【評判】OpenWork(オープンワーク)は実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

OpenWork

OpenWork(オープンワーク)の基本情報とサービス紹介

まずはじめにOpenWork(オープンワーク)の基本情報をご紹介します。

サービス名OpenWork
運営会社オープンワーク株式会社
種類口コミサイト
料金1,000円
口コミ数1,600万件以上
求人数64,674(2024年2月21日現在)
特徴・投稿件数が圧倒的に多い老舗の口コミサイト
・企業文化、強み、女性の働きやすさなど詳細な口コミの閲覧が可能
公式サイトhttps://www.vorkers.com/

OpenWorkの評判

OpenWork』は、元社員の口コミが見られる口コミサイトです。転職会議よりも前から運営されている老舗のサイトでもあり、個人的には転職会議よりも信憑性が高いと思ってます。年収やコメントがリアルに書かれているため、非常に参考になります。

項目はかなり細かく分かれていて、組織風土や給与などについて詳しく書かれています。直近の書き込みも多いので、最近の状況なども把握しやすいです。企業名で検索できるので、志望企業をぜひ検索してみてください。

私がOpenWorkで見ているのは「年収」「社風」そして「社長へのアドバイス」です。ここらへんはかなりリアルなコメントが載っているので、リアルな数字や社風がわかります。転職サイト転職エージェントから教えてもらえる年収は今時点の年収しかわからないため、OpenWorkで入社後の年収の上がり方や社風を調べて参考にしてください。

また、書き込んだ人の年代も表示されるので、同年代からのキャリアやその先の給与なども参考にできます。ただ、上位役職者のコメントなどは少ないので、あくまで現場の意見として参考にすると良いでしょう。

ただし、すべての企業が掲載されているわけではないため、ほかのサイトの口コミも参考にした方がいいです。OpenWork以外でおすすめなのが転職会議です。

転職会議

口コミ:転職会議 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:412,850(2024年2月21日現在)
求人数増減:+2,126(先週比↑up)
【公式サイト】https://jobtalk.jp/

こちらも合わせて見ておくと、より信憑性の高い情報を得ることができます。

口コミがすべてではないですが、転職サイトや転職エージェントの情報だけで十分とは言えないので、リアルな情報にも必ず目を通してください。こうした情報をもとに転職エージェントとやりとりをするほうが情報も引き出しやすくなります。転職前には必ずチェックしておきましょう。

出典:公式サイト

OpenWorkを利用した人の口コミ

OpenWorkを利用した人の声はSNSでも多くあります。SNSで募集して集まったOpenWorkに対する良かった声、悪かった声を掲載しておきます。

  • 最近openworkがスカウトでもなく条件マッチしただけで通知してくるの割と鬱陶しいな

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークの口コミにも「そう思う」ボタンみたいなの欲しい 前職の口コミで、ホントそう!それな!☝っていう意見に同調したい(応募検討してる人に伝えたい)のもあるし、自分が気になる企業で結構キツい口コミがあった時に「それはどの程度の人が感じてたんだろう」の判断ができそうな気がして🤔

    出典:X(旧Twitter)

  • openworkで応募検討してる企業の口コミを見てみたら応募する気が失せること多し。なんでなんまじで。まともな会社どこ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 私ふつうにopenworkで転職したよん✨✨

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークでなんとなくマッキンゼーみた。もはやあんな口コミの文章にも聡明さが溢れていた😂それに比べて私がいた会社は「休日には集まって山登りしている人がいます」とか「異動で遠い職場に配置されたから家庭の事情でやめました」とか。うん、あたしは凡人の凡人。悩むのアホらしい!

    出典:X(旧Twitter)

  • 大学同期2人、openwork 3.0未満の会社に入社 ↓ 2人共3年以内に転職 ↓ 理由は長時間労働、人間関係、勤務地の問題。それだけ問題抱えているのに年収は同業他社より低くて割に合わないと。 ↓ openwork 3.0未満の会社は労働環境、人間関係、年収どれも問題ある説がより強くなった件

    出典:X(旧Twitter)

  • Openwork、たまにありえないぐらい評価高い会社あって、社員に口コミ投稿させてないか?と疑いたくなる会社ある。

    出典:X(旧Twitter)

  • 私もそこそこ転職してるから色々会社調べたり面接受けたりしたけど、小さい会社以外はopenworkとか転職会議とか参考程度に目を通すといいのかも……でも人は悪い部分を言いたがるのでふーん程度で……

    出典:X(旧Twitter)

  • 時間かけたopenworkの口コミが反映されないな ネガティブなこと書いたら反映されないの知ってたからオブラートに書いてんのに。 他社ではネガティヴな内容見たので広告主とかの絡みかもしれんけど。基本ポジ情報しか掲載されないのでポジネガ両方で会社判断したい人には向かないサービスな気がする

    出典:X(旧Twitter)

  • 気になる企業の一次情報仕入れる上で、OpenWork最強過ぎてやばいな。組織体制、新サービスの立ち上がり、従業員目線での強み・弱み等、貴重な情報がめちゃくちゃ落ちてる

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職サイト登録】 転職サイトは複数登録すること。オススメは、❶リクルートやdodaなどの「大量求人型サイト」で業界のトレンドをリサーチ❷JACや業界特化サイトで専門的に対策❸OpenWorkで口コミチェックの順がオススメ。まずは幅広に情報収集して、そこから絞っていくこと。

    出典:X(旧Twitter)

  • 良い求人があったので、メディコやオープンワークで情報を調べたら、ヤバいお局がいて、みんな半年経たずに辞めていく、何十人も見送ったという情報が複数出てきて、口コミに助けられた😱一方的な不服で、雇用者へ理不尽な口コミが書かれるパターンもあるので鵜呑みは危険だけど、今回は信憑性高め。

    出典:X(旧Twitter)

  • 個人的にはopenworkとかの悪いクチコミ、昔はそうだけど今は違うのかなとか、退職者だしバイアス入ってるのかなと思って話半分に受け取ってたけど大体合ってるわ悪いクチコミ

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークとかの企業情報サイト、インフォーマーはあくまでその企業の採用基準で採用され、独自の文化の中に身を置いてきた人間。加えて個々の価値観も当然含まれるから、必ずしも信頼性が高いデータではないことを留意する必要がある。

    出典:X(旧Twitter)

  • Openwork を見てると、「君が評価されてなかっただけでは…」という書き込みをちらほら見かけるのであまり信用してはならないと思うのよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • openworkで弊社の年収に対するコメント見てたら8割以上が「年功序列」って書いてた笑。そのほかの欄もだいたい間違ったことは書いてないから、openwork信頼できそうですわ。

    出典:X(旧Twitter)

  • OpenWorkで投稿した口コミにGood評価がつくとポイントが貰えるの初めて知った🥺このポイントが貯まるのレポート閲覧期間を延長できるので、みんなOpenWorkを見たら積極的にGoodを押すのが良いと思います!(僕の投稿した口コミにもGoodが増えますように🥺)

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークは超参考になるけど、鵜呑みにするのは良くない! 基本的に退職済みの人が多いし、その企業でちゃんと活躍している人は口コミサイトに書いたりするほど暇じゃない+時間あってもそんなことしません、、 参考にはなるけど、それが全て真実ではないから変に信じ込むのは良くない👍

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークに現職のいい口コミばっかりのせて求人情報もしっかり載せてる会社ほど信用出来ないものはない

    出典:X(旧Twitter)

  • #openwork に登録してたら ろくに履歴書登録してないのに 電通、本田技研、アマゾンジャパン の3社からスカウトが来た しかし微妙に業種が違うんだよなぁ WEB系の2Dデザインソフトのスキルあったら応募したかったわ

    出典:X(旧Twitter)

  • Openworkで3.3以下の会社は色々あることが多いな。逆に4.0超えてると高すぎて不安になる。選り好みばかりしてると仕事できなくなるからよくないけど。

    出典:X(旧Twitter)

  • 求人サイトでスカウトメールをくれた会社をOpenworkで調べると悪い評判も色々出てくるので、転職したとしてもまた不満ばかりですぐ転職したくなったら元も子もないのでマジで悩んでる

    出典:X(旧Twitter)

  • 企業研究をする時は中期経営計画とIR資料見ろって言われてるけど恥ずかしながら私は見てもほぼ何も分からなかった。だからワンキャリの志望動機で内定者が何を書いていたか、HPを見てみる、Openworkの強み・弱みを見ることで補ってた。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職ビジネスは現在活気あるのか、CMも多いですからね。賛否両論ありますが、OpenWorkで候補先のネガティブ面を調べるのも情報としては有益かと思います。視野の狭い人の書き込みが目立つのと詳細観るために自社の評価書かされるネガティブ連鎖狙ってるなと感じ個人的には否定寄りですが、参考程度に。

    出典:X(旧Twitter)

  • 手っ取り早くホワイト企業を見つけたいならオープンワークなどの口コミサイトに登録して、興味ある業界で点数順でソートかけるといいですね。 ブラック企業が全くないとは言いませんが、かなり振るい落とせます。 #子会社、#就職、#就活、#転職、#おすすめ、#学歴、#ホワイト企業

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワーク調べるついでに履歴書登録した!企業もわたしもwinwinに違いない〜!

    出典:X(旧Twitter)

  • OpenWorkってクチコミサイトとして非常に便利なんだけど、「社員の民度」って評価項目があったらもっとありがたい...... 中にいるとわかりにくい項目だけど、低い会社は確実にあって、外から見るとほんとによくわかる。

    出典:X(旧Twitter)

  • 『openwork』で読んだことが面接官の話す社風と合致してて、これはマジで使えるサイトだと実感。ネットの書込みなんて信じない方が良いと言われてきたけど参考に確認しておくことは大切だね。ちなみに昔勤めた会社のも見てみたけど、うん、バッチリ当たってる笑

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークや転職会議のチェックはマストとしています🙋

    出典:X(旧Twitter)

  • 断言しますが「 オープンワーク 」に今すぐ登録して下さい。転職ではミスマッチは少しでも抑えたい。このサイトは年収・口コミ件数1600万件で気になる会社の実際に働いた社員の生の声が見れる。これ完全無料というからマジお得。ただ意外と知られていない口コミサイトの注意点をコッソリあそこに....

    出典:X(旧Twitter)

  • openwork見たらBIG4系の会社が月平均残業時間40時間程度で聞いてるよりずっとホワイトなのでは?! それともopenworkのデータは信用にならないのか?!

    出典:X(旧Twitter)

  • Openworkの退職検討理由を眺めまくっているとリアルが見えて面白いすね。まあ同じ会社に居続けたいとは思いません。

    出典:X(旧Twitter)

  • たいして経営陣と対話したわけでもないのに、経営陣が本質的な問題をわかってないとか書けちゃうOpenWorkって2ちゃんと変わらんやん。「言ったもん勝ちの」世相だから、レビュー付きサイトも投稿者の質を担保しないと、信憑性がなくなる。スコアリングを緻密に設計する時期よな。

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワーク経由でスカウトくれるのいいんだけど現年収登録してるのに下回るレンジの会社からのスカウト要らん😇ようして来るな?こいつ給料下がっても応募してくれるやろ〜弊社は魅力あるもんってこと?どんだけ勘違いだよ

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職時の会社の見極め方🔍 悩む部分だけど打てる手はある! ・OpenWork等の口コミサイトを見る ・みん就や5chで社名を検索する ・カジュアル面談で社員と話す ・企業SNSで雰囲気を知る 最後は飛び込む勇気。

    出典:X(旧Twitter)

  • 会社を選ぶのは口コミ確認は絶対必須。 飯食う場所選ぶのに食べログ、Googleマップ必ずみるでしょ? それで口コミ調べない意味が分からない。 OpenWorkはマスト。

    出典:X(旧Twitter)

  • OpenWorkの口コミ、その企業にいたひとはまともな文章が書けるかどうかわかるし、思ったよりカラーが出るので面白い。ただ前に書いたひとに非常に強く引っ張られる傾向があるので、最初にちゃんとした人が書くかどうかの影響かもしれない。

    出典:X(旧Twitter)

  • 3回転職してわかった良い会社の特徴 ・年収800万円以上 ・Openwork評価3.8以上 ・↑の退職検討理由に人間関係が少ない ・大量募集していない ・シェアが高い ・育休産休有給とりやすい 職場や待遇に不満があって今の会社は違うかもと思ったら... おすすめ↓

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークの会社評価のうち、社員の相互尊重のスコアが高いところは、人間関係いい感じです。個人的な経験ですが。

    出典:X(旧Twitter)

  • OpenworkのWeb履歴書に登録したらスカウト(という名の単なる求人)がじゃんじゃん来るけど、必須条件に「フルリモート」「ワークライフバランス最優先」を明記してるのに出社必須とか平均残業時間20時間とかの企業が多くて萎える 元々転職する気ないけど、さらにする気が無くなっていく

    出典:X(旧Twitter)

  • 気になる求人があったので、色々調べていたらこんな時間なってしまった お金払ってでもOpenworkの口コミ見えたのは大きい、魅力的な面も多いけれど将来なりたい姿とは遠い印象 職務を調査した上で、自分と向き合う良い経験になったと思う、忘れないでおこう

    出典:X(旧Twitter)

  • OpenWorkとかの口コミは、ベンチャーだと社員にお願いしたり、退職者にお願いしたりして、めちゃくちゃ良い評価のところあるらしいから本当に気をつけた方が良い。 個人的にはそれは詐欺に近いと思うが。笑 逆に、そこを排除した口コミができると嬉しいな

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職会議やオープンワークに書いてある悪口は大体ガチなので、無料で見られる部分だけでも見ておいた方がいいんですよね。家から近い職場だけでもう3件ほど、「雇用保険未加入が辞めた後に発覚」や「離職票を貰えなかった」などの情報を見つけました。絶対数が少ないくせに割合多くね?

    出典:X(旧Twitter)

  • 最近、けっこう多い「リファラル採用」 友人とか元同僚のツテを使って転職するってヤツですが、なかなか要注意。知り合いからの紹介だと、企業研究が甘くなる。で、全然マッチしてない企業に、勢いで転職しちゃう人が多い。とりあえず「会社HP」と「openwork」は隅々まで見ときましょうね。

    出典:X(旧Twitter)

  • たまにopenworkとかの口コミサイトの年収等を鵜呑みにしてる人がいるけど結局辞めるor辞めた人の評価が中心でその会社に不満を持っているのが基本になる。不満を持っている=待遇に不満、能力不足な人が多く、会社で評価されてない人の意見が多いから待遇面が良い人に比べると偏った意見だよ

    出典:X(旧Twitter)

  • 未経験からのコンサル転職で全く役に立たなかったエージェント2選 ・type転職エージェント ・リクルートエージェント 中立 ・JACリクルートメント 役に立ったエージェント2選+1 ・アンテロープキャリア ・ムービンストラテジックキャリア ・OpenWork直接応募 最強 ・リファラル採用

    出典:X(旧Twitter)

  • あくまでOpenworkの情報だけど、 BIG4シニアアソシエイト(事業会社でいう総合職のちょっと上の階級?)なら残業代込みで年収800万円超えるやん… 現職で総合職のままだと、かなり残業して600万円くらい… ※海外転勤必須 ワークライフバランス重視だけど、BIG4にチャレンジしてみたい気もしてきた。

    出典:X(旧Twitter)

  • あと、就活垢の「社員から聞いた会社の中身や年収情報」系も基本は当てにならない。Openwork見る方がよっぽど正確性高いよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 就活のとき、OpenWork就活会議Yahooしごとカタログライトハウスキャリコネ全部読んだけど、見えてくるものはあったし、おもろかったな。やっぱ高学歴ばっかとってる企業は、書かれる口コミにも知性あるし。

    出典:X(旧Twitter)

  • LinkedInやopenwork経由でやたら某Big4FASのスカウトが届く。1度Big4に入っておけば他のBig4へ移籍するのは簡単なイメージ。日系外資問わず選択肢も広がる。ところでなぜか現Big4のグループ会社まで勧めてくる者も。もう少し職務経歴書見てほしい。魂のこもった仕事をしないエージェントには要注意。

    出典:X(旧Twitter)

  • openworkの口コミって、退職希望者・退職者が書いている事が主だろうから、高評価な口コミが掲載されている可能性は全体的に低いという意識を持った上で、口コミを読み直す必要があるな。(何か闇を見た)

    出典:X(旧Twitter)

  • Openworkの情報は参考になるけど、メディカルの中でもMSLなのかMAなのか、それ以外のメディカル職(資材レビューとかPublicationとか)なのかで業務量は劇的に違うから、その辺りも記載する欄があればめちゃくちゃ役立つ情報になるんやけどな…。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職を検討中の皆さんへ🔍 口コミサイトは強力な情報源!転職会議やOpenWorkなどでのレビューは全てが正確とは限りませんが、企業の内情や社風が垣間見えることも。慎重な検討の一環として積極的に参考にしてみましょう。#転職 #口コミサイト

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークで面白そうな会社からオファー頂いたから話を聞きたいって即ボタン押してしまったけど、リモートもフレックスもないやん〜!固定で19時までっぽいし。残念。

    出典:X(旧Twitter)

  • 企業探しの新しいツールとしてオープンワークはガチでいいかも クチコミの星の数が多い順から受けて行けば良いしね なんなら24卒募集まだしてる所ポツポツあるから見てみるといいよ アプリが使いやすくてオヌヌメ(^ω^) わいも面白そうなところ調べて良さげだったらまた受けてみようかな

    出典:X(旧Twitter)

  • OpenWork(昔のVorkers)をのぞき見し続けたワイの感想。 社員待遇のよさが業績に与える影響は小さい → 稼ぐ仕組みの方がはるかに影響が大きい 大手企業は潰れる時まで社員待遇が切り下がりにくい → 一度上げた待遇は下げにくい ・・・という身もふたもない印象を持った。

    出典:X(旧Twitter)

  • 一方、EDINETは一般職や、定義によっては自分が知りたい年収と乖離する可能性があるので、Openworkやカイシャの評判を必ず併せてみていました。 また、上記2サイトは信頼性が無く、個々人の主観ではなありますが、コメントを20~30ほど読むと大体その会社の傾向がわかります!

    出典:X(旧Twitter)

  • openworkの評価は悪くないけど、外の会社からみたらだいぶクソだなって思うところがあるので中の人はだいぶ毒されている可能性がある。つまりあの指標は一概に数字だけで判断できない。ちゃんと中の内容まで読み込む必要がある。月に50〜60時間くらいしか残業しないのでホワイトです!とかある

    出典:X(旧Twitter)

  • 趣味大事にしたいなら福利厚生とか勤務地を抑えるべし 給料についてはオープンワーク等で他社との比較をするんや 10あったら、福利厚生にどれだけの重みを、給料にどれだけの価値をみたいな感じで自分の欲するものを決めるんや

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職時に気を付けること。~企業調査編~ オープンワークなどで会社情報を調べる人は多いと思うけど、あれを見るときは「その会社に不満があって転職を考えている人」が書いているので、真に受けすぎないように注意してほしい。 クレームと一緒で会社に満足している人の意見は書かれてないよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • なるほど! 今後もし会社に行かれる機会があれば、現場の様子を見るのが一番良いと思います! 後、手っ取り早いのは口コミサイトとかでその会社に対して書かれている内容を確認するとかですかね〜 openwork等のサイトで調べると割と出てきますw

    出典:X(旧Twitter)

  • なかなか難しい問題ですよね。私の推奨している方法は、Openworkや転職会議といった口コミサイトでリサーチすることですね。完全に自分に合うかまでは調べるのは難しいですが、確率をあげることはできると思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • 『口コミサイトを調べる』 社員のリアルな声が聞ける。年収、年間休日、有給休暇のとりやすさなど。オススメは「転職会議」「オープンワーク」で、どちらも無料で使えます。ただ、辞めた人の意見が多いから、参考までに。複数のところから口コミを集めると、信頼度があがる。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【OpenWork】 オススメ度:☆☆☆☆☆ [用途] ◉企業研究 特にオススメなのは[強み・弱み・展望]のところ!第三志望群の企業とかだったら、僕のnoteの「志望動機の作り方」とOpenWorkで30分あれば志望動機が作れる。内定後は、[退職検討理由]をよく読んでおこう。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職で使って有益だったのは リクルートエージェント ビズリーチ Linkedin オープンワーク でした

    出典:X(旧Twitter)

  • openwork等の評価サイトで現職者の投稿が多い会社は疑った方がいい。 普通は現職者が口コミサイトに投稿なんて滅多にしない。 悪評で人が集まらないから、口コミサイトで情報操作して人を集めようとしてる。 被害者が増え続ける前にステマ法規制でどんどん取り締まるべき。

    出典:X(旧Twitter)

  • Openworkの「応募リクエスト」ってやつ、他のサービスのスカウトと違って「ブログ見ました」とか「スライド見ました」とか全く書いてなくて、「採用担当です!よかったら応募してね!」しか言ってこないので、それはうーん

    出典:X(旧Twitter)

  • 他社から求人情報が来た時に心を落ち着かせるマイルーティンとして、その会社のOpenworkの退職検討理由を最初に見るようにしています。あれは割と事実陳列罪してるので「今のままでいいや」となりオススメ。

    出典:X(旧Twitter)

  • openworkの点数3.1の会社から4.4の会社に転職したのですが、トータルすると、まあ、なんかあんまり変わらんな、という印象。色んな意味で。

    出典:X(旧Twitter)

  • 気になっている会社についてエージェントに伝えたら「あ〜、そこは長時間労働なんですよね、、」という返答。 事前にopenworkで把握していた情報と一致してたので答え合わせにはなった。 年配のベテランエージェントだったし信頼できそうだなと感じました🧐

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は死ぬほど会社員の口コミサイト(Openworkとか)見ました! やめた人が書いていることがほとんどなので実際はさほど酷くない所が多いです(今の職場もそうです) ですが社員のリアルが載っていて、書いてあることより悪いことはほぼなさそうなので参考にしていました ご参考までに…!

    出典:X(旧Twitter)

  • 今の私の仕事は、転職活動('ω') 夜勤手当でないかな('ω')← 明日は、午前中また応募書類修正の続きをして 夕方から、オープンワークからお声かけ頂いた 新しいエージェントと面談 有意義な時間になるといいな

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職考えている人の必須アイテム】 ・オープンワークの企業評価 ・indeedの口コミ ・転職会議 ・Google検索で見れる会社の口コミ これらは必ず会員登録しましょう! 口コミも昔の会社とか今の会社のことを書いて、とにかく情報収集。履歴書も登録する。 転職活動は情報戦!

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークさんは 私の履歴書を適当にAIでキーワードだけ読み取って大企業を推してきてるに違いない こんなローキャリアでも あの有名企業に通用するんだ!やった!ってぬか喜びさせるおつもりか? 明日きちんと履歴書 職務経歴書修正しよう 不安でしかないから🫤 #転職活動 #ローキャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 冷静に考えて、私のようなローキャリアが アクセンチュアさんのような大企業に通用するわけでもないのに、オープンワークさんは推してくる。 アクセンチュアさんに迷惑でしょと思いつつも セミナーを受ける機会を頂いたので受けてみた。 英語力がいる。世界が違う。 #アクセンチュア #転職活動

    出典:X(旧Twitter)

  • はじめまして! 私は元々JTC志望で求人を探していて、リクナビ・マイナビ・openworkとリクナビエージェントを使いました!ただ外資も考えるとなるとLinkedIn等も活用した方がいいと思います! 少しでも参考になると嬉しいです☺️ 応援しています🥳🍀

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワーク、参考にするのは良いけど鵜呑みにはできないな。 前職、ボーナス一回出ずand早期退職募集して人員拠点整理までして現在星3以上とか嘘だろってなる

    出典:X(旧Twitter)

  • 色々転職サイトは登録しているけど、私の場合、エージェントのスカウトの量は リクルートダイレクトスカウト(毎日ひっきりなしに来る) >openwork(毎日くる) >>>AMBI(アクセスしたら来る) >>>>ビズリーチ(課金しないとほとんど来ない) という感じ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職先の残業時間は事前に知ることができる。 ✅ 求人サイト ✅ Openworkなど職場の口コミサイト ✅ 面接時に面接官に確認 特に面接時に聞くのはオススメ。 企業側としても入社後に 「こんなに残業多いなんて…」 と辞められちゃうのが一番困るので、正直に話してもらえるはず。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職の際に「ビズリーチ」と「Openwork」を活用していました!💡 こういったAIアプリはどんどん活用していきたいですね😁

    出典:X(旧Twitter)

  • openwork の点数の傾向 •3.00未満 ブラック。環境、年収共に悪 •3.50未満 普通。環境か年収どちらかは そこそこ良い •4.00未満 ホワイト。環境、年収両方 そこそこ良い。 •4.00以上 年収がメチャ高い代わりに 超残業の企業多い。 3.5以上を狙え!! ⚠️部署、上司による影響大

    出典:X(旧Twitter)

  • wantedlyは、副業探すのには良いですが、ベンチャーが多いので、やはりブラック企業の遭遇率も少し高いような、、。 個人的には、国内企業ならdoda、外資ならlinkedin、会社の口コミはopenworkがオススメです🎵 素敵な転職先が見つかりますように♥

    出典:X(旧Twitter)

  • (見逃し厳禁)openworkの評価は参考になるけど以下3点は要確認 •中途の口コミとして評価が高いのか (新卒評価のみ高いことがある) •類似の職責、役職で評価が高いのか (事務ゆったり、営業激務みたいなことがある) •数年後の想定役職で悪い口コミがないか (管理職は激務みたいなことがある)

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職考えている人の必須アイテム ・オープンワークの企業評価 ・indeedの口コミ ・転職会議 これらは必ず会員登録しましょう! 口コミも昔の会社とか今の会社のことを書いて、とにかく情報収集。履歴書も登録する。 転職活動は情報戦!

    出典:X(旧Twitter)

  • Openwork履歴書とか書いてないのに、いきなりスカウト来るようになったんだけど…(ありがた迷惑w) 昔に登録はしたけど、色々見始めたからかな。そこに最適化ぶちこんでるのか、、

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職の時はオープンワークなどの口コミサイトは鵜呑みにするな!あんなの辞めた負け組(退職した人)の言ってることだ! と言っている方がいました。 確かにそうかもしれないけど、心から気になるので 仕事探しの際はなめ回すように隅チェックすると思います🤗

    出典:X(旧Twitter)

  • とりあえずOpenWorkのスコアはまあまあ信用できる。3以下はやめとけ。後悔するぞ(実際今してる)。

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークの口コミ見たくて、WEB履歴書登録して、転職意向は「転職する気無い」にしたら某総コンさんからスカウト飛んできた CMT領域マネ、募集要項見ていくと業界経験ある方mustで数打ってんな〜と思った昨日の昼下がり 経歴を見て弊社の求める人物像にマッチしているなんて言葉には騙 文字数

    出典:X(旧Twitter)

  • 志望企業の調べ方。色々あって迷いますよね?私は転職活動の時、フラットに判断するために良い情報を企業サイトや求人票,面接,転職サイト。悪い情報をOpenWorkなど口コミサイトで調べました。プラスマイナス両面をバランス良く収集。懸念点をエージェントへ確認しながら理解を深めるのがオススメです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職を検討する際は、企業のHPを見るだけでなくopenworkなどの口コミを見ることも大切。口コミで「隠れSES企業」を見分けることは容易です。

    出典:X(旧Twitter)

  • ふくたろうさん なんと! ふくたろうさんもopenwork信じてる派ですか🥹 私もあのサイトはだいぶ推しております✊🏻 社員の口コミなので正しいことが多いですよね〜 リアルが知れるので特にブラック情報は正確な気がします🤣

    出典:X(旧Twitter)

  • Openworkの口コミは 在籍期間:5〜10年 在籍状況:退社済み(2020年以降) 入社:新卒入社 の場合が最も信頼できる。 異論は認める。

    出典:X(旧Twitter)

  • 全く期待しないで登録したパソナの転職サービスが思いのほか良さげ 案件マッチングと書類通過率、今のところ Openwork > ビズリーチ=パソナ > DODA >>>>>リクルートダイレクトスカウト >>>>>>>>>> en転職 て感じ

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワーク登録してると、死ぬほどコンサルからスカウトくるけど、あそこってコンサルの巣窟なの? コンサル興味ないわけじゃないけど、普通に未経験だよ? あ、高い年収で釣っておいて、いざ面接になるとエンジニアポジションは、もっと低い年収になりますっていう、例の一本釣りやるつもりか!

    出典:X(旧Twitter)

  • OpenWorkの自社口コミをチェックはみんなすると思いますが、大企業は部署によって環境が全然違う事を思い知らされますよね 残業時間や女性の働きやすさに感じてなど、正反対の意見が見られることもしばしば 特に大事な気がするのは、5年以上前の口コミはあまり参考にしないこと。 大手企業とは言え、5年もあれば割と雰囲気や制度が変わっていたりします。 コロナ禍の前後ということも大きいです。

    出典:X(旧Twitter)

  • Openwork、ITやコンサル、人材教育系の会社は評価高くなりがちです。基本的に「これから辞める人」が書きますが、「私はここで成長した!成長させてくれる環境がある!」とキラキラ目に書く人が多いため。それ以外の業界も、なんらかのバイアスがかかってるものとして、参考として使いましょう👍

    出典:X(旧Twitter)

  • 今の職場に不満無いし転職したいとも思ってないけど、Openworkから届くスカウト情報だけ毎回チェックしている。Salesforceジャパン、カスタマーサポートみたいな職種でも年収800↑なんだ… ちょっと心動いちゃうよな

    出典:X(旧Twitter)

  • Openworkの評価が高い企業って、変な言い方ですがもう「ばれてる」んですよね、人気企業として。給料が高いのか、働き方が良いのか、憧れのキラキラなのか…。もう「ばれてる」求人は、応募者もたくさんいて大変です。まったり外資はばれてないので、言うなれば隠れた名店的な…(笑)

    出典:X(旧Twitter)

  • コメントを読んでいると意外とそう言うのがあります。あと明らかに他と毛色が違う物とか。たぶん富士通の正社員給与テーブルで年収240万はないと思う。直接きける人がいればそれが一番ですがその人もバイアスもあります。openworkもちゃんと選別すればそこまで間違えではないと思う。結局、どんな情報も鵜吞みにはできない。

    出典:X(旧Twitter)

  • 興味ある仕事なかったら、条件見てほんとにやりたくない仕事以外の仕事選んだらいいと思います!結局嘘ついてることもあるし入ってみないとわからないのでガチャですが…オープンワーク?とかで口コミはしっかり調べたほうがいいです!

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークから「スカウトが届きました!」とかってメールが来た。スカウトと言うからにはポジションや条件が書かれているのだろうと読んでみたら、内容は転職エージェントからの面談依頼だった。 は??????

    出典:X(旧Twitter)

  • 給料高い人がわざわざそんなのに時間使って書き込む訳ないから当たり前っちゃ当たり前だけど、OpenWorkとかに載ってる給与水準、ある程度横並びの日系大企業とかなら参考になるけど、外資だと全然参考にならんな。ほとんど下の方の水準しか載ってない。

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワーク、媒体としてはそれなりに優れているのだけど、運営が行う施策が悉く微妙で、何か残念なのはどうにかならないのかね()

    出典:X(旧Twitter)

  • 志望企業の調べ方。どないしたらええねん!オススメは多角的な情報収集。良い情報を企業サイトや転職エージェントから。悪い情報をOpenWorkなど口コミサイトから。いい面を調べたら悪い面も調べる。後は面接にいけばそこで肌感で判断して、懸念点をエージェント使って潰す。これで解像度だいぶ上がる。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職するときは、openworkとかにちゃんとレビューのある企業を選んだ方がいい。レビューのない企業に入ることは、Amazonでレビューのない商品を買うのと同じぐらい危険。簡単に返品できないしなwww

    出典:X(旧Twitter)

  • そうですね 少数精鋭の経営層で年収高いの当たり前って感じです 平均年齢は高く、人数は数十人程度、新卒採用で入ることはないってイメージだと思います IRの平均年収も金融業界はあえて低く記載されたりするんで、本当にリアルな平均年収知りたいならOpenWorkとかが一番参考になると思います

    出典:X(旧Twitter)

  • openworkで評価が低い大手メーカーってほぼ「給与が低い」「転勤」「年功序列」の3つに集約されてる気がする

    出典:X(旧Twitter)

  • 私は前職を辞めるつもりはなかったんですが、オープンワーク経由で現職から声をかけてもらって突然思い立ち転職しました。前職への不満もさほどなかったので相談するなんて考えもしなかった。報告です、報告。

    出典:X(旧Twitter)

  • 総合コンサル、SNSだと20代で年収1000万越えた!って人もいっぱいみる気がするけど、OpenWorkとかOpenMoney見ると、大体30歳年収800万代とかそんなもんで、弊社より給与水準低いな。部門とか職種とか出世のスピードで給料全然違うということなんだと思うけど。

    出典:X(旧Twitter)

  • 企業研究の仕方5.弱みを把握する 企業の弱みはHPに書いてないし、説明会では聞きにくい。。。 そんな時はopenworkを見てみよう 企業の弱みを細かく書いてある投稿もあります 面接で”弊社の弱みは何ですか?”に対して、弱みを答えてどのようにして解決できるかまで話せるように準備しよう

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークの点数が低かった、コメントが気になった、〇〇業界はブラックだって言ってる人がいる、自分にはこの点が合わないかも、、etc. 必死で選考を受けない理由を探してませんか?今探すべきなのは「選考を受ける理由」です。ファイト!

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークに投稿したクチコミ掲載されなかったし、めっちゃわかる!と思っていいねしたクチコミもいつの間にか消えてたし、それでまた新たな犠牲者が生まれるの許せないよね🥲弊塾に入りたいって相談受けたら全力で止めるよ🥲転職会議はどうなんだろう?事実書いても消される?🥲

    出典:X(旧Twitter)

  • 今回お世話になった転職サイト - wantedly - paiza - openwork watntedlyは企業と直接やりとりで使いやすい、魅力的な企業率が高い。 paizaはスキルチェックが優秀、思った以上に魅力的な企業さん多い。アプローチが多い。少しフローが面倒くさい。 openworkは口コミで企業の内情がわかる。

    出典:X(旧Twitter)

  • 本当に労働が嫌いだから極限まで楽な仕事が良いと思ったからオープンワークの社員口コミでもワークライフバランス一番重要視してたし「キャリアを求めない人にはいい」「やりがいを求めない人にはいい」「まったりと仕事をしたい人に向いている」とかは加点要素だった笑😇

    出典:X(旧Twitter)

  • 企業の調べ方…色々あって迷いますよね?私は転職活動時、フラットに判断するために良い情報を企業のサイトや求人票,面接,転職サイト、悪い情報をOpenWorkなど口コミサイトで調べました。プラスマイナス両面をバランス良く収集し、懸念点をエージェントへ確認しつつ、理解を深めるのがオススメです。

    出典:X(旧Twitter)

  • この時点では、既に面接対策の企業研究やOpenWorkなどでの情報収集はしていますが、このタイミングで改めて一覧にして可視化したうえで比較することにしました。 ご存じのように、最終的に私は外資系企業に決めたわけですが、日系大手の企業とは最後まで悩みました。( 日系大手は福利厚生や休みなど

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動でOpenworkを活用しています。既存/元従業員のレビューコメントを確認することができ、参考にさせていただいています。

    出典:X(旧Twitter)

  • ③口コミサイトを確認する openworkなど、転職者が企業の内部状況を知っている人が口コミを書いているサイトをよく確認しましょう。表向きには明るくて透明性の高い企業という姿勢をとっている企業も、実は社員のことが考えられていないなんてこともあったりします。有給休暇のとりやすさも確認しよう

    出典:X(旧Twitter)

  • よかったじゃん。 現職よりアップ待遇なら行こ行こ。 (一応、転職会議とかオープンワークとかライトハウスとかで退職者のクチコミを確認…ただ退職者は逆恨みもあるので話半分ぐらいで)

    出典:X(旧Twitter)

  • openworkの点数から見る会社の傾向 •3.00未満 ブラック。環境、年収共に悪い •3.50未満 普通。環境か年収どちらかはそこそこ良い •4.00未満 ホワイト。環境、年収両方そこそこ良い。上位1% •4.00以上 コンサルなど高年収だが高負荷なところも。定年まで働きぬく会社ではないところが多め。

    出典:X(旧Twitter)

  • OpenWork、久しぶりに見たら求人応募/スカウト機能がかなり充実してきたわね。口コミ増加の施策は継続するとして企業からのマネタイズにかなり注力してるのが読み取れるわ。 おそらくビズリーチよりも相当安いだろうしダイレクトリクルーティングはビズリーチとの二強時代が来るやもね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動で内定出ても、 オープンワークみたいな会社の評判見てしまって承諾受けるか悩む… さくらがいるのと、大げさに書いてる人がいるかもしれないけど、懸念点に割とみんな同じこと書いてたりするから受けて良いのか悩む… 今の会社懸念してたところが口コミで書かれてた通りだったし。

    出典:X(旧Twitter)

  • いろんな転職情報サイト、転職エージェント、派遣会社を使ってきたけど、一番使いやすいWeb履歴書は、Openworkかも。シンプルで使いやすいし、学歴を2つ以上入力できて、その他の欄が多いから、PCスキルや空白期間も記載できる。なにより、文字数制限がない(?)のか詳細な情報を入力できる。

    出典:X(旧Twitter)

  • openworkで自社の口コミ見てると年収が高い人は高評価、年収が普通以下の人や退職済の人は低評価をつけている感じ。 内容的には同じ社内でも人によって受け取り方や待遇、環境が違うことがよく分かる。 会社の文化よりも上司の性格とかやり方が現れてる気がしますね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 自分でやってるのはOpenworkの口コミを見たり、実際に定時後に足を運んで残業してるかとか見たりしてます。 あとは最終面接とか内定後に実態に関して直で聞いてみてもいいと思います。そこでアラが出るようなら辞退できますし。 転職者が見られる情報って実は限られてて、なかなか大変ですよね💧

    出典:X(旧Twitter)

  • 暇だからいろんな会社のopenworkのクチコミ見てるんだけど、中身抜きでも会社ごとの雰囲気、社員のレベル感がなんとなく伝わってきて面白いな。 ・てにをは ・主語述語の対応 ・誤字脱字 ・句読点の異常な多用(逆に全く使わないのも) ・話し言葉と書き言葉の混在

    出典:X(旧Twitter)

  • 色々悩んだけど、オープンワーク見てこっちの第一志望は決めた クチコミは大事 なんか違和感を感じたらクチコミ見たら確信に変わる 商材が扱いやすいとかも重要だけど、自由度高く仕事が出来るかも重要 がんじがらめだと、モチベ下がる (最後の決め手は営業車がどっちがかっこいいかで決めた)

    出典:X(旧Twitter)

  • ・ビズリーチで、企業スカウトを待つ ・グリーンで、企業概要やインタビュー記事を読む ・オープンワークで、口コミチェック ・Youtubeで、新卒向けの企業分析動画を見る 最近の転職ルーティン〜

    出典:X(旧Twitter)

  • 古巣の口コミが見たくてOpenworkに履歴書登録したら、スカウト?がめっちゃ来るやん。誰にでも送ってんのかもだけど、シンプルに自己肯定感上がる。 フリーで食えなくなったらお頼りしよう。

    出典:X(旧Twitter)

  • どこでも書類は通る~なんていっていたからopenwork(社名と業務名を簡単に入れたものしかない)で適当に応募リクエストきたところに入れていたらこっちは落ちまくった。内容がやっぱりいるのかな?どうせあとから書類くれといってくるかと思いきや。もうここから応募しない!!

    出典:X(旧Twitter)

  • 最終控えてる会社のオープンワーク点数非常に低くてまじで悩んでる。 一緒に働く方は良さげな感じだったけど、面接日とか微妙に指定されてたり、親会社に出向しなきゃだったりで肌に合わないJTCだったらどうしよ。。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動を本格的に始めた。 とりあえず ①Bizreach/Recruit Agentに登録。 ②求人ボックスで居住地(福岡)とTOEIC800以上で絞り込みをかけて、出てきた352件の中からピンときた会社を片っ端からopenworkに入れて、情報収集。面談の申込みをする時に向けて順位付け。 #転職 #35歳から

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークで「待遇の満足度」は高いけど他のスコアが低い会社はオススメ。単に社員のモチベーションが低いだけのケースが多々あり無双できる。普通にブルーオーシャン。

    出典:X(旧Twitter)

  • OpenWorkのスコアはJTCだとそこそこ信用度は高いけど、ベンチャー企業だとポジティブな書き込みが多く、年収めちゃくちゃ低いのスコア3.5以上見ると地雷臭しかしない。

    出典:X(旧Twitter)

  • openworkとかの会社評価のサイトって、匿名性あります!って謳ってるけど。 中小は言わずもがな、大企業でも事業部レベルまで分解すると、中の人から見たら誰が書いたかほぼ特定できてしまうよなと思う😂

    出典:X(旧Twitter)

  • openwork の点数から見た企業の傾向 •3.00未満 ブラック。環境、年収共に悪 •3.50未満 普通。環境か年収どちらかはそこそこ良い •4.00未満 ホワイト。環境、年収両方そこそこ良い。上位1%。 •4.00以上. 超ホワイトが多いが。年収がメチャ高い代わりに超残業の企業も混じっている。…

    出典:X(旧Twitter)

  • openworkは、愚痴みたいなコメントも多いが、事業環境の苦しさを端的に説明した話も散見されて、自分が気づけなかった視点が得られるときもあり、役立つ…

    出典:X(旧Twitter)

  • ↓ 第一志望選考に落ちた。切り替えたいけど切り替えられないときは、「openwork」がお勧め。ほとんどの口コミは辞めた人間の悪口で埋まっているので、落ちた企業の悪口見て切り替えましょう。万が一いいことばかり書いてあったら、それでも人間は辞めるんだなぁと思いましょう。ファイト!

    出典:X(旧Twitter)

  • 大手の年収事情気になるならOpenWorkとか見れば結構妥当な(それなりに正確な)数字書かれてますよね。 小さい会社で書き込み数が少ないと、そもそも不平がある人しか書かないから下振れの傾向にありそうですけど(これは自分の知る範囲だけの話ですが)。

    出典:X(旧Twitter)

  • 何個かエンジニア転職サイト登録しているが、定番のwantedly、green、paiza、エンジニアhubなどを抑えて、openworkにまさかの一番の有用さを感じている。

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークでブラック企業の年収欄見ていて、入社5年目 年収380万とか書いている人が 「成果を出せば給与は青天井、成長できる環境です」とか書いてると、成長してその給与なのか、洗脳されているのかもう意味不明になる。 そういう企業が評点3.5超えてるのであんなの何の参考にもならんよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • ところでみんなオープンワークとかオープンマネーの精度ってどう思う?イメージ感という意味では有益だと思うんだけど、なんかさも会社発表かの如く「この水準です!」って断言調なのが多いのが気になる。外資はそうでもないけど、日系は特に気になる。あれってどこまで信じちゃって良いものなのかね。

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークの口コミ検索はこれまで特定コンプラ系キーワード検索ができなかったので、色々CtrlF頼りだった部分があったのだが、このあたりが口コミ検索可能になるときっちり掴めるという点は改善だと思う。ただ全て真実なのか?が怪しい口コミもあり、真実性との戦いは続く。

    出典:X(旧Twitter)

  • 最終面接行く前に第一志望の企業のクチコミ(退職理由)をオープンワークでみると、その企業の行きたくない理由が見つかって緊張も程よい感じに収まる説ある

    出典:X(旧Twitter)

  • よく見てるのはOpenWork!転職した人・するかもな人が書いてるからぶっちゃけ話が多くておもしろい ただ無料登録だと期限があってめんどいそこは我慢 業務内容は細かく書いてないから他のサイトで企業見つけて興味持ったら口コミサイトで実情調べる感じ!

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職活動でやって良かったこと】 ✔︎オープンワークの口コミ確認 求人票では残業が20時間と書かれているものの、口コミをみると案外そうでなさそうな会社はわりとありました🫥 口コミの全てを鵜呑みにするのは良くないですが、傾向を知るにはとても参考になります。 #転職活動 #転職 #残業

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職後2.3.5年の給与や昇進の有無が自分の意向と合致しているかは重要な要素ですね! ・OpenWorkでの事前リサーチ ・転職先で働いている人にヒアリング(ができれば一番良いです) 転職時のスポットでの年収も大事ですが、実際に入った後の実情をつかむことも大切です。 ご参考になれば嬉しいです

    出典:X(旧Twitter)

  • ⑤企業研究(1月下旬) 下記9社に応募したので、ホームページや転職サイト(Openwork)を参照し企業研究を行なった。 特に企業理念、会社の強み・弱み、求める人材像は徹底的に研究した。これは恋愛に近い。 外資系コンサルティングファーム4社 日系コンサルティングファーム2社

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークの評判は、 本当にそのまま同じ不満持つから 見ておいた方が良いです。 ちなみに、弊社オープンワークで上位5%に入ります。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職時に応募する企業の情報を見たければ、OpenWorkや転職会議に登録しましょう。 実際に働いている人、働いていた人の客観的な情報を見ることが可能です。 あわせて『就職四季報』で離職率を調べましょう。 ブラック企業の離職率はおよそ20~30%と言われています。 #退職代行 #仕事辞めたい

    出典:X(旧Twitter)

  • オープンワークを見ると、コンサルでは口コミの中で経営者への提言が占める割合が多い。対してメーカーはその割合が少ない。 オープンワーク、いろんな見方ができて面白いな。

    出典:X(旧Twitter)

出典:公式サイト

OpenWorkと合わせて登録すべきサイト

OpenWorkだけではなく、ほかの口コミサイトも並行して利用することで、より転職活動を効率的に進めることができます。下記にいくつか口コミサイトをご紹介します。

ミイダス

ミイダス

口コミ:ミイダス 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
口コミ社数:424,950社(2024年2月21日現在)
【公式サイト】https://miidas.jp/

ライトハウス

ライトハウス

口コミ:ライトハウス 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
口コミ社数:377,918社(2024年2月21日現在)
【公式サイト】https://en-hyouban.com/

JobQ(ジョブキュー)

JobQ(ジョブキュー)

口コミ:JobQ(ジョブキュー) 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://job-q.me/

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報