【看護師転職エージェント】おすすめ比較ランキング10選|転職の専門家が特徴や評判を解説

どの看護師転職エージェントを使えばよいか悩んでいる看護師の方は多いと思います。転職エージェントだけでも数多くあり、大手転職サイトの求人数は10万件を超える求人が掲載されており、どれが自分に合っているかがわかりにくいからです。

本記事では、看護師に特化しているおすすめ転職エージェントの選び方、看護師転職エージェントを使うメリット・デメリットについて解説します。

転職活動をしている看護師や転職を考えている看護師のみなさんの参考になれば幸いです。

結論!看護師転職エージェントおすすめ2選

すべての看護師転職者におすすめの転職エージェントは下記の2つです。

■ サポートを手厚く受けたい
『ナース人材バンク』

■ いろいろな求人を見て転職したい
『マイナビ看護師』

看護師転職エージェントにはそれぞれ特徴があるので、おすすめの転職エージェントは人によって異なります。しかし、多くの転職者が利用しているのが上記2つの転職エージェントです。

どんな求人を探したいのか、どんな業界に属しているのかによって活用する転職エージェントは変わってきますが、本記事では転職アンテナを利用した約30万人の転職者のデータをもとに、おすすめの転職エージェントを10社選びました。口コミと合わせて参考にしてみてください。

目次

本記事は、転職の専門家であるmotoが、おすすめの転職エージェントを比較・ランキング形式でご紹介しています。

転職を考えている人やキャリアに悩んでいる人、どの転職エージェントを使うか迷っている人は参考にしてみてください。

【転職の専門家】motoについて

moto

戸塚俊介。moto株式会社代表取締役。リクルートマイナビなど7社へ転職。転職経験やキャリアに関する発信がForbes日経ビジネスに取り上げられ、Twitterフォロワー数は12万人超。著書に『転職と副業のかけ算』『WORK』。詳細はプロフィールをご覧ください。

看護師転職エージェントおすすめランキング

看護師転職でおすすめの転職エージェントをご紹介します。看護師の転職では、複数の看護師転職エージェントに登録することをおすすめしています。下記の中から、気になった看護師転職エージェントに登録してみてください。

【看護師転職エージェント】おすすめ比較ランキング10選
看護roo! 病院掲載数が業界最大級。質の高い厳選された求人を掲載
レバウェル看護(旧看護のお仕事) 施設の雰囲気や職場環境、辞めた人の転職理由などの情報が的確
ナース人材バンク 地域専任キャリアアドバイザーから転職サポートを受けられる
マイナビ看護師 病院のほか一般企業や美容クリニックなど幅広い求人を掲載
医療ワーカー 医療機関のほか介護関連施設やクリニックの求人が多い
ナースではたらこ 逆指名求人で求人の募集状況や条件を確認できる
ジョブメドレー 医療・介護業界の求人が豊富な転職エージェント
パソナメディカル キャリア相談以外にマナー研修なども受けられる
看護プロ 在籍者ヒアリングによる内部情報が閲覧可能
キララサポート看護 常勤・非常勤、派遣など幅広い雇用・勤務体系に対応

1:看護roo!

看護roo!

口コミ:看護roo! 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:63,309(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://www.kango-roo.com/career/

看護roo!』は東証プライム上場企業の株式会社クイックが運営する看護師向け転職エージェントです。看護師の利用満足度も96.3%とほかの転職エージェントと比較して高いのが特徴です。

病院の掲載数は業界最大級で、求人数は約5万件以上あります。月給42万円以上、年休130日以上など、質の高い厳選された求人が掲載されているのでおすすめです。

オンラインで登録を行ったあと、電話やオンライン面談を通じて条件を伝えるだけで、病院の求人を紹介してくれます。実際に転職していった人の話などを聞くことができるので、安心して転職活動をしたい人におすすめです。

出典:公式サイト

看護roo!の口コミ評価

  • 33歳・女性
    新卒で入職した病院で10年以上働いてきました。しかし人間関係に少なからず不安を感じていたので、友人が使っていた看護ルーを利用して転職活動しました。利用してみた印象は、私のことを最優先に考えて親切にサポートしてくれました。

  • 担当アドバイザーさんはとても話しやすい方で、希望した条件の中で職場環境の良い求人を探してくれました。転職は人生でとても大きな局面なので、それを理解して応援してくれるのは心強いものでした。願った通りの職場で働くことができて満足しています。

  • 26歳・女性
    初めての転職で資料請求などしていましたが、思うように進まなかった際に、先輩から転職サイトに登録した方がいいと薦められて看護ルーに登録しました。自分の希望条件に合う求人を出していただいたのですが、いくつか断られてしまいました。

  • 担当の方から条件内で他の求人もいくつか紹介いただけたので、続けることが出来ました。自分一人でやっていたら、落ちた段階で辞めてしまっていたと思います。口コミで不満を言っている人もいましたが、私は利用してよかったです。

2:レバウェル看護(旧看護のお仕事)

レバウェル看護(旧看護のお仕事)

口コミ:レバウェル看護(旧看護のお仕事) 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:140,157(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://kango-oshigoto.jp/

レバウェル看護(旧看護のお仕事)』は国内トップクラスの看護師専門転職エージェントです。非公開求人を含む約12万件の求人数を保有

しているため、自分に合った転職先を探すことができます。

レバウェル看護のキャリアコンサルタントは、年間4,000回以上の病院や施設訪問を行っており、現場のリアルな情報を詳細にわたって把握しています。そのため、施設の雰囲気や職場環境、辞めた人の転職理由など、あなたが知りたい情報を的確かつ細かく教えてくれます。

求人情報をLINEやメールで受け取ることもできるので、隙間時間に求人などを見ることができる点もおすすめです。

出典:公式サイト

レバウェル看護(旧看護のお仕事)の口コミ評価

  • 33歳・女性
    総合病院に勤めておりましたが、深夜勤の回数が多く身体的な面を考慮して、別の病院を探すためにいくつか転職サイトに登録しました。最終的には、看護のお仕事で決定しました。

  • 条件的に納得できる求人をいくつも紹介いただけましたし、面接に臨む前の事前準備など細かいアドバイスもいただけました。

  • 35歳・女性
    結婚を機に家庭と仕事を両立できる職場を希望して転職をしました。今までは県立病院に勤めていましたが、とにかく多忙だったので、もう少し落ち着いて働ける職場を希望しました。

  • ナース人材バンクで自宅から通える個人医院を2、3紹介いただけました。収入面は少し下がりましたが希望通り勤務時間が安定していて、子育てをしながら働いている人も多くいました。長く働ける職場に転職できて、大変満足しています。

3:ナース人材バンク

ナース人材バンク

口コミ:ナース人材バンク 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:203,951(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンク』は、年間10万人以上の看護師が利用する転職エージェントです。登録者数が多いだけなく、利用者の約97%が満足している評判の良い転職エージェントです。

全国に13拠点を持っているため、地域専任のキャリアアドバイザーから転職のサポートを受けることができます。地域の医療機関について熟知しているため、UターンやJターン、Iターン転職にも使うことができるのも特徴です。

求人数は約20万と看護師転職エージェントの中では最大級の求人を保有しています。各都道府県ごとに1,000件以上の求人情報を掲載しているため、地方の転職にもおすすめです。

キャリアアドバイザーが専任でつき、給与や勤務条件、入職時期の交渉なども行ってくれるため、忙しい人にもおすすめの転職エージェントです。

出典:公式サイト

ナース人材バンクの口コミ評価

  • 41歳・女性
    総合病院の内科勤務から、精神科の病院に転職しました。転職理由は多忙な労働環境に年齢的な限界を感じてしまったためです。ちょうど看護学校からの友人がナース人材バンクを利用して転職したばかりだったので、紹介してもらいました。

  • 仕事内容が異なるので紹介されたときは少し不安でしたが、専門のキャリアアドバイザーさんに実際の職務についても細かく教えてもらうことができました。安心して転職活動を進めることが出来たので、とても頼りになる転職サービスだったと思います。

  • 34歳・女性
    総合病院に勤めていましたが、残業時間が長く人間関係にも嫌気がさしていたので転職を決意しました。看護師専門の転職サイトに登録したところ、すぐに希望条件をヒアリングしてもらい、私の条件に当てはまる求人をいくつも紹介頂けました。

  • 労働環境が改善されれば給料が下がっても仕方ないと思っていましたが、紹介求人の中には80万円高いオファーもあって驚きました。面接時のアドバイスもかなり丁寧にしていただいたので、問題なく済みました。環境が変わって年収も上げられたので言うことなしです。

4:マイナビ看護師

マイナビ看護師

口コミ:マイナビ看護師 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:45,847(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師』は、大手人材紹介会社の株式会社マイナビが運営する看護師に特化した転職エージェントです。最近では波留さんが出演するCMも話題になりました。

病院の求人だけでなく、一般企業や美容クリニック、トラベルナースなど幅広い求人が掲載されているため、他の転職エージェントでは出会えない求人を見つけることができます。

キャリアアドバイザーから無料で履歴書の書き方や面接対策、退職交渉などのサポートを受けることができます。マイナビ看護師の特徴は、キャリアアドバイザーが職場の雰囲気や人員体制、働いている人の口コミなど、求職者の方が調べにくい情報なども教えてくれるため、初めて転職する看護師におすすめです。

出典:公式サイト

マイナビ看護の口コミ評価

  • 24歳・女性
    家族の事情で急遽関東から関西に引っ越ししなければならず、転職先を探していました。急性期に関わっていましたが、転職しても集中治療部で働きたいと考えていました。専門分野で求人を探すのは苦労するかと思いましたが、マイナビでは希望の仕事をいくつか紹介いただけました。

  • 少ない求人から探すより、いくつか候補がある中から検討したほうが条件面でも比較できるので、大手のマイナビ看護師を使って正解でした。

5位:医療ワーカー

医療ワーカー

口コミ:医療ワーカー 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:59,471(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://iryouworker.com/

医療ワーカー』は看護師に特化した転職エージェントです。全国31拠点に事業所があるため、大都市圏だけではなく、地方の転職もサポートしてくれます。

医療ワーカーの求人は、医療機関よりも介護関連施設やクリニックの求人が多いため、介護関連施設やクリニックへの転職を考えている看護師の方におすすめです。

また、短期間のみ勤務する応援看護師や夜勤専従、パート・アルバイト・派遣の求人も掲載されているため、雇用形態や働き方で転職先を選ぶことも可能です。

非公開求人も豊富に取り扱っており、地方の転職であっても対面でのヒアリングや面接同行など、転職サポートを受けられる点もおすすめできるポイントです。

出典:公式サイト

医療ワーカーの口コミ評価

  • 32歳・女性
    子育て環境が整っている職場を希望して転職活動しました。いくつかサイトを見てまわりましたが、一番コミュニケーションが取りやすいと感じた医療ワーカーさんを利用することにしました。転職自体は初めてでしたが、要望通り託児所付きの病院の面接を手配していただきました。

  • 私が不安がっていると、面接を受ける病院の特徴や逆質問のアドバイスなど、事前にいただけたので心強かったです。無事転職できました。

  • 31歳・女性
    准看護師として同じ病院で約10年勤務しましたが、将来に漠然と不安を感じるようになり「医療ワーカー」を使って転職活動をしました。口コミでは「無理に転職を進めてくる」といった悪い評価も見かけましたが、私を担当していただいた方はそんなことはなかったです。

  • 希望条件の範囲内で仕事を紹介してもらえましたし、特に問題はありませんでした。今度また転職を考えた際には、利用させてもらおうと思ってます。

6位:ナースではたらこ

ナースではたらこ

口コミ:ナースではたらこ 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:97,293(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://iryo-de-hatarako.net/

ナースではたらこ』は「はたらこねっと」や「バイトル」などを展開しているディップ株式会社の看護師専門の転職エージェントです。

「ナースではたらこ」の特徴は「逆指名求人」です。逆指名求人は、自分が気になる病院で求人が募集されていない場合、専任のキャリアアドバイザーが求人の募集状況や条件を確認してくれるシステムです。

こちらから自分が気になっている病院を指名できるので「あの病院で働いてみたい」という看護師の方におすすめです。

問い合わせは24時間フリーダイヤルで受付しているので、夜勤やシフトが不規則な人でもいつでも利用できます。

出典:公式サイト

ナースではたらこの口コミ評価

  • 27歳・女性
    子育てをしながら転職活動をしていました。子供がぐずったりして電話に出られない時はメールで対応していただいたり、急かすような電話対応をされることがなかったので、負担に感じることなく利用できました。私の時は、とても対応が丁寧だった印象を受けました。

  • 31歳・女性
    いろいろな意見を見かけますが、私の出した転職条件に見合う病院をスピーディに提案いただけたので、私はスムーズに転職することができました。可能性を広げるということもあるのかもしれませんが、確かに希望しない求人も提案を受けることはありました。

  • もしかしたら、そればかり提案されるとマイナスなイメージを持っていたかなと思います。担当者の方自体は親切なので、その改善はしてもらえるといいなと思いました。

7位:ジョブメドレー

ジョブメドレー

口コミ:ジョブメドレー 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:39,108(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://job-medley.com/

ジョブメドレー』は、医療・介護業界の求人が豊富な看護師転職エージェントです。

求人数は3万件とやや少ないですが、会員登録をしておくことで自分に合った求人を受け取ったり、病院からスカウトを受けたりすることができます。

ジョブメドレー看護は、ほかの転職エージェントと比較してスカウト機能が充実しているので、自分で求人を探さなくても転職活動を進めることができます。

また、メールだけでなくLINEでも求人を受け取ることができるため、休憩時間や移動時間を使って転職活動できる点もおすすめです。

出典:公式サイト

ジョブメドレーの口コミ評価

  • 33歳・女性
    何度か利用していますが、いつもスムーズに職場が見つかるので助かっています。ジョブメドレーさんは写真掲載も多くあって応募する際にイメージもしやすく、システム的にも利用しやすいと思います。看護職を探している方は一度、転職依頼してみると良いのではないでしょうか。

  • 25歳・女性
    資格がなくても働ける求人が多く揃っているので職場を探しやすく、企業様との連絡もしやすいです!サイトも見やすいですし、担当者の方に心良くしてもらい、スムーズに面接や見学、採用までいただくことができました。

  • また転職活動をすることがありましたら、その際も是非お世話になろうと思っています!

8位:パソナメディカル

パソナメディカル

口コミ:パソナメディカル 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:581(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://nr.pasonamedical.com/

パソナメディカル』は、大手人材紹介会社の株式会社パソナが運営している転職エージェントです。

パソナメディカルはキャリアアドバイザーによる転職サポートを無料で受けることができます。キャリア相談や求人紹介、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策などを専門のアドバイザーが行ってくれるため、初めて転職する人にもおすすめです。

登録しておくと、無料でeラーニングやマナー研修、セミナーなどを受けることもできるので、トータルでサポートしてほしい人におすすめの転職エージェントです。

出典:公式サイト

パソナメディカルの口コミ評価

  • 30歳・女性
    近くにパソナメディカルさんは無かったのですが、Web面談でも可能ということで利用しました。今の時代難しいかもしれませんが、直接会ってお話したいという気持ちあるので、大変かとは思いますが出張サービスなどあればいいなと思いました。

  • エージェントの方の対応は素晴らしかったので、問題ありません。

  • 26歳・女性
    友人から看護ならパソナメディカルさんがいいよと薦められて登録しました。エージェントはいくつか利用していたのですが、その中でもとても物腰が柔らかく、困っていることや迷っていることに対して、全く悩むことなく即答でアドバイスしてくれました。

  • 妥協せず、諦めずに私が希望した求人を探してくださったことへ本当に感謝しています。本当に良いエージェントさんに巡り合うことができて、転職先が決まったときは泣きそうになってしまいました(笑)

9位:看護プロ

看護プロ

口コミ:看護プロ 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:8,139(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://www.kango-pro.jp/

看護プロ』は、株式会社ローザスが運営する看護師向け転職エージェントで、主に関東、東海、中部エリアを中心にサービス展開しています。

看護プロでは、病院や施設に在籍中、または過去に在籍していた方にヒアリングを実施し、内部情報・クチコミ情報を収集しているため、入職前に知りたい情報を見ることができます。

関東、東海、中部エリアで転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。

出典:公式サイト

看護プロの口コミ評価

  • 33歳・女性
    はじめて利用しましたが、特に不満はありませんでした。面接や履歴書の書き方についてのアドバイスがとても丁寧でした。今までの経歴を考慮した求人を紹介いただいたので、希望する求人が見つかってよかったです。

  • 25歳・女性
    他では見ない看護求人がありますが、数は正直多いとは言えないと思います。大手エージェントで見ない求人があるので、併用して使うのが自分の希望範囲をカバーできておすすめです。また看護プロさんは病院や施設で実際に働いている看護師の声を収集されています。

  • 希望する求人先の内部事情を事前に聞くことができるのは、良いと思いました。入職後も半年間サポートしてもらえますし、転職が終わったから終わりということがないのも看護プロさんを利用するのにおすすめしたいポイントです。

10位:キララサポート看護

キララサポート看護

口コミ:キララサポート看護 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:5,335(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://kirara-support.jp/kango

キララサポート看護』は、保育・介護・看護業界を中心とした人材紹介・人材派遣を行う株式会社モード・プランニング・ジャパンが運営する転職エージェントです。

看護業界に詳しいキャリアアドバイザーが、キャリア相談や書類の添削、面接・選考対策、給与や入職日などの条件交渉までしっかりフォローしてくれるため、初めて転職活動する人でも安心して利用できます。

保育園を運営してきたノウハウを活かし、常勤・非常勤だけでなく、派遣で働きたい方のサポートも充実しているため、幅広い雇用・勤務体系に対応できる転職エージェントです。

出典:公式サイト

キララサポート看護の口コミ評価

  • 29歳・女性
    自分の希望に合った求人を紹介してくれます。また、自分の経験やキャリアを見てより柔軟に選択肢を与えていただける印象を受けました。診療放射線技師として活躍する可能性を見てみるなど、私の中で今後のキャリアの幅が広がる選択肢を検討することができました。

  • 転職後もカウンセリングをしてくれた点は素晴らしく、サポートがとても良いと思いました。

  • 24歳・女性
    都内で働きたいと思い、利用しました。Web面談で対応いただき、Web面接でも可能な求人を中心に紹介していただけました。ただ、地方求人の数はそこまで多くないので、地方で働きたいという人には向かないと思います…。

  • 転職先について正直にアドバイスをもらえたおかげで、自分の希望にあった病院で働くことができました。給与面でも理想的な病院に決まったのでとても感謝してます。

看護師から他職種への転職におすすめの転職エージェント

「看護師以外の仕事に転職したい」「一般企業で看護師の経験を活かしたい」など、他の職種への転職を考えてる看護師の人ために、一般の転職エージェントを紹介します。

他職種への転職に迷っている看護師の人は、転職エージェントに登録してキャリア相談をしてみることをおすすめします。

1:doda 転職エージェント

doda

口コミ:doda 転職サイト 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:170,113(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://doda.jp/

看護師からほかの職種への転職におすすめの転職エージェントが『doda』。

看護師からの転職で好評なのが、dodaのサイト内にある「年収査定」です。簡単な情報を入力するだけであなたの適正年収がわかるというものなので、次のキャリアにおける年収の目安を知りたい看護師の人は活用してみてください。

年収査定

dodaは他社と比較しても求人数が多く、看護師からの転職にも利用する人も多くいます。登録して間違いのない転職エージェントなので、ぜひ登録しておくことをおすすめします。

出典:公式サイト

2:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:312,595(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

看護師からほかの職種への転職におすすめの転職エージェント2つ目は『リクルートエージェント』。

リクルートが公開しているデータでは、リクルートエージェント経由の転職者の約60%が年収を上げて転職している実績があります。看護師からの転職では年収が下がることもあるため、リクルートエージェントを利用することで年収アップが期待できます。

リクルートエージェントはシステムが使いやすく、企業との面談日程の調整などもしやすいのが特徴です。土日でも対応してくれるので、現職が忙しい看護師にもおすすめです。

出典:公式サイト

3:パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:38,072(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

看護師からほかの職種への転職におすすめの転職エージェントが『パソナキャリア』。

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査で「転職エージェント部門4年連続1位」を獲得しているユーザー満足度の高い転職エージェントです。

満足度が高い理由は、丁寧なカウンセリングです。しっかりと面談で話を聞いた上で求人を提案、マッチングしてくれます。看護師からほかの職種への転職でもきちんと相談に乗ってくれます。

パソナキャリアは、業界ごとや職種ごとに専門のキャリアアドバイザーが担当してくれるので、自分に合ったサポートを受けられるのが特徴です。求人も比較的豊富にあります。人材業界大手なので、初めて転職する看護師の人にもおすすめです。

出典:公式サイト

一般転職については【転職エージェント】おすすめ比較ランキング15選も合わせてご覧ください。

看護師転職エージェントを利用する上での知識

看護師転職エージェントの特徴、登録の流れ、使い方についてご説明します。

転職エージェントとは

看護師転職エージェントとは、専任のキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが、自分に合った求人を送ってくれる転職サービスです。一例だとレバウェル看護やナースではたらこ、キララサポート看護などが看護師転職エージェントにあたります。

自分で求人を探す転職サイトとは違い、おすすめの求人や応募書類の準備、面接対策、推薦文や入社までフォローをしてくれるので、効率的に転職活動をすることができます。

転職サイトから応募するのも良いですが、転職エージェントも活用して、推薦文などをつけてもらったほうが、書類選考を通過する企業のレベルや年収は上がる可能性が高いです。

看護師転職エージェントは会社というより人次第なので「この担当者は合わなそうだ」というエージェントに会ったら、すぐにほかの転職エージェントに切り替えてください。経験上、時間の無駄でしかないです。

ネットの口コミでは「転職エージェントよりも、企業HPから直接応募したほうが受かりやすい」という話も目にしますが、私の経験上、企業HPからの直接応募であっても、転職エージェントでも「採用されるかどうか」は経歴の中身次第なので、通過率は変わらないのが現実です。

なので、私の転職経験の中では転職エージェントを活用したほうが書類の通過率は上がりました(企業HPの応募は返事が遅かったり、募集が終わっていたりすることが多かったです)。

看護師転職エージェントは無料で使える

まず始めに、看護師転職エージェントは完全無料で利用できます。

転職エージェントは、転職希望者と企業の間で雇用契約が結ばれると、利益を得ることができ「あなたの転職後の年収の30~40%ほど」の報酬を受け取ることができるため、転職者からお金を取ることはありません。

看護師転職エージェントは安心して無料で利用することができます。

看護師転職エージェントの仕組みについて

看護師転職エージェントは、企業から採用条件を確認し、求人情報としてデータにします。そしてこのデータをもとに求職者の希望条件にマッチした求人を転職者に紹介することで、転職活動のサポートをしています。

リクルートエージェントの仕組み

画像出典:リクルートエージェント公式サイト

採用企業と転職者をキャリアアドバイザーがマッチングすることで成り立っているのが、転職エージェントの仕組みです。

看護師転職エージェントはミスマッチが少ない

看護師転職エージェントもビジネスとしてやっているので、それぞれにノルマがあります。ノルマ達成のために無理やり転職をさせてくるかも…と感じてしまうかもしれませんが、転職エージェントは無理やり転職させたりはしません。

転職を焦らせたり、無理やりにでも転職をさせることはミスマッチにつながり、高確率で早期離職してしまいます。早期離職が発生すると、転職エージェントは企業側に返金(リファウンド)を行う契約を企業と結んでいます。

そのため、返金を防ぐために「いろいろ求人を見てみたけど転職をしたくない」「転職活動を進めたけど、最終的に現職の会社に残ろうと思う」という人に対して無理やり転職をさせるということは基本的には少ないです。

また、労働局も転職エージェントに対して、入社から6カ月以内の早期離職が出た場合は報告するように指導しており、強引な転職を勧めてくるエージェントは自然と淘汰されるようになっています。

そのためミスマッチの少ない求人を勧めてくるため、安心して転職エージェントを利用してください。

看護師転職エージェントが提供するサービス

看護師転職エージェントに登録をすると、キャリア相談(転職相談)、履歴書や職務経歴書の添削など内定率が上がるサポートを受けられるだけでなく、面倒くさい面接の日程調整や伝えづらい年収交渉までも、あなたの代わりに行ってくれるのです。

具体的には、看護師転職エージェントのサービスは以下の6つです。

転職エージェントのサービス

特に、看護師転職エージェントのサービスの中で最大のメリットとしては、看護師転職エージェントが保有している「非公開求人」だと言えるでしょう。

※非公開求人とは、企業の採用ページや看護師転職エージェント、ハローワークでは掲載されていない条件の求人のことを言います。また比較的条件が良い求人が多いのも特徴です。

看護師転職エージェントと転職サイトの違い

看護師転職エージェントと転職サイトの違いは、「非公開求人」「専任の転職エージェントのサポート」が主な違いです。

  転職エージェント 転職サイト
求人情報 転職サイトにはない“非公開求人”にも応募ができる 非公開求人は確認できないが、求人数は多い
情報収集 専任の転職エージェントが企業の内部情報や面接官の特徴など転職に必要な情報を提供してくれる 転職サイトに掲載されている求人情報だけを頼りに情報収集をしていく必要がある
転職相談

専任エージェントのアドバイスを受け、市場価値やキャリアの発見ができる なし
書類選考対策 専任エージェントから職務経歴書・履歴書のポイントや通過率をアップさせるノウハウを教えてもらえる 転職サイトには職務経歴書や履歴書のサポートツールもあるが、客観的なアドバイスはもらえない
面接対策 専任エージェント次第で模擬面接を行ってくれ、企業別に面接対策を行える なし
調整 専任エージェントが面接日程の調整や入社時期の調整を行ってくれる なし
年収交渉 専任エージェントに年収交渉を依頼できる なし
料金 無料 無料

このように違いを見ていくと、看護師転職エージェントは「非公開求人」に応募できること、専任エージェントから転職に関するすべてのサポートを完全無料で受けることができるため、転職を行うにあたって力強い味方となってくれるでしょう。

看護師転職サイトについてはこちらで詳細書いています。

看護師転職エージェントの利用の流れ

上記でも述べたように、気になる求人があるときは看護師転職エージェントを併用して応募してみてください。

看護師転職エージェントの登録の流れは大きく5つです。

転職エージェントの登録の流れ

【転職エージェントの登録の流れ】
STEP1.  転職エージェントに登録する
STEP2.  面談・カウンセリングを受ける
STEP3.  希望する求人の紹介を受ける
STEP4.  書類添削・面接対策
STEP5.  企業との面接・内定

STEP1:看護師転職エージェントに登録する

まずはじめに、本記事でおすすめしている看護師転職エージェントに登録します。登録するとすぐに「面談のご案内」という連絡がメールや電話で届きます。

メールには担当者との面談の日時調整を行うように書かれているので、転職エージェントの担当者と面談の日程を調整してください。面談は転職エージェントとの面談なので、気軽に受けてください。

STEP2:面談・カウンセリングを受ける

エージェントとの面談は、オンラインか電話、または対面で行います。

担当エージェントと会話をする中で「なぜ転職するのか」「どのような求人が希望か」「どんなキャリアにしたいか」など、ざっくばらんにキャリアについて話をするだけです。

転職エージェントはこの会話をもとにあなたに合った求人を紹介してくれるので、取り繕わずに、思ったことをそのまま伝えてみてください。ここでのコミュニケーションがズレてしまうと、紹介してもらえる求人に満足できなくなる可能性があるので、素直に伝えることを心掛けてください。

転職エージェントとの面談は約1時間程度で、専任のエージェントとの1対1のケースがほとんどです。

STEP3:希望する求人の紹介を受ける

面談後、即日~3日間ほどであなたに合った求人をメールで紹介してくれます。

もし気になる求人があったら、担当者に連絡して応募してみてください。すぐに書類選考、面接へと進むことができます。

もし自分の希望とは合わない求人が送られてきたら、その旨について担当者に連絡してください。それでも自分に合った求人が届かない場合は、転職エージェントの担当者変更を申し出るか、ほかの転職エージェントと面談をして自分に合うエージェントを見つけることをおすすめします。

STEP4:書類添削・面接対策

気になる求人を見つけたら、応募する前に転職エージェントに連絡し、書類の添削を依頼してください。

転職エージェントはすべて無料で利用でき、書類の添削から面談、入社時期交渉や年収交渉まで行ってくれます。第三者となる転職エージェントがやってくれるので、転職活動をストレスなく効率的に行えるのがメリットです。

履歴書や職務経歴書を作成したら転職エージェントに添削してもらい、問題なければ応募してもらってください。また、不安であれば面接対策なども行ってもらえるので「面接対策をしてほしい」と伝えてください。

過去にどんな質問をされたのか、どんな人が内定したかなど、詳細に教えてもらえるので、詳しく聞いて面接の対策をしていってください。

面接でどんなことを話せばいいかについては「【転職面接編】面接では“実績のスゴさ”より“プロセスの中身”を語れるー転職面接で見ている3つのポイントとはー」を合わせて読んでみてください。

STEP5:企業との面接・内定

書類選考を通過すると企業との面接になります。

マイナビの調査では、転職希望者の応募社数平均は8.4社なので、とにかく数多くの企業に応募して面接を受けることをおすすめします。場数をこなすことで面接にも慣れていきます。

面接の結果については転職エージェントから連絡がきます。面接が終わったあとに不安であれば転職エージェントに連絡し、企業側へ印象の確認をしてもらうこともおすすめです。

「緊張してうまく話せなかった」「思ったように伝えられなかった」など、面接で感じたことを素直に転職エージェントに伝えておくと、転職エージェントが企業側にその旨を連絡してくれます。このやり取りをしておくことも転職活動における大切なポイントです。

無事内定となれば、転職エージェントを通じて年収交渉を行って転職活動は終了となります。

看護師転職エージェントのメリット

転職エージェントを利用するメリットをご紹介します。

1.非公開求人を紹介してもらえる

看護師転職エージェントは、転職サイトや企業の採用HPでは公開していない「非公開求人」を持っています。

そのため、看護師転職サイトでは探すことのできない求人に出会える可能性があります。公開されている求人だけでなく、オープンになっていない非公開の求人も保有しているため、求人数が多い点が看護師転職エージェントを利用する最大のメリットです。

2.履歴書・職務経歴書の添削、面接対策をしてもらえる

エージェントの担当者は、あなたに合った求人を紹介してくれますが、それだけではなく、応募に必要な書類の添削やアドバイス、面接対策なども行ってくれます。

添削を受けるだけでなく、企業情報や業界情報に詳しいため、担当エージェントから企業の雰囲気や求めている人材、採用の背景など詳しい情報を入手できます。

3.企業の人事に推薦してもらえる

転職エージェントを利用して応募すると、転職エージェントの担当者が「推薦文」をつけてくれます。

企業側の人事に対して推薦状を付けてもらうことで、書類選考の通過率は大きく上がります。同じ企業の同じ求人に転職サイトから応募して見送りになっても、転職エージェントから応募すると通過することがあるので、転職エージェントを使って応募することもおすすめです。

4.年収交渉・入社調整などをしてもらえる

転職エージェントは年収交渉もしてくれます。

転職エージェントは、転職者の入社が決まって初めて売上になる「成果報酬型」のビジネスで成り立っています。報酬の相場は転職者のオファー年収の30%~40%程度。年収が高ければ高いほど、彼らの売上は高くなります。

交渉力の高いエージェントを味方にすれば、自分の年収は大きく上がります。転職エージェントはできるだけ活用したほうが良いでしょう。

看護師転職エージェントのデメリット

看護師転職エージェントと一口に言っても、エージェントの中には、ノルマに縛られすぎて求職者を商品としてしか見ていなかったり、経験が足りない未熟なエージェントがいたり、転職者を後悔させてしまうエージェントが少なからず存在することも事実です。

質の悪い転職エージェント経由で転職を進めてしまうと、転職後にミスマッチでキャリアを積めず、最悪な場合は早期離職にもつながってしまうため、転職エージェントのデメリットも把握しておきましょう。

1.内定が出やすい求人を紹介される

看護師転職エージェントが自分のノルマを達成しようと、書類選考に必ず通過して内定が出やすい求人しか送ってこないケースがあります。

現在、あなたが4年目の営業マンだと仮定します。この時、書類選考に通過して内定が出やすい「営業経験4年以下」の求人しか提案してこないエージェントは、あなたのキャリアなんてまったく考えていないエージェントです。

あなたのスキルにも寄りますが、良い転職エージェントは、最初から一次面接ではなく企業人事と交渉してカジュアル面談を組んでくれたり、現在募集しているポジションがなくても「こんなに良い方がいるので、まずは会って判断してください」という形でポジションをつくる動きをしてくれる方もいます。

2.経験の浅い転職エージェントが担当になる場合がある

実際に私も転職中に経験したのですが、特に新卒を採用している転職エージェントでは、エージェント歴が1年未満でもお客さんを担当させてしまう場合があり、彼らが担当になると右も左もわからないまま、求人紹介をしてくるケースがあります。

私の場合は、まったく興味のないグループ子会社を紹介されたことがありました。経験の浅い担当者がついてしまった場合は、担当変更を申し出てください。自分の人生を左右する大事な転職活動なので、信頼のできるパートナーを見つけましょう。

3.マッチ度合いを無視した求人を勧めてくることがある

看護師転職エージェントの中には紹介料(提示年収の30~40%)を受け取っているので、少しでも高い給与の企業に入社させようとしてくる人もいます。

事例としては、内定が2~3社出た場合によくあるケースで、言葉巧みに提示年収が最も高い企業に誘導してくることが多いです。

内定が出たら、自分の頭できちんと考えてください。エージェントが嘘をついている場合は問題がありますが、「やっぱりあちらの会社にしておけばよかった」などとならないように、エージェントや家族・友人の意見は参考程度にして、最後は自らの判断で転職を決意することが大切です。

看護師転職エージェントのおすすめの選び方

ここまで、おすすめ看護師転職エージェントをご紹介しましたが、結局どの転職エージェントを選べばよいかわからない人もいると思います。

看護師転職エージェントにはそれぞれに特徴があり、どのエージェントを選べばよいか迷ってしまいますが、ポイントを絞って選ぶことで自分に合った転職エージェントを探すことができます。

看護師転職エージェントを選ぶ上で大切なポイントは3つです。

1.非公開求人を多く保有する看護師転職エージェントを選ぶ

看護師転職エージェントは看護師転職サイトと違って「非公開求人」を保有しています。一般に公開されないクローズドな求人で、優良な求人が多くあります。

どの看護師転職エージェントも、公開されている求人以外に非公開求人を持っているので、非公開求人を多く持っている看護師転職エージェントを選ぶようにしてください。そうすることで、より良い求人に出会える可能性が高くなります。

2.優秀なキャリアアドバイザーを探す

看護師転職エージェントは、会社名よりも担当者で決まります。

求人を見ているデータベースはどの看護師転職エージェントも同じなので、どんな求人を紹介してくれるか、どれくらい企業と付き合いがあるかといった担当者個人の力量によって転職の成功率が変わってきます。

もし自分と合わない担当者に出会ったら、変更を申し出るかほかの看護師転職エージェントを利用するようにしてください。

3.看護師転職エージェントを徹底比較する

看護師転職エージェントに複数登録し、一挙に比較して優秀なエージェントを探すことです。

※エージェントに限った話ではありませんが、教育制度が整っている企業でも、優秀な方もいれば成績が悪い方もいます。これは、看護師転職エージェントにも同じことが言えます。そこで、一気に登録して一挙に比較する工夫が必要なのです。

例えば、車や物件の購入を行うときには、複数の業者で見積もりを確認して一番条件の良い見積もりで購入・交渉を進めることが多いですよね。転職も同様で、今後の人生を左右する転機なので、複数の転職エージェントを一挙に比較して、一番優秀なエージェントと転職を進めていくことが転職成功へのコツになります。

看護師転職エージェントの面談の流れ

看護師転職エージェントとの面談の流れは下記です。

1.自己紹介

まずはお互いに自己紹介をします。看護師転職エージェントは自社の特徴やサポート実績、今後のプラン、またエージェント本人のキャリアやサポート実績、サポートを得意とする分野などについても説明があるかと思います。

ここで気になることがあれば転職エージェントに質問をしてかまいません。あなたの転職をサポートするのに合っているのか確認しておきましょう。

また、面談では「初めての転職活動でアドバイスが欲しい」「自分に合う求人が何か知りたい」など、なるべく本音で思っていることを伝えましょう。キャリアアドバイザーはその要望に沿って話を進めてくれます。

2.職務経歴・仕事内容の確認

あなたの用意した履歴書・職務経歴書をもとにこれまでのあなたのキャリア・スキルを掘り下げていきます。

  • 現職の詳細な仕事内容
  • これまでの実績
  • これまでの転職実績について
  • 今の会社に入った理由など

転職エージェントからの客観的な意見をもらうことで、あなた自身が気づいていないアピールポイントや強みを知ることができるいい機会になります。それによって転職の選択肢も広がる可能性もあります。

キャリアアドバイザーは履歴書や職務経歴書、面談の内容からあなたの強みや弱み、どのような業界・職種に向いていそうかなどを確認していきます。

3.転職理由や今後の希望

次にあなたの転職理由や転職を希望する職種や業種についてヒアリングを行います。

この時点で希望の職種や業種が決まっていなくても大丈夫です。転職エージェントがあなたの転職理由から次の転職先を選ぶ際に重視すべきこと・仕事観などを紐解き、あなたの目指すキャリアとどういった職場があなたに合っているのか一緒に考えていきます。

面談で大切なことは、ネガティブなことでも正直に伝えることです。「残業時間が長すぎるから転職したい」「上司と合わないから転職したい」「年収が低いから転職したい」など、ネガティブな理由もきちんと伝えるようにしてください。

こうしたことをきちんと伝えることで、キャリアアドバイザーからよりマッチした求人をもらいやすくなります。

4.転職先に関する希望条件

転職するにあたり、あなたが転職先に求める年収、勤務形態、福利厚生などの条件を整理していきます。下記に整理しておくべき条件をご紹介します。

職務内容
  • 雇用形態
  • 勤務地
  • 仕事を通じて得たいスキル/資格は何か
  • これまでのキャリアを活かせるか
年収
  • 希望年収
  • 昇給制度の有無
  • 退職金制度の有無
  • 家賃補助の有無など
ライフワークバランス
  • 転勤・移動の有無
  • 副業の可否
  • 残業の有無
  • 産休・育休の取得率
  • 有休の取得率
職場環境
  • 社員の年齢構成
  • 社員の定着率
  • 福利厚生など

上記の条件を確認し、自分の中で優先順位をつけてください。

転職してから後悔しないためにも、多くの条件を希望するのも構いませんが、あまり多く条件を挙げすぎると紹介してもらえる求人案件が少なくなる可能性がありますので注意してください。

5.求人の紹介

ここまでのヒアリングを踏まえ、看護師転職エージェントからあなたに合った求人案件の紹介を受けます。

看護師転職エージェントを利用するメリットの1つとして、この段階であなたに紹介される求人案件に関しては求人票に記載されている情報に加え、企業の社風や福利厚生の取得率など、転職サイトや公式ホームページからでは知り得ない情報も教えてくれます。

気になる企業や不明な点があれば転職エージェントに質問して細かく確認しておきましょう。

また、面談時に提案された求人に必ず応募する必要はありません。断った場合も印象が悪くなることはないので、どこが合わなかかったかを本音で伝えるようにしてください。

6.転職活動の今後の流れについて

最後に今後の転職活動の流れや、あなたに合った求人が新たに発生すれば連絡する旨、また、紹介された求人案件の中にあなたが気になる案件があった場合の今後の流れなどの説明があり、面談は終了となります。

現時点で気になる点は必ず質問しておくことをおすすめします。転職エージェントを使った転職活動は、キャリアアドバイザーとのコミュニケーションが非常に大切です。信頼できる転職エージェントを見つけましょう。

紹介された求人について気になることはきちんと質問し「もっとこういう条件の求人が欲しい」といった希望は必ず伝えるようにしましょう。

看護師転職エージェントの面談で相談・質問すべきこと

看護師転職エージェントと面談で相談や質問すべきポイントを6つご紹介します。下記の質問を相談することで、より転職活動をスムーズに進められるようになります。

1. 転職理由について

看護師転職エージェントとの面談では、転職理由も相談してみてください。

転職エージェントとの面談では、転職理由はネガティブなものでも構いません。まずは本音で転職したい理由を伝えるようにしてください。本音を伝えることで、企業の面接でどのように伝えるべきかなどのアドバイスをもらうことができます。

「年収が低い」「残業が多い」「社風が合わない」など、転職に至った理由をきちんと本音で伝えましょう。

2. 希望する看護業界・職種について

看護師転職エージェントは面談で求人を紹介してくれます。その際「どの業界・職種を志望するか」を事前に決めておくと良いでしょう。

希望する業界や職種は未経験でも構いません。まずは自分がやってみたいことから志望する業界や職種を考えてみてください。面談で希望を伝えると、転職エージェントが紹介できる求人の有無や選考を受けられるかどうかを教えてくれます。

希望する業界や職種がない場合も、その旨を伝えてください。未経験でも出来る仕事や、これまでの経験を活かせる求人を紹介してもらえます。

3. 自分のスキルや強み、実績について

看護師転職エージェントに登録する際に職務経歴書を登録しますが、それだけでなく、自分の強みや実績についても相談してみましょう。

これまでの仕事における実績や、これまでの経歴で得たスキルなどを簡単に整理して伝えることで、転職エージェントからよりブラッシュアップした内容をもらうことができます。

アピールするようなスキルや実績がない人は、転職エージェントにその旨を正直に伝えてください。キャリアアドバイザーは多くの転職者を見てきているため「この経歴なら、〇〇の経験が強みになる」「〇〇な仕事をしていたら〇〇なスキルをアピールできる」というように、あなたのアピールポイントを提案してくれます。

4. 現在の年収・希望年収について

現年収をきちんと把握しておくことも大切です。

前年度の源泉徴収などから、自分の現年収を把握しておいてください。また、合わせて転職後の希望年収も考えてみてください。現職と同じ年収でいいという人もいるかと思いますが、出来るだけ年収を上げる転職をする方がキャリアにとって良いです。

また、転職エージェントは年収交渉なども行ってくれます。転職エージェントは転職決定者の年収の30~35%を報酬として受け取るビジネスをしているため、年収を上げる交渉に慣れています。最初から年収をあきらめずに、自分の希望する年収を考えてみてください。

5. 転職活動状況について

現在の転職活動のステータスも伝えてください。

複数の看護師転職サイトや転職エージェントを利用している場合には、その旨もきちんと伝えてください。複数の転職エージェントから同じ志望企業にたくさん応募してしまうと、転職エージェントの信用を失ってしまいます。必ず、今どの転職エージェントを利用しているか、転職サイトではどのような企業に応募しているかを共有してください。

また、現職に残留する意向がある場合は、その旨も伝えるようにしてください。転職エージェントと面談したからと言って必ず転職しなければならないわけではありません。

現職の残留も視野に入っていることを伝えておくことで、転職エージェントとの距離も保てるので、本音を伝えてください。

6. 転職を希望する時期について

転職を希望する時期についても相談してみてください。

現職を退職するまでにかかる時間や入社時期は、転職エージェントが転職先の企業側と交渉してくれます。そのため、おおよその転職希望時期は伝えるようにしてください。

もし、急ぎで転職したい場合もその旨を相談してください。選考を早められないか、入社時期を早くできるかなどの調整を転職エージェントが行ってくれるので、いつまでに転職したいのかということもきちんと伝えましょう。

評判の悪い看護師転職エージェントの見極め方

評判の看護師転職エージェントの見極め方をご紹介します。

1:転職相談で求人紹介しかしてこない

まず転職相談の段階でろくにキャリア相談にも乗ってくれず求人紹介しかしてこない転職エージェントはダメな転職エージェントの典型的な例です。あなたに合った求人を紹介してくれる可能性はとても低いです。

2:大量の求人を紹介してくる

大量に求人を紹介してるだけの転職エージェントもダメです。「数打てば当たる」と大量の求人情報を送り付け、運よく転職が決まったたら儲けものと思っている成功報酬目当てのエージェントです。こういう転職エージェントの送ってくる求人は質が悪いことが多いのでやめておいた方が良いです。

3:転職しましょうとしつこく言われる

転職しようか迷っているあなたに根拠もなく転職をゴリ押ししてくる転職エージェントも、成功報酬目当ての可能性が高く、親身になってくれる可能性も低いためやめておいた方がいいです。

4:企業の質問をしてもわからないことが多い

優秀な転職エージェントほど企業の内部情報にも精通しているはずです。企業に関する質問をしてもわからないことが多いような転職エージェントの紹介してくる求人情報は信用性に欠けます。

5:受かりやすい求人しか紹介しない

明らかにあなたの経歴とマッチしていて必ず通過できそうな求人ばかり紹介してくるエージェントもNGです。優秀な転職エージェントはあなたの経歴から潜在的な能力を見出し、一見チャレンジに見えるけども、あなたの能力を活かせる企業をマッチングしてくれます。そういった転職エージェントは企業からの信頼も厚く、「この人の紹介なら」と通過率も高くなります。

6:連絡スピードが遅い

連絡が遅い転職エージェントは論外です。転職において求人情報は不動産と一緒で日々発生しまた同時に採用が決まりなくなってしまいます。いかにより良い条件の求人をライバルよりも早くおさえれるかが肝心な転職活動で連絡スピードが遅い転職エージェントには任せてはいけません。

むかつく看護師転職エージェントに当たった時の対処方法

むかつく看護師転職エージェントに当たってしまっても諦めてはいけません。すぐに対処すれば転職活動を円滑に進め転職に成功することも可能です。

例えば、転職を急かしてくるキャリアアドバイザーで希望と違う求人を紹介してきたり、勝手に応募してくる場合は、急かす理由を聞き納得できる理由であれば任せればいいですが、そうでない場合は自分のペースで進めたいときちんと述べ、それでも改善されない場合は担当の変更を申し出ましょう。

また、たまに業界知識が乏しかったり、特定の企業との癒着からその企業に転職させるために嘘をつくキャリアアドバイザーもいます。

そのような場合のためにも複数の転職エージェントに登録して、情報の比較、キャリアアドバイザーの比較をしてあなたにとってベストな選択をするようにしましょう。

また『【使わない方がいい?】看護師転職サイト・エージェントを利用する上でのデメリットと注意点』もご覧ください。

看護師転職エージェントの利用が向いている人

転職に関する不安や悩みがある人ほど、看護師転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントは転職市場に精通している専門のキャリアアドバイザーからアドバイスをもらえるので、転職に不安がある人ほど転職エージェントの利用がおすすめです。

1.何から始めればいいかわからない人

看護師転職エージェントは、転職活動において最初に何をすべきか、次に何をすべきかというステップをきちんとアドバイスしてくれます。そのため、初めて転職活動する人や、久しぶりに転職する人で、何をすればいいかわからない人にも転職エージェントは便利です。

2.在職中でなかなか時間が取れない人

看護師転職エージェントのキャリアアドバイザーは求人の紹介だけでなく、日程調整や入社手続きを代行してくれるので、在籍中で時間が取れない人におすすめです。効率的に転職活動を進められるだけでなく、煩雑な手続きも行ってくれるので、忙しい人こそ転職エージェントの利用が良いです。

3.どの企業を選べば良いかわからない人

看護師転職エージェントは、あなたのこれまでのキャリアから自分の強みや得意なことを聞いた上で求人を提案してくれます。どんな企業が自分に合うのかわからない人こそ、転職エージェントに相談してみてください。

4.年収や福利厚生の条件を維持したい人

看護師転職エージェントは条件面の交渉にも強いです。転職エージェントは企業のやりとりもキャリアアドバイザーが行ってくれるため、直接企業と交渉する必要がありません。自分の希望を遠慮なくキャリアアドバイザーに伝えて転職することができます。

5.そもそも転職すべきかわからない人

看護師転職エージェントに登録したからといって、必ず転職しなければならないわけではありません。求人企業のニーズや転職市場の動向など、さまざまな視点からキャリアアドバイザーがアドバイスをくれるので、それらを聞いた上で、結

看護師転職エージェントまとめ

繰り返しお伝えしますが、看護師転職エージェントはうまく利用することで、あなたにとって力強い味方となってくれます。

しかし、一人の転職エージェントを信頼して転職先を決めてしまうと、後々「こんなはずではなかった」と後悔してしまうこともあります。

転職は人生の大きなターニングポイントです。本記事の転職エージェントに関する知識を参考にしながら、満足のいく転職を行っていただけることを陰ながら祈っております。

看護師転職エージェント比較一覧表

サービス名ナース人材バンクマイナビ看護師看護roo!レバウェル看護(旧看護のお仕事)医療ワーカーナースではたらこジョブメドレーパソナメディカル看護プロキララサポート看護doda 転職サイトリクルートエージェントパソナキャリア
運営会社株式会社エス・エム・エス株式会社マイナビ株式会社クイックレバレジーズメディカルケア株式会社株式会社トライトキャリアディップ株式会社株式会社メドレー株式会社パソナ株式会社ローザス株式会社モード・プランニング・ジャパンパーソルキャリア株式会社株式会社リクルート株式会社パソナ
公開求人数203,95145,84763,309140,15759,47197,29339,1085818,1395,335170,113312,59538,072
非公開求人数非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開41,574282,082非公開
おすすめ度★★★★・★★★★・★★★★★★★★★・★★★・・★★★★・★★★★・★★★★・★★★★・★★★★・★★★★★★★★★★★★★★・
利用料金無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
対象年代20代〜50代20代〜50代20代〜50代20代〜50代20代〜50代20代~50代20代~50代20代~50代20代~50代20代~50代20代〜50代20代~50代20代〜40代
種類転職サイト転職エージェント転職サイト転職サイト転職サイト転職サイト転職サイト転職サイト転職サイト転職サイト転職サイト転職エージェント転職エージェント
エリア全国全国全国全国全国全国全国全国全国全国全国・海外全国・海外全国
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

(公開求人数、非公開求人数:2022年11月30日現在)

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など7社に転職後、副業の転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社HIRED株式会社の代表取締役。著書に『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)がある。(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)。

転職コラム:【決定版】年収240万→年収1,000万の転職で利用した転職サイト

運営者情報

【参考文献・サイト】

厚生労働省
若年者雇用に関する参考資料
年齢にかかわりない転職・再就職者の受入れ促進のための指針
しょくばらぼ
労働市場における雇用仲介の在り方に関する研究会

経済産業省求人サイトの活用に関する政府からのご連絡
ジョブカフェ

内閣府
多様化する職業キャリアの現状と課題
転職が得になる国、ならない国
転職しても不利にならない柔軟な労働市場
青少年(30歳未満)労働者の男女別及び産業別離職率

総務省統計局
労働力調査(基本集計)