【30代男性向け】おすすめ転職エージェント比較ランキング|転職のプロが徹底解説

30代男性におすすめの転職エージェント

この記事は、これまでに5回以上の転職活動を経験し、50社以上の転職サイトと転職エージェントを利用してきたmoto(戸塚俊介)が、これから転職活動を行う30代の転職者向けに、おすすめ転職エージェントを比較しました。また、公開求人数や非公開求人数を比較し、ランキングにしています。

本記事の筆者であるmoto(戸塚俊介)は、リクルートやベンチャー企業など7社へ転職し、転職に関する知見を発信し、さまざまなメディアで取り上げられました。Twitter(@moto_recruit)のフォロワーは10万人を超え、転職経験を書いた書籍『転職と副業のかけ算』はAmazonランキングで総合1位のベストセラーとなっています。

筆者のキャリアやこれまでの実績についてはプロフィールをご覧ください。

30代男性におすすめな転職エージェントは?

30代の転職では、転職サイトから応募するだけなく、転職エージェントをメインに活用してみてください。

特に30代の男性の転職は、これまで積み上げてきた“自分の経験やスキル”を商品にして「どんなことができるのか」「どう役立つか」「値段はいくらなのか」という“自分の営業”を展開していく転職活動になります。

30代の転職では「自分のスゴいところ」を推すのではなく「相手が求めていることに対して、自分にできること」を伝えるのがおすすめです。

「御社のサービスに魅力を感じてー」という志望動機や「優秀な人が多いのでー」という「自分が志望企業に入りたい理由」を伝えるのではなく、「自分を雇うことのメリット」を伝える方が採用する側の納得度は高まります。

30代での転職活動では転職エージェントをメインに利用し、こうした背景をきちんと把握した上で取り組むのがおすすめです。

転職エージェントの選び方として、大手の総合転職サイトや転職エージェントを利用したあとに、業界特化型のエージェントや、専門性の高い転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントの登録の流れ

転職エージェントに登録すると「面談のご案内」という連絡がメールで届きます。

その後、各転職エージェントの担当者と日程を調整し、60分ほどの面談を通して「自分に合う求人」を紹介してもらう流れになります。その後は書類の添削や面談対策なども行ってくれます。

転職エージェントの登録の流れ

転職エージェントは基本的に無料で利用することができ、書類の添削から面談、入社時期交渉や年収交渉まで行ってくれます。転職サイトと違って第三者となる転職エージェントがやってくれるので、転職活動をストレスなく効率的に行うことができます。

30代男性の転職におすすめな転職エージェントランキング

30代男性の転職で最も役立った転職エージェントをご紹介します。いずれも「高年収(1,000万円以上)」「役職あり」「非公開」など30代向けの求人が豊富でした。

1位:doda転職エージェント

doda転職エージェント

口コミ:doda転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:143,374(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://doda.jp/consultant/

30代男性向けおすすめ転職エージェント1位は『doda転職エージェント』。

ほかの転職エージェントに比べて幅広く求人を提案してくれました。また、転職サイト内の「転職人気企業ランキング」も見ておくと良いです。

doda転職エージェントは本当にたくさんの求人を提案してくれるので、いろいろな求人を幅広く見た上で判断したい、という人に向いてます。転職エージェントとしての機能も大手エージェントの中では高めです。

dodaでは「dodaプレミアムトークセッションオンラインdoda×moto」などのイベントも毎年開催しています。

30代男性での転職では「数多くの求人」を見た上で絞っていくことが大事なので、dodaの転職サイトと転職エージェントの両方に登録して、多くの求人をもらうのがおすすめです。

2位:ビズリーチ

ビズリーチ

口コミ:ビズリーチ 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:78,432(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

30代男性向けおすすめ転職エージェント2位は『ビズリーチ』。

CMでもよく見かけますが、私自身も転職で必ず利用していた転職サイトです。30代のミドルマネジメント層やエクゼクティブ案件がほかの転職サイトよりも圧倒的に多く、年収1,000万円を超える求人も掲載されていました。

実際に使ってみたところ、年収500万円を超えたあたりから面談確約のスカウトが届くようになったので、年収500万円以上ある人には役立つ転職サイトだと思います。

ビズリーチのサイト内で「転職と副業のかけ算」著者のmoto氏が語る、転職活動におけるビズリーチの使い方という記事も出ているのでぜひ読んでみてください。

転職エージェントからのDMが多いのがイマイチですが、企業のレベルや求人の質は高いです。外資系コンサル、外資系投資銀行、日系大手商社やメガバンクなどのハイクラス求人が網羅されています。

3位:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:224,209(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

30代男性向けおすすめ転職エージェント3位は『リクルートエージェント』。

30代の管理職求人や、役員求人、高待遇求人など、30代向けの求人が多くありました。特に30代以降の転職では、年収アップの交渉に強い印象がありました(僕はリクルートエージェントで年収200万円アップのオファーをもらったこともあります)。

ほかの転職エージェントと比較しても優秀な転職エージェントが多いので、30代の転職で安心して使えました。また「年収650万円」以上であれば、エクゼクティブエージェントが付きます。通常の転職エージェントとは違い、ハイクラス専門に扱う部隊が対応してくれるので、求人の質や対応がだいぶ変わります。

4位:JACリクルートメント

JACリクルートメント

口コミ:JACリクルートメント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:14,609(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

30代男性向けおすすめ転職エージェント4位は『JACリクルートメント』。

30代向けの日系大手や外資系の「役職ポジション」の求人が多い転職エージェントでした。転職エージェントである担当者のレベルが他社に比べて高く、書類選考や年収交渉をかなりがんばってくれました。

日系大手や外資系

求人の年収帯も800万円~1,000万円の案件が多く、外資や大手メイン。若手よりも30代のミドルやエクゼクティブ層向けの印象が強かったです。転職サイトには載っていない30代向けの求人が多数ありました。

面接前には、企業の採用担当と直接やりとりをしている営業マンが、過去の採用傾向や求める人物像などについて電話で対策をしてくれます。

5位:ミドルの転職

ミドルの転職

口コミ:ミドルの転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:148,573(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://mid-tenshoku.com/

30代男性向けおすすめ転職エージェント5位は『ミドルの転職』。

ハイクラス向けになりますが、30代をメインに扱う転職サイトです。ミドルの転職は求人のレベルが高く、案件がとても良かったです。求人は日系大手や外資系企業が多く、質の高い求人を見つけることができました。

年収1,000万円の求人案件も多く、サイトが使いやすいのもポイント高いですが、もう少し求人案件がほしいところ。JACリクルートメントやクライス&カンパニーなど、ほかの転職エージェントと併用するのがおすすめです。

6位:リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

口コミ:リクルートダイレクトスカウト 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:259,379(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

30代男性向けおすすめ転職エージェント6位は『リクルートダイレクトスカウト』。

私も30代で実際に利用してみましたが、リクルートを卒業したエージェントが多く在籍していました。

ビズリーチよりもスカウトの負担が少ないこともあって、このサービスをメインに利用する転職エージェントも増えています。ビズリーチと合わせて登録しておくのがおすすめです。

求人は日系大手が多く、ポジションや年収も高めのものが多かったです。リクルートエージェントもあるため、使い分けをするのが良いと思います。

7位:パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:39,480(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

30代男性向けおすすめ転職エージェント7位は『パソナキャリア』。ほかの転職エージェントに比べて幅広く求人を提案してくれました。

自分で転職サイトを使って求人を探すより、楽に見つけることができます。30代であっても、本当に数多くの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、いろいろな求人を幅広く見た上で判断したい人におすすめです。

転職エージェントではありますが、求人情報の収集先としては転職サイトよりも便利です。登録して求人をもらうだけでも価値のある転職エージェントです。

8位:クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

口コミ:クライス&カンパニー 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:6,934(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.kandc.com/

30代男性向けおすすめ転職エージェント8位は『クライス・アンド・カンパニー』。

どの転職エージェントよりも面談、面接が丁寧でした。求人のラインアップも良く、年収交渉やキャリア相談について他社エージェントより手厚くフォローしてくれました。

人材業界の中の人たちからも評判が良く、30代からキャリアアップを狙った転職をする際にとても役立ちました。広告代理店や事業会社、外資系コンサルのエクゼクティブ求人で年収900万円~1,000万円の求人が多くあり(採用ハードルは高そうでした)、しっかりと説明してもらった上で応募できます。

自分のキャリアをしっかり考えてくれたので、面談に行くだけでも価値がありました。

9位:iX転職(パーソルキャリア)

iX転職

口コミ:iX転職(パーソルキャリア) 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://ix-tenshoku.jp/

30代男性向けおすすめ転職エージェントの9位は「iX転職」。転職するしないに関わらず、登録することでキャリアの相談ができます。

求人へ応募する場合には転職エージェントを利用することができ、長期的な視点でさまざまなアドバイスをもらうことができます。30代での転職で非常に役立ちました。

年収1,000万円の求人案件も多く、サイトが使いやすいのもポイント高いのですが、正直なところもう少し求人案件がほしいところ。JACリクルートメントなど、ほかの転職エージェントと併用するのがおすすめです。

10位:doda 転職サイト

doda

口コミ:doda 転職サイト 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:143,374(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://doda.jp/

30代向けおすすめ転職エージェントの10位は『doda』。

30代向けの求人が、量・質ともに多く満足度の高い転職サイトでした。30代のミドルポジション案件が多く、企業の幅も大手から中堅まで幅広く網羅されています。また「転職人気企業ランキング」も参考になります。

dodaには転職エージェント機能もあるので、転職エージェントとしても使えます。dodaの転職サイトで30代向けの気になる求人を見つけて、転職エージェント経由で紹介してもらうのがおすすめです。

30代男性の未経験・フリーターにおすすめの転職エージェント

30代の男性で無職の期間が長かったり、ニートやフリーターの職歴しかない求職者は転職サイトから応募すると書類選考で落とされてしまう可能性が高いため、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは、無職やニート、フリーターでも応募を受け付けている求人を紹介してくれるので、転職活動を効率的に進めることができます。ここでは最もおすすめな2社をご紹介します。

1.就職Shop

就職Shop

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:1万件以上(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.ss-shop.jp/

就職Shop』は、業界最大手のリクルートが運営する既卒やフリーター向けの転職エージェントです。リクルートが運営していることもあり、掲載企業数は10,000社を超えており、30代でも利用することができます。

就職Shopは対面型の就職・転職活動支援サービスで、キャリアコーディネーターが転職をきちんとサポートしてくれます。このサービスの最大の特徴は、書類選考がないことです。

就職Shopも掲載されている求人は書類選考がなしで面接に進めるため、30代のフリーターや無職の方には非常におすすめです。

2.ハタラクティブ

FINDJOB!

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:1,170(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://hataractive.jp/

ハタラクティブ』は、レバレジーズが運営する転職エージェントです。学歴やこれまでの職歴に関係なく、転職支援を無料で受けることができます。

ハタラクティブで内定獲得した人の86.5%が大手に内定しており、求人の80%以上が「未経験可」の正社員求人となっています。ハタラクティブの最大の特徴は最短2週間で内定を獲得できるという期間の短さです。

相談後すぐに求人を紹介してくれるため、非常に早く転職活動を終えることができます。フリーターや第二新卒、未経験で早く転職したい人におすすめです。

30代男性のハイクラスにおすすめな転職エージェント

30代男性で年収700万円以上の転職に最も役立った転職エージェントをご紹介します。いずれも「高年収(1,000万円以上)」「役職あり」「非公開」、転職エージェントからのスカウトなど、管理職や30代向けの求人が豊富でした。

1.ビズリーチ

ビズリーチ

口コミ:ビズリーチ 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:78,432(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

ハイクラス転職サイトの代表格なのが『ビズリーチ』。30代の男性でミドルマネジメント層やエクゼクティブ案件がほかの転職サイトよりも圧倒的に多く、年収1,000万円を超える求人も多く掲載されています。

転職エージェントからのスカウト

転職エージェントからのスカウトが多すぎる点はイマイチですが、企業のレベルや求人の質は高いです。外資系コンサル、外資系投資銀行、日系大手商社やメガバンクなどのハイクラス求人が網羅されています。

2.JACリクルートメント

JACリクルートメント

口コミ:JACリクルートメント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:14,609(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

30代男性に人気の転職エージェントが『JACリクルートメント』。ハイクラス向けの「役職付き求人」が多い転職エージェントです。転職エージェントである担当者のレベルが他社に比べて高く、書類選考や年収交渉をかなり頑張ってくれました。

求人の年収帯も800万円~1,000万円の案件が多く、企業も外資系や日系大手がメインでした。ミドルやエクゼクティブ層向けの求人が多い印象がありました。

面接前には、企業の採用担当と直接やりとりをしている営業マンが、過去の採用傾向や求める人物像などについて電話で対策をしてくれたので、初めての転職などで不安な方はJACリクルートメントがおすすめです。

3.リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

口コミ:リクルートダイレクトスカウト 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:259,379(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

30代男性で利用率が高いのがリクルートが展開するハイクラス向け転職サービス『リクルートダイレクトスカウト』。30代で実際に利用してみましたが、リクルートを卒業したエージェントが多く在籍していました。

ビズリーチよりも負担が少ないこともあり、リクルートダイレクトスカウトをメインに利用している転職エージェントも多くいるようなので、ビズリーチと合わせて登録しておくのがおすすめです。

求人は日系大手が多く、ポジションや年収も高めのものが多かったです。リクルートエージェントもあるため、使い分けをするのが良いと思います。

4.クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

口コミ:クライス&カンパニー 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:6,934(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.kandc.com/

30代男性でキャリアを考える人のおすすめな転職エージェントが『クライス・アンド・カンパニー』。面接のフォローなどが素晴らしく、ベンチャーのハイクラス求人のラインアップが良かったです。30代であっても他社のエージェントよりも手厚くフォローしてくれました。

求職者の目線で親身になって相談に乗ってくれるので、30代でハイクラス求人を狙う転職で使うエージェントとしておすすめです。外資系スタートアップのハイレイヤー職、外資系スタートアップ、年収が高めのベンチャー求人が多い印象でした。

年収を上げたい、キャリアアップしたいという方にオススメ。自分のキャリアをしっかり考えてくれるので、転職に迷っていても相談する価値ありです。

30代男性が転職エージェントと合わせて見るべきサイト

30代の転職では、会社の情報を事前に必ずチェックしておいたほうが良いです。特に年収の高い30代の転職者は慎重に検討することをおすすめしますので、ぜひ下記3つのサイトで確認してみてください。

1.ミイダス

ミイダス

口コミ:ミイダス 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://miidas.jp/

現時点で自分にどれくらい市場価値(年収)があるのか『ミイダス』で調べることができます。いくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人のレベルがわかります。

僕は転職時に参考程度に使っていますが、やってみる価値はあります。30代の転職において提示されるオファー金額の妥当性や、どれくらいの年収で転職するべきかというラインの参考になります。

30代の転職における年収は後のキャリアにおいても重要なので、まずはやってみることをおすすめします。

2.転職会議

転職会議

口コミ:転職会議 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:235,187(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://jobtalk.jp/

30代の転職は次のキャリアへの影響が大きいため、しっかり下調べをする必要があります。私は『転職会議』を見ることで企業の下調べを徹底していました。

中でも年収と退職理由を中心に見ることで「どんな理由で辞めているのか」「年収はどれくらい上がるのか」を確認しました。転職サイトで募集されている正社員のコメントだけでなく、派遣社員や契約社員の口コミもあるので、情報を幅広く見ることができます。

3.OpenWork

OpenWork

口コミ:OpenWork 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:98,258(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.vorkers.com/

個人的には信憑性が高いと思っている『OpenWork』。組織風土や給与などについて詳しく書かれており、直近の書き込みも多くあるので参考になります。年収と社風を参考にしています。

転職エージェントや転職サイトの情報だけでは確実に不足なので、見ておいたほうが良いです。上位役職者のコメントなどは少ないので、あくまで現場の意見として参考にすると良いです。

30代男性における転職エージェントの使い方

30代での転職は、転職サイトだけでなく、転職エージェントも活用して効率的に進めるのが良いです。選び方として、まずは大手の総合転職サイトや転職エージェントを利用した後に、業界特化型や専門性の高いエージェントを利用するのがおすすめです。

転職サイトや転職エージェントを利用する上で、おすすめなのが、転職サイトで応募したい企業や求人を探し、転職エージェントを通じて応募する方法です。

具体的には下記の手順で転職活動を進めていきます。

【転職サイトと転職エージェントを使った応募方法】
1.  30代に強い転職サイトに登録する
2.  転職サイトで求人情報を検索する
3.  気になった求人を転職エージェントに伝える
4.  転職エージェントから推薦状付きで応募する

上記の方法を使うことで、転職サイトの自己応募だけでは落ちてしまう求人にも通過しやすくなります。

30代の転職は転職サイトや企業HP経由で応募してしまうと、書類選考で落ちてしまう可能性が高くなります。

理由としては、30代の求人を募集している企業の中には、転職サイトからの応募者をスクリーニングするために、学歴フィルターや企業名、転職回数などでフィルターをかけているケースがあるためです。

転職サイトから応募するだけでは機械的に落とされてしまう可能性があるため、転職エージェントを並行して利用し、転職エージェントに推薦してもらうことで、書類選考の通過率を高めるのがおすすめです。

30代の男性における転職先の見つけ方

私は30代で転職先を選ぶ際に、「次の、次の会社」を見据えて選ぶようにしています。

目先の年収だけを追い求めても、入社後に自分の市場価値が下がってしまっては本末転倒です。「転職先で自分の市場価値はあがるのか?」という視点は、転職先を選ぶ上でとても大切な視点です。

また、年収を上げる転職先の選び方として、「今儲かっているか? これから先、儲かる見込みはあるのか?」を見ることも大切です。給与は売上があってこそ出されるものなので、儲かる市場に身を置くことは年収を上げる要素になります。

また、伸びている業界に属することは、長い目で役立つスキルも身につきます。伸びている業界では、新しいポジションや今まで経験したことのない仕事が増えるので、自分の経験値を取ることができるのです。

サラリーマンのキャリアは人生で最も長い期間続きます。次の転職が最後のゴール、ということはありません。目先の年収や仕事内容で転職するのではなく、その次の会社で達成したいことを見据えて選ぶのが良いです。

自分がやりたい仕事を今できなくても、その仕事をするために必要なことを積み上げていけば、いつか必ずその仕事に就くことができます。そのために、目指す山への「登り方」と、登るために必要な「道具」を揃える必要があります。

もし、自分が目指す仕事やポジション、年収があるなら、そのポジションにいる人に、今まで歩んできたルートを聞いてみてください。

周りにいなければ、転職エージェントに聞くのも良いです。「○○社の営業マネージャーは、どのような経歴の人が多いですか?」と聞けば、歩んできたルートをざっくり教えてもらえるはずです。

もし時間のある求職者の人は、厚生労働省が発表している「雇用を取り巻く環境と諸課題について(PDF)」という調査などにも目を通してみてください。転職市場の全体感を掴んでおくことも大切です。

30代の転職は、転職のタイミングも考えつつ、転職サイトと転職エージェントを活用して転職活動をしてみてください。参考になれば幸いです。

30代男性におすすめな転職エージェント一覧・比較表

最後に、30代向けの各転職サイトと転職エージェントの求人数や特徴についてまとめた比較表をご紹介します。各サイトの特徴や求人数を掲載しています。

サービスdoda転職エージェントリクルートエージェントマイナビエージェントtype転職エージェントdoda 転職サイトマイナビ転職ビズリーチパソナキャリアクライス&カンパニーエンエージェント
doda転職エージェントリクルートエージェントマイナビエージェントtype転職エージェントdodaマイナビ転職ビズリーチパソナキャリアクライス&カンパニー
運営会社パーソルキャリア株式会社株式会社リクルート株式会社マイナビ株式会社キャリアデザインセンターパーソルキャリア株式会社株式会社マイナビ株式会社ビズリーチ株式会社パソナ株式会社クライス&カンパニーエン・ジャパン株式会社
公開求人数143,374224,209非公開5,929143,37417,30178,43239,4806,934非公開
非公開求人数39,677270,370非公開20,68939,677非公開101,771非公開15,505非公開
利用満足度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★・★★★★★★★★★★★★★★・★★★★・★★★★★★★★★・
利用料金無料無料無料無料無料無料有料無料無料無料
対象年代20代〜50代20代〜50代20代〜40代20代〜40代20代〜50代20代〜40代20代〜40代20代〜40代30代
種類転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職サイト転職サイト転職サイト転職エージェント転職エージェント転職エージェント
おすすめポイント非公開求人3万件以上。幅広い求人に対応非公開求人20万件以上。転職支援実績No.1の最大手経験の浅い人でも使える転職エージェント第二新卒や20代に強い転職エージェント非公開求人3万件以上。幅広い求人に対応他社の転職サイトには掲載されていない穴場的な求人が豊富年収500万円以上の転職で圧倒的求人数あり幅広い求人を紹介してくれる転職未経験者向け中規模なエージェントで対応が細かい。ハイクラス求人も多いのでおすすめ独自の適正診断によるキャリアの提案がもらえる
エリア全国・海外全国・海外全国東京・神奈川・埼玉・千葉全国・海外全国全国全国東京・神奈川・埼玉・千葉全国
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

(公開求人数、非公開求人数:2022年7月6日現在)

執筆者・監修者のmoto(戸塚俊介)について

moto(戸塚俊介)
moto(戸塚俊介)

1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など7社に転職後、副業の転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社HIRED株式会社の代表取締役。著書に『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)がある。(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)。

button