【評判】リクルートエージェントは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

リクルートエージェント

目次

リクルートエージェントの基本情報とサービス紹介

まずはじめにリクルートエージェントの基本情報をご紹介します。

サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数332,740(2023年2月1日現在)
非公開求人数276,332(2023年2月1日現在)
特徴・業界No.1の求人から自分に合った求人を紹介してくれる
・キャリアアドバイザーが履歴書作成から面接準備までサポートしてくれる
・職務経歴書エディターなどのツールが豊富で無料で利用できる
おすすめポイント非公開求人20万件以上。転職支援実績No.1の最大手
おすすめ度★★★★★
対応地域全国・海外
有料職業紹介事業許可番号13-ユ-010258
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

リクルートエージェントの評判

リクルートエージェント』は、株式会社リクルートが運営する業界最大手の転職エージェントです。

「システムが使いやすい」「面談で多くの求人を出してもらえた」など、大手ならではの強みが満足度に反映されている感じがしました。

私も実際に利用して内定につなげてもらった経験がありますが、総合的に求人を提案してくれたので、満足度は高かったです。また、非公開求人もマイページで検索できるため、他社にない求人を見ることができます。転職活動時には登録しておいて間違いないです。

出典:公式サイト

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントの特徴は大きく3つあります。

1.求人の約50%以上が非公開求人

リクルートエージェントの最大の強みは掲載求人数の多さです。約25万件以上の求人を保有しており、他社に比べて圧倒的な求人を見ることができます。

リクルートエージェントは、そのうちの約50%以上が非公開求人となっています。

非公開求人は、企業名や募集職種、仕事の内容などを一般に公開していないため、ほかの転職サービスでは出会えない求人を見つけることができます。

なるべく多くの求人を見た方が自分に合った求人を見つけやすくなるため、多くの人がリクルートエージェントを利用して転職活動を行なっているのが実情です。

2.面接力向上セミナーなどの転職サポートがどこよりも充実

リクルートエージェントは転職成功実績を多く持っているため、転職のサポートが充実しています。中でも面接に臨む際のスタンス・考え方などが学べる「面接力向上セミナー」はとても人気が高いです。

SNSでも実際に役立ったという声が数多く出ています。

​転職理由や志望動機におけるシナリオの考え方など、​転職に必要な成功ノウハウを学ぶことができます。参考までにリクルートエージェントがYouTubeで限定公開している面接力向上セミナーの動画をご紹介します。

3.リクルートエージェント独自の業界・企業情報を知れる

リクルートエージェントが人気の理由に、キャリアアドバイザーが業界を熟知している、という点があります。

リクルートエージェントは、担当者が実際に企業の採用担当者への取材を行い、そこで収集した情報をもとに、求人票・企業レポートを作成しています。そのため、通常の求人サイトだけでは得られないリクルートエージェント独自の情報が得られます。

「リクルートエージェントは大手だからコンサルタントの専門性が低い」という声もありますが、決してそのようなことはありません。

4.アプリが使いやすい

リクルートエージェントにはアプリがあり、アプリ上でやりとりすることができます。求人の紹介から面接の日程調整まで、さまざまなことをアプリで完結できるためユーザーから人気があります。

リクルートエージェントアプリでできることは下記の5つです。

・求人検索
・職務経歴書の作成と応募
・選考状況の確認
・履歴書・職務経歴書の添削サービス
・独自の企業情報の確認

リクルートエージェントのアプリは他社と比較して使い勝手が良いため、利用する際はインストールすることをおすすめします。

出典:公式サイト


リクルートエージェントの良い点・悪い点

リクルートエージェントはどうなのか調べるために、筆者も実際にリクルートエージェントを利用しました。

結果からお伝えすると、私はリクルートエージェント経由で合計13社の内定をもらうことができました。

私は地方ホームセンターからキャリアをスタートし、リクルートやベンチャー企業など5社を経験し、年収240万円から年収1,000万円まで上げてきましたが、いずれの転職でもリクルートエージェントを利用しています。

※年収を上げる転職活動方法については、『転職と副業のかけ算-生涯年収を最大化する生き方-』をご覧ください。

リクルートエージェントを使って良かった点は「年収交渉に強い」「求人が圧倒的に多い」という点、逆に悪かった点は「推薦力が弱い」「企業情報が薄い」という点です。

1.良かった点

良かった点は「年収交渉に強いこと」と「求人が圧倒的に多いこと」です。

リクルートエージェントに限らず、転職エージェントというのは求職者が「内定時」に提示された年収の30%~35%を報酬として受け取るビジネスをしています。そのため、年収の交渉は転職エージェントががんばってくれます。

リクルートエージェントは転職エージェント最大手とあって、企業との関係性が強く、年収交渉を強気で行ってくれ、過去の転職活動では年収を100万円ほど上がったオファーをもらったこともあります。もちろん、すべてがリクルートエージェントのおかげではありませんが、交渉をがんばってくれたのは事実です。

また、「数打てば当たる戦法」でたくさんの求人を紹介してくれる点も良かったです。たくさんの求人を見た上で、自分が行きたい企業を判断することができました。

ネットの口コミなどを見ていると「ブラックな求人を紹介された」「すぐに転職するように勧められた」という感想なども目にしますが、彼らは転職が決まらないと売り上げにならないため、決まりやすい求人を紹介してきます。

先ほども伝えたように彼らは入社が決定することで売上になるため、「決まりやすい求人」を優先的に出してくることがあるのです。こうした求人に気を付けながら、本当に行きたい企業を見極めることが大切です。

2.悪かった点

逆に使ってみて感じた悪い点は「推薦力が弱い」ことと「企業情報が薄い」ことです。

リクルートエージェントの転職アドバイザーは数多くの転職者と面談しているため、一人ひとりと向き合う時間に限りがあり、企業に対して推薦する熱量が低い傾向があります。これは大手なので仕方ない面もありますが「もっと推薦してくれたらいいのに…」と思うことは少なからずありました。

また、企業に関する情報も薄いことが多いです。

リクルートエージェントのような大手転職エージェントの場合、入社間もない新人がキャリアアドバイザーとして面談を担当することがあるため、キャリア相談が頼りなかったり、求人への応募をゴリ押しされることがあります。

そのため、このタイプの転職エージェントには、キャリア相談において過度な期待をせず、自分に合いそうな求人を総合的に幅広く出してもらうことに努めると良いです。

また、転職エージェントに言われた企業の情報を鵜呑みにしないことも大切です。必ずほかの口コミサイトなどにも目を通してください。私は主に「転職会議」を利用していました。

転職会議

特にリクルートエージェントの場合、求職者の面談を担当するキャリアアドバイザーと、企業を担当する営業マンが分かれているため、求人情報の詳細や企業の情報については情報が薄いです。

そのため、こうした口コミサイトなどを合わせて見た上で、どの企業の応募するのが良いか考えてみてください。

転職エージェントの場合、紹介された求人に必ず行かなければならないわけではないので、こうしたビジネスであることをこちら側が理解した上で、どう彼らを使うか? を考えることが大切です。

出典:公式サイト

リクルートエージェントがおすすめな人

どんな人にリクルートエージェントがおすすめかを解説します。

1.リクルートエージェントが向いている人

リクルートエージェントは25万件を超える求人を保有しているため、選択肢を広げたい人におすすめです。中でも、下記の悩みを持っている人におすすめできます。

・どの転職エージェントに登録するか悩んでいる人
・たくさんの求人の中から自分に合った求人を紹介してもらいたい人
・信頼できる大手企業の転職サポートを受けたい人

リクルートエージェントは、上記のような人に向いている転職エージェントなので、当てはまる人はぜひ利用してみてください。

2.年代別おすすめ度

年代・性別 おすすめ度 解説
20代 ★★★★★

リクルートエージェントのメインは25〜35歳の転職者なので、20代にはリクルートエージェントがおすすめ。また、合わせて「doda」を併用するとより効率的に転職活動ができます。

30代 ★★★★★

リクルートエージェントは30代のミドル層向け求人も多く取り扱っているため、30代にもおすすめできる。また、合わせて「ビズリーチ」を利用するとハイクラス向けの求人の選択肢も増えます。

40代 ★★★★

リクルートエージェントは業界最大級の求人を保有しているため、40代のミドルシニア層向けの求人も多い。40代に特化した「ミドルの転職」と合わせて利用するのがおすすめ。

女性 ★★★★★

リクルートエージェントは女性向け求人も多く保有しているため、年代問わず女性の転職者にはおすすめです。女性に特化した「type女性の転職エージェント」なども合わせて利用すると良いです。

出典:公式サイト

リクルートエージェントを利用する上での注意点

リクルートエージェントを利用して転職に失敗しないために、下記の注意点をご紹介します。

1.サービスの利用期限は3か月

基本的にリクルートエージェントは、登録から3カ月の間しか転職サポートを受けることができません。

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3か月としています
(出典:リクルートエージェント公式サイト

登録は無料なのでいつでもできますが、登録して3カ月以上放置してしまうとサポートを受けることができなくなってしまうので注意が必要です。

2.退会後、すぐに再登録しても転職サポートを受けられない

転職サポートの3カ月を過ぎた後に退会して再登録をしても、転職サポートを受けることができません。もし、3カ月で転職サポートが切れてしまった場合は、別の転職エージェントを利用することをおすすめします。

3.経験の浅い転職エージェントが担当になる場合がある

リクルートエージェントは、エージェント歴1年未満の社員がキャリア面談などを行うケースがあります。新入社員や未経験の中途社員が担当する場合、あまりマッチしない求人を紹介される可能性があります。

私の場合も、まったく興味のないグループ子会社を紹介されたことがありました。経験の浅い担当者がついてしまった場合は、担当変更を申し出てください。

リクルートエージェントの担当変更方法は「お問い合わせ」に連絡し、担当変更を希望する旨を伝えてください。

自分の人生を左右する大事な転職活動なので、信頼のできるパートナーを見つけましょう。

4.内定が出やすい求人を紹介される

リクルートエージェントの担当者にも目標があります。そのため、ノルマを達成しようと、書類選考などに通過しやすい求人を紹介されることがあります。

こうした求人に応募しないためにも、応募前に「この求人のおすすめポイントはどこですか? 懸念点はありますか?」など、細かく担当者に確認をしておくことをおすすめします。

リクルートエージェントの登録方法

リクルートエージェントへ登録すると、まず面談の日程を調整する連絡が来ます。電話またはメールで日程調整を行い、担当者と面談した後に、求人をもらう、という流れで進んでいきます。

リクルートエージェントは登録時に面談の日程調整をWeb上で行うことができます。

他社の転職エージェントは、登録後に電話もしくはメールで日程調整するのが主流ですが、リクルートエージェントはカレンダーの空いてる時間帯を選択する形で日程調整ができるため、かなり便利です。

リクルートエージェントへの登録の流れは大きく5つです。

リクルートエージェントへの登録の流れ

【転職エージェントの登録の流れ】
手順1.  転職エージェントに登録する
手順2.  面談・カウンセリングを受ける
手順3.  希望する求人の紹介を受ける
手順4.  書類添削・面接対策
手順5.  企業との面接・内定

手順1:転職エージェントに登録する

リクルートエージェントに登録します。登録するとすぐに「面談のご案内」という連絡がメールで届きます。

メールには担当者との面談の日時調整を行うように書かれているので、リクルートエージェントの担当者と面談の日程を調整してください。面談はエージェントとの面談なので、気軽に受けてください。

出典:公式サイト

手順2:面談・カウンセリングを受ける

リクルートエージェントとの面談は、オンラインか電話、または対面で行います。担当のエージェントには主に下記のことを聞かれます。

1. 転職理由
2. 希望の業界・職種
3. 今までの職務経歴・強み・実績
4. 現在の年収・希望年収
5. 現在の転職活動状況
6. 希望する転職時期

エージェントはこの会話をもとにあなたに合った求人を紹介してくれるので、取り繕わずに、思ったことをそのまま伝えてみてください。ここでのコミュニケーションがズレてしまうと、紹介してもらえる求人に満足できなくなる可能性があるので、素直に伝えることを心掛けてください。

リクルートエージェントとの面談は約1時間程度で、専任のエージェントとの1対1のケースがほとんどです。口コミを見ても非常に評判が良いです。

手順3:希望する求人の紹介を受ける

面談後、即日~3日間ほどであなたに合った求人をメールで紹介してくれます。

もし気になる求人があったら、担当者に連絡して応募してみてください。すぐに書類選考、面接へと進むことができます。

もし自分の希望とは合わない求人が送られてきたら、その旨について担当者に連絡してください。それでも自分に合った求人が届かない場合は、エージェントの担当者変更を申し出るか、ほかの転職エージェントと面談をして自分に合うエージェントを見つけることをおすすめします。

手順4:書類添削・面接対策

気になる求人を見つけたら、応募する前にリクルートエージェントに連絡し、書類の添削を依頼してください。

リクルートエージェントはすべて無料で利用でき、書類の添削から面談、入社時期交渉や年収交渉まで行ってくれます。第三者となるリクルートエージェントがやってくれるので、転職活動をストレスなく効率的に行えるのがメリットです。

履歴書や職務経歴書を作成したらリクルートエージェントに添削してもらい、問題なければ応募してもらってください。また、不安であれば面接対策なども行ってもらえるので「面接対策をしてほしい」と伝えてください。

過去にどんな質問をされたのか、どんな人が内定したかなど、詳細に教えてもらえるので、詳しく聞いて面接の対策をしていってください。

面接でどんなことを話せばいいかについては「【転職面接編】面接では“実績のスゴさ”より“プロセスの中身”を語れるー転職面接で見ている3つのポイントとはー」を合わせて読んでみてください。

手順5:企業との面接・内定

書類選考を通過すると企業との面接になります。

マイナビの調査では、転職希望者の応募社数平均は8.4社なので、とにかく数多くの企業に応募して面接を受けることをおすすめします。場数をこなすことで面接にも慣れていきます。

面接の結果についてはリクルートエージェントから連絡がきます。面接が終わったあとに不安であればエージェントに連絡し、企業側へ印象の確認をしてもらうこともおすすめです。

「緊張してうまく話せなかった」「思ったように伝えられなかった」など、面接で感じたことを素直に転職エージェントに伝えておくと、リクルートエージェントが企業側にその旨を連絡してくれます。このやり取りをしておくことも転職活動における大切なポイントです。

無事内定となれば、リクルートエージェントを通じて年収交渉を行って転職活動は終了となります。

出典:公式サイト

リクルートエージェントの面談について

リクルートエージェントとの面談と準備するべきことについてお伝えします。

1.事前に準備しておくもの

リクルートエージェントとの面談には「履歴書」と「職務経歴書」を準備しておきましょう。事前に送付しておくとより良いです。

また事前に気になる求人があれば合わせて持ち込むのがおすすめです。気になる求人をもとに、類似する求人を紹介してもらえるようになるので事前にいくつか求人を確認しておきましょう。

2.面談で聞かれること

リクルートエージェントが面談で確認するのは下記の6つです。リクルートエージェントに転職相談を行う際は、以下の6ポイントを整理しておくとスムーズに進みます。

1. 転職理由
2. 希望の業界・職種
3. 今までの職務経歴・強み・実績
4. 現在の年収・希望年収
5. 現在の転職活動状況
6. 希望する転職時期

これらを整理しておくことで、スムーズに転職エージェントに転職相談を行うことができますが、時間がなかったり、一人で整理が難しい部分は面談時に相談する形でも構いません。

転職エージェントとの面談の流れは下記です。

2-1.自己紹介

まずはお互いに自己紹介をします。リクルートエージェントは自社の特徴やサポート実績、今後のプラン、またエージェント本人のキャリアやサポート実績、サポートを得意とする分野などについても説明があるかと思います。ここで気になることがあればリクルートエージェントに質問をしてかまいません。あなたの転職をサポートするのに合っているのか確認しておきましょう。

2-2.職務経歴・仕事の内容の確認

あなたの用意した履歴書・職務経歴書をもとにこれまでのあなたのキャリア・スキルを掘り下げていきます。リクルートエージェントからの客観的な意見をもらうことで、あなた自身が気づいていないアピールポイントや強みを知ることができるいい機会になります。それによって転職の選択肢も広がる可能性もあります。

2-3.転職理由や今後の希望のキャリアをヒアリング

次にあなたの転職理由や転職を希望する職種や業種についてヒアリングを行います。この時点で希望の職種や業種が決まっていなくても大丈夫です。リクルートエージェントがあなたの転職理由から次の転職先を選ぶ際に重視すべきこと・仕事観などを紐解き、あなたの目指すキャリアとどういった職場があなたに合っているのか一緒に考えていきます。

2-4.転職先に関する希望条件

転職するにあたり、あなたが転職先に求める年収、勤務形態、福利厚生などを整理していきます。転職してから後悔しないためにも正直に希望する条件を伝えて構いませんが、あまり多く条件を挙げすぎると紹介してもらえる求人案件が少なくなる可能性がありますので注意してください。

2-5.求人案件の紹介

ここまでのヒアリングを踏まえ、リクルートエージェントからあなたに合った求人案件の紹介を受けます。リクルートエージェントを利用するメリットの1つとして、この段階であなたに紹介される求人案件に関しては求人票に記載されている情報に加え、企業の社風や福利厚生の取得率、など転職サイトや公式ホームページからでは知り得ない情報も教えてくれます。

気になる企業や不明な点があればリクルートエージェントに質問して細かく確認しておきましょう。

2-6.転職活動の今後の流れの説明

最後に今後の転職活動の流れや、あなたに合った求人が新たに発生すれば連絡する旨、また、紹介された求人案件の中にあなたが気になる案件があった場合の今後の流れなどの説明があり、面談は終了となります。

3.当日の服装について

リクルートエージェントとの面談当日の服装は基本的に自由です。無難なのはスーツですが、現職がスーツではなく職場から直接面談に向かう方もいると思うので、服装はスーツに限りません。リクルートエージェントとの面談は私服でもスーツでもどちらでもOKです。

リクルートエージェントとの面談における注意点

転職エージェントはキャリアアドバイザー(担当者)ごとの差が大きくあります。例えどんなに仕事ができない転職エージェントにむかつくことがあっても、使わないほうが損をします。

転職エージェントが見ている求人のデータベースは全員同じです。つまり、こちらが「転職エージェントからどう求人を引き出すか?」がポイントになります。

「転職エージェントの担当がむかつくから、良い転職エージェントの担当者にあたるまで面談に行く」という人もいますが、その時間がもったいないので「各転職エージェントをどう使いこなすか」という視点で面談に臨むようにしてください。

転職エージェントとの面談で「自分が求める求人」を出してもらうには、転職エージェントに合った姿勢で面談に行くことが大切です。このあたりは「【面談】転職エージェントとのキャリア面談で伝える内容と回答のポイント」にまとめているので、合わせてご覧ください。

リクルートエージェントの活用方法

リクルートエージェントを最大限利用する方法をご紹介します。

1.優良求人を紹介してもらう方法

私はリクルートエージェントを利用する中で、彼らから「良い求人」を紹介してもらう方法を見つけました。

このとき「いろいろな仕事に興味のある転職者」のような振る舞いをするようにしてみてください。

リクルートエージェントには数多くの求人があります。初めから自分が行きたい業界や職種を決め打ちするのではなく、幅広く求人をもらうことで改めて自分の転職軸を確認し、ミスマッチを防ぐのです。

私は、リクルートエージェントとの面談で「年収は○○○万円~○○○万円以上、業界はAとBとC、職種はXとYとZ、役職は○○以上」など、業界などは少し広めに伝えて、リクルートエージェントにある求人で該当するものをすべて提示してもらうようにしていました。

数多くの求人をもらうことのメリットは「自分はどんな仕事に興味があるのか」「大事にしている軸(年収、ブランド、働き方など)は何か」「現職では、何に不満を感じているのか」などがわかるようになってくることです。

また、このようにして求人をもらっていくことで「非公開求人」なども出てくるようになります。

リクルートエージェントのような「大量求人型」の転職エージェントには、とにかく数多くの求人を出してもらい、自分が納得する求人を見つけるのがおすすめです。

出典:公式サイト

2.職務経歴書エディターを利用して添削してもらう

リクルートエージェントの職務経歴書エディター

また、リクルートエージェントには「職務経歴書エディター」というツールがあり、これを使って職務経歴書を書くことができます。これはとても便利でした。

これまでの経歴を各項目に入力していくだけで、職務経歴書がつくれます。またテンプレートも用意されているので、誰でも簡単に作成できます。

職務要約の例文

これは他社にはないツールなので、非常に便利です。リクナビNEXTにも同じようなものがありますが、個人的にはリクルートエージェントのほうが便利でした。リクルートエージェントに登録するだけで使えるので、ぜひ利用することをおすすめします。

これで職務経歴書を作成した上で、リクルートエージェントの担当に添削してもらうと書類選考の通過率が大きく変わるので参考にしてみてください。

3.リクルートエージェントのアプリを使う

リクルートエージェント アプリ

リクルートエージェントにはアプリもあります。とても使いやすいアプリなので登録後にダウンロードしておくと良いです。アプリで求人への応募や面談の日程調整などを完結できるため、非常に便利です。

また、求人紹介のメールもアプリ上で受け取ることができるため、他社の転職サービスのメールと混在することがなくなります。そのほかのおすすめの転職アプリも合わせて利用してみてください。

リクルートエージェントを利用する上での注意点

リクルートエージェントを利用して転職に失敗しないために、下記の注意点をご紹介します。

1.サービスの利用期限は3か月

基本的にリクルートエージェントは、登録から3カ月の間しか転職サポートを受けることができません。

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3か月としています
(出典:リクルートエージェント公式サイト

登録は無料なのでいつでもできますが、登録して3カ月以上放置してしまうとサポートを受けることができなくなってしまうので注意が必要です。

2.退会後、すぐに再登録しても転職サポートを受けられない

転職サポートの3カ月を過ぎた後に退会して再登録をしても、転職サポートを受けることができません。もし、3カ月で転職サポートが切れてしまった場合は、別の転職エージェントを利用することをおすすめします。

3.経験の浅い転職エージェントが担当になる場合がある

リクルートエージェントは、エージェント歴1年未満の社員がキャリア面談などを行うケースがあります。新入社員や未経験の中途社員が担当する場合、あまりマッチしない求人を紹介される可能性があります。

私の場合も、まったく興味のないグループ子会社を紹介されたことがありました。経験の浅い担当者がついてしまった場合は、担当変更を申し出てください。

リクルートエージェントの担当変更方法は「お問い合わせ」に連絡し、担当変更を希望する旨を伝えてください。

自分の人生を左右する大事な転職活動なので、信頼のできるパートナーを見つけましょう。

4.内定が出やすい求人を紹介される

リクルートエージェントの担当者にも目標があります。そのため、ノルマを達成しようと、書類選考などに通過しやすい求人を紹介されることがあります。

こうした求人に応募しないためにも、応募前に「この求人のおすすめポイントはどこですか? 懸念点はありますか?」など、細かく担当者に確認をしておくことをおすすめします。

リクルートエージェントの退会方法

リクルートエージェントの利用を辞める場合は、すぐに退会することができます。

リクルートエージェント退会申し込みフォーム

退会フォーム

転職活動が終わったら下記URLより退会申請をしてください。退会することでメールなども届かなくなります。

https://www.r-agent.com/entry/cancel/

リクルートエージェントに紹介を断られた際の対処法

リクルートエージェントに登録をしても求人紹介を断られるケースがあります。断られる理由は主に下記が多いです。

・希望する職種の求人がない
・転職回数が多い
・希望条件が高すぎるなど

色々な条件によって断られることがありますが、リクルートエージェントから紹介を断られた際の対処法をご紹介します。

1.他の転職エージェントを利用する

リクルートエージェントで求人を断られた際はほかの転職エージェントを利用してみましょう。

リクルートエージェントに断られたからと言って他社に転職エージェントが利用できないということはありません。リクルートエージェントでは紹介できなかった求人を紹介してくれることもあるので、まずはほかの評判の良い転職エージェントに登録してみてください。

2.転職サイトを利用する

転職エージェントだけでなく、転職サイトを使って転職する方法もあります。

転職サイトには転職のサポート機能がありませんが、断られる心配をすることなく自分のペースで求人を探せます。もしリクルートエージェントに断られてしまったら、転職サイトの利用も検討してみてください。

リクルートエージェント以外のおすすめ転職エージェント

リクルートエージェントは評判も良く、業界最大手とあって求人も多いですが、他の転職エージェントを並行して利用することでより転職活動を効率的に進めることができます。

下記にいくつか転職サイト転職エージェントをご紹介します。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

口コミ:リクナビNEXT 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:88,004(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://next.rikunabi.com/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

口コミ:マイナビエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/

doda

doda

口コミ:doda 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:180,835(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://doda.jp/

エン転職

エン転職

口コミ:エン転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:5,149(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://employment.en-japan.com/

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

口コミ:Spring転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:30,212(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://www.springjapan.com/

type転職エージェント

type転職エージェント

口コミ:type転職エージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:10,510(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://type.career-agent.jp/

リクルートエージェントを利用した人の口コミ

リクルートエージェントを利用した人の声はSNSでも多くあります。SNSで募集して集まったリクルートエージェントに対する良かった声、悪かった声を掲載しておきます。

  • 27歳・女性
    社会人4年目の転職でリクルートエージェントを利用しました。はじめは他の転職エージェントを利用しておりましたが、良い求人に出会えなかったため、リクルートエージェントに登録しました。

  • 業界最大手とあって求人数がとても多く、今まで利用していた転職サイトには載っていない求人も数多くありました。また、担当の人から求人について詳しく聞くこともできたので良かったです。

  • 28歳・男性
    業界最大手の転職エージェントということもあり、紹介される求人数の多さは一番でした。いろいろなエージェント会社を使ったのですが、担当エージェントの方の対応も含めて一番よかったと思います。

  • リクルートエージェントはウェブサイト自体も使いやすく、メールの整理などもしやすかったです。転職したばかりですがすぐには退会せず、次回転職する機会があれば利用しようかなと思ってます。

  • 29歳・女性
    最初の面談の段階から多くの求人を紹介してもらうことができ、予想以上の求人数に驚きました。求人数が多いだけに選択の幅が広く、キャリアアップにつながる求人も見つけられました。アドバイザーの方がとても熱心で、こちらのやる気に応えてくれるような提案をたくさんしてくださいました。

  • また、面接で自分の欠点となる部分を的確に指摘され、どう対処していくかなどのアドバイスもあったのでとても心強かったです。

  • 29歳・女性
    口コミサイトでランキング上位だったリクルートエージェントを利用しました。担当の方は、適切な情報をタイムリーに届けてくれて助かりました。また、これまでのキャリアや経歴について丁寧にヒアリングしてくれて、今後私が進むべきキャリアについて整理するきっかけをもらえました。

  • 他社のエージェントではここまで深い対応はしてもらえず、あまり求人をもらうことができなかったので、リクルートエージェントが最も利用しやすく便利でした。

  • 33歳・女性
    大手の転職エージェントを4社ほど利用しましたが、結果として私が一番良かったのはリクルートエージェントです。業界最大手で求人数も多く、年収の高い求人も数多くありました。

  • 担当してくださったエージェントさんも非常に優秀な方で、リクルートらしい感じを受けました。私が考えていた条件にマッチした求人があったので、すぐに応募し、内定をもらうことができました。

  • 36歳・女性
    2回目の転職でリクルートエージェントを利用しました。30代後半の転職ということもあり、なかなか希望する求人がなかったのですが、担当してくださった方が粘り強く探してくださり、 希望する業界の会社で最終面接まで行くことが出来ました。

  • 面談の際も丁寧にサポートいただき、最終的に内定を頂くことが出来ました。丁寧で迅速な対応で、大手ならではの安心感がありました。

  • 30歳・女性
    リクルートエージェントさんには2回目の転職時にお世話になりました。大手の会社なのでしっかりと対応してくれて、転職がスムーズにできました。特にキャリアコンサルタントの方が優秀だと感じました。

  • 厳しい事もきちんと言ってくれる人だったので、私としてはとても頼もしく感じました。私が苦手としている部分や不安に思っていることへのアドバイスが的確で、面接時にどう表現したら良いかなどのアドバイスを貰えてよかったです。

  • 42歳・女性
    リクルートの担当キャリアコンサルタントの方が根気よく相談に乗ってくれて、とても助かりました。私のキャリアと意向をきちんとくみ取っていただき、希望の業界・職種に導いてくれました。

  • 担当の方がモチベーションを高めてくれたこと、紹介会社としてきちんとマッチングしてくれたことで、非常に納得した転職活動ができました。

  • 46歳・女性
    勤めていた会社が外資の会社に買収されてしまい、働き方が大きく変わってしまったことをきっかけに転職を決意しました。成果重視の体質に変わってしまい、早く帰れることが無くなってしまいました。正直地獄のようなといっても過言ではない状況になってしまったのが、転職を決意した要因です。

  • ただ、40代で家族のことを考えると年収を下げたくない気持ちもあり、いくつかの転職サービスから一番良い所を探しました。特に対応が良いと感じたのがリクルートエージェントでした。担当者は企業の詳細や市場状況をよく理解していて、細かい説明と適切なアドバイスがいただけて心強かったです。

  • 他の転職エージェントは物足りないと感じるレベルだったので、最終的にはリクルートエージェントのみを利用して進めました。年収を下げず、無事に労働環境が整っている会社から内定をいただくことができました。

  • 27歳・男性
    リクルートエージェント以外に2社の転職エージェントに登録していましたが、非常に便利でした。私が応募した企業に至っては、リクルートエージェント専用の応募WEBページが用意されており、そこから応募する形になっていたので、企業とのやりとりもスムーズでした。

  • 転職のサポート体制も充実しており、面接時の顔の表情や口調など細かいところまで指導してもらい、無事に内定をもらうことができました。

  • 24歳・男性
    1回目の転職で利用しました。履歴書をはじめ、職務経歴書など初めてのことばかりでしたが、担当の転職エージェントの人が親身になって答えてくれました。また、企業との面接前には模擬面接の機会も設けてくださり、受け答えの仕方からどうやって答えたらいいのかなどアドバイスをもらえて、安心して本番に臨むことができました。

  • おかげさまで内定をもらえたので本当に感謝しています。リクルートエージェントは、どの転職エージェントよりも利用しやすかったのでおすすめさせてもらいます。

  • 28歳・女性
    以前勤めていた会社の同僚から紹介されて、リクルートエージェントに登録しました。同僚は同期入社で業務内容も同じだったため、担当の方の理解も早くスムーズに進めることが出来ました。

  • 面接での対策を聞いたり、職務経歴書の作成等サポート体制はしっかりしていました。私は積極的に動けないタイプなので、前に立ってサポートしてくれるのが心強かったです。

  • 29歳・男性
    社会人5年目、20代最後のタイミングの転職でリクルートエージェントへ登録しました。リクルートエージェントを選んだ理由は、色んな転職サイトがある中でも、大手の転職エージェントとして歴史が長いことから安心できると思ったためです。

  • 転職サイトのリクナビNEXTとの連携もできたので非常に便利でした。

  • 27歳・女性
    友人の紹介でリクルートエージェントに登録しました。以前の転職活動ではデューダを利用しましたが、個人的にはデューダよりもリクルートエージェントの方が使いやすかったです。担当いただいた人の対応も丁寧で満足しました。

  • 紹介してもらった求人で、無事内定をもらえました。今回、魅力的な会社を多く提案いただけたので、数年後またお世話になるかもしれません。

  • 29歳・女性
    転職は3度目で、転職エージェントを使うのは2度目になります。前回はとにかく経験を積むことが目的だったのですが、今回は子育てをしながらの生活も考えて、働き方にこだわりを持って探していました。最初の転職時に利用したリクルートに再登録しました。

  • 以前と同じように、担当の方から現在の状況や希望している働き方などをヒアリングしてもらいました。希望通りの求人を紹介してもらえたので良かったです。

  • 43歳・男性
    40代メーカー勤務で人事課長職をしておりましたが、これ以上のキャリアアップは見込めないと思い、転職を決意しました。同業種でとにかく求人紹介数が多いところから絞り込みたいと思い、業界大手のリクルートエージェントを利用しました。

  • 2,3社併用するのも考えましたが、最初の面談時から担当の方の対応が良かったので、リクルートエージェントのみを利用して活動しました。年齢に沿った書類の書き方や面談対策をしていただけたことで、2社目の紹介企業から無事内定をいただきました。

  • 47歳・男性
    元々都内で働いていましたがアラフィフという年齢になり、両親の近くで働きたいと考えてIターン転職を希望しました。リクルートエージェントでは求人数が多くあり、地方のほうにも支店があったので安心して転職活動ができました。

  • 他の転職サイトも利用してみましたが、私としてはリクルートエージェントだけで十分だと思います。

  • 25歳・女性
    アパレル業界で販売員として働いていましたが、将来のことを考えて正社員として働きたいと思うようになりました。最初、ハローワークと転職サイトを利用して良さそうな求人に応募していました。ただ、未経験ということでほとんど書類選考か1次面接で不採用となりました。

  • このまま一人で進めていくのは難しいと考えて、リクルートエージェントに登録をしました。小規模の所よりも、私と同じようなキャリアの人の成功実績があると思ったからです。実際に担当頂いた方から、アパレル業界での実績を元にいくつか紹介頂けたので正解でした。

  • 23歳・男性
    医療用機器販売の営業職から、SEにキャリアチェンジすることができました。元々エンジニア職に興味があったものの、未経験での転職は難しいと考えていました。転職エージェントに相談したところ、第2新卒の転職は未経験採用の求人も数多くあると聞きました。

  • まずは応募してみようと背中を押してもらえたことが、転職に成功できた要因だと思います。

  • 35歳・女性
    リクルートエージェントでは女性管理職の求人が豊富にありました。細かい求人の選択肢からこちらの希望を入力して、面談時に細かい条件を伝えると、希望通りの求人を次々と紹介いただけました。

  • スキルアップを目指していたのでかなり細かい条件にはなりましたが、それでも紹介求人が豊富にあったのでとてもありがたかったです。大手の人材会社という安心感もあり、利用して損は無いと思います。

  • 26歳・女性
    リクルートエージェントに登録しましたが、他社に比べて求人数が多くて驚きました。ある程度条件を絞って担当に伝えても、かなりの社数の求人を提案してもらました。しかし、担当のあたりはずれがある印象で、エージェントの担当交代で大きく対応が変わりました。

  • 担当を変えてもらってからはやりとりも早く、求人もスピーディーに出してもらえたので満足しています。転職エージェントの担当と合わない場合は、交代を伝えるのもアリだと思います。

  • 33歳・男性
    30代という年齢的な面もある中で、未経験職種への転職をするためにリクルートエージェントを利用しました。これまでのキャリアの営業職であれば紹介できると言われましたが、未経験職種については厳しいと言われ、正直難航していました。

  • 最終的には受けられる職種を提案していただき、結果的に内定をもらうことができました。

  • 25歳・女性
    婚約者の転勤に伴って前職を退職して、新たな土地で転職活動を行うためにリクルートエージェントを利用しました。自分が思っていることを中々伝えることができず、希望内容等が伝わりきらないこともありました。

  • 担当の人とかなり細かくコミュニケーションをとったことで、応募時には不安に思うことはなくなりました。

  • 33歳・男性
    まずは求人数の多いリクルートエージェントに登録しようと思いました。想定していたよりも高いレベルの求人を紹介していただけ、給与交渉も手厚くフォローいただき、転職後の年収アップに成功しました。

  • 求人数が多い分、おすすめされる求人の中には希望と異なるものもあって少し面倒でしたが、慣れてしまえば気にはならなくなりました。私的には希望条件に近いものをちゃんと紹介していただけた印象です。

  • 26歳・女性
    リクルートエージェントで事務職を探していたのですが、毎回希望した職種と全く違った求人を提案されました。事務職が少ないのかもしれませんが、私が全く興味のない仕事を紹介し続けるのも違うと思います。

  • 過去の経験やスキルを見て視野を広くということであるならまだしも、そういうわけでもなかったので。。。求人数No.1なのかもしれませんが、これではただ多いだけなんじゃと思わざるを得ません。

  • 24歳・男性
    入社2年目で転職を決めました。人事部として新卒採用の部署に配属になったのですが、コロナ禍による業績悪化で業務がなくなってしまったからです。第2新卒の転職で、口コミサイトの評判が良かったリクルートエージェントに登録しました。

  • 求職者のキャリアによって、相性の良いエージェント担当がサポートしてくれるようです。すべてが初めての経験で、意図がよくわからない紹介があって戸惑うことも多かったのですが、面談時の注意事項などアドバイスは非常に助かりました。

  • 42歳・女性
    40代で管理職として働いていましたが、これ以上の出世は難しくキャリアアップを希望して転職をしました。年収が上がることをベースに転職サイトに登録しました。早速いくつかの求人を紹介いただいたのですが、企業口コミサイトの評判が悪い企業ばかり紹介を受けました。

  • 31歳・男性
    最初の面談時に希望を伝えたのですが、やたら興味のないところばかり紹介されました。エージェントの方にノルマがあるのかはわかりませんが、「多分あなたに合うから」など、訳のわからない提案が非常に多かったです。

  • 大手のエージェントなので、正直担当者の良し悪しやレベルに落差がありすぎます。いくつかのエージェントを登録しての転職活動でしたが、今後リクルートエージェントを利用することはないと思います。

  • 28歳・女性
    登録した初期は履歴書、経歴書の作成や面接対応など親身になってくださりありがたいなと思っていました。今思えばおかしいと思うのですが、やたら数を応募しましょうと促され応募していたら唯一書類選考が通過したのがその一社でした。

  • でもそこは私の希望は何一つ考慮されていないような企業で、交通も不便ですし、労働条件も口コミも良くなくて、不安になるばかりでした。辞退を申し込んでもエージェントは応じてくれなくて、無理やりそこに入社させようという意志を感じました。

  • 企業に直接連絡をしてなんとか辞退にしていただきましたが…。なかなか人が集まらない企業に無理矢理入れさせようとしていたのかと思うと、怖くて仕方ありませんでした。もう使わないと思います。

  • 32歳・女性
    「とりあえず数応募しましょう!」っていうのをやめて欲しかった。応募したいと思ったらするのに、自分の希望する求人があまりこない。多少かすっているというのもなく、よく見てるとずっと残ってる求人がやたら送られてきてるとな思ってからはもう信用ができなくなってしまいました。

  • 確かにあまりスキルや経験が私になかったのかもしれないけど、少しくらいはこちらの希望を考慮した求人が欲しかったです。エージェントによって違うっていう意見をよく見るけど、だとしたら相当ハズレを引いたなと思いました・・・

  • 29歳・男性
    以前利用した時にすごくよかったので、2回目の転職の時に利用しました。前回の良さはどこに…ってくらい今回のエージェントの人が合わなかったです。まずレジュメの添削もしてもらいたいと思っていたのでお願いしたら、問題ないですとそのまま提出されてしまいました。

  • 書類に書いたエージェントへの質問がそのまま掲載されて送られてしまったので、そりゃ書類不備で不採用になりますよね。やたら連絡がつかないのも不安になりました。いつも連絡をくれるのは代理の人。だったらその人にいっそちゃんと見てもらいたいと思ったぐらいです。

  • エージェントと合わなかったらチェンジできるようになるだけでも、利用率変わるんじゃないでしょうか。

  • 30歳・男性
    面接が終わった瞬間の足切り感がすごかったです。とても優しい方が担当だったのですが、面接が終わると「アンケートを送ってください」のみで、その後の結果報告や現状報告が一切なく2、3週間音沙汰もありませんでした。

  • どうなったかをマイページを見ないとわからないし、面接後までフォローがあると聞いていただけに残念です。面接前まではサポートが手厚かったのですが、これでは自力で進めた方が不安もなく選考に進めるなと思ってしまいました。

  • 25歳・女性
    転職を考えていましたが、急いでしたいわけではなく情報収集を兼ねて利用しました。私にすぐに転職の意思がないと見ると、明らかに対応が雑になったように感じました。

  • 他のエージェントサイトでは、それでも親身に相談に乗ってくださいましたし、今の状況や気持ちの整理もできていたので本当に残念です。他の大手の方がそういった面でもしっかりサポートしてくれます。

  • 35歳・男性
    リクルートエージェントを利用しました。現年収より大幅にアップする高年収を希望していたのですが、年齢的な面とスキルを考慮すると難しいと断られることがありました。

  • 37歳・女性
    面談前に経歴書提出をマストにしてきた割に、全然目を通していない点はイマイチだった。恐らくエージェント自身が抱えている案件数が膨大で整理できていないのだと思います。求職者の強み、過去の転職理由を言語化し、面談後にメールを送るという最低限のことはきちんとできていました。

  • 大手だけあって女性の転職にも強い感じはありました。

  • 51歳・女性
    20~30代よりも選択肢が狭くなってしまうのは覚悟して転職活動をしなければならないと思います。だからこそ必ず転職エージェントを利用するべきだと感じました。精神的にタフになることを念頭に置いて、利用するべきだと思います。

  • 55歳・男性
    様々なエージェントを利用した中では、リクルートエージェントが50代でもキャリアやスキルを見て求人を紹介してくれます。ただ、求人数は少ないと感じました。マネジメント経験もないとなるとかなり厳しいと思います。

  • 希望通りのマッチングになるかは難しいところだと思うので、たくさんの求人を見ることが大切だと思いました。担当者の方は最後までしっかりサポートしていただけたので助かりました。

  • 33歳・男性
    リクルートエージェントを利用しました。求人数間違いなくNo.1なのでしょう。業種も幅広く取り揃えられてると思います。でも自分の希望するものが来るとは限りません。やりたい仕事があって、そのために資格を取りました。

  • その資格を活かせる転職を希望していたのですが、全然別の資格の求人ばかりを紹介されました。その資格は持っていないとお伝えすると、「大丈夫です」や「入社してから取得でも問題がない」などと、こっちの都合を無視した提案ばかりされてしまいました。

  • キャリアアップしたくて転職活動をしているのに、未経験スタートだったり、自分の価値を下げるように指示してくるのはどうなんだろう困ってしまいました。良いエージェントに当たらなくてすぐに退会してしまいました。

  • 45歳・男性
    何度か利用したのでまとめての感想を。リクルートエージェントは求人数がとにかく多いです。良し悪しはあると思いますが、私にとっては選択肢を増やしてもらっていると感じたので、これはこれで価値があると思いました。熱心に対応してくださる方もいれば、ちょっと面倒に感じることもありました。

  • 担当者の方が企業に推薦状を出してくれるので、書類選考にもプラスに動きやすいのはこの年齢ではだいぶありがたいと感じました。

  • 43歳・男性
    40代での転職は厳しいかと思っていましたが、私の話を聞いて自分に合う求人を色々紹介していただけました。この年齢でもこんなに紹介がいただけるのは豊富な求人がなせることだと思います。履歴書&職務経歴書の添削をしていただいて、より書類選考も通過しやすくなりました。

  • 面接の指摘ポイントも的確だと感じたので、私はおすすめしたいエージェントです。


  • リクルートエージェントの面談で職務経歴書とか色々アドバイスもらって、○日までに修正提出してその旨メールもくださいって言われたから、その通りにしたのにその後特に何もないんだけどこういうもんなの? 変わらず求人ひたすらメールくるだけ それみてのOKサインとかないの?

    出典:Twitter

  • 20社くらい応募して、書類選考通ったのが、3社くらい。 受けたいと思える求人は、そんなになかったです。 面接練習や履歴書や職務経歴書の添削をしてもらいました。 これに関してた良かったと思います。 #転勤 #リクルートエージェント

    出典:Twitter

  • リクルートエージェントに登録してみた。 担当の方のグイグイ感がすごい…。 キャリアチェンジやから、ゆっくり探すつもりだったやけども

    出典:Twitter

  • リクルートエージェント見てたら気になる良さげな求人がたくさん! なんで探し始めの初期にちゃんと見なかったのか…

    出典:Twitter

  • リクルートエージェントとの電話面談を行った。 はじめに今すぐ転職か情報収集目的か、そのあと自分のスタンス(良い求人があれば)を尊重しつつ、少しの話ですんだ。 担当者も良さげで、お互い時間を無駄にせず好印象。 10年ほど前は対面だし、過去の出来事をあれこれ詮索されて鬱陶しかった笑

    出典:Twitter

  • リクルートエージェントくん、積極的な応募をしやがれって催促してくるけどさ、こちらも最低条件があるんすよ。 ノルマがあるの分かるけどウザいっす。

    出典:Twitter

  • なんかリクルートエージェントに登録してて、その担当のエージェントの人は面談もしたし全然ちゃんとしてるんだけど、アシスタントがマジでゴミすぎるw ブチギレてエージェントの人に電話して2度とアシスタント出すなよ次あいつだしたら◯すぞって言っておいたw

    出典:Twitter

  • 今までやったことの整理と、やりたい仕事をゆるく整理されると良いかもしれません。 リクルートエージェントさんなど ウェブ面談などで職務経験と今ある採用から候補を紹介するサービスが各種あります。 転職会議などで、ブラックかどうか、福利厚生など確認して挑みました。

    出典:Twitter

  • リクルートエージェント、結構親身になって相談してくだいますよ。

    出典:Twitter

  • リクルートエージェントに再度お問い合わせしてるけどなにも返ってこないな もう縁ない感じですね……

    出典:Twitter

  • リクルートエージェントは良かったです!求人豊富で担当者も自分はハズレいなかったので!今も使ってます🤭

    出典:Twitter

  • リクルートエージェント様との面談は 「経歴拝見したら、今そこに転職できたことがまずすごく稀ですし、環境も良さそうなので無理に転職せずにキャリアアップできる道も考えていいと思います。 ただ転職活動だけ進めてみて、現状の他の会社を見たり、実際転職するなら早い方がいいです。」 だった。

    出典:Twitter

  • リクルートエージェントのおすすめしてくる求人全部ゴミだから自分で選んで応募した方がマシ

    出典:Twitter

  • リクルートエージェントおそすぎて、志望度まあまあ高いから別エージェントで応募したんだけどそっちは書類通ったって返答来たんだけどリクルートエージェント何やってんのかな。それでよく100社応募とか言えるよな………

    出典:Twitter

  • ビズリーチは経歴に大企業とかないと有効に使えないって評価をネットで見たから、僕は使わなかったから分かんないかも 転職はリクルートエージェント使いましたね エージェントにやりたい職種を伝えて、その業種の求人を限定して選んでもらってた

    出典:Twitter

  • 私の場合は担当の女性に逆ギレされました。 聞く耳全く持たずってあの方にある言葉です。 リクルートエージェントは2度と使いません。

    出典:Twitter

  • リクルートエージェントで転職活動してるけど、エージェントの方が本当に心強いしサポートも手厚い。面接対策もしてもらえて、無料とは良い時代になったものだ。今日のWeb面接も対策できてたから思ってたよりスムーズに対応できた、結果はどうなることやら…

    出典:Twitter

  • 私的にマイナビエージェントが最高だと思ってたんだけど、リクルートエージェントも超優秀なキャリアアドバイザーに当たれば最高です。流石リクルート、精鋭はマジで精鋭だし、石ころは石ころ。リクナビ×マイナビ×専門性の高い小規模エージェントの3つを登録しつつAMBIとビズリーチ使うのが最適解かな

    出典:Twitter

  • エージェント2社使ってて、dodaはエージェントさんが良いけれど求人数が少なくて、リクルートエージェントは求人数が豊富だけどエージェントさんがちょっぴり冷たい印象(今のところ)

    出典:Twitter

  • リクナビnextは求人を広く紹介するサイトというイメージです。リクルートエージェントならアドバイザーがついてくれて職務経歴書の書き方からオススメの業界まで相談に乗ってもらえますよ。ご参考まで。

    出典:Twitter

  • 【転職 技術職】 非IT系の技術職の転職においては、リクルートエージェントとビズリーチが最適解。 リクルートは、エージェント提案ではなく、検索が優秀なので、これをメインに使うのが吉。

    出典:Twitter

  • リクルートエージェントのいいところは、エージェントなのにゴミ求人を押し付けてこず(多少はあるけど)、自分でエージェント限定非公開求人を検索して応募できることなのよね。

    出典:Twitter

  • 履歴書とかの添削してくれるのは助かりますけどね! 面談対策とかで重なると地獄。 いや、私もなんとかなったのでリクルートエージェントさんオススメしときますー大手だし!

    出典:Twitter

  • リクルートエージェントに履歴書作るの手伝ってもらって仕事は別で探したほうがいいかも でてる求人が結構偏ってる気がする

    出典:Twitter

  • リクルートエージェントに登録してみたけど、入力項目多くて大変だった。この歳で転職するのも面倒なので、まぁお試しってことで。 大した職歴も学歴も無いから何事もなく時が過ぎるだろうなあ(笑)

    出典:Twitter

  • リクルートエージェント、ちゃんと希望に沿った求人紹介してくれてありがたい

    出典:Twitter

  • 転職時にビズリーチとリクルートエージェント使ったけど、話題の会社は、両方から3〜5人ずつくらい、エージェントから連絡きたな。数でいうと一番きたかも。 両方で連絡取った上で転職決まると、ビズリーチとリクルートの両者に払うとか、闇システムだな。。

    出典:Twitter

  • リクルートエージェントに腹立ちながら登録したら普通に求人あるやないかい! 何が紹介できんって!? 腹立つからリクルートエージェント以外のとこ使お

    出典:Twitter

  • 私今、リクルートエージェント的なものに登録して、転職考えてなくても何に役に立てれるか知れる目的でやってみたんですけど 私も「身につけた技術は?」の入力画面で、ないんだよな…接客?とか通常業務の当たり前のことしか思い浮かべれなくて詰んでます。強いて言えば「お客様と友達になれること」

    出典:Twitter

  • 昨日、リクルートエージェントの人と話をしましたが、30代でマネジメント経験がある人の平均的な給与水準が500〜600万くらいとの事。 んー、平均的なんか。むしろ場合によっちゃ平均より少し上かもしれないな。

    出典:Twitter

  • 転職のこと考えてたらリクルートエージェントにムカついてきた😡職務経歴書書き途中なのに年内にとりあえず応募しましょう応募しましょうって電話しつこくてとりあえず良さげなとこ3件応募したら案の定書類選考落ち😡もっといいのできたのに!!絶対自分の紹介件数あげるためでしょ😡

    出典:Twitter

  • そういえば転職活動するにあたって『未経験 製造系 三十代女性 関東』とかで検索して、おすすめの転職サイトランキング系に毎回上位入りしてたリクルートエージェントさんに真っ先に登録したんだよね 希望通りの求人全然無かったし、メールもアプリのお知らせもロクに来ないし…個人的にはハズレ

    出典:Twitter

  • リクルートエージェント様との面談終了した。さすがリクルート。すごく好感の持てる感じの方だ。とりあえず色々アドバイスもらったのに、自分はふんわりしていて申し訳なかったなー。でも勉強になった。

    出典:Twitter

  • リクルートエージェント登録して担当さんに合いそうな求人を毎日ピックアップしてもらって探しました!担当さんつくので、ここに応募しよってポチしたら登録してる履歴書・職歴書で担当さんがやりとりしてくださるので書類送付対応とか自分でしなくてOKなのとてもよかったですよ~

    出典:Twitter

  • 転職2回して2回ともリクルートエージェントで決まった。 1回目の時は内定いくつかで、すごい悩んだけど、「私はあなたが転職する理由を聞いて、挑戦がしたいんだと受け取りました。今、挑戦できると感じてるのはどちらですか?」とどっちが良いとかじゃなく決める手助けをしてくれたの覚えてるわ。

    出典:Twitter

  • リクルートエージェント経由で2社目の内定をいただきました! 本当に選択肢があるって夢のようです! 2社目の内定通知書が届き次第、条件等を確認させていただいて総合的な判断をします。 3回目の転職活動で人生初めてのキャリアアップ転職ができました。 本当に転職は運も絡んでいますね…

    出典:Twitter

(口コミ評価は、体験談投稿フォームで随時募集しています)

出典:公式サイト

リクルートが運営するリクナビNEXT 評判リクルートダイレクトスカウト 評判記事も合わせてご覧ください。

リクルートエージェントに関するよくある質問

リクルートエージェントに関するよくある質問と回答をご紹介します。

Q:リクルートエージェントはすぐに転職する気がなくても登録できますか?
A:すぐに転職する予定がなくても登録することは可能です。リクルートエージェントは転職エージェントなので、担当アドバイザーとの面談があります。その際に今すぐ転職する気がないことを伝えた上で、求人を紹介してもらいましょう。

Q:リクルートエージェントは使えないって本当ですか?
A:基本的に転職エージェントやヘッドハンターの質によって左右されるため、一概に使えないとは言えません。優秀なエージェントに出会うことができれば、紹介される求人の質も高くなります。リクルートエージェントは在籍しているエージェントの数が多いため、使えない場合は交代をお願いしてください。

実際に利用してみた感想と評判は、下記の記事にまとめています。
リクルートエージェントの対応はひどい?実際に利用してみた感想と評判を徹底解説

Q:リクルートエージェントはどの年齢層におすすめですか?
A:リクルートエージェントは20代から50代におすすめです。20代の若手層から30代、40代のミドル、50代、60代のシニア世代まで幅広い世代で利用することができます。

Q:リクルートエージェントは登録したら会社にバレますか?
A:リクルートエージェントは在籍している会社に自分のプロフィールを表示しない機能があるため、バレることはありません。また、エージェントの担当者に気を付けてもらうよう伝えておけば、より安心して利用することができます。

Q:リクルートエージェントはすぐに退会できますか?
A:できます。リクルートエージェントを退会する場合は、こちらから退会申請をしてください。退会することでメールなども届かなくなります。

Q:リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いは?
A:リクルートエージェントは転職サポートを行ってくれる転職エージェントで、リクナビNEXTは転職サポートのない転職サイトです。どちらも人材業界大手のリクルートが運営しています。

Q:リクナビNEXTとどちらを使うべき?
A:リクルートエージェントは豊富な求人数と転職サポートが受けられるため、転職活動を効率よく進めることができます。すぐに転職したい人はリクルートエージェントを利用するのが良いでしょう。

一方で「いい企業が見つかれば転職したい」という人はリクナビNEXTで、自分が気になる求人が出るまで探したり、企業からのスカウトを待つのがおすすめです。

リクルートエージェントとリクナビNEXTはそれぞれサービスの特性が異なるため、どちらのサービスが良いということはありません。あなたの転職活動のスタイルや条件に合わせて、自分が使いやすいと感じるサービスを利用してみましょう。

もちろん、リクルートエージェントとリクナビNEXTは連携できるので、それぞれのサービスの強みを活かして、両方のサービスを利用する方法もあります。それぞれの強みを活かして、転職活動に活用してみてください。

Q:リクルートエージェントは登録するだけでもいいの?
A:リクルートエージェントは基本的に「今すぐ転職したい」という転職者を対象にしたサービスであるため、登録だけするのはおすすめしません。

登録をすると、面談の電話などがかかってくるため、「情報収集だけしたい」という人は、転職サイトのリクナビNEXTを利用するようにしてください。

出典:公式サイト

Q:リクルートエージェントに登録する時期はいつがおすすめ?
A:リクルートエージェントへの登録は、転職を希望する時期の3カ月前がおすすめです。転職活動を始めてから入社までにかかる期間の目安はおおよそ3カ月なので、転職したい3か月前に登録するとよいでしょう。

転職活動時期が決まっていないとリクルートエージェントに登録できないというわけではありません。転職の時期がまだ決まっていない人や、転職を悩んでいる人、長期的な視点でキャリアを検討している人でも、転職サービスを受けることはできるので、転職相談に関してはいつでも登録することできます。

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社の代表取締役。著書に『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)がある。(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)。

運営者情報