【評判】MS-Japanは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

MS-Japan

MS-Japanの基本情報とサービス紹介

管理部門のことならMS-Japan

まずはじめに、MS-Japanの基本情報をご紹介します。

サービス名MS-Japan
運営会社株式会社MS-Japan
公開求人数10,250(2024年6月12日現在)
特徴・管理部門、士業におすすめしたい転職エージェントNo.1
・上場企業のMSーJAPANが運営
おすすめポイント管理部門、士業の転職に特化した転職エージェント
おすすめ度★★★・・
対応地域全国
有料職業紹介事業許可番号13-ユ-307066
公式サイトhttps://www.jmsc.co.jp/lp/001/

MS-Japanの評判

MS-Japanは、経理や財務、法務などの「管理部門」、弁護士や税理士、公認会計士といった「士業」の転職に特化しています。日本トレンドサーチが2021年11月に行った転職サイトのイメージ調査では、管理部門・士業におすすめしたい転職エージェントNo.1に輝いています。

30年以上の管理部門・士業転職の支援実績があり、専門性の高いキャリアアドバイザーから話を聞くことができます。

一般企業の経理・財務の求人もあるので、管理部門の求人を探している人にもおすすめです。

出典:公式サイト

MS-Japanを利用した人の口コミ

MS-Japanを利用した人の声はSNSでも多くあります。SNSで募集して集まったMS-Japanに対する良かった声、悪かった声を掲載しておきます。

MS-Japanの口コミ評価

  • 50代・男性
    学卒以後上場企業の経理畑をずっと経験し、2008年のJ-SOX初年度以後も継続して内部統制に対応した後、定年5年前から内部監査をやっていた者です。定年後の職場を探すため登録していました。最終的に再就職はできましたが、多数の営業担当者に入れ替わり立ち代わり「このような職をご紹介したい」とスカウト受けては速攻(早いと「推薦お願いします」の返信1時間)で「推薦できませんでした」とお断りをくらいました。

  • おそらく営業アシスタントが職歴や資格をキーに登録者を検索し、ヒットしたらスカウトメールを出し、反応があってから初めて応募者のスペックを確認する流れだと思いますが、さすがに回数が増えると馬鹿にされているような気がしてなりませんでした。募集企業も、内部管理体制に関する知識が乏しい(「内部監査役」「常勤監査役・試用期間あり」などの良くわからない募集要項)IPO準備企業と推定されるようなところが多いです。

  • なお、企業側の支払う紹介料は年収の一定割合ですが、年収が低い場合は最低紹介料165万くらい取られます。安くはないです。アレな人材を送り込むbizなんとかの方が紹介料は安いです。

  • 28歳・男性
    キャリアアドバイザーの方が優秀だったのが印象的でした。恐らく20代前半位でしたが、こちらの希望とする条件通りの求人を厳選して提示いただけました。また提示した理由や求人毎のお勧のポイントも付けてくれたので、しっかりと選ぶことができました。

  • 大手転職エージェントも併用して利用しておりましたが、流れ作業での提案しかなったと感じてしまい、最終的にMS-Japanのみ利用して転職活動を行いました。キャリアアップを目指している方にはおススメの転職エージェントだと思います。

  • 41歳・男性
    いくつかの転職エージェントと併用して利用してました。大手の転職エージェントと比較すると求人数は少ないと感じましたが、専門職で質の良い提案は多かったと思います。士業に特化しているということもあり、キャリアアドバイザーが具体的な職務内容を理化しているのも魅力的な点でした。

  • 働く上での細かい条件等はやはり業務理解がないとストレスに感じてしまう為、総合的な求人を扱っている転職エージェントよりもお勧めできる点だと思います。

  • 【経験が浅いと職務経歴書でバレる…?】 ☑この記事でわかる事! ・経理の転職は圧倒的に経験者が有利! ・経験が浅い…そんなときの対処法は? ・転職理由はポジティブな内容に変換! 詳しくはコチラ▼ #経理 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経理の転職FAQ🤔】 Q:上場企業と非上場企業では経理業務にどんな違いがありますか? #経理 #上場 #非上場 #転職 A:上場企業では株式が公開され、広く取引をしているため、オーナーである株主に経営状況の報告をする事が重要です🚩

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士の転職FAQ🤔】 Q:一度は憧れのBig4で働いてみたいです。英語が苦手ですが、TOEICはどのくらいのスコアが必要でしょうか。 #公認会計士 #TOEIC #転職 A:現在のご経験にもよりますが、採用意欲が高い時期の監査法人では、英語力はそれほど求められません💡

    出典:X(旧Twitter)

  • 👤 Bさん 35歳/男性 公認会計士 転職前:中堅監査法人 年収:600万円 🔄転職後:上場企業 年収:650万円 #転職 #公認会計士 🔍転職動機 約5年間監査法人に勤務していたBさん。 結婚を機に、収入と働き方のバランスを見直し、これまでの経験を活かしつつ、ワークライフバランスの取れる職場を求めて転職を決意しました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 👤 Yさん 35歳/男性 税理士 転職前:中小企業 年収:550万円 🔄転職後:外資系メーカー 年収:650万円 #転職 #税理士 🔍転職動機 中小企業での経理経験を経て税理士試験に合格したYさん。 資格取得を機に、より専門性の高い業務に挑戦し、留学経験を活かして英語力を活かせる職場を求めて転職を決意しました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 👤 Xさん 36歳/男性 弁護士 転職前:総合型法律事務所 年収:800万円 🔄転職後:老舗ブティック事務所 年収:850万円 #転職 #弁護士 🔍転職動機 一般民事と企業法務で幅広い案件を手掛けていたXさん。 弁護士としての専門領域を確立したいという思いから、労働法に強い関心を持ち、労働法中心の事務所への転職を決意しました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人事の転職FAQ🤔】 Q:人事・総務職の平均年収はどのくらいでしょうか? #人事 #転職 A:人事・総務職の方の各年代平均年収は下記の通りです。 ※2023年1月~12月の期間に弊社サービスにご登録いただいた方のデータを集計しています🔍 <年代別> ・20代 397万円 ・30代 476万円 ・40代 556万円 ・50代 721万円

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経理の転職FAQ🤔】 Q:経理職の中途採用面接でよく聞かれる質問は何ですか? #経理 #転職 A:経験者の場合、一般的には「これまでどのような業務を遂行してきたか」について詳細に尋ねられるでしょう💡 特に、会計ソフトウェアやツールの使用経験について聞かれることが多いです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経営企画に向いている人ってどんな人?】 ☑この記事でわかる事! ・経営企画の役割・仕事内容は? ・経営企画には「論理的思考能力」が必要! ・転職で評価される4つのスキルとは? 詳しくはコチラ▼ #経営企画 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人事の転職FAQ🤔】 Q:人事職の中途採用面接でよく聞かれる質問やポイントは何ですか? #人事 #転職 A:一般的には「これまでどのような業務を遂行してきたか」について詳細に尋ねられるでしょう💡

    出典:X(旧Twitter)

  • 【会計事務所スタッフの転職FAQ🤔】 Q:税理士資格が無い場合、何歳位まで転職可能でしょうか? #税理士試験 #転職 A:ここ最近の傾向では、50代の方でも経験豊富であれば転職可能です💡 税理士資格をお持ちでなかったとしても、ある程度のご年齢までは転職は可能でしょう。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士の転職FAQ🤔】 Q:公認会計士が、今後活躍できると考えられる「業界」があれば教えてください #公認会計士試験 #短答式 A:代表的なところでは、「上場企業の経理」「FAS」「会計コンサル」などの既存の領域。 加えて、「国際的なグループ経営管理」の分野は大手企業でテーマになってきており、面白いかもしれません。 また、ベンチャー企業など発展途上の企業の成長を促進する役割を担える「CFO」のニーズは非常に高いと思います!

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士の転職FAQ🤔】 Q:「年収を最重視」するとすれば、どの監査法人に行くべきでしょうか? #公認会計士試験 #短答式 A:大手監査法人ですと、それほど遜色は無いでしょう💡 年収を最重視するのであれば、自分の実力や相性を考慮して、「最も昇格し易い」監査法人を選んでいただくと良いかと思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • 会計知識を活かした転職ならMS-Japan一択。私がキャリア相談や面接練習を何度もしてもらい、最もお世話になったエージェント。画像のように、そこそこ条件の良い求人も多いです。まずは相談だけでもしてみてください→#PR

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職の相談室】 30代人事の「転職で有利になる経験」に関するご相談⏬ 弊社アドバイザーコメント💁 20代で実務、30代で企画を担当できると、評価されやすい傾向に💡 企画の業務としては例えば、採用戦略、研修の設計、賃金制度の構築など、企業の経営方針と密接に関連するものです。 #人事 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人事が職務経歴書を書く際のポイント!】 ☑この記事でわかる事! ・分かりにくいからこそ「定量化」を! ・人事は経験年数が武器になる! ・人事の自己PRは何を書く? 詳しくはコチラ▼ #人事 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【四大法律事務所の年収は高い?】 ☑この記事でわかる事! ・四大法律事務所なら初任給も1,000万円越え⁉ ・役職ごとの平均年収…パートナーなら1億!? ・弁護士全体の年収事情を解説! 詳しくはコチラ▼ #弁護士 #年収 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • ブログを読んでくださったのですね、ありがとうございます! そうなんです、MS-Japan経由でBIG4に転職しました。 USCPA向けの求人が揃っているのでオススメさせていただいています。 ももみさんに合ったUSCPAの活かし方がみつかりますように❤️

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職の相談室】 税理士の「英語力」に関するご相談⏬ 弊社アドバイザーコメント💁 ・語学力が知識として評価される ・外資系企業などで英語を使う業務を任せられる 英語力があると、これらの理由から年収水準が少し高くなりやすい印象です💡 #税理士 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • タナカさんの投稿を見て、現在転職活動中です! スキルアップのための転職なので、確実な会社に入りたくてMS Japanに登録しました。 (今の会社が、経理課だと言われたから入社したのに仕分けしかさせてもらえない会社だったので) がんばりまーす♪

    出典:X(旧Twitter)

  • 私がエージェント求人で転職できると思います…?(知らんがな) dodaとMSJAPANは登録したての頃何件か面接までいけたけど面接までいけるのその最初のほうだけなんですよね、 そういう設定してんのかなって思う。。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税理士の転職FAQ🤔】 Q:英語が出来ると年収は上がりますか? #税理士 #転職 A:「英語を使うポジション」の方が年収が高くなりやすい印象にあります💡 税理士の年収は 「知識」×「経験」×「ポテンシャル」 によって、各事務所の中で決定しますが、英語を含む語学力はこのうちの知識として評価されるでしょう。

    出典:X(旧Twitter)

  • MS-Japanの公式Xさん、表面的でそれっぽい一般的なアドバイスをするのを控えめにしてくれるとうれしいです。私は昔MS-Japanに面談に行ったこともあり、ブログで同社をお勧めしていますが、投稿されるポストを見てるとお勧めできない転職エージェントなのかも・・?と自信がなくなってきちゃいます。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税理士の転職FAQ🤔】 Q:税理士法人と会計事務所ではどちらの方が平均年収が高いですか? #税理士 #転職 A:一般的には個人会計事務所よりも税理士法人のほうが職員の年収水準が高いと言われています。 特に個人会計事務所の場合は、あくまで個人事業として経営をしているケースが多く、社会保険に未加入であったり、各種手当に関しても支給がないというケースもあるようです。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【弁護士の転職FAQ🤔】 Q:「五大法律事務所」と「それ以外」で、「年収の差」はどれくらいあるのでしょうか? #弁護士 #転職 A:五大法律事務所でなくとも、大手外資系ローファームでは遜色のない年収水準でしょう💡

    出典:X(旧Twitter)

  • 【会計事務所・税務スタッフの転職FAQ🤔】 Q:将来地方へUターンを検討していますが、身につけておいた方がよいスキルはどのようなものがありますか? #税理士試験 #転職 A:基本的には、中小企業や個人事業主の税務相談全般に対応できるようになる必要があるでしょう💡

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士の転職FAQ🤔】 Q:監査法人と比較して、一般企業ではどのように昇給するのでしょうか? #公認会計士 #転職 A:一般企業の方が緩やかな右肩上がりで、年収は上がっていく傾向に💡 一般企業では、勤続年数を重ねることで、定期的に一定額の賃金が上がる「定期昇給」制度やそれに準ずる制度を設けている傾向があります。 その過程で、昇格に伴う昇給も。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【会計事務所スタッフの転職FAQ🤔】 Q:年収アップに必要なスキルを教えて下さい! #税理士試験 #転職 A:「難易度の高い案件」にも取り組んでいくことが必要💡 年収をアップさせるためには、一般的な記帳代行や月次決算・年次決算、確定申告などの業務に加えて、更に難易度の高い案件にも取り組んでいく必要があると思います。

    出典:X(旧Twitter)

  • 👤 Sさん 40代前半/男性 弁護士 転職前:法律事務所 年収:1000万円 🔄転職後:法律事務所 年収:1300万円 #弁護士 #転職 🔍転職動機 多数の短期離職を経験し、面接時の情報と実際の条件のギャップに苦んでいたSさん。求める環境を見つけるため、転職エージェントで情報収集しながらの転職活動を開始。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【転職の相談室】 中小企業→大企業への転職に関するご相談⏬ 弊社アドバイザーコメント💁 現職よりも規模の大きな企業への転職は、専門性の高さが問われやすく、ハードルが高い傾向に。 このような場合は「同業界への転職」がおすすめです💡 #弁護士 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • \いまの50-60代はどんな転職をしてる?/ 【シニアの転職成功者レポ2024】を公開🔍 MS-Japanが、管理部門・士業の50-60代の転職成功者データを分析!転職決定年収や、転職経験回数などを調査しました💰 #転職 #シニア

    出典:X(旧Twitter)

  • / 「経理・財務の2024年転職市場予測 & 転職者の傾向」 をMS-Japanがレポート👩‍🏫 \ #転職 #経理 ✅2024年転職市場予測 ・求人倍率が1倍を超える見込みで、引き続き転職者に有利 ・2023年募集の経理・財務求人では、半数以上がリモートワーク可能で、2024年も働き方の選択肢が豊富に

    出典:X(旧Twitter)

  • 弊社アドバイザーから💁‍♀️ 「ライフイベントを迎えてもキャリアを諦めない」ためには、柔軟な働き方が可能な職場選びが重要です。 今回の転職事例では、最終選考時に出会ったロールモデルの存在が、転職先選びの決め手となったようです…💡 ⏬ #税理士科目合格 #確定申告 #転職 引用 株式会社MS-Japan【公式】

    出典:X(旧Twitter)

  • 弊社アドバイザーから💁‍ 「ワークライフバランスの改善」と「年収キープ」をどちらも条件に入れて転職成功させるには、 ・「転職活動の軸を定め、優先順位がぶらさない」で、 ・「転職軸以外の条件を柔軟に受け入れる姿勢」 がポイント💡 ⏬ #税理士 #転職 #確定申告

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税理士科目合格者の転職成功事例🔔】 ワークライフバランスの改善とキャリアアップどちらもめざせる事務所へ! 👤Tさん 31歳/女性(税理士科目3科目合格) 転職前:10名規模の税理士法人(年収380万円) ⏩60名規模の税理士法人(年収400万円) #会計事務所 #転職 #確定申告

    出典:X(旧Twitter)

  • 【残業過多な税理士の、優良ベンチャーへの転職成功事例🔔】 👤Sさん 43歳/男性(税理士) 転職前:個人会計事務所(年収:500万円) ⏩事業会社(年収:550万円) #税理士 #転職 #確定申告

    出典:X(旧Twitter)

  • 【インハウスローヤーへの転職で年収アップに成功した弁護士の事例】 👔 Nさん 33歳/男性 弁護士 転職前:ブティック系法律事務所 年収:1200万円 🔄転職後:東証一部上場グループ・専門商社 年収:1250万円 #転職 #弁護士

    出典:X(旧Twitter)

  • 【年収をアップしたい!粘って理想の転職を叶えた40代・公認会計士】 🧑‍💼 Gさん 46歳・男性 公認会計士 転職前:非上場企業 年収650万円 🔄転職後:上場企業 年収900万円 エリア:東京都 #転職 #公認会計士

    出典:X(旧Twitter)

  • 【年収UPと働き方の改善を両方手に入れた内部監査の転職成功事例】 👩‍💼 Mさん 40代女性 公認会計士 転職前:監査法人 年収:670万円 🔄転職後:大手上場子会社 年収:800万円 #転職 #公認会計士

    出典:X(旧Twitter)

  • 【長く働ける一般企業はどう選ぶ?会計士の転職成功事例🔔】 👤 Bさん 30歳/男性(公認会計士) 転職前:Big4監査法人(人数:5000名程度) (年収:700万円) ⏩大手メディア企業 (人数:1000名程度)(年収:820万円) #公認会計士 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 30代経理マンに特化した業界最大級の転職サービスMS-Japan。 なぜか書類が通り なぜかトントン拍子に面接が進み なぜか年収が高くなる 欠点は、サイトが激重でアプリが動かないこと。 それでも私はMS-Japanを手放さない。 理由は書類が通り、トントン拍子に面接が進み、年収が高くなるからだ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【大手監査法人から金融機関への転職!37歳公認会計士の新たなキャリアへの挑戦】 👤 Eさん 37歳/男性 転職前:Big4監査法人 金融部門 年収:1050万円 🔄 転職後:準大手銀行 年収:950万円 資格:公認会計士 #転職 #会計士

    出典:X(旧Twitter)

  • 【40代・会計士がIPO経営企画ポジションへ転職!第二のキャリアを実現】 👤 Aさん 40代前半/男性 📚 会計士資格、TOEIC650点 転職前:監査法人(10年以上勤務) 🔄 転職後:IPO準備企業(経営企画ポジション) #転職 #会計士

    出典:X(旧Twitter)

  • 【簿記2級・業界未経験で「大手税理士法人」へのキャリアチェンジ成功事例🔔】 👤Aさん 20代後半/男性(日商簿記2級) 転職前:老舗中堅メーカー (年収:450万円) ⏩大手税理士法人 (年収:400万円) #簿記 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【会計事務所スタッフの転職FAQ🤔】 Q:未経験の27歳・男性です。 日商簿記2級を持っていますが、会計事務所で採用いただける可能性はありますか? #簿記 #科目合格 A:十分に可能性があります💡 現在、会計業界全体が求職者優位の売り手市場。 「日商簿記2級」保持者が、「未経験」で会計事務所に転職する事例は近年非常に増えています!

    出典:X(旧Twitter)

  • 【簿記2級・会計業界→コンサルティング会社の転職で、年収アップの転職事例🔔】 👤Hさん 29歳/男性(日商簿記2級) 転職前:10数名規模の個人会計事務所 (年収:380万円) ⏩400名規模のコンサルティング会社(年収:450万円) #簿記 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【28歳男性の上場企業への転職成功!市場価値の把握が鍵】 👤 Kさん 28歳/男性 転職前:一般事業会社 年収:400万円 🔄転職後:上場企業 年収:400万円 資格:税理士試験科目2科目合格(簿記論 財務諸表論) #転職 #税理士科目合格

    出典:X(旧Twitter)

  • 【ワークライフバランスを保ちながら独立準備ができる企業へ!40代・税理士の成功事例🔔】 👤Aさん 44歳/男性 🏢転職前:上場企業 (年収:1000万円) ⏩ベンチャー企業(年収:1200万円+インセンティブ) #税理士 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【スキルアップの先に見据えるゴールは? 「目標の具体化」で転職を成功させた、20代弁護士の事例🔔】 👤Kさん 29歳/男性 🏢転職前:20名規模の個人法律事務所 (年収:570万円) ⏩1,500名規模の上場会社(年収:620万円) #弁護士 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【未経験・税理士試験2科目合格で、優良会計事務所へ転職の成功事例🔔】 👤Uさん 24歳 男性 (税理士試験科目2科目合格) 🏢転職前:就業経験なし ⏩15名規模の個人会計事務所 (年収:350万円) #税理士試験 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【30代後半人事、15年勤めた企業からの「初めての転職」事例🔔】 👤Tさん37歳 📍名古屋エリア 🏢転職前:上場子会社(年収:760万円) ⏩上場会社(年収:650万円) #人事 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【意外!?IPO準備企業でワークライフバランスを実現した女性公認会計士の転職成功事例】 👤 Dさん 33歳/女性 元BIG4監査法人 転職前:BIG4 年収:750万円 🔄転職後:IPO準備企業 年収:500万円 #転職 #会計士

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人事の転職FAQ🤔】 Q:年収アップのために、おすすめの業界は? A:年収レンジが高い業界・企業は、「建築・不動産業界」や「金融」「商社」「コンサル」「グローバル企業」など。 もちろん、年収アップは豊富な経験をお持ちであることが前提となっています💡

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税理士のUターン転職成功事例🚗】 👤Fさん 39歳/男性 税理士 転職前:中堅税理士法人 年収750万円 ⏩転職後:個人会計事務所 年収700万円 実家の両親を支えるため、多忙な中でもエージェント活用で転職成功! #転職 #税理士 (1/2)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【弁護士の転職成功事例】 👤Bさん 40歳/男性 弁護士 転職前:小規模法律事務所 年収1000万円 ⏩転職後:中規模企業 年収900万円 家庭とのバランスを求め、労働環境改善のため中規模企業へ転職👨‍👦 #転職 #弁護士 (1/2)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【弁護士の転職成功事例👩‍⚖】 👤Mさん 40代前半/女性 弁護士 転職前:大手メーカー 年収1120万円 ⏩転職後:ベンチャー企業 年収1150万円 マネジメントに挑戦したく、大手からベンチャーへ。裁量ある環境を求めて転職✨ #転職 #弁護士 (1/2)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士の、IPO準備企業への転職事例🔔】 👤Mさん 37歳男性(公認会計士) 転職前:500名規模の上場企業 (年収1000万円) ⏩100名規模のIPO準備企業 (年収930万円) 大手監査法人を経験後、上場企業の経理として就業していたOさん。 (1/3)🔽 #中小企業診断士 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士・外資系企業への転職成功事例】 👤Wさん 33歳/女性 公認会計士 転職前:中小監査法人 年収650万円 ⏩転職後:外資系食品メーカー 年収700万円 英語力を活かし、年収アップを目指して外資系企業への転職を決意🌍 #転職 #公認会計士 (1/2)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税理士の転職FAQ🤔】 Q:地元へのUターンを考えています。地方事務所と都心部の事務所で、働き方に差は? A:地方と比べ、都心部のほうが新規設立件数も多く、若い会社を担当する可能性が高いでしょう。 また、都心部に上場企業やIPOベンチャーなども集まる傾向に。 (1/3)🔽 #税理士 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士の「市場価値を高める」ベンチャー転職事例🔔】 👤Aさん 34歳男性 転職前:Big4監査法人 (年収900万円) ⏩IPO準備中の技術開発型ベンチャー(年収800万円) Big4監査法人で早くからマネージャーにも昇格されていたAさん。待遇面には満足していたものの、 (1/3)🔽 #転職 #USCPA

    出典:X(旧Twitter)

  • 【英語力を活かす、税務スタッフの転職事例🔔】 👤Oさん 47歳男性(税理士3科目合格) 転職前:一般事業会社 (年収500万円) ⏩一般事業会社 (年収600万円) 留学経験で培った英語力を活かし、海外展開している日系企業で、国際税務や金融税務等の業務に携わっていたOさん。 (1/3)🔽 #転職 #USCPA

    出典:X(旧Twitter)

  • 【20代弁護士の転職成功事例🔗】 👤Bさん 29歳 弁護士 法律事務所 年収500万円 ⏩上場メーカー 年収450万円 Bさんは、人や社会の役に立つ仕事を目指して弁護士に。民事案件の取り扱いが多い法律事務所に入所しましたが、事務所の運営方針との違いから転職を決意🔍 #転職 #弁護士 (1/2)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【弁護士の転職成功事例🔍】 👤Fさん 34歳 一般事業会社 年収:1000万円 ⏩ファイナンス専門法律事務所 年収:700万円 企業内弁護士から、任期付公務員を経て、法律事務所への大胆なキャリアチェンジ! 国際交渉や知財管理の経験を活かし、新しいキャリアへ✨ #転職 #弁護士

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士の転職成功事例✨】 👤Aさん 42歳 男性 コンサルティング会社 年収:1,200~1,300万円 ⏩IPO準備企業 年収:1,200万円 大手監査法人での経験、IPO達成経験を持つAさんが、経営層として再びIPOに挑戦するために転職を決意💼 #転職 #公認会計士

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経営企画の転職FAQ🤔】 Q:経営企画職で働くにあたり役立つ・スキルは? A:資格で評価されやすい代表的なものは、公認会計士・税理士、MBAなど。 お仕事の中で求められるスキルは、会社の意思決定に関わる「データ分析力」や (1/2)🔽 #経営企画 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士の転職FAQ🤔】 Q:残業を減らし、年収もそれなりの水準でもらえる転職は難しいでしょうか? A:残業と年収は完全に比例するわけではありませんが、業務の量・質と年収は関連します。 そのため、希望年収に妥当な業務量・質を鑑み、検討するのが良いでしょう。 (1/2)🔽 #公認会計士 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【弁護士の転職FAQ🤔】 Q:長期就業希望です。長く勤められる事務所の特徴は? A:まず大切なのは、自分にとって長く働く上で必要な要素をイメージしておくこと。 時短勤務等の制度面、スキルアップできる環境、所得の上り幅など、重視する点に合わせた (1/3)🔽 #予備試験 #弁護士 #合格発表

    出典:X(旧Twitter)

  • 【弁護士の転職FAQ🤔】 Q:未経験弁護士は、就職先としてはどのようなところが考えられますか? A:まず「法律事務所」「企業内でインハウス」「官公庁等」の3つの選択肢があるでしょう。 「法律事務所」の場合、一部の大手や外資系のローファームでは (1/3)🔽 #予備試験 #弁護士 #司法試験

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人事・総務の転職FAQ🤔】 Q:HRBPはどんなポジション?人事との違いは? A:HRBP(Human Resource Business Partner)は、経営者や事業部責任者のビジネスパートナーとして、経営の視点から組織や事業の成長を促す戦略人事のプロとしてのポジションです。 (1/2)🔽 #転職 #人事

    出典:X(旧Twitter)

  • 【家庭とキャリアの両立を叶えた「経営企画の」転職事例🔔】 👤Nさん 36歳男性 転職前:大手グループ子会社 (年収940万円) ⏩IPO準備中のベンチャー企業 (年収880万円+SO) 大手グループ企業にてバックオフィス全般を担当していたNさん。経営企画メインでの入社のはずが、 (1/3)🔽 #転職 #経営企画

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税理士の転職成功事例】 👤 Nさん 38歳 税理士 会計事務所 600万円) ➡ ベンチャー会計事務所 年収700万円 Nさんは、広範な経験を積んだ後、自分の専門性を磨くことを決意。税務スキルのさらなる向上を目指し、新たな挑戦の場を求めました🚀 #税理士 #転職成功事例 (1/2)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【弁護士の転職成功事例】 👤 Nさん 26歳 弁護士 法律事務所 650万円 ➡ 上場子会社 470万円 企業法務系法律事務所で働いていましたが、残業が少なく定年まで働ける安定した企業へ転職を希望🚀 最も重視したのは働きやすい環境でした #弁護士 #転職成功事例 (1/2)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【内部監査の転職成功事例】 👤 Hさん 60代前半 大手上場企業 ➡ ベンチャー企業 Hさんは内部統制・内部監査・コンプラのエキスパート💼 自身の経験を次世代に伝え、同時に現役で組織貢献を望んでいましたが、60代という年齢での転職は困難を極めました #内部監査 #転職成功事例 (1/2)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士の転職・就職FAQ🤔】 Q:公認会計士の年収相場は? A:弊社MS-Japanの2023年度上期の調査では、20代で平均年収726万、30代前半で1072万となっています。 また、あくまで傾向ですが、 コンサルティングファームに転職する場合は、監査法人在籍時同等程度に

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士の転職・就職FAQ🤔】 Q:年収が高い公認会計士がしている仕事は? A:私が知る中で、最も年収が高い方の経歴は次の通りです。 監査法人 →IPO準備企業のCFO:複数社の上場を達成 →IPO準備企業の「顧問」「常勤・非常勤監査役」を歴任・兼任 (1/2)🔽 #公認会計士試験

    出典:X(旧Twitter)

  • 👤Fさん 40代後半 会計士 銀行 900万円 🔄老舗メーカー 1100万円 🎯目指したのは長期就業できる環境とフレキシブルな働き方! 監査法人出身のFさん、銀行内部監査部門での経験を活かし、新たな挑戦へ🚀 #転職 #公認会計士 (1/2🔽)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経理→経営企画への転職事例🚀】 👤Mさん 30代女性 転職前:非上場メーカー・経理(年収450万) ⏩東証プライム上場企業・経営企画(年収450万) Mさんは経理として、主計業務に加え社長直下のプロジェクトに参画し、数値分析や資料作成なども担当。 30代になったことで (1/2)🔽 #転職 #経営企画

    出典:X(旧Twitter)

  • 【弁護士の転職FAQ🤔】 Q:インハウスへの転向を考える上で、業界による業務の違いがはありますか? A:「金融機関」と「その他」で差異が。 金融機関では、法務部だけでなく、商品設計や審査部門、投資銀行部門でも弁護士が活躍しています。 その他業界では (1/2)🔽 #弁護士 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税理士有資格者の転職成功事例】 👤Nさん 30代女性 個人会計事務所 350万円 ⏩老舗税理士法人 450万円 税理士試験全科目合格後、キャリアアップを目指しての転職! 税理士試験合格を機に、今までより大きな顧客対応ができる事務所で年収アップを目指す🔍 #税理士試験 #合格発表 (1/2🔽)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税理士の転職成功事例】 👤Sさん 30代男性 税理士法人 600万円(ブランク2年) ⏩会計事務所 550万円 大手税理士法人で勤務していたものの、勉強に専念するために退職 見事税理士登録を果たし、小規模事務所で経営ノウハウ習得を目指して転職活動を開始🔍 #税理士試験 #合格発表 (1/2🔽)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税理士試験受験者の転職FAQ🤔】 Q:高水準の年収が期待出来る税理士のキャリアは? A:パターンは2つ。 一つは、税理士が苦手とする領域を自分の武器にすること。 例えば ・移転価格やタックスヘイブンなどの「国際税務」 ・相続・事業承継などの「資産税領域」 (1/3)🔽 #税理士試験 #合格発表

    出典:X(旧Twitter)

  • 【会計事務所の転職FAQ🤔】 Q:税理士一科目合格ごとに、待遇はどのくらい変わりますか? A:今まで見てきた会計事務所では、「1科目あたり5000円~1万円程度の手当」が付くケースが多いようです。 税理士資格を取得すると「5万円程度の資格手当」が付く例も。一方で、 #税理士試験 #転職 続(1/3)🔽

    出典:X(旧Twitter)

  • 【関西エリアで働きやすさもキャリアアップも諦めない!法務の転職事例🚀】 👤Iさん 26歳女性 ビジネス実務法務検定2級、TOEIC800点 🏢転職前:大手子会社メーカー (年収440万円) ⏩外資系大手メーカー (年収470万円) Iさんは結婚での関西へUターンを機に転職活動を開始(1/3)🔽 #転職 #法務

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税理士試験合格後の独立も見据えた、会計事務所スタッフの転職事例🚀​】 👤Cさん 42歳女性(税理士試験4科目合格) 🏢転職前:個人会計事務所 (年収440万円) ⏩特化型税理士法人 (年収500万円) Cさんは個人会計事務所に10年以上勤務していましたが(1/2)🔽 #転職 #税理士試験

    出典:X(旧Twitter)

  • 👤Bさん 46歳/男性 税理士 転職前:個人事務所 年収450万円 🔄転職後:小規模税理士法人 年収530万円 税理士試験合格をきっかけに、長年の夢だった独立に一歩近づく転職を実現✨ 「独立開業への橋渡しとなる事務所を探したい」という思いで転職活動開始🔍 #転職 #税理士 (1/2🔽)

    出典:X(旧Twitter)

  • 👤Aさん 40歳/男性 税理士 一般事業会社 年収600万円 🔄個人会計事務所 年収550万円 専門知識を磨くため、働きながら税理士試験に合格✨ 「企業の経営支援をしたい」という強い思いで、会計事務所への転職を決意🔍 #転職 #税理士 (1/2🔽)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【スキルアップを目指し経理補助から会計事務所へ転職🚀】 👤Rさん 35歳女性(簿記3級) 転職前:中小企業・経理補助 (年収350万円) ⏩個人会計事務所 (年収350万円) 簿記の勉強をきっかけに、スキルアップを目指し、会計事務所への転職を決意されたRさん。 転職活動開始後は、(1/2)🔽 #転職 #簿記

    出典:X(旧Twitter)

  • 【簿記保有者の転職FAQ🤔】 Q:未経験の27歳、日商簿記2級保有で、会計事務所への採用の可能性はありますか? A:会計業界は、全体が求職者優位の売り手市場。日商簿記2級保持者が未経験で会計事務所に転職する事例は近年非常に増えています。 特に「日商簿記2級以上」🔽(1/3) #簿記試験 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 👤Sさん 30代前半/男性 転職前:大手企業の法務部門 年収1100万円 ⏩転職後:企業法務専門の法律事務所 年収1150万円 資格:日本弁護士・海外弁護士 インハウス弁護士としてのキャリアか、法律事務所での経験かという選択に直面したSさん… (1/2🔽) #転職 #弁護士

    出典:X(旧Twitter)

  • 【自信を無くしていた若手税理士の転職事例🔔】 👤Bさん 26歳女性 関西エリア 転職前:個人会計事務所 (年収300万円) ⏩個人会計事務所 (年収350万円) Bさんは20名規模の税理士法人に2年程度勤める中で、担当クライアント数が急増。徐々に知識・経験でカバーしきれない (1/3)🔽 #転職 #税理士試験

    出典:X(旧Twitter)

  • · 11月9日 【若手弁護士の転職成功✨】 🌟 Bさん 29歳/弁護士 小規模法律事務所から、プライム市場企業の法務部へ転職! 残業方の環境から、ワークライフバランス重視の環境へのキャリアチェンジ… #転職成功 #インハウスローヤー (1/2🔽)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【弁護士の転職成功事例🌟】 👤Sさん 35歳/男性 弁護士 大手法律事務所 年収:1500万円 🔄ブティック系法律事務所 年収:850万円 🔓自由と裁量を求めて、大手法律事務所からキャリアアップのための転職を開始… #転職 #弁護士 (1/2🔽)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士の転職成功事例📈】 👤Sさん 32歳/男性 資格:公認会計士 転職前:Big4監査法人 年収850万円 ⏩転職後:大手上場企業 年収770万円 ワークライフバランスの改善を求め、家族との時間を大切にしたいとの想いで転職活動をスタート🏡 #転職 #公認会計士

    出典:X(旧Twitter)

  • 【会計事務所スタッフの転職FAQ🤔】 Q:税務スタッフの平常時の平均残業時間は? A:正直なところ会計事務所によって大分異なりますが、一般的な観点でみると、月10~20時間程度で少な目、月30~40時間程度が平均的、40時間以上はやや多めという印象で、 (1/2)🔽 #税理士試験 #会計事務所

    出典:X(旧Twitter)

  • 【会計事務所スタッフの転職成功事例🔔】 👤Wさん 35歳/女性:税理士4科目合格 転職前:個人会計事務所 (年収430万円) ⏩信託銀行系コンサルティング会社 (年収450万円) Wさんは、資産税に強みを持った会計事務所で不動産の有効活用、相続・贈与等の資産税関連業務に従事 (1/2)🔽 #転職 #会計事務所

    出典:X(旧Twitter)

  • 【弁護士の転職FAQ🤔】 Q:一般企業で弁護士が特に活躍できる業界は? A:弁護士の在籍者数ランキングを見ると、大手金融機関、大手総合商社、大手メーカー、大手情報通信業界では企業内弁護士の需要が高いです。 一方で、その他の業種にも現在その裾野は拡大しています。 (1/2)🔽 #弁護士 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【監査法人からスタートアップへ🚀】 👤Tさん 20代後半/男性 公認会計士 転職前:大手監査法人 年収900万円 ⏩転職後:IPO準備中スタートアップベンチャー 年収750万円 5年の監査法人経験を経て、事業会社のCFOを目指し、スタートアップベンチャーへの転職を決意! #転職 #公認会計士 (1/2🔽)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士のキャリアチェンジ🚀】 👤Pさん 40代前半/男性 公認会計士 転職前:非上場企業 経理 ⏩転職後:大手グループ会社、不動産関連分野で国内トップクラスの企業 経営企画 会計士としての専門性を活かし、経理から経営企画へキャリアアップを希望! #転職 #公認会計士 (1/2🔽)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人事の転職FAQ🤔】 Q:未経験で人事に転職する際の年収水準は? A:社会人経験年数やポテンシャル度合いにより異なりますが、多くは年収300~450万円。 人材業界経験や人事業務(採用、制度改定など)経験者であれば、450万円以上で入社できるケースも。 (1/2)🔽#人事 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税理士の転職FAQ🤔】 Q:実務経験のある税理士です。転職面接時にチェックされるポイントは? A:会計事務所が税理士を面接する際チェックする主なポイントは、下記の4つ。 1. 税理士としてのスキル・能力 2. 今後携わりたい分野 3. 今までの転職理由 4. 独立・開業の意向 (1/2)🔽#税理士 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【会計士の転職成功事例🔔】 👤Yさん 35歳・男性 資格:公認会計士 中堅監査法人 年収800万円 ⏩ベンチャー企業 年収800万円 監査法人で経験を積まれていた会計士のYさん。 ご相談いただいた当初は大手に行くか、ベンチャー企業にチャレンジするかに迷われていましたが…(1/2🔽) #転職 #会計士

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経営企画の転職成功事例🔔】 👤Sさん 30代前半・女性 M&Aアドバイザリー 年収1000万円 ⏩グローバル商社の経営企画(東証プライム上場)年収900万円 アドバイザリーから事業会社へ、中期スパンでの経営貢献を目指し、企業内部での長期経営に関わる仕事を志望して転職活動を開始(1/2🔽) #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【法務の転職成功事例🔔】 👤Sさん 30代半ば 転職前:大手上場企業 年収650万円 ⏩IPO準備企業 年収710万円 上場企業での経験を積んだ後、新たな環境でのスキルアップを目指す🚀 リモートワークの削減話もあり、働き方とキャリアアップを両立させたい思いが強く(1/2🔽) #転職 #法務

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士の転職成功事例🔔】 👤Aさん 30代後半/男性 転職前:独立系会計コンサル(10名規模) (年収900万円) ⏩BIG4監査法人(6,000名規模) (年収900万円) Aさんは大手監査法人から独立系の会計コンサルティング会社の立ち上げに参画するも、徐々にワンパターンな業務に (1/3)🔽 #転職 #公認会計士

    出典:X(旧Twitter)

  • 【未経験人事の転職成功事例🔔】 👤Kさん 30代前半男性 転職前:人材派遣会社営業職 (年収:400万円) ⏩大手メーカーの人事職 (年収:380万円) Kさんは人材紹介会社で、営業に加えて派遣登録者の面接や労務管理等をご経験する中で、一企業の人事担当者としての (1/3)🔽 #転職 #人事 #未経験

    出典:X(旧Twitter)

  • 私はMS-Japanをクサしているわけではない。 経理マン界隈では、サイトもアプリも評判は悪いが「それでもやっぱりMS-Japanいいよね!」と私は伝えている。 経理マンが転職する際は、1社はMS-Japanを入れた方がいい。 ただしサイトとはアプリはry….

    出典:X(旧Twitter)

  • 経理マンが転職する際は一度は目にするMS-Japan。 なぜか書類が通り、 なぜかトントン拍子に面接が進み、 なぜか年収が高くなる 唯一の欠点はサイトが激重なこと。アプリも動かない。 それでも私はMS-Japanを利用する。 理由は、書類が通りトントン拍子に面接が進み年収が高くなるからだ。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税理士の転職FAQ🤔】 Q:税理士法人への転職では、選考期間はどの程度かかりますか? A:中途採用の場合、面接1回で採用の可否が決まるケースが増えています。選考スピードも早く、書類選考から1週間~10日程度で採用決定に至ることが多いです。 面接1回で採用可否が決まり (1/2)🔽#税理士 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人事の転職FAQ🤔】 Q:未経験で人事へ転職したいのですが、人事にはどんな仕事がありますか? A:人事の主な業務は、①採用人事 ②教育研修 ③労務人事 ④制度企画の4つ。それぞれの内容は次のとおりです。 ・採用人事:求人広告の作成や選考、面接、雇用締結の実施など (1/2)🔽#人事 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税理士の転職成功事例】 👤Sさん 40代半ば/男性 税理士 個人事務所 年収:900万円 🔄個人事務所 年収:800万円 30年近く会計事務所で経験を積んできましたが、その中で自身の価値観が明確化。 最後の転職として、自らのポリシーを理解し、共感できる事務所探しを開始🔍 #転職 #税理士 (1/2🔽)

    出典:X(旧Twitter)

  • これから転職活動をする経理・人事・法務・管理部門の方はMS-Japanがオススメ。専門性が高い求人だけを取り揃えているから希望の条件を満たした求人が多い。経験者向けのエージェントがあなた専用のキャリアプランを一緒に考えてくれるから、相談するだけでも価値があります。これから転職活動を始めるなら登録必須です! #pr

    出典:X(旧Twitter)

  • 【会計事務所スタッフの転職FAQ🤔】 Q:会計事務所への転職で、「実務経験」と「資格」以外で選考上、重要視されるポイントはありますか? A:顧問先への巡回業務を担当する場合、コミュニケーション能力を要件に入れる募集は多いです。 但し、あくまでも中小企業の社長や (1/2)🔽#簿記 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【会計事務所スタッフの転職成功事例🔔】 👤Sさん 27歳男性(税理士試験2科目合格) 小規模個人会計事務所:年収330万円 ⏩小規模個人事務所:年収350万円 Sさんは2科目合格後会計事務所で勤務するも、残業過多と勉強時間不足に悩み転職を決意。 (1/2🔽)#世界メンタルヘルスデー #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経理の転職成功事例🔔】 ~旧態依然とした社風から脱出~ 👤Gさん 24歳男性(簿記3級) 大手製造業子会社の経理スタッフ ⏩大手上場IT企業の経理スタッフ Gさんは、旧態依然とした風土と、キャリアアップも遅さから、将来への不安を感じ転職を決意。 (1/2🔽)#世界メンタルヘルスデー #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【公認会計士の転職成功事例🔔】 👤Aさん 30代・公認会計士 IPO準備ベンチャー(年収900万円) ⏩新興上場企業 経理課長(関西)(年収800万円) ■転職のきっかけ Aさんは大手監査法人を経てIPO準備企業で働くも、人事・総務関連業務の割合が増え、IPO準備の進行にも遅延 (1/4)🔽#公認会計士 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • 👤Sさん,30代女性,弁護士 法律事務所 800万円 ⏩上場企業グループ法務担当 650万円 Sさんは一般民事案件を主に取り扱う弁護士で,企業の法務へ興味をお持ちでした。多忙さから転職できずにいましたが,お子様の出産を機に,家庭と両立できる環境へ転職活動を開始しました🚀(1/2🔽) #転職 #弁護士 #法務

    出典:X(旧Twitter)

  • 👤Aさん、20代前半、公認会計士 監査法人 650万円 ⏩会計コンサルファーム 750万円 Aさんは独立を視野に入れ、横断的な業務経験を積むためコンパクトな会計コンサルファームへの転職を決意。会計士資格、監査経験が評価されコンサル未経験ながら年収アップで転職を実現(1/3🔽) #転職 #会計士

    出典:X(旧Twitter)

  • 【会計事務所スタッフの転職FAQ🤔】 Q:会計ソフト使用経験がないと、入所後に苦労しますか? A:近年、会計事務所の業務は電子データベースに変化しています。 ですが、会計ソフトはツールの一つのため、未経験でも基本的な税務・会計の知識があれば慣れていくでしょう。 (1/2)🔽#転職 #会計事務所

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経理の転職成功事例】 👤Zさん(20代後半/男性) ・フィールドエンジニア(年収400万円) ⏩上場子会社経理(年収420万円) 資格:日商簿記2級 Zさんはお金の管理の重要性を痛感し経理へのキャリアチェンジを決心。人気企業を中心に応募しつつも平均より高い書類選考通過率を実現🌟 (1/3🔽) #転職 #経理

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人事の転職成功事例】 👤Wさん(30代前半/6社経験) ・上場グループ会社(年収400万円) ⏩IPO準備中のベンチャー企業(年収400万円+残業手当) Wさんは、給与計算・社会保険手続きの経験を活かし、スキルとワークライフバランスを重視した転職を成功🌟 (1/3🔽) #転職 #人事

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経理の転職FAQ🤔】 Q:将来経理で役職者を目指したいのですが、経理の管理職ポジションはどんな業務、役割を担っていますか? A:一般的には以下のような役割があります。 ・経理リーダー:チームの監督・指導ポジション。決算業務対応やスタッフ育成を担うケースも。 (1/3)🔽 #転職 #経理

    出典:X(旧Twitter)

  • 【法務の転職FAQ🤔】 Q:企業法務へ転職した、登録者の前職や経験にはどのようなものがありますか? A:企業法務募集時の経験・スキルは主に2パターン ①実務経験者 ②企業法務実務未経験、法的素養のある方 ②で転職された方の一例としては、弁護士資格保有者、パラリーガル、 (1/3)🔽#転職 #法務

    出典:X(旧Twitter)

  • 【弁護士の転職成功事例🔔】 👤Aさん 30代前半女性 小規模法律事務所(年収:500万円)/2事務所経験 ⏩大手グローバル企業(年収:650万円) Aさんは一般民事系案件を担当していましたが、企業法務分野への関心が強く、インハウスローヤーを目指して転職活動を開始。 #弁護士 #転職 (1/3🔽)

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人事の転職成功事例🌟】 👤Sさん30代前半/男性 社労士事務所 年収:500万円 →外資系企業 年収:450万円 資格:TOEIC750点 社労士事務所で給与計算や社保の手続きに携わりながら、人事関連業務を経験。今回の転職では専門性を深め、企画関連の人事業務に携わるために活動(1/3🔽) #転職 #人事

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経理の転職成功事例🔔】 👤Tさん、40代/女性 会計事務所にてパート(年収100万円程度) ⏩メーカーの経理スタッフ(年収350万円程度) 子どもの進学を機にキャリアを正社員の経理として再スタート。10年パートとして会計事務所で働いていた経験を活かし、企業の経理職に転職!(1/3🔽) #転職 #経理

    出典:X(旧Twitter)

  • 【税務スタッフの転職成功事例🔔】 👤Tさん 28歳・男性(税理士試験3科目合格) 税理士法人(年収450万円) ⏩一般企業 (年収600万円) Tさんは、若いうちからキャリアを築こうと学生時代に3科目合格し新卒で中小税理士法人に入社。(1/3🔽) #転職 #税務士 #科目合格 #会計事務所 #税理士法人 #経理

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人事の転職成功事例🔔】 👤Sさん 20代後半・男性 中小メーカー(年収:430万円) ⏩広告代理店(年収:460万円) Sさんは採用業務を主担当として行うものの、社内に経験豊富な上司がおらず人事としてのキャリアアップに不安を感じていました。そこで経験を積むため転職を決意(1/3🔽) #転職 #人事

    出典:X(旧Twitter)

  • 【弁護士の転職成功事例💼】 👤Mさん 30代前半女性 老舗メーカー(年収500万円) ⏩グローバルIT企業(年収800万円) 弁護士のMさんは、家庭のご事情で地方老舗メーカーに就職されたましたが、業務スピードの遅さや業務量の少なさに不満を感じ、スキルアップできる環境(1/3🔽) #転職 #弁護士 #インハウス

    出典:X(旧Twitter)

  • 【内部監査への転職成功事例💼】 👤Kさん 60代前半男性 大手メーカーの経理・財務/監査等 ⏩上場メーカーの内部監査責任者 大手メーカーで経理財務や監査役室などの経験を積み、管理職経験や海外駐在経験も兼ね備えていた(1/3🔽) #転職 #経理 #内部監査 #敬老の日 #シニア #定年 #セカンドキャリア

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経理の転職FAQ🤔】 Q:経理のスキルの広げるにはどのようにしたら良いでしょうか。 A:経理のスキルを広げるためには、 ・現職の実務を通した方法 ・資格取得や勉強をする方法 ・転職をする事で広げていく方法 の3つがあります。(1/4🔽) #経理 #USCPA #簿記 #会計士 #税理士 #転職 #質問

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人事の転職成功事例🔔】 👤Sさん 30代半ば/女性 3社経験 ベンチャー企業人事 (年収400万円) ⏩上場人事 (年収420万円+残業代) 育児中のSさんは、労務を軸に専門性を高めたいと考え社労士の勉強に取り組んでいました。しかし、通勤の不便さと育児の両立の不安から転職を検討。(1/3🔽) #転職 #人事

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経理の転職成功事例🔔】 👤Aさん、20代/男性 病院経理 (年収400万円) ⏩上場企業経理 (年収450万円) Aさんは病院での経理経験を活かし、市場価値を上げるため転職活動を開始。経理業務の幅広さとリモートワークの希望を軸に活動し、上場企業の経理業務に挑戦することを決意。(1/3🔽) #転職 #経理

    出典:X(旧Twitter)

  • 【管理部門・士業の転職FAQ🤔】 Q:離職率が高い企業に勤めており、転職はもう繰り返したくありません。 面接時に「離職率はどのくらいですか?」と聞いてはいけないでしょうか。 A:面接時の離職率の質問は、聞き方さえ気を付ければ問題はありません。(1/2🔽) #税理士 #経理 #管理部門 #転職 #質問

    出典:X(旧Twitter)

  • 【弁護士の転職FAQ🤔】 Q:債務整理系の事務所経験のみで、企業法務をメインに扱っている事務所への転職は可能でしょうか? A:大手渉外ファーム、準大手事務所、外資系ローファーム、ブティックファームについては、基本的に同様の事務所出身者の採用を行っており(1/2🔽) #弁護士 #転職 #質問

    出典:X(旧Twitter)

  • 👨‍💼経営企画の転職相談💭 Q:経営企画へ転職する際に評価されやすいスキル、キャリアはどのようなものがありますか? A:経営企画は経験者採用が多い職種です。 優遇されやすいキャリアとしては、経営企画や事業戦略の業務経験、もしくは(1/3🔽) #経営企画 #転職 #質問 #コンサル #公認会計士

    出典:X(旧Twitter)

  • 👩‍💼会計事務所スタッフ/経理の転職相談💭 Q:事業会社の経理と会計事務所で、仕事内容や働き方はどのように異なりますか? A:事業会社の経理は、経費精算や出納管理等の業務から始まり、資金の流れ把握のため経営陣に対して月次、年次の決算書を作成し(1/3🔽) #経理 #会計事務所 #転職 #質問 #簿記

    出典:X(旧Twitter)

  • 👩‍💼公認会計士の転職相談💭 Q:30代後半の公認会計士です。離職してブランクがありますが、転職できる可能性はありますでしょうか? A:前職で公認会計士資格を活かした就業経験があれば、十分転職できる可能性はあります。 ただし5年以上など離職期間が(1/2🔽) #公認会計士 #転職 #質問 #育休 #離職

    出典:X(旧Twitter)

  • 【会計事務所スタッフの転職FAQ🤔】 Q:30代以降の自分の市場価値を高められるために、20代で必要な経験は? A:20代のうちは、幅広い業務経験を積むことと、可能であれば税理士試験5科目合格まで到達出来ると理想的です。 実務内容に関しては(1/3🔽) #税理士 #科目合格 #税理士試験 #転職 #質問

    出典:X(旧Twitter)

  • 👤Aさん、30代/女性 上場企業法務部(年収:500万円) ⏩大手上場子会社法務担当(年収:550万円) Aさんは大手企業の法務部にて勤務していましたが、人数も多いため業務が縦割りになってしまっており、順調に出世はできていたものの、業務幅の広がり(1/2🔽) #転職 #法務

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経理の転職成功事例🔔】 👤Aさん、20代/男性 税理士法人にて税務スタッフ (年収430万円) ⏩大手上場グループ会社経理 (年収440万円) Aさんは大学卒業後に入社した税理士法人で中小企業の支援を行っていましたが、外部からではなく社内経理として会社に貢献したい思い、転職を(1/2🔽) #転職 #経理

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人事の転職FAQ🤔】 Q:人事はどのような経験を積めば、年収アップできますか? A:人事職種は、一般的に採用、労務、教育研修、人事制度の4つに分けることが可能です。年収アップをするには、上記4つをゼネラルに経験を積むことに加え、マネジメントの経験を積むことで、年収(1/2🔽) #人事 #転職

    出典:X(旧Twitter)

  • フォロワーさんのご相談 「都内で非上場・上場子会社の経理求人は?」 (リクルートエージェント、MS-Japan以外) 都内縛りなので、なんとか捻り出して「Hupro」とお答えしたが、ちょっと違った… 経理転職はリクルートエージェントとMS-japanに登録すれば基本問題ない。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【経理の王道 #簿記 に将来性ってあるの?】 簿記資格の取得を考えている方必見! ☑この記事でわかる事! ・簿記は将来、AIの活用で不要になるのか? ・今の時代、簿記は転職で役に立つ! ・簿記を活かせる転職先はどこ? #経理 #転職 #MSJapan

    出典:X(旧Twitter)

(口コミ評価は、体験談投稿フォームで随時募集しています)

出典:公式サイト

MS-Japan以外のおすすめ転職サイト

MS-Japanは評判も良く業界大手の転職エージェントですが、ほかの転職サービスも並行して利用することで、より転職活動を効率的に進めることができます。下記にいくつかハイクラス転職におすすめの転職サイト転職エージェントをご紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

口コミ:パソナキャリア 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:38,512(2024年6月12日現在)
求人数増減:+598(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/

JACリクルートメント

JACリクルートメント

口コミ:JACリクルートメント 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:15,944(2024年6月12日現在)
求人数増減:+1,626(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

アサイン

アサイン

口コミ:アサイン 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
【公式サイト】https://assign-inc.com/

AMBI(アンビ)

AMBI(アンビ)

口コミ:AMBI(アンビ) 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:163,351(2024年6月12日現在)
求人数増減:-7,621(先週比↓down)
【公式サイト】https://en-ambi.com/

ミドルの転職

ミドルの転職

口コミ:ミドルの転職 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:300,092(2024年6月12日現在)
求人数増減:+1,926(先週比↑up)
【公式サイト】https://mid-tenshoku.com/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

口コミ:リクルートダイレクトスカウト 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:302,450(2024年6月12日現在)
求人数増減:+9,267(先週比↑up)
【公式サイト】https://directscout.recruit.co.jp/

ビズリーチ

ビズリーチ

口コミ:ビズリーチ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:272,180(2024年6月12日現在)
求人数増減:+1,120(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

マイナビスカウティング

マイナビスカウティング

口コミ:マイナビスカウティング 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:54,250(2024年6月12日現在)
求人数増減:-2,971(先週比↓down)
【公式サイト】https://scouting.mynavi.jp/

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報