【女性向け】おすすめ転職エージェント比較ランキング|転職のプロが徹底解説

女性のおすすめ転職エージェント

この記事は、これまでに5回以上の転職活動を経験し、50社以上の転職サイトと転職エージェントを利用してきたmoto(戸塚俊介)が、これから転職活動を行う女性向けに、おすすめ転職サイトと転職エージェントを比較しました。公開求人数や非公開求人数を転職サイトと転職エージェントごとに比較し、ランキングにしています。

本記事の筆者であるmoto(戸塚俊介)は、リクルートやベンチャー企業など7社へ転職し、転職に関する知見を発信し、さまざまなメディアで取り上げられました。Twitter(@moto_recruit)のフォロワーは10万人を超え、転職経験を書いた書籍『転職と副業のかけ算』はAmazonランキングで総合1位のベストセラーとなっています。

筆者のキャリアやこれまでの実績についてはプロフィールをご覧ください。

女性の転職におすすめな転職エージェントの選び方

女性の転職では、総合求人に特化した転職エージェントを利用するのも良いですが、女性の転職に特化した転職エージェントを使うのがおすすめです。

本記事で女性向けおすすめ転職エージェントをランキング形式でご紹介するので参考にしてみてください。

女性の転職活動でおすすめなやり方

女性が転職活動する際におすすめな方法は「転職サイトで応募したい求人を見つけ、転職エージェントを使って応募する方法」です。

具体的には、下記の順番で転職サイトと転職エージェントを利用していきます。

【転職サイトと転職エージェントを使った応募方法】
1.  女性に強い転職サイトに登録する
2.  転職サイトで求人情報を検索する
3.  気になった求人を転職エージェントに伝える
4.  転職エージェントから推薦状付きで応募する

この方法のメリットは、転職サイトで応募しただけでは落ちてしまう求人に、転職エージェントに推薦してもらうことで通過しやすくなることです。転職サイトは、応募者にフィルターをかけていることがあり、本来通過する書類も落とされてしまうことがあります。

派遣や契約社員からの転職を考えている女性の方や、転職回数の多い方、休職期間がある方などには、この方法がおすすめです。

転職エージェントはすべて無料で使えるので、まずは自分の今後の転職について相談するだけでも良いと思います。

転職エージェントの登録の流れ

転職エージェントに登録すると「面談のご案内」という連絡がメールで届きます。

その後、各転職エージェントの担当者と日程を調整し、60分ほどの面談を通して「自分に合う求人」を紹介してもらう流れになります。その後は書類の添削や面談対策なども行ってくれます。

転職エージェントの登録の流れ

転職エージェントは基本的に無料で利用することができ、書類の添削から面談、入社時期交渉や年収交渉まで行ってくれます。転職サイトと違って第三者となる転職エージェントがやってくれるので、転職活動をストレスなく効率的に行うことができます。

女性におすすめな転職エージェントランキング

女性の転職者で最も多くの人が使っていた転職エージェントをご紹介します。

いずれも「大手だから安心できた」「女性のキャリアをちゃんと考えてくれた」「いい求人を提案してくれた」と評判の良い転職エージェントです。

1位:doda転職エージェント

doda転職エージェント

口コミ:doda転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:143,374(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://doda.jp/consultant/

女性向けおすすめ転職エージェントの1位は『doda転職エージェント』です。

転職サイト「doda」が運営する転職エージェントがおすすめです。転職サイトであるdoda中の女性向けコンテンツである「Woman Career」で求人を探し、 doda転職エージェントを使って応募するのが良いです。

また、dodaでは「dodaプレミアムトークセッションオンラインdoda×moto」などのイベントも毎年開催しています。

dodaは求人の量と質ともに女性に人気にある転職サイトなので、登録して求人を眺めるだけでもおすすめです。中でもサイト内にある「転職人気企業ランキング」は参考になるので見てみてください。

doda転職人気企業ランキング2022

dodaの転職エージェントは、希望した求人をちゃんと提案してくれますが、企業担当と求職者の面談担当が分かれているため、企業情報は少し薄い感じがありました。

とはいえ、大手とあって大きな不満はなく、転職サイト、転職エージェントともに利用価値は高かったので登録しておいて損はないです。

]

2位:LIBZ(リブズ)

LIBZ

口コミ:LIBZ(リブズ) 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://career.prismy.jp/

女性向けおすすめ転職エージェント2位は『LIBZ(リブズ)』です。

元リクルートの方が立ち上げた女性に特化した転職サイトです。年収400万円以上の正社員案件を厳選して紹介してくれます。人材業界の中でも有名になりつつあり、働き方を重視する女性に人気のある転職サービスです。

LIBZは「女性がワークライフバランスを大切にしながら活躍できる求人」をメインに扱っているため、働き方やキャリアを考えている女性の方はぜひ一度相談してみてください。すべて無料で利用できます。

3位:リクルートエージェント

リクルートエージェント

口コミ:リクルートエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:224,209(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

女性向け転職エージェント3位は『リクルートエージェント』でした。

年代問わず利用でき、総合的に求人を提案してくれます。初めての転職でも2回目以降の転職でも、毎回役に立ったという女性転職者の声が多い転職エージェントでした。

リクナビNEXT』との連携や、面接日時の設定、求人検索、応募までの一連の流れが非常に使いやすく、安心感があります。システム的に送られてくる求人のレコメンド精度はイマイチですが、それ以外はとても良いのでまず登録しておいて間違いのない転職エージェントです。

4位:マイナビエージェント

マイナビエージェント

口コミ:マイナビエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

女性向けおすすめ転職エージェントの4位は『マイナビエージェント』です。契約社員や経験年数が少ない、ブランクがあるなどの女性転職者でも結構がんばって推薦してくれる転職エージェントです。

女性の利用者に感想を聞いてみたところ、マイナビエージェントはほかのエージェントに比べてレスが早く、サポート熱心だったとのこと(職務経歴書や履歴書について丁寧なアドバイスをいただけるようです)。

初めての転職や、書類の書き方、面接が不安な人におすすめの転職エージェントです。

5位:type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

口コミ:type女性の転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:5,929(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://type.woman-agent.jp/

女性向けおすすめ転職エージェント5位は『type女性の転職エージェント』です。

「女性の転職エージェント」と謳っているだけあって、女性のキャリアについて熱心に取り組んでくれます。求人は日系大手から外資、中小など幅広く、企業の書類選考や年収交渉をかなりがんばってくれます。

type女の転職の中で「オンライン面接に潜む落とし穴とは? motoさんに聞くミスマッチ転職を防ぐコツ」についてお話させてもらいました。

面接前に過去に出た問題や、内定する人の傾向などを細かく教えてもらえるため、とても信頼できると思います。

6位:パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:39,480(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

女性向けおすすめ転職エージェント6位は『パソナキャリア』。ほかの転職エージェントに比べて幅広く求人を提案してくれます。

自分のキャリアに寄り添って提案してくれる転職エージェントであるため、結婚や出産など、ライフイベントを重視する女性におすすめです。本当に数多くの求人を提案してくれるので、いろいろな求人を幅広く見た上で判断したいという方はぜひ使ってみてください。

転職エージェントではありますが、求人情報の収集先としても非常に便利です。自分が重視する条件を満たしているかどうか、求人をもらうだけでも価値のある転職エージェントです。

7位:JACリクルートメント

JACリクルートメント

口コミ:JACリクルートメント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:14,609(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

女性向けおすすめ転職エージェントの7位は『JACリクルートメント』です。ハイクラス向けなので、キャリアを考える女性におすすめな転職エージェントです。

求人は転職サイトの「ビズリーチ」と同様、外資系や日系大手が多いので、キャリアアップや年収アップ、ハイクラス求人を求める女性に向いています。もちろん、女性の管理職求人などもあり、キャリアを考える女性に人気があります。

僕が実際に使った印象ですが、特定の企業においては、他社の転職エージェントよりも圧倒的に通過率が高く、年収交渉も強かったです。企業ごとに担当が付くので、企業情報を詳細に知ることができる点に安心感がありました。

8位:リクナビNEXT

リクナビNEXT

口コミ:リクナビNEXT 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:63,137(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://next.rikunabi.com/

女性向けおすすめ転職エージェントの8位は『リクナビNEXT』です。

リクナビNEXTには「履歴書」と「職務経歴書」を無料で作成できるツールがあります。ほかの転職サイトと違い、ロゴが入らず、ワードとエクセルへ出力できるので、これだけでも利用価値があります。

リクナビNEXTでは「社内評価が低くても同期や後輩が評価されても焦らなくていい理由――大事なのは社内より“市場”から見た「自分の価値」というお話もさせてもらいました。

リクルート自体が女性のキャリア醸成に力を入れていることもあり、女性の転職特集などが展開されています。業界最大手とあって求人数がとても多く「とりあえずリクナビNEXTに登録する」という女性の転職者は多いです。一通り求人を見て、リクルートエージェントと合わせて活用するのがおすすめです。

9位:doda Woman Career

doda Woman Career

口コミ:doda Woman Career 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:143,374(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://doda.jp/woman/

女性向けおすすめ転職エージェントの9位は転職サイト大手の『doda』。

dodaは女性の転職に力を入れています。求人の量と質ともにリクナビNEXTに次いで人気の高い転職サイトで、中でも「転職人気企業ランキング」は転職者に人気のあるコンテンツです。

doda転職人気企業ランキング2022

転職エージェント機能も持っているため、女性向け求人を転職サイト「doda」で探して、気になった求人を「doda転職エージェント」から応募するという使い方がおすすめです。企業担当と求職者の面談担当が分かれているため、企業情報が少し薄い感じがありますが、女性の求人に強いと評判が良かったです。

10位:マイナビ転職

マイナビ転職

口コミ:マイナビ転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:17,301(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://tenshoku.mynavi.jp/

女性向けおすすめ転職エージェントの10位は『マイナビ転職です。

未経験でも応募できる求人が多く、社歴が浅い状態でも役立ちました。

接客業をしていたときに利用しましたが、他社の転職サイトには掲載されていない穴場的な求人が結構あり、非常に便利でした。女性向けの求人も多くあります。

また、地方に拠点があるため地元の求人に強いです。地方で転職を考える女性は、事務職などの求人が多くあるため、マイナビ転職をメインに転職活動するのがおすすめです。

全国に対応しているので、転職活動をする上で登録しておくべきおすすめ転職サイトの1つです。

女性向け転職エージェントと合わせて見るべき口コミサイト

転職エージェントの情報だけでは「女性の働きやすさはどうなの?」「給与は?」「育休、産休はちゃんと取得できるのか?」など多くの不安が残ります。

その際に参考となるのが、その企業で働いている人の口コミです。転職活動時には下記のサイトを見ることをおすすめします。

1.転職会議

転職会議

口コミ:転職会議 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:235,187(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://jobtalk.jp/

転職会議』は転職サイトに掲載されている企業のほとんどの口コミが掲載されてます。

育児休暇の有無や、女性の働き方、退職理由を中心に見ておくと内情をつかみやすいです。転職サイトで募集されている正社員のコメントだけでなく、派遣社員や契約社員の口コミもあるので、情報を幅広く見ることができます。

2.OpenWork

OpenWork

口コミ:OpenWork 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:98,258(2022年7月6日現在)
【公式サイト】https://www.vorkers.com/

個人的に信憑性が高いと思っているのが『OpenWork』です。組織風土や給与などについて詳しく書かれており、直近の書き込みも多いのでとても参考になります。転職サイトの情報だけではリアリティがないので、OpenWorkで年収や働き方、社風を見てみると良いです。転職時に必ず見ておくことをおすすめします。

女性の転職で気を付けるべきこと

女性のキャリアを考える上では、結婚、出産、育児、介護、家庭の事情など、さまざまなライフイベントについてもを考えておく必要があります。

育児休暇や介護休暇、慶弔休暇など、転職サイトからの直接応募では企業側に聞きにくいことも多いため、転職エージェントを利用して企業へしっかりと聞くことをおすすめします。

自分の事情をしっかりと理解してもらい、自分に合った求人を紹介してくれる転職エージェントに出会うことができれば、転職活動はとても効率的にできるようになります。

しかし、転職エージェントは企業のブランド名よりも、人によるところが大きいので「この人ダメそうだな」という転職エージェントに会ったら、すぐにほかの転職エージェントに切り替えると良いです。経験上、時間の無駄でしかありません。

もし時間のある求職者の人は、厚生労働省が発表している「雇用を取り巻く環境と諸課題について(PDF)」という調査などにも目を通してみてください。

転職はネガティブなものではなく、一貫性があればしっかりと評価されるので、転職サイトや転職エージェントを使って、良い転職をしましょう。

女性向けおすすめ転職エージェント一覧と比較表

最後に、まとめとして「どの転職サイトを利用すべきかわからない」「女性に強い転職エージェントはどこか?」という女性の方向けに比較表を作成しました。これまでご紹介してきた転職エージェントについて、一覧で比較してみてください。

サービスdoda転職エージェントLIBZ(リブズ)リクルートエージェントマイナビエージェントtype女性の転職エージェントパソナキャリアJACリクルートメントリクナビNEXTdoda Woman Careerマイナビ転職
doda転職エージェントLIBZ(リブズ)リクルートエージェントマイナビエージェントtype女性の転職エージェントパソナキャリアJACリクルートメントリクナビNEXTdoda Woman Careerマイナビ転職
運営会社パーソルキャリア株式会社株式会社リブ株式会社リクルート株式会社マイナビ株式会社キャリアデザインセンター株式会社パソナ株式会社ジェイエイシーリクルートメント株式会社リクルートパーソルキャリア株式会社株式会社マイナビ
公開求人数143,374非公開224,209非公開5,92939,48014,60963,137143,37417,301
非公開求人数39,6771,732270,370非公開20,689非公開非公開非公開39,677非公開
利用満足度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★・★★★★・★★★★★★★★★・★★★★★★★★★★
利用料金無料無料無料無料無料無料無料無料無料無料
対象年代20代〜50代30代〜40代20代〜50代20代〜40代20代〜40代20代〜40代20代〜40代20代〜40代20代〜50代20代〜40代
種類転職エージェント転職サイト転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職エージェント転職サイト転職サイト転職サイト
おすすめポイント非公開求人3万件以上。幅広い求人に対応女性の転職情報に特化非公開求人20万件以上。転職支援実績No.1の最大手経験の浅い人でも使える転職エージェント第二新卒や20代に強い転職エージェント幅広い求人を紹介してくれる転職未経験者向け業界別に特化した転職エージェントが在籍最も幅広い求人が見れる日本最大の転職サイト非公開求人3万件以上。幅広い求人に対応他社の転職サイトには掲載されていない穴場的な求人が豊富
エリア全国・海外全国全国・海外全国東京・神奈川・埼玉・千葉全国全国全国全国・海外全国
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

(公開求人数、非公開求人数:2022年7月6日現在)

執筆者・監修者のmoto(戸塚俊介)について

moto(戸塚俊介)
moto(戸塚俊介)

1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など7社に転職後、副業の転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社HIRED株式会社の代表取締役。著書に『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)がある。(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)。

button