【評判】プロフェッショナルバンクは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

プロフェッショナルバンク

プロフェッショナルバンクの基本情報とサービス紹介

【30代・経営ブレーンの転職支援】プロフェッショナルバンク_30代Superman編(L字)

まずはじめに、プロフェッショナルバンクの基本情報をご紹介します。

サービス名プロフェッショナルバンク
運営会社株式会社プロフェッショナルバンク
公開求人数147(2024年6月12日現在)
非公開求人数3,000件以上(2024年6月12日現在)
特徴・30代のハイクラス求人は他社よりも圧倒的に多い
・技術職のヘッドハンティングに強い
おすすめポイントハイクラス求人が多くキャリアアップに最適
おすすめ度★★★★・
対応地域全国
公式サイトhttps://www.pro-bank.co.jp/

プロフェッショナルバンクの評判

プロフェッショナルバンク』は、30代をメインに扱うハイクラス転職向けの転職エージェントです。ヘッドハンティングも行っているため、今すぐに転職を考えていなくても、良い求人があったときに紹介してもらうことができます。

ヘッドハンティングの求人は企業人事側の評判が良く、ハイクラス求人は他社よりも多めです。

プロフェッショナルバンク 3つの特長

通常の求人についても、ハイクラス求人が多いのでキャリアアップに最適です。エージェントの担当者には優秀な方が多く、とても信頼できる転職エージェントでした。ただ、欲を言えば、もう少し求人数がほしいところ。

ビズリーチ』や『リクルートダイレクトスカウト』など、ほかの転職サービスと併用して利用するのがおすすめです。

ビズリーチ

ビズリーチ

口コミ:ビズリーチ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:272,180(2024年6月12日現在)
求人数増減:+1,120(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

ハイクラスに最もおすすめの転職サイトが『ビズリーチ』。

ハイクラス向けスカウト型転職サービスで、公開求人数は20万件以上あり、ハイクラス向け転職サイトの中でトップクラスの求人数を誇ります。プロフェッショナルバンクと合わせて使うことで、効率的に転職活動を進められます。

出典:公式サイト

プロフェッショナルバンクを利用した人の口コミ

プロフェッショナルバンクを利用した人の声はSNSでも多くあります。SNSで募集して集まったプロフェッショナルバンクに対する良かった声、悪かった声を掲載しておきます。

プロフェッショナルバンクの口コミ評価

  • 38歳・男性
    30代後半で未経験の職種への転職でしたが、担当のエージェントの方が求められているスキルと私が経験してきたスキルを上手く整理してくれて、希望していた転職を成功させることが出来ました。年収は変わらなかったのですが、やりがいを求めていた為、満足しています。

  • 1人で転職を行なっていたら、諦めていたと思うので本当に利用して良かったです。

  • 37歳・女性
    プロフェッショナルバンクを利用して転職しました。結論から言うと求人の質が高く、年収も上げることに成功しました。30代での転職でしたが未経験での転職をすることができ、新しい業界へ身を置くことができました。

  • プロフェッショナルバンクさんは親身に相談に乗ってくれたので、未経験での転職にも踏み切ることができました。

  • 45歳・男性
    とにかく年収を上げることを考えて転職を希望していました。現職の会社でも給与面は同年代より比較的高いほうでしたが、これ以上の昇給は見込めないと考えたからです。友人の紹介もあり、ハイクラス転職に特化したプロフェッショナルバンクを利用しました。

  • 登録してすぐに高年収のオファーを頂戴でき、評判以上に良い転職サイトだと思いました。困ったことがあっても専任サポートがフォローしてくれるので、不便に感じることもありませんでした。

  • 40歳・男性
    ハイクラス特化の転職サイトで高年収オファーが多いというのを口コミを見つけて、興味本位と転職希望半々ぐらいで登録しました。勤めていた会社に大きな不満はなかったものの、やりがいも感じられなくなっていたことがきっかけでした。

  • これまでの経歴を登録したところ、年収1千万円超のオファーが次々と来たので正直驚きました。スカウトメールに詳細な業務内容の記載があり、興味が持てた企業とやり取りを行いました。とんとん拍子で内定をいただくことができ、思ってもみなかったキャリアをスタートしました。

  • 結果的に年収も上がり、非常に満足しています。高年収オファーが多いので登録してスカウトメールを見るだけでも価値があると思います。

  • 会社メールにヘッドハンティングのメールきたる。プロフェッショナルバンクという会社。個人情報だだ漏れやん。残業代なくなって給料減りました。騙されないように無視します。甘い話はこの世にありません。

    出典:X(旧Twitter)

  • 26.プロフェッショナルバンク •専門職(会計士、弁護士、税理士など)向けのエージェント •高度な専門知識を活かせる案件が多い •専門分野に強いキャリアアドバイザーによるサポート

    出典:X(旧Twitter)

  • 株式会社プロフェッショナルバンクが経営者・人事採用担当者対象リファラル採用に関する調査結果を発表。 「企業の約8割がリファラル採用を実施。今後の採用を担う有効な手法として注目高まる」

    出典:X(旧Twitter)

  • プロフェッショナルバンクは、2023年「上場企業の女性社外役員就任動向・傾向」分析を発表。一都三県の上場企業、女性社外役員が1年で1.2倍に増加し、2,357人に。東証プライム市場の女性社外役員就任企業率は83.8%に。

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職市場の状況やヘッドハンティングされるコツについてプロフェッショナルバンク髙本さんにインタビュー。 ・ヘッドハンターの目に留まりやすいように自分を発信 ・キャリアに興味を持っていること ・今の会社での実績、社内評価や性格、人柄などがとても重要

    出典:X(旧Twitter)

  • どんな人材がヘッドハンティングされるの?🧑‍💼 これまで数千人以上のキャリア支援に携わってきた、株式会社プロフェッショナルバンク 取締役常務執行役員の髙本尊通さんにコツを伺いました! ✍️ #転職 #ヘッドハンティング #キャリアアップ

    出典:X(旧Twitter)

  • 🐸人材ニュース🐸 株式会社プロフェッショナルバンクは、上場企業の女性社外役員の属性や志向性をデータベース化した「女性社外役DB」をもとに女性社外役員の選任動向・傾向の分析を行いました。 一都三県の上場企業の57.2%が女性社外役員を採用していることが分かりました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 株式会社プロフェッショナルバンクが一都三県の上場企業における「女性社外役員の選任動向・傾向の分析」結果を発表。 「女性社外役員は約1年で447人増加、昨対比で1.3倍に。女性社外役員を採用している企業は48%から57%へ約1割増加」

    出典:X(旧Twitter)

  • "プロフェッショナルバンクさん”の記事がよく読まれているよ👀 コミュニケーションを活発化とお仕事の効率を上げるためのデザインされた素敵なオフィス✨ どんなオフィスかばちゃると一緒に覗いでみない🐒? #バチャナビ #オフィスツアー #プロフェッショナルバンク

    出典:X(旧Twitter)

  • 人材紹介事業などをしてるプロフェッショナルバンクさんに行ってきたよ👀🐒洗練されたかっこいいオフィスだった✨✨ #プロフェッショナルバンク #バチャナビ #オフィスツアー #新卒 #中途 #インターン 

    出典:X(旧Twitter)

  • 【対談連載】プロフェッショナルバンク 代表取締役社長 兒玉 彰(下) #BCN #千人回峰 #近畿地方 #兵庫県

    出典:X(旧Twitter)

  • 🐸人材ニュース🐸 株式会社プロフェッショナルバンクは、企業の経営者や人事・採用担当者を対象に「再雇用(アルムナイ採用)」をテーマとする調査を実施しました。 過去に在籍していた社員を再雇用(アルムナイ採用)をしたことがある企業は67%でした。 

    出典:X(旧Twitter)

  • プロフェッショナルバンクは、クライアント企業の経営者、人事・採用担当者を対象に『再雇用(アルムナイ採用)』に関するアンケート調査を実施。企業の約7割が「再雇用(アルムナイ採用)を実施したことがある」と回答。再雇用後の職種の1位は技術職。

    出典:X(旧Twitter)

  • 🐸コロナ禍から3年#02🐸 コロナ禍で現場の採用担当者と求職者はどう変化したのでしょうか? 特集第2回目では、25年以上人材ビジネスに携わり知見を深めてきた株式会社プロフェッショナルバンクの高本氏にコロナ禍における人材業界の変化と今後の動向について話を伺いました! 

    出典:X(旧Twitter)

  • あるライフイベントを消化してからプロフェッショナルバンクに登録することにした。多分転職ならここがいいと直感で決めたけど、まだ登録はちょっと先だね。

    出典:X(旧Twitter)

  • 先日プロフェッショナルバンクとかいうエージェント会社からスカウトメールが届いて求人提案されたけど検討して断ったらそのメールにすら返信なかった。 こういう外れエージェントを見極める能力も大事だなぁと思う。 しかも年中募集してるのを他のサイトで知ってた求人を、急募ですって紹介された。

    出典:X(旧Twitter)

  • doda経由でメールが来たプロフェッショナルバンクっていうところのエージェントさんと電話面談して、履歴書と職務経歴書送ったら添削してもらえました

    出典:X(旧Twitter)

  • プロフェッショナルバンクからスカウトメールが来たので見に行ったら、「ヘッドハンティングでお声がけした方へ」というページに案内され、丁寧な説明に好印象。後日、あのbaigieさんがサイト制作したと知り「あ、なるほどね」ってなりました(笑) でも転職はしない!私はブラザシップで頑張るのだ!

    出典:X(旧Twitter)

  • 一昨日の日中、 唐突にプロフェッショナルバンクさんという会社さんからヘッドハンティングの✉️が来た( Д )⊙ ⊙ ̖́- どこからアドレスを仕入れてくるんかな? まぁ当然名刺に書いてはあるんだけど。 今は土木よりも建築設備の管理をメインにしているので、以前のご縁の繋がりかしら……🤔

    出典:X(旧Twitter)

  • プロフェッショナルバンクのヘッドハンティングメールうざ・・ そも引き抜きって基本的によろしくない

    出典:X(旧Twitter)

  • プロフェッショナルバンクとか言う会社、引き抜きメールいい加減送るのやめてくれ。 定期的に共通構文でメールくるな。鬱陶しい事この上ない

    出典:X(旧Twitter)

  • ちょいと忙しくて申し訳ないことに無視し続けてたプロフェッショナルバンク経由のお誘い、依頼元はどこだったんだろうか。。。

    出典:X(旧Twitter)

  • プロフェッショナルバンクって会社のメールがうざいんだけどどうなのここ

    出典:X(旧Twitter)

  • プロフェッショナルバンクってヘッドハンティングか。いきなり電話かかってきて、ひとまず名乗らずお断りしたんだが、何処から電話番号入手したんだ、、、

    出典:X(旧Twitter)

  • プロフェッショナルバンクってところからメール来てるけどどっからアドレス手に入れたん?怪しすぎるやろ...

    出典:X(旧Twitter)

  • いますぐ転職すべきです。プロフェッショナルバンクとか、いろいろな転職サイトがあります。「今の事務所でダメならどこいってもダメ」なんてことはあり得ません。弁護士ってだけで、世の中ではアドバンテージがあるのです。とにかく、環境を変えましょう。フォローしたのでいつでもDMください。

    出典:X(旧Twitter)

  • プロフェッショナルバンクとかいう会社からヘッドハンティングのメールが来るんだけど、会社アドレスにメールするとか営業戦略アホじゃないんかな笑 会社アドレスのメールは普通会社の監視下にあるよ笑

    出典:X(旧Twitter)

  • 偶然にも私、プロフェッショナルバンクを利用して転職しました😳

    出典:X(旧Twitter)

  • プロフェッショナルバンクというところから ヘッドハンティングのメールが各週で届いてるんだが、 信用度が判断できない。

    出典:X(旧Twitter)

  • 私、プロフェッショナルバンクの高本氏のみにしかお会いしたことないのですが、 群を抜いて素晴らしいビジネスパーソンでした。 その衝撃は今の私の仕事のスタイル、しいては人間力に影響を及ぼしています。

    出典:X(旧Twitter)

  • 永久使用不可。。理由が気になる。ビズリーチ経由でコンタクトしてくるエージェント全てという訳ではないですが、早く動かしてやろうという魂胆の人が多いです。ただ、中にはプロフェッショナルバンク社、プロコミット社等真っ当な商売をしている会社さんもありますけど。会社というより人によりけり?

    出典:X(旧Twitter)

  • プロフェッショナルバンク。「ところで、こういうのもあるんですが…」という案件こそが実は凄い。どうやって案件を持ってくるんだろう…そして、腕に自信がある人向けだと思った。

    出典:X(旧Twitter)

  • プロフェッショナルバンクというところからオポチュニティーメールがきたんですが、どうなんですかここ。 ていうか依頼主の概要読む限り、うちの会社のお客さんクサイところがあるんだけど。。。

    出典:X(旧Twitter)

(口コミ評価は、体験談投稿フォームで随時募集しています)

出典:公式サイト

プロフェッショナルバンク以外のおすすめ転職サービス

ほかの転職サービスも並行して利用することで、より転職活動を効率的に進めることができます。下記にいくつかハイクラス転職におすすめの転職サイト転職エージェントをご紹介します。

マイナビスカウティング

マイナビスカウティング

口コミ:マイナビスカウティング 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:54,250(2024年6月12日現在)
求人数増減:-2,971(先週比↓down)
【公式サイト】https://scouting.mynavi.jp/

ビズリーチ

ビズリーチ

口コミ:ビズリーチ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:272,180(2024年6月12日現在)
求人数増減:+1,120(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

MS-Japan

MS-Japan

口コミ:MS-Japan 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:10,250(2024年6月12日現在)
求人数増減:+21(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.jmsc.co.jp/lp/001/

ミドルの転職

ミドルの転職

口コミ:ミドルの転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:300,092(2024年6月12日現在)
求人数増減:+1,926(先週比↑up)
【公式サイト】https://mid-tenshoku.com/

doda X

doda X

口コミ:doda X 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:53,377(2024年6月12日現在)
求人数増減:+818(先週比↑up)
【公式サイト】https://doda-x.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:38,512(2024年6月12日現在)
求人数増減:+598(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

アサイン

アサイン

口コミ:アサイン 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://assign-inc.com/

AMBI(アンビ)

AMBI(アンビ)

口コミ:AMBI(アンビ) 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:163,351(2024年6月12日現在)
求人数増減:-7,621(先週比↓down)
【公式サイト】https://en-ambi.com/

よくある質問

プロフェッショナルバンクに関するよくある質問と回答をご紹介します。

Q:プロフェッショナルバンクは使えないって本当ですか?

A:基本的に転職エージェントやヘッドハンターの質によって左右されるため、一概に使えないとは言えません。優秀なエージェントに出会うことができれば、紹介される求人の質も高くなります。プロフェッショナルバンクは掲載されている求人の質が高いため、安心して利用できる転職サイトと言えます。

Q:プロフェッショナルバンクはどの年齢層におすすめですか?

A:プロフェッショナルバンクは20代から50代におすすめです。ハイクラス向けの求人も多く保有しているため、若手からミドル、シニア世代まで利用することができます。

Q:プロフェッショナルバンクは女性にもおすすめですか?

A:おすすめできます。女性向け求人も豊富に掲載されているため、女性の転職にも非常におすすめです。

Q:プロフェッショナルバンクは登録したら会社にバレますか?

A:在籍している会社に自分のプロフィールを表示しない機能があるため、バレることはありません。また、エージェントの担当者に気を付けてもらうよう伝えておけば、より安心して利用することができます。

Q:プロフェッショナルバンクはすぐに退会できますか?

A:できます。担当の転職エージェントやヘッドハンターに退会する旨を直接連絡することで退会手続きを取ることができます。

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報