【評判】マイナビスカウティングは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

マイナビスカウティング

マイナビスカウティング(旧マイナビ転職エージェントサーチ)の基本情報とサービス紹介

マイナビスカウティング 登場篇 30秒

まずはじめに、マイナビスカウティング(旧マイナビ転職エージェントサーチ)の基本情報をご紹介します。

サービス名マイナビスカウティング
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数46,255(2024年5月15日現在)
おすすめポイント登録した経歴や条件をもとにあなたにマッチしたスカウトが届く
おすすめ度★★★★・
対応地域全国
有料職業紹介事業許可番号13-ユ-080554
公式サイトhttps://scouting.mynavi.jp/

マイナビスカウティングの評判

マイナビスカウティング』は登録した経歴や条件をもとに、経験豊富な転職コンサルタントおよび企業からあなたにマッチしたスカウトが届くスカウティング転職サービスです。

以前は、転職コンサルタント(エージェント)個人を検索できるサービスでしたが、2024年1月にスカウト型転職サイトとしてリニューアルされています。

求人数は年収600万円以上の求人に絞られているため多くありませんが、ハイクラス転職でスカウトを受けたい方におすすめのサービスです。

また、マイナビスカウティングを利用する人は『ビズリーチ』も併用しておくと、より多くの求人を見ることができます。

ビズリーチ

ビズリーチ

口コミ:ビズリーチ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:263,913(2024年5月15日現在)
求人数増減:+2,134(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

ビズリーチ』は200万人以上が利用する国内最大級の転職サイトです。求人を検索する通常の転職サイトと違い、企業やヘッドハンターからスカウトが届き、直接オファーをもらえるのが特徴です。

企業からのスカウトだけでなく、転職エージェントからのスカウトも届きますが、転職エージェントの評判をビズリーチのサイト中で調べることもできるので、優秀なヘッドハンターや転職エージェントに出会うことができます。

スカウトを受け取れるサービスなので「自分にどんなスカウトが届くのか?」を知ることができます。転職するしないに関わらず登録しておくことをおすすめします。

出典:公式サイト

マイナビスカウティングを利用した人の口コミ

マイナビスカウティングを利用した人の声はSNSでも多くあります。SNSで募集して集まったマイナビスカウティングに対する良かった声、悪かった声を掲載しておきます。

マイナビスカウティングの口コミ評価

  • ➊ マイナビ転職エージェント ・未経験転職には向かないが、ITエンジニアからITエンジニアへの転職に強い ・エージェントは多忙で相性が良い人と悪い人の落差は激しかった ・親身にエントリーシートの添削や面接対策に付き合ってくれる ・年収アップに適した最適な企業をピックアップしてくれる

    出典:X(旧Twitter)

  • 30〜40代 年収に不満はないけれど、転職意欲はあって仕事は忙しい。当時の私のような人は「マイナビスカウティング」がおすすめ。 年収600万円〜の求人のみで「登録して待つだけ」でスカウトが届く。市場価値が気になる人は「年齢 業種 今の年収」を入力して無料で確認👇 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • dodaとかリクナビとかマイナビの転職エージェント申し込んだらだるい電話かかってきてそれとって面談日決めて、いろいろ話して職務経歴書と履歴書書いて、求人見て申し込んで受かって転職。 初動だるいけどあとは簡単

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビスカウティングなら、求人検索だけでなく、コンサルタント検索で担当者の実績/得意分野などを確認したうえで面談希望できるので、自分に合う担当者を探しやすいです。この仕組みは、画期的だと思います。 しかも、年収600万円以上の転職に特化。登録無料です。 #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • いきなりエージェント登録に抵抗があるなら、マイナビスカウティングがオススメ。掲載求人は年収600万円以上のみ。スカウトがメインサービスだけど、エージェントサービスや自ら求人を探して応募も可能。"今よりいい働き方、いい待遇" を無料で探せます。詳しくは→ #PR

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職活動 184日目、モニターユーザーbuchicoです🐿 マイナビエージェントにお断りされて、マイナビスカウティングには登録できたけれど、ビズリーチと変わらない感じで、シンプルにメールの数増えただけになってしまっている…😥 『特化型エージェント』って言うのがあるっぽくて、情報収集してみようと思ってます💪

    出典:X(旧Twitter)

  • 年収1,000万でも手取りは720で、子供がいれば学費や習い事で余裕がなくなる。共働きでないと厳しい現実。マイナビスカウティングの「適正年収診断」で市場価値を把握し、年収600万以上のスカウトを待つのがオススメ。今すぐ登録しておいて損はない。

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職活動 178日目、モニターユーザーbuchicoです🐿 リクルートエージェントもパソナもdodaも大体使い方一緒だったので、あれこれ考えずに使えたのですが、ビズリーチとマイナビスカウティングがなんか違くて迷ってそっ閉じ。 UIも自分に合うサービス探さないとなんだろうな…😅

    出典:X(旧Twitter)

  • #転職活動 177日目、モニターユーザーbuchicoです🐿 マイナビスカウティングに登録できたので早速いじってみているのですが、ブロック企業の所が、紹介会社しかブロックできないっぽいんだよな…🤔 そもそも企業から直ではスカウト来ない仕組み??

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職エージェント ・未経験転職には向かないが、ITエンジニアからITエンジニアへの転職に強い ・エージェントは多忙で相性が良い人と悪い人の落差は激しかった ・親身にエントリーシートの添削や面接対策に付き合ってくれる ・年収アップに適した最適な企業をピックアップしてくれる

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビスカウティング良さげ 個人的には企業のブロックできるのがかなり良き😍

    出典:X(旧Twitter)

  • スカウトの質にこだわった"マイナビスカウティング"がおすすめ。スカウトの質にこだわるために「一括送信廃止」「スカウト側の配信の制限あり」「コンサルタントの点数化/審査制」を設定している。もうムダなスカウトメールを見たくない人はぜひ使ってみて。#PR。

    出典:X(旧Twitter)

  • みやまさん、上司の器で会社の未来見えますね。 転職考えるならマイナビスカウティングがいいんですね。要チェック😆

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビスカウティングのサービス酷すぎる笑

    出典:X(旧Twitter)

  • 🌈創業50周年特設サイト「 #マイナビジョン 」更新 🌈 マイナビから新たにリリースされた転職サービス 『 #マイナビスカウティング 』の責任者・吉澤伸吾。 新サービスへの想いについて聞きました。 #マイナビ50th #未来が見える世界をつくる

    出典:X(旧Twitter)

  • ミドル・ハイクラス層の新たな転職サービス『マイナビスカウティング』の提供を開始 より

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職(エージェントサーチ)、去年の秋頃からボタンが動かなかったりメッセージ一覧が表示されなかったり、致命的なのは「面談の相談をする」ができなかったりでマトモに使えてないんだけど俺だけなんだろうか🤔 新規メッセージもらってるから対応したいんだけどなぁ

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職(エージェント)は担当者がくそ(サンプル1)でいい印象がなかったので気兼ねなく言うゾ

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビエージェント(マイナビ転職)の書類選考に通らないという方に向けて、マイナビ転職エージェントの書類選考通過率や書類選考の対処法を現役のキャリアアドバイザーが徹底解説。 マイナビキャリアパートナーエージェントの仕組みについても説明します。

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職エージェントサーチとかいうの Twitterの裏垢女さん並みにお誘い来るじゃん...😱

    出典:X(旧Twitter)

  • 求人サイトを見てたら マイナビ転職エージェントサーチっていうのにつながったようで 応募はしたもののよくわかんないことになっててエージェント経由本当に苦手だなと思った😭

    出典:X(旧Twitter)

  • 体感的にエージェントが多い求人サイト ①ビズリーチ ②マイナビ転職エージェントサーチ エージェントの方からのアドバイスって目から鱗の事も‼

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職エージェントサーチってどうなんだろう。なんか探す気力体力がなくなってきた。

    出典:X(旧Twitter)

  • いつも助かってます! さっそく、マイナビ転職エージェントサーチ登録してみました。 エージェントさん(会社ではなくて人)がたくさんでてくるのですが、実際に面談を行ったエージェントさんを選んだ際の基準とかってありますか?

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職サイトもマイナビのがいんちゃうか思う リクルートは最初についた人次第だし、エージェント変えてもらうにも理由が必要 dodaは会社ごとにエージェントがつくし、割と営業感がある マイナビなら、直接応募、エージェントサーチで自分で選べる なかなか良い

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職エージェントサーチはたまたまネットを見ていたら出てきて、各エージェントが掲載している求人に応募しました。地場のエージェントさんで面接前後のフォローがかなり手厚いと感じました。企業との関係性も深い為私にとってはオススメです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 最近の日常生活で使った最もメタなもの、マイナビ転職エージェントサーチ(転職エージェントを探してくれる)と引っ越し一括見積もりサイト口コミサイト(引っ越し一括見積もりサイトの口コミを教えてくれる)だな

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職エージェントサーチに登録したら、元旦から迷惑メールかと思うような怒涛のメール。 このサービスは、転職エージェントを紹介するはずなのだが、募集企業ばかりが送られてくる。 良いエージェント見つかればいいけど、サービスはミスマッチかも?

    出典:X(旧Twitter)

  • マイナビ転職エージェントサーチが使いやすいぞ。個人を含めた複数のエージェントを束ねているから、幅が一番広く取れそう

    出典:X(旧Twitter)

(口コミ評価は、体験談投稿フォームで随時募集しています)

※マイナビのプロモーションを含みます
出典:公式サイト

マイナビグループが運営するマイナビエージェント 評判マイナビ転職 評判マイナビジョブ20’s 評判マイナビエージェント(女性の転職)評判記事も合わせてご覧ください。

マイナビスカウティング以外のおすすめ転職サービス

マイナビスカウティングではハイクラス求人を探すことができますが、ほかの転職サービスも並行して利用することで、より転職活動を効率的に進めることができます。下記にいくつか転職サイト転職エージェントをご紹介します。

みんなのエージェント

みんなのエージェント

口コミ:みんなのエージェント 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
【公式サイト】https://all-agent.com/

MS-Japan

MS-Japan

口コミ:MS-Japan 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:10,157(2024年5月15日現在)
求人数増減:+12(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.jmsc.co.jp/lp/001/

エンワールド

エンワールド

口コミ:エンワールド 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:1,023(2024年5月15日現在)
求人数増減:-8(先週比↓down)
【公式サイト】https://www.enworld.com/

アサイン

アサイン

口コミ:アサイン 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://assign-inc.com/

ミドルの転職

ミドルの転職

口コミ:ミドルの転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:293,961(2024年5月15日現在)
求人数増減:+40,244(先週比↑up)
【公式サイト】https://mid-tenshoku.com/

ビズリーチ

ビズリーチ

口コミ:ビズリーチ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:263,913(2024年5月15日現在)
求人数増減:+2,134(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:36,768(2024年5月15日現在)
求人数増減:+560(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

AMBI(アンビ)

AMBI(アンビ)

口コミ:AMBI(アンビ) 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:163,080(2024年5月15日現在)
求人数増減:+11,436(先週比↑up)
【公式サイト】https://en-ambi.com/

doda X

doda X

口コミ:doda X 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:48,632(2024年5月15日現在)
求人数増減:-140(先週比↓down)
【公式サイト】https://doda-x.jp/

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報