【評判】リネアコンサルティングは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

リネアコンサルティング

リネアコンサルティングの基本情報とサービス紹介

まずはじめに、リネアコンサルティングの基本情報をご紹介します。

サービス名リネアコンサルティング
運営会社リネアコンサルティング株式会社
公開求人数167(2024年2月21日現在)
おすすめポイント外資系大手コンサルファームの採用責任者が立ち上げた転職エージェント
おすすめ度★★★・・
対応地域全国
有料職業紹介事業許可番号13-ユ-303257
公式サイトhttps://www.lineaconsulting.co.jp/

リネアコンサルティングの評判

リネアコンサルティング』は、外資系大手コンサルティングファームの採用責任者が立ち上げた転職エージェントです。現場にいた経験を活かして、企業側が求める人材要件や面接対策を綿密にやってもらうことができます。

また、リネアコンサルティングは、幅広い企業や人事とのコネクションを持っているため、求人票には記載されていない企業の内情なども教えてくれるので、事前に企業についてよく知っておきたい人におすすめです。

公式サイトには、コンサル業界への転職ノウハウや面接対策について詳しく記載されたページもあるので、ぜひ見てみてください。

出典:公式サイト

リネアコンサルティングを利用した人の口コミ

リネアコンサルティングを利用した人の声はSNSでも多くあります。SNSで募集して集まったリネアコンサルティングに対する良かった声、悪かった声を掲載しておきます。

リネアコンサルティングの口コミ評価

  • 33歳・男性
    新卒で入社した大手コンサルティングファームで勤務してきましたが、これまでとは別の業務領域を経験し、コンサルタントとして経験の幅をさらに広げたいと考え転職活動を開始しました。

  • 転職サイトに登録してもなかなか自分にマッチする案件に出会えずにいた中、リネアコンサルティングでは自分の希望に沿った案件をご紹介いただきました。

  • 48歳・男性
    これまでは大手コンサルティングファームでパートナーとして働いていました。あるタイミングでマネジメントが刷新されたことをきっかけに、会社の目指す方向性と私が目指しているビジネスにギャップが生じてしまい、転職を決意しました。

  • 転職にあたっては、クライアントにこれまでと同等以上の価値提供ができるかという点が一番のポイントでした。結果、大手ファームからオファーをいただき、他に転職を考えていたメンバーも含めて移籍することが叶いました。

  • 37歳・男性
    会計コンサルタントとして外資系大手コンサルティングファームで働いてきましたが、今後は会計の中身により踏み込んだ業務ができる会社で働きたいと考えるようになりました。また激務であったことから労働環境を改善したいという思いもあり転職に踏み切りました。

  • 担当者の方より大手監査法人をご紹介いただき、会計コンサルタントとして転職が決まりました。転職で年収がアップしただけでなく、常駐型から訪問型になったことにより労働環境も改善されました。

  • コンサル時代の親愛なる先輩で、リネアコンサルティング代表の大森さんのオフィスに伺いました。有楽町駅前のアクセス抜群の立地。コンサル転職に強みがある人材紹介会社で、エントランスの表彰状などが眩しい。私も転職する際はよろしくお願い申し上げますww あ、私はローソン店員じゃないですよ。

    出典:X(旧Twitter)

  • リネアコンサルティング「企業成長にコミットするパートナーとして、人に関わる領域を長期的に支援します」 #求人 #人材 #転職 #日本人材ニュース

    出典:X(旧Twitter)

  • 「プラクティスをビルドしたいコンサルタントが今、EYに集結している」 リネアコンサルティング社サイトにて、EYストラテジー・アンド・コンサルティング 代表取締役社長 近藤聡が、EYに参画した経緯、成長戦略である「プロジェクト・ドラゴン」について語っています。

    出典:X(旧Twitter)

  • / コンサルティング業界インタビューにZEINが掲載されました!! \ リネアコンサルティング様のHPにて、弊社CEOへのインタビュー記事が公開されました🎉 キャリアやマネジメント観、ZEINの特徴・今後の展望、求める人物像について語っております👀✨ #コンサル #22卒

    出典:X(旧Twitter)

  • 【EYSC新着記事】リネアコンサルティング社サイト掲載 テクノロジーコンサルティングリーダー田畑紀和のインタビューが掲載されました。 「システムを刷新するだけのコンサルティングは終焉を迎え、データドリブン型のコンサルティングが主流となる」

    出典:X(旧Twitter)

  • 【リネアコンサルティング掲載記事】 PwCコンサルティングの2人が、戦略マーケティング領域における当社の強み、他ファームとの違い、求める人物像などを語ります。PwCには次世代型のコンサルタントとして成長できる環境があります。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【#人事 関係者推薦 #人材 紹介会社 #ガイド100選】 リネアコンサルティング 大森 崇 代表取締役社長 「企業成長にコミットするパートナーとして、人に関わる領域を長期的に支援します」

    出典:X(旧Twitter)

(口コミ評価は、体験談投稿フォームで随時募集しています)

出典:公式サイト

リネアコンサルティング以外のおすすめ転職サービス

リネアコンサルティングは評判の良い転職エージェントですが、ほかの転職サービスも並行して利用することで、より転職活動を効率的に進めることができます。下記にいくつかコンサル転職におすすめの転職サイト転職エージェントをご紹介します。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

口コミ:アクシスコンサルティング 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://www.axc.ne.jp/

リーベル

リーベル

口コミ:リーベル 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://www.liber.co.jp/

ムービン

ムービン

口コミ:ムービン 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:2,912(2024年2月21日現在)
求人数増減:+10(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.movin.co.jp/

コンコード

コンコード

口コミ:コンコード 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://www.concord-career.com/

エグゼクティブリンク

エグゼクティブリンク

口コミ:エグゼクティブリンク 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://www.executive-link.co.jp/

ヤマトヒューマンキャピタル

ヤマトヒューマンキャピタル

口コミ:ヤマトヒューマンキャピタル 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://yamatohc.co.jp/

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報