【40代向け】40代の転職で評判の良い転職サイトと転職エージェント

私はこれまでに5回以上の転職活動を経験してきました。

地方ホームセンターやリクルート、上場ベンチャー企業などに転職してきましたが、いずれの転職でも転職サイトと転職エージェントを利用してきました。

これまでの転職活動を通じて、50社以上の転職サイトと転職エージェントを利用してきましたが、今回は40代の転職で評判の良いおすすめ転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

40代の転職で大切なポイント

40代の転職はこれまでの職務内容、役職、年収、転職回数が重点的に見られます。

また、年収650万円以上の40代は人材業界では「ハイクラス」として扱われ、転職エージェントの対応も変わってきます。ハイクラスのみの転職サイトはこちらの記事にまとめています。

40代の場合、ポジションなども上がってくるため、基本的に転職エージェントを通じて応募するのがおすすめです。

転職サイトに求人を出している企業は、転職サイトからの応募者に対して、年齢や学歴、転職回数などのフィルターを設けていることがあるため、転職サイトから応募では「機械的」に落とされてしまうことがあります。求人要項に「35歳以下」と設定されていたらと、自動的に落とされてしまうのです。

効率的に転職活動をするためにも、転職エージェントを活用するのが個人的にはおすすめです。

40代の転職で最も役立ったおすすめ転職サイトと転職エージェント

40代の転職で最も評判の良かった転職サイトと転職エージェントをご紹介します。「高年収(1,000万以上)」「役職あり」「非公開」など40代向けの求人が豊富にあります。

リクルートエージェント

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.r-agent.com

リクルートエージェント』は幅広い年代層に対応しており、40代の転職においても手厚いアドバイスをもらえます。

若手の担当が多いですが、希望すれば同年代の担当に変えてもらうこともできるので、自分がやりやすい担当を見つけて転職活動を進めていくことができます。総合転職エージェントとあって、求人はかなり豊富です。

また、現年収が650万円以上であれば「エクゼクティブエージェント」がつきます。ハイクラス専門に扱う部隊が対応してくれるので、役員案件や高待遇の求人を紹介してくれるケースもあるので利用してみてください。

JACリクルートメント

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp

JACリクルートメント』は高いポジションの求人を得意とする転職エージェントです。日系大手や外資系企業の管理職や事業責任者などの求人が多いです。

転職エージェントである担当者のレベルも他社に比べて高く、選考過程においても安心感がありました。

外資や日系大手などの求人が多く、ベンチャー系は少なめです。年収帯は800万~2,000万円と幅広く、30-40代のミドルやエクゼクティブ層はとても使いやすいエージェントだと思います。

JACは業界別に担当がいるため専門性が高く、面接前には過去の採用傾向や求める人物像などについてアドバイスをもらえるので、面接などが不安な方などにもおすすめです。

ビズリーチ

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.bizreach.jp

ビズリーチ』は転職サイトですが、年収1,000万円を超える求人も多く掲載されているサイトです。40代でメインに使うサイトではないかもしれませんが、世の中の求人を眺めるだけでも参考になります。

転職エージェントからのDMが多いのがイマイチですが、企業のレベルや求人の質は高いです。外資系コンサル、外資系投資銀行、日系大手商社やメガバンクなどのハイクラス求人が掲載されています。

気になる求人があれば応募もできるので、こちらもサブ的に使ってみるのがおすすめです。

40代の転職で使って良かったおすすめ転職エージェント

転職エージェントは、エージェント毎に持っている求人が異なります。そのため、複数登録しておくのがおすすめです。40代の転職における選択肢は決して多くないので、様々な求人を見ておく方が良いです。

キャリアカーバー

おすすめ度:★★★★・

【公式サイト】https://careercarver.jp/

リクルートが展開しているハイクラス向け転職サービスの『キャリアカーバー』もおすすめです。

キャリアカーバーを使っている転職エージェントの年齢層は比較的高いため、40代の同業界出身者などに担当してもらうことができます。

求人は日系大手が多く、ポジションや年収も高めの求人が多かったです。リクルートエージェントよりも求人のレベルは高いので、うまく使い分けをするのがおすすめです。

doda転職エージェント

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://doda.jp

総合系の転職エージェントでおすすめなのが『doda転職エージェント』です。ほかの転職エージェントに比べて幅広く求人を提案してくれます。

40代の転職は求人が限られてくるため、同業に限らず、多くの求人を見ることが大切です。doda転職エージェントはリクルートエージェントに次いで求人が多いため、登録しておいて損はないです。

役職系求人などはあまり多くありませんが、幅広く求人を見るという点においてはかなり活用できると思います。

パソナキャリア

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】 http://www.pasonacareer.jp

パソナキャリア』は、40代の求人は少ないものの、手厚いサポートでしっかりと転職活動をサポートしてくれます。

サポートの充実度については、利用者からも高い評価を受けており、オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で3年連続第1位を獲得しています。

転職を考えていなくても、長期的なコミュニケーションをとってくれるのもパソナの特徴です。転職するか、残留するかを考えている段階でも、相談に乗ってくれるので活用してみてください。

クライス&カンパニー

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】  https://www.kandc.com

クライス・アンド・カンパニー』は、40代の求人のラインナップが多く、年収交渉やキャリアの相談にしっかりと応じてくれると評判でした。

中でも40代からキャリアアップを狙った転職をする際に役立ったという声が多く、ミドルからエクゼクティグの間で評判の高いエージェントです。

年収900万~1,000万の求人が多くあり、採用の背景なども説明してもらった上で応募できるので、納得した上で面接に進むことができます。今後のキャリアも引き上げていきたいと考える求職者にはおすすめです。

40代の転職で役立ったおすすめ転職サイト

基本的に40代の転職は転職エージェントを活用したほうが良いですが、転職サイトにしかない求人もあったので、念のためご紹介しておきます。

doda

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://doda.jp

40代の転職で意外と使われていたのが転職サイトの『doda』です。転職エージェントと合わせて使っておくのがおすすめです。

dodaの転職サイトで40代向けの気になる求人を見つけて、転職エージェント経由で紹介してもらうのがおすすめ。

ミドルの転職

おすすめ度:★★★★・

【公式サイト】https://mid-tenshoku.com/

ハイクラス向けになりますが、30代と40代をメインに扱う転職サイトです。ミドルの転職は求人のレベルが高く、案件がとても良かったです。求人は日系大手や外資系企業が多く、質の高い求人を見つけることができました。

年収1,000万の求人案件も多く、サイトが使いやすいのもポイント高いですがもう少し求人案件がほしいところ。JACリクルートメントやクライス&カンパニーなど、他の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

LinkedIn

おすすめ度:★★★★・

【公式サイト】 https://jp.linkedin.com

転職サイトとは少し毛色が違いますが、LinkedInも登録しておいた方が良いです。

定期的に送られてくるDMにも優良求人が載っているので、見ておいて損ないです。まだまだ使いにくい側面が多いですが、登録してスカウトを待つだけでも良いと思います。

40代転職で転職サイトと合わせて見るべきサイト

会社の情報は事前に必ずチェックしておいた方が良いです。特に年収の高い転職は慎重になりがちです。僕は転職前に必ずVOKERSをチェックしています。

ミイダス

【公式サイト】 https://miidas.jp

現時点で自分にどれくらい市場価値(年収)があるのか『ミイダス』で調べることが出来ます。いくつかの質問に答えるだけで、自分の年収や紹介される求人のレベルがわかります。

僕は転職時に参考程度に使っています。やってみる価値あります。40代の転職において提示されるオファー金額の妥当性や、どれくらいの年収で転職するべきかというラインの参考になります。

40代の転職における年収は後のキャリアにおいても重要なので、やってみることをおすすめします。

転職会議

【公式サイト】 https://jobtalk.jp

40代の転職は次のキャリアへの影響が大きいため、しっかり下調べをする必要があります。私は『転職会議』を見ることで企業の下調べを徹底していました。

中でも年収と退職理由を中心に見ることで「どんな理由で辞めているのか」「年収はどれくらい上がるのか」を確認しました。転職サイトで募集されている正社員のコメントだけでなく、派遣社員や契約社員の口コミもあるので、情報を幅広く見ることができます。

OpenWork

【公式サイト】  https://www.vorkers.com

個人的には信憑性が高いと思っている『OpenWork』。組織風土や給与などについて詳しく書かれており、直近の書き込みも多くあるので参考になります。年収と社風を参考にしてます。

転職エージェントや転職サイトの情報だけでは確実に不足なので、見ておいた方が良いです。上位役職者のコメントなどは少ないので、あくまで現場の意見として参考にすると良いです。

40代の転職で大切にすべきこと

これは基本でもありますが、転職活動は「自分という“商品”を企業に売り込む営業活動」です。

これまで積み上げてきた“自分の経験やスキル”を商品にして「どんなことができるのか」「どう役立つか」「値段はいくらなのか」という“自分の営業”を展開していくのが転職活動の基本です。

「御社のサービスに魅力を感じてー」とか「優秀な人が多いのでー」という「自分が志望企業に入りたい理由」を伝えるより「自分を雇うことのメリット」を伝えた方が、採用する側の納得度は高まります。

また「自分を雇うメリット」が相手のニーズと合致していれば、採用確度は更に高くなります。

転職活動も営業も「自分のスゴいところ」を推すのではなく「相手が求めていることに対して、自分に出来ること」を伝えるのが基本です。40代の転職では、この部分が出来ていないと厳しい転職活動になると思います。

40代の転職はキャリアにおいて重要な選択となるので、自分に合った転職サイトと転職エージェントを使って転職しましょう。

私のこれまでの転職活動について書いた書籍が発売されました。おかげさまでAmazon総合ランキング1位を獲得を獲得するベストセラーとなりました。ぜひこちらも読んでみてください。