20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェント10選|転職の専門家が徹底解説

20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェント

本記事は、転職の専門家であるmotoが、20代女性におすすめの転職サイトと転職エージェントを比較・ランキング形式でご紹介します。

転職を考えている、キャリアに悩んでいる、どの転職サイトや転職エージェントを使おうか迷っている20代女性の方は参考にしてみてください。

本記事を監修しているmotoは、転職やキャリアに関する知見を発信し、Forbes JAPAN日経ビジネスなどのメディアに取り上げられています。

Twitterアカウント(@moto_recruit)のフォロワーは12万人を超え、著書『転職と副業のかけ算』はAmazon総合ランキングで1位のベストセラーとなりました。

motoのキャリアやこれまでの実績についてはプロフィールページをご覧ください。また、20代向け転職サイト全年代の女性向けおすすめ転職サイトや、おすすめ転職サイト記事も合わせてご覧ください。

目次

20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェントはどこか?

20代女性の転職者におすすめの転職サイトと転職エージェントは下記の2つです。

■ 今より年収を上げて転職したい
『リクルートエージェント』

■ さまざまな女性向け求人を見て転職したい
『マイナビエージェント(女性の転職)』

転職サイトにはそれぞれ特徴があるので、おすすめの転職サイトは人によって異なります。しかし、多くの転職者が利用しているのが上記2つの転職サイト・転職エージェントです。

20代女性向けのどんな求人を探したいのか、どんな業界に転職したいかによって活用する転職サイトは変わってきます。

本記事では転職アンテナを利用した約30万人の転職者のデータをもとに、20代女性向けのおすすめ転職サイトと転職エージェントを10社選びました。口コミと合わせて参考にしてみてください。

20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング

20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介します。

20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェント
リクルートエージェント 業界最大手のリクルートが運営する転職サービス
doda転職エージェント 求人が豊富でサポートも手厚い転職エージェント
LIBZ(リブズ) 女性の求人に特化した転職サイト
マイナビエージェント(女性の転職) 女性の求人に特化したマイナビが運営する転職エージェント
type女性の転職エージェント 女性向け求人(都市部メイン)が充実
パソナキャリア 豊富な求人で全年代・職種に対応
エン転職 地方企業の求人を多く掲載
リクナビNEXT 業界最大手の求人数を保有する日本最大の転職サイト
doda Woman Career 若手からミドルの女性向けの求人に強い
マイナビ転職 首都圏だけでなく地方の求人も豊富に掲載している転職サイト

1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:375,537(2024年2月21日現在)
求人数増減:+5,413(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

20代女性におすすめの転職サイト1位は『リクルートエージェント』。

人材業界最大手であるリクルートが運営する転職エージェントなので、20代女性でも安心して利用できます。

業界最大級である20万件以上の求人から転職先を探すことができるため、自分に合った企業を見つけることができます。また、他の求人サイトにはない非公開求人が全体の約90%を占めている点も特徴です。

また、リクルートエージェントにはエージェントレポートという企業レポートがあるため、企業のHPや求人情報ではわからない企業の社風や組織の事情などを知ることができます。

20代女性における育児休暇の取得率や復職率など、自分から聞きにくいこともエージェントを介して質問できるため、働き方を考えている女性におすすめです。

出典:公式サイト

2:doda転職エージェント

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:237,109(2024年2月21日現在)
求人数増減:-1,680(先週比↓down)
【公式サイト】https://doda.jp/

20代女性におすすめの転職サイト2位は『doda転職エージェント』。

人材会社大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。女性向けコンテンツ「Woman Career」に20代女性の求人が豊富に掲載されているため、求人を検索して応募するのがおすすめです。

dodaのスカウトサービスに登録しておくと、書類選考なしで面接が確約される「面接確約オファー」や非公開求人の「会員限定のオファー」が届くので、20代女性で現職が忙しい人はスカウトサービスも利用しておくことをおすすめします。

dodaは求人の量と質ともに20代女性に人気にある転職サイトなので、ぜひ登録してみてください。

出典:公式サイト

3:LIBZ(リブズ)

LIBZ(リブズ)

口コミ:LIBZ(リブズ) 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:339(2024年2月21日現在)
求人数増減:±0(先週比→keep)
【公式サイト】https://career.prismy.jp/

20代女性におすすめの転職サイト3位は『LIBZ(リブズ)』。

LIBZは年収400万円以上の正社員案件を厳選して紹介してくれる転職サイトです。

LIBZは「女性がワークライフバランスを大切にしながら活躍できる求人」をメインに扱っているため、働き方やキャリアを考えている20代女性におすすめです。

女性ならではの働き方に理解のある企業からのスカウトやオファーも多く届くため、転職を機にキャリアアップを目指したい20代女性や、スキルや経験を活かしたい20代女性におすすめの転職サイトです。

求人はリモートワークやフレックス勤務といった柔軟な働き方に対応している企業が多いので、柔軟な働き方を求める20代女性の方にもおすすめです。

出典:公式サイト

4:マイナビエージェント(女性の転職)

マイナビエージェント(女性の転職)

口コミ:マイナビエージェント(女性の転職) 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/womanwill/

20代女性におすすめの転職サービスが『マイナビエージェント(女性の転職)』。

マイナビエージェントは人材業界大手のマイナビが運営する転職エージェントです。マイナビは看護師向け転職サイトや、IT特化型転職エージェントなど、さまざまな特化型の転職サイトを運営しています。

マイナビエージェントは女性の転職にも強く「時短勤務」「育休取得率」「女性の管理職数」など、女性の働き方に関する企業情報を豊富に持っているため、応募する前から残業の有無や育休取得率などを確認することができます。

20代女性で転職サイトに迷ったらマイナビエージェントがおすすめです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

5:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

口コミ:type女性の転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:9,752(2024年2月21日現在)
求人数増減:+76(先週比↑up)
【公式サイト】https://type.woman-agent.jp/

20代女性におすすめの転職サイト5位は『type女性の転職エージェント』。type女性の転職エージェントは関東在住の20代女性におすすめの転職サイトです。

東京・横浜を中心とした20代女性向け求人を多く扱っているため、関東圏で転職を考える20代女性におすすめです。

年間5,000名以上のキャリアカウンセリング(2016年度実績)を実施し、type女性の転職エージェントを利用した転職者の約71%が年収アップしている実績を持っています。

type女性の転職エージェントでしか見つけられない非公開求人も多くあるので、20代女性の転職者におすすめです。

出典:公式サイト

6:パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:34,933(2024年2月21日現在)
求人数増減:+858(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

20代女性におすすめの転職サイト6位は『パソナキャリア』。

パソナキャリアは人材派遣大手で有名なパソナグループが運営する転職サービスです。パソナは女性のキャリア支援に取り組んでおり、2021年にはオリコン顧客満足度でNo.1転職エージェントに選ばれています。

女性利用者の満足度が高いだけでなく、採用する企業側も「パソナは女性の採用に強い」という認知を持っているため、他社転職サイトと比較して、質の高い女性向けの求人を紹介してもらえます。

20代女性は結婚、出産、育児など環境が変わっていくため、今後のワークスタイルも踏まえた提案をもらいたい人はパソナキャリアがおすすめです。

出典:公式サイト

7:エン転職

エン転職

口コミ:エン転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:114,260(2024年2月21日現在)
求人数増減:+9,865(先週比↑up)
【公式サイト】https://employment.en-japan.com/

20代女性におすすめの転職サイト7位は『エン転職』。エン転職は、人材業界大手のエン・ジャパンが運営する転職サイトです。

エン転職は地域密着型の転職サイトであるため、地元で働きたい20代女性におすすめの転職サイトです。地方企業の求人を多く掲載し、その一つ一つの求人をきちんと取材しているため、企業情報を詳しく知ることができます。

大手企業の求人は少ないですが、20代女性が長く働ける職場の求人などが多いので、地元志向の20代女性におすすめです。

出典:公式サイト

8:リクナビNEXT

リクナビNEXT

口コミ:リクナビNEXT 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:110,693(2024年2月21日現在)
求人数増減:-3,838(先週比↓down)
【公式サイト】https://next.rikunabi.com/

20代女性におすすめの転職サイト8位は『リクナビNEXT』。リクナビNEXTは人材業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。

大手企業や知名度の高い企業が多く掲載されており、20代女性向けの求人も豊富に掲載されています。リクナビNEXTには「プライベートオファー」という機能があり、書類選考なしで面接にいくこともできるので、登録しておくだけでもおすすめです。

求人全体の約9割が正社員求人で、リクナビNEXT限定で掲載されている求人が約85%あるので、他では得られない求人を見たい20代女性におすすめです。

出典:公式サイト

9:doda Woman Career

doda Woman Career

口コミ:doda Woman Career 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:237,109(2024年2月21日現在)
求人数増減:-1,680(先週比↓down)
【公式サイト】https://doda.jp/woman/

20代女性におすすめの転職サイト9位は『doda』。

転職サイトのdodaは、全国の上場企業や優良中堅企業の求人を数多く掲載している転職サイトです。

ほかの転職サイトと比較して求人の幅が広く、若手の未経験でも受けられる求人が多くあります。また、転職サイト内の「人気企業ランキング」も役立つので見ておくと良いです。

20代女性向け求人も多く掲載されているので、まずは求人を見てみたいという20代女性におすすめの転職サイトです。

出典:公式サイト

10:マイナビ転職

マイナビ転職

口コミ:マイナビ転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:24,368(2024年2月21日現在)
求人数増減:+267(先週比↑up)
【公式サイト】https://tenshoku.mynavi.jp/

20代女性におすすめの転職サイト10位は『マイナビ転職

マイナビ転職は、新卒就職サイト最大手のマイナビが運営する転職サイトです。マイナビ転職は、若手からミドルの転職者が利用しています。

20代女性が応募できる求人が多く、中にはマイナビ転職限定の求人もあるので、営業や事務職、経理などを目指す20代女性におすすめです。

また、地方の求人が多いため、UIターン転職にもおすすめの転職サイトです。

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

※合わせて『20代女性の事務におすすめの転職サイトランキング』もご覧ください。

20代女性が転職サイト・転職エージェントと合わせて見るべきサイト

20代女性の転職は転職先をきちんと精査する必要があります。転職サイトの情報だけを鵜呑みにするのではなく、きちんとした情報収集をすることが大切です。

その際、参考になるのがその企業で働いている人の口コミです。20代で転職を考えている人は下記のサイトも参考にしてみてください。

1:ミイダス

ミイダス

口コミ:ミイダス 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
口コミ社数:424,950社(2024年2月21日現在)
【公式サイト】https://miidas.jp/

現時点で自分にどれくらい市場価値(年収)があるのか。『ミイダス』でいくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人のレベルがわかります。アプリでできるため手軽にできます。

私は転職時に参考程度に使っていますが、やってみる価値はあります。20代の転職において提示されるオファー金額の妥当性や、どれくらいの年収で転職するべきかというラインの参考になります。

20代の転職における年収は後のキャリアにおいても重要なので、やってみることをおすすめします。

出典:公式サイト

2:転職会議

転職会議

口コミ:転職会議 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:412,850(2024年2月21日現在)
求人数増減:+2,126(先週比↑up)
【公式サイト】https://jobtalk.jp/

転職会議』も参考になります。転職サイトに掲載されている企業のほとんどが網羅されているので、転職を考えている企業の口コミを見ておくと良いです。

転職会議は20代の投稿が多く見られるのでとても参考になりました。また、正社員だけでなく、派遣社員や契約社員の投稿も多くあるので、幅広い視点で情報収集ができました。

出典:公式サイト

3:OpenWork

OpenWork

口コミ:OpenWork 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:64,674(2024年2月21日現在)
求人数増減:+106(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.vorkers.com/

個人的に信憑性が高いと思っている『OpenWork』。組織風土や給与などについて詳しく書かれており、直近の書き込みも多いのでとても参考になります。

転職サイトの年収だけではリアリティがないので、OpenWorkで年収と社風は必ず参考にしています。書き込んだ人の年代も表示されるので、20代からのキャリアや、その先の給与なども参考にできます。転職前には必ずチェックしておくと良いです。

出典:公式サイト

4:ライトハウス

ライトハウス

口コミ:ライトハウス 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
口コミ社数:377,918社(2024年2月21日現在)
【公式サイト】https://en-hyouban.com/

ライトハウス』はエン・ジャパン株式会社が運営する転職者向けの企業口コミや評判が掲載されている口コミサイトです。

2020年6月に「カイシャの評判」から「ライトハウス」へ名称変更し、日本全国の企業35万社超の口コミが掲載されており、日本最大級の口コミ・評判プラットフォームとなっています。

転職サイトや転職エージェントを展開するエン・ジャパン独自の調査による企業データによる比較や、企業評価の可視化など、企業に関する知りたい情報が口コミをベースにまとめられています。

利用者も多く、日本全国の企業について実際の社員や元社員のリアルな口コミを見ることができる、と高い評価を得ています。

出典:公式サイト

5:JobQ

JobQ(ジョブキュー)

口コミ:JobQ(ジョブキュー) 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://job-q.me/

JobQ』は匿名でキャリアや転職に関する相談ができる無料のサービスです。企業の人事経験者や転職エージェントなどから回答をもらうことができます。

「おすすめの転職サイトはどこか」「どの業種に転職するのがおすすめか」など、さまざまな質問や相談をすることができるため、転職を考える人におすすめです。相談や口コミの投稿数は約7万件を超えているため、過去の相談内容を検索するだけでも得られる情報は多いです。

メールアドレスなどを入力するだけで利用できるため、転職活動の悩みを解消したい人におすすめです。

出典:公式サイト

20代女性における転職サイトの選び方

20代女性の転職サイトにおける選び方をご説明します。

転職サイトの選び方を間違ってしまうと、よりよい求人を見つけることが難しくなります。転職サイトを使う前に、自分に合った転職サイトを選ぶようにしてください。転職サイトを選ぶ際のポイントとしては以下の3つが挙げられます。

1.求人広告型転職サイトかエージェント型で決める

転職サイトには「求人広告型転職サイト」と「エージェント型」の2つがあります。

前者は転職サイト、後者は転職エージェントと呼ばれますが、それぞれに違いがあります。それぞれの違いについては後述しますが、まずは自分にどちらが合うかで転職サイトを選ぶのがおすすめです。

転職活動に慣れてきたら両方利用することで、より効率的に転職活動を進めることができるようになります。

2.求人数の多い転職サイトを選ぶ

20代の転職は数多くの求人を見た方がよいので、求人数の多い総合転職サイトを使うのがおすすめです。dodaやリクルートエージェントが代表的な転職サイトです。

まずは数多くの求人を見て、その中から自分に合った求人を選ぶことが転職する上では大切なので、各転職サイトの求人数を見ておいてください。

3.20代女性に特化した転職サイトを選ぶ

転職サイトには、特定の業界や職種に特化した転職サイトがあります。特に20代の転職には20代に特化した転職サイトを選ぶのがおすすめです。マイナビ20’sなどは20代に特化した転職サイトと言えるでしょう。

20代で転職したい業界や職種が既に決まっている場合や、業界や職種に特化している転職サイトもおすすめです。これらの転職サイトには希望に近い求人情報がより多く集まっていることから、よりよい求人に出会える可能性が高いです。

4.現年収や希望年収で自分にあった転職サイトを選ぶ

転職サイトは年収別で利用できるサイトが異なってきます。そのため年収に合わせて、どのサービスを利用するのかを選択すると、よりあなたに合った求人を見つけられる可能性が高くなります。下記に参考となる転職サイトをご紹介しておきます。

現年収 おすすめ転職サイト
~300万円 リクナビNEXT・マイナビエージェント
300~500万円 リクルートエージェント・doda
500~700万円 JACリクルートメント・リクルートエージェント
700万円~ リクルートダイレクトスカウト・ビズリーチ

年収で転職サイトを選びたい人は『年収別のおすすめ転職サイト』も合わせてご覧ください。

20代女性の転職でやっておいたほうがいいこと

20代女性が転職でやるべきは「年収交渉」と「資格取得」です。

1.年収交渉

転職時における年収交渉は自分ではなかなかしづらいですし、過去のキャリア経験が少ないと年収の相場などもわからず、具体的な年収などの提示は難しいと思います。そこでおすすめなのが、転職エージェントを使った年収交渉です。

転職エージェントは、転職者の入社が決まって初めて売上になる成果報酬型のビジネスをしています。報酬相場は転職者がもらうオファー年収の30%~40%程度(年収500万円の転職で150万円の売上になるイメージ)。

転職エージェントも営業マンとして売上を背負っているので、オファー年収が高いほうがありがたいわけです。転職エージェントを使うと、彼らが年収交渉をがんばってくれます。自分に代わってしっかりと交渉してもらうようにしてください。

転職エージェントの良し悪しは人によるところも大きいので「この転職エージェントはダメそうだ」と思ったら、すぐにほかの転職エージェントに切り替えてください。経験上、時間の無駄になります。

2.資格取得

20代のうちに下記の資格を取っておくこともおすすめします。

・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(通称:MOS)は、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルックの5つのOAソフトが対象のPC向け資格となります。

試験はスペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)があり、取得方法としては認定の学校に通うほか、書店などで教材を購入し、独学で取得することも可能です。

MOSのスペシャリストレベルは、オフィスソフトの基本操作ができる程度となっています。そのためパソコン講座やハローワークの職業訓練でも採用されており、取得される方が多い資格です。

取得は比較的容易で、事務職の職種に実用的な資格となります。OAの基本操作が行えるという強みになるため、事務職を目指している方は取得しておくと良いです。

・簿記

日商簿記検定は、資格の中でも一般的によく知られています。新卒の求人でも「日商簿記3級取得者」で募集しているケースがあり、やはり一般的に事務職、経理職の求人などで必須条件となる傾向があります。

簿記は、業務で実際に役立つ会計や経理の知識を得ることができます。2級以上であれば、事務職や経理職、会計事務所に応募する場合などにかなり有効となります。

もちろん簿記3級を取得しているだけでも転職先の幅は広がり、難関である1級に合格すれば、独立開業が可能な税理士の受験資格も得られます。目下の転職活動だけでなく、将来の可能性も広がる魅力的な資格となります。

受験費用は3級・2級で4~5千円程度で、受験者の多い資格のため教材が多くあります。書店にも数多くの参考書や教材があるため、資格取得に取り掛かりやすいものともいえます。

・TOEIC

TOEICとは、日常生活やグローバルビジネスにおける英語力を測定するテストです。

TOEICテストにはいくつか種類がありますが、一般的にTOEICというと「聞く力」「読む力」を測る TOEIC Listening & Reading Testのことを指します。

リスニングパートとリーディングパート合わせて200問を2時間で解答し、990点満点でスコア判定されるので、合否判定などはありません。多くの大学生や社会人が受験しており、日本で最も知名度の高い英語試験となっています。

TOEICを持っていることは転職において有利になりますが、特に有利になるのは700点以上です。『英語活用実態調査』によると、企業が海外部門の社員に期待するTOEICスコアは690点とされています。

外資系企業を志望する場合、TOEIC730点が足切りラインと言われているため、最低でもTOEIC730点を取得することをおすすめします。

・FP(ファイナンシャルプランナー)

ファイナンシャルプランナーは、個人のお金に関して不動産や税金、保険や資産運用、相続や年金などのアドバイスをする職業のための資格です。

この資格は知名度が高くて求人も多く、業種的にも多種多様に応用できるところが魅力です。金融関係はもちろん、不動産や銀行、証券会社や保険会社などで有益な資格となります。

試験は三級から一級まであり、三級は初学者向けで実務向けは二級からとなります。ただ、二級試験もそこまで難しいものではありません。

三級から勉強して二級を取得するのも良いですが、二級から勉強して取得することも十分可能です。なお、一級は学科試験を受けるための条件があります。

「実務経験5年以上」もしくは「2級合格者で実務経験1年以上」であることが条件となります。ですので、まずは二級を取得し、転職後にスキルアップとして一級取得を目指すのが良いでしょう。

・中小企業診断士

中小企業診断士は、経営コンサルタントして経営全般の専門知識を身につけ、企業経営のアドバイスを行う国家資格です。

金融や不動産業界で役に立ち、経営コンサルタントとしての独立を考えて取得される方もいます。

ただ中小企業診断士の取得は、半年〜2年程度かかると言われており、費用は5万~30万円程度かかります(受験料別)。

習得に必要な7教科すべてを一定期間内に合格する必要があり、二次試験もあるため難易度は非常に高いです。

20代女性の転職サイト・転職エージェントに関するよくあるQ&A

20代女性の転職サイト・転職エージェントに関するよくある質問と回答をまとめました。

Q:20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェントはどこですか?

A:『doda転職エージェント』と『LIBZ』がおすすめです。多くの転職サイトや転職エージェントがありますが、女性の転職は、女性に特化した転職サイトを利用するのがおすすめです。

Q:20代女性における転職サイトのデメリットはなんですか?

A:デメリットは2つあります。1つ目は「大手転職サイトより求人が少ない」、2つ目は「求人への応募倍率が高い可能性がある」ことです。女性向けの転職サイトは、働きやすい求人が多く、女性のキャリアを熟知したアドバイザーが付いてくれるため、自分のペースで転職活動が進められます。一方で、求人数が大手より少なかったり、人気の求人には応募が殺到してしまうなどのデメリットがあります。そのため、大手の転職サイトと合わせて利用するのがおすすめです。

Q:20代女性が転職を成功させるコツはありますか?

A:20代の女性が転職を成功させるために大切なポイントは、自分の将来のキャリア考えて会社を選ぶことです。年収を上げたい、プライベートを充実させたいなど、自分の希望を明確にすることが大切です。長期的な視点で目標を掲げて転職活動をしてみてください。

Q:転職サイトと転職エージェントの違いはなんですか?

A:「転職サイト」は好きな求人を自分で探して、応募から面接まで進めることのできる転職サービスです。また、「転職エージェント」は、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが、自分に合った求人を送ってくれる転職サービスを指します。

20代女性の転職サイト・転職エージェントまとめ

20代女性におすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介させていただきました。

20代女性のキャリアを考える上では、結婚、出産、育児、介護、家庭の事情など、さまざまなライフイベントについてもを考えておく必要があります。

育児休暇や介護休暇、慶弔休暇など、転職サイトからの直接応募では企業側に聞きにくいことも多いため、転職エージェントを利用して企業へしっかりと聞くことをおすすめします。

自分の事情をしっかりと理解してもらい、自分に合った求人を紹介してくれる転職エージェントに出会うことができれば、転職活動はとても効率的にできるようになります。

もし時間のある求職者の人は、厚生労働省が発表している「雇用を取り巻く環境と諸課題について(PDF)」という調査などにも目を通してみてください。

転職はネガティブなものではなく、一貫性があればしっかりと評価されるので、転職サイトや転職エージェントを使って、良い転職をしましょう。

20代女性におすすめの転職サイト・転職エージェント比較表

最後にまとめとして、「どの転職サイトを利用すべきかわからない」「20代女性に強い転職サイトはどこか?」という20代女性の方向けに比較表を作成しました。これまでにご紹介した転職サイトと転職エージェントを一覧で比較してみてください。

サービス名リクルートエージェントdodaLIBZ(リブズ)マイナビエージェント(女性の転職)type女性の転職エージェントパソナキャリアエン転職リクナビNEXTdoda Woman Careerマイナビ転職ミイダス転職会議OpenWorkライトハウス
運営会社株式会社リクルートパーソルキャリア株式会社株式会社リブ株式会社マイナビ株式会社キャリアデザインセンター株式会社パソナエン・ジャパン株式会社株式会社リクルートパーソルキャリア株式会社株式会社マイナビミイダス株式会社株式会社リブセンスオープンワーク株式会社エン・ジャパン株式会社
公開求人数375,537237,109339非公開9,75234,933114,260110,693237,10924,368424,950社412,85064,674377,918社
非公開求人数226,91342,154非公開非公開17,450非公開非公開非公開42,154非公開非公開非公開非公開非公開
おすすめ度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★・★★★★・★★★★・★★★★・★★★★★★★★★★★★★★・★★★★・★★★★★★★★・・
利用料金無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料有料無料
対象年代20代~50代20代〜50代30代〜40代20代〜40代20代〜40代20代〜40代20代〜50代20代〜40代20代〜50代20代〜40代20代〜40代20代〜50代20代〜50代20代〜50代
種類転職エージェント転職サイト転職サイト転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職サイト転職サイト転職サイト転職サイト転職サイト口コミサイト口コミサイト口コミサイト
エリア全国全国・海外全国全国東京・神奈川・埼玉・千葉全国全国全国全国・海外全国全国全国全国全国
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

(公開求人数、非公開求人数:2024年2月21日現在)

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報