転職の専門家が教える“戦略的”職務経歴書の書き方(無料テンプレート付)

職務経歴書 書き方

本記事は、転職の専門家であるmotoが、職務経歴書の書き方について解説します。

本記事を監修しているmotoは、転職やキャリアに関する知見を発信し、Forbes JAPAN日経ビジネスなどのメディアに取り上げられています。

私はこれまでに7回の転職を経験し、年収240万円→年収1000万円まで引き上げました。motoのキャリアやこれまでの実績についてはプロフィールページをご覧ください。

X(旧Twitter)@moto_recruitのフォロワー数は12万人を超え、著書『転職と副業のかけ算』はAmazon総合ランキングで1位のベストセラーとなっています。

これまでの経験から、職務経歴書の書き方について発信したところ、ツイートへのいいねが8000を超えました。

今回は、私が職務経歴書を書く上で大切にしているポイントと書き方について解説します。

私が転職活動で使った転職サイトは『【決定版】年収240万→年収1,000万の転職で利用した転職サイト』記事をご覧ください。

職務経歴書を書く上で意識すべきこと

職務経歴書を書く前に、転職活動の考え方を整理しておきます。

まず、転職活動は「自分という“商品”を企業に売り込む営業活動」です。

これまで積み上げてきた“自分の経験やスキル”を商品にして「どんなことができるのか」「どう役立つか」「値段はいくらなのか」という“自分の営業”を展開していくのが転職活動の基本です。

「御社のサービスに魅力を感じてー」とか「優秀な人が多いのでー」という「自分が志望企業に入りたい理由」を伝えるより「自分を雇うことのメリット」を伝えた方が、採用する側の納得度は高まります。

また「自分を雇うメリット」が相手のニーズと合致していれば、採用確度はさらに高くなります。

転職活動も営業も「自分のスゴいところ」を推すのではなく「相手が求めていることに対して、自分にできること」を伝えるのが基本です。

では、転職活動で「相手のニーズ」を把握し「ニーズを満たしている状態」の職務経歴書をつくる「具体的な方法」についてお伝えします。

職務経歴書テンプレート(無料)

まずはじめに、下記に職務経歴書のテンプレート(Zip)を用意しているので、ダウンロードしてみてください。無料で利用できます。

職務経歴書テンプレートのダウンロード

こちらのテンプレートをもとに、下記の書き方を参考にしながら職務経歴書を作成してみてください。

職務経歴書準備編:「相手のニーズ」を把握する

まずはじめに相手の採用ニーズを把握します。

相手のニーズは、転職サイトや企業HPの「求人要項」に明確に記載されています。

「仕事内容」「求める人物像」「必要な能力・スキル」が相手のニーズです。例えば、下記のような内容が書かれています。

■必要な能力・スキル

【必須(MUST)】
・販売戦略を立て、3名以上のチームで実行したことがある方
・目標に対しKPIを設定し、定量的に営業目標を管理した経験がある方
・販売方法やチャネルを自ら考え、実績を出した経験のある方

【歓迎(WANT)】
・チームマネジメント経験
・プレイングマネージャー経験
・営業の経験が3年以上あり、ゼロから営業チームの立ち上げを行った経験

これだけでも十分ですが「同じ求人が載っている他の転職サイト」も見ておくと良いです。

僕の経験上、リクナビNEXTマイナビ転職Greenエン転職は、各サイトごとに表示される「求人項目」が異なるので、上記の求人には記載されていない「求められる能力やスキル」を知ることができます。

加えて、社長や社員インタビューを読むのも有効です。

「志望企業名 社長名」などでググれば出てくるので「普段どんな仕事をしているのか」と「どんな課題があるか」という部分を意識して読むと良いです。

検索していると必ず「ネガティブな情報」や「企業を批判する記事」が出てきます。ですが、これにもしっかりと目を通してください。

その記事で指摘されている「ネガティブな部分」を解決するために自分に出来ることは何か? や、この批判の本質的な課題は何か? などを考えることが大事です。

志望企業が「これから何をしようとしているのか」「現時点でどんな課題を抱えていて、どう解決しようと思っているのか」「世の中ではどう言われているのか」を把握しておけば、その課題に対して自分ができることを伝えることができます。

さらに踏み込むなら、上場企業や上場企業の子会社であれば、IR(Investor Relations)を見ておくのも良いです。

繰り返しになりますが、求人は「何らかの課題を解決してくれる人」を求めて出されているので、その課題を把握し「自分が過去に同じような課題を乗り越えた経験」を記載することで「相手が欲しがる経歴」に近づいていきます。

それでは、本題の「具体的な書き方」についてお伝えします。

職務経歴書に書くべき4つのポイント

職務経歴書を書く上で大切なポイントは4つです。

1. 人材要件から「共通点と類似点」を考える
2. 社内評価ではなく「市場価値」を意識する
3. 自分の「役割」を明確かつ「定量的」に書く
4. 面接での「ツッコミどころ」を用意しておく

それぞれ解説していきます。

1.人材要件から「共通点と類似点」を考える

上記の求人要項を参考にお伝えすると、まず【必須(MUST)】の部分に注目します。

職務経歴書には【必須(MUST)】に当てはまる「自分の過去経験」を中心に書いていきます(究極、それ以外のことは書かなくても良いです)。

また、【歓迎(WANT)】の部分は「欲を言えば、こういう人に来て欲しい」という企業の願望的要件なので、この要件を満たせれば面接にいける可能性は更に高まりますが、無理に盛らなくて良いです。

まず、【必須(MUST)】の部分ですが下記の3つが書かれています。

・販売戦略を立て、チームで実行したこと
・目標に対しKPIを設定し定量的に営業目標を管理し進めた経験
・販売方法やチャネルを自ら考えPDCAを回し、実績を出した経験

上記の経験と全く同じ経験があれば、その経験を書けば良いですが、少し離れた業務の場合には「転職先の仕事で求められる能力と、現職で培った能力の共通点、または活かせる類似点」を見つけて記載してください。

具体的な書き方について、私の実際の職務経歴書をもとに解説させていただきます。

ーこの先は『転職で企業に刺さる“戦略的”職務経歴書の書き方(テンプレート付)(950円)』でご覧ください(書籍『転職と副業のかけ算』の中でも同じ内容を書いているので、そちらでも読むことができます)。

こちらは有料ですが、中身が全て記載された見本となる職務経歴書のテンプレートがダウンロードできます。こちらのコンテンツを読んだユーザーのレビューをご紹介します。

  • 「STAR+S型の超具体例がどうしても欲しい!」方は、motoさんの有料noteが忖度なしにおすすめ。面接にも応用が可能です。私はこれを読んで職務経歴書を書く解像度がグッと上がりました👇 【転職】“書類選考の通過率”が上がる!戦略的な職務経歴書の書き方(テンプレート付)

    出典:X(旧Twitter)

  • 職務経歴書対策 【転職】“書類選考の通過率”が上がる!戦略的な職務経歴書の書き方(テンプレート付)|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 「STARS型の実例がどうしても欲しい!」方は、motoさんの有料noteが忖度なしにおすすめ。面接にも応用が可能です。 私はこれを読んで、職務経歴書を書く解像度がグッと上がりました👇 【転職】“書類選考の通過率”が上がる!戦略的な職務経歴書の書き方(テンプレート付)

    出典:X(旧Twitter)

  • motoさんのnoteです👇 詳細の事例が欲しい方におすすめできます! 【転職】“書類選考の通過率”が上がる!戦略的な職務経歴書の書き方(テンプレート付)

    出典:X(旧Twitter)

  • 職務経歴書はこちらがおすすめ。定期的にキャリアの棚卸しにも使えますよ。 【2022年】転職で企業に刺さる“戦略的”職務経歴書の書き方(テンプレート付)|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 今週まさに職務経歴書書いてました。 まじでタイムリーにmotoさんがTwitterのおすすめに出てきました。 現職で出した結果を戦略的に書き記していく!! 【2022年】転職で企業に刺さる“戦略的”職務経歴書の書き方(テンプレート付)|moto(戸塚俊介) #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職を検討している人は、転職サイトや人材紹介へ登録する前に職務経歴書を作成しよう。なぜなら、経験やスキルの棚卸しって結構時間が掛かるし、採用側でも重要視している書類だから。 僕はさんのnoteを参考にし転職先がスムーズに決まりました! #転職活動

    出典:X(旧Twitter)

  • さんの職務経歴書買って読みました。 結論、仕事をしながら転職活動中の人はすぐ買ってパクるべしです。 980円の自己投資で成功者のノウハウ手に入るからアツすぎ。 #転職 #転職活動 #ブラック企業 #仕事やめたい 

    出典:X(旧Twitter)

  • こちらです☺️これを軸に書類を作り、面接対策を進めていけば間違いないと思ってます! 【転職】企業に刺さる“戦略的”職務経歴書の書き方(テンプレート付)|moto(戸塚俊介) 

    出典:X(旧Twitter)

  • motoさんnoteを購入‼︎さっそく職務経歴書を書き直してみる。 有料記事なので穴が空くほど読み込んだんだが…。 ……絞っても書けるほど経歴がねぇんだ。 【転職】企業に刺さる“戦略的”職務経歴書の書き方(サンプルDL付)|moto(戸塚俊介) #note 

    出典:X(旧Twitter)

  • 今日明日で さんのnoteを参考に、職務経歴書を書き直す そもそもの「相手のニーズ」を把握するところからやり直す サンプルがあるので、具体的にどのように書けばいいのかイメージしやすくてありがたい🙏 土日に更新した職務経歴書で10社ほどエントリーしてみる 

    出典:X(旧Twitter)

  • ②職務経歴書をまとめる ・キャリアの棚卸しをする →motoさん推しすぎですがw このサンプル使ったらエージェントに「直すところが無い」と言われ書類通過率も平均以上でした!とてもおすすめ✨ 【転職】企業に刺さる“戦略的”職務経歴書の書き方(サンプルDL付) 

    出典:X(旧Twitter)

  • 実は副業として地元企業の広報・マーケティングに従事することが決まりました。採用過程で「職務経歴書」が必要になり、motoさん()のnoteを購入。自分の強みを整理できただけなく、採用ニーズに応えるというのを体感。次は結果を出すのみです。 

    出典:X(旧Twitter)

  • 思い立った時に動けるように 職務経歴書のブラッシュアップに 手を付けたものの、、 ただただ目の前にある仕事してたからSTARSが書けず進まない note早く買ってSTARSを意識して 仕事すれば良かった🙄 【転職】企業に刺さる“戦略的”職務経歴書の書き方|moto

    出典:X(旧Twitter)

  • これだけは言わせてほしいのですが、職務経歴書は定期的に書きましょう。転職を検討してない方もです。キャリアを棚卸しするのに職務経歴書の内容はおすすめできます。書き方がわからなければ、転職エージェントに聞くか、以下記事を参考にしてみてください(有料ですが) 

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職者向けのnoteですが、採用時に面接官サイドが応募者の経歴を整理する手法としても利用できそうと考え購入させていただきました。 【転職】企業に刺さる“戦略的”職務経歴書の書き方(サンプルDL付)|moto (戸塚 俊介) #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 書類選考で50社以上に落ちた経験がありますが、motoさんのnoteを参考に書くようになったら9割以上の通過率に。凄いのは、その後の面接でも話が盛り上がること😊 【転職】企業に刺さる“戦略的”職務経歴書の書き方(サンプルDL付)|moto (戸塚 俊介) #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 最近転職のオファーがあったので、早速、この記事を読んで実践 結論、使えます 今では自分の仕事の痕跡を話すことに必死だったが、相手のニーズを把握した上で経歴書を書くと実際に話がしやすい 自分が面接官ならみんながこんな感じで書いてほしい😂 #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 経歴も向上心もすごすぎる人ですが、転職活動におけるメンターとして motoさん の書籍やnoteの情報を参考にしたいと思います。 本日は以下を購入。 【転職】企業に刺さる“戦略的”職務経歴書の書き方(サンプルDL付)|moto / 戸塚 俊介 #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 新卒採用にも当てはまる。「サークルを〜」「海外留学で〜」といった話は多いが結局"そこ"で何をしたかよりも"なぜ"その行動をして"どんな工夫で"成果が出たのか。思考回路に再現性があり自社でも活躍できそうかが重要。ツッコミどころを残すことも。 #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 音声事業だけでなく、本業のwebも今年5月〜7月の転職に向けて本格活動開始! さんの職務経歴書をもとに作成。 42歳・業界わずか3年目・常駐業務委託からの転職という一見不利な状況ですが、それでも年収100万以上アップを目指してやったります! 

    出典:X(旧Twitter)

  • 前から気になっていたので、購入してみました🐬 なんというか考え方が素晴らしいですよね。 論理的で納得させられます🤔 【転職】年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 市場価値を意識したすごい発想。 “ものすごく極端な言い方をすると「職務経歴書を書くために働いている」という感じです。” 【転職】年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職人気ランキングTOP100企業への転職チャレンジ ✨20日目✨ ■職務経歴書は戦略的に 初めて職務経歴書を作る際、何から書いて良いか分からないし、経歴の羅列だけになってました😅motoさんのを参考にして更新したら書類選考通過率が2倍になりました👍 #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 現時点での自分の実力を客観視し、より市場価値を上げていくために職務履歴書をアップデートしていくことにしました! 【転職】年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto / 戸塚俊介 #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職】年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto / 戸塚 俊介 #note 転職の第一歩である職務経歴書。今までの書き方を見直すために軽い気持ちで読んだけど想像以上で感謝です。 #moto

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェントにもアドバイスもらったけど、改めて勉強するために購入させていただいた( ・ㅂ・)و ̑̑ブラッシュアップがんばる! 【転職】年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 職務経歴書を書くための抑えるべきポイントが明確で分かりやすい。また私も転職歴があるので、キャリアサマリーは非常に参考になる。読み手を意識しながら、自分の経験を書類へ落とし込もう。 「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 【年収850万SEの転職活動】 / 転職先決定しました🙋🏻‍♂️ \ ・自社サービス開発のPM ・年収900万超 固定ツイートで書いた希望条件は全てクリア。 副業OKで東証一部上場企業というおまけ付き。 転職は職務経歴書が重要なので、 motoさん()のnoteはオススメ。 

    出典:X(旧Twitter)

  • 就職活動を控えた学生・もしくは真っ只中の学生、motoさんのnote読みました?? 私たちはガクチカが似通いがち。差分は「伝え方」に生まれます。 年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職へ一言 職務経歴書の書き方で正解は 色々あると思います motoさんのnoteは正解の 一つだと思います🍁 本当に良い教科書だから勝手に 勧めさせて頂きます☕ #プログラミング初心者 #駆け出しエンジニアと繋がりたい #今日の積み上げ #プログラミング学習

    出典:X(旧Twitter)

  • 職務経歴書の参考にすべく購入してみた。以前エージェントに貰ったテンプレより全体的に見やすくて読んでもらえそう。見やすさって大事ね。 年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 私も発信する以上、軸ずらし転職の さんのNoteを振り返りとして購入してみました 自画自賛ではないのですが、私の書類も要点を抑えられていたため、数々の大手外資から連絡頂けたと理解しました 転職を考えたら職務経歴書を書こう ご参考になればと思います😊

    出典:X(旧Twitter)

  • 今日はmotoさんのnoteみながら、職務経歴書をブラッシュアップした。具体例やポイントが端的にまとめられていてすごく参考になりました。|年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 僕は転職しないけど常に知識や発信を成長させたいので購読しました👍 実績もあるnoteなので読んで理解して自分をアップデートします😊⤴️ 年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 最近、弊社も採用に力入れているので月間200程の履歴書を読んで書類選考や面談をしてたのですが、これはマジで企業側の心理を抑えてる🙆‍♂️ 履歴書で落ちる人って本当に勿体ないので、このテクニックは超大事。 特に『ツッコミどころ』の設置。 ⁦⁩

    出典:X(旧Twitter)

  • 職務経歴書のキャリアサマリー(職務要約)の文字数は、一般的には200~300字と言われているけど、職歴の多い人は無理に内容を圧縮する必要はない。 motoさん()のnoteを見てそう思った。 内容のさじ加減が絶妙なので、とても参考になるよ。 

    出典:X(旧Twitter)

  • このまま同じ会社でweb専門のディレクターやり続けてって考えたら視野も世界も狭まりそう。ってなったのでmotoさんのnote買ってみた。安すぎて有益すぎた。 年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • motoさんのノート。相手目線でめっちゃ参考になった。答えを求めて買ったけど、結局は自分で考えるしかないってこともわかって良かった笑 年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • moto()さんの「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」を読了。 ”個人”の価値を意識・追求するところは見落としがちなので、転職者は要確認ですね。 職務経歴書を作成する人はもちろんですが、面接官として就活・転職者を見極める人も参考になります。(←自分) 

    出典:X(旧Twitter)

  • 義父の縁故で、1ミリも志望していない金融機関宛の職務経歴書を書いている(知らない間に人事部長と話が進んでいて仰天) 書き方検索してもしっくりこず、motoさんのnoteを参考にしました。 過去の実績眺めてにんまり。 分かりやすいのが一番! #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|motoさん #note 職務経歴書、履歴書の書き方で書類選考が全然変わりました! 高卒ですが大卒以上に通るようになりました!!!

    出典:X(旧Twitter)

  • motoさんのnoteを久々に見返していたけれど、やっぱり内容が濃密。 どこにでもある薄い情報ではなくて、ユーザーが欲しい具体的な情報が豊富だ🙂 年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|motoさん|note

    出典:X(旧Twitter)

  • 言語化めっちゃされてるわ 年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 20〜30代の社会人が年末年始に読むべき本を1冊選ぶとしたら、さんの「転職と副業のかけ算」がおすすめ。 まずは本を読み、その後noteを読み、1年を振り返りながら職務経歴書をアップデートする。 転職するしないに関わらず、市場価値を確認するにはいい機会。 

    出典:X(旧Twitter)

  • motoさんのnote購入。読み始めて数秒で自分の職務経歴書の間違いに気付かされた。そして納得。早く全部読んで経歴書を書き直したい! 年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職とは、自分という商品を企業に売り込む営業、職務経歴書はプレゼン資料! この視点に気付けるかどうかで、転職の成否がきまるよね😅 年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 大手転職エージェントの人から「このnoteを参考にアドバイスしたら求職者の書類通過率が上がった」と連絡をもらった。効果あるみたいね。年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto #note

    出典:X(旧Twitter)

  • 初めてnoteで購入してみた。短く端的に書かれてて、時短になり言葉が刺さる。motoさんヤバイな←いい意味 年収240万→年収1,000万の転職で身につけた「企業に刺さる“戦略的”職務経歴書」の書き方(サンプルDL付)|moto『転職と副業のかけ算』発売中 #note

    出典:X(旧Twitter)

この職務経歴書を利用することで、書類選考の通過率は多く変わります。ぜひ参考にして見てください。

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報