【評判】ビズリーチは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

ビズリーチ

ビズリーチの基本情報とサービス紹介

まずはじめに、ビズリーチの基本情報をご紹介します。

サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数88,057(2023年2月1日現在)
非公開求人数110,836(2023年2月1日現在)
特徴・年収1,000万円以上の求人を多数掲載
・ハイクラス求人の掲載数No.1
・年収600万円以上の求職者にはヘッドハンターからスカウトが届く
おすすめポイント年収500万円以上の転職で圧倒的求人数あり
おすすめ度★★★★・
対応地域全国
有料職業紹介事業許可番号13-ユ-302647
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

ビズリーチの評判

ハイクラス転職サイトの代表格なのが『ビズリーチ』。私自身も転職で必ず利用していた転職サイトです。30代のミドルマネジメント層やエクゼクティブ案件がほかの転職サイトよりも圧倒的に多く、年収1,000万円を超える求人も掲載されています。

実際に使ってみたところ、年収500万円を超えたあたりから面談確約のスカウトが届くようになったので、目安として年収500万円以上ある人に役立つ転職サイトだと思います。口コミでも「年収500~600万円を超えないとスカウトメールが来なかった」「有料にしないと求人の検索ができなかった」という声がありました。

転職エージェントからのDMが多いのがイマイチですが、企業のレベルや求人の質は高いです。外資系コンサル、外資系投資銀行、日系大手商社やメガバンクなどのハイクラス求人が網羅されています。

有料機能もありますが、トライアル期間で転職活動を終えられると思うので、現年収で500万円以上の転職者はビズリーチが一番良いと思います。高年収な求人も多く、業界も幅広く見ることができます。

ビズリーチのサイト内で「転職と副業のかけ算」著者のmoto氏が語る、転職活動におけるビズリーチの使い方という私のインタビュー記事も出ているので、ぜひ読んでみてください。

出典:公式サイト

ビズリーチを利用した人の口コミ

ビズリーチを利用した人の声はSNSでも多くあります。SNSで募集して集まったビズリーチに対する良かった声、悪かった声を掲載しておきます。

ビズリーチの口コミ評価

  • 32歳・男性
    ハイキャリアに特化しているビズリーチを無料登録で利用しました。スカウトメールのヘッドハンターと連絡を取り、面談に進むことが出来ました。面接においての注意点等細かにメールで教えてくれました。

  • ハイクラスに特化しているということで、全体的に質も高いと感じました。

  • 35歳・女性
    課金制の転職サイトなので最初抵抗がありましたが、無料の状態でもある程度利用はできたので、課金するかどうかの判断はできると思います。私は無料の際にいくつかスカウトメールを確認出来たので、有料で使用して転職活動を行いました。

  • 少し時間はかかりましたが、ビズリーチを使っての転職活動は満足できるものでした。

  • 36歳・男性
    ビズリーチはヘッドハンターからの連絡が大量に来るため、選定するのが大変です。ただ、求人自体はハイクラス専用の転職サイトのため、高いと感じました。定形文のようなメッセージが多いので、良い求人を選ぶためには時間がかかるのが難点です。

  • 37歳・男性
    転職サイトなのでサポート面は物足りないと感じましたが、スカウトは多く来るのでその中で判断できる人には使えるサイトだと思います。スカウトには当たりハズレが結構あるので、しっかり見極めるのがポイントだと思います。

  • 36歳・男性
    年収アップを考え、30代後半で転職を決意し、ビズリーチを利用しました。ハイクラス転職サイトというワードに惹かれ登録しましたが、やはりハイクラス求人がとても多く感じました。

  • 職歴と条件を記入した後はスカウトを待つ形になりますが、複数のヘッドハンターから早々に連絡が来たので、効率的に転職活動を行うことが出来ました。

  • 33歳・男性
    キャリアアップ転職を実現させるため様々な条件をお願いしていたのですが、積極的に探してもらって、最終的に好条件のポジションを見つけることができました。他の転職サイトも利用していましたが、ビズリーチのアドバイザーの質はとても高く感じました。

  • 33歳・女性
    これまで培ってきたスキルやキャリアを活かした転職がしたいと考えていた中で、管理職求人に強い転職サイトとして見つけたのがビズリーチでした。経験を活かせる求人を多数扱っており、吟味した上で選ぶ事が出来ました。

  • 年収の高い求人に応募するには有料会員になる必要がありますが、会費に見合った求人があるので、職歴やスキルに自信があって年収アップを考えている人には、断然有料会員がお勧めだと思います。

  • 42歳・男性
    40代某メーカーで人事総務の仕事をしておりましたが、会社の体制や待遇に不満があった事からビズリーチに登録をしました。ビズリーチにした理由としては、年収の高い求人、そして40代の管理職層の求人の掲載が多いというのを口コミサイトで見たからです。

  • 評判通り、年収の高いオファーがたくさん来ました。サイトの使い勝手としては、オファーメールに求人情報がダイレクトに記載してあったので、余計な手間もかからず利用し易かったです。

  • 41歳・男性
    他サイトと比較して良い求人の割合が高く、エージェントであればどれを選んでも間違いはなかったです。年収が高めな分、全体的な数としてはほかの転職サイトよりも少ないですが、魅力的な求人の割合が高いので納得ができます。

  • 1点だけ不満があるとしたら、アクティブなエージェントと非アクティブなエージェントの区別が一見してできないことです。いつまで経っても、一向に返信が来ないこともありました。

  • 40歳・男性
    ビズリーチに掲載されている求人は、高年収のものばかりでした。年収大幅増を狙っての転職でしたが、1000万円を超える求人もごろごろ転がってました。国内ブランド企業以外にも、外資系求人が多いというのは特徴的だと思います。

  • 外資では当たり前のように即戦力が求められるので、即戦力採用を売りにしているビズリーチと相性がいいんだと思います。私も外資系のメーカーからオファーが届き、面談まで進むことができました。

  • 42歳・男性
    ビズリーチを2カ月利用して転職しました。 求人については他の転職エージェントよりも好条件の求人が多かったかなと感じました。上級部長職など、重要な管理職求人については明らかに他のエージェントよりも多かったですし、年収も高かった印象です。

  • 28歳・男性
    外資系メーカーの営業で年収は高くて満足していましたが、労働環境がかなりハードだったため、30歳になる前に転職を考えていました。ただ、在籍しながらだったので転職活動に割ける時間がほとんどなく、とりあえずという気持ちでビズリーチに登録してみました。

  • 企業から直接スカウトが届き、思ってもみなかった企業やポジションからもオファーをいただけて、転職活動のやる気が出てきました。気になっていた働き方も面談時にヒアリングができたので、迷わずオファーを貰った企業に転職を決めました。

  • 会社からは20代の若手層を採用強化予定ということを後から聞いたので、早めに登録しておいて良かったです。

  • 26歳・男性
    大学卒業後、ネット広告の代理店業務を行う会社に就職しました。業務を通じてデジマの世界に没頭しているうちに、次第に代理店側で案件を回すのではなく、事業会社でイチからネット広告に携わりたいと思って転職を決意しました。

  • ただ、ビズリーチで面談いただいた方に代理店経験だけで事業会社のマーケ職に就くのは難しいと言われ、幅広く経験を積んでいくことにしました。長期的な視点でアドバイスをいただけて感謝しています。

  • 28歳・男性
    年収も上げ、管理職に転職したいなと思ったのがきっかけで、ビズリーチに登録しました。他ではなかなか見かけない上位ポジションの求人を紹介してくれるので、今までよりも待遇の良い転職先を見つけることができます。自分自身のチャレンジにもつながって、利用して良かったと思っています。

  • 38歳・男性
    ビズリーチにはハイキャリア求人が豊富にあるため、収入やスキルをアップしたい私の希望条件に近い求人を紹介してもらえました。かなりわがままな条件を設定していたので、転職先が決まるまで時間がかかるかと思いましたが、結果的に好条件の経営層のポジションへ転職成功しました。

  • 色々な有名企業からのスカウトもあったので、自分の市場価値を判断することもできて自信につながりました。

  • 51歳・男性
    50代の転職は、自分に合った求人を見つけるのが難しくなります。ですがハローワークで探すよりは、実績のある転職サービスを利用した方が絶対にいいです。ビズリーチは自分に合った求人は難しくありつつも、スキルと経験を考慮した求人に出会えるように努めてくれる印象を受けました。

  • 書類の整理が苦手な方も、アドバイザーが献身的にサポートしてくれますので、安心して利用できると思います。

  • 50歳・男性
    年収・キャリアアップを目標に管理職に転職したいなと思い、ビズリーチを利用することにしました。希望条件で検索すると、自分の希望に合ったヘッドハンターがいらっしゃったので、話を聞いてもらうことにしました。

  • 相談したところ、親身に話を聞いてくださいましたし、的確なアドバイスをもらえて今後やるべきことの方向性を見出すことができました。オファーもいくつかもらうことができて、利用してよかったなと思います。

  • 44歳・男性
    銀行に勤めておりましたが、キャリアアップを目的に転職を決断しました。ハイクラス求人が多いとされるビズリーチを利用しました。転職先はコンサル業界を希望して転職活動をスタート。すぐに数十名の方から連絡をいただきました。

  • その中で評価の高かった方に簡単な面談からはじめ、意気投合ができたので転職活動全般のサポートをお願いすることにしました。コンサル業界に特化したエージェンの方だったので、業界の動向や特徴を詳しく教えていただきました。

  • 特によかったと思ったのは、ただ紹介するだけでなく今後の私のライフプランをどうしたいか、何を大切にしたいのかなど、とても親身に寄り添っていただけた点です。おかげさまでコンサルティングファームの企業から内定をいただくことができました。

  • 40歳・男性
    本気でハイクラスの転職を考えていたので、ビズリーチの有料会員に登録。有料でなければ使えない機能があったり、応募ができない求人があるからです。これを出し渋る人は正直利用しない方が良いと思います。

  • 企業側もハイスペック人材を求めていますから、利用するこちらも当然全ての機能を駆使して転職したいと思うのは当然だと思います。かなり人を選ぶ転職サイトですが、このコンセプトと合うと感じる人にはかなり良いサイトだと思います。


  • ビズリーチでエクスクルーシブスカウトが!滅多に見ないし、ちょっとテンション上がったので、話は聞いてみよう…笑

    出典:Twitter

  • ビズリーチのエクスクルーシブスカウトが届いたので、ヘッドハンターの方と面談してみたんだけどまあクオリティ高くて驚いたな 話し方、話す内容、市場動向のリサーチとそこに対する洞察等が今まできてたプラチナスカウトとは全くレベル違った 今回に限らず転職考える時は頼りにしたいと思える方だった

    出典:Twitter

  • エージェントから紹介される求人が被った際、ビズリーチやdoda-xに表示されている少しでもランクが高いエージェントから応募した方が良い。 ランクは決定率や企業との年収交渉に優れたエージェントで決まり、かつそれを為すには独自のパイプを持ってたりする。結果が全く違ってくるから覚えておいて。

    出典:Twitter

  • ビズリーチに登録したらヘッドハンターから100件ぐらい連絡来てて笑った。週末頑張って読もう。

    出典:Twitter

  • ビズリーチは自分の興味ある分野の案件をあまり持ってない気がする。いまのところdodaとOpenWorkがいいかんじ。

    出典:Twitter

  • ビズリーチに登録してみて、少し経ったので、簡単な感想を🙋‍♂️ ヘッドハンターから面談のDMがめっちゃ来ます🙌 ただ、面談の日程がめちゃくちゃ多くなるので、退職してから登録するのをおすすめします😅 求人内容とかはかなり良いので、登録自体は凄くおすすめします👍

    出典:Twitter

  • ビズリーチ使ってるんだけど、企業から直接来るプラチナスカウトは直接やる(大抵書類は問題なく通るから)。そうじゃないとこはエージェント使うと過去の面接内容とか教えてくれたり、通るような書類に直してくれたりとかで楽!基本はエージェントいた方が良い!(マジで仕事しない人もいるから注意)

    出典:Twitter

  • ビズリーチでは企業からのダイレクトメッセージとヘッドハンターからくるメッセージがあって、個人的には企業からのダイレクトメッセージにだけ反応すればいいと思います🙆‍♂️ヘッドハンターは結局よく分からない求人も紹介してきてめんどくさくなるので笑 個人的にはエージェントは通さない派です!

    出典:Twitter

  • ビズリーチのプレミアムチケットが手に入ったので、自分の今の市場価値を再確認することにします。

    出典:Twitter

  • こんにちは。私はビズリーチで転職しました。懸命にやってくれるエージェントもいます。それでも自分のいきたい会社の条件は妥協しない方がいいです。たとえば年収などです。

    出典:Twitter

  • 転職してから給料も休暇も増えたし、人間関係もとても良好だぉ ビズリーチ的な所に登録してみたら意外とスカウトくるからおすすめぇ! もう嫌々働き続ける時代は終わったのよ👌

    出典:Twitter

  • 【アラサー会社員が転職で年収あげ続ける方法】まず高年収業界・企業がどこか理解する→採用条件を理解する→大量採用に紛れ込むチャンス当来を待つ→高年収業界へ未経験転職→6ヶ月間とにかく打席に立って恥をかきまくる→会社から与えられた目標にフルコミット→石の上にも三年→実績をビズリーチと

    出典:Twitter

  • 転職支援サービスにも得意不得意かある。 今の私の状況だと、ビズリーチやリクルートダイレクトスカウト、JACあたりが高い確率で書類選考通過する案件をくれます。

    出典:Twitter

  • 今の仕事も会社も好きなんで、転職する気はないんですが、ビズリーチのエクスクルーシブスカウトが届くとテンション上がりますよね。ビスリーチってすごい機能考えたな。

    出典:Twitter

  • ビズリーチ、定期的に更新しているのでその都度スカウトメールが届くわけだが、転職意向があるわけではない中で、どの程度エージェントに合ったりカジュアル面談したりするべきなんだろうか。

    出典:Twitter

  • 仮に転職はしないにしても、定期的にレジュメの更新はすべきです。 そしてそれらをビズリーチに公開しましょう。

    出典:Twitter

  • 忙しいサラリーマンにおすすめな転職サイトはビズリーチです。 職務経歴書を見て、企業やエージェントから連絡が来るので、基本待ちの姿勢でいけます。 時間をかけてでも、納得した転職したいスタンスの人には向いてると思います😊

    出典:Twitter

  • 転職する気なくても、職務経歴書まとめてビズリーチにアップするといいよ。 自分の市場価値を知れるし、予想外に良い案件に出会えたりする。 失うものは経歴まとめる数時間だけ。

    出典:Twitter

  • 以前に登録したビズリーチからたまに、面談確定メールなるものが聞きます。 エージェントの面談が確定しているという連絡ですが、エージェントの面談にもハードルがあるのですね。  そちらからメールしてきて、面談確定ですというのも、少しもやります😅

    出典:Twitter

  • 転職後の楽しみの一つに、ビズリーチ更新がある。何故かというと、連絡の内容がどう変化するのか知れるから。大手や外資にいた時は、連絡数も多く、錯覚資産の考え方は実際にあると確信できた。実績を定期的に更新していくと、連絡数が増えていくから、本業の頑張りがズレてないことが確認できる。

    出典:Twitter

  • ビズリーチのメールって、代表取締役とか役員の名前でよく来るけど、2回転職して気づいたのは、大きい会社の場合、名前だけ借りて、代表や役員のご本人が送ってない場合が多いと言うこと。人事やRPOとして派遣されてる人材会社の人が送ってることに気づいてしまったよね。

    出典:Twitter

  • ビズリーチ登録したけどヘッドハンターから「1度面接しませんか?」のメールしか来ないし、使い方ググッたらヘッドハンターはSかAランクの人選べって書いてあったから返信しあぐねてたんだけど、別会社のヘッドハンターからプラチナスカウト来たからコレなら返信する価値ありそうかなぁ…?

    出典:Twitter

  • 今回転職できた理由は「ビズリーチに登録してた」「LinkedInに経歴を公開していた」の2点。どんなに需要のあるキャリアも「ココにこんなやついますよー」と自分からアピールしなければ見つけてもらえる可能性はゼロ。そして、あなたのキャリアが必要かどうか判断するのはあなたじゃなくて相手。

    出典:Twitter

  • ビズリーチ、現年収も希望年収も希望勤務地(東京)も書いてあるのに勤務地大阪かつ年収半額!みたいなスカウト来るのはどういうこと😇こういうのAIではじけたりしないのかな

    出典:Twitter

  • ビズリーチに登録したんだけど オファーいただけて、 めっちゃ有難いです😭 わたしの条件なら 大手の税理士法人とか 採用されないと思うのだけど なぜオファーくるのでしょうか...

    出典:Twitter

  • ハイクラス転職を強みにしているエージェントに登録しても案内できる求人情報は無いって言われたんだけど、ビズリーチに登録したら向こうから案内させてくれって連絡が来て驚いている。スカウト型の転職サイトが今は熱いのかなぁ

    出典:Twitter

  • ビズリーチにアカウントをずっと登録したままにしてる。 紹介件数は相当減ってくると思うけど、アラフィフになっても外資系なら転職できるはずなので、心理的安全性は高い。 内資オンリーのキャリアではきっと得られない感覚

    出典:Twitter

  • 今回キャリアの棚卸的な心持ちでビズリーチのプロフィールを更新したら気になる会社からのオファーもあったので、正直なとこ、納得いく案件に出会えなければ転職もアリかな、とは思っていたのですが、もう暫くは今の会社にお世話になりそうです。 やっぱ面白い案件も数多いんですよね。それが良い所。

    出典:Twitter

  • 転職活動しはじめて、ビズリーチ使ってみてるけど、ヘッドハンターからのスカウト多すぎてウザイな😅 持ってる求人あんまり変わらなそうだし、もうちょいなんとかならんかw

    出典:Twitter

(口コミ評価は、体験談投稿フォームで随時募集しています)

出典:公式サイト

ビズリーチ以外のおすすめ転職サイト

ビズリーチは評判も良く業界大手の転職サイトですが、ほかのサイトも並行して利用することで、より転職活動を効率的に進めることができます。下記にいくつかハイクラスにおすすめの転職サイトと全年代におすすめの転職サイト転職エージェントをご紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:37,469(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

MS-Japan

MS-Japan

口コミ:MS-Japan 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:8,239(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://www.jmsc.co.jp/lp/001/

エンワールド

エンワールド

口コミ:エンワールド 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:887(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://www.enworld.com/

プロフェッショナルバンク

プロフェッショナルバンク

口コミ:プロフェッショナルバンク 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://www.pro-bank.co.jp/

JACリクルートメント

JACリクルートメント

口コミ:JACリクルートメント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:15,067(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

doda X(旧iX転職)

doda X(旧iX転職)

口コミ:doda X(旧iX転職) 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:22,504(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://doda-x.jp/

ビズリーチに関するよくある質問

ビズリーチに関するよくある質問と回答をご紹介します。

Q:ビズリーチのプラチナスカウトとは何ですか?
A:「プラチナスカウト」とは、面談や面接が確約されているスカウトです。職務経歴書を見た上で、企業やヘッドハンターから送られてくるスカウトで、書類選考免除や社長面接などの優遇条件が付いています。自分の条件に合ったスカウトが届いたら返信してみましょう。

Q:ビズリーチはすぐに転職する気がなくても登録できますか?
A:すぐに転職する予定がなくても登録することは可能です。ビズリーチはスカウト型転職サイトなので、今すぐ転職する気がなくても利用できます。

Q:ビズリーチはどの年齢層におすすめですか?
A:ビズリーチは20代~50代におすすめです。20代の若手層から30代、40代のミドル、50代のハイクラス層におすすめできる転職サイトです。

Q:ビズリーチに登録したら会社にバレますか?
A:ビズリーチには在籍している会社に自分のプロフィールを表示しない機能があるため、バレることはありません。どなたでも安心して利用することができます。

Q:有料会員の更新は停止できますか?
A:できます。有料会員の自動更新は、マイページから停止できます。ビズリーチのマイページ内にある「プレミアムステージアップグレード状況の確認・再購入・解約はこちら」をご覧ください。

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社の代表取締役。著書に『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)がある。(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)。

運営者情報