おすすめ転職エージェントはこれだ!転職のプロが選ぶ比較ランキング20選

おすすめ転職エージェント

本記事では、転職経験5回のプロが、実際に使って良かったおすすめの転職エージェントをランキング形式で紹介します。当記事では20代、30代の年齢別や、未経験、職種別におすすめな転職エージェントを紹介しているので、どの転職エージェントを使うか迷っている方におすすめです。

本記事の筆者であるmoto(戸塚俊介)は、リクルートやベンチャー企業など7社へ転職し、転職に関する知見を発信し、さまざまなメディアで取り上げられています。

Twitter(@moto_recruit)のフォロワーは10万人を超え、自身の転職経験を書いた書籍『転職と副業のかけ算』はAmazonランキングで総合1位のベストセラーとなりました。

motoのキャリアやこれまでの実績についてはプロフィールをご覧ください。

目次

おすすめ転職エージェントの選び方

まずはじめに、転職エージェントについて簡単にご説明します。

転職エージェントは、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーと言われる担当者が、自分に合った求人を送ってくれる転職サービスです。

自分で求人を探す転職サイトと違って、おすすめの求人や応募書類の準備、面接対策、推薦文や入社までフォローをしてくれるので、効率的に転職活動をすることができるのが特徴です。

転職サイトから応募するのも良いですが、個人的には転職エージェントも活用して、推薦文などをつけてもらったほうが、書類選考を通過する企業のレベルや年収は高くなると感じました。

転職エージェント各社にはそれぞれの特徴があるため、その特徴を理解して面談に臨んだほうが良いです。ここを知っておくだけで、いい求人を紹介してもらえる可能性が上がります。

おすすめ転職エージェントの選び方や面談対策については本記事下部にて説明しているのでご覧ください。

転職エージェントの登録の流れ

転職エージェントに登録すると「面談のご案内」という連絡がメールで届きます。

その後、各転職エージェントの担当者と日程を調整し、60分ほどの面談を通して「自分に合う求人」を紹介してもらう流れになります。その後は書類の添削や面談対策なども行ってくれます。

転職エージェントは基本的に無料で利用することができ、書類の添削から面談、入社時期交渉や年収交渉まで行ってくれます。転職サイトと違って第三者となる転職エージェントがやってくれるので、転職活動をストレスなく効率的に行うことができます。

おすすめ転職エージェントランキング ベスト3

本サイトを利用した約10万人の転職者が、どの転職エージェントに登録したのかのデータをまとめました。

この転職エージェントのランキングは、転職アンテナ経由による「転職エージェントへの登録数」と、筆者であるmoto(戸塚俊介)のSNSアンケートによる「満足度」が高かった転職エージェントをランキング化しています。

転職エージェントの求人数などを比較・参考にしながら、自分に合った転職エージェントを選んでみてください。

1位:doda転職エージェント

doda転職エージェント
サービスdoda転職エージェント
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数129,825(2022年5月18日現在)
非公開求人数37,010(2022年5月18日現在)
特徴・幅広い年代層に対応している業界大手の転職エージェント
・正社員求人や未経験求人も豊富
・全国に対応しているため地方の転職にも強い
おすすめポイント非公開求人3万件以上。幅広い求人に対応
利用満足度★★★★★
対応地域北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://doda.jp/consultant/

おすすめ転職エージェントのランキング1位は『doda転職エージェント』です。

doda転職エージェントは、幅広い業界の求人情報を扱う業界最大手の転職エージェントです。doda転職エージェントのみに掲載されている求人も多く、求人数はリクルートエージェントに次いで多いです。CMでもよく目にします。

初めての転職であってもキャリアアドバイザーのサポートを受けながら応募書類を作成することができ、面談のフォローなども手厚くしてくれます。私も実際に利用しましたが、求人数が多く、業界大手の転職エージェントであるため、とても使いやすい印象を受けました。

また、イベントも多く開催されており、毎年dodaの「dodaプレミアムトークセッションオンラインdoda×moto」で講演もさせてもらっています。

業界大手の転職エージェントとあって大きな不満はなく、求人数も多いので登録しておくことをおすすめします。

「doda転職エージェント」に満足できたポイント

  • リクルートエージェントとdoda転職エージェントで転職活動を終えることができた(24歳・男性)
  • とても使いやすく、他社の転職サイトと比較しても求人数が多かった(26歳・女性)
  • doda転職エージェントに相談をしたら、無料でアドバイスをもらえて助かった(27歳・男性)

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェント
サービスリクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数192,702(2022年5月18日現在)
非公開求人数248,364(2022年5月18日現在)
特徴・業界No.1の求人から自分に合った求人を紹介してくれる
・キャリアアドバイザーが履歴書作成から面接準備までサポートしてくれる
・職務経歴書エディターなどのツールが豊富で無料で利用できる
おすすめポイント非公開求人20万件以上。転職支援実績No.1の最大手
利用満足度★★★★★
対応地域北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

おすすめ転職エージェントランキング2位は『リクルートエージェント』でした。

業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントは、転職エージェントとの面談の日程調整や求人のレコメンド、面接後のフォローなどの満足度が非常に高い転職エージェントです。

転職エージェントとの面談では、非公開求人をもらったり、面接対策などを受けることができ、内定獲得につながるようにきちんとサポートしてくれます。

私も実際に利用した経験がありますが、総合的に求人を提案してくれたので、満足度は高かったです。また、非公開求人もマイページで検索できるため、他社にない求人を見ることができます。転職活動時には登録しておいて間違いのない転職エージェントです。

リクルートエージェントの評判については「【口コミ】リクルートエージェントは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた」でご紹介しています。

「リクルートエージェント」に満足できたポイント

  • どの転職エージェントよりも求人が多く、担当者の面談が丁寧だった(31歳・男性)
  • 担当者の質はピンきりだったが、会員ページから大量の非公開求人を探せたのが良かった(25歳・女性)
  • 様々な業界を見ることができ、リクナビネクストと連携していたから簡単に登録できた(34歳・男性)

3位:パソナキャリア

パソナキャリア
サービスパソナキャリア
運営会社株式会社パソナ
公開求人数39,774(2022年5月18日現在)
非公開求人数非公開
特徴・圧倒的に多くの求人を提案してくれる
・キャリア相談に丁寧に対応してくれる
・幅広い業界の求人が豊富
おすすめポイント幅広い求人を紹介してくれる転職未経験者向け
利用満足度★★★★・
対応地域北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/

おすすめ転職エージェントのランキング3位は『パソナキャリア』です。パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査で「転職エージェント部門4年連続1位」を獲得した満足度の高い転職エージェントです。

満足度が高い理由は、パソナの転職エージェントによる丁寧なカウンセリングです。しっかりと面談で話を聞いた上で求人を提案、マッチングしてくれます。

「とても丁寧に面談してくれた」「ほかの転職エージェントに比べてたくさんの求人を出してくれた」「求人が多いから比較しやすかった」という口コミもとても多くありました。

私も利用しましたが、本当に幅広く求人を出してくれるのでとても便利でした。パソナは人材派遣のイメージが強いですが、最近は転職にも力を入れており、求人も比較的豊富にあります。

人材業界大手とあって、年代問わず非常に満足度が高かったため、初めての転職者におすすめできます。

「パソナキャリア」に満足できたポイント

  • たくさんの求人を転職エージェントが提案してくれて、真剣に相談に乗ってくれました(29歳・女性)
  • 初めての転職でしたが、寄り添うような形で面談してくれて、内定をもらえました(22歳・男性)
  • 転職アンテナ経由で知って登録しましたが、とても良い転職エージェントでした(27歳・女性)

おすすめ転職エージェントランキング ベスト4~10

4位:マイナビエージェント

マイナビエージェント
サービスマイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
特徴・業界大手のマイナビが運営する転職エージェント
・20代~40代まで幅広い年代層の正社員求人あり
・都心から地方まで幅広い求人を網羅しており、地方の転職にも強い
おすすめポイント経験の浅い人でも使える転職エージェント
利用満足度★★★★★
対応地域北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

おすすめ転職エージェントのランキング4位は『マイナビエージェント』。

キャリアや在籍年数が浅い人にとても人気のある転職エージェントです。私も利用しましたが意外と良い求人が掲載されていました。キャリアが浅くても書類を通してくれたのが印象的です。未経験でも内定がもらえる求人や、スキルよりも人柄を重視した求人などを取り揃えています。

初めての転職で書類の書き方や、面接が不安な人におすすめの転職エージェントです。マイナビ転職も合わせて見ておくと、幅広い業界の求人を見ることができるのでおすすめです。

「マイナビエージェント」に満足できたポイント

  • リクルートエージェントに比べて求人は少ないが、自分には使いやすい転職エージェントだと思った(25歳・男性)
  • 業界別に過去の面接で聞かれたことを詳しく教えてくれるため、面接に不安がなかった(28歳・女性)
  • 一部の外資系求人がマイナビにしかなかったので登録しておいてよかった(29歳・女性)

5位:type転職エージェント

type転職エージェント
サービスtype転職エージェント
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数7,650(2022年5月18日現在)
非公開求人数17,194(2022年5月18日現在)
特徴・typeが運営する転職エージェント
・都心の求人に強く20代向けの求人が多め
・女性の求人も多く、女性の転職にも強い
おすすめポイント第二新卒や20代に強い転職エージェント
利用満足度★★★★・
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉
公式サイトhttps://type.career-agent.jp/

転職エージェントランキング5位は『type転職エージェント』です。日系大手企業とのパイプが強く、日系大手の求人にも書類選考を通してくれました。地方に拠点を持っていないため都心企業の求人が多いです。

typeでは、20代の転職者向けに『転職アンテナ』motoが教える20代の勘違い転職5つのこと「大手企業出身、新人MVP……その肩書き“だけ”では戦えない」という取材もしてもらいました。

都内の求人を探すには良いですが、地方の求人を探すのであれば『リクルートエージェント』など、ほかの転職エージェントを使ったほうが良いです。

type転職エージェントは、面接前に企業の人事担当と直接やりとりしている担当者から面接対策をしてもらえました。20代で初めて未経験業界へ転職する際に利用しましたが、他社の転職エージェントと比較して丁寧な印象を受けました。

「type転職エージェント」に満足できたポイント

  • type転職エージェントのみで転職活動を完結することができた(27歳・男性)
  • typeにしかない外資系求人があり、サポートを受けながら応募して内定できた(29歳・女性)
  • 業界未経験でも求人を提案してくれてとても助かった(24歳・男性)

6位:JACリクルートメント

JACリクルートメント
サービスJACリクルートメント
運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数13,174(2022年5月18日現在)
非公開求人数非公開
特徴・業界に特化したエージェント担当が付く
・ハイクラスやミドルクラスの求人が豊富
・年収700万円以上の役職付求人が多め
おすすめポイント業界別に特化した転職エージェントが在籍
利用満足度★★★★★
対応地域北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/

転職エージェントランキング6位は『JACリクルートメント』でした。

JACリクルートメントは転職エージェントの中でも、グローバル企業の求人に強みを持つ転職エージェントです。世界11カ国のグローバルネットワークを利用し、外資系企業や海外進出企業への転職サポートを行っています。

800名の転職エージェントが在籍し、彼らが直接、企業の人事と転職者の双方とやりとりをしてくれるため、コミュニケーションがスムーズです。ビズリーチと比較すると、外資系や日系大手の役職付き求人が多いので、キャリアアップや年収アップ、ハイクラス求人を求める人に向いている転職エージェントです。

給与レンジの高い業界の求人が多いため、年収500万円以上のハイクラス人材からは、ほかの転職サイトや転職エージェントに比べて比較的高い評価を集めていました。年収や役職を付けたい転職者におすすめな転職エージェントです。

「JACリクルートメント」に満足できたポイント

  • 業界毎に担当が分かれていて、専門性に特化していた。(38歳・男性)
  • 他社転職エージェントで断られた求人に応募、書類選考も通過できた。(29歳・女性)
  • 役職の高い求人が多く、キャリアアップを見据えた転職ができるエージェントでした。(33歳・男性)

JACリクルートメントの口コミ評価

  • 男性 30代前半
    より多くの求人を見たいと考え、JACリクルートメントに登録しました。他のエージェントでは扱っていない非公開求人が多く、外資系の扱いも多いと言う点が評価ポイントです。仕事をしながらの転職活動でしたが、土曜日や平日19時まで面談ができたので、助かりました。5社程紹介いただいた中で希望に合う2社に応募し、無事内定をもらいました。面談で自分の希望を明確にするのがよかったと思います。

  • 男性 20代後半
    IT業界への転職を考え、JACリクルートメントに登録しました。26歳で別業界からIT未経験での転職では仕事はないかと思っていましたが、7社ほどピックアップしてもらえました。担当エージェントさんがとてもいい人で、前職の営業経験が大きな武器になる、などかなり丁寧にアドバイスをくれました。初めての転職ということもあり、職務経歴書の書き方から指導してくれました。また、面接に関しても模擬面接を行ってくれて、よく出る質問や、しっかりと考えておくべき内容を事前に通知してくれました。

  • 男性 30代前半
    転職先の会社の情報(離職率や教育に力を入れているかなど)を細かく教えてくれたのが良かったです。メイン担当は女性のエージェントでしたが、面接の際は男性のエージェントさんが担当してくれました。複数人のエージェントの方に協力してもらいましたが、みなさんとてもしっかりしていて、おかげさまで転職活動が上手くいきました。特に、面接に苦手意識を持っていた自分に的確な助言をしてくれたのでので、本当に感謝しています。

  • 女性 30代後半
    前回に続き、JACリクルートメントを通じて転職しました。JACはコンサルタントの質が総じて高く、転職者側に立った親身なアドバイスを頂けるのでとても好印象です。専任アドバイザーではなく企業担当者から直接連絡がもらえるのですが、各企業の人事担当の方とかなり深い話ができる関係性が築かれているようで、面接対策についても心強かったです。とても信頼度の高いエージェントだと思います。

  • 男性 40代前半
    知人の紹介でJACリクルートメントに登録しました。他にも数社ほど転職エージェントを利用していましたが、コンサルタントの年齢が若く、マッチングも機械的なもので正直ウンザリしていました。JACリクルートメントのコンサルタントの質の高さは間違いなく、業界における専門用語なども熟知されていて、的確なアドバイスを頂戴しました。コンサルタントの経験値が抜きん出ているため、専門性の高い職種についている方に合うと思います。

  • 男性 40代前半
    JACリクルートメントの特徴としては、とにかく対応が早くて丁寧な点だと思います。他の転職エージェントではコンサルタントと企業側担当が別々で、情報共有がほとんどできていない印象でした。JACでは、担当の方が求職者と企業側の両方を見ているので、企業の人事担当者との情報共有もしっかりできています。面接に行った際にも、人事の方にかなり深いレベルで自分自身を理解いただいていたので、とてもスムーズでした。今回が最後の転職になると思いますが、JACさんにサポート頂いて本当に良かったです。

7位:Geekly(ギークリー)

Geekly
サービスGeekly(ギークリー)
運営会社株式会社Geekly
公開求人数14,182(2022年5月18日現在)
非公開求人数非公開
特徴・ITベンチャー企業の求人に特化した転職エージェント
・20代~30代でベンチャー企業への転職を考える人におすすめ
・IT業界未経験者向けの求人も豊富
おすすめポイントベンチャー企業の人事とのリレーションが強い
利用満足度★★★★★
対応地域北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://www.geekly.co.jp/

転職エージェントランキング7位は『ギークリー』です。

IT業界の転職やベンチャー企業への転職に強く、Webやゲーム関係、eスポーツなどに関する求人も掲載されています。IT業界だけでなく、IT企業の営業やマーケ、管理部門の求人もあるため、幅広く求人を見ることができます。

大手の転職エージェントでは書類すら通過できなかった求人に対して、面接までつないでくれました。ベンチャー企業やIT業界の人事とのリレーションが強いので、ベンチャー企業の求人に対する交渉力は強かったです。

20代の特別ポジションなどの求人も紹介してもらえたので、20代の転職ではかなり役立ちました。ギークリーのメディアで「転職は“できること”、副業では“やりたいこと”をする」 motoさん×転職エージェント「Geekly」が考えるこれからの働き方という取材を受けたことがあります。

業界未経験であっても年収交渉などに強い転職エージェントなので、ベンチャー企業の求人でも高めの年収でオファーを貰うことができました。IT業界やベンチャー企業を目指す人には特におすすめです。

「ギークリー」に満足できたポイント

  • IT業界に特化しており、とても使いやすかった(23歳・男性)
  • ベンチャー企業を複数社紹介してもらい、マネジメントポジションで内定をもらえた(25歳・女性)
  • 未経験の職種でしたが、ベンチャー企業での求人を多数紹介してもらえました(23歳・男性)

ギークリーの口コミ評価

  • 男性 30代前半
    ITエンジニアとして転職をしたかったため、Geeklyを利用して転職活動を行いました。IT関係に強いというだけあって、紹介してもらえる仕事の質や量はとても満足できました。しっかりとこちらの条件を尊重して仕事を紹介してくれるため、信頼できると感じました。連絡などもこまめにくれたので、利用者としても動きやすかったです。担当の方も親身になって色々な相談に乗ってくれましたし、とても話しやすい方だったので好印象でした。会社全体としてサポートしてくれているという実感が強かったので、オススメできる転職エージェントだと思います。

  • 男性 20代前半
    早期離職からの転職活動にGeeklyを利用しました。なかなかうまくいかないタイミングもありましたが、担当の方が落ち込んでいる自分を励ましてくれたのが印象的でした。また、マイページは見やすくて使いやすかったです。ただし企業への応募は数撃ちゃ当たる戦法なので、求人の応募数が今まで使用したエージェントと比べて多く、選考活動は大変でした。結果的には納得の行く企業から内定をいただけたので満足です。

  • 男性 20代後半
    キャリアアップを目指し、Geeklyを利用しました。私が求めていた条件の企業を多数紹介してもらえました。求人の質はなかなか良かったです。対応はかなり早く、応募企業も多数あったのでスケジュールがどんどん埋まっていき大変でしたが、本気で転職したいと思う人なら当然の苦労かと思います。スケジュール管理もしっかりしていて、面接対策などは、過去に受けられた求職者のアンケートから傾向や対策などをメールで送ってくれました。ダラダラと長引かせずに、短期間で企業研究して内定をもらいたい人にはお勧めです。

  • 女性 20代後半
    業界の詳しさでコンサルタントを選ぼうと思っていたので、いくつかの転職エージェントと会ってみた中で、Geeklyが信頼できると感じました。希望する業界と企業名をいくつか伝えると、狙っていた企業の求人があり、即面談希望を伝えました。用意していた職務履歴書や志望動機などでは不安だったのでそちらも見ていただき、的確なアドバイスをもらい、ブラッシュアップ出来ました。準備万端で面接に挑み、無事内定。転職活動はリサーチ期間も含めると3カ月ぐらいでしたが、Geeklyに登録してからは3週間ほどで決めることが出来ました。対応がスピーディーだったので内定連絡まであっという間に感じました。条件も事前リサーチより好条件だったので、今回の転職でしばし腰を落ち着けたいと思います。

8位:クライス&カンパニー

クライス&カンパニー
サービスクライス&カンパニー
運営会社株式会社クライス&カンパニー
公開求人数6,478(2022年5月18日現在)
非公開求人数17,191(2022年5月18日現在)
特徴・長期的な視点でキャリアのアドバイスをしてくれる優良エージェント
・20代~40代向けのベンチャー求人が豊富
・キャリアアップを考える求職者におすすめ
おすすめポイント中規模なエージェントで対応が細かい。ハイクラス求人も多いのでおすすめ
利用満足度★★★★★
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都
公式サイトhttps://www.kandc.com/

おすすめ転職エージェントランキング8位は『クライス・アンド・カンパニー』。

クライス&カンパニーは、30代を中心に年収800万円以上、マネージャー以上の転職支援を得意する転職エージェントです。ほかの転職エージェントよりも求人のマッチング精度が高く、内定率も高いです。

事前の面談や面接のフォローもとても丁寧で、この規模の転職エージェントの中では一番使いやすかったです。

求人のラインアップも質が良く、業界未経験であっても年収交渉やキャリア相談について他社エージェントより手厚くフォローしてくれました。人材業界の中の人たちからも評判の良い転職エージェントで、30代からキャリアアップを狙った転職をする人におすすめです。

長い目で今後のキャリアもしっかり考えてくれるので、面談に行って求人を出してもらうだけでも価値がありました。

「クライス&カンパニー」に満足できたポイント

  • ほかの転職エージェントとは違う提案を親身にしてくれた(32歳・男性)
  • 担当の転職エージェントが非常に優秀で頼りになった(34歳・男性)
  • 今後のキャリアを踏まえた求人を提案してくれた(27歳・女性)

クライス&カンパニーの口コミ評価

  • 男性 30代後半
    転職活動に対するゴールやスタンスの話から、希望条件とそのプライオリティ、今後の流れまでがっちり握ることができました。転職支援というよりコンサルティングにしっかりと時間を取って頂いた認識です。クライス&カンパニーでは単なる転職条件の話だけではなく「今後の人生をどうしたいのか?」というところから問われるので気づきも多く、とても印象的な面談でした。

  • 男性 30代後半
    ご紹介いただいた求人についてはすぐにスケジュールが組まれ、レスポンスもスムーズでストレスなく進められました。1つ1つの企業紹介にも担当の方の意図を感じ、面接をするたびに勉強になるという不思議な感覚でした。結果的に自身の環境の変化により転職活動自体を取りやめましたが、それも面談で今後の人生を深く聞いてもらったからできた決断だと思います。

  • 男性 30代前半
    大手から業界専門特化の転職エージェントまでいくつかお話しましたが、中でも転職支援が的確だと感じたのが、クライス&カンパニーのコンサルタントでした。ハイクラスの求人案件が多く、稼働時間が長い求人ばかり紹介されるのではと正直不安でしたが「裁量権が大きく自宅作業もできる企業求人もありますよ」と案内をいただきました。大手から紹介される案件は、年収や残業時間などの条件はいいものの、いまいちピンときていなかった理由がそこにあったのかと気づかされた瞬間でした。

  • 女性 30代後半
    私は30代の転職でしたが最初かなり苦労しました。大手転職エージェントに登録をしたのですが、条件が折り合わなかったり、業務内容や社風が求めているものと違ったりしていて、働きながらの転職活動でしたので結局転職までに5か月程要しました。大手転職エージェントではこちらの希望する仕事を紹介してもらえないと感じ、クライス&カンパニーに登録をしました。感想としてはエージェントの方はとても優秀だったと思います。話を引き出すのも上手かったですし、年収交渉も希望額で交渉いただけました。

  • 男性 30代後半
    今回2度目の転職でクライス&カンパニーを利用しています。30代後半で、現職の現場仕事よりも、もっと事業に深くコミットできるような仕事に就きたいと思い、いくつかの転職エージェントに登録をしました。他社のエージェントとも幾人かと話した結果、業種業界や企業規模にとらわれず、人事の仕事を経営目線から切り込んでいける会社を探すことに心を決めました。大手人材エージェントだけでなく、他のエージェントにも話を聞いてみようと思って登録したのが、クライス&カンパニーでした。

  • 男性 30代後半
    担当してくれたキャリアコンサルタントの男性は、穏やかな口調でも理路整然とした話ぶりで、信頼できる印象でした。私の仕事と転職の現状をお伝えすると、すぐに理解を示してくれ、人事だけでなく経営企画の求人も合わせて数社紹介してくださいました。ただサービスの規模か、他エージェントにくらべて紹介いただけた企業数は少なかったです。紹介いただいた中には大手企業もあり、魅力的な求人もありました。他のエージェントと合わせて検討しますが、一度紹介していた中から面接にも進んでみたいと思います。

9位:プロフェッショナルバンク

プロフェッショナルバンク
サービスプロフェッショナルバンク
運営会社株式会社プロフェッショナルバンク
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
特徴・30代のハイクラス求人は他社よりも圧倒的に多い
・技術職のヘッドハンティングに強い
おすすめポイントハイクラス求人が多い
利用満足度★★★★・
対応地域北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://www.pro-bank.co.jp/

おすすめ転職エージェントランキング9位は『プロフェッショナルバンク』です。

プロフェッショナルバンクは技術職や専門職、経営層などのハイクラス人材に特化した転職エージェントです。ハイクラスに特化しているため、オープンになっている求人情報はほぼありません。

業界や職種を問わず、ハイクラス求人が多いのが特徴で、ヘッドハンティングなども行っているため、今すぐに転職を考えていなくても、良い求人があったときにも紹介してもらうことができます。

ヘッドハンティングの求人は人事側の評判が良く、ハイクラス求人は他社よりも圧倒的に多いです。

非公開求人も多めです。通常の求人についても、ハイクラス求人が多いのでキャリアアップに最適です。転職エージェントの担当者には優秀な方が多く、とても信頼できる転職エージェントでした。

「プロフェッショナルバンク」に満足できたポイント

  • ハイクラス転職エージェントとあって求人の質が高かった(42歳・男性)
  • ほかの転職エージェントに比べてとても親切だった(32歳・女性)
  • 担当してくださった転職エージェントの方が非常に優秀で助かった(30歳・男性)

10位:リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
サービスリクルートダイレクトスカウト
運営会社株式会社リクルート
公開求人数215,594(2022年5月18日現在)
非公開求人数非公開
特徴・業界最大手のリクルートが運営するハイクラス転職サイト
・日系大手や外資系企業に転職したい人向け
・年収1,000万円以上のハイクラス求人が豊富
おすすめポイントリクルートが展開するハイクラス向けスカウトサービス
利用満足度★★★★・
対応地域北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/

おすすめ転職エージェントのランキング10位は『リクルートダイレクトスカウト』。

2021年11月に「キャリアカーバー」から名称を変更したリクルートのハイクラス転職エージェントサービスです。まだ認知度が低いこともあってランキングは10位となりました。

リクルートエージェントと比較して、ハイクラス向けの求人に特化した転職エージェントです。匿名でレジュメを登録することができ、レジュメの公開先もヘッドハンターに限定されているため、マッチング精度の高いスカウトを受け取ることができます。

ハイクラス求人を探す転職者はビズリーチやJACリクルートメントを利用する人が多いですが、業界大手のリクルートのサービスということもあって、利用したユーザーからの信頼度は高かったです。

まだまだ求人などは少ないですが、業界に特化した転職エージェントなどもいるため、利用した人たちからの評判は良かったです。

「リクルートダイレクトスカウト」に満足できたポイント

  • 登録しておくだけでスカウトをもらえるので使ってみたが、求人の質は良かった(30歳・男性)
  • 年収が高い求人ばかりなので、ある程度の年齢にならないと難しいように思えた(38歳・男性)
  • スカウトをもらって面談に行きましたが、転職エージェントのフォローがあってよかったです。(29歳・女性)

リクルートダイレクトスカウトの口コミ評価

  • 男性 30代後半
    リクルートダイレクトスカウトを選択したのは、年収800万円以上の求人が多くあるからです。業界大手のリクルート社が運営しているだけあり、求人数は十分でサービス内容についても問題ありませんでした。他の転職サイトもいろいろ見ていましたが、エグゼクティブ限定という点にひかれました。前の仕事で年収は650万円以上だったので、転職することで年収を落とすわけにはいかなかったのもありますが、安心して使えました。

  • 女性 30代前半
    親身になって相談にのってくれたので、リクルートダイレクトスカウトで転職できてよかったです。前職で新しく上司になった方とソリが合わず、仕事に対しての考え方にも食い違いが結構ありました。同じ職場で仕事を続けるよりも転職したほうがいいと考え、ヘッドハンターの方に色々相談しました。転職支援の実績が多い方で、とても頼りがいがありました。年収もアップできてよかったです。

  • 男性 40代前半
    キャリアカーバーはハイクラス求人の用意がたくさんある転職WEBでした。新卒からいわゆる大手の会社でずっと仕事をしてきましたが、転職するにしてもある程度のブランド力がある企業を求めていました。妻からも旦那がどんな会社に勤めているかを聞かれるみたいで、名のある企業でないと嫌だと言われていました。その点では、安心感がありました。

  • 男性 30代前半
    リクルートダイレクトスカウトで転職しました。平日はいつも忙しくしてるので転職活動がなかなか進まなかったけど、ヘッドハンターの方が自分の代わりにたくさんの求人を持ってきてくれました。同時並行でいろんな転職エージェントを試しましたが、担当してくれた方がよかったのがリクルートの一番グッドなポイントでした。

  • 男性 20代後半
    ハイレベルな求人を扱っているサイトなので、自分には合いませんでした。いまの仕事にそこまで不満はありませんが、転職するにはある程度キャリアを積み上げていないと相手にされないこともあるのだと思い知りました。理由を聞いてみたら「年齢が若すぎても相手にしてくれない」考えの会社もあるようです。転職サイトを使う側としても、準備と心構えが必要だと感じました。

  • 男性 30代後半
    年収600万円以上の仕事を求めて以前はビズリーチを使っていましたが、キャリアカーバーの方が断然わかりやすかったです。コンサルタントの質、スカウトメールの量などこちらの方がずっとよかったです。ヘッドハンターの人はあまり聞いたことのない会社名でしたが、きちんと対応してくれたので問題はありません。よくよく聞いてみたらリクルート出身だったようで、転職活動でとても的確なアドバイスをいただけました。

  • 女性 30代前半
    転職市場の概況や現在の求人状況など、丁寧に説明してくれました。自分に合致する求人がどの程度あるか、想定年収はどのくらいなのかだけでなく、その会社の将来性やビジョンの観点でも納得できる話を詳しく聞けました。高めのキャリアを志向する人は、リクルートダイレクトスカウトで正解だと思います。

  • 男性 30代前半
    今は転職活動していませんが、自分の市場価値を把握するために登録してみました。登録完了するまで結構面倒くさいかと思ってましたが、意外とすんなりできたのはよかったです。職務経歴の入力もテンプレート文章が参考になりました。自分の業界は移り変わりが激しいので、いつでも転職できるように今後に備える意味での情報収集でしたが、とても具合の良い転職サイトです。

年代別・タイプ別の転職サイトランキングとおすすめ転職サイトの記事も合わせてご覧ください。

関連記事はこちら
>>【決定版】転職者20万人が選んだ転職サイトランキング|20代・30代・女性向けなど徹底比較
>>おすすめの転職サイト20選|転職のプロが教える転職サイト比較ランキング

20代向けのおすすめ転職エージェント

20代の転職活動に使える最もおすすめな転職エージェントをご紹介します。どの転職エージェントに登録するかに迷ったら、まずはこれらの転職エージェントに登録するのがおすすめです。

いろいろな転職エージェントに登録して使い勝手を比較・検討するのも良いですが、まずは1つの転職サイトに登録し、20代の自分の市場価値を知るだけでも価値があります。

1.doda転職エージェント

doda転職エージェント

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://doda.jp/consultant/

20代向けの求人に比較的強いのが『doda転職エージェント』です。ほかの転職エージェントと比較すると、求人の幅が広く、業界未経験でも受けられる求人が多くありました。また、転職サイト内の「人気企業ランキング」も役立つので見ておくと良いです。

doda転職エージェントは本当にたくさんの求人を提案してくれるので、いろいろな求人を幅広く見て比較したい、という人に向いてます。転職エージェントとしての機能も業界大手のエージェントの中では高めです。

20代での転職では「数多くの求人」を見ることが大事です。転職サイトと転職エージェントの両方に登録して、多くの求人をもらうのがおすすめです。

2.マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

20代の社歴が浅いタイミングで使ったのが『マイナビジョブ20’s』。私も20代で利用していましたが、転職サイトに登録しなくても希望を伝えれば求人を紹介してくれるので、ふわっとした状態でも転職相談ができました。

20代に特化した転職エージェントなので、業界未経験や、経験年数が浅くても応募できる求人が多く、書類選考の通過率などもほかの転職エージェントと比較して高かったです。

また、職務経歴書や履歴書について詳しくアドバイスをもらうことができるので、20代での初めての転職や、書類選考が不安な人にもおすすめです。

3.type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://type.career-agent.jp/

20代の転職で使ったのが『type転職エージェント』。20代で経験が浅いタイミングでも、日系大手の求人に書類選考を通してくれました。地方に拠点を持っていないためか、都心企業の求人が多くありました。

typeでは、20代の転職者向けに『転職アンテナ』motoが教える20代の勘違い転職5つのこと「大手企業出身、新人MVP……その肩書き“だけ”では戦えない」という取材もしてもらいました。

都内の求人を探すには良いですが、地方の求人を探すのであれば『リクルートエージェント』など、ほかの転職エージェントを使ったほうが良いです。

type転職エージェントは、面接前に企業の人事担当と直接やりとりしている担当者から面接対策をしてもらえました。20代で初めて未経験業界へ転職する際に利用しましたが、他社の転職エージェントと比較して丁寧な印象を受けました。

4.Geekly(ギークリー)

Geekly

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://www.geekly.co.jp/

ギークリー』は20代の時に大手の転職エージェントでは書類すら通過できなかった求人に対して、面接まで繋いでくれました。ベンチャー企業の人事とのリレーションが強いので、ベンチャー企業の求人に対する交渉力は強かったです。

20代の特別ポジションなどの求人も紹介してもらえたので、20代の転職にではかなり役立ちました。ギークリーのメディアで「転職は“できること”、副業では“やりたいこと”をする」 motoさん×転職エージェント「Geekly」が考えるこれからの働き方という取材も受けたことがあります。

業界未経験であっても年収交渉などに強く、ベンチャー企業の求人でも高めの年収でオファーを貰うことができました。20代でIT業界やベンチャー企業を目指す人には特におすすめです。

5.キャリトレ

キャリトレ

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://www.careertrek.com/

すぐに登録できると評判の『キャリトレ』。20代の若手に特化しており、自分の希望条件や職務経歴を細かく入れなくても、自分に合ったおすすめの求人をレコメンドしてくれます。

「今すぐ転職したい」というより「未経験業界に転職した」「いろいろな求人を見て比較したい」という人でも使えるので、20代でまずは求人を見たい人におすすめです。

20代から未経験業界に転職できる求人なども他社と比較して多いため、まずは自分にどんな求人が来るのかを知りたい人は登録することをおすすめします。

20代全般だけでなく、20代前半や20代後半、20代女性におすすめの転職エージェントは下記の記事にまとめています。

関連記事はこちら
>>【20代向け】おすすめ転職エージェント比較ランキング|転職のプロが徹底解説

30代向けのおすすめ転職エージェント

30代の転職で最も役立った転職エージェントをご紹介します。さまざまな転職エージェントと比較して「高年収(1,000万円以上)」「役職あり」「非公開」など30代向けの求人が豊富な転職エージェントをご紹介します。

1.JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメント』は30代向けの日系大手や外資系、平均年収の高い業界の求人が多い転職エージェントです。業界に特化した担当者が付くため、他社の転職エージェントと比較して担当者のレベルが高く、書類選考や年収交渉もかなりがんばってくれました。

外資や大手の求人

求人の年収帯も800万円~1,000万円の求人が多く、外資や大手の求人がメインです。若手よりも30代のミドルやエクゼクティブ層向けの求人が多いです。他社の転職サイトには載っていない30代向けの求人が比較的多くあるため、登録しておくことをおすすめします。

面接前には、企業の採用担当と直接やりとりをしている営業マンが、過去の採用傾向や求める人物像などについて電話で対策をしてくれます。

2.ミドルの転職

ミドルの転職

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://mid-tenshoku.com/

ハイクラスな転職者向けになりますが、30代をメインに扱っている転職サイトです。「ミドルの転職」は求人のレベルが高く、業界経験者に対して好待遇な求人があります。他社の転職サイトと比較しても日系大手や外資系企業の求人が多く、経験者にとっては活躍できる業界の求人を見つけることができると思います。

年収1,000万円の求人も他社に比べて数が多く、サイトが使いやすいのもポイントが高いです。欲を言えば、もう少し求人数がほしいところ。JACリクルートメントやクライス&カンパニーなど、他の転職エージェントを併用し、比較しながら利用するのがおすすめです。

3.リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートが展開するハイクラス向け転職サービス『リクルートダイレクトスカウト』。リクルートを卒業したエージェントが多く在籍しており、業界特化型のエージェントが担当してくれます。

ビズリーチよりも使いやすいという理由でこのサービスをメインに利用する転職者も増えていますが、まだ求人が多くないため、個人的にはビズリーチと合わせて登録しておくことをおすすめします。

求人の中身は日系大手が多く、ポジションや年収も高めのものが多かったです。キャリアアップを考える30代には非常におすすめな転職サイトです。

4.クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://www.kandc.com/

クライス・アンド・カンパニー』は、どの転職エージェントより求人のマッチング精度が高いです。また面談や面接もとても丁寧で、この規模の転職エージェントの中では一番使いやすかったです。

求人のラインアップも良く、業界未経験であっても年収交渉やキャリア相談について他社エージェントより手厚くフォローしてくれました。

人材業界の中の人たちからも評判の良い転職エージェントで、30代からキャリアアップを狙った転職をする人におすすめです。広告代理店や事業会社、外資系コンサルのエクゼクティブ求人で年収900万円~1,000万円の求人が多くあり(採用ハードルは高そうでした)、しっかりと説明してもらった上で応募できます。

長い目で今後のキャリアもしっかり考えてくれるので、面談に行って求人を出してもらうだけでも価値がありました。

5.プロフェッショナルバンク

プロフェッショナルバンク

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://www.pro-bank.co.jp/

プロフェッショナルバンク』は、業界や職種を問わず、30代向けのハイクラス求人が多い転職エージェントです。ヘッドハンティングも行っているため、今すぐに転職を考えていなくても、良い求人があったときにも紹介してもらうことができます。

ヘッドハンティングの求人は人事側の評判が良く、30代のハイクラス求人は他社よりも圧倒的に多いです。

非公開求人も多めです。通常の求人についても、ハイクラス求人が多いのでキャリアアップに最適です。エージェントの担当者には優秀な方が多く、とても信頼できる転職エージェントでした。

30代におすすめの転職エージェントは下記の記事にもまとめています。

関連記事はこちら
>>【30代向け】おすすめ転職エージェント比較ランキング|転職のプロが徹底解説

40代向けのおすすめ転職エージェント

40代の転職で最も役立った転職エージェントをご紹介します。いずれも「高年収(1,000万円以上)」「役職あり」「非公開」、転職エージェントからのスカウトなど、管理職の求人が豊富でした。

1.doda転職エージェント

doda転職エージェント

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://doda.jp/consultant/

40代の転職エージェント1位は『doda転職エージェント』。ほかの転職エージェントに比べて幅広く求人を提案してくれます。

40代の転職は求人が限られてくるため、同業に限らず、多くの求人を見ることが大切です。doda転職エージェントはリクルートエージェントに次いで求人が多いため、登録しておいて損はないです。

役職系求人などはあまり多くありませんが、幅広く求人を見るという点においてはかなり活用できると思います。

2.リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

40代の転職エージェント2位は『リクルートエージェント』です。幅広い年齢層に対応しており、40代の転職においても手厚いアドバイスがもらえます。

若手の担当が多いですが、希望すれば同年代の担当に変えてもらうこともできるので、自分がやりやすい担当を見つけて転職活動を進めていくことができます。総合転職エージェントとあって、求人はかなり豊富です。

また、現年収が650万円以上であれば「エクゼクティブエージェント」がつきます。ハイクラス専門に扱う部隊が対応してくれるので、役員や高待遇の求人を紹介してくれるケースもあるので利用してみてください。

3.FROM40

FROM40

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://www.from-40.jp/

40代向け転職サイト3位は『FROM40』です。40代の求人に特化した転職サイトです。未経験可の求人も多く、40代からキャリアを考える人におすすめな転職サイトです。

転職サイト大手であるリクナビNEXTなどと比較すると求人は少ないですが、40代に特化した転職サイトの中ではトップクラスの求人数を誇っているため、登録しておいて損はないです。

4.JACリクルートメント

JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

40代の転職エージェントの4位は『JACリクルートメント』です。

高いポジションの求人を得意とする転職エージェントです。日系大手や外資系企業の管理職や事業責任者などの求人が多いです。40代におすすめな求人も多くありました

外資や日系大手などの求人が多く、ベンチャー系は少なめです。年収帯は800万円~2,000万円と幅広く、30~40代のミドルやエクゼクティブ層はとても使いやすいエージェントだと思います。

JACは業界別に担当がいるため専門性が高く、面接前には過去の採用傾向や求める人物像などについてアドバイスをもらえるので、面接などが不安な方などにもおすすめです。

5.マイナビミドルシニア

マイナビミドルシニア

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://mynavi-ms.jp/

40代の転職サイトの5位は『マイナビミドルシニア』。40代、50代、60代に特化した転職サイトです。地域を指定して求人を検索することができます。

マイナビミドルシニアの特徴として「ノック機能」があります。このノック機能を使えば書類選考や面談の前にご自身が、採用対象であるかを企業に確認することができるのでとても便利です。

未経験可の求人も多いので、40代からの転職を考える人におすすめです。

40代の転職者におすすめの転職サイトは下記の記事にもまとめています。

関連記事はこちら
>>【40代向け】おすすめ転職サイト比較ランキング|転職のプロが教えるおすすめ転職方法

女性向けのおすすめ転職エージェント

女性の転職者で最も多くの人が使っていた転職エージェントをご紹介します。

いずれも「大手だから安心できた」「女性のキャリアをちゃんと考えてくれた」「いい求人を提案してくれた」と評判の良い転職エージェントです。

1.doda Woman Career

doda Woman Career

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://doda.jp/woman/

転職サイト大手の『doda』は女性の転職にも力を入れています。求人の量と質ともにリクナビネクストに次いで人気の高い転職サイトで、中でも「転職人気企業ランキング」は転職者に人気のあるコンテンツです。

転職人気企業ランキング

転職エージェント機能も持っているため、女性向け求人を転職サイト「doda」で探して、気になった求人を「doda転職エージェント」から応募するという使い方がおすすめです。企業担当と求職者の面談担当が分かれているため、企業情報が少し薄い感じがありますが、女性の求人に強いと評判が良かったです。

2.LIBZ(リブズ)

LIBZ

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://career.prismy.jp/

LIBZ(リブズ)』は元リクルートの方が立ち上げた女性に特化した転職サイトです。年収400万円以上の正社員求人を厳選して紹介してくれます。人材業界の中でも有名になりつつあり、働き方を重視する女性に人気のある転職サービスです。

LIBZは「女性がワークライフバランスを大切にしながら活躍できる求人」をメインに扱っているため、働き方やキャリアを考えている女性の方はぜひ一度相談してみてください。すべて無料で利用できます。

3.マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

女性転職者の中で利用者が多かったのが『マイナビエージェント』です。契約社員や経験年数が少ない、ブランクがあるなどの女性転職者でも、結構がんばって推薦してくれる転職エージェントです。

女性の利用者に感想を聞いてみたところと、マイナビエージェントは他のエージェントに比べてレスが早く、サポート熱心だったとのこと(職務経歴書や履歴書について丁寧なアドバイスをいただけるようです)。

初めての転職や、書類の書き方、面接が不安な人におすすめな転職エージェントです。

4.type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://type.woman-agent.jp/

大手企業とのパイプが強く、20代・30代女性のキャリアアップにも強いのが『type女性の転職エージェント』。

「女性の転職エージェント」と謳っているだけあって、女性のキャリアについて熱心に取り組んでくれます。求人は日系大手から外資、中小など幅広く、企業の書類選考や年収交渉をかなりがんばってくれます。

type女の転職の中で「オンライン面接に潜む落とし穴とは? motoさんに聞くミスマッチ転職を防ぐコツ」についてお話させてもらいました。

面接前に過去に出た問題や、内定する人の傾向などを細かく教えてもらえるため、とても信頼できる転職エージェントです。

5.リクナビNEXT

リクナビNEXT

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXT』には「履歴書」と「職務経歴書」を無料で作成できるツールがあります。他の転職サイトと違い、ロゴが入らず、ワードとエクセルに出力できるので、これだけでも利用価値があります。

リクルート自体が女性のキャリア醸成に力を入れていることもあり、女性の転職特集などが展開されています。業界最大手とあって求人数がとても多く「とりあえずリクナビネクストに登録する」という女性の転職者は多いです。一通り求人を見て、リクルートエージェントと合わせて活用するのがおすすめです。

女性向けおすすめの転職エージェントは下記の記事にもまとめています。

関連記事はこちら
>>【女性向け】おすすめ転職エージェント比較ランキング|転職のプロが解説

転職エージェントと合わせて見るべきサイト

転職サイトや転職エージェントの情報だけでは「どんな人が働いているのか」「給与はどうなのか」「仕事環境は?」などの情報を得ることができません。このあたりの情報は転職する上で欠かせないので、できる限り情報収集することをおすすめします。

私は転職活動しているときに下記の3つのサイトを参考にしました。中でも「その企業で働いている人の口コミ」や「自分の市場価値(年収)」は必ず見ていました。

1.転職会議

転職会議
サービス転職会議
運営会社株式会社リブセンス
種類口コミサイト
料金無料
口コミ数204,264(2022年5月18日現在)
求人数223,215(2022年5月18日現在)
特徴・評判、社風、年収など企業情報を細かくチェックできる
・320万件以上の口コミを閲覧できる
公式サイトhttps://jobtalk.jp/

転職会議』は「5ch化してる」なんて言われたりもしてますが、とはいえ、実際の声なので参考になることが多いです。転職サイトに掲載されている企業のほとんどが網羅されているため、転職先の企業名で検索して口コミを見てみてください。

私は「年収」と「退職理由」の項目を中心に見ています。正社員のコメントだけでなく、派遣社員や契約社員の口コミもあるので、情報を幅広く参考にすることができます。

ただ、あくまで「辞めた人」のコメントであるため、ネガティブな口コミが多いというのは認識しておいたほうがいいです。ネガティブなコメントよりも、ポジティブな部分に目を向けて企業を決める際の参考材料にしてみてください。

2.ミイダス

ミイダス
サービスミイダス
運営会社ミイダス株式会社
種類転職支援サービス
料金無料
企業数32万社以上
特徴・市場価値診断で自身の適正年収を知ることができる
・パーソルグループが運営
公式サイトhttps://miidas.co.jp/

現時点で自分にどれくらいの市場価値(年収)があるのか? というのを、ざっくりと調べられるのが『ミイダス』です。いくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人がわかります。

私は転職時に参考程度に使っています。転職において提示されるオファー金額の妥当性や、どれくらいの年収で転職するべきかというラインの参考になるためやってみて損はないです。

ただ、個人的な実感値としては少し年収は高めに出ている気がします。表示される年収より-50万円~-100万円くらいがリアルな数字な気がします。

とはいえ、転職における自分の価値はしっかりと把握しておくべきなので、参考の1つとしてやってみてください。

3.OpenWork

OpenWork
サービスOpenWork
運営会社オープンワーク株式会社
種類口コミサイト
料金1,000円
口コミ数1,300万件以上(2022年5月18日現在)
求人数114,175(2022年5月18日現在)
特徴・投稿件数が圧倒的に多い老舗の口コミサイト
・企業文化、強み、女性の働きやすさなど詳細な口コミの閲覧が可能
公式サイトhttps://www.vorkers.com/

【公式サイト】https://www.vorkers.com

転職会議よりも信憑性の高い口コミが載っているのが『OpenWork』です。

かなり細かく項目が分かれており、組織風土や給与などについて詳しく書かれています。直近の書き込みも多いので、最近の状況などもわかります。OpenWorkも企業名で検索できるので、志望企業を検索してみてください。

私がOpenWorkで見ているのは「年収」と「社風」「社長へのアドバイス」です。ここらへんはかなりリアルなコメントが載っているので、リアルな数字や社風がわかります。

口コミがすべてではないですが、転職エージェントや転職サイトなどのきれいな情報だけでなく、リアルな情報にも必ず目を通してください。こうした情報を基に転職エージェントとやりとりするほうが情報も引き出しやすくなるので、今後のキャリアのためにも見ておくことをおすすめします。

4.転職人気企業ランキング

転職人気企業ランキング

リクナビNEXTの求人ランキングも参考になりますが、転職サイト『doda』のサイト内にある『転職人気企業ランキング』が参考になります。

大手が中心になりますが、どの企業が人気なのか、どんな求人に応募が集まっているのかなどがわかります。自分で求人を探すよりも早く大手の求人を一覧で見ることができるので、大手志望の人はぜひ見てみてください。

転職エージェントの使い方

ここからは転職エージェントの使い方についてご紹介します。基本的に転職エージェントは下記の4つのタイプに分類できます。

1.大量求人系転職エージェント
-リクルートエージェント/
doda転職エージェント/パソナキャリア/マイナビエージェントなど

2.特定求人に強い転職エージェント
-type転職エージェント/
ギークリー/プロフェッショナルバンク/クライス&カンパニーなど

3.キャリア相談型転職エージェント
-ビズリーチ/
ix転職/リクルートダイレクトスカウトなど

4.業界特化型転職エージェント
-コトラ/
ムービン/コンコード/マイナビ金融エージェントなど

下記は、私の実体験に基づいた主観ではありますが、タイプ別に転職エージェントの使い方をご紹介します。

1.大量求人型の転職エージェント

大量求人系の転職エージェントは、業界大手の転職エージェントであることや対面や電話による面談があるため安心感がある一方で、入社間もない新人の転職エージェントが面談を担当することがあるため、キャリア相談が頼りないケースもあります。

このタイプの転職エージェントには、キャリア相談に過度な期待をせず「市場にある求人を総合的かつ幅広く出してもらうこと」に努めるのがおすすめです。

こうしたタイプの転職エージェントからいい求人を出してもらう方法は下記です。

【転職エージェント対策】

このタイプの転職エージェントとの面談では「どんな仕事にも興味のある転職者」のような振る舞いがおすすめ。

初めて転職する人にはいろいろな求人を出してくれるので、業界や職種を決め打ちで行くよりも、幅広い求人をもらって市場感を把握してみてください。

面談では、あらゆる検索条件を伝えるのが良いです。「年収は○○○万円以上、勤務地は△△と□□、業界はAとBとC、職種はXとYとZ、役職は○○以上」など、幅広く伝えて、今ある求人で該当するものをすべて提示してもらうことを目標としてください。

大手転職エージェントで大量に求人をもらい、興味の有無で求人を仕分けていく「自分は何に興味があるのか」「大事にしている軸は何か」「今、何に不満を感じているのか」などがわかるようになるはずです。その軸を見つけるためにも、たくさん求人を出してもらってください。

2.特定求人に強い転職エージェント

特定求人に強い転職エージェントは、大手転職エージェントと違って、大量に求人を紹介することが得意ではありません。そのため、少数の求人でベストマッチングを追求してくるケースが多いです。

あまり多くの求人は見られませんが、1点集中で徹底して求人にコミットしてくれます。面接対策や過去に聞かれた質問なども把握しているので、決定率が高いのが特徴です。

面談で「企業から特別に依頼を受けている非公開の求人がある」と特別感を出してくることがありますが、経験上、数週間後に転職サイトに掲載されている求人であることがほとんどなので、こうした情報は鵜呑みにしなくて大丈夫です。

面談を続けていくと「あなたにはこの会社が合います!」と特定の求人を出してくれるので、その求人が「自分に合う」と思ったら受けると良いです。

推してくるだけあって、ほかのどの転職エージェントよりも年収交渉や企業への交渉をコミットしてくれます。

【転職エージェント対策】

このタイプの転職エージェントとの面談では「少し転職に慣れている雰囲気」を出すといいです。

すでにほかのエージェントと面談もしていて、企業とも面接しているくらいの姿勢で臨むと、転職エージェントが推してくる求人の幅を増やしてくれます。

自分に合った条件を引き出すようなコミュニケーションを意識してください。条件が合えば一生懸命に企業へ推薦してくれるので決定率が高くなります。

まずは思うままに話をして、紹介される求人に対して「興味があるか、ないか」をはっきり伝えること。大切なのは、興味のない求人を出されたときに「どこが希望に沿わないか」を明確に伝えることです。

後日、別の求人を送ってくれる可能性が高いので、認識にズレがないようしっかり伝えるのがおすすめです。

3.キャリア相談型の転職エージェント

キャリア相談型の転職エージェントは、ビズリーチやキャリアカーバーに登録している、個人や小規模な転職エージェントに見られます。いわゆる寄り添い提案で、DMで「転職しなくても、お会いして情報交換しましょう」と声を掛けてくれる転職エージェントがそれです。

このタイプの転職エージェントは、多くがビズリーチ経由で連絡してくるので、登録して接触してみてください。人によりますが「求人の押し売り」をしてくることはあまりなく、自分のキャリアに合った求人を出してくれる傾向が強いです。

ただし、出てくる求人はいずれも大手の転職エージェントでも保有している求人が多いので、目新しい求人は少ないです。

「キャリアプランを一緒に考えましょう」とは言ってくれますが、なかには生い立ちから話をするほどに深掘りしてくる転職エージェントもいるので、自分との相性は見極めたほうがいいです。少しでも違和感があればほかをあたりましょう。

また、このタイプの転職エージェントは「人材業界内」でキャリアを積んだ人が多いため、転職エージェント自身の経験よりも、自分が担当したほかの求職者の事例をもとにキャリアの話をしてくれます。中長期的に転職を考えている場合などには参考にしてみてください。

【面談対策】

このタイプの転職エージェントとの面談では「こう見えて、実はすぐに転職したい」という雰囲気がおすすめ。

「あれ、意外と転職に積極的なのか」と思われないと、長い目での求人提案が多くなります。今ある求人を多く紹介してもらうようなコミュニケーションをするのがおすすめです。

中には、寄り添いたい気持ちが強いあまり、面談で「生い立ち」から話を聞いてくる転職エージェントもいます。しかし、ちゃんと話しをすることでいろいろな求人を紹介してくれたり、長い付き合いになる転職エージェントになっていくこともあります。

「いろいろな求人を、すぐに見たい」とはっきり伝えて、自分に合う求人を徹底的に出力してもらい、将来のキャリアを含めて企業選びの相談をすると良いです。

彼らは一人ひとりに時間をかけるため、面談者を多く抱えていません。なので、あなた自身に魅力を感じれば向こうから積極的にコンタクトをしてくれるので、長い付き合いになっていきます。

4.業界特化型の転職エージェント

業界特化型の転職エージェントには、特定の業界に精通したキャリアを持つ転職エージェントが多く在籍しています。ほかの転職エージェントの担当者の多くは「人材業界」の経験しかありませんが、上記の転職エージェントは業界特化とあって、担当のエージェント自身が「金融業界」や「コンサル業界」、「IT業界」などの経験者です。

人材業界しか経験していない転職エージェントと違い、業界の内情をリアルに知っているエージェントからの提案なので、求人の質やキャリアアドバイスは有用なことが多いです。

とはいえ、業界特化といっても「特殊な求人」や「限定求人」を持っているわけではないため、大手の求人より少しランクが低い企業の求人や、決まりやすい企業を紹介されることも多いです。

決して「バカにしてる」などと思わず、業界出身者からの価値ある提案なので、現実として受け止めるようにしてください。

異業界、異業種への転職を考えていない人にはこのタイプの転職エージェントを使うのが最も効率的です。

【面談対策】

面談でのスタンスは業界に詳しい前提を持ちながら「論理的に話す」ことを意識すると良いです。彼らは業界内での評判が大事なので、中途半端な候補者を企業へは紹介しません。

事前に転職動機や次に行きたい企業への志望動機、キャリアビジョンなどを明確にして臨むと良いです。

このタイプの転職エージェントには、転職エージェント自身の過去のキャリアについて詳しく聞くといいです。どういう部署にいたか、どんな職種だったかがわかると共通の話題を見つけることができます。

徐々に距離を縮めて仲良くなりつつ、行きたくない求人にははっきりNo! と伝え、嫌な理由を論理的に伝えると良いです。

転職エージェントは“担当者”で選ぶ

よく「転職エージェントは人(担当者)によるところが大きい」と言われますが、例えどんなに仕事ができない転職エージェントであっても、彼らが見ている求人のデータベースは同じです

つまり、こちらが「彼らからどう求人を引き出すか?」がポイントになります。

良い転職エージェントの担当者にあたるまで面談に行く、という人もいますが、その時間がもったいないので「各転職エージェントをどう使いこなすか」という視点で面談に臨むことが大切です。

また、転職エージェントとの面談で「自分が求める求人」を出してもらうには、転職エージェントに合った姿勢で面談に行くことが大切です

転職エージェントは、転職者の入社が決まって初めて売上になる「成果報酬型」のビジネスをしています。報酬の相場は、転職者の年収の30%〜40%程度。年収が高ければ高いほど、彼らの売上も高くなっていきます。

彼らは、求職者が転職しないと自分の成績にならないので、さまざまな見せ方やトークで求人を紹介し、入社を薦めてきます。もちろん、良い求人もありますが、中には思ったのと違う求人に押し込まれることもあるので、注意が必要です。

また、転職エージェントには大手や中堅、個人会社などさまざまな規模の会社がありますが、会社の規模やネームバリューより「転職エージェント個人」に力が依存するため、担当する転職エージェントによって、当たりハズレが大きくあります。

今回ご紹介した面談方法で、ある程度いい求人を引き出すことはできるはずですが、担当者個人が使えない場合もあります。その際は迷わず「担当を変えてほしい」という旨をメールや電話で伝えるのがおすすめです。

転職エージェントとのコミュニケーションの取り方に気をつけながら、自分にあった求人を見つけて、いい転職をしましょう。

転職エージェントに関するQ&A

転職エージェントに関してSNSなどで寄せられる転職活動でよくあるQ&Aをまとめておきます。転職エージェントのtypeでも「motoが教える20代の勘違い転職」でいくつか答えているので参考にしてみてください。

Q:おすすめの転職エージェントは何ですか?
A:まずは求人数の多い業界大手の転職エージェントに登録するのがおすすめです。doda転職エージェントやリクルートエージェント、マイナビエージェントなど、大手転職エージェントを見た後に、業界特化型や中規模な転職エージェントを利用してみてください。

Q:転職エージェントと転職サイトはどう使い分ければいいですか?
A:転職サイトで応募したい求人を探して、転職エージェント経由で応募するのがおすすめです。転職エージェントに推薦文をもらって応募するほうが、書類選考の通過率が高くなるため、求人探しは転職サイト、応募は転職エージェントという使い分けがおすすめです。

Q:転職エージェントと転職サイトで通過率に違いはありますか?
A:あります。転職サイトに掲載されている求人には、応募者に対して学歴フィルターや会社名、転職回数などのフィルターが設けられていることがあります。そのため、転職サイトから応募するだけでは、機械的に落とされてしまう可能性があるので、転職エージェントも併用することをおすすめします。

Q:転職しなくても転職エージェントに登録してもいいのですか?
A:問題ありません。転職する・しないは個人の自由なので、転職する・しないに関わらず登録できます。個人的には社外における自分の市場価値を知るためにも、スカウトなどを受け取れる状態にしておくことをおすすめします。

Q:同じ求人に2つ以上の転職エージェントから応募していいですか?
A:問題ないです。募集している企業と転職エージェントの関係性によって通過率が変わることがあるので、転職エージェントAで応募して落ちても、転職エージェントBで応募したら通過したということがあり得るため、応募してみてください。

Q:ヘッドハンターと転職エージェントの違いはなんですか?
A:ヘッドハンターはこちらが転職する・しないに関わらず、求人に合う人材に声をかけてきますが、転職エージェントは自主的に転職したい人が使うサービスです。転職エージェントの中にもハイクラス求人を取り扱う会社がありますが、ヘッドハンティング会社が取り扱い求人とは大きな差があります。キャリアアップを目指して転職活動を行う場合は、ヘッドハンティング会社と転職エージェントを並行して利用するのがおすすめです。

Q:転職エージェントの担当者を交代してもらうことはできますか?
A:可能です。自分に合わない転職エージェントの担当にあたった場合は担当の変更を申し出てみてください。転職エージェントによっては、担当変更申し込みの窓口や問い合わせ先があるので確認してみてください。

Q:利用開始から転職まで最短でどれくらいかかりますか?
A:登録後、面談をすればすぐに利用できます。最短で即日で利用できる転職エージェントもあります。

Q:転職エージェントは土日も使えますか?
A:利用できます。平日に転職活動をするのが難しい人が多いので、転職エージェントは土日も稼働しています。自分のスケジュールに合わせて利用してみてください。

おすすめ転職エージェント一覧・比較表

サービスdoda転職エージェントリクルートエージェントパソナキャリアマイナビエージェントtype転職エージェントJACリクルートメントGeekly(ギークリー)クライス&カンパニープロフェッショナルバンクリクルートダイレクトスカウト
doda転職エージェントリクルートエージェントパソナキャリアマイナビエージェントtype転職エージェントJACリクルートメントGeekly(ギークリー)クライス&カンパニープロフェッショナルバンクリクルートダイレクトスカウト
公開求人数129,825192,70239,774非公開7,65013,17414,1826,478非公開215,594
非公開求人数37,010248,364非公開非公開17,194非公開非公開17,191非公開非公開
利用満足度★★★★★★★★★★★★★★・★★★★★★★★★・★★★★★★★★★★★★★★★★★★★・★★★★・
求人検索機能-
対象年代20代〜50代20代〜50代20代〜40代20代〜40代20代〜40代20代〜40代20代〜30代30代30代〜50代30代〜40代
種類転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職サイト
おすすめポイント非公開求人3万件以上。幅広い求人に対応非公開求人20万件以上。転職支援実績No.1の最大手幅広い求人を紹介してくれる転職未経験者向け経験の浅い人でも使える転職エージェント第二新卒や20代に強い転職エージェント業界別に特化した転職エージェントが在籍ベンチャー企業の人事とのリレーションが強い中規模なエージェントで対応が細かい。ハイクラス求人も多いのでおすすめハイクラス求人が多いリクルートが展開するハイクラス向けスカウトサービス
エリア全国全国全国全国東京・神奈川・埼玉・千葉全国全国東京・神奈川・埼玉・千葉全国全国
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

(公開求人数、非公開求人数:2022年5月18日現在)

執筆者・監修者のmoto(戸塚俊介)について

moto(戸塚俊介)
moto(戸塚俊介)

1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など7社に転職後、副業の転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社HIRED株式会社の代表取締役。著書に『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)がある。(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)。

button