【評判】Wantedly(ウォンテッドリー)は実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

Wantedly

Wantedly(ウォンテッドリー)の基本情報とサービス紹介

まずはじめにWantedly(ウォンテッドリー)の基本情報をご紹介します。

サービス名Wantedly
運営会社ウォンテッドリー株式会社
公開求人数113,061(2023年2月1日現在)
特徴・カジュアル面談を通じて企業を選べる
・ビジョンやミッションへの共感を重視
おすすめポイントベンチャーやスタートアップの求人に特化した転職サイト
おすすめ度★★★・・
対応地域全国
公式サイトhttps://www.wantedly.com/

Wantedly(ウォンテッドリー)の評判

Wantedly』は、若手を中心にスタートアップやベンチャー企業の募集に特に強みを持つ転職サービスです。

Wantedlyはいきなり書類選考ではなく、「話を聞いてみる」というカジュアルな面談を通じて企業を選ぶことができる「共感採用型」の転職サイトです。ベンチャー企業の情報は少ないため、直接会っていろいろ話を聞けるという点においておすすめの転職サイトです。

Wantedlyの求人には年収やポジションの表記がなく、ビジョンやミッションへの共感が重視されているため、雇用形態や給与、勤務時間などの待遇等についてはしっかりと確認しておくことをおすすめします。

出典:公式サイト

Wantedly(ウォンテッドリー)を利用した人の口コミ

Wantedly(ウォンテッドリー)を利用した人の声はSNSでも多くあります。SNSで募集して集まったWantedly(ウォンテッドリー)に対する良かった声、悪かった声を掲載しておきます。

Wantedly(ウォンテッドリー)の口コミ評価

  • 23歳・男性
    友人に勧められて利用しました。求人募集もありますが、SNS感覚でプロフィールを作り、それを見てスカウトをいただくこともできるのが良いと思います。気軽にできるので転職を積極的に考えていなくても、ツールとして持っておくだけでも損はないなと感じました。

  • 他の企業の方のプロフィールを見られるのも、書き方の参考になるのでおすすめです。

  • 25歳・女性
    転職活動の情報を集めるだけでもしたいと考えていたときにWantedlyを知りました。ビジネスSNSとあるように、重苦しくない雰囲気が個人的には合っていて好きです。気になれば企業にアプローチすることもできます。

  • その企業に今どれぐらいの人がアプローチしているかも分かるのが、便利だと思いました。ただ、給与面などの条件についての細かい情報までは得られないので、そこは直接やりとりして確認しないといけないのは人を選ぶかもしれません。

  • 26歳・男性
    ビジネスSNSとあるのですが、今まで仕事の探し方とはちょっと違う印象を受けました。特に今大学生でインターンシップを探している人には使っておいてほしいつーるだと思います。たくさんのインターンシップが毎日募集されていて、気に入った企業を探すことができると思います。

  • 日本語だけでなく英語にも対応しているので、外国の方でも使いやすいのではないでしょうか。自分で探すこともできますし、プロフィールを作成してスカウトをもらうこともできるので、登録するだけでもメリットが大きいと思いました。

  • 25歳・女性
    ベンチャーやスタートアップ企業に興味があって利用しました。他のサイトと違うと思ったのはその企業で働く人たちの中身が知れることでしょうか。Wantedlyでは、「誰が」「なにを」「なぜやっているのか」にフォーカスが当てられています。

  • 実際にその企業で働くイメージが付きやすいのは魅力だと感じました。ただ、給料の記載がないので、企業に連絡を取って実際にお会いするまでは金額が分からないのはちょっと不安になるかもしれないです。


  • なんかwantedlyでもう一社から連絡来た。 プロフィールに思いの丈を書き込んだのがよかったのかな?

    出典:Twitter

  • Wantedlyのプレミアムスカウトを初めて頂いたので、カジュアル面談を受けてみました!(ライターとは関係ないです) 本当にカジュアルで、簡単な会社説明と「何か質問ありますか?」だけの面談でした😂正味10分! これなら、自分で企業研究して、最初から面接受けた方が時短かな、、🧐

    出典:Twitter

  • 最近はWantedlyのカジュアル面談を人生相談の場として利用させてもらっているのだけど、先輩エンジニアのお話を無料で聴き放題でありがたすぎる…みんなにこの活用方法を全力で推したい

    出典:Twitter

  • 転職活動にmustなWantedlyにようやく登録。プロフィールを作成中。いろんな人の思いを読めておもしろいなぁ。どんなことをやってきたのかついつい読んでしまう。人に興味があるのかも。

    出典:Twitter

  • Wantedlyで正社員のスカウトが来たので、副業なら!って打診してみたら、オファーくれた感じです!笑

    出典:Twitter

  • Wantedlyからオンライン面談をしていただきました! 金融特化でいきたいと思っていたんだけど、他のジャンルを書いてみるのも損はないかな?と感じました💭 まずはテストライティング受からないことには始まらないけれど😅

    出典:Twitter

  • 今回内定くれた会社はWantedly経由だった。

    出典:Twitter

  • Wantedlyとかで「こんなん今勉強してます!」てプロフィール書いてたらワンチャン未経験歓迎のところが声掛けてくれるかも、、、?

    出典:Twitter

  • ウォンテッドリーで制作会社さん見てると、 労働条件がいい(リモートワークなど)会社は制作実績が微妙で、出社必須の会社ほど素敵な制作実績があって、やはり出社する方がいいのかなと思ったり🤔 幕張から毎日通うのしんどいけど、それも修行と思って頑張るべきか‥??

    出典:Twitter

  • Wantedlyってめっちゃキラキラしてるな。アラフィフのおっさんが行くところじゃねーわ。最初の関心のある仕事の選択に該当する部分が皆無でそっ閉じ。

    出典:Twitter

  • 友達がwantedlyでスカウトが来たから、その会社に応募したら書類落ちしたらしいのだけど、ちょっとかわいそうな気がした🫠🫠 担当が違うので仕方ないとは思うのだが🫠🫠

    出典:Twitter

  • wantedlyの使い方がわからなくて登録だけして放置してたけど、今日少しプロフィールを整えて、気になる企業にいくつか応募してみた。 そしたら1社からメッセージが!仕事に結びつくかはわからないけど、何もしなかったらその企業から知ってもらうこともなかったから一歩前進ということにしよう。

    出典:Twitter

  • 転職決めてから退会手続きをしてなかったwantedlyを久しぶりに見たら、エージェント経由で応募して書類選考落ちだったメガベンチャー企業からスカウトもらってて悔しい… 今転職を考えている方はエージェント経由ではなく行きたい企業の技術を使ってアプリを開発してスカウトを待つことがオススメする

    出典:Twitter

  • 私の簡単な経歴 ・金融業界にて営業職 →自由になりたくてIT業界を目指す。 ・SES企業 →Javaでのシステム開発を経験。鬼覚えること多くて禿げた。でも身につけられたのは氷山の一角。無能を自覚。 ・SaaS企業 →個人開発したWebアプリをwantedlyで紹介したらスカウトきてそのまま内定承諾入社。

    出典:Twitter

  • wantedly、返事ってこないことも多いみたいだけど、平均何日くらいで返事くるんだろう…内定一個頂いているけど、スタートアップってところが引っかかってて、引き続き転活はした方が良いのかなと思っています。 スタートアップの10人目とかってやばいのかな??

    出典:Twitter

  • リクナビとかマイナビみたいなメジャーどころの就職・転職サイトしか見てない人は、ぜひ「Wantedly」も覗いてみてほしいです! 社員の顔を出してる求人がほとんどだから、会社の空気を感じ取りやすいですよ💡 それに「あっこういう顔の人、生理的に無理…」みたいなのって結構あるじゃないですか😂

    出典:Twitter

  • Wantedlyの応援ボタンの場所が変わった!! 求人開くと応募ボタンの下にあった応援ボタンが、こんなことやりますの下になった!かなりスクロールしないと応援ボタンが見つからないので注意!(MacBookの場合)

    出典:Twitter

  • ウォンテッドリーでメッセージのやりとりをするために有料会員にしたんだけど、月3000円もするんだよ。。 そしてやはりスカウトは事業会社からしか来ない。 月末までに制作会社探さないとお金が持ったないなり🥲

    出典:Twitter

  • Wantedlyでは英語使用環境のPR、マーケティング(ちなみにどちらも未経験、前職は銀行のリテール営業→本部営業企画)にアプライしていたところ、結果PR/海外コンサル業務でオファーレターをいただく。ここはお断りすることとなったのだがいきなり話が進んで驚いた。

    出典:Twitter

  • ここで、いわゆる求人にやみくもにアタックする戦法に限界を感じる。(ただエントリーボタン押して面接まで行かず落ち続けてただけ😂)そこで友人の助言もありWantedlyに登録。遊び感覚でやりたい仕事(英語を使う、広報かマーケティング)に絞り応募し始めてみる。

    出典:Twitter

  • コメントありがとうございます😳 ウォンテッドリーもやってるんですけど、闇SES企業が多くて困り果ててます🌀 スタートアップ企業が多かったり、未経験を教育ありでとる代わりにコールセンターなどで働かせる企業が多いのでエージェント登録の方が良いのかなと…

    出典:Twitter

  • wantedlyはフランクなイメージがありますが、実際に面談してみるとしっかり面接な場合がありますよね🤣応募されて1歩前進ですね✨

    出典:Twitter

  • 作ってるやつやっとできそうなので就活の準備します🙂 WantedlyとかGreenに掲載している企業のMVV共感できすぎて一つ一つ見てリストアップするだけでもめちゃ疲れる…

    出典:Twitter

  • Wantedlyってアプリ良いよ〜

    出典:Twitter

  • wantedlyの説明会、雑に社長が出てきてびっくりした 普通にキャリア相談乗ってくれてめちゃ楽しかったな

    出典:Twitter

  • クラウドソーシングやWantedlyでたまに年齢設定してない人見かけるけど、あれで不利になることもある。 メディアによっては必須要件には書いてないけど、メディアのターゲット的にふさわしい年齢層を採用することもあるから、設定しないと損することもあるのに。もったいないな。

    出典:Twitter

  • ひよこさんありがとうございます😆 頑張ります😂 今はパソコンとにらめっこして、営業メール作成して、IndeedやWantedlyなどで応募してます😇 それをこっそり?😱笑 ありがたいことに早速面接が1件決まりそうです😂

    出典:Twitter

  • wantedlyの記事って自社のもの読んで見ると実態とだいぶ違うぞってあるあるだと思うのでいざ転職者になったときは気をつけた方がいいですよね

    出典:Twitter

  • Wantedly、給料や待遇は採用されるまで分からないらしくて、それなのにバイトで週何日働けますかと言われても分からないのだが

    出典:Twitter

  • wantedly経由からだから比較的ベンチャー系から頂くけど新卒なのに意外と給与高くて驚く

    出典:Twitter

  • 2月からWebデザイナーになりますっ☺️ 不安でいっぱいだけど、なりたい事やりたい事やれるように頑張りますっ! 私は、wantedly・findjob・dodaを利用して、 内定はwantedlyで頂きました! webデザイナー・コーダー希望は体感的にwantedlyがオススメです😊 #webデザイナー #未経験から

    出典:Twitter

  • Wantedlyで応募してからもう3日も経つのに返信がこない。スカウト承諾したのに一向に連絡がこない。面接官が時間になってもこない。就活生は結構敏感なので、この辺を1回でもやってしまうと「この企業は受けるの辞めよう」と思ってしまうのが実際のところ。

    出典:Twitter

  • #駆け出しエンジニアと繋がりたい wantedlyで転職活動してるけど開発未経験だと18万から20万が多い。しかもsesで見込残業込みで。前より月給下がって開発できる保証ないから辞退しようと思う。月給上げてくれないと流石に行く気にならんわ。

    出典:Twitter

  • 転職活動、結局は企業から金をむしりたいだけの転職サイト使うよりウォンテッドリーとツイッター使って探すほうが有意義な会社と出会えそう。

    出典:Twitter

  • 会社の調べ方 ①求人票 ②HP ③ウォンテッドリー&note ④Twitter ①の求める人材像に当てはまるエピソード ②ビジョンミッションに共感するエピソード理由 上記用意しとく ③で自分の行きたい意欲を高める ④どうにかして人事を見つけてどんなタイプか見ておく スタートアップだから出来る手法

    出典:Twitter

  • いえ!エージェントは使っておりません!ウォンテッドリーで一点応募で応募しました!そこの会社以外応募すらしていませんでした! やりましょう!!

    出典:Twitter

  • カジュアル面談2連戦してきました! 1個目は副業で、2個目は中途でウォンテッドリーからスカウト来たやつ 何回やっても緊張してしまう…

    出典:Twitter

出典:公式サイト

Wantedly(ウォンテッドリー)以外のおすすめサイト

ほかの口コミサイトなども並行して利用することで、より転職活動を効率的に進めることができます。下記にいくつか転職サイトIT・WEBエンジニア向け転職サイトベンチャー・スタートアップにおすすめの転職サイトをご紹介します。

転職サイトGreen

Green

口コミ:転職サイトGreen 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:31,207(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://www.green-japan.com/

レバテックキャリア

レバテックキャリア

口コミ:レバテックキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:17,473(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://career.levtech.jp/

マイナビITエージェント

マイナビITエージェント

口コミ:マイナビITエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/it/

FINDJOB!

FINDJOB!

口コミ:FINDJOB! 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:1,354(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://www.find-job.net/

アマテラス

アマテラス

口コミ:アマテラス 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:183(2023年2月1日現在)
【公式サイト】https://amater.as/

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社の代表取締役。著書に『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)がある。(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)。

運営者情報