リクルートエージェントの登録方法と安全に退会・解約する方法

リクルートエージェント

本記事は、転職の専門家motoが、転職エージェント大手であるリクルートエージェントの登録方法と退会・解約方法を解説します。また、個人情報対策についても紹介します。

リクルートエージェントを利用すべきか悩んでいる、既に登録済みだが退会方法がわからない、安全に解約したい人は参考にしてみてください。

本記事を監修しているmotoは、元リクルートで転職やキャリアに関する知見を発信し、Forbes JAPAN日経ビジネスなどのメディアに取り上げられています。過去にリクルートで働いていた際に学んだ「リクルート用語」もまとめているのでご覧ください。

Twitterアカウント(@moto_recruit)のフォロワーは12万人を超え、著書『転職と副業のかけ算』はAmazon総合ランキングで1位のベストセラーとなりました。

motoのキャリアやこれまでの実績についてはプロフィールページをご覧ください。

目次

リクルートエージェントの基本情報

リクルートエージェントの基本情報をご紹介します。リクルートエージェントはすべてのサービスを無料で受けることができます。

サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数312,595(2022年11月30日現在)
非公開求人数282,082(2022年11月30日現在)
特徴・業界No.1の求人から自分に合った求人を紹介してくれる
・キャリアアドバイザーが履歴書作成から面接準備までサポートしてくれる
・職務経歴書エディターなどのツールが豊富で無料で利用できる
おすすめポイント非公開求人20万件以上。転職支援実績No.1の最大手
おすすめ度★★★★★
対応地域全国・海外
有料職業紹介事業許可番号13-ユ-010258
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

リクルートエージェント 評判記事については、下記をご覧ください。

リクルートエージェントの登録方法

リクルートエージェントへ登録すると、まず面談の日程を調整する連絡が来ます。電話またはメールで日程調整を行い、担当者と面談した後に、求人をもらう、という流れで進んでいきます。

リクルートエージェントは登録時に面談の日程調整をWeb上で行うことができます。

他社の転職エージェントは、登録後に電話もしくはメールで日程調整するのが主流ですが、リクルートエージェントはカレンダーの空いてる時間帯を選択する形で日程調整ができるため、かなり便利です。

リクルートエージェントへの登録の流れは大きく5つです。

リクルートエージェントへの登録の流れ

【転職エージェントの登録の流れ】
手順1.  転職エージェントに登録する
手順2.  面談・カウンセリングを受ける
手順3.  希望する求人の紹介を受ける
手順4.  書類添削・面接対策
手順5.  企業との面接・内定

手順1:転職エージェントに登録する

リクルートエージェントに登録します。登録するとすぐに「面談のご案内」という連絡がメールで届きます。

メールには担当者との面談の日時調整を行うように書かれているので、リクルートエージェントの担当者と面談の日程を調整してください。面談はエージェントとの面談なので、気軽に受けてください。

出典:公式サイト

手順2:面談・カウンセリングを受ける

リクルートエージェントとの面談は、オンラインか電話、または対面で行います。担当のエージェントには主に下記のことを聞かれます。

1. 転職理由
2. 希望の業界・職種
3. 今までの職務経歴・強み・実績
4. 現在の年収・希望年収
5. 現在の転職活動状況
6. 希望する転職時期

エージェントはこの会話をもとにあなたに合った求人を紹介してくれるので、取り繕わずに、思ったことをそのまま伝えてみてください。ここでのコミュニケーションがズレてしまうと、紹介してもらえる求人に満足できなくなる可能性があるので、素直に伝えることを心掛けてください。

リクルートエージェントとの面談は約1時間程度で、専任のエージェントとの1対1のケースがほとんどです。口コミを見ても非常に評判が良いです。

手順3:希望する求人の紹介を受ける

面談後、即日~3日間ほどであなたに合った求人をメールで紹介してくれます。

もし気になる求人があったら、担当者に連絡して応募してみてください。すぐに書類選考、面接へと進むことができます。

もし自分の希望とは合わない求人が送られてきたら、その旨について担当者に連絡してください。それでも自分に合った求人が届かない場合は、エージェントの担当者変更を申し出るか、ほかの転職エージェントと面談をして自分に合うエージェントを見つけることをおすすめします。

手順4:書類添削・面接対策

気になる求人を見つけたら、応募する前にリクルートエージェントに連絡し、書類の添削を依頼してください。

リクルートエージェントはすべて無料で利用でき、書類の添削から面談、入社時期交渉や年収交渉まで行ってくれます。第三者となるリクルートエージェントがやってくれるので、転職活動をストレスなく効率的に行えるのがメリットです。

履歴書や職務経歴書を作成したらリクルートエージェントに添削してもらい、問題なければ応募してもらってください。また、不安であれば面接対策なども行ってもらえるので「面接対策をしてほしい」と伝えてください。

過去にどんな質問をされたのか、どんな人が内定したかなど、詳細に教えてもらえるので、詳しく聞いて面接の対策をしていってください。

面接でどんなことを話せばいいかについては「【転職面接編】面接では“実績のスゴさ”より“プロセスの中身”を語れるー転職面接で見ている3つのポイントとはー」を合わせて読んでみてください。

手順5:企業との面接・内定

書類選考を通過すると企業との面接になります。

マイナビの調査では、転職希望者の応募社数平均は8.4社なので、とにかく数多くの企業に応募して面接を受けることをおすすめします。場数をこなすことで面接にも慣れていきます。

面接の結果についてはリクルートエージェントから連絡がきます。面接が終わったあとに不安であればエージェントに連絡し、企業側へ印象の確認をしてもらうこともおすすめです。

「緊張してうまく話せなかった」「思ったように伝えられなかった」など、面接で感じたことを素直に転職エージェントに伝えておくと、リクルートエージェントが企業側にその旨を連絡してくれます。このやり取りをしておくことも転職活動における大切なポイントです。

無事内定となれば、リクルートエージェントを通じて年収交渉を行って転職活動は終了となります。

出典:公式サイト

リクルートエージェントの面談について

リクルートエージェントとの面談と準備するべきことについてお伝えします。

1.事前に準備しておくもの

リクルートエージェントとの面談には「履歴書」と「職務経歴書」を準備しておきましょう。事前に送付しておくとより良いです。

また事前に気になる求人があれば合わせて持ち込むのがおすすめです。気になる求人をもとに、類似する求人を紹介してもらえるようになるので事前にいくつか求人を確認しておきましょう。

2.面談で聞かれること

リクルートエージェントが面談で確認するのは下記の6つです。リクルートエージェントに転職相談を行う際は、以下の6ポイントを整理しておくとスムーズに進みます。

1. 転職理由
2. 希望の業界・職種
3. 今までの職務経歴・強み・実績
4. 現在の年収・希望年収
5. 現在の転職活動状況
6. 希望する転職時期

これらを整理しておくことで、スムーズに転職エージェントに転職相談を行うことができますが、時間がなかったり、一人で整理が難しい部分は面談時に相談する形でも構いません。

転職エージェントとの面談の流れは下記です。

2-1.自己紹介

まずはお互いに自己紹介をします。リクルートエージェントは自社の特徴やサポート実績、今後のプラン、またエージェント本人のキャリアやサポート実績、サポートを得意とする分野などについても説明があるかと思います。ここで気になることがあればリクルートエージェントに質問をしてかまいません。あなたの転職をサポートするのに合っているのか確認しておきましょう。

2-2.職務経歴・仕事の内容の確認

あなたの用意した履歴書・職務経歴書をもとにこれまでのあなたのキャリア・スキルを掘り下げていきます。リクルートエージェントからの客観的な意見をもらうことで、あなた自身が気づいていないアピールポイントや強みを知ることができるいい機会になります。それによって転職の選択肢も広がる可能性もあります。

2-3.転職理由や今後の希望のキャリアをヒアリング

次にあなたの転職理由や転職を希望する職種や業種についてヒアリングを行います。この時点で希望の職種や業種が決まっていなくても大丈夫です。リクルートエージェントがあなたの転職理由から次の転職先を選ぶ際に重視すべきこと・仕事観などを紐解き、あなたの目指すキャリアとどういった職場があなたに合っているのか一緒に考えていきます。

2-4.転職先に関する希望条件

転職するにあたり、あなたが転職先に求める年収、勤務形態、福利厚生などを整理していきます。転職してから後悔しないためにも正直に希望する条件を伝えて構いませんが、あまり多く条件を挙げすぎると紹介してもらえる求人案件が少なくなる可能性がありますので注意してください。

2-5.求人案件の紹介

ここまでのヒアリングを踏まえ、リクルートエージェントからあなたに合った求人案件の紹介を受けます。リクルートエージェントを利用するメリットの1つとして、この段階であなたに紹介される求人案件に関しては求人票に記載されている情報に加え、企業の社風や福利厚生の取得率、など転職サイトや公式ホームページからでは知り得ない情報も教えてくれます。

気になる企業や不明な点があればリクルートエージェントに質問して細かく確認しておきましょう。

2-6.転職活動の今後の流れの説明

最後に今後の転職活動の流れや、あなたに合った求人が新たに発生すれば連絡する旨、また、紹介された求人案件の中にあなたが気になる案件があった場合の今後の流れなどの説明があり、面談は終了となります。

3.当日の服装について

リクルートエージェントとの面談当日の服装は基本的に自由です。無難なのはスーツですが、現職がスーツではなく職場から直接面談に向かう方もいると思うので、服装はスーツに限りません。リクルートエージェントとの面談は私服でもスーツでもどちらでもOKです。

リクルートエージェントとの面談における注意点

転職エージェントはキャリアアドバイザー(担当者)ごとの差が大きくあります。例えどんなに仕事ができない転職エージェントにむかつくことがあっても、使わないほうが損をします。

転職エージェントが見ている求人のデータベースは全員同じです。つまり、こちらが「転職エージェントからどう求人を引き出すか?」がポイントになります。

「転職エージェントの担当がむかつくから、良い転職エージェントの担当者にあたるまで面談に行く」という人もいますが、その時間がもったいないので「各転職エージェントをどう使いこなすか」という視点で面談に臨むようにしてください。

転職エージェントとの面談で「自分が求める求人」を出してもらうには、転職エージェントに合った姿勢で面談に行くことが大切です。このあたりは「【面談】転職エージェントとのキャリア面談で伝える内容と回答のポイント」にまとめているので、合わせてご覧ください。

リクルートエージェントの活用方法

リクルートエージェントを最大限利用する方法をご紹介します。

1.優良求人を紹介してもらう方法

私はリクルートエージェントを利用する中で、彼らから「良い求人」を紹介してもらう方法を見つけました。

このとき「いろいろな仕事に興味のある転職者」のような振る舞いをするようにしてみてください。

リクルートエージェントには数多くの求人があります。初めから自分が行きたい業界や職種を決め打ちするのではなく、幅広く求人をもらうことで改めて自分の転職軸を確認し、ミスマッチを防ぐのです。

私は、リクルートエージェントとの面談で「年収は○○○万円~○○○万円以上、業界はAとBとC、職種はXとYとZ、役職は○○以上」など、業界などは少し広めに伝えて、リクルートエージェントにある求人で該当するものをすべて提示してもらうようにしていました。

数多くの求人をもらうことのメリットは「自分はどんな仕事に興味があるのか」「大事にしている軸(年収、ブランド、働き方など)は何か」「現職では、何に不満を感じているのか」などがわかるようになってくることです。

また、このようにして求人をもらっていくことで「非公開求人」なども出てくるようになります。

リクルートエージェントのような「大量求人型」の転職エージェントには、とにかく数多くの求人を出してもらい、自分が納得する求人を見つけるのがおすすめです。

出典:公式サイト

2.職務経歴書エディターを利用して添削してもらう

リクルートエージェントの職務経歴書エディター

また、リクルートエージェントには「職務経歴書エディター」というツールがあり、これを使って職務経歴書を書くことができます。これはとても便利でした。

これまでの経歴を各項目に入力していくだけで、職務経歴書がつくれます。またテンプレートも用意されているので、誰でも簡単に作成できます。

職務要約の例文

これは他社にはないツールなので、非常に便利です。リクナビNEXTにも同じようなものがありますが、個人的にはリクルートエージェントのほうが便利でした。リクルートエージェントに登録するだけで使えるので、ぜひ利用することをおすすめします。

これで職務経歴書を作成した上で、リクルートエージェントの担当に添削してもらうと書類選考の通過率が大きく変わるので参考にしてみてください。

3.リクルートエージェントのアプリを使う

リクルートエージェント アプリ

リクルートエージェントにはアプリもあります。とても使いやすいアプリなので登録後にダウンロードしておくと良いです。アプリで求人への応募や面談の日程調整などを完結できるため、非常に便利です。

また、求人紹介のメールもアプリ上で受け取ることができるため、他社の転職サービスのメールと混在することがなくなります。そのほかのおすすめの転職アプリも合わせて利用してみてください。

リクルートエージェントを利用する上での注意点

リクルートエージェントを利用して転職に失敗しないために、下記の注意点をご紹介します。

1.サービスの利用期限は3か月

基本的にリクルートエージェントは、登録から3カ月の間しか転職サポートを受けることができません。

リクルートエージェントの転職支援サービスの提供期間は、面談から転職先が決まるまでの約3か月としています
(出典:リクルートエージェント公式サイト

登録は無料なのでいつでもできますが、登録して3カ月以上放置してしまうとサポートを受けることができなくなってしまうので注意が必要です。

2.退会後、すぐに再登録しても転職サポートを受けられない

転職サポートの3カ月を過ぎた後に退会して再登録をしても、転職サポートを受けることができません。もし、3カ月で転職サポートが切れてしまった場合は、別の転職エージェントを利用することをおすすめします。

3.経験の浅い転職エージェントが担当になる場合がある

リクルートエージェントは、エージェント歴1年未満の社員がキャリア面談などを行うケースがあります。新入社員や未経験の中途社員が担当する場合、あまりマッチしない求人を紹介される可能性があります。

私の場合も、まったく興味のないグループ子会社を紹介されたことがありました。経験の浅い担当者がついてしまった場合は、担当変更を申し出てください。

リクルートエージェントの担当変更方法は「お問い合わせ」に連絡し、担当変更を希望する旨を伝えてください。

自分の人生を左右する大事な転職活動なので、信頼のできるパートナーを見つけましょう。

4.内定が出やすい求人を紹介される

リクルートエージェントの担当者にも目標があります。そのため、ノルマを達成しようと、書類選考などに通過しやすい求人を紹介されることがあります。

こうした求人に応募しないためにも、応募前に「この求人のおすすめポイントはどこですか? 懸念点はありますか?」など、細かく担当者に確認をしておくことをおすすめします。

必要であれば口コミサイトである「転職会議」などを利用して企業情報を確認しておきましょう。

転職会議

口コミ:転職会議 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:312,420(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://jobtalk.jp/

出典:公式サイト

リクルートエージェントの退会方法

リクルートエージェントの利用を辞める場合は、すぐに退会することができます。

リクルートエージェント退会申し込みフォーム

退会フォーム

転職活動が終わったら下記URLより退会申請をしてください。退会することでメールなども届かなくなります。

https://www.r-agent.com/entry/cancel/

リクルートエージェントに紹介を断られた際の対処法

リクルートエージェントに登録をしても求人紹介を断られるケースがあります。断られる理由は主に下記が多いです。

・希望する職種の求人がない
・転職回数が多い
・希望条件が高すぎるなど

色々な条件によって断られることがありますが、リクルートエージェントから紹介を断られた際の対処法をご紹介します。

1.他の転職エージェントを利用する

リクルートエージェントで求人を断られた際はほかの転職エージェントを利用してみましょう。

リクルートエージェントに断られたからと言って他社に転職エージェントが利用できないということはありません。リクルートエージェントでは紹介できなかった求人を紹介してくれることもあるので、まずはほかの評判の良い転職エージェントに登録してみてください。

2.転職サイトを利用する

転職エージェントだけでなく、転職サイトを使って転職する方法もあります。

転職サイトには転職のサポート機能がありませんが、断られる心配をすることなく自分のペースで求人を探せます。もしリクルートエージェントに断られてしまったら、転職サイトの利用も検討してみてください。

リクルートエージェント以外のおすすめ転職エージェント

リクルートエージェントは評判も良く、業界最大手とあって求人も多いですが、他の転職エージェントを並行して利用することでより転職活動を効率的に進めることができます。

下記にいくつか転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

1.doda 転職サイト

doda

口コミ:doda 転職サイト 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:170,113(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://doda.jp/

リクルートエージェントと同じくらい評判の良いのが『doda』です。

「友人が利用したことがあって勧められた」「求人数が多かった」という口コミが多く「dodaだけで転職活動を終えられた」という声もありました。業界大手とあって他社と比較しても求人数が多く、リクルートエージェントと合わせて利用している人が多かったです。

私も実際に利用しましたが、求人数が多く、業界大手の転職サイトであるため、企業担当と転職者の面談担当が分かれており、とても使いやすい印象を受けました。毎年dodaで「dodaプレミアムトークセッションオンラインdoda×moto」などのイベントも毎年開催しています。

業界大手の転職サイトとあって大きな不満はなく、求人数も多いので登録しておくことをおすすめします。

出典:公式サイト

2.ビズリーチ

ビズリーチ

口コミ:ビズリーチ 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:85,274(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

ビズリーチ』もリクルートエージェントと合わせて利用しておくと良いです。

「年収500~600万円を超えないとスカウトメールが来なかった」「有料にしないと求人の検索ができなかった」という声もある「ビズリーチ」。他の転職サイトと比較して年収の高い求人が多く、ハイクラス向けの転職サイトになっています。

年収500万円あたりから求人が添付されたスカウトメールが数多く届くようになるので、目安として年収500万円以上の人におすすめです。

有料機能もありますが、トライアル期間で転職活動を終えられると思うので、現年収で500万円以上の転職者はビズリーチが一番良いと思います。高年収な求人も多く、業界も幅広く見ることができます。

ビズリーチのサイト内で「転職と副業のかけ算」著者のmoto氏が語る、転職活動におけるビズリーチの使い方という私のインタビュー記事も出ているので、ぜひ読んでみてください。

出典:公式サイト

3.マイナビ転職

マイナビ転職

口コミ:マイナビ転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:17,842(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://tenshoku.mynavi.jp/

リクルートエージェントは転職エージェントですが、転職サイトである『マイナビ転職』も合わせて利用しておくと良いです。

マイナビ転職はほかの転職サイトと比較して、未経験職種や業界未経験であっても応募できる求人が多く、社歴が浅い状態でも転職できた、という声が多かったです。

実際、私も20代でホームセンターに勤めていた際に利用しましたが、他社の転職サイトには掲載されていない穴場的な求人があり、とても便利でした。

また、ほかの転職サイトと比較して地方の求人が多く、私が実際に長野県で転職先を探していたときはマイナビ転職をメインに転職活動をしていました。転職活動をする上では登録しておくべきおすすめ転職サイトの1つです。

出典:公式サイト

4.パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:38,072(2022年11月30日現在)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

リクルートエージェントと合わせて登録しておくのにおすすめなのが『パソナキャリア』です。

パソナキャリアは、オリコン顧客満足度調査で「転職エージェント部門4年連続1位」を獲得した満足度の高い転職エージェントです。

満足度が高い理由は、丁寧なカウンセリングです。しっかりと面談で話を聞いた上で求人を提案、マッチングしてくれます。

「他社と比較して面談が丁寧だった」「未経験でもたくさんの求人を出してくれた」「求人が多いから比較しやすかった」という口コミが多かったのが「パソナキャリア」です。

私も利用しましたが、本当に幅広く求人を出してくれるのでとても便利でした。パソナは人材派遣のイメージが強いですが、最近は転職にも力を入れており、求人も比較的豊富にあります。

人材業界大手とあって、年代問わず非常に満足度が高かったため、初めての転職者におすすめできます。

出典:公式サイト

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など7社に転職後、副業の転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社HIRED株式会社の代表取締役。著書に『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)がある。(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)。

転職コラム:【決定版】年収240万→年収1,000万の転職で利用した転職サイト

運営者情報