【評判】ヘイズジャパンは実際どうなのか?口コミと評判を調べてみた

ヘイズジャパン

ヘイズジャパンの基本情報とサービス紹介

Hays Southeast Asia expert webinar | Insights from our 2024 Asia Salary Guide

まずはじめに、ヘイズジャパンの基本情報をご紹介します。

サービス名ヘイズジャパン
運営会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社
公開求人数1,801(2024年5月15日現在)
特徴・1867年設立の英国Hays plc日本法人
・英文履歴書の添削、英語の面接対策が可能
おすすめポイント英語力を活かして外資系に転職したい方向け
おすすめ度★★★・・
対応地域全国
公式サイトhttps://www.hays.co.jp/

ヘイズジャパンの評判

ヘイズジャパン』は、イギリスのロンドンで1867年に設立された「Hays plc」の日本法人として、2001年に東京で設立された外資系に特化した転職エージェントです。

外資系IT企業のエンジニアやプロジェクトマネージャー、金融会社のアナリストやシステム監査など、高いスキルが求められる求人を幅広く保有しており、外資の転職支援に強い転職エージェントです。

在籍しているキャリアアドバイザーはネイティブレベルで英語を話せるため、プロフィール作成や、英文履歴書の添削、英語の面接対策など行ってくれます。英語力を活かして外資系に転職したい人におすすめの転職エージェントです。

出典:公式サイト

ヘイズジャパンを利用した人の口コミ

ヘイズジャパンを利用した人の声はSNSでも多くあります。SNSで募集して集まったヘイズジャパンに対する良かった声、悪かった声を掲載しておきます。

ヘイズジャパンの口コミ評価

  • 42歳・男性
    ハイキャリアの外資系転職の口コミで良いものが多かったので利用しました。外資系を得意とする転職エージェントの中では求人数・転職実績の評価が高いこともあり、安心して相談できました。転職に関するサポートもかなり手厚いので、安心して任せることができます。

  • 職種の幅も本当に広いなと思いました。実力に応じた求人を紹介してもらえるので、ひとまず話を聞いてみるのが良いと思います。

  • 37歳・女性
    ヘイズは求人ごとに担当者が決まっていることもあり、非常に相談しやすい印象を持ちました。相談ベースでもお話を聞けるのが良いところだと思います。担当コンサルタントが業界・職種に対して情報量が多く、こちらの希望にマッチした仕事に絞って求人を紹介してくれます。

  • 面接官の情報を詳細に伝えてもらえるのが大きく、落ち着いて面接を受けることができたのが内定につながったと思っています。


  • 🗣️ ヘイズの転職コンサルタントは単なるヘッドハンターではありません。 🎯 企業に売り込むだけでなく、将来のキャリアを見据えたサポートやご提案をします! 💡 ヘイズの転職支援サービスを利用するメリットや活用方法について紹介しています。

    出典:X(旧Twitter)

  • 先月一番読まれた記事をチェック☑ 面接が思ったほど上手く行かなかったと悩んでいませんか?失敗を糧にする振り返り方法をまとめています。 😀

    出典:X(旧Twitter)

  • 銀行・金融機関の最新の採用動向を解説🔍 🏦 現在どのように人材を確保しているのか? 💼 需要の高い職種は? 業界に精通したコンサルタントによる解説はこちら☛

    出典:X(旧Twitter)

  • ヘイズとロバートウォルターズ、マイケルペイジも無理ゲー案件ばっか爆撃してくる…… これ万が一応募したら、向こうから声かけてきたくせに書類でポイーなんだぜ?もー…… 声かけるならせめて書類免除くらいにして欲しいわ(そーゆーとこもあった

    出典:X(旧Twitter)

  • 📢「2024年給与ガイド」アンケート回答募集中 ヘイズが毎年発行している「ヘイズアジア給与ガイド」では、転職動向や採用トレンドをまとめています📕 現在アンケート調査を実施中💡 リアルな声をぜひお聞かせください👀👂 アンケートはこちら☛

    出典:X(旧Twitter)

  • 9月の人気記事TOP 3🏆を発表中📢 気になる第2位は? 🥈理想の求人、マッチしない条件がある場合は応募するべき? 応募前に自らの可能性を閉ざしてしまうのはナンセンス。求人の条件を満たしていなくても応募するべき理由と、その際のアピール方法をまとめました。

    出典:X(旧Twitter)

  • 9月の人気記事TOP 3🏆を発表📢 注目の第3位は? 🥉退職を切り出せずに悩む必要はありません 「退職を切り出す勇気がなかなか出ない」 そんな方へ、退職の伝え方や注意点、カウンターオファーがあった際の対応方法がこちら。

    出典:X(旧Twitter)

  • 外資市場は日系市場は別で動いてます。ロバート・ウォルターズ、エンワールド、ヘイズ、マイケル・ペイジ、日系だとJAC、サイトだとDaijob、CarierCross、Linkedinに英語で記載すればおk

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職には国内の転職屋よりヘイズとかマイケル・クランを使う方が条件が良い。

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人材紹介会社ヘイズ】転職する理由、「給与」がトップに ― 調査開始以来初めて

    出典:X(旧Twitter)

  • 【人材紹介会社ヘイズ】82%の企業が昇給を実施、前年より9ポイント上昇 ― 最新の採用動向&転職背景を発表

    出典:X(旧Twitter)

  • ヘイズの調査によると、日本を含むアジア主要5カ国のすべてで「転職を検討する理由」の1位が「給与」になったと 仕事はカネじゃない!と言いつつも、日本人だって所詮は「カネ」で動いているんですよね ちなみに、従来の日本は「新たなチャレンジ」が転職検討理由のトップだったそうで。時代は変わる

    出典:X(旧Twitter)

  • 日経から。英人材サービス大手ヘイズが20日2022年時点のアジア主要5カ国・地域の転職時給与調査の結果を発表した。ビッグデータなどを分析する「データサイエンティスト」は中国の年収(最高額)が2350万円、日本は1400万円。中国の方が950万円(7割弱)高く、19年に約400万円(約3割)だった差は2.4倍

    出典:X(旧Twitter)

  • 猫社員さん、LinkedInは無料で登録できます! 求人のタブから、Locationを「日本」にすると 日本ベースの求人がたくさん出てきます☺️ 外資系に強いエージェントは、JACリクルートメント、ヘイズ、ロバートウォルターズ、エンワールドあたりかと思います😃

    出典:X(旧Twitter)

  • ここ最近転職フェアとかなかなか開催されてないのですかね…コロナ禍からお誘いを殆ど聞かなくなりました。 サイトはdodaやリクルート、Linkedin、ヘイズ等から応募してるんですが…

    出典:X(旧Twitter)

  • ヘイズは転職活動をするので今の会社を辞めた

    出典:X(旧Twitter)

  • 個人的には、TOEICがそれだけあれば、ヘイズとか外資系の転職エージェントに相談してみるのをオススメします☺️ 「外資に強い」とかじゃなくて、本物の外資の転職エージェントです 外資系日本法人のIT機器メーカーやソフトウェアベンダーのセールスSEとか良いのではないでしょうか🤔

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職頑張った甲斐があったよ…気合の賜物だね アークナイツだと誰だろう…ヘイズとかエフイーターかな?パッと思いつかないかも

    出典:X(旧Twitter)

  • 外資に勤めたいのであれば、 外資の転職エージェントがオススメ⭐️ ・ロバートウォルターズ →圧倒的な求人数、コンサルタントは外国人(英語必須) ・ヘイズ →細やかな対応、コンサルタントはバイリンガル 会う時は自分の職場近くのカフェやランチでOK🙆‍♂️ 外資は日系と違い給与交渉が強い

    出典:X(旧Twitter)

  • 転職活動に際して自分の英語力を確かめてほしい場合は、外資系のエージェントに登録すると英語力チェックしてくれますよ。 外資系のエージェントだとマイケルペイジとかロバートウォルターズ、ヘイズ、エンワールドあたりが大手です。

    出典:X(旧Twitter)

  • 外資系金融に転職したいけど、どうすればいい? 答えは 転職エージェントへの登録。 ただ、転職エージェントにもそれぞれ得意分野がある。 外資系金融の場合、 ・ロバートウォルターズ ・ヘイズ ・JACリクルートメント ・リクルートエージェント このあたりの転職エージェントは押さえておこう。

    出典:X(旧Twitter)

  • LikedIn経由でヘイズのリクルーターから、転職しませんか!的なメール来てたんだが

    出典:X(旧Twitter)

  • リクナビやマイナビではなくロバートウォルターズとかヘイズとかの外資系の転職エージェントを利用してます!

    出典:X(旧Twitter)

(口コミ評価は、体験談投稿フォームで随時募集しています)

出典:公式サイト

ヘイズジャパン以外のおすすめ転職サービス

ヘイズジャパンは評判の良い転職エージェントですが、ほかの転職サービスも並行して利用することで、より転職活動を効率的に進めることができます。下記にいくつか外資系転職におすすめの転職サイト転職エージェントをご紹介します。

ランスタッド

ランスタッド

口コミ:ランスタッド 評判を確認

おすすめ度:★★★★・
公開求人数:5,816(2024年5月15日現在)
求人数増減:+85(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.randstad.co.jp/

ISSコンサルティング

ISSコンサルティング

口コミ:ISSコンサルティング 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
【公式サイト】https://www.isssc.com/

アズール&カンパニー

アズール&カンパニー

口コミ:アズール&カンパニー 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:2,187(2024年5月15日現在)
求人数増減:+25(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.azureweb.jp/

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

口コミ:ロバート・ウォルターズ 評判を確認

おすすめ度:★★★★★
公開求人数:1,503(2024年5月15日現在)
求人数増減:-140(先週比↓down)
【公式サイト】https://www.robertwalters.co.jp/

Morgan McKinley(モーガン・マッキンリー)

Morgan McKinley(モーガン・マッキンリー)

口コミ:Morgan McKinley(モーガン・マッキンリー) 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:410(2024年5月15日現在)
求人数増減:+2(先週比↑up)
【公式サイト】https://www.morganmckinley.com/jp-ja

Samurai Job

Samurai Job

口コミ:Samurai Job 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:20,000件以上(2024年5月15日現在)
【公式サイト】https://www.samuraijob.com/

マイケル・ペイジ

マイケル・ペイジ

口コミ:マイケル・ペイジ 評判を確認

おすすめ度:★★★・・
公開求人数:4,767(2024年5月15日現在)
求人数増減:-107(先週比↓down)
【公式サイト】https://www.michaelpage.co.jp/

執筆者・監修者のmotoについて

moto
moto

戸塚俊介。1987年長野県生まれ。地方ホームセンターやリクルート、ベンチャー企業など6回の転職を経験後、転職メディアを上場企業へ売却。現在は「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社およびHIRED株式会社(有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-313037)の代表取締役。著書は『転職と副業のかけ算』(扶桑社)、『WORK』(日経BP)、YouTubeチャンネルは『motoの転職チャンネル』がある。

運営者情報