【評判】リクルートダイレクトスカウトは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの基本情報とサービス紹介

新CM【新!リクルートダイレクトスカウト】進化するレジュメ篇 30秒 (松坂桃李)

まずはじめに、リクルートダイレクトスカウトの基本情報をご紹介します。

サービス名リクルートダイレクトスカウト
運営会社株式会社リクルート
公開求人数292,014(2024年5月15日現在)
特徴・業界最大手のリクルートが運営するハイクラス転職サイト
・日系大手や外資系企業に転職したい人向け
・年収1,000万円以上のハイクラス求人が豊富
おすすめポイントリクルートが展開するハイクラス向けスカウトサービス
おすすめ度★★★★・
対応地域全国
有料職業紹介事業許可番号13-ユ-010258
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトの評判

リクルートダイレクトスカウト』は、2021年11月に「キャリアカーバー」から名称を変更したリクルートのハイクラス転職サイトです。ハイクラス系はビズリーチやJACリクルートメントを利用する転職者が多いのですが、業界大手リクルートのサービスということもあって、認知度はまだ低いですがユーザーの信頼度は高かったです。

匿名でレジュメを登録することができ、レジュメの公開先も提携ヘッドハンター・企業に限定されているため、マッチング精度の高いスカウトを受け取ることができます。求人は日系大手が多く、ポジションや年収も高めのものが多くあります。リクルートエージェントと比較すると、ハイクラス向けの求人に特化しています。

リクルートダイレクトスカウト

私も30代で実際に利用してみましたが、リクルートを卒業したヘッドハンターが多く活用していました。ビズリーチよりもスカウトの負担が少ないこともあって、リクルートダイレクトスカウトをメインに利用する転職エージェントも増えています。

このサービスを使っている転職エージェントの年齢層は比較的高く、同業界出身者などに担当してもらうことができます。ビズリーチと合わせて登録しておくのがおすすめです。

出典:公式サイト

リクルートダイレクトスカウトを利用した人の口コミ

リクルートダイレクトスカウトを利用した人の声はSNSでも多くあります。SNSで募集して集まったリクルートダイレクトスカウトに対する良かった声、悪かった声を掲載しておきます。

リクルートダイレクトスカウトの口コミ評価

  • 34歳・男性
    ハイクラスな求人が豊富で、年収を上げたい自分には利用しやすい転職サイトだと思いました。管理職や高年収メインのサイトなので、若手向けではなかったです。因みに私は、上場企業から直接オファーをもらって、無事転職できました。

  • 34歳・男性
    担当者をプロフィールを見て決めることができるので、相性の良い人と進めることが可能です。ランダムに担当者が決まってしまう転職エージェントだと、相性の悪い人やレベルが高くないエージェンにあたってしまうこともしばしばあります。

  • その点、リクルートダイレクトスカウトは安心なので、ハイクラスでの転職を目指す人におすすめの転職サイトだと思います。

  • 32歳・男性
    IT業界でこれまでのキャリアを活かしつつ、年収アップが図れる転職を希望していたところ、リクルートダイレクトスカウトより、10社ほど求人案件を紹介していただきました。30代半ばのミドル層求人が多くて満足できました。

  • 33歳・女性
    中小の転職サイトでは、なかなか求人が見つかりませんでした。私には譲れない条件があり、かなり細かく設定していたのが原因のようです。ただ、リクルートは有名大手ということもあって、他社と比べて求人がたくさんありました。

  • リクルートは、私のように細かく条件を設定したい人におすすめの転職サイトだと思います。

  • 41歳・男性
    リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス求人が多く掲載されている転職サイトでした。大手を希望していたので、「Amazon」「DeNA」「楽天」など知名度のある企業が掲載されているのはモチベーションが上がりました。

  • 有名企業の書類選考に通過して、面談に進めたりもしました。最終的にはそこまで知名度はないですが、上場企業へ転職することができました。

  • 42歳・男性
    4、5年前にキャリアカーバーを利用しましたが、当時の年収はそれほど高くなく、あまり活用できないまま別の転職エージェントを利用して転職しました。その後、役職に就いて年収も上がり、再度転職しようと思った際にリクルートダイレクトスカウトに登録しました。

  • 40代になりましたが、年収が大幅に増えたため当時では考えられないくらいオファーが届きました。サービスの特性上、ある程度年収が高い人向けの転職サイトだと思います。

  • 44歳・男性
    転職活動をする際に選択肢を広げようと考え、リクルートダイレクトスカウトに登録しました。いくつもの転職サービスに登録していたので、かなり同時並行で転職活動をしたと思います。

  • 他社のハイクラス専用の転職サービスも使いましたが、リクルートの方がサイトの使いやすさやコンサルタントの思考性、受けとったスカウトメールの頻度を比較しても、一番良かったと思います。

  • 43歳・男性
    希望していた年収800万円以上の求人が多くありました。収入だけですべてを片付けられるわけではないですが、大きな魅力であることは間違いありません。 高年収に比例して、幹部としての高待遇求人が目立っていたように思います。

  • また、コンサルタントのアドバイスは貴重な財産となりました。一般的なサイトの求人よりも高待遇という点から、生半可な心構えではいけないと忠告を受けましたし、自分のキャリアの活かし方を教えられました。

  • 27歳・女性
    リクルートダイレクトスカウトの求人は、とにかく質が良いと思います。有名どころの上場企業から年収1,000万円を超える求人がいくつもありました。今より年収を上げたいと思っていたので、私にピッタリのサイトでした。

  • ヘッドハンターの方々が優秀でこちらの質問には即座に答えていただきましたし、応募企業の詳細情報や面接の際の注意点等、いくつもアドバイスをいただけました。キャリアアップを狙っている人は、登録して間違いないと思います。

  • 26歳・男性
    大手ITベンダーのSIerでプロジェクトマネージャーをしていました。年収は同世代に比べて高いため満足していましたが、高専出身の私ではこれ以上の出世を望むのは難しいことがわかったため、転職することにしました。

  • 経歴を気にしない成果主義の企業への転職を望み、ハイクラス求人の取り扱いが多いリクルートダイレクトスカウトに登録をしました。転職サイトは自分から求人を探さないといけない認識でしたが、私の経歴を見た企業から直接オファーをもらえるスカウトがあって非常にありがたかったです。

  • 36歳・男性
    転職前は管理職でしたが、新しい環境を求めて転職活動を始めました。ヘッドハンターを選べるので、自分に合う人を見つけて効率的に転職先を探せる点は私にとってよかったと思います。高収入求人が多く仕事の専門性も高いので、やりがいのある仕事を見つけるには非常に有効なサイトでした。

  • 以前の実績をきちんと評価してくれる会社に出会えて、転職の道を選んで正解でした。

  • 33歳・男性
    他のサイトにも複数登録していますが、比較すると全体的にスペックが高めの求人が多数あり、量より質といった印象でした。良い求人があればいいなと思い、無料なので気軽に登録をしてみましたが、経験を活かせる求人を幅広く提案してもらえました。

  • スムーズに転職活動を進められてキャリアアップもでき、収入も増えて大満足です。

  • 54歳・男性
    ヘッドハンティング方式なので、ひとまず登録だけでもと思い利用しました。今までの経歴を見てオファーをしていただけるので、自分が思っている以上に高待遇でのオファーをいただけることが多かったです。管理職経験やマネジメント経験が豊富な方は、登録しておくだけでもおすすめです。

  • 52歳・男性
    リクルートダイレクトスカウトはスカウトオファー方式で、慌てることなく時間をかけてゆっくり企業を選べるのが良い点だと考えます。そのためファクトベースで応募先企業に伝えていけるので、年齢に関係なく転職活動を行えてとてもよかったです。

  • 34歳・男性
    私の希望もさることながら、企業側が要求していることもしっかり伝えていただきました。そのためきちんとコンセプトを理解した上で面接に臨むことができました。書類サポートも業種や職種に応じたアドバイスをしていただけるのが良い点だと思います。

  • リクルートダイレクトスカウトは求人数も多いので、自分が希望する企業にきちんと出会うことができると思いました。

  • 37歳・男性
    求人数が豊富なこともあり、外資系大手への転職を目指している方はリクルートダイレクトスカウトを活用するのが良いと思います。面接対策がしっかりしていますし、コンサルタントと応募者間で相互理解を深めた上でやり取りすることができるのも良い点です。

  • 業務内容の説明とプライオリティーなどの確認が取れる点も大変素晴らしいです。

  • 47歳・男性
    40代で2回転職を行いましたが、いずれもリクルートダイレクトスカウトを利用しました。私の経歴を見てスカウトを受ける形が一番転職を行いやすいと考えたからです。他のエージェントでは見ないエクゼクティブポジションの求人や、非公開の優良求人案件も数多く揃っているからです。

  • 40代でハイクラスへの転職は動くより待つのがしやすいと思いますね。合わせてビズリーチも登録しておけば、よりステップアップしやすいと思います。

  • 44歳・男性
    いくつか転職サイトを利用していたが、リクルートダイレクトスカウトが一番転職しやすいと思う。非公開求人をたくさん紹介してもらえるし、年収レンジも高めのものばかりだし、何より自分で探さなくて良いということ。

  • 自分に合った求人を見つけたら応募して、年収もかなり上がる。それなりのキャリアが必要だろうけど、個人的にはここが一番合っている。

  • リクルートダイレクトスカウトは移行がだるすぎて放置してるのだけど、「【面談確約】希望条件にマッチしたスカウトが1件届いています」というメールが届いたので中を見てみると、面談確約ってエージェントとの面談確約って意味ですかワーク○ートさんw 企業名非公開のとこに面談確約される我が人生

    出典:X(旧Twitter)

  • 【#転職】ちょっと酷いので名前を出してしまいますが #リクルートダイレクトスカウト さん、私へのオススメ案件として私の前々職(同一役職)を紹介するのは勘弁していただきたいです。これで2回目です。 求職者のキャリアと希望をしっかり把握していれば起きえないミスですよ。。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトはホント駄目ね。おれが顧客ターゲット層じゃないのかな。リクルートはいっぱい種類があって自分にあった転職エージェントがどこにいるのかわかりにくいな。個人的にはJAC推し。

    出典:X(旧Twitter)

  • 結局、現在の転職活動ですが、ビズリーチから4件のスカウト、リクルートダイレクトスカウトは2件のスカウトがありました。 年齢高め、社歴多めでも、電気主任技術者というのはそれなりの価値があるということか? しらんけどww

    出典:X(旧Twitter)

  • すげえ、リクルートダイレクトスカウト、徹頭徹尾ポンコツとしか言いようがない。何だこれ……。地方の中小企業でももう少しマシなもの作るだろう……。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、企業側も求職者側も使い心地悪過ぎて、何をどうしたらこういうものが出来上がるのか気になる()

    出典:X(旧Twitter)

  • #リクルートダイレクトスカウト 早速転職コンサルからコンタクトが来たからそのコンサル自体の評価を調べたけど、『就職をせかす系』の無料コンサルだったのでお祈り差し上げた。なんかリクルート系って成立しちゃえば後ですぐに退職してもインセンティブ入るらしいからダメね

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトとかいう転職サービス、スカウト受信を止められなくしたらしく、通知を切るしかないらしい あの量のスカウトを止められないならエントロピー増大しすぎて利用価値ほぼゼロになると思うんだが、そんなの関係なくとにかくスカウト送らせることで金稼ごう、ってこと…?

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトに登録したのに、エージェントからメールが来るんだけどどういうこと?😇 ダイレクトちゃうやんけw 転職ドラフトしかないな

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、残念ながら他と比較して人のキャリアをよく理解しないオファーが多いので退会した。 ビズリーチとかちゃんとよく読んで、フィットするオファーが来るので、ワイのキャリアがしょぼいとかではない。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトのメール設定、リクルートIDに移行したのに前のメアドに移行しろってメールが配信され続けている。 もしかして移行前のメアドとリクルートIDのメアドが違っている場合の考慮漏れ?

    出典:X(旧Twitter)

  • スカウトもいいですが、本命にはHPから直応募ですよねー リクルートダイレクトスカウトは、毎日のようにきますね。毎回企業ブロックしていますが、止まる感じがないです。。。

    出典:X(旧Twitter)

  • 履歴書ダウンロードのために登録した、リクルートダイレクトスカウト、メール止まらんやん。なんじゃこれ。気づいたら10件以上メール来てる。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトはろくでもなかったけど、ビズリーチはきちんと誰もが知ってる企業のプラチナオファーが定期的に来る感じなので続ける価値はある。こういうサイトで企業スカウト待つとか、リファラル案件聞いて回るのが今どきの転職活動って感じするな〜

    出典:X(旧Twitter)

  • / #職務経歴書 の #職務要約 #職務概要 はどう書く? \ 職務要約・職務概要とは、職務経歴書の冒頭に記載し、 求職者のこれまでの職歴をまとめた「あらすじ」のようなものです。 📝経営企画の職務要約・職務概要の例文を画像でご紹介

    出典:X(旧Twitter)

  • / 平日の #面接 、 休めないときはどうしたらいい? \ 指定された日時が難しい場合、 日程調整に応じてくれる企業もあるので、 相談することも一案です。 ・業務時間外で調整を依頼する場合 ・土日での対応をお願いする場合 のメール例文は以下でご紹介👇 #転職活動

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートエージェントって基本お断りなさそう、ハア?みたいな会社も求人だしとる リクルートダイレクトスカウトの方がだいぶマシ_(:3 」∠)_

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチマジで使いやすい、、、できないことないやん。 リクルートダイレクトスカウト気合い入れろ 広告に金投下してる暇あればUX充実させろ!!!

    出典:X(旧Twitter)

  • 最近になって、エンジニア業界のビズリーチ事、リクルートダイレクトスカウトから、よくメールが来るようになりました(笑)

    出典:X(旧Twitter)

  • これから夜勤です。リクルートダイレクトスカウトとやらに登録したら、紹介業者が1日で10件もきました。それだけ介護業界は金になるということなんだろうな。 かなり嫌な感じ!

    出典:X(旧Twitter)

  • なんか最近ビズリーチからワークポートの絨毯爆撃がなくなったと思ったら、場所をリクルートダイレクトスカウトに移して絨毯爆撃してくるようになった。 ただ以前と違うのは、一応釣り餌案件セットで送ってくることかな。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトの、エージェントからのスカウトがどんどん雑になってきて、ついには「年収」と「業界」だけで「ぜひ一度面談を」となってきた。面談回数がKPIなんだろうけど、一目で無差別配信だとわかるので興味がわかない。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、リニューアルされてからやみくもにスカウトメール来過ぎ説。 そもそも今のレジュメ古いから今更きてもで、もはや見る気が1mmも起きなくて、メールフォルダを荒らし容疑で解約したみまである。 がんばれ、古巣、がんばれ、最適化。 #リクルートダイレクトスカウト

    出典:X(旧Twitter)

  • RP 時効だから言っちゃおうかな 俺がやられたのは博士情報エージェントとかいうとこ。 あと、リクルートダイレクトスカウトは冷やかしスカウトがマジで多かった。無言蒸発すらあった。

    出典:X(旧Twitter)

  • #リクルートダイレクトスカウト #リクルート #転職サイト リクルートダイレクトスカウトがリニューアルされたのですが、スマホ画面に最適化されてるので、パソコンでメッセージ書くのがやりづらいです。画面設定はこれしかないらしいです。リクルートの方なんとかしてください!

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトはめちゃくちゃ質が下がった。(前から低かったけど、さらに。) ビズリーチかLinkedIn、ちょっと遅れてオープンワーク以外は使い物にならない😢

    出典:X(旧Twitter)

  • 感覚かもしれませんが、私の中で感触が良かったのはdoda、doda X、リクルートダイレクトスカウトの3つです。他のエージェントよりスカウト率高めです。最終的に内定もらったのは自力応募でしたが、それも結果や縁だと思っています。

    出典:X(旧Twitter)

  • \ #面接 で #自己紹介 を求められたら? / 「簡単に自己紹介をしてください」 と言われた場合の回答例 #転職活動

    出典:X(旧Twitter)

  • / #転職エージェント を使う前に 知っておきたいポイントをプロが解説 \ ・相談だけでも利用可能? ・お金はかかるの? ・どんなことが相談できる? ・利用するメリットは? ・利用の際の注意点は? など 詳細は以下の記事でご紹介👇 #転職活動

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトから新サイトへの移行案内のメールが頻繁に来るけど、これって移行出来ていない人にも来てるのかな? 移行出来てるはずだけど、旧サイトで「移行する」を押しても反応しない。 モヤモヤです。

    出典:X(旧Twitter)

  • / セミナー動画配信🎥 “働く”のこれから企業と個人の変化と2024年以降の展望 \ #リクルート とIndeedが協働で行ったグローバルサーベイなどをもとに、2024年以降の転職はどうなっていくのか、今後の日本の #転職動向 をご紹介します。 詳しくは👇

    出典:X(旧Twitter)

  • \ #最終面接 ではどんなことを聞かれる? / 質問例 ・なぜ当社を志望したのですか? ・当社で実現したいことは何ですか? ・仕事において大切にしていることは何ですか? ・内定が出たらどうしますか? それぞれ回答例や逆質問のポイントなどはこちら👇 #転職活動

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、メールはたくさん来る。ただ紹介屋ばかりでダイレクトスカウトはほとんど無いの、精進が足りないことを痛感する。まあ今のところ転職する気は無いけれども。

    出典:X(旧Twitter)

  • おいおい、リクルートダイレクトスカウトさんよお、、 前職添付して来んなよーーー 連絡くることは嬉しいけどエージェントからのメール多すぎない、、、???

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトで良い企業だけ気になるしておいたら、「まさに弊社が求めていたご経歴です」って知らない企業からメッセージ来てて、募集職種全然私の経歴と合ってなくて、評判サイト見たらどブラックだった。 ミイダスのときのデジャブだった。 悲しい。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトを使って、良い企業に「気になる」を押してるんだけど、「気になる」を押すだけでいいの…? ポスト検索したらCMの松坂桃李が気になるってポストばかりでみんな、やる気あるの!?

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、リニューアルして企業側(人事側)の検索機能が改悪されて使わなくなってしまった…スカウトが来ないって言ってる人、人事があなたをもう検索できなくなってしまったのです…

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトが流行ってますが、希望年収が500〜600万円とかだとマッチングしないことが多いです。リクルートダイレクトスカウトで扱っている求人は、年収800〜2,000万円と好条件の案件が大半。ビズリーチもそうですが、自分の年収レンジを見極めた上で、転職サイトを活用するのが吉。

    出典:X(旧Twitter)

  • やたらとリクルートダイレクトスカウトから新サイトで登録しなおせという案内が来るが、いかに多くの人が移行していないかが分かる 休職エージェントみたいなところ以外ほとんど来ないし、しかも、このエージェントも登録済みなのに再度来るしね そりゃ、使えない求人サイトって誰もが思うよ

    出典:X(旧Twitter)

  • 遂にリクルートダイレクトスカウトさんの条件指定から「勤務地:海外」が消えた。 これが意味することとは…

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトってエージェント情報見れなくなったんだね。 ただでさえ誰ですか感満載なメッセージなのに、所属企業名と案件名でしか勝負できなくなってしまった感。 ビズリーチさんは個人情報モリモリだし、エージェントの経歴での弱肉強食感があって好き

    出典:X(旧Twitter)

  • 【#リクルートダイレクトスカウト よくあるQA】 Q.現職の会社に #転職活動 をしていることを知られたくない…対策はある? A. あります!リクルートダイレクトスカウト では特定企業からのレジュメ閲覧やスカウトのブロックが可能。安心してご利用下さい。 登録はこちら👇

    出典:X(旧Twitter)

  • \#フレックスタイム制 についてプロが解説/ 最近耳にすることの多い「フレックスタイム制」。 制度や仕組み、メリットデメリットをご紹介します! 転職活動にご活用ください。 詳しくは👇(フレックスタイム制の活用例や導入率が高い企業・職種の特徴等も解説) #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、マジで見づらくなったな 何もかもが見づらい らくらくホン使ってる老人向けに開発したのか???

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトの大手ではあるので色々なサービスあります 他求人は新卒中途の求人が多いですが管理職スタートの求人が多かったり リクルートダイレクトスカウトと言うのもあってそこに職歴とか色々登録しておけば職歴を見た企業の方から直接スカウト受けることができるサービス何かもありますね

    出典:X(旧Twitter)

  • リニューアルしたよーって聞いたのでリクルートダイレクトスカウト久々に登録 メッセージ管理できないので使い勝手残念なまま とっとと退会した レジュメ何も登録して無いのに、レジュメを見ました!ってメッセージも大量に来てて、エスパーの巣窟かしらね

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトで、このワークポートってエージェント会社めちゃくちゃ大量に送ってくるから見る気なくなる 文章も定形文みたいなのしかないし

    出典:X(旧Twitter)

  • そういえばリクルートダイレクトスカウト、アップデートしてから一切スカウトも無くなったし、エージェントのリクエストもこなくなったけどどういう現象? おすすめ求人もほぼ無くなって、まったく稼働してない状況になったから利用しなくなってる。リニューアルして離脱した人多そうな印象。

    出典:X(旧Twitter)

  • \#履歴書 の #志望動機 の書き方についてプロが解説/ 採用担当者が志望動機から知りたいことや志望動機の構成、書き方をご紹介します! 転職活動にご活用ください。 詳しくは👇(職種別の例文5選や志望動機が思い浮かばない場合の対処法なども記事内で解説中)

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトは、サイトリニューアルにかこつけて今までメルマガ送信許可していなかった人にもドサクサに紛れてメール送って来ることに対して世間からもっと怒られるべき(配信停止するのもめんどい)

    出典:X(旧Twitter)

  • / リクルートエージェント 調べ #スタートアップ ・ #ベンチャー|2023年度上半期の転職市場動向 \ 業界に精通したリクルートのキャリアアドバイザーがレポート。最新の転職市場動向や業界トレンドを、転職活動にご活用ください! 詳しくは👇 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • / リクルートエージェント 調べ #外食業界|2023年度上半期の転職市場動向 \ 業界に精通したリクルートのキャリアアドバイザーがレポート。最新の転職市場動向や業界トレンドを、転職活動にご活用ください! 詳しくは👇 #リクルートダイレクトスカウト #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • / 転職エージェントとの面談についてプロが解説 \ #転職エージェント との面談の流れや面談を受ける際に意識したいこと、面談前の準備ポイント等ご紹介! #転職活動 にご活用ください。 詳しくは👇(面談日に必要なものや服装、避けた方が良いこと等も記事内で解説)

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェント経由の転職ならリクルートダイレクトスカウトのほうが信頼できる感覚ですが、社内リクルーターからの直接のスカウト、応募、特に国を跨ぐような転職はLinkedinのほうが有効な気がしますね。あと海外の社会人大学院へのapplyにもキャリアが英語表記でそのまま提出できて有効だったり。

    出典:X(旧Twitter)

  • ハイキャリア向けのリクルートダイレクトスカウトがリニューアル後、勤務地の希望条件で海外を選択できなくなったのはとんだ改悪じゃないか。日本のハイキャリア人材に海外ニーズがないってことか。日本人がますます内向き思考に。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動の時に活用したサービス ①ビズリーチ ②Open Work ③アサイン ④リクルートダイレクトスカウト ⑤LinkedIn ⑥ワンキャリアプラス ⑦SPIのアプリ

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、新サイトに更新されてから求人少なすぎるし、フルリモート会社の検索しにくいし、スカウトメールなんていっさい来なくなったし、さよならするかな、、、

    出典:X(旧Twitter)

  • 就職活動にリクルートダイレクトスカウトを愛用していましたが職務経歴書のひな型の改悪とともに使わなくなりました。リクルートの職務経歴書は自由に作文できる所が最大の魅力でしたから。改悪後はマークシートのような無味乾燥な一問一答式。恐らくエクリチュールの読み書きもロクにできない

    出典:X(旧Twitter)

  • #リクルートダイレクトスカウト エージェントからのスカウトをブロックできなくなるクソ仕様になったのほんと最悪なんだけど、せめて株式会社ワー◯ポートのスカウトだけでもブロックさせてくれんかしらん。あいつら見境なさすぎ。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、リニューアルしたと思ったら、 相変わらずメール削除不可で、ヘッドハンター利用しない設定自体消えてるし、コンサルなんて未経験で希望もしてないのにコンサルリーダーのスカウトくるし、使いにくさ増してて。メール削除不可なのまじでどういうつもりなんだろう。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトってワークポートの人しかおらんのか?ってぐらい毎日別々の人からメールくるな 企業ブロックじゃなくてエージェントブロックしたい

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、リニューアルされてすごく使いにくくなった。というか使いたくなくなった。 スマホレイアウトをPCで見せてもOK、OK、みたいな設計思想が…。ブロックしてたエージェントも1から再登録とか…。 はぁ…。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、リニューアルしたから移行ボタン押したけど、新サイトはスカウトから非表示にすることできないのね。退会しようか悩む。 資格としてKaggle Masterを選べたのは好評価だけど。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、新サイトに移行してから全くスカウトからメール来なくなったな。 さよなら

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトで久しぶりにスカウト見ようと思ったら、サイトリニューアルしたからプロフィール更新しないと先に進めなくなってて、めんどくさいので退会です

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、リニューアル前に使えてよかった 検索機能も経歴設定もカス仕様になりすぎでしょ

    出典:X(旧Twitter)

  • 多分だけど、真面目に考えて転職したい人はリクルートダイレクトスカウトは、入口なんでどうでもええねん的な発想なんで選んではいけないと思う。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、サイトがリニューアルされて、思うような経歴設定が出来なくなった他、スカウトの停止設定なども無くて、明らかに希望に沿わないスカウトが来るようになった。 現状使うに耐えないと思う

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトって全然ダイレクトじゃないし、登録も職種とか一つしか選べんし、使う価値をあまり感じないな

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト 少し入らなかったらクソみたいなUIになってた。 ハローワークとかみたいなジジイ向けのページになったあげくわかりにくい。 ってか入った瞬間詐欺サイト入ったかと思った。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト 早速使ってみましたが、AIによる文章作成は、 ・職務要約欄のみ で、経歴詳細や自己PRなどは未だでした。 ここもchat GPTなどで代行できますが、 今は変化についてくので精一杯です💦

    出典:X(旧Twitter)

  • ちなみにリクルートダイレクトスカウトでAI要約を試して見たけど現時点だとまだキーワードの挿入という感じだった。 おそらくこれから進化して、しばらく後にかなりすごくなるんだろう 現時点で判断んするのは良くないな

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、リクルートIDとの連携必須になったんだ プラスで経歴経験の入力が必要だから、それなりに移行しないユーザがでそう 積極的に移行する動機があるのは、現時点で転職顕在層くらい?

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトってリニューアルと同時に会員登録勝手に消した? 前レジュメとか入れたと思うんですけど。しんど。

    出典:X(旧Twitter)

  • 「給与を上げたい」が転職理由の場合、面接で率直に伝えて良いのか、と迷うことも少なくないでしょう。転職理由が「給与」である際の伝え方のポイントを、組織人事コンサルタントの粟野氏に伺いました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動がバレたくない人は、ビズリーチではなくリクルートダイレクトスカウトを使うのがいいらしい。ビズリーチは有料プランでは自社人事に発見されることがあるよう。リクルートダイレクトスカウトはそれがないみたい。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトを久々に開いたら弊社から1300万のオファーきててわろた。(わろてない。泣いてる。) くれよ。 1300万くれよ。 なんで1300万くれないんだよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動では、採用担当者と面接日程の調整をメールで行うことがあります。面接の日程調整のメールが届いた場合の、状況に応じた返信の仕方、注意すべきポイントについて、組織人事コンサルタントの粟野友樹氏に伺いました。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトのメッセージ画面って、返信する時に「面談を希望する」と「詳しく知りたい」の2つのボタンしか無いんだけど、「左スワイプ(理由無し)」が欲しい😎

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト登録してみたら、大量にヘッドハンターからスカウトきた。 面談したい人たちからの連絡じゃなくて、求人案内してほしいな笑 #転職活動

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動で使用する履歴書のテンプレートと使い方、各項目の記載内容をご紹介します。あわせて、書き方のルール、送付時の注意点、よくある疑問などについて、組織人事コンサルタントの粟野氏が解説します。

    出典:X(旧Twitter)

  • / #リクルートダイレクトスカウト 12月4日に全面リニューアル📱💻 \ 【私たちが目指していること】 ☑転職活動の負担を減らす ☑キャリアの可能性を広げる選択肢の提供 ☑求職者と企業の最適な出会いの創出 リニューアルの詳細は👇

    出典:X(旧Twitter)

  • / 【告知】 #リクルートダイレクトスカウト 12月4日に全面リニューアル📱💻 \ 【リニューアル後にできること】 ☑質問に答えるだけで、レジュメ簡単作成 ☑経験・スキル・希望に合う求人をAIで分析して提供 ☑企業や転職エージェントとやりとりできるチャット機能 詳細👇

    出典:X(旧Twitter)

  • これから職務経歴書を作成するという方向けに、基本項目や書き方のコツ、職種別のテンプレートなどをご紹介します。また、編年体式、逆編年体式、キャリア式のWord・Excel形式のテンプレートをダウンロードすることもできますので、職務経歴書の作成に役立てましょう。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、給与とか前提を入れてるはずなのに、異様に額面の低い案件を送ってくるエージェント、邪魔以外の何物でもない。 ブロックしたい(できない)…

    出典:X(旧Twitter)

  • 医療・医薬・バイオ業界の2023年転職市場動向の動きをキャリアアドバイザーが解説。業界トレンドを知りたい方や転職活動を検討している方は必読です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 試しに リクルートダイレクトスカウトってやつ登録してみたが ビズリーチのリクルート版みたいな気がする。めちゃ出会い系メールくるよ、エージェントから。

    出典:X(旧Twitter)

  • 消費財・総合商社の2023年転職市場動向の動きをキャリアアドバイザーが解説。業界トレンドを知りたい方や転職活動を検討している方は必読です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 生保・損保2023年転職市場動向の動きをキャリアアドバイザーが解説。業界トレンドを知りたい方や転職活動を検討している方は必読です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 人の経歴をほんとに確認してるのかなあというスカウトが急激に増えた。特にリクルートダイレクトスカウト経由でのSES系の企業やエンジニア派遣を生業としている会社から。 おれインフラ系のエンジニアよ。プログラマーでスカウトって。給料下げて安く扱き使いたいのかね。

    出典:X(旧Twitter)

  • ハイクラスキャリア向けで、リクルートダイレクトスカウトとビズリーチに登録してるが、使いやすさに加えて、案件の質とエージェントからの反応の多さで、リクルートの圧勝じゃないか。 リクルートダイレクトスカウト

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトに登録してみたけど、えぐい数のエージェントから連絡くるし、とりあえずコンサルやらせたろ!!的なのが多くてもう離脱したい草

    出典:X(旧Twitter)

  • 総合電機・半導体・電子部品業界の2023年転職市場動向の動きをキャリアアドバイザーが解説。業界トレンドを知りたい方や転職活動を検討している方は必読です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職2】 転職を決心し、仕事が終わって終電で帰り、毎日夜中の2時くらいから履歴書や職務経歴書を作成し、求人サイトに登録した。 睡眠時間が短いが、絶対転職という強い意志があったので、全く苦にならなかった。3ヶ月でリクルートダイレクトスカウトからタイズに紹介された会社に内定した

    出典:X(旧Twitter)

  • 昨今、Web面接を導入する企業が増えています。「Web面接を経験したことがない」「何に気を付ければ良いのかわからない」と不安や疑問を抱く方もいるでしょう。組織人事コンサルタントの粟野氏に、Web面接の準備・対策・注意点を伺いました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 1500万-以上のレイヤー、サイト使うならミドルの転職、リクルートダイレクトスカウトあたりかね。そもそも母数が少ないので多くないのは仕方ないにせよ。ストレートに、ビズリーチとかのよくある求人媒体使っているようなパチモンヘッドハンターでない、ちゃんとしたヘッドハンター使うのが無難かね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 三重県内のエンジニアの求人があったので業務委託で応募しようと思ってリクルートダイレクトスカウトに登録したのだが、スパム張りにスカウトがきてあかん。登録3日間で50件くらい。仕事というのは選ばなければいつでもどこでも働ける時代だな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 「自己PR」は履歴書・職務経歴書に記載したり、面接でも求められたりすることがあります。応募企業にどのように伝えると、相互理解につながるでしょうか。自己PRの書き方、伝え方のポイントについて、組織人事コンサルタントの粟野氏が解説します。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動で難しい、うまくいかないと感じるケースは少なくないでしょう。組織人事コンサルタントの粟野氏が、転職活動が難しいと感じる主な原因や、うまくいかないと感じる4つの要因別に対策を解説します。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動の自己PRで「協調性」を伝える場合、どのような点に注意すればより効果的なアピールにつなげられるのでしょうか。組織人事コンサルタントの粟野氏に企業が求める協調性や、応募書類の自己PR欄で協調性を伝える方法、注意点などを解説します。

    出典:X(旧Twitter)

  • なんとなくリクルートダイレクトスカウトに登録してみたらワークポートのエージェントから山ほどメッセージがきてる。 ビズリーチと違って全部無料みたいだけど、企業の担当者と直接連絡する事は出来ないっぽい。必ず間にエージェントが入るみたい。 ビズリーチはワークポートとギークリーが多い。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトもこちらから応募依頼したものは軒並み応募してもらえなかったです。 リクルートエージェントは基本応募してくれました! Indeedはダイレクト応募の案件も多く、他が扱ってないものも多かった印象です。 いろいろ使って取捨選択していけるといいですね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回入社を決めた企業はリクルートダイレクトスカウトでのスカウトメール。 正直この方以外のスカウトは全部私は興味わかなかった。ちゃんと経歴見てくれたのこの方だけ。 それ以外の内定や最終面接結果待ちで終わったのは4社。indeedで直接応募1、ワークポート1、リクルートエージェント2。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動を本格化させていこうと思っています。 リクルートダイレクトスカウトに登録した瞬間にすごい数のメッセージをいただきました。 #銀行員 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトに登録してみたら、エージェントから大量にメッセージとどいて、ダイレクトスカウトとは・・・?となったやつ。

    出典:X(旧Twitter)

  • / 転職ノウハウ記事公開! \ Q.#ソフトスキル とは? Q.ソフトスキルとハードスキルの違いは? Qソフトスキルが注目されている理由は? Q.ソフトスキルの高め方は? などについて組織人事コンサルタントが解説します! #リクルートダイレクトスカウト #転職 #転職ノウハウ

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトが年末にアップデートするとのこと。 このアップデートは採用業界を大きく変えることになりそう。 自然言語処理に基づいたマッチング、エージェントとスカウトの垣根が無くなる、膨大なDBを活かしたマッチングが行なわれる想定。 圧巻のリクルート。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【ビズリーチ(BRとリクルートダイレクトスカウト(RDS)の使い分け】 直接企業とやり取りしたい時はBR、エージェントの入って欲しい時はRDS🤨 初期の頃はRDSの方が書類見てもらえたり面接対策してくれるのでお勧め。 慣れたらBRで時短かな🚀 #転職エージェント #転職活動

    出典:X(旧Twitter)

  • ゆいこ久しぶり〜ありがとう! リクルートダイレクトスカウトに登録してたら企業側から声かけてきて、それでご縁ができたよ!大変お世話になりました😂笑

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトでスカウトしてくれたエージェント、良すぎる。 自分が元勤めてた会社へのリクルートとは言え、丁寧に推薦状書くための面談実施。おかげで書類通過🥰その後も面談対策や参考情報送ってくれたり、とにかくきめ細やか。 そりゃ1年に8人も入社させるわな。

    出典:X(旧Twitter)

  • 登録はリクルートダイレクトスカウト GOLDなるもの 6個 一球入魂なるもの 14個 オファーの強さはわからない

    出典:X(旧Twitter)

  • エージェントでお世話になってるのはリクルートエージェントとワークポートです。 サイトはミドルの転職とかリクルートダイレクトスカウトとか案件で良さそうなのあればとりあえず登録して、そこから流れに身を任せてます。ワークポートも流れで登録したけど、使い勝手良くて利用度高いです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 併用すべき転職サービス 1. ダイレクトスカウトサービス 企業から直接のスカウトがくる可能性があるが、基本的にはいわゆるハイクラス向け。ハイクラスまで行かない人には転職エージェントから営業が大量にくるだけだ。 例)ビズリーチ、リクルートダイレクトスカウト 2.転職エージェント ↓続き↓

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトで声をかけてくれたエージェントとオンライン面談。2時間みっちり話し合って今後の進め方と方向性を擦り合わせ。ブランクがあっても年収⤴️が狙えそうとのことでやる気が湧いてきた笑 早速紹介された案件がドイツ企業でご縁を感じた😂

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトとかビズリーチとか、企業から直接オファーが来るものだと思って登録すると、8割転職エージェントからのオファーしか来なくてマジで驚く。 タイトル詐欺の釣り動画みたいな感覚。

    出典:X(旧Twitter)

  • 知り合いの転職エージェントの方に紹介してもらった「リクルートダイレクトスカウト」。登録して間もないが意外とヘッドハンターや企業から連絡が来る。本帰国のタイミングがはっきりしていないのでまだ応募はできないけど、前もって市場の感触を知ることができて少し安心している。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動始めて5日 type ハズレスカウト多い リクルートダイレクトスカウト まぁまあ ビズリーチ(は無償期間のみ)エージェント多いが直も少しある まだエージェント2社と話ししただけだがスカウトで面白い企業が出てくる 本命の会社は来月会社説明会 さて10月末までにどういう結論になるか…

    出典:X(旧Twitter)

  • 最近、リクルートダイレクトスカウトから「スカウト送ってきておいて書類選考」なスカウト来ないなーと思ったらログインしてなかったからだ。 「絶対に応募しない企業リスト」として大変貴重なものなのでログインしておこう。

    出典:X(旧Twitter)

  • コンサルで3年しっかり実績積んでから、ビズリーチでもリクルートダイレクトスカウトでも、東証一部企業からバンバンスカウト来るようになりました。 回り道でも、一度キャリアについて見直してみるのも戦略の一つとしてありだと思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • ハイクラス転職するなら、ビズリーチが有名だが、リクルートが運営している「リクルートダイレクトスカウト」も登録しておこう。転職後の平均年収が950万円なので、800~1200万円くらいは狙える求人が多数ある。ハイクラス特化型転職エージェントの共通点でもあるが、求人数は多くはないので、他社を併用しよう。

    出典:X(旧Twitter)

  • あ、来週面接二つ確定👍 エージェントと毎日話した甲斐があったな。 #転職活動 #リクルートダイレクトスカウト #ビスリーチ ↑使ってます。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトに登録しているけど(世間を知るため)、沢山面談依頼がくる。 どうなんだろ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職が決まってからビズやリクルートダイレクトスカウト経由でスカウトを貰っても開封してませんでしたが、今日のスカウトは思わず開封。 \\\お引き合わせしたい経営者の方がおります/// 恐らく社長面接があるって事を上手く言い換えてそう。 エージェント各社さんも工夫してますね。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトの職歴書更新したら、1日で23のエージェントないし企業からスカウト(営業メール)があった。 サビキか!

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチ→マネジメント経験とかスキルないと渋め リクルートダイレクトスカウト、Doda X→あんま変わらん毎日スカウト届くからわりと選べる

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動の自己PRで「コミュニケーション力」を伝える場合、どのような点に注意すればより効果的なアピールにつなげられるのでしょうか。組織人事コンサルタントの粟野氏に、コミュニケーション力を自己PRで伝える際のポイントや注意点などを伺いました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動で企業に応募書類を郵送する場合、同封する「送付状(添え状)」は必要なのでしょうか。送付状を同封する目的や書き方のポイント、書き方などを解説します。また、テンプレート見本も一緒にご紹介します。

    出典:X(旧Twitter)

  • 応募者の転職回数は、選考にどの程度影響するのでしょうか。今回は、年代別の傾向をご紹介したうえで、転職回数が選考に与える影響や、転職回数が多い場合の転職活動のポイントについて、組織人事コンサルタントの粟野氏に伺いしました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 年収600万円までの方 ✔︎リクルートエージェントもしくはdodaは登録必須。 スタートアップ、ベンチャー転職ならwantedly。 年収600万円以上の方 ✔︎上記エージェントに加えてビズリーチ、リクルートダイレクトスカウトのスカウトタイプを併用。

    出典:X(旧Twitter)

  • 浅井さまから連絡が来るまでは正直、リクルートダイレクトスカウトのDM基本スルーしてたんですが、ご連絡いただいたタイミングと、QAの支援を強みにしているという内容がその時欲しい言葉だったように思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回の転職活動について→→→ リクルートダイレクトスカウトのDMに、BrandingEngineerの浅井さまから「QAの転職支援を強みにしている」といった内容でご連絡があったので是非にと思い浅井さまサポートのもと無事転職先が決まりました🙌

    出典:X(旧Twitter)

  • 外からですが、管理薬剤師やられてる方ならリクルートダイレクトスカウトでもありですよ! ファルマスタッフとかほかの企業のヘッドハンターも声かけてくるのでそっちのほうが楽です😁

    出典:X(旧Twitter)

  • Indeedに気になる案件があったので、それの詳細を見るために何も知らずにリクルートダイレクトスカウトを登録してました…今見たらレベル高い人向けでしたね…

    出典:X(旧Twitter)

  • 私はリクナビNEXTとリクルートダイレクトスカウトに登録して、ダイレクトスカウトでコンタクトしてきたエージェントさんのうち興味あるのだけ聞いてました 結局トントン拍子で内定は得たのですが、条件とかよく考えたらそれほどよくなかったので転職あきらめちゃいました💦

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動無事終了💨 ビズリーチやリクルートダイレクトスカウト経由で4社ほどエージェントさんとコンタクトしトータル16社ほどに応募。 書類通過10/16 1次通過6/8 (2辞退) 最終通過4/5 (1辞退) 大変でしたが良い経験だったかなと。CPACIAなど地道な努力が評価して頂けたので今後も驕らず努力したい🔥

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動をして内定を獲得したものの、転職する決断に迫られると、迷いが生じることもあります。内定を承諾して良いか迷ったとき、どのように対処すればいいのでしょうか。組織人事コンサルタントの粟野氏に伺いました。

    出典:X(旧Twitter)

  • ちなみにリクルートダイレクトスカウトは、年齢制限が厳しい案件しかないので、仲介しているエージェントは無駄を省くために、最初から条件合致以外の応募者は即却下の連絡が来ます。 あと、同じ求人が他の転職サイトに多数あるので、このあたりはどこでも同じかも。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトを通じたスカウトや企業オファーがいきなり増えたんですけど、やっぱり積極的なプロモーション活動のおかげ?とくに登録レジュメは変えていないんですけどね。採用畑で求人数がいきなり増えるとも思えませんし。 

    出典:X(旧Twitter)

  • 会社員の住民税は、基本的に給与から天引きで支払われています。ただし転職する場合、退職月によっては自ら対応する必要があります。退職時に押さえておきたい住民税の手続きと納付方法について詳しく解説します。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動の際に、「複数の転職エージェントに登録してもいいのか」という疑問を抱えている方もいるでしょう。組織人事コンサルタントの粟野氏に、転職エージェントを掛け持ちするメリットやデメリット、複数のエージェントを併用する際の注意点を伺いました。

    出典:X(旧Twitter)

  • ヨガわず 過去一滝のように汗かいた そして面談一本 リクルートダイレクトスカウトから前から気になってた企業からスカウトきた テンション上がるけど冷静に考えよう

    出典:X(旧Twitter)

  • IT営業の職務経歴書の書き方のポイントについてご紹介します。見本のテンプレートも用意していますので、ダウンロードしてご活用ください。

    出典:X(旧Twitter)

  • 特にハイクラス人材ではないけど、 リクルートダイレクトスカウトに 今月登録してみた。今現在、希望しない 仕事も含めて企業から8社スカウト来て 1社に当日中に返信してみたけど1週間以上音沙汰無し。 ビズリーチのプラチナスカウトと 違って面談確約ではないのね😵

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトに登録してみたけど、連絡くるのは人材紹介会社のエージェントからばかり😢 こんな感じ? #リクルートダイレクトスカウト

    出典:X(旧Twitter)

  • 僕はリクルートダイレクトスカウトです! んー、僕は比較的良いご提案頂けてるようには思いますね。。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト、一球入魂みたいなやつが結構来るんだが、これは期待していいやつ? とりあえず、コンサルのスカウトむちゃくちゃ多い。

    出典:X(旧Twitter)

  • 昨日からリクルートダイレクトスカウト登録したけど、ひっきりなしに連絡くるのだが。 歩きながら書いた100文字程度の仕事概要でこんなにくるとは思わなかった

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトに登録してるんだけど、異業種で年収800万の仕事紹介されて、「え、なんで…??」ってなってる

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトとかも使ってて、スカウトメッセージもらうのはありがたいんだけど、同じ県でも遠すぎて無理なのばかり来る、、 希望勤務地と詳細の欄にちゃんと記載してるんだけどな、、

    出典:X(旧Twitter)

  • 中途からだと、実績がないと電力、エネルギー業界は難しそうですからね😔 僕は転職する時は、リクルートダイレクトスカウト使いました!

    出典:X(旧Twitter)

  • CMで見たリクルートダイレクトスカウトとdodaに登録してみたけど、登録後数分で死ぬほどメール来てビビる…なんやこれは…プラチナとかダイヤモンドとかよー分からん… 行きたい会社決めてリクルーター介さず自力で応募する方が良さそう

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトを退会した。 理由は以下のため。 ・希望条件を無視してスカウトを送ってくる企業が多すぎる ・こちらの条件を捻じ曲げてゴリ押してくるヘッドハンターが多すぎる ・スカウトなのに書類選考からスタートという意味不明なフローが許されている

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト サブ利用。様々な転職業者からの声がけがある。 メリット エージェントが、紹介先の企業からの信頼を得ているケースがある。そのエージェントの推薦を獲得できたら選考通過可能性が上がる。 デメリット 明らかに合わない求人を紹介してくるケースなどが散見される。

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチとリクルートダイレクトスカウトに登録。職務経歴書の作成に随分と時間を要した💦 忘れてしまわぬように、経歴の棚卸しは定期的にやっておくべきですね😅 #転職 #サラリーマン #キャリアアップ #市場価値

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウトで毎日20通ぐらいメッセージが届くのだが、これ全部読まんよね。。。 ビズリーチのように、有料メッセージでメッセージ数を少なくしたほうがよいと思うわ。

    出典:X(旧Twitter)

  • リクルートダイレクトスカウト経由で鉄鋼商社からスカウトが来た☺️ 四季報見ると販売先が自分の保有株。情報収集のため受けてみるか。 件名と求人内容が異なっていて大丈夫かと心配になる😅 自動送信なのかな🤔

    出典:X(旧Twitter)

  • ビズリーチやリクルートダイレクトスカウト経由で大手企業ばかりの求人を添付してくるあるエージェントがあるのたが、正直これ釣り求人でしょと思うことがある。で実際に相談に行けばメールに添付した大手企業の求人は紹介してくれないし…

    出典:X(旧Twitter)

(口コミ評価は、体験談投稿フォームで随時募集しています)

出典:公式サイト

リクルートが運営するリクナビNEXT 評判リクルートエージェント 評判記事も合わせてご覧ください。

リクルートダイレクトスカウト以外のおすすめ転職サイト

リクルートダイレクトスカウトは評判も良く業界大手の求人サイトですが、ほかの転職サイトも並行して利用することで、より転職活動を効率的に進めることができます。下記にいくつかハイクラス転職におすすめの転職サイト転職エージェントをご紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチ

口コミ:ビズリーチ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:263,913(2024年5月15日現在)
求人数増減:+2,134(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

ミドルの転職

ミドルの転職

口コミ:ミドルの転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:293,961(2024年5月15日現在)
求人数増減:+40,244(先週比↑up)
【公式サイト】https://mid-tenshoku.com/

JACリクルートメント

JACリクルートメント

口コミ:JACリクルートメント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:12,585(2024年5月15日現在)
求人数増減:-35(先週比↓down)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

マイナビスカウティング

マイナビスカウティング

口コミ:マイナビスカウティング 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:46,255(2024年5月15日現在)
求人数増減:-8,562(先週比↓down)
【公式サイト】https://scouting.mynavi.jp/

エンワールド

エンワールド

口コミ:エンワールド 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:1,023(2024年5月15日現在)
求人数増減:-8(先週比↓down)
【公式サイト】https://www.enworld.com/

クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

口コミ:クライス&カンパニー 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:8,474(2024年5月15日現在)
求人数増減:+72(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.kandc.com/

パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:36,768(2024年5月15日現在)
求人数増減:+560(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

AMBI(アンビ)

AMBI(アンビ)

口コミ:AMBI(アンビ) 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:163,080(2024年5月15日現在)
求人数増減:+11,436(先週比↑up)
【公式サイト】https://en-ambi.com/

よくある質問

リクルートダイレクトスカウトに関するよくある質問と回答をご紹介します。

Q:リクルートダイレクトスカウトに登録したら転職活動していることはバレますか?

A:リクルートダイレクトスカウトには登録していることを特定の企業に知られないようにできる機能がついています。そのため安心して利用することができます。

Q:リクルートダイレクトスカウトは無料で利用できますか?

A:リクルートダイレクトスカウトはすべて無料で利用することができます。リクルートダイレクトスカウトは企業側から採用手数料を受け取る仕組みのため、転職者は無料で利用できます。

Q:今すぐの転職を考えていなくても利用できますか?

A:利用できます。リクルートダイレクトスカウトはスカウト型サービスなので、いい求人があったら転職したいという人にも向いています。タイミングを見て転職したい人にもおすすめです。

Q:リクルートダイレクトスカウトにはどんな求人がありますか?

A:基本的にハイクラス求人がメインです。20代や30代、40代向けのハイクラス求人が掲載されているため、年収やキャリアを上げたい人におすすめです。

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報