剤師の転職を成功させるためには、求人探しや面接対策をサポートしてくれる転職サイトの利用が欠かせません。薬剤師の求人情報を数多く取り扱っている転職サイトをご紹介します。

1:薬キャリ

薬キャリ

口コミ:薬キャリ 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:60,333(2024年7月10日現在)
求人数増減:-432(先週比↓down)
【公式サイト】https://pcareer.m3.com/

薬キャリ』は、国内最大の薬剤師向け転職サイトです。

医療業界でトップシェアを誇るエムスリーキャリア株式会社が運営しているため、薬剤師だけで約50,000件の求人が掲載されています。登録すると薬剤師の転職に特化した専門のアドバイザーが無料で担当してくれるので、初めて転職をする人でも安心して利用することができます。

転職サイトの中では薬剤師登録者数No.1という実績を持っているので、すべての薬剤師の方におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

2:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

口コミ:マイナビ薬剤師 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:47,474(2024年7月10日現在)
求人数増減:+234(先週比↑up)
【公式サイト】https://pharma.mynavi.jp/

マイナビ薬剤師』は人材業界大手の株式会社マイナビが運営する薬剤師向けの転職サイトです。

業界トップクラスの求人数があり、キャリアアドバイザーが求人紹介から面接対策、入社前のフォローまでしっかりサポートしてくれるので、どんな人にもおすすめできる転職サイトです。

マイナビ薬剤師の特徴は、独占求人や非公開求人を多く保有している点です。マイナビは一般転職の領域でもシェアを持っているため、ここでしか見られない求人を見ることができます。

転職を考えているすべての薬剤師の方におすすめの転職サイトです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

3:ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

口コミ:ファルマスタッフ 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:50,884(2024年7月10日現在)
求人数増減:+59(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフ』は、株式会社メディカルリソースが運営する薬剤師向けの転職サイトです。

ファルマスタッフは薬剤師の転職を20年以上支援しており「薬剤師の転職相談満足度96.5%」という実績を持っています。

ほかの転職サイトと違って、正社員求人だけでなく、派遣やパート・アルバイトの求人も豊富に掲載されているため、さまざまな雇用形態の求人を見ることができます。

また「年収600万円以上」や「時給3,000円以上」といった検索項目があるので、こちらが求める条件の求人を見つけやすいのも特徴です。

派遣やパートアルバイトを検討している薬剤師の人や、キャリアアップ・年収アップを目指す薬剤師の人におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

薬剤師におすすめの転職サイトも合わせてご覧ください。

地域別のおすすめ転職サイト

地域別におすすめの転職サイトをご紹介します。転職を希望する地域に強い転職サイトを使うことで、より良い求人に出会うことができます。特に地方の求人には地域に根差した転職サイトを使うのがおすすめです。

北海道・札幌の転職サイト|キャリアバンク転職

キャリアバンク転職

キャリアバンク転職』は北海道の求人に特化した転職サイトです。札幌を中心に北海道で30年以上サービスを運営しています。北海道の各地域ごとに対応しているため、非常に多くの求人が掲載されています。

地元の大手企業との関係性が強いため、北海道における優良企業の求人を紹介してくれます。また、Uターン・Iターン転職も積極的に支援しているため、北海道への転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

【北海道】おすすめ転職エージェント6選』も合わせてご覧ください。

宮城県・仙台の転職サイト|ヒューレックス宮城

ヒューレックス宮城

ヒューレックス宮城』は仙台の求人に特化した転職サイトです。仙台の各地域ごとに対応しているため、非常に多くの求人が掲載されています。

地元の大手企業との関係性が強いため、宮城県内における優良企業の求人を紹介してくれます。また、Uターン・Iターン転職も積極的に支援しているため、仙台への転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

【仙台】おすすめ転職エージェント5選』も合わせてご覧ください。

新潟県の転職サイト|にいがた就職応援団CAREER

にいがた就職応援団CAREER

にいがた就職応援団CAREER」は新潟県に特化した転職サイトです。

地元の大手企業との関係性が強いため、新潟における優良企業の求人を紹介してくれます。また、Uターン・Iターン転職も積極的に支援しているため、新潟への転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

【新潟】おすすめ転職エージェント7選』も合わせてご覧ください。

富山県の転職サイト|ほくりくFIT転職

ほくりくFIT転職

ほくりくFIT転職」は北陸地域(富山・石川・福井)に特化した転職サイトです。

地元の大手企業との関係性が強いため、富山における優良企業の求人を紹介してくれます。また、Uターン・Iターン転職も積極的に支援しているため、富山への転職を考えている人は利用してみてください。

北陸で求人数・内定決定数No.1の転職サイトであるため、富山での転職を考えている人は登録をおすすめします。

出典:公式サイト

【富山】おすすめ転職エージェント7選』も合わせてご覧ください。

長野県の転職サイト|ヒューマンインデックス

ヒューマンインデックス

ヒューマンインデックス』は長野県上田市に本社がある転職サイトです。長野の求人に特化しており、これまでに長野で3,500名以上の求職者を支援しています。

長野県内の大手企業だけでなく、各エリアにおける中小企業の求人も多く掲載されています。長野で15年以上転職サービスを展開していることもあり、長野県内の企業からの信頼があるのも特徴です。

ヒューマンインデックスが運営する転職サイト『ジョブズゴー』でも求人をチェックできるので、チェックした上でコンサルタントに相談するのをおすすめします。

本社のある上田市以外にも、長野市と松本市に拠点があるため、長野県内での転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

【長野】おすすめ転職エージェント8選』も合わせてご覧ください。

埼玉県の転職サイト|富士ヒューマンテック

富士ヒューマンテック

富士ヒューマンテック」は、埼玉県さいたま市に本社を置く埼玉の求人に特化した地域密着の転職サイトです。管理部門・経営企画・事業企画の転職に強みを持っているのが特徴です。

AGENT AWARDS OF EXCELLENCE 2021」の受賞経歴があり、埼玉で転職を考えている人におすすめできます。

地元の大手企業との関係性が強いため、埼玉における優良企業の求人を紹介してくれます。

出典:公式サイト

【埼玉】おすすめ転職エージェント7選』も合わせてご覧ください。

東京都の転職サイト|doda

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:249,458(2024年7月10日現在)
求人数増減:+1,052(先週比↑up)
【公式サイト】https://doda.jp/

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する「doda」は、転職者満足度No.1を獲得しています。

dodaは東京都の求人案件を企業・職種共に幅広く保有しています。他社と被らない好条件の求人も多いとの評判です。

また、コンサルタントに当たりはずれが少なく、初めての転職や他県から転居を伴う転職で不安がある人も、安心して相談できます。

出典:公式サイト

神奈川・横浜の転職サイト|type

type転職エージェント

口コミ:type転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:10,952(2024年7月10日現在)
求人数増減:+36(先週比↑up)
【公式サイト】https://type.career-agent.jp/

神奈川や横浜への転職におすすめの転職サイトが『type』。

typeは、主に関東エリアの都市部(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に強い転職サイトです。どの転職サイトよりも手厚い転職支援サービスを行っています。

在籍しているキャリアアドバイザーは主にITやWeb、営業、販売・サービス、メーカーなどに強いため、業界を絞って転職活動を進めたい方におすすめです。

typeは、キャリア相談から応募書類の添削・面接対策、入社にあたってのアドバイスなど、転職活動全般にわたってサポートを行ってくれるので、転職に慣れていない人にもおすすめです。

出典:公式サイト

【横浜・神奈川】おすすめ転職エージェント7選』も合わせてご覧ください。

静岡県の転職サイト|Achieve Career

Achieve Career

Achieve Career』は愛知、静岡エリアを中心とした転職エージェントです。

運営会社である株式会社アルバイトタイムス(東証スタンダード上場)は、求人事業を50年以上行っているため、静岡・愛知の地場企業とのグリップが強く、独自の求人も保有しています。また、製造業界やITエンジニア職に強く、業界に詳しいコンサルタントも在籍しています。

静岡の求人が豊富にあり、公開求人数で1,600件以上、非公開求人を含めるとさらに多くの求人があります。求職者満足度80%以上の親身で丁寧な対応で、後悔しない転職活動をサポートしてくれます。

UIターン転職の実績も多数あり、静岡での転職を検討されている方におすすめです。

出典:公式サイト

【静岡】おすすめ転職エージェント6選』も合わせてご覧ください。

愛知県・名古屋の転職サイト|MUSUBU

MUSUBU

MUSUBU」は東海地区に拠点があり、愛知・名古屋の転職におすすめの転職サイトです。

大手転職サイトには掲載されていない、地場の優良企業・ベンチャー企業が多数掲載されているのも特徴です。

また、Uターン・Iターン転職も積極的に支援しているため、愛知・名古屋への転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

名古屋(愛知)おすすめ転職エージェント7選』も合わせてご覧ください。

大阪府の転職サイト|リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:421,789(2024年7月10日現在)
求人数増減:+2,878(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

大阪府の転職におすすめの転職サイトは『リクルートエージェント』です。リクルートエージェントも梅田に大阪支社を展開しています。

コンサルタントとの面談では、非公開求人をもらったり、面接対策などを受けることができ、内定獲得につながるようにきちんとサポートしてくれます。

出典:公式サイト

【大阪】おすすめ転職エージェント6選』も合わせてご覧ください。

京都の転職サイト|コトコト

コトコト

コトコト」は京都に特化した転職サイトです。

地元の大手企業との関係性が強いため京都における優良企業の求人を紹介してくれます。

また、大手転職サイトでは公開されていない京都の非公開求人も多数掲載されているため、京都への転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

【京都】おすすめ転職エージェント6選』も合わせてご覧ください。

岡山県の転職サイト|オカジョブキャリア

オカジョブキャリア

オカジョブキャリア」は岡山県に特化した転職サイトです。

地元の大手企業との関係性が強いため、岡山における優良企業の求人を紹介してくれます。また、Uターン・Iターン転職も積極的に支援しているため、岡山への転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

【岡山】おすすめ転職エージェント7選』も合わせてご覧ください。

広島県の転職サイト|キャプラ転職エージェント

キャプラ転職エージェント

キャプラ転職エージェント』は広島県広島市に拠点がある、瀬戸内エリア(岡山、香川、愛媛、広島)に特化した転職サイトです。

大手総合転職サイトでは取り扱いのない、地元の優良企業情報が充実していることも特徴です。

また、UIターン転職も手厚くサポートしており、東京や大阪で定期個別相談会を開催しているので、都市圏からの転職を希望している方もぜひ利用してみてください。

出典:公式サイト

【広島】おすすめ転職エージェント6選』も合わせてご覧ください。

福岡県の転職サイト|ACR

ACR

ACR』は福岡の求人に特化した転職サイトです。九州で55年以上サービスを運営しています。福岡の各地域ごとに対応しているため、非常に多くの求人が掲載されています。

地元の大手企業との関係性が強いため、福岡における優良企業の求人を紹介してくれます。また、Uターン・Iターン転職も積極的に支援しているため、福岡への転職を考えている人は利用してみてください。

出典:公式サイト

【福岡】おすすめ転職エージェント6選』も合わせてご覧ください。

沖縄県の転職サイト|ジョブアンテナエージェント

ジョブアンテナエージェント

ジョブアンテナエージェント』は、沖縄に拠点を置く地域密着型転職サイトです。

比較的新しい転職エージェントなので企業とのパイプはあまりないですが、ジョブアンテナエージェントはWeb会社の琉球インタラクティブが運営するサービスであるため、IT業界への転職を強みとしているのはもちろん、ベンチャー企業への転職サポートも得意としています。

出典:公式サイト

【沖縄】おすすめ転職エージェント5選』も合わせてご覧ください。

転職サイトと合わせて見るべき口コミサイト

ここまではおすすめ転職サイトをご紹介しましたが、転職活動をする上では、転職サイトの情報だけでは不十分と言えるでしょう。

実際にどんな人が働いているのか、給与はどうなのか、ワークライフバランスは取れるのかなど、リアルな情報を収集しておくと転職におけるミスマッチを減らすことができます。

下記でご紹介する3つのサイトは、実際に働いている人の口コミなどを参考にできるサイトになっているので、転職サイトと合わせて参考にしてみてください。

1:転職会議

転職会議

口コミ:転職会議 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:410,413(2024年7月10日現在)
求人数増減:-188(先週比↓down)
【公式サイト】https://jobtalk.jp/

転職会議」は、現社員・元社員からの「企業への口コミ」や「求人情報」を掲載している口コミ型転職サイトです。企業の評判や年収などのリアルな情報をチェックできるため、転職活動中の企業研究に役立ちます。

比較的ネガティブな口コミが多くなっていますが、あまりネガティブなコメントばかりを気にせず、ポジティブな部分に目を向けて企業を決める際の参考材料にしてみてください。

moto
motoの一言アドバイス

『転職会議』は「5ch化してる」なんて言われたりもしてますが、とはいえ、実際の声なので参考になることが多いです。特に見るべきは「年収」と「退職理由」の項目です。正社員のコメントだけでなく、派遣社員や契約社員の口コミもあるので、情報を幅広く参考にすることができます。
OpenWorkに比べてコメントの質は下がりますが、転職サイトに掲載されている企業のほとんどが網羅されています。

出典:公式サイト

転職会議の口コミ評価

  • 24歳・男性
    転職する際に利用しました。転職サイトや転職エージェントだけでは企業の実態がわかりにくかったので、働いている人の口コミを見られたのは便利でした。掲載されている会社も多くあり、私が志望する企業も掲載されていました。

  • また、口コミだけでなく求人情報も掲載されていたので転職サイトとしても利用できました。誰もが知る大手企業の求人も多く、企業情報と口コミの両方を合わせて見られる点が便利でした。

  • 30歳・女性
    志望企業の口コミを見るために登録しました。非常に数多くの企業の口コミを見ることができ、職種別に年収、残業時間などを知ることができたのが良かったです。登録もそこまで手間なくできました。

  • 口コミを見るために登録したつもりでしたが、求人も掲載されていたので気になる企業の口コミを見て求人に応募することができました。これはほかの転職サイトにない機能だったので便利でした。また機会があれば利用したいと思います。

  • 28歳・男性
    転職活動時に「転職会議」に登録しました。登録したついでに今働いてる会社の口コミもチェックしてみたら、社内的にまさにその通りの口コミが書かれていたので信用できると思いました。自分も会社の口コミを書いておきました。

  • 志望企業を検索して口コミを参考にしましたが、入社後にこんなはずじゃなかった…的なミスマッチが防げると思うので良いと思います。求人も見られるので転職サイトと合わせて利用するのもおすすめです。

2:ミイダス

ミイダス

口コミ:ミイダス 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
口コミ社数:437,342社(2024年7月10日現在)
【公式サイト】https://miidas.jp/

現時点で自分にどれくらいの市場価値(年収)があるのかを調べられるのが『ミイダス』です。

登録する際に、いくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人がわかります。転職において提示されるオファー金額の妥当性や、どれくらいの年収で転職するべきかというラインの参考になるためおすすめです。

moto
motoの一言アドバイス

僕は転職時に参考程度に使っています。転職において提示されるオファー金額の妥当性や、どれくらいの年収で転職するべきかというラインの参考になるためやってみて損はないです。実際に企業からのオファーも届きます。
比較的高めに年収が表示されるため、表示される想定年収より-50万円~-100万円くらいで見ておくと良いかもしれません。

出典:公式サイト

ミイダスの口コミ評価

  • 25歳・女性
    自分の市場価値を測ってくれるという口コミを見て登録しました。現年収より100万円高い年収が表示されたので半信半疑で利用していましたが、ミイダスから届いだオファーは、今の自分の年収より高いものが多かったので間違っていない気がしました。

  • 求人数が少ないので、ほかの大手転職サイトと同じくらい求人があると嬉しいです。また次に転職する機会があれば利用したいと思います。

  • 28歳・男性
    ミイダスを利用しましたが、サイトが使いやすくて良かったです。会社の数が多くて、求人数も豊富でした。自分の市場価値を計測してみましたが、今より高い年収が表示されました。もともと高く出るような仕組みになっているのかもしれません。でも参考にはなりました。

  • あと、サイト内にある「コンピテンシー診断」という行動特性や適職を知ることができる診断機能も良かったです。自分がどんな職種に向いているのかを知ることができました。

  • 34歳・女性
    ミイダスから届くオファーは面接が確約されているので便利でした。ミイダスのスカウトは他社の転職サイトと違って書類選考を通過した人にのみ届くようになっているようで、無駄なスカウトを受け取らずに済みました。

  • しかし、ミイダスではキャリアアドバイザーにキャリア相談や履歴書の添削、面接対策などをしてもらうことはできません。そのため転職エージェントなどと合わせて利用するのが良さそうです。

3:OpenWork

OpenWork

口コミ:OpenWork 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:75,321(2024年7月10日現在)
求人数増減:+5,071(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.vorkers.com/

企業のクチコミを見ながら転職活動ができるサイト『OpenWork』。登録ユーザー数は約600万人。企業のリアルな年収情報や、中途採用の求人が掲載されています。また、あなたの履歴書を登録しておくと、企業からのスカウトも届きます。

すべてのクチコミを見るには「会社評価レポートの回答」「Web履歴書の入力」のいずれかが必要ですが、月額課金(1,100円(税込)/月)で閲覧することも可能です。

moto
motoの一言アドバイス

OpenWorkは「会社評価レポート」の回答として収集した「社員・元社員の声」を8つの評価スコアと8カテゴリのクチコミで掲載されており、年収・給与情報と内訳、残業時間、有給休暇取得率についても掲載されています。
長年運用されているため、かなり昔の期間の口コミまで遡ってみることができます。信憑性が高く信頼できる口コミサイトだと思います。

出典:公式サイト

OpenWorkの口コミ評価

  • 26歳・女性
    転職するときに登録してみました。かなり昔の口コミもあるので、遡って確認できる点が便利でした。私は年収を気にしていたので、実際に入社した際の評価やどのようにして年収が上がるのかなどが具体的に書かれていたのが役立ちました。

  • また、転職エージェントへの登録もできたので、いくつか登録して求人も紹介してもらいました。大手の転職エージェントばかりでしたが、こちらも便利だったので、口コミと合わせて利用してみるのが良いと思います。

  • 32歳・男性
    転職活動するならOpenworkや転職会議などの口コミサイトは必ずチェックした方がいいです。転職サイトやエージェントから得られるポジティブ情報だけでなく、口コミにあるネガティブ情報もチェックしておかないと、いざ入社したときに後悔しそうです。

  • 私は面接のとき、口コミで書かれていたことについても聞くようにしました。多くの企業がきちんと答えてくれたのはよかったです。ただ、中には口コミと実態が違うこともあり、ネットの情報だけを鵜吞みにはしないほうがいいかもしれません。

  • 35歳・男性
    転職するときはいつもオープンワークを見てます。退職理由などは結構本当のことが書かれていると思うので、どんな理由で辞めたのかを確認しておくのがポイントです。つぶさに見ておけば、怪しい求人やブラックな会社に引っかからないように見極められます。

  • ただ気をつけた方が良いのは、口コミを投稿している人は会社からいなくなった人が多くて、意見が会社や組織のマイナス面に寄ってしまう点です。プラスの意見もちゃんとあるので、よくない情報に引っ張られすぎないように注意が必要かなと思います。

4:ライトハウス

ライトハウス

口コミ:ライトハウス 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
口コミ社数:258,207社(2024年7月10日現在)
【公式サイト】https://en-hyouban.com/

ライトハウス』はエン・ジャパン株式会社が運営する転職者向けの企業口コミや評判が掲載されている口コミサイトです。

2020年6月に「カイシャの評判」から「ライトハウス」へ名称変更し、日本全国の企業35万社超の口コミが掲載されており、日本最大級の口コミ・評判プラットフォームとなっています。

転職サイトや転職エージェントを展開するエン・ジャパン独自の調査による企業データによる比較や、企業評価の可視化など、企業に関する知りたい情報が口コミをベースにまとめられています。

利用者も多く、日本全国の企業について実際の社員や元社員のリアルな口コミを見ることができる、と高い評価を得ています。

出典:公式サイト

5:JobQ

JobQ(ジョブキュー)

口コミ:JobQ(ジョブキュー) 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://job-q.me/

JobQ』は匿名でキャリアや転職に関する相談ができる無料のサービスです。企業の人事経験者や転職エージェントなどから回答をもらうことができます。

「おすすめの転職サイトはどこか」「どの業種に転職するのがおすすめか」など、さまざまな質問や相談をすることができるため、転職を考える人におすすめです。相談や口コミの投稿数は約7万件を超えているため、過去の相談内容を検索するだけでも得られる情報は多いです。

メールアドレスなどを入力するだけで利用できるため、転職活動の悩みを解消したい人におすすめです。

出典:公式サイト

6:しょくばらぼ

しょくばらぼ

口コミ:しょくばらぼ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
掲載企業数:112,352社(2024年7月10日現在)
【公式サイト】https://shokuba.mhlw.go.jp/

しょくばらぼ』は厚生労働省が運営するサイトです。

しょくばらぼは、志望する企業名で検索すると、職場改善に積極的な企業の残業時間や有給休暇取得率、平均年齢などがわかります。

また、応募を検討している企業と、同業種・同規模等の企業のデータを比較することもできるため、同業でより良い企業を探すこともできるため、応募する企業以外で自分にあった企業を見つけることもできます。すべて無料で利用できるため、転職サイトなどと合わせて利用するのがおすすめです。

7:キャリコネ

キャリコネ

キャリコネ』は口コミサイトの中でトップクラスの掲載企業数を持つ口コミサイトです。

キャリコネの一番の特徴は年収と給与明細がどこよりも詳細な点です。ボーナスや各種手当、残業手当など、給与明細が詳しく掲載されているため、リアルな収入を知ることができます。

また、キャリコネは投稿時に文章のコピーとペーストを禁止し、運営会社側が投稿内容を目視でチェックしているため、信頼性の低い口コミがないのも特徴です。

「入社する前に詳しい給料明細を知りたい」「信頼性の高い口コミを見ておきたい」という人におすすめです。

出典:公式サイト

※転職サイトの口コミは『【転職】会社の口コミサイト5選|無料で信憑性の高い情報を得るポイントも解説』をご覧ください。

公的な転職支援サービス

転職サイト以外でおすすめの公的支援サービスをご紹介します。

1:ハローワーク

ハローワークインターネットサービス

口コミ:ハローワークインターネットサービス 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:1,053,919(2024年7月10日現在)
求人数増減:+106,727(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.hellowork.mhlw.go.jp/

ハローワーク(公共職業安定所)』は、求職者に対して、さまざまなサービスを無償で提供する厚生労働省運営の総合雇用サービス機関の転職サイトです。

全国に500カ所以上の窓口があり、豊富な求人情報をもとにした「職業紹介」のほか、「雇用保険」「雇用対策」などの国の制度と組み合わせて、地域のさまざまなニーズに応える雇用支援が実施されています。

2:わかものハローワーク

わかものハローワーク』は、全国22カ所で正社員を目指す若者(概ね35歳未満)の就職支援を行っているサービスです。

就職支援ナビゲーターが個別支援を行い、職業相談や紹介、応募書類の添削、セミナー受講などの無料で受けることができます。求人情報の検索だけでなく、就職後のフォローや職業訓練なども受けることができます。

3:ジョブカフェ

ジョブカフェ

口コミ:ジョブカフェ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://www.tokyoshigoto.jp/young/job_cafe/

「若年者のためのワンストップサービスセンター」の通称が『ジョブカフェ』です。自分に合った仕事を見つけるためのさまざまなサービスを無償で受けることができます。

ジョブカフェは、各都道府県のハローワーク(一部出張所あり)に併設されており、地域の特色を活かした就職セミナーや職場体験、カウンセリングや職業相談、職業紹介などさまざまなサービスを受けることができます。

4:サポステ

サポステ

口コミ:サポステ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://saposute-net.mhlw.go.jp/

サポステ』は、厚生労働省が運営する就職・転職支援機関で、正式名称は地域若者サポートステーションです。

コミュニケーション講座や職業体験、ビジネスマナー講座、パソコン講座など、就職や転職に必要な能力やスキルを身に着ける講座を行っています。

「働きたいけど、どうしたらよいのかわからない」「働きたいけど、人間関係のつまずきで退職後、ブランクが長くなってしまった」など、働くことに悩みを抱えている人の就労を支援しています。

全国に177の拠点があるので、利用したい方は地元の拠点を検索してみてください。

転職サイトを利用する上での知識

転職サイトを利用する上で必要な基本的な知識について解説します。

1.転職サイトとは

転職サイト

「転職サイト」とは、好きな求人を自分で探して、応募から面接まで進めることのできる転職サービスです。一例ですと、dodaやリクナビNEXT、ビズリーチなどが転職サイトに該当します。また、特化型転職サイトには「看護師向けおすすめ転職サイト」などもあります。

転職サイトを使うメリットは「自分で好きな求人を探して応募できること」です。登録しておくだけでスカウトが届いたり、多くの求人から自分が興味のある求人を検索して応募することができます。

一方でデメリットとして、転職サイトは応募者に対して、学歴フィルターや会社名、転職回数などでフィルターをかけているケースがあります。このあたりは転職サイトをおすすめしない理由も合わせて読んでみてください。

また、基本的に転職サイトは無料で利用することができます。詳しくは『無料の転職サイトおすすめ10選』をご覧ください。

2.転職エージェントとは

転職エージェントとは、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが、自分に合った求人を送ってくれる転職サービスです。一例だとリクルートエージェントやマイナビエージェント、JACリクルートメントなどが転職エージェントにあたります。

自分で求人を探す転職サイトとは違い、おすすめの求人や応募書類の準備、面接対策、推薦文や入社までフォローをしてくれるので、効率的に転職活動をすることができます。

転職サイトから応募するのも良いですが、転職エージェントも活用して、推薦文などをつけてもらったほうが、書類選考を通過する企業のレベルや年収は上がる可能性が高いです。転職エージェントの概要は『転職エージェントとは』をご覧ください。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いについて解説します。

1.非公開求人の有無

転職エージェントは、転職サイトや企業の採用HPでは公開していない「非公開求人」を持っています。

そのため、転職サイトでは探すことのできない求人に出会える可能性があります。公開されている求人だけでなく、オープンになっていない非公開の求人も保有しているため、求人数が多い点が転職エージェントを利用する最大のメリットです。

2.履歴書・職務経歴書の添削、面接対策の有無

エージェントの担当者は、あなたに合った求人を紹介してくれますが、それだけではなく、応募に必要な書類の添削やアドバイス、面接対策なども行ってくれます。

添削を受けるだけでなく、企業情報や業界情報に詳しいため、担当エージェントから企業の雰囲気や求めている人材、採用の背景など詳しい情報を入手できます。

3.企業に対する推薦の有無

転職エージェントを利用して応募すると、転職エージェントの担当者が「推薦文」をつけてくれます。

企業側の人事に対して推薦状を付けてもらうことで、書類選考の通過率は大きく上がります。同じ企業の同じ求人に転職サイトから応募して見送りになっても、転職エージェントから応募すると通過することがあるので、転職エージェントを使って応募することもおすすめです。

4.年収交渉の有無

転職エージェントは年収交渉もしてくれます。

転職エージェントは、転職者の入社が決まって初めて売上になる「成果報酬型」のビジネスで成り立っています。報酬の相場は転職者のオファー年収の30%~40%程度。年収が高ければ高いほど、彼らの売上は高くなります。

交渉力の高いエージェントを味方にすれば、自分の年収は大きく上がります。転職エージェントはできるだけ活用したほうが良いでしょう。

5.転職サイトと転職エージェント比較表

下記の表に転職サイトと転職エージェントの違いをまとめておきます。

  転職サイト 転職エージェント
求人情報 非公開求人は確認できないが、求人数は多い 転職サイトにはない、“非公開求人”にも応募できる
情報収集 転職サイトに掲載されている求人情報だけを頼りに情報収集をしていく必要がある 専任の転職エージェントが企業の内部情報や面接官の特徴など転職に必要な情報を提供してくれる
転職相談

なし 専任エージェントのアドバイスを受け、市場価値やキャリアの発見ができる
書類選考対策 転職サイトには職務経歴書や履歴書のサポートツールもあるが客観的なアドバイスはもらえない 専任のエージェントから職務経歴書・履歴書のポイントや通過率をアップさせるノウハウを教えてもらえる
面接対策 なし 専任のエージェント次第で模擬面接を行ってくれ、企業別に面接対策を行える
調整 なし 専任エージェントが面接日程の調整や入社時期の調整を行ってくれる
年収交渉 なし 専任エージェントに年収交渉を依頼できる
料金 無料 無料

転職サイトから応募するのも良いですが、転職エージェントも活用して、推薦文などをつけてもらったほうが、書類選考を通過する企業のレベルや年収は上がる可能性が高いです。

転職活動をする上では、転職サイトで自分で好きな求人に応募するのも良いですが、書類選考の通過率を高めるためにも、転職エージェントを併用して使うのがおすすめです。

転職サイトの利用の流れ

ここからは、転職活動をする方に転職サイトの登録の流れや使い方について説明します。

転職サイトの流れは大きく5つです。

【転職サイトの登録の流れ】
1. 転職サイトに登録をする
2. 応募書類を作成する
3. 求人に応募する
4. 企業との面接・内定

1.転職サイトに会員登録する

自己分析が終わったら、転職サイトに登録します。本記事でおすすめした転職サイトに登録し、自分が希望する求人を検索していきます。

転職サイトでは、勤務地や年収、職種、業界、働き方など、さまざまな条件を入力して検索することができます。総合型の転職サイトで数多くの求人を見た後に、特化型の転職サイトで業界を絞って求人を探していくのもおすすめです。この段階では、とにかく多くの求人を見ることを心掛けてください。

2.応募書類を作成する

自分が気になる求人を見つけたら、受かる受からないは別としてとにかく応募してみてください。入社するかどうかは内定後したあとに考えればよいので、とにかく応募数を増やすことが大切です。

応募書類は、主に履歴書と職務経歴書です。エンジニアやデザイナーの方はポートフォリオやスキルシートなども合わせて提出しておくのがおすすめです。

職務経歴書の書き方については【転職】企業に刺さる“戦略的”職務経歴書の書き方(テンプレート付)で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。職務経歴書のサンプルもおいているので、ダウンロードしてそのまま利用できます。

また、無料で利用できる職務経歴書のテンプレートもあります。リクルートエージェントの中にある「職務経歴書エディター」や「職務経歴書フォーマット」を利用すると無料で書類を作成できるのでおすすめです。書き方についても詳しく解説されているので、応募書類の書き方に困ったら見てみてください。

3.求人に応募する

履歴書や職務経歴書を揃えたら求人に応募してください。応募ボタンを押して、添付書類を送れば完了です。

応募すると企業からDMが届きます。おおよそ7~10日の間で企業から書類選考の結果が届くので、それまではほかの企業の求人を探してみてください。

マイナビの調査によると、各年代別の応募社数の平均は8.4社です。年代別に見ると、年齢が上がると応募者数は増える傾向にあります。

各年代別の応募社数平均
~19歳 4.1社
20~25歳 6.3社
26~30歳 7.1社
31~35歳 8.2社
36~40歳 8.7社
41~45歳 10.1社
46~50歳 12.1社
51~55歳 14.5社
56~60歳 14.5社
61歳以上 15.2社

4.面接・内定

書類選考に通過すると、面接へ進みます。おおよそ3回から5回の面接で内定となります。

マイナビの調査によると、転職活動を行って内定を得た人の書類選考通過率は30%、そこから一次面接を通過する確率が30%、その後最終面接を通過し、内定を得る確率は50%とのことです。

これらのデータからみると、転職活動では1社に応募するのではなく、複数の企業に応募するのが重要なポイントになると思います。選考通過率から考えても、内定を得るためには6~10社に応募しておくと良いです。

複数の企業に応募し、面接を受けるにはそれなりに時間がかかります。転職活動はおおよそ3カ月を見ておけば終えられると思います。

転職サイトのメリット

ここまで、登録の流れや使い方を説明しましたが、転職活動で転職サイトと転職エージェントを利用するメリットについてそれぞれご説明します。まずは転職サイトを利用するメリットについてご紹介します。

1.求人を自分で探していつでも応募できる

あなたが希望する職種・勤務地・業務内容などの条件をもとに、転職サイト内で求人を検索して比較することで、気に入った求人に応募することができます。

転職サイトに登録した際に入力した情報(履歴書・職務経歴書)がもととなるので、手軽に応募することができます。面接の日程調整などもツールやメッセージ機能を利用して行うことができます。

2.自分のペースで転職活動ができる

転職サイトに登録後は、求人情報の検索から応募まで、自分のペースで転職活動を行うことができます。

求人に必ずしも応募しなければならないわけではありません。「興味のある求人があったら転職したい」という場合でも利用できるため、すぐに転職しない人にも転職サイトはおすすめです。

大手転職サイトでは、あなたが登録した情報を見て企業やヘッドハンターからスカウトが届くこともあるので、登録だけしておいて気になるスカウトにのみ目を通す、といった使い方もできます。

転職サイトのデメリット

転職サイトにおけるデメリットは大きく2つあります。それぞれについて解説します。

1.応募時にフィルタリングされるケースがある

転職サイトに掲載されている求人には、応募者に対して学歴フィルターや会社名、転職回数などのフィルターが設けられていることがあります。

そのため、転職サイトから応募するだけでは、機械的に落とされてしまう可能性があります。

2.年収交渉や入社調整を自分でやる必要がある

転職サイトの場合、応募や面接日程の調整、年収交渉、入社日調整などを自分で直接企業とやりとりする必要があります。

特に年収交渉などは希望年収などを伝えにくいため、あまり良い転職ができない可能性があります。

転職サイトを使いこなすポイント

おすすめの転職サイトについてご紹介してきましたが、ここからは転職サイトを活用して転職を成功させるために必要な知識を『転職と副業のかけ算』の著者で、転職の専門家であるmotoが最もおすすめする方法をお届けします。

1.常に求人情報を確認する

転職活動で大切なのは「求人情報」の選択肢を多く持つことです。

転職サイトにはそれぞれ更新日があるため、常に更新日に新着の求人をチェックしてみてください。求人は常に変わっていくので、転職する・しないに関わらず転職サイトに登録して眺めておくことをおすすめします。

自分に合う求人がない時期に転職活動をしてもなかなかうまくいかないため、常にアンテナを張って、自分が行きたいと思える求人を探してみてください。

2.履歴書や経歴書を最新に保つ

転職サイトに登録する際には、必ずプロフィールが必要になります。最近の転職サイトは登録されたプロフィールをもとに求人のレコメンドやスカウトメールを送ってきてくれるので、常に履歴書や経歴書を最新の状態にしておくことをおすすめします。

登録されている情報が古いと、自分に合わない求人が送られてくる可能性が高くなるので、最新の状態にアップデートした上で転職サイトを利用し、求人のミスマッチを少なくしましょう。

3.転職サイトは複数利用する

転職サイトには総合型と特化型があります。総合型には幅広い求人が掲載されており、特化型には専門領域に特化した求人が掲載されています。

例えば、女性に特化した転職サイトには、求人の検索項目に「女性が働きやすい環境」や「育休あり」「リモートOK」などの、女性が働く上で気になる条件での求人検索ができたりします。

転職活動では、総合型のように幅広い求人を扱う転職サイトと、専門領域に特化した転職サイトの両方を利用することをおすすめします。

4.転職エージェントも活用する

転職活動では、転職サイトだけでなく転職エージェントも活用することをおすすめします。

転職サイトは自分の好きな求人を探せる一方で、同じような求人ばかりを見てしまいがちです。そのため、転職エージェントも合わせて利用し、自分にはない視点から求人を紹介してもらうとよいです。

また、自分の現在の市場価値がどれくらいかを知る意味でも転職エージェントは役立つので、転職サイトと合わせて利用してみてください。

5.転職アプリを利用する

ミイダス アプリ

転職活動をする上では、転職アプリの利用もおすすめです。

各転職サイトがアプリを出しているので、そちらも合わせて利用しておくと、より効率的に転職活動を進めることができます。

求人検索だけでなく、企業とのやり取りや履歴書の作成などができるアプリもあるため、隙間時間などを利用して手軽に転職活動をすることができるようになります。

おすすめ転職アプリ記事も合わせてご覧ください。

転職サイトのおすすめの選び方

転職サイトにはさまざまな種類があり、一概に比較できないことから、自分に合ったものを絞り込むのが難しいです。

転職サイト選びに失敗してしまうと「スキルや経験に求人が合わず転職活動が進まない」「入社後にイメージとのギャップを感じて転職を後悔してしまう」など、転職活動に失敗してしまう可能性が高くなります。

ここでは転職サイトを選ぶ際に、見るべき4つのポイントをご紹介します。

1.求人広告型転職サイトかエージェント型で決める

転職サイトには「求人広告型転職サイト」と「エージェント型」の2つがあります。

前者は転職サイト、後者は転職エージェントと呼ばれますが、それぞれに違いがあります。それぞれの違いについては後述しますが、まずは自分にどちらが合うかで転職サイトを選ぶのがおすすめです。

転職活動に慣れてきたら両方利用することで、より効率的に転職活動を進めることができるようになります。

2.求人数やサポート機能の多さで選ぶ

転職サイトを選ぶ際に重要になるのが「求人数の多さ」です。数多くの求人を持っている転職サイトを利用する方が、あなたにあった求人に出会える可能性が高くなります。

また、その求人を検索するためのサポート機能や求人を受け取るためのスカウトサービスなど、各転職サイトにおけるサポート機能の使いやすさで選ぶことも大切です。

「未経験OK」や「土日祝休み」「リモートワーク可」などの検索項目の有無や、スカウト機能の有無などで転職サイトを選ぶようにしてください。

3.現年収や希望年収に合わせて選ぶ

転職サイトは年収別で利用できるサイトが異なってきます。そのため年収に合わせて、どのサービスを利用するのかを選択すると、よりあなたに合った求人を見つけられる可能性が高くなります。下記に参考となる転職サイトをご紹介しておきます。

現年収 おすすめ転職サイト
~300万円 リクナビNEXT・マイナビエージェント
300~500万円 リクルートエージェント・doda
500~700万円 JACリクルートメント・リクルートエージェント
700万円~ リクルートダイレクトスカウト・ビズリーチ

年収で転職サイトを選びたい人は『年収別のおすすめ転職サイト』も合わせてご覧ください。

4.目指す業界や職種から転職サイトを選ぶ

転職サイトには「総合型転職サイト」のほかに「IT業界に特化した転職サイト」や「コンサルに特化した転職サイト」「看護師専門の転職サイト」など、特定の業界や職種に特化した転職サイトがあります。

もしあなたが目指す業界や職種があるのであれば、こうした特化型の転職サイトを選ぶのがおすすめです。

業界や職種に特化した転職サイトには、そのサイトにしかない求人が数多く掲載されているため、転職における選択肢を広げることができるようになります。

転職サイトを利用する上での注意点

効率的に転職活動を行うために、ポイントを押さえて転職サイトを利用することが大切です。ここでは、転職サイトを使うときの注意点や活用法をご紹介します。

1.転職サイトを一つに絞らない

転職サイトを利用する際は、一つに絞らず複数の転職サイトに登録するようにしましょう。

転職サイトにはそれぞれに強みがあり、持っている求人やエリア、非公開求人の数などに違いがあります。そのため、複数の転職サイトに登録しておく方がよりよい求人に出会える可能性が高くなります。

転職サイトにある「非公開求人」は、一般的に公開されていない求人であるため、条件の良い求人であることが多いです。非公開求人は転職サイトごとに独自で保有しているため、一つの転職サイトだけに絞らず、複数の転職サイトに登録しておくことをおすすめします。

2.希望条件を絞りすぎない

転職サイトの登録時に入力する希望条件を絞りすぎないことも大切です。

年収を上げたい、働く環境を変えたい、福利厚生を重視したいなど、希望する条件は色々あると思いますが、希望する条件を絞りすぎると、条件に合った求人が少なくなり、選択肢が減ってしまいます。

そのため、希望条件は絞り過ぎず、ある程度緩く設定して利用するのがおすすめです。

3.転職サイトの求人更新日を見る

転職サイトの求人情報は日々更新されるため、常にチェックすることが大切です。下記が各転職サイトの求人更新日です。下記の更新日を参考に転職サイトへアクセスするようにしてみてください。

転職サイト 更新日・更新曜日
リクルートエージェント 随時
マイナビエージェント 随時
doda 毎週月・木
リクルートダイレクトスカウト 随時
エン転職 毎週月・木
リクナビNEXT 毎週水・金
マイナビ転職 毎週火・金
ビズリーチ 随時
パソナキャリア 随時

転職サイトで安全に転職活動をするポイント

転職活動で心配なのが「転職活動していることが、現職にバレないか?」という点です。

これについてはバレる可能性は低いと言えます。各転職サイトには登録していることを特定の企業に知られないようにできる機能がついているため、あなたが在籍している企業を登録しておけば、バレることはないので安全かつ安心して利用することができます。また、下記の点にも注意しておくと安全に転職活動を進めることができます。

1.スカウト機能をオフにする

転職サイトには企業から求職者にスカウトメールを送る「スカウト機能」があります。人事は求職者の登録情報から検索しスカウトを送っています。そのため、自分の過去の経歴から登録していることがバレてしまう可能性があります。

もちろん、登録される情報の勤務先名や個人名は非公開になっていますが、「現住所の都道府県」や「職務経歴」「年齢」「最終学歴(大学名)」などから推測されてしまうこともあります。

なかでも一番危険なのが「職務経歴書」の内容です。組織名や担当したプロジェクト名、異動年月など、特定されやすい情報を書いているとバレてしまう可能性があります。

しかし、バレないように書くのは難しいので、自分が所属する企業から検索されないように設定するか、スカウト機能をオフにしておくのが安全です。

2.会社のPCや会社のスマホから転職サイトにログインしない

会社のPCやスマホから転職サイトにアクセスすると、通信のログから転職活動をしていることがバレる可能性があります。

また、社内で転職サイトを見ているのが上司に見つかってしまうということもあるので、職場以外で利用することをおすすめします。

転職サイトの利用がおすすめな人

ここでは、転職サイトの利用が向いている人の特徴をご紹介します。

1.自分のペースで転職活動をしたい人

自分のペースで転職活動をしたい人には転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトは自分の好きなタイミングで求人を検索することができるため、自分に合った時間で利用したい人には向いています。土日しか転職活動ができない人や、仕事に合間に求人を検索したい人には転職サイトがおすすめです。

2.志望企業や希望求人が明確な人

転職先の企業が明確な人も転職サイトの利用がおすすめです。

自分が志望する企業の求人を検索し、好きなタイミングで応募することができるため、転職エージェントよりも効率的に転職活動を進めることができます。

また、志望企業が絞られている場合には、転職サイトではなく企業HPから応募することも有効なので、合わせて確認してみるとよいでしょう。

3.いろいろな求人を見たい人

多くの求人を見てから転職を決めいたいという人にも転職サイトがおすすめです。

エージェント型転職サイトの場合、自分に合った求人しか紹介されませんが、転職サイトの場合は自分の好きな条件で求人を検索することができます。

多くの求人を見た上で転職活動をしたい、という人には転職サイトがおすすめです。

転職サイトの利用をおすすめしない人

ここからは、転職サイトの利用が向いていない人の特徴をご紹介します。転職活動をする上で、転職サイトを使うべきかどうかを判断してみてください。

1.キャリアを相談したい人

キャリア相談をしたいと考える人には転職サイトは向いていません。

転職サイトにはサポート機能がありません。そのため、自分でキャリアを設計し、そこに当てはまる求人を自分で検索する必要があります。

今後のキャリアをどうしたいか、そもそも転職すべきかどうかを相談したい人は、転職サイトではなく、エージェント型転職サイトを利用するようにしてください。

2.初めて転職を経験する人

初めて転職する人には転職サイトはおすすめしません。

転職サイトには10万件を超える求人が掲載されており、いつでも登録や検索ができることから、利用する人は多くいます。

しかし、10万件を超える求人の中から自分に合った求人を探すのは大変なだけでなく、自分が気になる求人だけしか探すことができません。

10万件の求人の中から自分に合った求人を見つけて応募し、面接日程の調整から年収交渉まで行うのは非常に効率が悪く、大量応募をして疲弊してしまう可能性が高く、かつ自分が知っている範囲でしか求人を探すことができないため、新しいキャリアを築くのが難しくなってしまいます。

そのため、初めて転職する人は転職エージェントを利用することをおすすめします。このあたりについては「転職サイトをおすすめしない理由」の記事を合わせてご覧ください。

3.現職が忙しい人

現職が忙しく、なかなか時間が取れない人にも転職サイトは向いていません。

転職サイトは自分からアクセスして求人を探す必要があるため、時間がない人が利用するのは難しいです。現職が忙しい人は自分にあった求人を紹介してくれるサービスや、スカウト型の転職サイトの利用がおすすめです。

一方で、自分でマイペースに転職活動を進めたいという人であれば転職サイトはおすすめできるため、現職の状況も加味しながら利用するかどうかを考えてみてください。

4.職務経歴書や履歴書に不安がある人

職務経歴書や履歴書に不安がある人にも転職サイトはおすすめしません。

転職サイトは自分で書類を作って応募しなければならないため、職務経歴書の添削や面接対策などはありません。

もし職務経歴書や履歴書を自分で書いて応募したい、という場合は『【厳選】転職の面接対策に役立つ本当におすすめの本10選』を参考にしてみてください。

もし、少しでも職務経歴書に不安があるようであれば、キャリアアドバイザーに相談した上で、転職サイトを利用することをおすすめします。

5.年収を上げて転職したい人

年収を上げて転職したい人にも転職サイトはおすすめしません。

転職サイトの場合、入社日の交渉や年収などの条件交渉を自分で行う必要があります。年収の交渉などはなかなか言いにくいことも多いため、転職エージェントを経由したやり取りの方が交渉しやすいことが多いです。

もし年収を上げて転職したいのであれば、転職サイトではなくエージェント型転職サイトの利用をおすすめします。

転職サイトに関するよくある質問

転職サイトに関するよくある質問をまとめておきます。

Q:おすすめの転職サイトはどこですか?

A:まずは求人数の多い下記の転職サイトをおすすめします。

また、スカウト型転職サイトの利用もおすすめです。スカウト型転職サイトは受け身で利用できるため、今すぐ転職を考えていない人も活用できます。スカウト型転職サイトは下記の2社がおすすめです。

転職サイトをうまく活用して転職活動を進めましょう。

Q:転職サイトと転職エージェントの違いはなんですか?

A:「転職サイト」は好きな求人を自分で探して、応募から面接まで進めることのできる転職サービスです。また、「転職エージェント」は、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが、自分に合った求人を送ってくれる転職サービスを指します。

Q:転職サイトと転職エージェントはどう使い分ければいいですか?

A:転職サイトで応募したい求人を探して、転職エージェント経由で応募するのがおすすめです。転職エージェントに推薦文をもらって応募するほうが、書類選考の通過率が高くなるのでおすすめです。

Q:転職サイトと転職エージェントで通過率に違いはありますか?

A:あります。転職サイトに掲載されている求人には、応募者に対して学歴フィルターや会社名、転職回数などのフィルターが設けられていることがあります。そのため、転職サイトから応募するだけでは、機械的に落とされてしまう可能性があるので、転職エージェントも併用することをおすすめします。

Q:転職サイトは何社に登録したほうがいいのですか?

A:転職サイト最大手であるリクナビNEXTの調査によると、転職決定は平均して4.2社へ登録しているというデータがあります。転職サイト登録者の平均登録サイト数は2.1社ですが、転職決定者の平均登録サイト数は約2倍の4.2社です。多くの転職サイトに登録するほうが転職活動は効率的に進めることができます。

Q:転職しなくても転職サイトに登録していいのでしょうか?

A:問題ありません。転職する・しないは個人の自由なので、転職する・しないに関わらず登録できます。個人的には社外における自分の市場価値を知るためにも、スカウトなどを受け取れる状態にしておくことをおすすめします。

Q:同じ企業に2つ以上の転職サイトから応募していいのでしょうか?

A:問題ないです。募集している企業と転職エージェントの関係性によって求人への通過率が変わることがあるので、転職エージェントAで応募して落ちても、転職エージェントBで応募したら通過する可能性もあります。そのため複数の転職サイトから応募するのがおすすめです。

Q:転職サイトからのメールが多すぎるときはどうすればいいですか?

A:転職サイトに登録すると数多くのオファーや新着求人通知がくるため、メールボックスが未読メールで埋まってしまいます。肝心な面接などのメールを見逃してしまうこともあるので、メールサービスの配信停止設定を行いましょう。各転職サイトのマイページから設定してみてください。

Q:在籍している会社に転職活動をしていることはバレないのでしょうか?

A:転職サイトの設定の中に、現在の勤務先や取引先企業などに見られないようにする設定があります。自分の会社や取引先を除外しておくことでバレることを防ぐことができます。勤務中に面接に行くなどはバレてしまうことがあるので、有給などを使っていくことをおすすめします。

Q:転職サイト経由で内定をもらったら転職しないといけないのですか?

A:しなくても大丈夫です。自分が行きたいと思う企業であれば行くのが良いですが、内定したからといって無理に転職する必要はありません。転職エージェントの情報だけでなく、自分の今の環境や状況を見て転職を決めるのがおすすめです。

Q:転職サイトを見る上でおすすめの業界はどこですか?

A:平均年収の高い業界に転職することをおすすめします。各業界における平均年収は「業界別平均年収ランキング」などで検索すればすぐにわかります。転職サイトであるdodaマイナビ転職などを参考にしてみてください。

Q:女性におすすめの転職サイトはどこですか?

A:女性の転職には、女性の働き方に特化した転職サイトの利用がおすすめです。ワーママや子持ちの方の転職について一緒に考えてくれる転職サイトが良いので、そちらを利用してみてください。

Q:転職サイトはすぐに退会できますか?

A:できます。どの転職サイトもすぐに退会できるようになっています。ただし、退会すると登録した情報はすべて削除されてしまうため、次回利用するときには再度プロフィールを入力しなければなりません。また利用する可能性があるようであれば、利用休止にしておくことをおすすめします。

Q:業界や職種が未経験でも転職できますか?

A:可能です。特に年収を上げたい人は平均年収の高い業界へ転職する「軸ずらし転職」がおすすめです。軸ずらし転職については著者が語る「転職と副業のかけ算」の記事をご覧ください。

Q:国の就職支援機関はありますか?

A:若者を対象にした就職支援「ジョブカフェ」があります。各都道府県が主体となって実施しており、自分に合った仕事を見つけるためのサポートを受けることができます。仕事探しから就職までの一貫的なサポートが特徴で、すべて無料で利用できます。また、「ハローワーク」も地元の求人を見つけるのに役立つためおすすめです。

まとめ

最後に、各転職サイトと転職エージェントの求人数や対応エリアについて比較してまとめた表をご紹介します。転職サイトの特徴や求人数を比較してみてください。

おすすめの転職サイトをご紹介してきましたが、最後は自分の意思で決めることが大切です。転職サイトはあくまで情報収集のための一つの手段として利用し、転職サイトだけの情報を鵜呑みにせず、自分で得た情報を元に比較、検討していく方が安全です。

ここに挙げたおすすめの転職サイトを参考に、あなたにあった転職サイトを選んでみてください。

転職サイト比較・一覧表

サービス名 リクルートエージェント ビズリーチ doda マイナビエージェント リクルートダイレクトスカウト JACリクルートメント 転職サイトGreen マイナビ転職 パソナキャリア リクナビNEXT マイナビジョブ20’s type ミドルの転職 クライス&カンパニー FROM40 マイナビミドルシニア マイナビエージェント(女性の転職) doda Woman Career type女性の転職エージェント LIBZ(リブズ) type転職エージェント UZUZ(ウズウズ) doda X プロフェッショナルバンク 就職Shop ハタラクティブ Geekly(ギークリー) マイナビITエージェント プロコミットキャリア LHH転職エージェント Wantedly フォースタートアップス アマテラス 看護roo! マイナビ看護師 ナース人材バンク レバウェル介護 マイナビ介護職 介護ワーカー 薬キャリ マイナビ薬剤師 ファルマスタッフ 転職会議 ミイダス OpenWork ライトハウス JobQ(ジョブキュー) ハローワークインターネットサービス ジョブカフェ サポステ
運営会社 株式会社リクルート 株式会社ビズリーチ パーソルキャリア株式会社 株式会社マイナビ 株式会社リクルート 株式会社ジェイエイシーリクルートメント 株式会社アトラエ 株式会社マイナビ 株式会社パソナ 株式会社リクルート 株式会社マイナビワークス 株式会社キャリアデザインセンター エン・ジャパン株式会社 株式会社クライス&カンパニー 株式会社ダトラ 株式会社マイナビミドルシニア 株式会社マイナビ パーソルキャリア株式会社 株式会社キャリアデザインセンター 株式会社リブ 株式会社キャリアデザインセンター 株式会社UZUZ パーソルキャリア株式会社 株式会社プロフェッショナルバンク 株式会社リクルート レバレジーズ株式会社 株式会社Geekly 株式会社マイナビ プロコミットキャリア株式会社 アデコ株式会社 ウォンテッドリー株式会社 フォースタートアップス株式会社 株式会社アマテラス 株式会社クイック 株式会社マイナビ 株式会社エス・エム・エス レバレジーズメディカルケア株式会社 株式会社マイナビ 株式会社トライトキャリア エムスリーキャリア株式会社 株式会社マイナビ 株式会社メディカルリソース 株式会社リブセンス ミイダス株式会社 オープンワーク株式会社 エン・ジャパン株式会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 421,789 280,860 249,458 非公開 325,230 18,162 29,962 26,621 37,593 133,000件以上 5,840 2,536 311,512 8,944 16,840 257,398 非公開 249,458 10,952 339 10,952 非公開 55,151 144 11,000件以上 4,263 24,515 非公開 非公開 15,796 145,429 非公開 450 89,577 66,824 21,026 218,476 非公開 54,616 60,333 47,474 50,884 410,413 437,342社 75,321 258,207社 非公開 1,053,919 非公開 非公開
非公開求人数 223,639 非公開 42,019 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 19,999 3,000件以上 非公開 非公開 42,019 18,615 非公開 18,615 非公開 非公開 3,000件以上 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 14,914 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★・ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★★ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★・ ★★★★★ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★★ ★★★・・ ★★★★★ ★★★★・ ★★★・・ ★★★・・ ★★★・・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★・・ ★★★・・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★★ ★★★・・ ★★★・・ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
利用料金 無料 有料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 有料 無料 無料 無料 無料 無料
対象年代 20代~50代 20代~40代 20代~50代 20代~40代 30代~40代 20代~40代 20代~40代 20代~40代 20代~40代 20代~40代 20代 20代~40代 30代 30代 40代~50代 40代~60代 20代~40代 20代~50代 20代~40代 30代~40代 20代~40代 20代 30代~40代 30代~50代 20代~30代 20代 20代~30代 20代~40代 20代~30代 20代 20代~50代 20代~50代 20代~50代 20代~50代 20代~50代 20代~50代 20代~60代 20代~60代 20代~60代 20代~60代 20代~50代 20代~60代 20代~50代 20代~40代 20代~50代 20代~50代 20代~50代 10代~60代 10代~30代 10代~40代
種類 転職エージェント 転職サイト 転職サイト 転職エージェント 転職サイト 転職エージェント 転職サイト 転職サイト 転職エージェント 転職サイト 転職エージェント 転職サイト 転職サイト 転職エージェント 転職サイト 転職サイト 転職エージェント 転職サイト 転職エージェント 転職サイト 転職エージェント 転職エージェント 転職サイト 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職サイト 転職エージェント 転職サイト 転職サイト 転職エージェント 転職サイト 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職サイト 転職エージェント 転職サイト 口コミサイト 転職サイト 口コミサイト 口コミサイト 口コミサイト 求人サイト 転職支援 転職支援
エリア 全国 全国 全国・海外 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 東京・神奈川・埼玉・千葉 全国 東京・神奈川・埼玉・千葉 全国 全国 全国 全国・海外 東京・神奈川・埼玉・千葉 全国 東京・神奈川・埼玉・千葉 全国 全国 全国 全国 北海道・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・岐阜・静岡・愛知・三重・京都・大阪・兵庫・広島・福岡 全国 全国 全国 首都圏・東海・関西 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら

(公開求人数、非公開求人数:2024年7月10日現在)

【参考文献・サイト】

厚生労働省
若年者雇用に関する参考資料
年齢にかかわりない転職・再就職者の受入れ促進のための指針
しょくばらぼ
労働市場における雇用仲介の在り方に関する研究会

経済産業省
民間求人サイトの有効活用方法等を検証するための実証調査
ジョブカフェ

内閣府
多様化する職業キャリアの現状と課題
転職が得になる国、ならない国
転職しても不利にならない柔軟な労働市場
離職率・入職率の変化と転職希望者数の推移

総務省統計局
労働力調査(基本集計)

注1:本ページに掲載している「おすすめ転職サイトランキング」は、転職アンテナ経由による「転職サイトへの登録数」と、監修者であるmotoのSNSアンケートによる「満足度」が高かった転職サービスを集計してランキング化しております。

注2:本ページの表に記載している「全国」は、47都道府県(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)を指しています。

注3:本ページに掲載している各転職サービスの口コミ評価は、転職アンテナの読者から体験談投稿フォームにてお送りいただいた内容および、転職アンテナコンシェルジュでのキャリア面談時にお寄せいただいた体験談にて構成しています。

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社を上場企業へ売却。現在はHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報