20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェント10選|転職の専門家が徹底解説

20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェント

本記事は、転職の専門家であるmotoが、20代女性におすすめの転職サイトと転職エージェントを比較・ランキング形式でご紹介します。

転職を考えている、キャリアに悩んでいる、どの転職サイトや転職エージェントを使おうか迷っている20代女性の方は参考にしてみてください。

本記事を監修しているmotoは、転職やキャリアに関する知見を発信し、Forbes JAPAN日経ビジネスなどのメディアに取り上げられています。

X(旧Twitter)@moto_recruitのフォロワー数は12万人を超え、著書『転職と副業のかけ算』はAmazon総合ランキングで1位のベストセラーとなりました。

motoのキャリアやこれまでの実績についてはプロフィールページをご覧ください。また、20代向け転職サイト全年代の女性向けおすすめ転職サイトや、おすすめ転職サイト記事も合わせてご覧ください。

目次

結論からお伝えすると、20代女性におすすめの転職サイトと転職エージェントは下記の2つです。

■ さまざまな女性向け求人を見て転職したい
『マイナビエージェント(女性の転職)』

■今より年収を上げたい20代女性向け転職サイト
『ビズリーチ』


転職サイトにはそれぞれ特徴があるので、おすすめの転職サイトは人によって異なります。しかし、多くの転職者が利用しているのが上記2つの転職サイト・転職エージェントです。

20代女性向けのどんな求人を探したいのか、どんな業界に転職したいかによって活用する転職サイトは変わってきます。

本記事では転職アンテナを利用した約30万人の転職者のデータをもとに、20代女性向けのおすすめ転職サイトと転職エージェントを10社選びました。口コミと合わせて参考にしてみてください。

20代女性におすすめの転職サイト・エージェントランキング

20代女性におすすめの転職サイト・エージェントをご紹介します。

20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェント
リクルートエージェント 業界最大手のリクルートが運営する転職サービス
doda転職エージェント 求人が豊富でサポートも手厚い転職エージェント
ビズリーチ 200万人の転職者が利用する転職サイト
LIBZ(リブズ) 女性の求人に特化した転職サイト
マイナビエージェント(女性の転職) 女性の求人に特化したマイナビが運営する転職エージェント
type女性の転職エージェント 女性向け求人(都市部メイン)が充実
パソナキャリア 豊富な求人で全年代・職種に対応
エン転職 地方企業の求人を多く掲載
リクナビNEXT 業界最大手の求人数を保有する日本最大の転職サイト
doda Woman Career 若手からミドルの女性向けの求人に強い
マイナビ転職 首都圏だけでなく地方の求人も豊富に掲載している転職サイト

1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:409,306(2024年6月12日現在)
求人数増減:+2,149(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

20代女性におすすめの転職サイト1位は『リクルートエージェント』。

人材業界最大手であるリクルートが運営する転職エージェントなので、20代女性でも安心して利用できます。

業界最大級である20万件以上の求人から転職先を探すことができるため、自分に合った企業を見つけることができます。また、他の求人サイトにはない非公開求人が全体の約90%を占めている点も特徴です。

また、リクルートエージェントにはエージェントレポートという企業レポートがあるため、企業のHPや求人情報ではわからない企業の社風や組織の事情などを知ることができます。

20代女性における育児休暇の取得率や復職率など、自分から聞きにくいこともエージェントを介して質問できるため、働き方を考えている女性におすすめです。

出典:公式サイト

2:doda転職エージェント

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:246,087(2024年6月12日現在)
求人数増減:+2,045(先週比↑up)
【公式サイト】https://doda.jp/

20代女性におすすめの転職サイト2位は『doda転職エージェント』。

人材会社大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。女性向けコンテンツ「Woman Career」に20代女性の求人が豊富に掲載されているため、求人を検索して応募するのがおすすめです。

dodaのスカウトサービスに登録しておくと、書類選考なしで面接が確約される「面接確約オファー」や非公開求人の「会員限定のオファー」が届くので、20代女性で現職が忙しい人はスカウトサービスも利用しておくことをおすすめします。

dodaは求人の量と質ともに20代女性に人気にある転職サイトなので、ぜひ登録してみてください。

出典:公式サイト

3:ビズリーチ

ビズリーチ

口コミ:ビズリーチ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:272,180(2024年6月12日現在)
求人数増減:+1,120(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

20代女性向けの3位は、200万人以上の転職者が活用している大手転職サイトの『ビズリーチ』。

登録者の7割以上が「今の自分の転職市場価値」を確かめるためにサービス利用しており、今すぐ転職する予定がない人でも気軽に使えます。

ビズリーチは求人検索ができるだけでなく、企業の人事担当者から面接や面談が確約されたスカウトが届きます。書類選考免除のオファーメールもあるので、効率的に転職活動を進めることができます。

スカウトは人事担当者だけでなく転職エージェントからも届きますが、スカウトを送ってくる転職エージェントの評判自体をチェックできるので、優秀な転職エージェントのみを探すこともできます。

年収800万円を超える求人も多く掲載されており、今より年収を上げたい20代女性におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

4:LIBZ(リブズ)

LIBZ(リブズ)

口コミ:LIBZ(リブズ) 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:339(2024年6月12日現在)
求人数増減:±0(先週比→keep)
【公式サイト】https://career.prismy.jp/

20代女性におすすめの転職サイト4位は『LIBZ(リブズ)』。

LIBZは年収400万円以上の正社員案件を厳選して紹介してくれる転職サイトです。

LIBZは「女性がワークライフバランスを大切にしながら活躍できる求人」をメインに扱っているため、働き方やキャリアを考えている20代女性におすすめです。

女性ならではの働き方に理解のある企業からのスカウトやオファーも多く届くため、転職を機にキャリアアップを目指したい20代女性や、スキルや経験を活かしたい20代女性におすすめの転職サイトです。

求人はリモートワークやフレックス勤務といった柔軟な働き方に対応している企業が多いので、柔軟な働き方を求める20代女性の方にもおすすめです。

出典:公式サイト

5:マイナビエージェント(女性の転職)

マイナビエージェント(女性の転職)

口コミ:マイナビエージェント(女性の転職) 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/womanwill/

20代女性におすすめの転職サービスが『マイナビエージェント(女性の転職)』。

マイナビエージェントは人材業界大手のマイナビが運営する転職エージェントです。マイナビは看護師向け転職サイトや、IT特化型転職エージェントなど、さまざまな特化型の転職サイトを運営しています。

マイナビエージェントは女性の転職にも強く「時短勤務」「育休取得率」「女性の管理職数」など、女性の働き方に関する企業情報を豊富に持っているため、応募する前から残業の有無や育休取得率などを確認することができます。

20代女性で転職サイトに迷ったらマイナビエージェントがおすすめです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

6:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

口コミ:type女性の転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:10,335(2024年6月12日現在)
求人数増減:+375(先週比↑up)
【公式サイト】https://type.woman-agent.jp/

20代女性におすすめの転職サイト6位は『type女性の転職エージェント』。type女性の転職エージェントは関東在住の20代女性におすすめの転職サイトです。

東京・横浜を中心とした20代女性向け求人を多く扱っているため、関東圏で転職を考える20代女性におすすめです。

年間5,000名以上のキャリアカウンセリング(2016年度実績)を実施し、type女性の転職エージェントを利用した転職者の約71%が年収アップしている実績を持っています。

type女性の転職エージェントでしか見つけられない非公開求人も多くあるので、20代女性の転職者におすすめです。

出典:公式サイト

7:パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:38,512(2024年6月12日現在)
求人数増減:+598(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

20代女性におすすめの転職サイト7位は『パソナキャリア』。

パソナキャリアは人材派遣大手で有名なパソナグループが運営する転職サービスです。パソナは女性のキャリア支援に取り組んでおり、2021年にはオリコン顧客満足度でNo.1転職エージェントに選ばれています。

女性利用者の満足度が高いだけでなく、採用する企業側も「パソナは女性の採用に強い」という認知を持っているため、他社転職サイトと比較して、質の高い女性向けの求人を紹介してもらえます。

20代女性は結婚、出産、育児など環境が変わっていくため、今後のワークスタイルも踏まえた提案をもらいたい人はパソナキャリアがおすすめです。

出典:公式サイト

8:エン転職

エン転職

口コミ:エン転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:149,710(2024年6月12日現在)
求人数増減:+8,122(先週比↑up)
【公式サイト】https://employment.en-japan.com/

20代女性におすすめの転職サイト8位は『エン転職』。エン転職は、人材業界大手のエン・ジャパンが運営する転職サイトです。

エン転職は地域密着型の転職サイトであるため、地元で働きたい20代女性におすすめの転職サイトです。地方企業の求人を多く掲載し、その一つ一つの求人をきちんと取材しているため、企業情報を詳しく知ることができます。

大手企業の求人は少ないですが、20代女性が長く働ける職場の求人などが多いので、地元志向の20代女性におすすめです。

出典:公式サイト

9:リクナビNEXT

リクナビNEXT

口コミ:リクナビNEXT 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:134,000件以上(2024年6月12日現在)
【公式サイト】https://next.rikunabi.com/

20代女性におすすめの転職サイト9位は『リクナビNEXT』。リクナビNEXTは人材業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。

大手企業や知名度の高い企業が多く掲載されており、20代女性向けの求人も豊富に掲載されています。リクナビNEXTには「プライベートオファー」という機能があり、書類選考なしで面接にいくこともできるので、登録しておくだけでもおすすめです。

求人全体の約9割が正社員求人で、リクナビNEXT限定で掲載されている求人が約85%あるので、他では得られない求人を見たい20代女性におすすめです。

出典:公式サイト

10:doda Woman Career

doda Woman Career

口コミ:doda Woman Career 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:246,087(2024年6月12日現在)
求人数増減:+2,045(先週比↑up)
【公式サイト】https://doda.jp/woman/

20代女性におすすめの転職サイト10位は『doda』。

転職サイトのdodaは、全国の上場企業や優良中堅企業の求人を数多く掲載している転職サイトです。

ほかの転職サイトと比較して求人の幅が広く、若手の未経験でも受けられる求人が多くあります。また、転職サイト内の「人気企業ランキング」も役立つので見ておくと良いです。

20代女性向け求人も多く掲載されているので、まずは求人を見てみたいという20代女性におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

11:マイナビ転職

マイナビ転職

口コミ:マイナビ転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:25,388(2024年6月12日現在)
求人数増減:+187(先週比↑up)
【公式サイト】https://tenshoku.mynavi.jp/

20代女性におすすめの転職サイト11位は『マイナビ転職

マイナビ転職は、新卒就職サイト最大手のマイナビが運営する転職サイトです。マイナビ転職は、若手からミドルの転職者が利用しています。

20代女性が応募できる求人が多く、中にはマイナビ転職限定の求人もあるので、営業や事務職、経理などを目指す20代女性におすすめです。

また、地方の求人が多いため、UIターン転職にもおすすめの転職サイトです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

※合わせて『20代女性の事務におすすめの転職サイトランキング』もご覧ください。

20代女性で未経験転職におすすめの転職サイト

20代女性の未経験におすすめの転職サイトをご紹介します。

1:第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

口コミ:第二新卒エージェントneo 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:31(2024年6月12日現在)
求人数増減:±0(先週比→keep)
【公式サイト】https://www.daini-agent.jp/

第二新卒エージェントneo』は、20代女性の未経験におすすめの転職サイトです。20代の未経験向け求人が常時約5,000件以上掲載されており、職務経験がない20代の転職成功件数が10,000件を越えています。

登録するだけで専任のキャリアアドバイザーが付き、個別の転職相談や20代未経験の正社員求人の紹介、履歴書・職務経歴書の添削、面談対策など、転職活動全般をサポートしてくれます。求人の職種は、営業や店舗スタッフ、サービス業などが多めです。

日本マーケティング機構によるサイトのイメージ調査でも20代の利用者から高く評価されているため、20代未経験者におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

2:ハタラクティブ

ハタラクティブ

口コミ:ハタラクティブ 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:4,156(2024年6月12日現在)
求人数増減:+22(先週比↑up)
【公式サイト】https://hataractive.jp/

20代女性の未経験におすすめの転職サイトが『ハタラクティブ』。レバレジーズが運営する20代前半の第二新卒や未経験、フリーターの転職支援に特化した転職エージェントです。学歴やこれまでの職歴に関係なく、転職支援を無料で受けることができます。

ハタラクティブで内定獲得した人の86.5%が大手に内定しており、求人の80%以上が「未経験可」の正社員求人となっています。ハタラクティブの最大の特徴は最短2週間で内定を獲得できるという期間の短さです。

相談後すぐに求人を紹介してくれるため、非常に早く転職活動を終えることができます。フリーターや第二新卒、未経験で早く転職したい人におすすめです。

出典:公式サイト

※合わせて『未経験の転職に強いおすすめ転職サイト・エージェント』、『第二新卒おすすめ転職サイト』もご覧ください。

20代女性が転職サイト・転職エージェントと合わせて見るべきサイト

20代女性の転職は転職先をきちんと精査する必要があります。転職サイトの情報だけを鵜呑みにするのではなく、きちんとした情報収集をすることが大切です。

その際、参考になるのがその企業で働いている人の口コミです。20代で転職を考えている人は下記のサイトも参考にしてみてください。

1:ミイダス

ミイダス

口コミ:ミイダス 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
口コミ社数:437,342社(2024年6月12日現在)
【公式サイト】https://miidas.jp/

現時点で自分にどれくらい市場価値(年収)があるのか。『ミイダス』でいくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人のレベルがわかります。アプリでできるため手軽にできます。

私は転職時に参考程度に使っていますが、やってみる価値はあります。20代の転職において提示されるオファー金額の妥当性や、どれくらいの年収で転職するべきかというラインの参考になります。

20代の転職における年収は後のキャリアにおいても重要なので、やってみることをおすすめします。

出典:公式サイト

2:転職会議

転職会議

口コミ:転職会議 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:399,635(2024年6月12日現在)
求人数増減:+4,290(先週比↑up)
【公式サイト】https://jobtalk.jp/

転職会議』も参考になります。転職サイトに掲載されている企業のほとんどが網羅されているので、転職を考えている企業の口コミを見ておくと良いです。

転職会議は20代の投稿が多く見られるのでとても参考になりました。また、正社員だけでなく、派遣社員や契約社員の投稿も多くあるので、幅広い視点で情報収集ができました。

出典:公式サイト

3:OpenWork

OpenWork

口コミ:OpenWork 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:68,772(2024年6月12日現在)
求人数増減:-575(先週比↓down)
【公式サイト】https://www.vorkers.com/

個人的に信憑性が高いと思っている『OpenWork』。組織風土や給与などについて詳しく書かれており、直近の書き込みも多いのでとても参考になります。

転職サイトの年収だけではリアリティがないので、OpenWorkで年収と社風は必ず参考にしています。書き込んだ人の年代も表示されるので、20代からのキャリアや、その先の給与なども参考にできます。転職前には必ずチェックしておくと良いです。

出典:公式サイト

4:ライトハウス

ライトハウス

口コミ:ライトハウス 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
口コミ社数:382,966社(2024年6月12日現在)
【公式サイト】https://en-hyouban.com/

ライトハウス』はエン・ジャパン株式会社が運営する転職者向けの企業口コミや評判が掲載されている口コミサイトです。

2020年6月に「カイシャの評判」から「ライトハウス」へ名称変更し、日本全国の企業35万社超の口コミが掲載されており、日本最大級の口コミ・評判プラットフォームとなっています。

転職サイトや転職エージェントを展開するエン・ジャパン独自の調査による企業データによる比較や、企業評価の可視化など、企業に関する知りたい情報が口コミをベースにまとめられています。

利用者も多く、日本全国の企業について実際の社員や元社員のリアルな口コミを見ることができる、と高い評価を得ています。

出典:公式サイト

5:JobQ

JobQ(ジョブキュー)

口コミ:JobQ(ジョブキュー) 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://job-q.me/

JobQ』は匿名でキャリアや転職に関する相談ができる無料のサービスです。企業の人事経験者や転職エージェントなどから回答をもらうことができます。

「おすすめの転職サイトはどこか」「どの業種に転職するのがおすすめか」など、さまざまな質問や相談をすることができるため、転職を考える人におすすめです。相談や口コミの投稿数は約7万件を超えているため、過去の相談内容を検索するだけでも得られる情報は多いです。

メールアドレスなどを入力するだけで利用できるため、転職活動の悩みを解消したい人におすすめです。

出典:公式サイト

20代女性が転職サイトを利用するメリット

ここでは20代女性が転職活動で転職サイトと転職エージェントの転職支援サービスを利用するメリットについてご説明します。

1.求人を自分で探していつでも応募できる

あなたが希望する職種・勤務地・業務内容などの条件をもとに、転職サイト内で求人の検索や比較検討を自分自身で行うことができ、気に入った求人に応募することができます。上記で紹介した20代に特化した転職サイトなどを利用すると、さまざまな求人を見ることができると思います。

また、応募についても、転職サイトに登録した際に入力した情報(履歴書・職務経歴書)を基に応募できるので、手軽に応募することができます。面接の日程調整などもツールやメッセージ機能を利用して行うことができます。

2.自分のペースで転職活動ができる

転職サイトに登録後は、求人情報の検索から応募まで、自分のペースで転職活動を行うことができます。

求人に必ずしも応募しなければならないわけではないので、「興味のある求人があったら転職したい」という場合でも利用できるため、すぐに転職しない、という人にも転職サイトはおすすめです。

大手転職サイトでは、あなたが登録した情報を見て企業や転職エージェントからスカウトが届くこともあるので、登録しておいて気になるスカウトにだけ目を通す、といった使い方もできます。20代で現職が忙しい人におすすめです。

20代女性が転職サイトを選ぶポイント

20代女性の転職サイトにおける選び方をご説明します。

転職サイトの選び方を間違ってしまうと、よりよい求人を見つけることが難しくなります。転職サイトを使う前に、自分に合った転職サイトを選ぶようにしてください。転職サイトを選ぶ際のポイントとしては以下の3つが挙げられます。

1.求人広告型転職サイトかエージェント型で決める

転職サイトには「求人広告型転職サイト」と「エージェント型」の2つがあります。

前者は転職サイト、後者は転職エージェントと呼ばれますが、それぞれに違いがあります。それぞれの違いについては後述しますが、まずは自分にどちらが合うかで転職サイトを選ぶのがおすすめです。

転職活動に慣れてきたら両方利用することで、より効率的に転職活動を進めることができるようになります。

2.求人数の多い転職サイトを選ぶ

20代の転職は数多くの求人を見た方がよいので、求人数の多い総合転職サイトを使うのがおすすめです。dodaやリクルートエージェントが代表的な転職サイトです。

まずは数多くの求人を見て、その中から自分に合った求人を選ぶことが転職する上では大切なので、各転職サイトの求人数を見ておいてください。

3.20代女性に特化した転職サイトを選ぶ

転職サイトには、特定の業界や職種に特化した転職サイトがあります。特に20代の転職には20代に特化した転職サイトを選ぶのがおすすめです。マイナビ20’sなどは20代に特化した転職サイトと言えるでしょう。

20代で転職したい業界や職種が既に決まっている場合や、業界や職種に特化している転職サイトもおすすめです。これらの転職サイトには希望に近い求人情報がより多く集まっていることから、よりよい求人に出会える可能性が高いです。

4.現年収や希望年収で自分にあった転職サイトを選ぶ

転職サイトは年収別で利用できるサイトが異なってきます。そのため年収に合わせて、どのサービスを利用するのかを選択すると、よりあなたに合った求人を見つけられる可能性が高くなります。下記に参考となる転職サイトをご紹介しておきます。

現年収 おすすめ転職サイト
~300万円 リクナビNEXT・マイナビエージェント
300~500万円 リクルートエージェント・doda
500~700万円 JACリクルートメント・リクルートエージェント
700万円~ リクルートダイレクトスカウト・ビズリーチ

年収で転職サイトを選びたい人は『年収別のおすすめ転職サイト』も合わせてご覧ください。

20代女性が転職サイトを活用して成功するコツ

20代女性が転職サイトを活用して転職に成功するコツは「年収交渉」と「資格取得」です。

1.転職を考え始めたら即行動

女性が転職で少しでも好条件の転職を成功させるには。スピーディな活動がとても重要です。転職には数カ月の時間がかかりますし、ここで転職に失敗しないためにも考え始めたらすぐに行動を起こしましょう。

女性の場合は年齢が上がるにつれて求人数も減ってきてしまいますし、スキルや経験が重要視されてしまい、転職のハードルが上がってしまいます。すぐに行動をするようにしてください。

2.自己分析をしっかりとする

女性の転職では、社会人経験者としてのスキルや考えを持っていることをしっかりとアピールすることが重要となります。

あなたは何ができて、どういったことを目指しているのか、前職ではどのようなことをやってきたのか。今までの培ってきた経験やスキルを自己分析し、履歴書や面接で伝えることが重要となります。

3.未経験者はポテンシャルをアピール

女性の転職では、企業に「あなたを採用するメリット」をアピールすることが大切です。

例えば、経験してきた職種での転職活動の際には、前の職場での成果や実績を提示することで即戦力採用を狙い、逆に未経験職への転職には、これまでの経験によって活かせる知識などのポテンシャルでアピールしましょう。

女性が未経験職での転職に成功するには、しっかりとアピールして転職を成功させていきましょう。

4.結婚や出産などのライフイベントを考慮する

女性の方は、転職において結婚や出産などのライフイベントについても考慮する必要があります。

企業としても、採用した後にすぐに離職されるリスクを回避するために、採用する女性のプライベートな事情はとても気になることです。

結婚の予定や、結婚後も仕事を続けられるのか、出産の希望があるのか、出産後も働きたいのかなど、今後についてご自身でしっかりと説明できるようにしておきましょう。

女性の転職においてライフイベントとの兼ね合いも考えて行動しなければなりません。結婚前か結婚後か、転職時期についてはよく考えておいてください。

5.在職中から転職活動を始める

女性の転職希望者に注意が必要なのは、転職先が決まる前に現在の会社を離職するのは絶対にいけません。転職には時間がかかる場合があることを念頭においておきましょう。

離職してからの転職活動だと何かとお金がかかりますし、転職活動の期間が長引くと、転職にも焦りが出てしまいます。

また、転職先が決まる前に離職し、転職活動での長期間の離職期間は応募先企業にマイナスイメージを与えてしまう可能性があるので、なるべく離職期間ができないようにしましょう。

6.20代女性に特化した転職エージェントも利用する

転職サイトの中には、転職エージェント機能を持った転職サイトもあります。

中でも、女性に特化した転職エージェントは、女性が持つ悩みなどをよく理解した上で求人を紹介してくれます。また、企業に伝えづらい条件や質問しにくいことも、代わりに確認してもらうことができます。

子持ちで時間がない、育児の時間を確保したい、ライフワークバランスを考えた働き方がしたい、という女性は転職サイトだけでなく、女性向け転職エージェントも合わせて利用することをおすすめします。

20代女性向け転職サイトの登録の流れ

転職活動の進め方

転職サイトの流れは大きく5つです。

【転職サイトの登録の流れ】
STEP1. 自己分析をする
STEP2. 転職サイトに登録をする
STEP3. 応募書類を作成する
STEP4. 求人に応募する
STEP5. 企業との面接・内定

1.自己分析をする

まずはじめに自己分析をします。求人を探す前に、自分がどのようなキャリアを歩みたいのか、今後どうなりたいのか、希望年収、希望勤務地、福利厚生など、自分が希望する条件を書き出してみてください。

その際、すべてを叶えることは難しいので、自分の中で譲れる条件と譲れない条件を分けておくのがおすすめです。こうした条件をもとに、求人検索する条件を見極めていきます。

自己分析には「リクナビNEXT」に中にある「グッドポイント診断」を利用してみてください。「グッドポイント診断」は、リクルートが持つキャリア開発のノウハウを活かして提供している、約30分でできる本格的な診断サービスです。

ビジネスパーソンが持っている強みを18種類に分類し、そのうちあなたに当てはまる5つを発見することができます。診断は無料なので、まずはこちらで自己分析をしてみてください。

2.転職サイトに登録する

自己分析が終わったら転職サイトに登録します。本記事でおすすめしている転職サイトに登録し、自分が希望する求人を検索していきます。

転職サイトでは、勤務地や年収、職種、業界、働き方など、さまざまな条件を入力して検索することができます。総合型の転職サイトで数多くの求人を見た後に、特化型の転職サイトで業界を絞って求人を探していくのもおすすめです。この段階ではとにかく多くの求人を見ることを心掛けてください。

リクナビNEXTの調査によると、転職サイトに登録している人の平均登録サイト数は2.1社ですが、転職決定者は約2倍の4.2社の転職サイトへ登録しています。多くの転職サイトに登録するほうが、転職活動を効率的に進めることができます。まずはじめは数多くの転職サイトに登録することをおすすめします。

3.応募書類を作成する

自分が気になる求人を見つけたら、受かるか受からないかは別としてとにかく応募してください。入社するかどうかは内定後したあとに考えればよいので、とにかく応募数を増やすことが大切です。

応募書類は主に履歴書と職務経歴書です。エンジニアやデザイナーはポートフォリオやスキルシートなども合わせて提出しておくのがおすすめです。

職務経歴書の書き方については【転職】企業に刺さる“戦略的”職務経歴書の書き方(テンプレート付)で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。職務経歴書のサンプルもあるので、ダウンロードしてそのまま利用できます。

また、無料で利用できる職務経歴書のテンプレートもあります。リクルートエージェントの中にある「職務経歴書エディター」や「職務経歴書フォーマット」を利用すると無料で書類を作成できるのでおすすめです。書き方についても詳しく解説されているので、応募書類の書き方に困ったら見てみてください。

4.求人に応募する

履歴書や職務経歴書を揃えたら求人に応募してください。応募ボタンを押して、添付書類を送れば完了です。

応募すると企業からDMが届きます。おおよそ7~10日の間で企業から書類選考の結果が届くので、それまではほかの企業の求人を探してみてください。

マイナビの調査によると、各年代別の応募社数平均は8.4社です。年齢が上がると増える傾向にあります。

~19歳  4.1社
20~25歳 6.3社
26~30歳 7.1社
31~35歳 8.2社
36~40歳 8.7社
41~45歳  10.1社
46~50歳  12.1社
51~55歳  14.5社
56~60歳  14.5社
61歳以上  15.2社

出典:マイナビ転職

5.面接・内定

書類選考に通過すると、面接へ進みます。おおよそ3~5回の面接で内定になります。

マイナビエージェントの調査によると、転職活動を行って内定を得た人の書類選考通過率は30%、そこから一次面接を通過する確率が30%、その後最終面接を通過し、内定を得る確率は50%とのことです。出典:マイナビ転職

これらのデータからみると、転職活動では1社に応募するのではなく、複数の企業に応募するのが重要なポイントになると思います。選考通過率から考えても、内定を得るためにも6~10社は応募しておくと良いです。

複数の企業に応募し、面接を受けるにはそれなりに時間がかかります。転職活動はおおよそ3カ月を見ておけば終えられると思います。

20代女性の転職における注意点

女性の転職における注意点をご紹介します。

1.企業情報を事前にきちんと確認する

女性のキャリアを考える上では、結婚、出産、育児、介護、家庭の事情など、さまざまなライフイベントについても考えておく必要があります。

そのため、育児休暇や介護休暇、慶弔休暇の有無などを、事前にきちんと確認しておくことをおすすめします。転職サイトからの直接応募では企業側に聞きにくいことも多いため、転職エージェントを利用して企業へ確認すると良いでしょう。

2.担当者が合わなければ変更する

女性の転職の場合、自分の事情をしっかりと理解してもらい、自分に合った求人を紹介してくれる転職エージェントに出会うことが大切です。

転職エージェントは企業名より、担当者個人によるところが大きいので「この人ダメそうだな」という転職エージェントに会ったら、すぐにほかの転職エージェントに変更することをおすすめします。

3.応募する前に口コミサイトなども見ておく

転職サイトやエージェントを利用して紹介してもらった求人は、そのまま鵜吞みにするのではなく、応募する前に自分で口コミサイトなどを使って事前に評判をチェックしましょう。

条件や給与が良い企業でも、女性の働きやすさや、女性のキャリアアップが望める環境があるかどうか、子持ちでもきちんと働けるかなど、詳しい点は口コミを見ないとわかりません。

転職で後悔しないためにも、事前に企業の評判や情報を口コミサイトを使って調べておきましょう。

20代女性の転職におすすめの資格

20代のうちに下記の資格を取っておくこともおすすめします。

1.MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(通称:MOS)は、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルックの5つのOAソフトが対象のPC向け資格となります。

試験はスペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)があり、取得方法としては認定の学校に通うほか、書店などで教材を購入し、独学で取得することも可能です。

MOSのスペシャリストレベルは、オフィスソフトの基本操作ができる程度となっています。そのためパソコン講座やハローワークの職業訓練でも採用されており、取得される方が多い資格です。

取得は比較的容易で、事務職の職種に実用的な資格となります。OAの基本操作が行えるという強みになるため、事務職を目指している方は取得しておくと良いです。

2.簿記

日商簿記検定は、資格の中でも一般的によく知られています。新卒の求人でも「日商簿記3級取得者」で募集しているケースがあり、やはり一般的に事務職、経理職の求人などで必須条件となる傾向があります。

簿記は、業務で実際に役立つ会計や経理の知識を得ることができます。2級以上であれば、事務職や経理職、会計事務所に応募する場合などにかなり有効となります。

もちろん簿記3級を取得しているだけでも転職先の幅は広がり、難関である1級に合格すれば、独立開業が可能な税理士の受験資格も得られます。目下の転職活動だけでなく、将来の可能性も広がる魅力的な資格となります。

受験費用は3級・2級で4~5千円程度で、受験者の多い資格のため教材が多くあります。書店にも数多くの参考書や教材があるため、資格取得に取り掛かりやすいものともいえます。

3.TOEIC

TOEICとは、日常生活やグローバルビジネスにおける英語力を測定するテストです。

TOEICテストにはいくつか種類がありますが、一般的にTOEICというと「聞く力」「読む力」を測る TOEIC Listening & Reading Testのことを指します。

リスニングパートとリーディングパート合わせて200問を2時間で解答し、990点満点でスコア判定されるので、合否判定などはありません。多くの大学生や社会人が受験しており、日本で最も知名度の高い英語試験となっています。

TOEICを持っていることは転職において有利になりますが、特に有利になるのは700点以上です。『英語活用実態調査』によると、企業が海外部門の社員に期待するTOEICスコアは690点とされています。

外資系企業を志望する場合、TOEIC730点が足切りラインと言われているため、最低でもTOEIC730点を取得することをおすすめします。

4.FP(ファイナンシャルプランナー)

ファイナンシャルプランナーは、個人のお金に関して不動産や税金、保険や資産運用、相続や年金などのアドバイスをする職業のための資格です。

この資格は知名度が高くて求人も多く、業種的にも多種多様に応用できるところが魅力です。金融関係はもちろん、不動産や銀行、証券会社や保険会社などで有益な資格となります。

試験は三級から一級まであり、三級は初学者向けで実務向けは二級からとなります。ただ、二級試験もそこまで難しいものではありません。

三級から勉強して二級を取得するのも良いですが、二級から勉強して取得することも十分可能です。なお、一級は学科試験を受けるための条件があります。

「実務経験5年以上」もしくは「2級合格者で実務経験1年以上」であることが条件となります。ですので、まずは二級を取得し、転職後にスキルアップとして一級取得を目指すのが良いでしょう。

5.中小企業診断士

中小企業診断士は、経営コンサルタントして経営全般の専門知識を身につけ、企業経営のアドバイスを行う国家資格です。

金融や不動産業界で役に立ち、経営コンサルタントとしての独立を考えて取得される方もいます。

ただ中小企業診断士の取得は、半年~2年程度かかると言われており、費用は5万~30万円程度かかります(受験料別)。

習得に必要な7教科すべてを一定期間内に合格する必要があり、二次試験もあるため難易度は非常に高いです。

スキルなしお20代女性でも転職できるコツ

20代女性でスキルや資格がない人が転職を成功させるポイントについてご紹介します。

1.正社員だけでなく契約社員・派遣社員も検討する

20代の女性でスキルや資格がなく、未経験で転職をしたい人は、正社員だけでなく契約社員や派遣社員も選択肢に入れることをおすすめします。

女性向けの未経験正社員求人は少ないため、契約社員や派遣社員で実務経験を積んだあとに、正社員で転職するのもおすすめです。または、契約社員や派遣社員から正社員登用で正社員に就ける可能性もあります。

最初から正社員だけにこだわるのではなく、契約社員や派遣社員も視野に入れて転職活動をしてみてください。

2.複数の転職サイト・エージェントを利用する

20代女性がスキルなしで転職をする場合、転職サイトと転職エージェントの両方を利用するのがおすすめです。

転職エージェントや転職サイトには総合型と特化型があります。総合型には幅広い求人が掲載されており、特化型には業界や職種に特化した求人が多く掲載されています。

例えば、女性に特化した転職サイトには、求人の検索項目に「女性が働きやすい環境」や「育休あり」「リモートOK」「未経験歓迎」などの、女性が働く上で気になる条件での求人検索ができたりします。

20代で未経験転職をするには、総合型のように幅広い求人を扱う転職サイトと、専門領域に特化した転職サイトの両方を利用することをおすすめします。

3.ポテンシャルをアピールする

20代女性がスキルなしで転職するには、企業に「あなたを採用するメリット」をアピールすることが大切です。

例えば、経験してきた職種での転職活動の際には、前の職場での成果や実績を提示することで即戦力採用を狙い、逆に未経験職への転職には、これまでの経験によって活かせる知識などのポテンシャルでアピールしましょう。

20代女性が未経験職での転職に成功するには、これらのことをしっかりアピールできるかも転職成功のカギとなります。

4.これまでの経験を棚卸しする

20代女性がスキルなしで転職する場合、これまでの経験を棚卸し、自分の強みとなるものを把握することが大切です。

スキルや資格がないとはいえ、これまでのキャリアで経験したことや、その経験を通じて学んだこと、どのようなことに気をつかって仕事に取り組んできたか、次に同じを仕事をするならどんな点に注意するか、などを細かく整理しておくと良いでしょう。

自分のこれまでの経験を棚卸しする上で、次のキャリアに役立つ経験を見つけ、アピールするようにしましょう。

5.キャリアの計画と照らし合わせる

20代女性でスキルなしの場合、あなたが目指すキャリアから逆算して、転職先が最適な職場かどうかを見極めるのも重要です。

転職先にこの先ずっと勤めるとも限りませんし、今の気持ちや興味だけで転職先を決めるのではなく「次につながる経歴をつくれるか」を意識して考えるようにしましょう。

詳しくは『【20代女性の転職】スキルなし・資格なしで転職できる?転職成功のコツとおすすめ職種を紹介』をご覧ください。

20代女性の転職サイト・転職エージェントに関するよくあるQ&A

20代女性の転職サイト・転職エージェントに関するよくある質問と回答をまとめました。

Q:20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェントはどこですか?

A:『doda転職エージェント』と『LIBZ』がおすすめです。多くの転職サイトや転職エージェントがありますが、女性の転職は、女性に特化した転職サイトを利用するのがおすすめです。

Q:20代女性における転職サイトのデメリットはなんですか?

A:デメリットは2つあります。1つ目は「大手転職サイトより求人が少ない」、2つ目は「求人への応募倍率が高い可能性がある」ことです。女性向けの転職サイトは、働きやすい求人が多く、女性のキャリアを熟知したアドバイザーが付いてくれるため、自分のペースで転職活動が進められます。一方で、求人数が大手より少なかったり、人気の求人には応募が殺到してしまうなどのデメリットがあります。そのため、大手の転職サイトと合わせて利用するのがおすすめです。

Q:20代女性が転職を成功させるコツはありますか?

A:20代の女性が転職を成功させるために大切なポイントは、自分の将来のキャリア考えて会社を選ぶことです。年収を上げたい、プライベートを充実させたいなど、自分の希望を明確にすることが大切です。長期的な視点で目標を掲げて転職活動をしてみてください。

Q:転職サイトと転職エージェントの違いはなんですか?

A:「転職サイト」は好きな求人を自分で探して、応募から面接まで進めることのできる転職サービスです。また、「転職エージェント」は、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが、自分に合った求人を送ってくれる転職サービスを指します。

20代女性の転職サイト・転職エージェントまとめ

20代女性におすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介させていただきました。

20代女性のキャリアを考える上では、結婚、出産、育児、介護、家庭の事情など、さまざまなライフイベントについてもを考えておく必要があります。

育児休暇や介護休暇、慶弔休暇など、転職サイトからの直接応募では企業側に聞きにくいことも多いため、転職エージェントを利用して企業へしっかりと聞くことをおすすめします。

自分の事情をしっかりと理解してもらい、自分に合った求人を紹介してくれる転職エージェントに出会うことができれば、転職活動はとても効率的にできるようになります。

もし時間のある求職者の人は、厚生労働省が発表している「雇用を取り巻く環境と諸課題について(PDF)」という調査などにも目を通してみてください。

転職はネガティブなものではなく、一貫性があればしっかりと評価されるので、転職サイトや転職エージェントを使って、良い転職をしましょう。

20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェント比較表

最後にまとめとして、「どの転職サイトを利用すべきかわからない」「20代女性に強い転職サイトはどこか?」という20代女性の方向けに比較表を作成しました。これまでにご紹介した転職サイトと転職エージェントを一覧で比較してみてください。

サービス名 リクルートエージェント doda LIBZ(リブズ) マイナビエージェント(女性の転職) type女性の転職エージェント パソナキャリア エン転職 リクナビNEXT doda Woman Career マイナビ転職 ミイダス 転職会議 OpenWork ライトハウス JobQ(ジョブキュー)
運営会社 株式会社リクルート パーソルキャリア株式会社 株式会社リブ 株式会社マイナビ 株式会社キャリアデザインセンター 株式会社パソナ エン・ジャパン株式会社 株式会社リクルート パーソルキャリア株式会社 株式会社マイナビ ミイダス株式会社 株式会社リブセンス オープンワーク株式会社 エン・ジャパン株式会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 409,306 246,087 339 非公開 10,335 38,512 149,710 134,000件以上 246,087 25,388 437,342社 399,635 68,772 382,966社 非公開
非公開求人数 221,670 40,867 非公開 非公開 18,100 非公開 非公開 非公開 40,867 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★・ ★★★★・ ★★★★★ ★★★・・ ★★★・・
利用料金 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 有料 無料 無料
対象年代 20代~50代 20代〜50代 30代〜40代 20代〜40代 20代〜40代 20代〜40代 20代〜50代 20代〜40代 20代〜50代 20代〜40代 20代〜40代 20代〜50代 20代〜50代 20代〜50代 20代〜50代
種類 転職エージェント 転職サイト 転職サイト 転職エージェント 転職エージェント 転職エージェント 転職サイト 転職サイト 転職サイト 転職サイト 転職サイト 口コミサイト 口コミサイト 口コミサイト 口コミサイト
エリア 全国 全国・海外 全国 全国 東京・神奈川・埼玉・千葉 全国 全国 全国 全国・海外 全国 全国 全国 全国 全国 全国
公式サイト 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら

(公開求人数、非公開求人数:2024年6月12日現在)

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報