リクルートやサイバーエージェントで活躍する人が持つ「目線」の違い

就活生が企業を選ぶ基準に「将来的にどの会社でも活躍できる力を得られる会社」が多く挙がっているようです。

スポンサーリンク

就活で人気のリクルートとサイバーエージェント

「将来的にどの会社でも活躍できる力を得られる会社」について、具体的にどの会社か聞いてみるとリクルート、サイバーエージェント、DeNAなどが候補にあがってきます。毎年、就活生にとても人気のある企業群です。

「活躍できる力をつけたい!」という意欲的な気持ちは尊重しますが、企業選びの基準という点においては、個人的に何か違和感を感じました。

しかし、この違和感はサイバーエージェントの松村さんが以前アメブロで『会社は学校じゃねぇんだよ』という記事を読んで解消されました。以下、当時の文章の引用です。

学生気分で会社に来てるヤツがいる。
お前、何しにきてんの?
「先輩に教えて頂きながら~~~」
「いい友達ができるように~~~」
「どんな仕事にチャレンジできるんですか?」

とか。
ふぬけた事を言ってるヤツがいる。

〜(中略)

(俺は)サイバーエージェントグループの一員として、
21世紀を代表する会社を創るため。
そして、WAVESTを日本を代表する会社にするため。
そのためだけに会社に来ています。

〜(中略)

仕事なんて全部自分で見つけてこいよ。
ここは学校じゃねぇんだよ。

まさにこれだなと。

「将来的にどの会社でも活躍できる力をつけられる会社に行きたい」というのは向上心があるように見えて、根底にあるのは受け身の姿勢なんですよね。

会社というのは学校ではなく、お金を生み出したり、世の中を良くする、自分の会社がやりたことを実現するためにあるわけです。すごく当たり前のことなんですが、この目線は意外となかったりします。

両社で活躍する人が持つ「共通の目線」

僕もリクルートに在籍していたとき「活躍できるスキル欲しいなぁ」と考えてました。そんな甘ったれた僕に当時の上司はこう教えてくれました。

リクルート事件があった当時、明日にも会社が潰れそうな状況で俺たちが採用したかったヤツは「どの企業でも活躍できるエリート学生」とか「前職で優秀だった人」なんかじゃない。

明日潰れるかもしれないリクルートという会社で、潰さないために一生懸命努力できる人間だ。そういうスタンスを持った人間が、今まさに社会でも活躍してる。スタンスが大事だ。

聞いたあとで「なんて愚かな質問をしたんだろう…」と恥ずかしくなったのを覚えてます。

目の前のことに一生懸命になるとか、絶対にやり切るという「考え方」とか「姿勢(スタンス)」「目線」が大切なんです。スタンスといえど、これこそ「どの企業でも活躍できる人」に共通する素地なんだと思います。

また、リクルートで働いていたとき、部長からこんな言葉ももらいました。

先ほど引用させてもらったサイバーエージェントの人はまさにこのスタンスを持っていて、しかもそれがサイバーエージェントのビジョンともマッチしている。こういう人を採用できるサイバーエージェントの採用力はすごいと思います。

環境よりも目線とスタンスが大事

もし、今の僕が「21世紀を代表する会社を一緒に作りたい、藤田さんが目指す世界を一緒に実現したい!」と本気で思ったらサイバーエージェントに転職しますし、もし僕が「社会の不を解消したい!国民のために何かしたい!」と強く思ったら政治家を目指します。

就職活動や転職活動においては「自分が成長できる企業はどこか?」という自分視点だけなく「自分が成長させたい企業はどこか?」という視点も持っていないと、いつまでも受け身の姿勢でしかいることができません。

今は個でも活躍できる時代になっています。会社により掛かるだけでなく、会社を成長させる力を自分で持つことが強みになります。会社を使って成長しつつ、どんな会社の成長でも牽引できる人材になれれば、個として求められるようになると思います。

将来的に活躍できる力というのは、会社の環境だけでなく「自分のスタンスも大切だ」というお話でした。

スポンサーリンク