【30代転職・おすすめ職種】未経験でも採用されやすい職種を男女別に徹底解説

30代転職・おすすめ職種

昨今では30代で転職する人も多くなっています。

しかし、30代で初めて転職を考えたり、未経験の業種や業界へ転職する人は「本当に転職できるだろうか?」と不安に感じる人も多いと思います。

しかし、30代でも未経験の転職は十分に可能です。本記事では、30代の転職におすすめの職種を、男女別でご紹介します。また、30代の転職で求められるスキルや経験、未経験での転職を成功させるポイントを解説します。

30代でも転職は可能

30代でも未経験の業界や業種に転職はできるのか?と考える人は多いですが、結論として可能です。詳しく解説します。

1.30代の転職は遅くない

30代の転職は「30代で転職すると年収が下がるかもしれない」や「転職したいけど、30代の転職は成功できるのか不安」など、転職は選択肢にあっても、30代という年齢から不安になる人も多くいると思います。

しかし、実際には30代の転職は決して遅くありません。大手転職サイト「doda」の調査によると、2021年に転職した人の平均年齢は31.7歳となっています。

転職成功者の平均年齢調査

出典:doda「転職成功者の平均年齢調査【最新版】

30代での転職は決して遅くなく、市場でのニーズも高いため、きちんと転職活動をすれば成功できる可能が高いと言えるでしょう。

2.30代の転職における転職理由

30代の転職に迷う人は多いと思いますが、30代の人の転職理由ランキングをご紹介します。

出典:doda「転職理由ランキング【最新版】 みんなの本音を調査!

30代の転職理由ランキング1位は「給与が低い・昇給が見込めない」(34.6%)、2位は「昇進・キャリアアップが望めない」(33.0%)となっています。

30代になると生活や今後のキャリアのことを考える人が増えるため、給与やキャリアアップを理由に転職する人が多くなっています。会社の評価への不満や環境の悪さより、自分の今後のキャリアを考えて転職する人が多いようです。

もし少しでも同じ理由で転職に悩んでいるようであれば、転職サイトや転職エージェントに登録して、自分の市場価値や求人を調べてみることをおすすめします。

3.30代の多くは同業界・同職種での転職を考えている

30代は即戦力を求められる年代であるため、未経験の転職よりもこれまでの経験が活かせる同業界や同職種での転職をおすすめします。もし未経験での転職を考える場合には、30代前半で検討してください。30代後半になると未経験での転職は難しくなっていく傾向があります。

30代は同業界・同職種や異業種・同職種で転職するほうが自分の希望を叶えやすいので、今の仕事の延長で考えるようにしてみましょう。

転職サイト大手であるリクナビNEXTの調査によると、年代別の転職時の業種・職種異同のパターン別割合は、30代以上では「異業種・同職種」が占める割合が最も多く、20代と比較して高くなっています。

出典:リクナビNEXT「30代で異業種・異職種へ転職はできる?転職市場の動向と成功させるコツ

30代男性の転職におすすめの職種

ここまで、30代でも転職は十分に可能であることを解説してきました。ここからは、30代の男性が転職する際におすすめの職種をご紹介します。

1.営業職

営業職は未経験からの転職難易度が比較的低い職種です。営業職を経験しておくとその後のキャリアパスも広がるため、30代男性の転職にも人気の高い職種になっています。

固定給に加えて営業成績に基づく歩合制を取り入れていることも多く、成果が収入に反映されモチベーションにつながります。

営業職ではコミュニケーション能力や企画力、交渉力、数字を追う感覚などさまざまなスキルを身につけられるので、30代のうちに営業を経験しておくと次の転職の選択肢も増えていくでしょう。

【営業職に向いている30代男性の特徴】

営業職は仕事の過酷さよりもがんばった分の報酬がきちんと欲しい、という男性におすすめです。

営業職は、良くも悪くも成果が報酬に反映されやすい職種です。成果が出せずに上司から厳しいことを言われても、ポジティブに取り組んで成果を出すことに尽力できる男性に向いています。

また、営業にはコミュニケーション能力が必要不可欠になります。

【営業職で働くのにおすすめの業界】

営業職はどのような業界にとっても常に必要とされる職種です。

興味のある商品やサービスで業界を選んでもいいですし、より高いインセンティブを狙いたい方は建築や住宅メーカー、金融系などがおすすめです。

営業職への転職については『営業職におすすめの転職サイト・転職エージェント10選』をご覧ください。

2.企画・マーケティング職

企画職は、新しい商品やサービスをイチから生み出したり、既存の商品やサービスを改良したりする仕事です。そして、一般市場の動向を探ってサービスや商品の宣伝・販促を行い、消費者に届けるのがマーケティング職の役割になります。

市場動向や消費者の反応を直接感じることができる面がおもしろく、やりがいにつながります。自分のアイデアやスキルを形にできるという点で、30代男性に人気の職種です。

なお、未経験から企画・マーケティング職への転職の難易度はかなり厳しいため、営業や販売で知識と経験を培ってから転職を目指すのが良いでしょう。

3.コンサルタント職

コンサルタントの仕事は、クライアントである企業の経営上の課題を明らかにし、業績改善に導くことです。コンサルティングを行う分野はマーケティング、人事、経営戦略など多岐に渡り、各分野において深い知識と経験を持ってクライアントに的確な助言ができる能力が求められます。

年々コンサルタントの需要は高まっており、高収入を目指す30代男性に人気の職種です。ただ、コンサルタントの善し悪しは直接企業の業績にもつながるため、採用基準が厳しく転職難易度は極めて高めです。

コンサルタント職を目指す方は、中小企業診断士や社会保険労務士、公認会計士、FP、労働安全コンサルタント、キャリアコンサルタントなどの資格を取りながら、実務で知識を深めると良いでしょう。

コンサルタント職への転職については『【専門領域別】コンサル業界に強い転職エージェント15選』をご覧ください。

4.クリエイティブ・技術職

技術職は専門的な知識を必要としますが、一度知識やスキルを身につければ同じ分野での再就職もしやすくなります。

職種としてはエンジニア、デザイナー、開発職、建築士などさまざまですが、研究職のような専門知識を要する職種は転職難易度が高いです。未経験から技術職への転職を目指す場合は、ITエンジニア関連で未経験・ポテンシャル採用を行っている企業がおすすめです。

【技術職に向いている30代男性の特徴】

技術職は「ものづくり」なのでモノをつくり出すことに興味があることは前提で、何か一つのことに突き詰めて技術を磨いていきたい男性におすすめの職種です。

また、技術職に従事する中で手に職をつけることができるので、一生食べていける仕事を見つけたい人にもおすすめです。

【技術職で働くのにおすすめの業界】

ものづくりに興味があり、安定性を求めるのであればメーカーがおすすめです。メーカーであれば製造や加工でも未経験から挑戦しやすいです。

またITやWebに興味があるなら、システムエンジニアやプログラマーという選択肢もあります。未経験からでも比較的挑戦しやすい業界です。

ITエンジニアの転職を考えている人は『IT/Webエンジニアにおすすめ転職サイト』をご覧ください。

30代女性の転職におすすめの職種

ここからは、30代女性の転職におすすめの職種をご紹介します。

1.事務職

今も昔も、女性の転職に人気の高い職種である事務職。業務内容がある程度決まっていて、残業も少ないことからワークライフバランスを取りやすいところが人気の理由です。

事務職の主な業務は、企業においてのあらゆる事務作業全般になります。他の社員のサポートをする役目を担うため、仕事の正確さやホスピタリティの高さが求められます。

もともと事務職は女性に人気の職種で倍率が高い上、近年の業務アウトソーシング化によって事務職求人は縮小傾向にあるため、転職の難易度は高くなっています。

【事務職に向いている30代女性の特徴】

事務職の仕事はルーティンワークが多いので、同じ仕事を淡々とこなせる女性に向いています。

また、任された仕事を期限以内に完了できるようタイムスケジュールの管理ができることも重要ですし、最近では事務職の仕事もPC作業がメインになっていますので、基本的なPC作業が苦にならないことが前提です。

【事務職で働くのにおすすめの業界】

同じ事務職でも業界によって働き方や仕事内容も多少変わってきます。

IT・Web業界であれば事務職であっても新しいことに挑戦する機会が多く、その分仕事も大変にはなりますがやりがいはあるでしょう。

また、メーカーや商社であれば、業務内容はほぼ毎日同じで、仕事をコツコツ地道にこなしていける人におすすめです。

事務職への転職を考える女性には『事務転職におすすめの転職サイト』をご覧ください。

2.営業職

営業職は未経験からの転職難易度が比較的低い職種です。営業職を経験しておくとその後のキャリアパスも広がるため、30代女性の転職にも人気の高い職種になっています。

固定給に加えて営業成績に基づく歩合制を取り入れていることも多く、成果が収入に反映されモチベーションにつながります。

営業職ではコミュニケーション能力や企画力、交渉力、数字を追う感覚などさまざまなスキルを身につけられるので、30代のうちに営業を経験しておくと次の転職や、産休・育休後の復職でも職種の選択が可能になります。

【営業職に向いている30代女性の特徴】

営業職は仕事の過酷さよりもがんばった分の報酬がきちんと欲しい、という女性におすすめです。

営業職は、良くも悪くも成果が報酬に反映されやすい職種です。成果が出せずに上司から厳しいことを言われても、ポジティブに取り組んで成果を出すことに尽力できる女性に向いています。

また、営業にはコミュニケーション能力が必要不可欠になります。

【営業職で働くのにおすすめの業界】

営業職はどのような業界にとっても常に必要とされる職種です。

あなたの興味のある商品やサービスで業界を選んでもいいですし、より高いインセンティブを狙いたい方は建築や住宅メーカー、金融系などがおすすめです。

営業職への転職については『営業職におすすめの転職サイト・転職エージェント10選』をご覧ください。

3.企画・マーケティング職

企画職は、新しい商品やサービスをイチから生み出したり、既存の商品やサービスを改良したりする仕事です。そして、一般市場の動向を探ってサービスや商品の宣伝・販促を行い、消費者に届けるのがマーケティング職の役割になります。

市場動向や消費者の反応を直接感じることができる面がおもしろく、やりがいにつながります。自分のアイデアやスキルを形にできるという点で、30代女性にも人気の職種です。

なお、未経験から企画・マーケティング職への転職の難易度はかなり厳しいため、営業や販売で知識と経験を培ってから転職を目指すのが良いでしょう。

4.コンサルタント職

コンサルタントの仕事は、クライアントである企業の経営上の課題を明らかにし、業績改善に導くことです。コンサルティングを行う分野はマーケティング、人事、経営戦略など多岐に渡り、各分野において深い知識と経験を持ってクライアントに的確な助言ができる能力が求められます。

年々コンサルタントの需要は高まっており、バリバリ働いて高収入を目指す30代女性に人気の職種です。ただ、コンサルタントの善し悪しは直接企業の業績にもつながるため、採用基準が厳しく転職難易度は極めて高めです。

コンサルタント職を目指す方は、中小企業診断士や社会保険労務士、公認会計士、FP、労働安全コンサルタント、キャリアコンサルタントなどの資格を取りながら、実務で知識を深めると良いでしょう。

コンサルタント職への転職については『【専門領域別】コンサル業界に強い転職エージェント15選』をご覧ください。

5.クリエイティブ・技術職

技術職は専門的な知識を必要としますが、一度知識やスキルを身につければ同じ分野での再就職もしやすくなります。ライフイベントに際して、離職をしても復職したい女性に人気の職種です。

職種としてはエンジニア、デザイナー、開発職、建築士などさまざまですが、研究職のような専門知識を要する職種は転職難易度が高いです。未経験から技術職への転職を目指す場合は、ITエンジニア関連で未経験・ポテンシャル採用を行っている企業がおすすめです。

【技術職に向いている30代女性の特徴】

技術職は「ものづくり」なのでモノをつくり出すことに興味があることは前提で、何か一つのことに突き詰めて技術を磨いていきたい女性におすすめの職種です。

また、技術職に従事する中で手に職をつけることができるので、一生食べていける仕事を見つけたい人にもおすすめです。

【技術職で働くのにおすすめの業界】

ものづくりに興味があり、安定性を求めるのであればメーカーがおすすめです。メーカーであれば製造や加工でも未経験から挑戦しやすいです。

またITやWebに興味があるなら、システムエンジニアやプログラマーという選択肢もあります。未経験からでも比較的挑戦しやすい業界です。

ITエンジニアの転職を考えている人は『IT/Webエンジニアにおすすめ転職サイト』をご覧ください。

30代の転職で求められるスキル・経験

30代になると即戦力が求められます。20代はポテンシャルが重視されますが、30代では経験やスキル求められるようになります。具体的なスキルをいくつかご紹介します。

1.即戦力

30代の転職では、20代と違って即戦力を期待されるため、これまでの経験やスキルが重視されます。

そのため、経験のない業界や職種への転職の難易度は高くなります。ポテンシャルに期待される20代とは違い、すぐに活躍できる人材か、これまでの知識や経験を活かせる人材か、という部分が見られます。

また、30代後半になると、これまでのキャリアで得たスキルや経験だけでなく、マネジメント力なども重視されます。もし30代男性で未経験転職を考えているのであれば、これまでの経歴や実績の棚卸しを行い、アピールポイントを整理することが大切です。

このあたりについては『【対策必須】転職で面接対策しないと難しい質問と回答』を合わせて読んで、対策してみてください。

2.適応力

30代の転職では「柔軟な考え方ができる」「新たな価値観を取り入れられる」「時代の変化に対応できる」といった適応力がある人が求められます。

今の時代は環境の変化が早く、人材の流動性も高いため、30代では「多少の変化にも対応できる人」の価値が高いです。

3.マネジメント能力

30代では組織におけるマネジメント能力も求められます。マネジメント能力は、30代前半より30代後半の転職者に求められるスキルです。

これまでどのような組織で、どの程度の人をマネジメントしてきたのか、を具体的に語れるようにすることが大切です。

30代・未経験の転職を成功させるポイント

30代の未経験の転職を成功させるポイントを解説します。

1.正社員だけでなく契約社員・派遣社員も検討する

30代でスキルや資格がなく、未経験で転職をしたい人は、正社員だけでなく契約社員や派遣社員も選択肢に入れることをおすすめします。

未経験可の正社員求人は少ないため、契約社員や派遣社員で実務経験を積んだあとに、正社員で転職するのもおすすめです。または、契約社員や派遣社員から正社員登用で正社員に就ける可能性もあります。

最初から正社員だけにこだわるのではなく、契約社員や派遣社員も視野に入れて転職活動をしてみてください。

2.複数の転職サイト・エージェントを利用する

30代が未経験で転職をする場合、転職サイトと転職エージェントの両方を利用するのがおすすめです。

転職エージェントや転職サイトには総合型と特化型があります。総合型には幅広い求人が掲載されており、特化型には業界や職種に特化した求人が多く掲載されています。

例えば、女性に特化した転職サイトには、求人の検索項目に「女性が働きやすい環境」や「育休あり」「リモートOK」「未経験歓迎」などの、女性が働く上で気になる条件での求人検索ができたりします。

30代で未経験転職をするには、総合型のように幅広い求人を扱う転職サイトと、専門領域に特化した転職サイトの両方を利用することをおすすめします。

3.ポテンシャルをアピールする

30代が未経験で転職するには、企業に「あなたを採用するメリット」をアピールすることが大切です。

例えば、経験してきた職種での転職活動の際には、前の職場での成果や実績を提示することで即戦力採用を狙い、逆に未経験職への転職には、これまでの経験によって活かせる知識などのポテンシャルでアピールしましょう。

30代が未経験職での転職に成功するには、これらのことをしっかりアピールできるかも転職成功のカギとなります。

4.これまでの経験を棚卸しする

30代が未経験で転職する場合、これまでの経験を棚卸し、自分の強みとなるものを把握することが大切です。

スキルや資格がないとはいえ、これまでのキャリアで経験したことや、その経験を通じて学んだこと、どのようなことに気を使って仕事に取り組んできたか、次に同じを仕事をするならどんな点に注意するか、などを細かく整理しておくと良いでしょう。

自分のこれまでの経験を棚卸しする上で、次のキャリアに役立つ経験を見つけ、アピールするようにしましょう。

5.キャリアの計画と照らし合わせる

30代で未経験転職をする場合、あなたが目指すキャリアから逆算して、転職先が最適な職場かどうかを見極めるのも重要です。

転職先にこの先ずっと勤めるとも限りませんし、今の気持ちや興味だけで転職先を決めるのではなく「次につながる経歴をつくれるか」を意識して考えるようにしましょう。

30代転職で注意すべきポイント

30代の転職で注意すべきポイントをお伝えします。

1.求人の希望条件を絞り過ぎない

30代の転職は、20代などに比べて求人の選択肢は少なくなります。そのため、年収や業界、企業規模、福利厚生、ワークライフバランスなどの条件を絞りすぎてしまうと、求人が極端に少なくなってしまいます。

譲れる条件と譲れない条件を明確にし、どの程度なら許容できるかを自分の中で事前に決めておくことが大切です。30代の求人にどんなものがあるのかを知るためにも、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

2.即戦力であることを伝える

30代の転職に求められるのは「即戦力」です。これまでの経験を活かしてどのように貢献できるかを伝えることが大切になるため、これまでキャリアを整理してきちんとアピールすることが大切です。

どのような点を伝えるかという点については『【対策必須】転職で面接対策しないと難しい質問と回答』をご覧ください。

3.転職回数が多い30代は不利になる場合がある

30代の転職では、転職回数が多いと書類選考で落とされてしまう可能性が高くなります。

過去の転職理由にもよりますが、短期間での退職・転職が多い場合は「採用してもすぐ辞めてしまうかもしれない」とネガティブに働く可能性が高くなります。過去の転職理由などはネガティブにならないように伝えるようにしてください。

転職回数が多い30代の人は、転職サイトではなく転職エージェントを利用してください。転職エージェントから転職回数が多い点を伝えてもらう方が書類選考の通過率は上がります。転職回数は必ずしもネガティブに働くわけではないので、転職エージェントを利用して、転職成功に繋げてましょう。

30代の未経験におすすめの転職サービス

ここからは、30代の未経験におすすめの転職サービスを紹介します。それぞれの特徴を具体的に解説するので、30代で転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:375,537(2024年2月21日現在)
求人数増減:+5,413(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

おすすめ転職エージェントの一番手は『リクルートエージェント』。利用者の60%が年収アップしているという実績があります。

リクルートエージェントは転職支援実績No.1のエージェントです。公開求人と非公開求人合わせて40万件を超える求人を保有しています。

リクルートエージェントの特徴は全業種・職種の求人が掲載されている点です。キャリアアドバイザーに幅広い求人を紹介してもらえるため、志望業界や業種、志望企業が決まっていない人や、他業界への転職を考える人などにおすすめです。

出典:公式サイト

2:doda

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:237,109(2024年2月21日現在)
求人数増減:-1,680(先週比↓down)
【公式サイト】https://doda.jp/

おすすめの転職サービス2つ目は『doda』。

30代向けの求人が、量・質ともに多く満足度の高い転職サイトです。30代のミドルポジション案件が多く、企業の幅も大手から中堅まで幅広く網羅されています。また「転職人気企業ランキング」も参考になります。

dodaにはエージェント機能もあるので、転職エージェントとしても使えます。dodaの転職サイトで30代向けの気になる求人を見つけて、転職エージェント経由で紹介してもらうのがおすすめです。

出典:公式サイト

3:マイナビエージェント

マイナビエージェント

口コミ:マイナビエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

おすすめの転職エージェント3つ目は『マイナビエージェント』。

30代の転職サポートが充実しており、サイトの中には30代の転職に特化した特集も展開されています。マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは複数の業界を担当するため、さまざまな業界の情報を知ることができます。

また、企業を担当するリクルーティングアドバイザーが、職場の雰囲気や企業情報を詳しく教えてくれるので、面接対策などにも役立ちます。

マイナビエージェントには、ほかにも「ITエージェント」「営業エージェント」「金融エージェント」など、細分化したサービスもあるため、業界ごとに登録しておくのもおすすめです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

4:パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:34,933(2024年2月21日現在)
求人数増減:+858(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

おすすめの転職エージェント4つ目は『パソナキャリア』。

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査で「転職エージェント部門4年連続1位」を獲得しているユーザー満足度の高い転職エージェントです。ハイクラス求人をメインに扱っているため、30代の利用満足度も高いです。

パソナキャリアの転職エージェントは、業界ごとや職種ごとに専門のキャリアアドバイザーが担当してくれるので、自分に合ったサポートが受けられます。また、東京だけでなく、全国に拠点があるため、大阪や名古屋のオフィスでも面談や転職相談が受けられます。

主にハイクラスの求人を扱っているため、30代で年収アップやキャリアアップを狙う転職者におすすめの転職エージェントです。

出典:公式サイト

まとめ

本記事では、30代の転職の可能性や、おすすめの職種をご紹介しました。

30代の転職は男性・女性ともに十分可能であり、未経験でも採用してもらえる可能性は十分にあります。

本記事の内容を参考に、自分が転職したい職種を選びつつ、転職時に気をつけるポイントを理解しながら転職活動を進めてみてください。参考になれば幸いです。

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報