沖縄県のおすすめ転職エージェント5選!大手サイト&地域特化型の活用法

沖縄のおすすめ転職エージェント

沖縄で転職したいけど「自分で沖縄の企業に問い合わせたほうがいいのか?」「転職エージェントを通したほうがいいのか?」「しかし、沖縄でどの転職エージェントを使えばいいのか?」と悩んで、転職活動を始められずにいる方もいるのではないのでしょうか。

東京や大阪などの大都市に比べると、沖縄の求人は少なく、沖縄での転職は情報収集の量とスピードが勝負になってしまう部分が大きいです。

沖縄での転職は、転職エージェントを活用することでいち早く情報収集を行い、内定に至るまでの転職活動を効率良く進めることが可能です。

数ある転職エージェントの中でも、沖縄の転職に強い転職エージェントを有効活用し、転職に成功する方法をお伝えします。

沖縄の転職事情

沖縄での転職を考えるにあたり、まずは沖縄の転職事情を把握しておきましょう。

沖縄の仕事事情

沖縄県はその温暖な気候と他県では見られない自然、食物などが多く、年中多くの観光客が訪れる観光大国です。

沖縄県の収益の約8割が観光業や医療・福祉などの第三次産業が占めています。

今後は全国でもトップの収益を誇る観光業のさらなる増益と、温暖な気候を利用した農業・漁業での収益の伸長が期待されます。

沖縄に本社を置く有名企業の例

沖縄の転職市場について

沖縄の有効求人倍率

沖縄の有効求人倍率は1.16倍(2024年3月)となっており、全国平均である1.28倍を下回っています。(※参考元:沖縄労働局

 有効求人倍率とは
有効求人倍率とは、企業からの求人数(有効求人数)を、公共職業安定所(ハローワーク)に登録している求職者(有効求職者数)で割った値のことで、雇用状況から景気を知るための統計資料の1つです。
有効求人倍率 = 企業からの求人数(有効求人数) ÷ ハローワークに登録している求職者の数(有効求職者数)
有効求人倍率は、求職者1人に対して何件の求人があるかを示す数字です。
・有効求人倍率が1を上回る⇒求職者数よりも求人数が多い、比較的就職・転職しやすい
・有効求人倍率が1を下回る⇒求職者数に対し求人数が少ない、競争率が高くなりやすい
※有効求人数はハローワークを通じた求人情報を利用するため、求人情報誌や転職情報サイトなどの求人情報は含まれていません。

沖縄の平均年収

沖縄の平均年収は347万円となっています。男性は377万円、女性は309万円です。(参考元:doda平均年収ランキング最新版

九州・沖縄の平均年収

また、総務省が発表している「消費者物価地域差指数」は、沖縄は全国23位となっています。

沖縄に転職するメリット・デメリット

沖縄への転職を検討する際は、まず沖縄に転職するメリットとデメリットを把握しておきましょう。

沖縄に転職するメリット

沖縄に転職するメリットは以下の2つです。

  1. 大都市と比べて生活費が安い
  2. 年収アップができるかも!

なんといっても沖縄に転職する最大のメリットは東京や大阪など大都市に比べると生活費の安さです。家賃や食費など大都市との違いに驚くでしょう。

また、沖縄には前項で紹介したような大企業も多数あるので年収アップが狙えますし、年収を上げて生活費を節約できれば、金銭面で余裕ができます。

沖縄に転職するデメリット

一方、沖縄に転職する際には、以下のようなデメリットも考えられます。

  1. ブラック企業に転職してしまうかも
  2. 仕事がハードで体調をこわす人もいる
  3. 地方独特の風習に慣れる必要がある

沖縄に転職した人で「転職してみたらブラック企業だった」という後悔している方も少なからずいます。

もっと田舎の企業だと世間が狭いので低賃金や長時間労働など、すぐに噂が広まって入社前に吟味できるのですが、沖縄は企業数も多く見極めるのは難しいです。

また、沖縄には大企業も多く年収アップが可能ですが、その分仕事がハードな場合もあります。のんびり地方で働きたいという理由だけで転職すると、後悔することになるかもしれないのでおすすめできません。

最後に、沖縄だけではありませんが、新しい土地に移り住むとその土地独特の新しい風習に馴染む必要があります。

例えば東京だとマンション暮らしで近所付き合いがない方も多いと思いますが、沖縄に来て戸建てに住んだりすると、町内会があったり隣の人と顔を合わせることが多く、ストレスを感じる方もいるかもしれません。

沖縄の転職には転職エージェントを利用する

沖縄での転職には、転職エージェントのサポートが欠かせません。

転職エージェントは転職サイトや公式サイトにも載っていない、非公開求人を含む多くの求人を保有しており、転職エージェントに登録していれば、あなたの経歴や希望条件に合った求人をいち早く知らせてくれます。

沖縄での有効求人倍率は東京や大阪などの大都市に比べると低く、その分良い求人が取り合いになり、早い者勝ちになります。

ライバルよりも早くより好条件の求人情報を手にすることが、沖縄での転職成功への第一歩になるのです。

沖縄での転職で転職エージェントを使うべき3つの理由

沖縄の転職で転職エージェントを使うべき理由は、下記の通りです。

1. 個別に非公開求人をもらえる可能性がある

転職エージェントは企業と機密保持契約を結んで、企業HPに一般公開されていない「非公開求人」を大量に保有しています。

非公開求人とは、企業が事業戦略上の理由で重要なポジションにこっそり人を採用したい場合、転職エージェントに内密で依頼する求人で、条件が良いケースが多いです。

大手の転職エージェントは、非公開求人の保有率が圧倒的に高いため、沖縄県に特化した非公開求人を保有しています。

沖縄企業の採用ページや転職サイトをチェックして「特に転職したい条件・求人がないな」と思ったとしても、転職エージェントが保有していることも多いのです。

しかし、非公開求人は募集がかかるとすぐに殺到してしまうので、転職エージェントの連絡スピードが決め手になってしまうことも少なくありません。

2. 沖縄の企業に特化した対策が可能

転職エージェントは多くの転職希望者のサポートを行なってきているため、大手・人気企業であればあるほど、内部の採用プロセスを熟知して独自のノウハウを蓄積してきています。

具体的には、採用担当者の特徴や好み、過去受かった人の傾向、特化した想定質問や正しい回答など、通常知ることができないデータを大手の転職エージェントは蓄積しているのです。

さらに、蓄積してきたデータを駆使して、模擬面接・職務経歴書をあなたと一緒に考えてくれるので、転職エージェントを活用していないライバルよりも圧倒的に優位に立てるのです。

転職エージェントは面接の後に採用担当者と個別に連絡を取り、面接の評価を確認しています。

転職エージェントの能力次第なのですが、面接でうまく伝えることができず、本来不合格になるところを、転職エージェントの営業力で面接をやり直したりなんとか通過させることも実は多いのです。

注意点は、転職エージェントの営業力が弱いと、あなたを十分に売り込むことができないので、営業力が強い転職エージェントを選びましょう。

3. 年収など待遇交渉ができる

実際に転職をした方は、ご存知かと思いますが「転職で年収・待遇交渉」は自発的に行う必要があります。

しかし、多くの転職者が口を揃えて言うのは「どのタイミングで交渉すればいいかわからなかった…」ということです。

なぜなら、個人経由で応募すると、最終面接の場で入社同意書を書かされることが多いため、そもそも年収交渉する場面が設けられていないのです。

転職エージェント経由であれば、入社する意向を転職エージェント経由で伝えることができるので、合わせて転職エージェントに年収交渉をしてもらうことが可能です。

沖縄での転職は転職エージェントを複数登録する

沖縄での転職では転職エージェントを複数登録することで、転職成功率をより上げることができます。

転職エージェントにはそれぞれ求人の量や求人の年収レンジ、サポート力や得意の業界など特色があり、特色の違う転職エージェントを複数登録して有効活用することで、より転職活動を優位に進めることができます。

例えば、求人の量も多く、幅広い業種の求人を持つ総合転職エージェントに登録して求人の情報収集をし、同時にサポート力に定評がある転職エージェントに転職に関する疑問点などを細かくします。もし、希望の職種が特定できているなら、その業界に特化した特化型転職エージェントに登録して、条件を絞って求人をチェックしてもよいでしょう。

あまり多くの転職エージェントに登録しても混乱するので、だいたい3~5社の転職エージェントに登録して転職活動を進めてみると良いでしょう。

沖縄での転職におすすめの転職エージェント5選

沖縄での転職で登録すべき転職エージェントは、大手転職エージェントに加えて地域密着型の転職エージェントをおすすめします。

沖縄に支店がある大手転職エージェントは限られており、対面で面談や相談をすることは難しいですし、転職する業界によっては、地域密着型転職エージェントのほうが、多くの求人を保有している可能性があります。

それでは、沖縄でおすすめの転職エージェント5社をご紹介します。

1:リクルートエージェント|案件総数・内定決定率No.1

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:395,821(2024年5月15日現在)
求人数増減:+2,191(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェント」は案件総数・内定決定率ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。転職希望者の約80%以上が利用したことがあるというのがこのリクルートエージェント。

沖縄に支店はありませんが、電話やメールでの相談対応が可能です。沖縄の転職で情報量を優先して転職エージェントを利用したい方におすすめです。

出典:公式サイト

2:doda転職エージェント|転職者満足度No.1丁寧な対応とノウハウが好評

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:240,663(2024年5月15日現在)
求人数増減:-3,191(先週比↓down)
【公式サイト】https://doda.jp/

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する「doda転職エージェント」は、転職者満足度No.1の転職エージェントで、営業能力や連絡スピードが高いです。

特徴は、担当者の対応が平均的に良く、当たり外れが少ない転職エージェントだと言われています。

リクルートエージェントと肩を並べる、業界大手の転職エージェントですがdodaも沖縄に支店がないので、電話やメールでの対応になります。沖縄の公開求人の量では業界一ですし、丁寧なサポートを希望する方は登録しておくべきエージェントです。

出典:公式サイト

3:パソナキャリア|初めての転職には必須

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:36,768(2024年5月15日現在)
求人数増減:+560(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリア』は大手転職エージェントの中でも、手厚いサポートには定評のある転職エージェントです。また、平日夕方や土日の面談や相談対応も可能なので、在職中の転職活動など、時間にあまり余裕がない方にとっては利用しやす転職エージェントです。

パソナキャリアは沖縄に支店があり、ほかの大手転職エージェントに比べて沖縄県内の非公開求人も多く保有しています。

出典:公式サイト

4:リージョナルキャリア沖縄

リージョナルキャリア沖縄

リージョナルキャリア沖縄』は、大都市圏から沖縄へのU・Iターンを支援する転職支援サービスです。2017年7月のサービス開始以来、沖縄に密着した転職支援・キャリア支援を行っています。

沖縄自体、観光業がとても盛んですので、その分求人も多く発生していることが予想されますし、沖縄で観光業に転職を考えている方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

出典:公式サイト

5:ジョブアンテナエージェント

ジョブアンテナエージェント

ジョブアンテナエージェント』は、沖縄に拠点を置く地域密着型転職エージェントです。

比較的新しい転職エージェントなので企業とのパイプはあまりないですが、ジョブアンテナエージェントはWeb会社の琉球インタラクティブが運営する転職エージェントでもあり、IT業界への転職を強みとしているのはもちろん、ベンチャー企業への転職サポートも得意としています。

出典:公式サイト

沖縄で転職エージェントを活用する際の注意点

沖縄で転職エージェントを活用して転職を成功させるには、以下の4つのポイントに注意してください。転職エージェントを有効活用して沖縄での転職を成功させるためのポイントを一つずつ詳しく解説していきます。

1.登録後は1~2週間に一度は必ず連絡を入れる

転職エージェントは企業から依頼を受けると、数多くの求職者のデータベースから条件に合った求職者を検索にかけるのですが、そのデータベースは更新日、つまり一番最近連絡を取った日が近い順に並んでいます。

つまり、同じ条件であれば、より最近連絡を取った求職者にまず連絡をしていくわけです。

転職エージェントに登録したっきり連絡をしないでいると、どんどん後回しにされて求人の紹介はだんだん減っていってしまいます。

2.経歴やスキルに嘘をつかない

登録する経歴やスキルに嘘はついてはいけません。聞こえの良い転職理由を伝えてしまっては、転職に至った根本的な問題を解決できる企業の紹介が難しくなります。

また、話を進めていくうちに「最初に聞いてた話と違う??」となるとエージェント側も信用できず、企業に推薦しづらいということにもなりかねないので、虚偽の報告は絶対にしないでください。

3.同じ案件に複数の転職エージェントから応募しない

沖縄での転職においては、1つの案件に複数の転職エージェントから応募してはいけません。

企業からエージェントにも連絡が行き、結果として企業・エージェントの双方に不信感を与えることになり、場合によっては破談になってその案件には応募できなくなることもあります。

4.合わない担当エージェントは変更してもらう

転職で最も重要なのは、担当エージェントとの相性です。あなたの転職に至った理由や希望条件を理解し、共に希望の転職先を探し親身にサポートしてくれるエージェントが必要です。

万が一「紹介される案件が希望とかけ離れている」「質問しても返事が遅い」などあなたが不安に感じることがあれば、担当エージェントを変更してもらってください。

合わない担当エージェントと転職活動を行っても思うような結果は出ないでしょうし、時間が無駄になってしまいます。

沖縄の転職口コミ

他の都道府県から沖縄に転職した、沖縄県内で転職したという声はSNSでも多く見られます。ここでは、沖縄の転職で良かった口コミ、悪かった口コミを掲載しておきます。

  • 転職の選択肢が狭すぎる島国、沖縄

    出典:X(旧Twitter)

  • 首都圏で海外営業として活躍していた人が沖縄へ移住転職を考える際、「沖縄でも仕事を続けられるのか?」という疑問が湧いてくると思います。 実際、沖縄にはほとんど海外営業の求人はありません。 少ない理由やこれまでの経験を活かせる仕事について解説します。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今日で転職して丸4年。5年目に突入。 沖縄からリモート中心の働き方で、東京本社のコア業務に携われていることは、当たり前ではない。そのことをちゃんと認識して、常に周りへの感謝と尊敬の気持ちを忘れずに、謙虚に素直に前を向き、介在価値を発揮することで貢献し続けていきたい。節目の決意表明。

    出典:X(旧Twitter)

  • 旦那のDisabilityどれくらいかかるかも何%になるかも分からんから、やっぱ施工管理職に戻ろうかな🤔それがベストよなって思って転職活動し始めた🥹沖縄の中でも給料水準高い仕事の1つだと思うし🥹

    出典:X(旧Twitter)

  • 沖縄に引っ越してきて唯一落ち込んだこと。 転職活動で人生で初めて不採用になったこと。 1時間の面接で「今後のビジョンは?」と聞かれてすごく困った。 1日1日働くので精一杯なのに今後のビジョンとか考えられない。 あと2社面接予定だから頑張ります!

    出典:X(旧Twitter)

  • 昨日、未経験からエンジニア転職を目指す沖縄の方の相談に乗ってました。Wantedlyで「東京 中途 Ruby」で検索すると1万件出てきたのに、「沖縄 中途 Ruby」だと3件で2人で笑った。マジ東京一極集中。地方在住者は一度東京に引っ越しする覚悟は必要かもですね。経験積んで地方に戻るという方針。

    出典:X(旧Twitter)

  • ・ 明示された労働条件と違った 👨転職のために鹿児島から沖縄に引っ越しました。働き始めると労働内容が明示されたものと違い、困っています。 💬労働契約の締結時に示された労働条件と事実が異なる場合、労働契約を即時解除できます。 解除日から14日以内に帰郷する場合、帰郷旅費も請求できます。

    出典:X(旧Twitter)

  • 人生変えるための転職で沖縄に来たんだから気合い入れんとな 明日緊張する、新しい職場

    出典:X(旧Twitter)

  • 登録しっぱなしの転職サイトから沖縄の求人の案内来てたんだけど年収250万て書いてあって泣いちゃった

    出典:X(旧Twitter)

  • わい、次の転職では最低100万は年収上げようと鼻息荒いのだが、沖縄の給与低すぎてそんな会社数社しかないやんけ

    出典:X(旧Twitter)

  • 色々あって転職繰り返し 今は大手メーカーの派遣してるけど やっぱり暮らしやすい沖縄で 働きたいな〜となってて 5,6年実績積んだ後戻りたいが 沖縄で開発職ほぼ無いのよね… 定年退職者と入れ替わりで〜 と奇跡的なタイミングの会社ないかな? #solidworks #開発 #5年後

    出典:X(旧Twitter)

  • 38歳。社会人20年めの春。ついに目標を叶えた。沖縄に住みながら、フルリモートで本州の企業に転職する。場所にとらわれずに働きたい。その思いで必死に努力した。そのおかげでWEBマーケにキャリアチェンジできた。年収も150万上がった。コツコツ努力を続けたひとだけが、前に進める。あなたもやろう。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今39歳ですが、先日沖縄移住と転職が決まりました

    出典:X(旧Twitter)

  • 石垣島に転職・移住して、ときたま大阪や那覇にいくけど、大阪帰る方が飛行機ぐ安くて、那覇(本島)にいくのがその2倍ほどするので、石垣島に住むと、交通費考えたら沖縄本島ではなく大阪、福岡、東京へ行くよね。 本島行く交通費の浮いた分、宿泊や買い物などに使えるし。 #離島 #移住 #石垣島

    出典:X(旧Twitter)

  • 4月からの就職先決まりました!😆🙌 11月に応募して最終選考まで進んだ 第一希望の会社に振られたら 本領発揮して、いっちょやったるか! とスイッチが切り替わり インスタ広告から寝ぼけて申し込んだ 転職エージェントさん紹介の 一度は内定を断りかけたITの会社に 決めました😄 #沖縄 #在宅勤務

    出典:X(旧Twitter)

  • 引越しと転職が決定しました。 沖縄来て5年、次の家で4軒目、仕事は3つ目(異動含む)が終了しようとしてます 引越しは家賃値上げと住みたい思ってた地域で家見つけたのと、退職はできるスタッフ全員退職しオソマなスタッフしかいないから。 早く猫と引きこもりたい‥5年ってはやいな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 沖縄に転職して 最初の出張先が東村だったな〜🍍 #高江地区 #まるごと東村 #musicshower

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分沖縄の物件探し一回も内覧できずに決めました😅 転職と引越し重なったので致し方なしです💦

    出典:X(旧Twitter)

  • ただ転職活動してたとき、沖縄の地場企業(中小)はちょっと足元見てる感じしたなぁー。移住者だからってのもあるのかも。でも沖縄で骨を埋めるつもりだってアピールしたら内定くれたけどね(給料安すぎるので断ったけど)

    出典:X(旧Twitter)

  • 東京での仕事はあとひと月で終わり。辞めること決まっててモチベ上がらないけど、立つ鳥跡を濁さず。で最後までしっかり勤めて終わるよう頑張るか。転職先は地元沖縄。

    出典:X(旧Twitter)

  • 弊社コンサルタントのIT企業専門担当・玉城が、未経験からエンジニアになるために必要なポイントについてまとめました💻 就職できたモデルケースについてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください! #沖縄移住 #沖縄転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 「沖縄でキャリアアップしたい!」という相談が多い一方、「沖縄でのキャリアアップに具体的なイメージが持てず、何から手をつけていいのかわからない」という相談者様も少なくありません🗣️ 沖縄でキャリアアップする方法や、具体的なステップ、事例をご紹介します。

    出典:X(旧Twitter)

  • 長年の夢だった沖縄移住を実現した鈴木さん。 鈴木さんの転職をサポートした弊社コンサルタントの長濱が、当時の転職活動を振り返りながら、キャリアの切り拓き方やIターン転職について語り合いました。 沖縄にIターン転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください!

    出典:X(旧Twitter)

  • 静岡→東京→沖縄と異動・転職して、沖縄だけが圧倒的に気持ちが楽。問題は解決してなくても何もメンタルに響かない。毎日職場のラジオで民謡流れてるせいかな。毒気抜かれてる。

    出典:X(旧Twitter)

  • 沖縄で転職情報を探したらだいたい建築関連か不動産営業、ITしか出てこない。

    出典:X(旧Twitter)

  • 沖縄移住で世帯年収1/4になったので下記を実践しました。 ・ブログ運営でWEBマーケ学ぶ ・インスタ運営でSNSマーケ取得 ・基礎的PCスキルを自助努力で取得 ・保険営業からIT系に未経験転職 インスタの実績を持って、本州のWEBマーケにフルリモート転職して年収を元に戻しました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動を始めてから思うけど、沖縄の給与って…😶😶 分かっていたけど現実を突きつけられた気分🤯 いま、他県の競合他社の書類を通過しそうって連絡を受けて志望動機を書くための企業分析をしている。 いろいろ加味しても県外が高い…。 これが、沖縄と県外の経済格差なのか😱

    出典:X(旧Twitter)

  • こんにちは😌 ぼく沖縄住みながら、フルリモートで本州の企業に転職しましたよー👌

    出典:X(旧Twitter)

  • 沖縄に移住して働いて思ったのは、移住はまだ早かったかなって。まだ普通に東京で暮らしたいという未練が残ってたし、転職先は東京にしようかしら

    出典:X(旧Twitter)

  • 皆さんご無沙汰です。 転職活動を今まで色々していましたが、ついに決まりました。前々から自営業したいと考えていたので、沖縄で農業することにしました。 内定頂いた所と弟の農業を手伝いながら一から農業の勉強していきます。 これからも宜しくお願いします。 実家ごと沖縄に移住です‼

    出典:X(旧Twitter)

  • 今日は社長に3月いっぱいで退社の意向を伝えました。来年度からは故郷沖縄での仕事が始まりますわ。もう、転職先からは受け入れての快諾貰ってる。変わらず通信建設業邁進していきます。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【🗣️ミイダスを使った実際の体験談】 トランスジェンダーであるYさんは、過酷な労働時間や日常的なセクハラに悩まされていました。地元沖縄で職探しをするも、希望に合う求人が少なく行き詰まっていたところ、ミイダスを使用して半月でUターン転職に成功しました!

    出典:X(旧Twitter)

  • 移住先やIターン先として人気の高い沖縄県。 転職活動や物件探しをどの順番で進めるとスムーズにいくのか、転職エージェントである #株式会社レキサン がまとめました。 1、沖縄へ移住転職する際の準備と流れ 2、沖縄への転職の事例3選 #沖縄転職 #沖縄移住 #沖縄で働く

    出典:X(旧Twitter)

  • 今年、沖縄にUターンします。沖縄で勤めてた会社の社長に拾ってくれないか相談したらOK貰えた。一定の評価をいただけてたのかな。考えてみたら転職活動自体苦労したことが無いのよな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 実家に帰省すると、近所のコンビニもスーパーも24時間営業をやめていた。 私が住んでいる場所はコンビニもスーパーも、全て24時間営業だ。 同じ那覇市内で、地域差が出てきている。 若干の不便さを感じつつも、実家近くのほうが働きそうだ。 タクシーワンメーターの距離だけど、Uターン転職するかな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 沖縄企業は外を知らないから適当を言う。特にコンプライアンスたか。 うちも転職のとき同じような事を言われたけど年収爆上げで笑った。

    出典:X(旧Twitter)

  • 基地は残業もなく、安定しているので大人気なのですよ。 既に就職している人間ですら、基地に働き口を見つけると、速攻で転職するそうです。 返還された土地に”アメリカン・ビレッジ”とか”ライカム(琉球米軍司令部)”とかつけてしまうくらいですから、沖縄人の多くはアメリカ大好きなのだと思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • 私の友人の料理人は、沖縄のホテルに転職後に、沖縄女性と結婚したよ。子供もできて幸せ。 なんかさあ、あなた、日本人たじゃないでしょ。リアル沖縄県民に会ってないのでは? 父の友人も沖縄の人色々いるけど仲良いよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 沖縄に移住して3年。資格職以外で現地勤務の転職を探してるんだけど、いろーんな現実をあらためて目の当たりにしてる。 仕事を理由に移住を断念する人の気持ちも分かるし、移住を促進してる地域に行く方が楽なのも分かる。「沖縄移住」って響きはいいけど、自立できるものがないと厳しい現状もある。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職を考えて求人サイトをみた。 地元は求人が少なかったが、京都の求人は多かった。 沖縄(地元)に帰るための仕事がないようだ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職して沖縄に戻りましたよ☝️

    出典:X(旧Twitter)

  • 関東と沖縄の給与の違いぐらいわかるけどさ。。。日当¥1.8〜4.5万て掲載されてて、面接行ったら違う会社だから日当¥10,000って😇 応募11/2から11/21にやっと面接できてこれ。 時間返してくれ。転職活動また1から。 もう返って燃えるね🔥

    出典:X(旧Twitter)

  • 幼馴染はいま⁉️ 地元で働いてると思っていた幼馴染が沖縄へ転職していた。もうビックリさぁ〜❗️ スゲー大変だったみたいだけど、楽しいって言葉が聞けてホッとした。良かった。 沖縄に遊びに行く理由ができた^_^ ただ一つ、メールでも良いから言って欲しかったなぁ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 50歳でダメ元で応募したベンチャーのネット広告運用の仕事は全て書類選考でNGでしたけど、那覇市にある某施設の広報事務の書類選考に通りましたぁ。来週面接。 待遇面も良いしここは決めたりますよぉ! I’m funky!! #沖縄 #退職 #転職 #就活 #面接

    出典:X(旧Twitter)

  • 沖縄に移住転職しようかな… 人生リセット

    出典:X(旧Twitter)

  • 貰えるものはもらっていきましょー。傷病手当金のあとは、雇用保険入ってたら失業給付も手続きできますし。 民間で働きながらも在野研究はできる時代ですし。 心身の健康が最初ですよ。 僕はさくっと、大阪から沖縄県の石垣島に転職、移住しちゃいリセットしちゃいました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 友達の息子さんが沖縄のホテルに就職したって聞いて、 いーーーーなぁーーーーっ!✨ って思ってしまった〜 住むとこ変わるくらいの転職してみたい…夢…夢すぎる…

    出典:X(旧Twitter)

  • 沖縄移住3年目 新しい業界で場所に縛られない仕事に挑戦したい。 ・いろんな場所に行く選択肢を持ちたい ・歳をとっても稼げるスキルを持ちたい ・会社員でいたい。 ・安定から得られる自由を楽しみたい 転職は目的ではなく、ビジョンのためのステップにしたい。 すこしずつ整理されてきた。

    出典:X(旧Twitter)

  • 沖縄のマンゴー農園の管理職っていう転職オファー来た

    出典:X(旧Twitter)

  • おはようございます🌞 沖縄でバスの運転手さんが不足してるとか…。 2種は持ってないけど大型は持ってるから、2種取って転職しようかな…❓

    出典:X(旧Twitter)

沖縄の転職エージェントまとめ

ここまで沖縄での転職事情、おすすめの転職エージェントについてお伝えしてきました。沖縄での転職はいかにあなたに合った転職エージェントを有効活用できるかによって、成功率が大きく変わってきます。

転職や転居は、あなたの人生において大きな転機となります。この記事を参考に自分に合った転職エージェントに登録して沖縄での転職の成功を目指してください。

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報